鎌倉の里山には不思議なきのこが生えていました。
もちろん、食べませんけれど。
お肉の写真のまえにちょっと添えてみました。
 
で、今日は「お肉の日」ということで
私が絶賛おすすめの米沢牛。
むちゃくちゃにうまいです。
とろっとろのうまーい脂!
最高級のお肉!
美味しい理由は、息子さんが育てた牛だから!(丸川畜産
(リンク先には牛の写真あり)
 
山形県白鷹町の「肉の丸川」で販売しております。
 
私が知るなかでは、ベストオブベストのお肉です。

ちなみに「米沢牛」とは
山形県米沢市がある山形県置賜(おきたま)エリアで生産されるブランド牛。 
置賜エリアは山に囲まれた盆地で、猛暑の夏と極寒の冬が特徴の土地です。 
そんな豊かな自然のなかで麦やトウモロコシなどを独自に配合した肥料で育てられたのが米沢牛です。
 
以下の4つの条件を満たした牛肉が米沢牛として定義されています。

1.飼育者は、
置賜三市五町に居住し米沢牛銘柄推進協議会が認定した者で、登録された牛舎での飼育期間が最も長いものとする。
2.肉牛の種類は、
黒毛和種の未経産雌牛とする。
3.米沢牛枝肉市場若しくは東京食肉中央卸売市場に上場されたもの又は米沢市食肉センターでと畜され、公益社団法人
日本食肉格付協会の格付けを受けた枝肉とする。但し、米沢牛銘柄推進協議会長が認めた共進会、共励会又は研究会に地区を代表して出品したものも同等の扱いとする。また、輸出用は米沢牛銘柄推進協議会が認めたと畜場とする。
4.生後月齢32ヶ月以上のもので公益社団法人
日本食肉格付協会が定める3等級以上の外観並びに肉質及び脂質が優れ ている枝肉とする。
(出典:米沢牛銘柄推進協議会「米沢牛の定義」http://www.yonezawagyu.jp/03.html 
 

 

 

 

何のお肉が好き?

 

▼本日限定!ブログスタンプ

あなたもスタンプをGETしよう