シャビークラフトの不定期ブログ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2018-03-13

続報!全館空調、冬の暖房費!!

テーマ:ブログ

結果にコミット第2段です。

 

前回のブログ同様、同じM邸の冬の暖房費の結果を頂きました!!

 

今年の冬は例年よりも寒い日が多く、結果をビクビクしていましたが、結果以下の良い数字が出ました。

真冬の1月25日~2月22日 24時間、 暖房を付けたままの状態で1か月の空調費の暖房費です。冬場は夏よりも高くなるのですが、9283はめちゃ安いですね!!!

 

空調以外の電気代は8413円 オール電化なのでガス代はなし。合計17696円の電気代!安い!!

 

 

太陽パネルの売電は真冬なのに6975円も売電してます。わずか4.4キロの東西載せでこれだけ売電してくれたら上等ですね。

それは、全館空調を動力を使ってるので売電しやすくなっているのです!!!当然メーカーの推定発電量よりも上回っています。

 

シャビークラフト

http://www.shabby-craft.com/index.html

 

森澤

 

 

 

 

2017-12-30

最新!自社特許取得 全館空調 結果にコミット!

テーマ:ブログ

当社の全館空調も日々進化をし続けています!

最近は電気代も当然大事ですが、導入する費用イニシャルコストも重要視しています!!

まずは毎月のランディングコストと導入費イニシャルコストについて記事にします。

前回記事にした西宮市M邸の全館空調及び各種電気代の請求書を施主様から頂いたのでそれに基づいて記載します。

 

まずこのM邸の建物仕様ですが、

・壁断熱はウレタンフォーム80~95mm前後 ⇒普通レベル

・屋根断熱はウレタンフォーム 180mm~210前後⇒すごいレベル *通気層89mm及び遮熱パネルあり

・基礎断熱ウレタンフォーム 100mm 基礎立ち上がり及び返り最低1m ⇒あまり見ないやり方

・窓はトリプルガラス LOW-E  熱貫流率=1.27 ⇒すごいレベル

・内玄関土間:スタイロフォーム100mm打ち込み⇒最近する工務店が増えたレベル

 

・ 太陽光パネルはわずか4.4キロだけで東・西面に配置です 。余剰買取

・オール電化を採用。エコキュート・LEDランプを採用。

 

・隙間相当面積C値=0.32

 

・延べ面積32坪 (小屋裏収納含む) ⇒小屋裏も空調効いてます

 

総評するとZEHは普通にクリアします。ZEHの申請はなぜ当社はしないかというと色々とあるのですが、ZEHがやっている枠組みの中に当社がはまらないということが大きいからです。ZEHより素晴らしい結果が出来ているのでまたそれはお会いして話します。

更に上を目指すのは簡単ですが、コスト的にこれより上は標準仕様ではできないので、追加オプションで対応しますが、この仕様で十分だと考えています。強いて言うならば壁セルロースファイバー100mmを入れたいところです。

 

当社の全館空調は簡単に言えば採熱の仕方に特徴があります。温かい空気は上に登る、冷たい空気は下に溜まるということを四季によって吸込み方を変えるという仕組み。それによって熱エネルギーを無駄なくムラなく家じゅうに行き渡らす手法です。

 

難しいことよりも、私がずーーっと唱えてることは。当社の全館空調と太陽光発電はとても相性が良いということ。コストもかかるしリスクもあるので強制ではないですが、コストに余裕があるならば載せてもいいかと思います。なぜかは以下で説明します。

 

まず結果にコミットは以下を見てください。6月22日から7月24日の間の全館空調の電気代。24時間1か月使用して5368円!!!!

 

太陽光発電の買取金額が4.4キロなのに10292円!!

 

一般の電気代(空調以外)の電気代8410円!⇒ちょっと高い。使い方を指摘し次月に反映される。

 

7月のM様邸の電気代は空調代  5368円

          その他の電気代  8410円

         太陽光発電の買取 -10292円

合計支払い光熱費全額  3486円の支払い

     

 

 

7月25日から8月24日の間の全館空調の電気代。

24時間1か月使用して5839円!!!!

 

8月の太陽光発電の買取金額が4.4キロなのに10168円!!

 

8月の一般の電気代(空調以外)の電気代5930円!⇒前月に比べると2480円も安い!8月なのに

 

8月のM様邸の電気代は空調代  5839円

          その他の電気代  5930円

         太陽光発電の買取 -10168円

合計支払い光熱費全額  1601円の支払い

 

この電気代からまず全く苦になることがない光熱費だということがわかりますよね!!!

 

しかも導入費765000円(税別)で取り付け・機器・調整 全て込み!!!(延べ30坪ver)

 

あり得ないですよね~~~!!自社開発自社特許のすごいとこ!!!結果にコミットしました~~!!チョキ

 

詳しいことはお会いして説明しますので興味ある方はぜひっ!!!

*自社物件のみ施工可能です。

 

シャビークラフト

http://www.shabby-craft.com/index.html


森澤

 

 

2017-07-31

西宮市 新築 M邸 全館空調入り完成です==

テーマ:ブログ

西宮市で新築完成しました~~。全館空調も入っています~!

窓はトリプルガラスです!!! 熱貫流率=1.27 です!!!すげ~。

ZEH仕様です。申請はしてませんが太陽光も載っています。

太陽光パネルはわずか4.4キロだけで東・西面に配置です。

でもでもでもこの結果にコミットしたでそれを次回のブログでぜひ見てください!!

 

 

キャノピー(庇)はイギリスで買い付けて来たものです!瓦はフランスの丸瓦を採用してます~めちゃかわいいですね!

少しばかりですが、お庭に芝生を植えました。当社の芝生の推奨は基本的はTM9を採用してます。トヨタ自動車が開発した芝生で伸びにくいので芝刈がめっちゃ楽!!あとめっちゃ緑感がすごい!って感じでおススメしてます。

 

 

玄関扉は当社工房にて古材チークを使用して作りました。

土間にはアンティークレンガを採用しました。目地にはラフ目地を入れてます!買いだめ

してるのでもう少し位はあります。。

当社工房で製作しているオーダーキッチンです。

天板はフランス漆喰を採用しています。現地ではこの漆喰でプールを作るなど強固な素材です。

シンクはアメリカ製コーラー社製・水栓はアメリカ製デルタ社の水栓です。

 

キッチンのエンドパネルには一工夫してブックスタンド型に造作しました。

ノートパソコンとかタブレットとかも置けるから便利です!!

 

天井の梁は化粧で現しにしています。

床はヴォルドーパインを使用しています。当社のヴォルドーパインは節がきれい目ですのレッドパインみたいにならないので良いです。

 

 

ダイニングのランプには滑車付の照明を選定しました。
これは前々回のフランスに買い付けたランプですが、小出し小出しにしていきます。現地フランスでも取りやめになったのでこれはかなり希少価値が出てきます!これに似た一回り小さい日本の中国製ランプはありますけどね。。。あせる
 

1階のトイレ扉は、古材のパッチワークドアです。当工房で古材を使って余ったものを置いて置き、厚みや長さを揃えてドアにしたものです。

自分なりにかなりマイブームです。結構カッコよく仕上がります!!

 

 

古材の種類は3~5種類ぐらい入れますが、幅や色はその時次第なので悪しからずあせるあせる

 

洗面台は鉄脚の上に古材の幕板でタイルの天板で製作しました~

カッコよく仕上がりました!!

 

 

 

タイルには撥水剤も処理してるので安心です。水栓のハンドルは耐水性があるローズウッドです!

 

階段の吹き抜けには当店の雑貨ブースで販売している星形のペンダントランプを採用しました

壁には陰影が出て素敵!!

 

手すりは古材風に加工し、アイアンブラケットで製作しました。

 

 

壁はフランス漆喰を採用しています。蜜蝋ワックスを最後に掛けますので手垢などの汚れが付きにくいです。

玄関横には前回イギリスから買い付けて来た鉄窓をいれました。

 

シャビークラフト

http://www.shabby-craft.com/index.html

森澤

 

 

2017-07-03

芦屋市 新築M邸 全館空調入り~

テーマ:ブログ

 芦屋市のいい感じの住宅街でM様邸の新築致しました~。

施主様はほぼ同業者と言っていいほど建設のプロフェッショナルの方!めっちゃ緊張するわ~~!と思いながら施工しました。

ずっと持ち家にあこがれていた奥様はインテリアプロフェッショナルの方!めっちゃ緊張するわ~~!と思いながら施工しました。

このダブル緊張を背負いながら施工する気持ち。。。半端ない。。。あせるあせる

まぁ何はともあれ数ある会社から当社を最終選んでいただきありがとうございます!!!!

外壁はシャビークラフトオリジナルのアンティークワックス仕上げ。

ヴォーレーも製作しエイジング仕上げ。

シャビークラフトオリジナル特許の全館空調入りです。家の大きさ仕様によりますが、夏場24時間冷房掛けっぱなしで月々空調費6000円~8000円程度と超超低コストランニング!!新築させていただいたOBさまたちはこればっかり褒めて頂けます。(嫌味)他も褒めてよ!

この家の隙間相当面積C値は0.36㎠/㎡です。これぐらいは最近は余裕で出るようになってきましたね爆  笑しかもアンティークドアで。。

今後さらにパワーアップ気密作戦を考えて見ます。問題点は見えてます。

C値の重要性は今更ですが簡単に説明すると、どんだけ断熱を強化しても隙間が多いと意味がないので隙間はきちっと計画された場所から取り込むことが重要です。不意に予定外の隙間から外気が入ってくるとその部分で内部結露などが発生し建物に悪い影響を与えかねません。断熱強化はコスト次第でなんとでもなりますが、隙間フサギは場数の経験と職人たちの施工精度による努力が大きいですね。

 

 

アンティーク門扉は前回のイギリス買付の時の物をリメイクして採用しました。

レンガはアンティークレンガを採用し目地もラフに入れています

 

 

このポストも前回英国で買い付けて来た品の一つです。もう残りわずかしかありません。。。

ちなみに最近OBさまから聞いたのですが、プチ宅配ボックス代わりになるそうです!!

この赤色がオリジナルの色なのですが、今までのお客様は各色好きなような色に塗り替えたりしてます。

このポスト実は本国ではERとVRがあります。エリザベスとヴィクトリアの違いですが自分的にはエリザベスの方が好きです。

 

 

玄関ドアも先日英国の買い付けの品です。リメイクして採用しています。

塗装も英国塗料 F&Bの塗料を採用しています。備品も英国の物です。鍵は安心の日本製の同一ディンプルキーです。

意外にもこの装飾ガラスもフランス製なのです。これは日本の商社経由ですが。

キャノピー(庇)も英国買付の品です。これを日本仕様に作り変えています。

瓦はフランス製の丸瓦を採用しました。

 

玄関入ると土間はアンティークのレンガ貼です。正面のドアも英国の買い付けの品です。

右側の壁にはラスティックな白壁をシャビーな塗装で施しました。

アーチの壁等はフランス漆喰で施工しています。

 

ダイニングの床はアンティークオークを採用。キッチンの床にはハンドメイドテラコッタを採用しています。

天井の梁は現しで少しエイジングを施しています。

 

当社工房のオーダーメイドキッチンは天板がタイルで造作しました。

 

扉もエイジングを施しています。

 

 

シンクはアメリカコーラー社のホーローシンクです。グースネックの水栓がいい感じです。

 

フレンチドアはアメリカマーヴィン社の木製窓です。外側は樹脂、内部は木製で塗装を施します。

壁はフランス漆喰を採用しています。特徴は蜜蝋ワックスで最終仕上げするので汚れが付きにくいというメリットがあります。

 

 

トイレのドアも先日の英国買付の品です。インターナルドアは出来るだけラスティックな自然な仕上の物をチョイスしています。

この味とボケ感がありそうでないんです。。

 

 

ハンドルと表示錠です。表示錠は英国で購入した物を塗装。ハンドルは陶器製でフランスの物です。

 

トイレは奥様こだわりの木製便座⇒意外に難儀でしたよ。。あせるあせる

鏡は当社の雑貨店で販売している物です。もうすぐ廃盤になりますが。。。可愛かったのに。。。

 

トイレ内手洗いはアンティークの鉄脚を採用しました。シンクをレクタブル型ではめ込み水栓はブロンズのクロスツーハンドル水栓。

 

 

階段の踏板は古材のダグラスファーを採用。絶妙なボケ感を出すためほぼ無塗装状態。

古材を削りすぎず、残しすぎずのベストな状態です。

 

手すりはアイアンで製作。階段の途中にはニッチも製作。

 

 

 

なんとなんと2階に在来の風呂!!!!!!分かる人にはやばいっすよね~~~!?

当然全面FRP防水の上に更に保護防水モルタル、トラップとの接続口やサッシとの取り合い!!緊張感あふれまくりです!!!!

しかも、アメリカ製のテレフォンシャワーヘッド!!!マジやべ~ですよね!!

なんとかやり切りました。可愛いですけど~~

 基本2階に在来やりたくないので悪しからず。。。。あせるあせるあせる←こうなるので1階が。。

 

洗面台も造作しています。シンクも水栓もアメリカ製です。

タイルの目地って汚れんちゃうん?って思いますよね。当社ではトイレ風呂キッチン等の汚れやすい部分はハイクリーンキッチン目地を採用しており、かなり汚れにくくしています。また更にオプションで目地にフッ素加工もさせて頂いております!

 

物干です。上から全館空調の吹き出しグリルがありますが、この使い方で洗濯が乾くことはないので、気休め程度に思ってください。

 

建具もエイジングを施しています。当社は白の塗装を施すときは、用途によるのですが手垢が付きにくい塗装を施しています。

 

 

 

キッチンの小棚も古材風にエイジング塗装しています。

 

2階のトイレです。ステンドグラスを埋め込みました。

 

ニッチの下板には古材を使用しています。

 

シャビークラフト

http://www.shabby-craft.com/index.html


森澤

 

2017-06-15

加古川市 新築 Y邸 完成しました=!全館空調入り~

テーマ:ブログ

文章を書くのがほんと苦手なのが後手後手になって完成ブログがすでに1年押しに近くなってきました。。。やばい。。

仕舞にはお客さんに仕事してますか?と。。。。厳しい~~。毎日毎日必死のパッチでどこかで家作っています!!!

 

加古川市で新築完成しました。なんとかギリ1時間で行ける距離~~。

土地も大きくて建てやすい現場は最高ですね~~。

外壁は当社オリジナルのアンティークワックス仕上げです。

窓の性能はトリプルガラス 熱貫流率=1.27 !!凄い!

壁はセルロースファイバー100mm 屋根はウレタンフォーム180mm 基礎 返り1m含む 100mm

U値=0.72 玄関ドアがアンティークドアでこの数値は自分で言うのもなんですが凄い!

この基本ベースがあるので全館空調のランニングコストが安いのを維持できます。

 

キャノピー(庇)も工房で製作しました。瓦にはフランス製の丸瓦を採用した。

玄関ドアも自社輸入のアンティークドアを採用していただきました。まさかのペイントを剥がしてオイルステイン使用というご依頼。

剥離に3日。。。。。ヘビーでした。。

 


玄関ホールの照明の陰影が壁に映って素敵な感じがいいですね。

 

内玄関の土間もタイルではなくアンティークレンガを使っています。

 

 トイレのノブと鍵もアンティークガラスノブを採用しました。表示錠はエイジングしました。

 

 

階段の踏板は古材風に仕上げています。正面の鏡ドアはキッチンへの近道の隠しドアです。

 

玄関ホールには手洗いを設置しました。アール壁の内側で製作するのはまぁまぁ難しいです!!

 

階段の登り口にはアンティーク窓を採用しました。これも前回のイギリス買付の品です。

 

キッチンも工房にて製作しております。ミーレの食洗器はW600mmを採用。600mmはかなり最強ですよ!おススメです。高いけど。

シンクはコーラー社製。本格ホーロシンクです。

天板は漆喰の天板です。これでプールも作れるぐらいの強度も耐久性もあります。色も大方自由に調色できます。

 

 

背面キャビネットの収納のハンドルにはまさかのロープハンドル!これも前回のイギリス買付の品です!!もうありませんので悪しからず。

 

アールの開口の中はパントリーを配置しました。最近では家の大きさに関係なくパントリーが計画希望される方が多いですね。

 

LDKの天井は化粧梁を計画的に配置して現しにしました。

床は総無垢のアンティークオークです。実は高級な床材オークですが、かなりお求めやすい理由は年間使う量をまとめて購入しているからなんです。

アールの壁やアーチの垂れ壁も容易い御用!造作コストもいただいておりません!!

 

右側のブックスタンドは先ほどのミラー扉に繋がっています。隠しドア的な。

 

 

洗面台も工房で造作しています。天板は大理石タイルで製作しました。

 

シャビークラフト

http://www.shabby-craft.com/index.html

森澤

 

 

 

 

 

2017-05-31

西宮市 新築 K邸 全館空調入り完成しました~。

テーマ:ブログ

完成した家を順番にアップしていくの途中で、この現場がなんだかんだと工事が2期に分かれてやっと完成したので次々アップしていきます!!

 施主様は以前当社が建設させていただいた、お客様のご紹介です。実物を見られてきているので話がとてもスムーズ!最近はご紹介いただくことが多くとても嬉しく思っております!

 

この物件の立地条件はとてもいいところで、大きな商業施設の隣位の感じです。延で30坪ちょっとですが2階にLDKをもってくることによってかなり大きな空間を取ることができました。甲子園にも近く、歓声が半端ない感じです。そのため、トリプルガラスやセルローズファイバーの採用で遮音にも配慮しました。

 

 

最近、わが社では宅配ボックスブームが到来しています。かといって既製品の宅配ボックスを入れることはありません。雰囲気を合して作っちゃいます。

 あっ。ごみ置き場ではないですからね!!南仏のアンティークレンガと穴あきレンガを積んで小屋を作ります。そこに運送屋さんがたっぷり入れてくれます!

最初はちょっとびっくりするみたいですが。

 玄関ドアは古材チークで製作しています。外部に使う建具はやはりチークがいいですね。チークは脂身が多い材なのでメンテナンスも楽です!

 木製の建具は反るんじゃないの?ってよく言われますが、反らないとは言いませんが、反らないように実は建具内部に鉄で補強しています。

 

 

 

 

2階がLDKにして勾配天井にしているので、かなり広い空間です!天井だがは高いところで大方4m!!スゴっ!どこかのお客様はドローンで遊んでると聞いてます(笑)

 当然普通の家庭用エアコンでしたら空調は効きがかなり悪いですし光電気代が半端ないと思いますが、ここは当社オリジナルの全館空調!!最強の快適性を保持してます!空調代は夏場で24時間30日付けっ放しで6500円~8000円前後!メンテナンスで伺うときも、施主様から「全館空調最高!」とどのお客様からもお褒めをいただきます!が、内心デザインとかも褒めてよって思ってます(苦笑)。。。。

 

 

 

建物のスペックですが、延べ面積30坪 4LDK

・窓 ⇒ 3重窓 熱貫流値 1.27~1.6W/㎡・K

・断熱⇒屋根 180mm ウレタン吹付 遮熱パネル及び空気層89mm

   ⇒壁 100mm セルロースファイバー

   ⇒基礎断熱 100mm ウレタン100mm 

・耐震等級 2

・隙間相当面積C値=0.35

と言う感じで、あまり詳しくは記載できませんが、建物のみの建設コストは62万円/(坪)~です。全館空調入り オプション別・確認申請・各種保険別・税別です!!! 

・全館空調入り・オーダーキッチン・洗面・無垢建具・無垢フローリング・漆喰壁・アンティークドアでこの価格!!

自分で言うのもなんですが、めっちゃお買い得!!コスパ最高!

その訳は、徹底したコストダウン策!オリジナルの全館空調・自社の家具工場・自社でアンティークの仕入れ・自社大工・超少人数制・販促費を極力掛けない!

で、このコストで建設出来ています!!!

 

 

 

内外装の仕様は当社標準にプラスアルファしていいます。

壁はフランス漆喰です。何度もブログで言ってますが、この漆喰が最強で最高です。メンテナンスにも優れ、割れにくいし汚れにくいです。

例えば10年後メンテナンスを部分的に行っても補修したところがわかないぐらい経年変化はかなり遅いいです。それは漆喰の上にミツロウワックスを施しているからです。

 

 

 

床材はアンティークオーク幅広

キッチンはオーダーキッチン。自社工房で製作してます。

天板はなんと漆喰が成分で樹脂を混ぜて成形してます。

扉はオーストラリアの羊毛工場の床材だったものを扉にリメイクしました。

シンクはアメリカ製のコーラー社の物を採用しました。

水栓はデルタ社の物です。

 

天井の梁は杉の丸太を掛けました。

 

 

 

 

建具も自社工房で製作しています。左は黒板建具、真ん中は全身鏡、右はマガジンラックを製作しました。ダンサーの奥様は振り付けの確認をされるそうです。

 

洗面台も製作しました。

天板はゴミ箱が入れれるようにしました。同じく天板は漆喰です。

 

階段には収納を設けました。スリッパとか入れれて便利です。

 

玄関土間は古レンガを敷きました。目地は少しラフな感じに仕上げます。

 

 

ダイニング テーブルも作り付けで製作しました。一本足なので、短手方向も座れます。

 

遮音の話ですが、外の甲子園が盛り上がってるときで66.1デシベルで、トリプルガラスをしめると。。。

 

 

 

 

35デシベルまで下がるんです!凄すぎですね!!不快ではないぐらいになります!!!

 

 

シャビークラフト ホームページ

http://www.shabby-craft.com/

 

森澤

2016-08-01

奈良県 K邸 新築完成しました~~!全館空調入り~

テーマ:ブログ

生きてるか~との問い合わせ皆さんありがとうございます。

安心してください!生きてます!!

しばらくの間スーパー多忙だったためブログの更新できずにいましたが、ネタはめっちゃありますので小出しにしていきます。

 

 さてせて超こだわりの家がまたもう一つ完成しました。またまた遠方でしたが、なんとか1時間で行けるというMAX距離アップ

 

 施主様のKさまはとてもマイホームに夢を描かれ、打ち合わせもセンスの足し算と言う感じでいい家出来ました。

 

当社の家の性能を表記します。ご予算もあるので参考までに。。

 ・スペック 隙間相当面積C値=0.3

        熱損失係数Q値=1.12

・壁 セルローズファイバー(デコス)

・屋根 ウレタン吹き付け 基礎ウレタン吹付

・窓 マーヴィン

・全館空調 (自社オリジナル)

 

 

 

外観はZEHを当初は目指していたので、太陽光たっぷりの載せれる片流れにしました。*ちなみにZEH対応ですが申請はしてません。

外壁は当社オリジナルのアンティークワックス仕上げ。

外構は結構しっかり作り込みました。当社の芝生は基本提案はTM9です!!

他社にあまり知られたくないですが、小出しにします。この芝生は簡単に言うと

そんなに伸びないので年2回程度の芝刈りで良いのとめっちゃ緑色!人工みたいに。。。という点がいいのです!でも世の中に少量しかないのであまり知られたくありません。。。

 

当社の建物は在来工法で耐震等級、耐風等級は2以上が当たり前です!

あまりわからに部分ですが、基礎も普通の家の配筋より多目なんです。

まぁそんなところを自慢している会社ではないのでその話は個別に。。。

 

玄関までのアプローチ部分は古枕木です。

玄関の土間は天然石です

ベランダのウッドは高耐久性のあるサーモウッドです

 

玄関扉は当社工房製作の英国古材のオークをで製作しています。

木製は反ることがあるので、内部に分厚い鉄板を入れて反り止め補強をしています。

 

外壁のアンティークワックスがいい感じです!

 

 

階段凄いですよね。。ちなみにこれ木造です。。。階段片持ちです。。。

ものごっつい鉄のブラケットを製作しまして、柱連続壁に打ち込んでます。

 

当社工房製作のオーダーキッチンです。2列型キッチンです。

扉はオーストラリア羊毛工場床材のジャラの古材を扉にしました。

 

天板はフランス漆喰です。天板や土間、プールにも採用できる漆喰がフランスにはあるんです!色もデザインも思い通りのまま!メンテもできる天板なので永く使える天板です!

 

 

 

 

背面には本気のシンクがあります。コーラー社のホーロシンクです!

 

 

食洗器にはミーレW600サイズ パネル扉も製作しました。

ランプは昔にフランスに買付に行ったときの品です。

水栓はアメリカのデルタ社の水栓を採用しました。

 

玄関入ったところは上部は吹き抜けになっています。

 

リビング入ったところも吹き抜けになっております。

吹き抜けが多いのでめっちゃ広く感じます。しかも明るい!

ほんとにこれ全館空調じゃないとこんなプランあり得ないですね!

 

 

リビングを見上げるとこんな吹き抜けです。めっちゃうらやましい。。

 

子供部屋からはヴォレーの窓を通じでリビングの空気感が伝わります。

アイアンの手すりはフランスパリのベランダ手すりをリメイクしました。

 

これは施主様がアーチの付いたアイアンパネルを購入されて、それを工房で造作し両開きの扉を製作いたしました。これは超×10むずかったです。アンティークなだけにアーチがいびつで。。。

 

 

 

窓はアメリカのマーヴィン社の窓を採用しています。外側が樹脂、内部は木製で高気密2重ガラスです。木製なのでインテリアがとても良い感じに仕上がります。ちなみに色は自由な色に塗れますビックリマーク

 

 

実は玄関の吹き抜けとリビングの吹き抜けは上でつながってるのです。

アイアンパネルを溶接しモチーフにしました。

 

 

 

奥様こだわりのリビング収納家具です!!

上部に間接照明があって、ここに水槽がきて、ここに新聞、ここに本棚前後ろバージョンで・・・・・。めっちゃむずかったです。。。あせる

内装壁はいつも通りのフランス壁デコプロヴァンスの漆喰です!これは蜜蝋ワックスが最後に施工されているため呼吸はそのままで手垢や汚れが付きにくくなります!他に類を見ないのでぜひ!

 

床はアンティークオークです。幅広タイプ!間違いない!

 

当社工房製作の洗面台です。

木製ですが、しっかり撥水処理しています!

取っ手のアイアンハンドルはミャンマーとかの牛車の車輪の金具です。

 

脱衣室にはリネン庫の家具バージョンを製作しました。各人に割り当てがあるの

で便利です!!

 

 

アンティーク、ベネチアンランプです。廊下に取り付けました。

めっちゃいい感じです!また手に入れれる日が来たら欲しいところです。

 

奥様こだわりの和室!めっちゃ打ち合わせしました!

和紙屋さん?を段取りしていただきコラボレーションしました。

アーチと建具の取り合いとかめっちゃむずいっすあせる

天井は網代です!

 

まだまだありますがこんなところで

楽しい現場でした。今後ともよろしくお願いします。  

シャビークラフト 森澤

http://www.shabby-craft.com/index.html

 

2016-03-03

全館空調を採用し、電気代収支0円以上を証明できました!!

テーマ:ブログ
 ちょうど一年前にモニターで竣工させていただいたお客様に毎月データーをとっていただきやっと一年間の収支がでました。下部の添付データを見てください!延面積31.5坪の住宅データです。
 難しい話は後でしますが、簡単に述べると
全館空調を採用しながら、わずか4キロの太陽光発電だけで電気代が+11753円出た!
と言いたいのです。

全館空調の月々平均電気代  5858円(税込) です!この金額で365日寒さ知らず、暑さ知らずの快適空間になるのです!  

 導入コストを極限まで抑えて電気代が収支0円を出せるのは当社だけではないでしょうか!
そこには以下のポイントがあります。
・全館空調も当社オリジナルで安い!自社開発・自社施工・特許取得済み!
・オリジナルの外気取り入れ・排気方法
・超高気密住宅 隙間相当面積C=0.3(過去最高値)
・高断熱(セルロースファイバー又はアイシネン、硬質ウレタン)
・アメリカ製木製2重窓又は樹脂サッシ
etc



詳しい話をすると、当社は第3種換気です。自然吸気・強制排気です。これで上記の金額は中々破格ではないでしょうか。もし第一種の換気を当社が採用すればもっと電気代のコストが下がるのは間違いないですが、第一種換気を導入すると最低でも50万円以上の換気システムで月々の電気代が700円とあと年間でフィルター交換代数万円などさまさまがランニングコストが掛かります。私の考えは第1種が必ずしもいいとは思いませんと言いたいです。

今流行掛けているZEHとは少し考え方が違いますが、とにかく導入費をやすくて、収支0円に持っていくということに意義があると思います。簡単にいうとシステムだらけの家ではなくもっとシンプルに最低限の導入コストで電気代収支0円を目指せないかということです。そこには当然、住み手の工夫や多少の努力は必須となります。

今年はZEHの補助金も決まりそうなので力を入れていきますし、今後もパッシプデザインの考え方をもっと導入し提案していきたいと思います。

森澤










2015-12-09

西宮市 H邸完成 全館空調入り

テーマ:ブログ
西宮にてH邸で完成しました。建て替えということで南面に間口が大きく、目の前が海という好立地条件の中で設計させていただきました。
 間口の大きさと目の前の海のロケーションを利用して、シンメトリーで大きな窓と大きなバルコニーを設けました。LDKを2階に設け、2階の利用価値を存分に発揮した間取り計画になりました。



シンメトリーの間口にこだわり、古さを感じさせない海外テイストの外観をアレンジしています。
外観に思いっきり使ったイギリスコッツストーン石はやはりこの外観を決めるうえでFIXな条件です。





破風にもデザインを施し、古材にはイギリスオーク材を採用しました。



外灯にはイギリスで本当に使用されていた当時ガス灯?だったものを採用しました。
この大きさが外観を引き締める中で決め手になるパーツの一つです。




コッツストーンの石積の家は本格的なコッツォルズ地方を彷彿とさせます。この家はきっとゆっくりとアンティークな家になりバイブリーの街並みの家のようになります。



玄関ドアは、イギリスから買い付けて来たステンドグラスが印象的なアンティークドアを採用しました。
ドアもしっかりとリメイクを施し、セキュリティーも万全に改造しています。
塗料はイギリスの塗料、F&Bを採用しています。絶妙な色合いがF&Bの特徴です。




ステンドグラスのデザインはこのような感じです。素敵です。




土間タイルにはポイントでレリーフを入れてました。





玄関入るとなんと右側には巨大な水槽、ここに魚が泳ぐのが楽しみです。
左には玄関収納を造作しました。
正面玄関にはフレンチヘリンボーンフローリングが出迎えてくれます。




階段の最初の2段を石材にし、アールのニッチも素敵です。




微妙な位置調整に苦労しましたが、装飾手すりもカワイイデスね。踏板は古材のダグラスファーを採用しています。




トイレはエレガンスに仕上げています。腰と天井にモールディングを施し、塗装はF&Bを採用。
クロスにはイギリスで購入してきた紙クロスを使用しています。写真では分かりにくいですが、このクロスは結構立体的になっていてエレガント感が取っても出て素敵なのです。




2階にLDKを配置してます。大きな屋根勾配の天井と松丸太の梁が出迎えます。また床にはフレンチレリンボーンがシックに決まっています。
 壁面には本物の石材を採用してます。梁は白のエイジングを施しています。



テレビキャビネットの天板には贅沢にも英国の古材のオークを採用しました。ワイルド感がとても石材ともマッチしてます。



扉には古材のジャラを採用しています。扉の質感が良いですね。



これほど大きな空間を取るということは最近珍しくありません。やはりだれもがLDKは大きい空間にあこがれます。ただ、こういったプランをすると問題が空調が効かない。特に冬が寒いというのは定番のあるあるです。家庭用エアコンでは追いつきません。全館空調であるから快適な環境を保ち続けれます。




ラウンドトップ窓の外には目の前が海、大きなバルコニーは最高で憧れですね。
窓はアメリカ製マーヴィン社の木製、高気密高断熱窓を採用しています。外側は樹脂で内部が木製ですのでインテリアに合わせて好きな色を塗装できます。




バルコニーの上からはイタリア製、ベネチアンランプを飾っています。この琥珀色とても素敵です。
光の波紋が天井や壁に映りとても幻想的です。もちろんLEDに変更してます。




夜はこのような感じでライトアップされます。コッツストーンの陰影やベネチアンランプの波紋がとても素敵です。




当社工房のオーダーキッチンです。まるで洋書の中の1ページのように仕上がりました。
天板は漆喰です。強固な漆喰で樹脂を混ぜています。海外ではプールに採用するほど強固なものです。
自由な色目でありながら自然なコテ感やムラ感が楽しめます。



シンクはアメリカ製のコーラー社製のホーローシンクです。ミーレ洗濯機もW600を入れても余裕の大きさです。





室内のドアはアンティークドアを採用しています。使い込まれた感がいい味を出しています。



ランプもフランス製のものです。ありそうでないシンプルなデザインです。



洗面所の入口はフランスアンティークドアリメイクしました。ガラスも古っぽくしています。



当社工房の洗面台です。コーラー社のシンクでダブルシンクにしています。天板はキッチンと同じく漆喰を採用してます。側板のところまでシームレスで作れるところがデザインが素敵になります。


特注ダイニングテーブルも製作させていただきました。英国古材オークをきれい目に落したものを天板に採用してます。脚はターニングマシンでろくろ脚を製作いたしました。




水槽室のバックヤードはこんな感じになっています。
いろんなものがシビア過ぎて、中々苦労しましたよ・・・・・。

森澤








2015-11-02

宝塚市 I邸 新築完成しました。 全館空調入り

テーマ:ブログ
宝塚市で3階建てが完成しました。いい土地に巡り合えたのもとてもラッキーですね。2階リビングからは川辺の桜が目の前で南向きというこんなところはないでしょう。

 

外観には本物のコッツストーン石を積み上げました。これがすごいインパクトですね。
付け庇はキャノピーで製作しました。
扉はイギリスから届きたてのオークのドアです。



イギリスで出会った時の建具がこんな感じでした。
一度金具を全て取り、古い塗料を取り除き再塗装して、吊元を反対に変えました。オーク材の扉なのでめちゃくちゃ重過ぎでした。。。





高度地区が厳しく、斜線規制との戦いでした。なんとか3階建てのプランが出来た時はほっとしました。
外観はシャビークラフトオリジナルのアンティークワックス仕上げです。



玄関のランプにはイタリア製ベネチアンランプです。イタリアから取り寄せました。ガラスの波紋が壁や天井に映りとてもきれいです。



玄関横にはシューズクローゼット廉物置になっています。
ここにもアンティークドアを使用しています。これもメチャカワイイです。




シューズクローゼット内装です。窓は何と造作なのです。ここは実は断熱区分で言うと外扱いなのです。
断熱材は入ってますが。。。




キッチンは当社工房のオリジナルキッチンです。
天板は大理石タイルで仕上げています。
扉はなんと贅沢に無垢のタモ材です。1級品です。




シンクにはアメリカ製のコーラー社のホーローシンクです。王道です!
素敵なキッチンです!




ここはダイニングルームです。天井は井桁に組みました。渋い!!
壁は漆喰です。当社こだわりのフランス産デコプロヴァンスです。最後に蜜蝋ワックスを施しています。手垢や汚れも拭けてしまいます。革命的です。ちなみに呼吸はそのままです。
真ん中に見えるのはじつはパントリーです。




ご夫婦のこだわりで、リビングとダイニングは分かれています。
フローリングは無垢のオーク材です。
窓はアメリカ製マーヴィン社の高断熱・高気密窓です。外側が樹脂で内側が木製です。インテリアに合わせて色を塗装できます。



リビングのローボードも製作させていただきました。
扉はキッチンと同じく無垢のタモ材です。キッチンと並びで来ているのでオーダー感がすばらしいですね。
ダイニングのランプはフランス製の滑車付ランプです。日本では当社しか持っていないカラーです。



リビングにも付け梁を施しました。この時期には分かりませんが、恐らくここから見える桜は最高だろうなと思っています。
 


階段の踏板は古材のダグラスファーを使用しています。味が程よく出ているので、オークのフローリングとも良く合います。




写真が悪かったのですが、寝室の床はなんとヘリンボーンフローリングです!!!
キマッテマス!




洗面所の天板は、漆喰天板です。主に南仏の方ではプールにも使用しているほど強固です。
色も自由に作れます。このシームレス感がかっこいいです。




このお家はなんとバルコニーが3個もあります。。。。その内の一つ、3階は絶景です。
ここでBBQは最高ですね~~




当社のバルコニーの軒下は手が込んでます。防火対策のケイカル板を貼ってからさらに木製のパネリング材は貼っています。ここが木になるだけで随分イメージが違います。
あと、バルコニーのフェンスも木ですが、脚は腐ると大変な工事になるのでアルミ脚を採用しています。
フェンスの材料もサーモウッドを採用しており、狂いが少なく、高耐久性に期待が持てます。

森澤






1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。