ふりーパパ & ラブホ社長の株式投資入門 「株は新高値で買え!!」

ふりーパパ & ラブホ社長の株式投資入門 「株は新高値で買え!!」

株式投資歴25年。外資系証券会社を経てプロ投資家として活躍するふりーパパ。ラブホ社長の「バリ島海外不動産投資入門」にてラブホテルと海外投資で成功した純平。2人が投資初心者を“ゼロからイチにしよう!!”と始めた新プロジェクト。


テーマ:
ふりーパパから記事が届いた。


=====ここから==========

書籍「稼げる人の常識、、、」に、以下が書かれている。

稼げる人の考え方: リスクとリターンを同じ価値と考える。


稼げない人の考え方: リスクを重く考えすぎて躊躇する。


通常、リスクとリターンは、投資の両面ということになる。


日本人の場合には、長い間のデフレ社会に慣れているので、


お金が減る、ないしは、投資元本が減ることに対して、


異常に神経質になっている。


これからインフレ社会になるといっても、話は聞かない。


日本人は、これまでの常識に対して、付和雷同する傾向が強く、


常識的な考え方に賛同しやすい。


ある意味、マスコミなどに洗脳されやすい性質を持っている。


例えば、コレステロールは体に悪いということを


いまだに信用している。コレステロール不足が、


認知症やがんの原因になっているという話を信用しない。


以下を聞いてみるといい。



これまでの常識は、2015年頃に完全否定されている。


このようなことは、投資にも多いのだ。


投資をしない理由として、リスクばかりを強調する。


このように考えると、投資で成功するのは簡単なのだ。


まずは、やってみることである。


その1で話した通り、私は、絵画投資もやってみたのだ。


そのことを知り合いに話したら「馬鹿じゃないの?」という反応と


「面白そうだ。」とのってくる人の2種類がいた。


日本人は、大半の人が、「馬鹿じゃないの?」という反応になる。


面白そうだという人には、私が使った画廊を紹介しておいた。


結果は、5年後くらいまでわからないが、


それが、投資家の投資家目線なのだ。

=====ここまで==========

ぶっちゃけた話をすると、世の中っていうのは金持ちに都合がいいように作られている。

金持ちになれば幸せになれるわけじゃないし、お金がなくても幸せな人もいる。

けど、世の中の仕組みがそうである以上、金があったほうが圧倒的に生きやすい、のは確かだ。

でも、人な同じ価値観、同じレベルの人で群がるから、そこから抜け出すのは難しい。

ミスチルの歌で

「知らぬ間に築いてた 自分らしさの折の中で、、」

っていうのがあるけど、まさにそう。

本を出してから多くの人にアドバイスを求めれらるが、実際に前に踏み出せる人は少ない。

リスクを取ってまで勝負しない、という考え方の啓蒙こそ、まさに金持ちにとって都合のいいことなんだ。

あと一歩、前に、進もう。




テーマ:

ふりーパパから記事が届いた。


=====ここから==========

 

書籍「稼げる人の常識、、、」に、以下の考え方が書かれている。


稼げる人: すぐに決断して小額からでも始めてみる!


稼げない人: いつまでも決断を先送りして始めようとしない!

 


私は、この気持ちがよくわかる。

 

丁度、外資系証券で働いていた時代の友人が銀座の画廊で働き始めた。

 

そもそもは、絵画ファンドをつくろうという話で働き始めたが、

 

まずは絵画の市場を知るためにも、画廊で働くということになったらしい。

 

 

私は、彼から紹介された画家の絵を買った。

 

いろいろと、インターネットや書籍で、絵画投資をしらべたが、

 

よくわからない。

 

100万円くらいなので、とりあえずよくわからないが買ってみることにした。

 

 

1つ分かったことは、画廊が専属の画家として彼の作品をすべて買い取る契約をして、

 

彼の作品をプロデュースするのが画廊であり、

 

芸能人を育てる芸能プロダクションのような存在であることだ。

 

 

うまくいくかなんて分からないが、バラ色の未来を思い描いて投資をする。(笑)

 

どうなるかわからないような「地下アイドル」を応援するようなものなのだ。

 

 

ここまで理解ができたら、あとはやるしかない。

 

ついでにと思ったので、彼の作品をもう一品買ってみた。

 

あとは、5年~10年後に結果がでる。

 

私はこのようにして、株式投資でや不動産投資結果を出してきている。

 

もちろん、失敗もあるが、思ったよりもうまくい事が多いが不思議なのだ。

 

私が言う「投資家目線」というものは、案外簡単なものなのだ。

 

===============

 

最近の話だが、ある友人が2.5億円を騙され、落ち込んでいた。

 

それに対して送った文章が下記だ。

 

 

そう、サラッと思い出しても、騙された金額は3億円以上だし

 

ヘタ打ってやられた金額はもっと大きい。

 

考えようによっては、何かやるから失敗するわけだ。

 

面白そうなこと、やってみたいことを早くやれば失敗する可能性は高くなる。

 

でも、早くやるから成功したときの利益も大きい。

 

 

僕はそれでも困らず、まあまあやれている。

 

プラスマイナスをすると、プラスになっているからだ。

 

やりたくなったら、すぐにやろう。

 

いつかやろう、なんて思っているとリスクを考えてやれないものなのだ。

 

 

 


テーマ:

ふりーパパから記事が届いた。


=====ここから==========

 

投資の基礎となる、以下のような重要な点を忘れている人が多い。


稼げる人: 頑張らず、努力せず、楽しもうとする。


稼げない人: 覚悟をもって必死に頑張ろうとする。

 


投資の書籍を読んで、直ぐに実践に移せる人はすばらしい。


ただし、一度やって「失敗したからやめた」ではダメ。

 


例えば、空手を本で勉強して、すぐできるか?


そんなわけはない。

 

実践しながら、何度も失敗的なことを繰り返して、学ぶものなのだ。

 


投資を始める際にも、一気に大きなリスクを取るのではなく、


小さなスタートを切ることなのだ。


100万円の投資資金があっても、まずは10万円で、

 

自分がいいと思う銘柄を買ってみるといい。

 


その投資で1万円も含み損ができると、あなた自身が、

 

投資家としてどのような反応をするかがわかるようになる。

 

逆に、1万円の利益が出た際に、次に何を考えるかもわかるようになる。

 

 

これをしばらく繰り返しているうちに、白帯から黒帯の手前まで

 

こられるようになる。


ただし、株式投資は楽しいと考えられるかどうかがポイントだ。


失敗ばかりが続くと嫌になるし、成功すれば有頂天になる。


このようなことを繰り返して、自分の型を身に着けていくと


必ず、自分にあった株式投資の型がわかるようになる。

 


成功することも限らないし、失敗するとも限らない。


ただし、自分自身がどのように感じるかは間違いなくわかる。


まったく投資経験のない投資家でもいいのだ。


まずは、最初の一歩を踏み出して、そこから


基礎を学んで、洗練していくというプロセスだ。

 


楽しくなければ、続かない。


努力、根性、一生懸命なんてものは、投資に必要がない。

 

これまでの人生で、そのようなものが最高と

 

ある意味洗脳されているのが、間違いを起こすのだ。

 


そのようなことを教える投資の教師までいる。


僕は、そんなことはしない。


私の投資法に向かない人は、止めたほうがいいとハッキリ言う。


投資において、努力、根性は無駄なのだ。


楽しく勉強して、実践できる投資法を選ぶことなのだ。


結局、これが究極の株式投資の型なのである。

 

=========================

 

9月13日ふりーパパの株式投資セミナーはこちら

 


テーマ:

ふりーパパから、セミナーのプレゼン資料が送られてきた。

 

まだ途中段階とのことだが、今のところ以下の内容を考えているそうだ。

 

このセミナーだが、すでに満席になっており、会場にお願いして

 

少しだけ席を増やしてもらった

 

そろそろ満席になりそうだから、興味のある方はお早めに申し込んでほしい。

 

 

=====ここから============


なぜ、バリ島不動産の三浦さんとセミナーをやるのか

インドネシアルピアについて

ルピアは、トルコリラとは全然違う

インドネシアの経常収支の推移

トルコの経常収支推移

インフレとデフレ

銀行預金のリスク

株式投資のメリット

緩やかなインフレ政策のメリット

アベノミクス以降のインフレ政策の実態

日本のGDPと株式市場

バフェット指数(日本)

バフェット指数(アメリカ)

起業のグローバル化は、何をもたらすか

東証一部 時価総額の推移

JQ指数の月足チャート

JQ指数は国内景気を示す

商品サイクルについて

商品サイクルと個別銘柄の株価の動き

ビットコインについて

個別銘柄の具体的な見方

===================

 【 第1回 ふりーパパの株式投資セミナー 】


 日  時 : 9月13日(木) 19:00~21:00  21時から懇親会


 会  場 : 株式会社サニックス セミナールーム

        東京都港区虎ノ門1-2-8 虎ノ門琴平タワー19階
 

参加費 : セミナー 3000円(税込)
               
      懇親会  4000円(税込)飲み放題2時間

          セミナー後、近くの居酒屋にて行います。

 

定  員 : 20名


お申込み: mikami●iin.co.jp まで、下記をメールにてください。

※●を@(半角アットマーク)に変えて送信ください


========ここからコピーしてください==========


 【 9月13日(木) のふりーパパの株式投資セミナーに参加します】


お名前:


ご住所:


ご年齢:


お電話:


メール:


 ===============================

 


テーマ:

先日アップした9月13日の株式投資セミナーだが、

 

参加希望の方から「会場が分からないのですが、、」との指摘を受けた。

 

申し訳ありません。会場の記載が漏れていました。

 

 

 【 第1回 ふりーパパの株式投資セミナー 】


日  時 : 9月13日(木) 19:00~21:00  21時から懇親会


会  場 : 株式会社サニックス セミナールーム

        東京都港区虎ノ門1-2-8 虎ノ門琴平タワー19階
  

参加費 : セミナー 3000円(税込)
               
     懇親会  4000円(税込)飲み放題2時間

          セミナー後、近くの居酒屋にて行います。

 

定  員 : 15名


お申込み: mikami●iin.co.jp まで、下記をメールにてください。

※●を@(半角アットマーク)に変えて送信ください


========ここからコピーしてください==========


 【 9月13日(木) のふりーパパの株式投資セミナーに参加します】


お名前:


ご住所:


ご年齢:


お電話:


メール:


 ===============================

 


テーマ:

9月中旬に“ふりーパパ”がニュージーランドから帰国する。

 

「せっかくなので、初心者向けにセミナーでもやりましょうか」

 

という話になった。

 


その道では有名な方なので、普段のセミナーは参加費2万円でやっているらしいが、

 

「最初だし初心者向けなので、参加費は抑えてもらえますか」

 

とお願いしたら

 

「いいよ、じゃあ、3000円でやろうか」

 

という話になった。


詳細や簡単なプレゼンは、後日いただくことになっているが、取り急ぎ報告する。

 

 

第1回 ふりーパパの株式投資セミナー


内 容 : 「成長株投資の基本」


日 時 : セミナー 9月13日 19:00~21:00  

      懇親会        21:00~23:00


参加費 : セミナー 3000円

      懇親会  4000円


株式投資家という人はたくさんいるが、ふりーパパは継続して結果を出している数少ない1人だ。

 

プロの話を聞けるチャンスなので、興味がある方はぜひ参加してみてほしい。

 


【 ふりーパパ 】

 

1984年慶応大学卒業後、金融機関にて海外ファイナンスを担当し、外資系証券会社へ転職。
以降、約10年米国系証券にて勤務の後、2004年10月からお金と時間に拘束されない投資を中心とする生活を開始する。

社会人になってから株式投資をはじめ、投資歴は25年以上。
ニコラス・ダーバス氏やウィリアム・オニール氏の投資手法を参考に日本株や米国株の成長株投資を始めて、株式投資と不動産投資にて資産を形成する。

不動産投資は1980年代のバブルの頃から不動産投資を経験する。
1997年以降、再び不動産投資を再開し、現在は約5千万円の賃料収入を得る。

FXや外国株の投資に関しても10年近い経験のもと、現在、手間のかからない投資手法を実践中。主な投資手法は、以下。
成長株投資:日本株、中国株&米国株
不動産投資:一棟ものマンションや店舗不動産 ニュージーランド不動産
FX:オセアニア通貨を主とした長期のスワップFX投資法

 

お申込み: junpei●iin.co.jp まで、下記をメールにてください。

※●を@(半角アットマーク)に変えて送信ください


========ここからコピーしてください==========


 【 9月13日(木) のふりーパパの株式投資セミナーに参加します】


お名前:


ご住所:


ご年齢:


お電話:


メール:


===============================

 

 


テーマ:

ふりーパパから記事が届いた。

 

=====ここから==========

 

稼げる人: 成功している人に相談する。

 

稼げない人: 身近にいる人に相談する。

 

 

この通りである。

 

書籍にも記載されている通り、


テストで100点をとろうと思えば、「解答をみること」


これで、間違いなく100点が取れる。

 

 

私もこのブログで偉そうなことを書いているが、


私もカンニングしている。(笑)


ウィリアム・オニール氏の書籍で学んだのだ。

 

 

 

この書籍を読みながら、実践して学んだのだ。


この書籍は、すでに4版となっているが、当初は、1988年に


発行されている。英語版であるが・・・・


未だに売れ続けている書籍だ。


みなさんは恵まれている。

 

「日本語版」があるからだ。

 

 

ただし、この書籍を読んだだけでは、


わかない部分がたくさんある。


基本は、アメリカの成長株投資に関する書籍だからだ。


1980年代に日本では、このような書籍はなかった。

 

あっても証券会社の関係者が書いたような書籍ばかりで、


実際に役に立つものがほとんどなかった時代だ。


今は、成功した個人投資家の書籍がごまんと


ある時代になっている。

 

 

ただし、きちんと投資の型が実行できるかというとそうでもない。


私のメンターであるオニール氏によれば、一番大切な部分が、


書かれていない投資書籍が多いのだ。


その点は、次のブログに書く予定だ。

 

=========================

 

 


テーマ:

 

 

 

 

ふりーパパから記事が届いた。

 

=====ここから==========

 

オニール式の成長株投資は、上場株式の流動性(換金性)を


生かした投資ということになる。


もともと、株式市場とは、株式の流通性(市場性)を高めるために


整備されていることを忘れている個人投資家が多いのだ。


この点は、不動産投資とは大きく異なる。

 


加えて、過去20年で株式取引手数料も、めちゃくちゃ安くなっている。


簡単に言えば、ある銘柄に投資をして失敗したと


思えば、すぐに売却してしまえば、損失は大きくならない。


不動産投資といっしょで、レバレッジ(信用取引)などを


利用して大きく儲けようという個人投資家は、大損をし易い。

 


あと、勘違いもある。

 

株式投資は、すぐに大きく儲かる夢の投資だと


思っているのだ。実際には、ある程度の時間がかかる。


話は投資の型に戻るが、私が師と仰ぐオニール氏が考えていたことは、


「新高値」というマジックワードだ。

 


新高値が意味するものは、その会社に何らかの


「いい意味での異変」が起こっていることを示すことが多いのだ。


これに気付くには、少し考え方を変える必要がある。


このような銘柄には、「新商品」や「新サービス」という


会社を大きく変えるようなものが存在するのだ。

 


あるいは、突然会社が得意としている商品が売れ出すなんて


いうこともある。


端的な例が、短期アルバイトを紹介する「バイトル」という


今では、著名なアイドルグループが TV CMをしている。


この会社の株価は、日本で人手不足という状況が起こって、


爆発的に伸びたのだ。もちろん、株価も安値から20倍程度に


なった。実際に、利益は、6年前に比較して25倍近くになっている。


以下はその銘柄の過去5年のチャートだ。

 


このような銘柄を発掘して、投資するのが、成長株投資の醍醐味なのだ。


次回も引き続き、投資の型についての話をしようと思う。

 

=========================

 

 

 


テーマ:

 

 

 

 

ふりーパパから記事が届いた。

 

 

=====ここから==========

 

株式投資の型については、千差万別である。


例えれば、料理のようなものである。


ただし、「おいしい」という条件が満たされなければ、


滅びていく。


レストランでも、いろいろな料理がある。また、常に


発展していっている。株式投資の型も同じようなものである。


ただし、料理法にも基本というものがある。


株式投資は、どうであろうか? 


分類的には、時間枠と投資対象というものに大別される。


1:時間枠 短期: デイトレ、スイングトレード IPO投資法
      短期: 1~6ヶ月程度
      中期: 1年~3年程度
      長期: 3年以上


2:投資対象 バリュー株投資
       成長株投資
       大型株投資
       中小型株投資
       新興市場株投資
       優待株投資


私がやっている投資法は、新興株を含む中小型成長株投資というものになる。


投資期間も短くて、1か月、長いと3年程度保有している。


中長期の投資となると、株式市場の市況が一番重要になる。


私は、アメリカのオニール氏が、やっている成長株投資法を


日本で実践してきた。若い頃は、いろいろな投資法を試みてきたが、


自分の性格などにあった投資手法がこれだったからです。


ただし、オニール式から発展している部分もある。


だから私は、私の投資法が万人に向くとは思っていない。


ふりーパパ投資塾で、累計2000人以上に教えているが、


コアになっている受講生は、20%程度である。


https://freepapa.enjyuku.tv/

 

はっきりした数値はないが、そのうちの半分程度は、


「億り人」になっていると想定される。


次回は、この「型」についてもう少し詳しく


話をしようと思う。

 

=========================

 

 


テーマ:

 

 

 

ふりーパパから記事が届いた。

 

=====ここから==========

 

株式投資のコツが、不動産投資は大きく異なる


その換金性にあるという話をした。


これを生かす方法がどのような方法か考える。


書籍「稼げる人の常識 稼げない人の常識」の151ページに以下のような言葉がある。


稼げる人: 自分にあった「型」を持った成功者の真似をする。


稼げない人: 自分にあった「型」がわからない。


ということになる。


世の中には、成功している株式投資家の書籍が


たくさん出ている。そのような書籍を数冊読んでみて、


実践してみる。そうしているうちに、


自分にあった「型」がわかるようになってくるのだ。

 

株式投資の「型」については、次回から具体的にしていく。


=========================

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス