久保みきオフィシャルブログ「久保みきのひとりごと」Powered by Ameba
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2018-12-13 15:39:00

動物虐待の厳罰化、アニマルポリスの設立を目指す勉強会

テーマ:ブログ

こんにちは。

 

今朝は中浦和駅に立たせていただきました。

 

お声をかけてくださったみなさん、本当にありがとうございました。

 

午前は市議会で予算委員会が開催され、補正予算の審査がありました。

 

明日は補正予算議案の討論採決が行われるので、私は討論の準備に追われています。

 

昨日は、

12月12日。

 

この日を忘れません。

 

昨年の12月12日、さいたま市見沼区に住んでいた元税理士が猫13匹に対し、熱湯をかける、ガスバーナーであぶるなどの信じられない残虐な行為を行い、逮捕され、そして判決が出されたのはこの日でした。

 

しかも、その残虐な動画をインターネット上のあるサイトで公開し、その中で英雄扱いされたという異常な事件でした。

 

このインターネット上の投稿を偶然見た人が、PTSDに悩まされ病にかかってしまったという報告もありました。

 

ネット上で、罪にならないことをいいことに、言いたい放題、やりたい放題です。このようなことを野放しにしておいてはいけないと私は思います。

 

これだけ猟奇的で残忍な犯罪を犯したにもかかわらず、執行猶予がつきました。実刑にならないことへの憤り、この国の動物への位置づけのおかしさを感じます。

 

12月11日、国会の衆議院第一会館の大会議室で、この事件を忘れない~あの事件を風化させてはいけない~

動物虐待厳罰化

アニマルポリスの設立

を目指す勉強会が開催されました。

 

 

勉強会では、さまざまな活動している動物愛護家、獣医師、法医学、ドッグトレーナーなどの発言、報告がありました。

 

 

この勉強会の主催の公約

 

アニマルポリス、知ってますか?

 

動物虐待を取りしまる専門警察のことです。

 

日本では動物虐待は軽犯罪とされますが、アメリカでは重罪になります。

 

今年度は動物愛護法、改正の年です。

 

何としても厳罰化の実現を求めます。

 

命の尊重を願います。

 

そしてこの国にもアニマルポリスの設立を願って止みません。

 

 

 

2018-12-10 19:00:10

県にあって市にない発達障がい児支援、さいたま市民だけ受けられない支援。

テーマ:ブログ

こんばんは。

 

今日、議会は常任委員会が開かれて、

議案・請願の討論採決が行われました。

 

私は、酷暑から市民の命を守る対策の強化を求める請願などの賛成討論に立ちました。

 

今議会、保健福祉委員会に市民から出された請願は5件。1つは継続審査になり、あとはすべて不採択。

 

私たち日本共産党市議団は、3件に対し採択すべきと主張しましたが・・・他会派はすべて不採択の立場でした。

 

その後、議案外質問が行われました。

 

議案外質問は、委員長をのぞいて11人の所属委員のうち7名のみが行いました。

 

私は、先日お示ししたように、

 

発達障がい児支援についてと移動支援について質問しました。

 

 

 

質問内容は、また後日、議事録ができましたら、答弁含めてほぼすべての内容をお示しいたします。

 

発達障がい児支援についての質問をするきっかけは、

 

発達障がいのお子さんがいる親御さんから、県のセンターは小学3年までの療育支援があるのに、さいたま市民は受けられないと相談が寄せられたことがきっかけでした。

 

さいたま市は政令市です。

県と対等です。

そのため、発達障害支援法のなかにも、「発達障害支援センター」は、政令市は独自で設置するようになっています。

 

さいたま市にも発達障害支援センターはありますが、相談は18歳以上となっています。

 

未就学の子は、療育センターひまわり学園とさくら草で受けられますが・・・学校に上がると受けられません。

 

今日の質問の答弁では、学校に上がったお子さんでも相談・療育は受けつけると言っていましたが、

 

療育センターひまわり学園は、申し込みを行ってから、88日も待たされる状況、療育センターさくら草は、54日も待たされます。

 

市は、「不安のないように対応します」と言いますが、不安だらけというのが、実際の保護者の感想です。

 

待たされる上に、ひまわりもさくら草も未就学児の専門なので学校に上がったお子さんにとっては不十分なものになります。

 

しかも、実際は、学校に上げると特別支援教育センターに相談するよう言われます。そこでは、療育は受けられませんし、保護者の望むような相談支援は受けられません。

 

この質問をするにあたり、先日、県の発達障害総合支援センターに行って参りました。

 

いいお話が聴けました。

 

県のセンターは発達障がい児に対応する職員の人材育成に重点をおき、研修をたくさん行っていることがわかりました。

 

 

この日も午後から研修とのことで、準備がされていました。

 

幼稚園、保育園、通所施設職員など発達障がい児に適切に支援ができるように研修を開催しているのです。

 

しかし、この研修にもさいたま市の方は受けられないのです。

 

さいたま市がこの役目を担わなければいけないですよね。

 

今日の質問では、人材育成の話までできませんでしたが、次回、必ず求める質問をしたいと思います。

 

市の発達障害支援センターは、もっと機能拡大すべきです!

 

療育訓練のお部屋も拝見しました。

 

 

 

ボールプール、私の息子は特別支援学校にあったこのプール、大好きでした。

 

実際はこのセンターでの個別・集団療育は行ってなく、研修目的で行っているそうです。

 

 

衝立のむこうは・・・

 

 

こうして囲いをすれば、自閉傾向の子も、他の情報に惑わされ混乱することなくいろいろなことができます。

 

ちょっとしたアイデアなんです。

 

それをここで、対応する職員が学んでいくそうです。

 

 

上の写真、「まつところ」に足の絵を貼っています。こうして印をつければ待つことができます。

 

ただ「待っていて」と言ってもどこで待っていていいのかわからないので、パニックになってしまいます。

 

自宅でも応用できますね。

 

特性をなおすことはできません。

 

こちらが認めてあげましょう。

 

「なおすことはできなくても、できることを増やすことはできる」とお話しいただいた言葉、忘れられません。

 

まさにその通り!

 

できること増やしましょう!

 

よいところをみつけましょう!

 

 

 

県の発達障害総合支援センターの事業には、地域療育センターというのがあり、越谷、入間など県内9カ所のセンターで療育相談支援を行っています。

 

対象は、未就学児から小学3年生まで。

 

これ、これを保護者は求めています。

 

さいたま市にはない支援。

 

小学3年までの療育・相談支援を早くさいたま市もつくってほしいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

2018-12-07 21:24:27

市政報告会のお知らせ

テーマ:お知らせ

こんばんは。

 

今日は議会、常任委員会が開催され、

各委員会にかけられた議案、請願の審査、

質疑、参考意見聴取が行われました。

 

月曜日は討論採決、討論文など今、準備しています。

 

月曜日は議案外質問も行われます。

 

議案外質問では、発達障がい児支援と障がい者の移動支援について質問します。

 

さて、お知らせです。

 

 

12月22日、土曜日、午後2時から、

プラザウエストの4階、視聴覚室で市政報告会を開催します。

 

どうぞ、みなさん、いらしてください。

 

みなさんのお越しを心からお待ち申し上げます。

 

 

2018-12-04 20:27:27

無料低額宿泊所 市があっせん?まさかの文書がみつかる

テーマ:市議会

ちょっと時間が経ってしまいましたが、

 

9月定例会の保健福祉委員会においての

私の議案外質問をここにお示しします。

 

無料低額宿泊所問題を取り上げました。

 

無料低額宿泊所は、ホームレスの方が一時的に入所する施設のことです。

 

腑に落ちないことがありました。

 

今でも私は納得していません。

 

南区の福祉事務所の相談室(生活保護の申請・相談をする部屋)にある施設名の記入があらかじめ印字してある面接記録票が引き出しに入っていることを知りました。

 

あっせん?とも思われる文書です。市は昔のもので、よくわからない、おそらく昔はその施設しかなかったのでと答えましたが・・・

 

その議案外質問のやりとりをホームページにほぼ全文載せています。

 

ここに貼り付けさせていただきますので、ご覧いただけたら幸いです。https://seijini-kokorowo.jimdo.com/%E8%AD%B0%E4%BC%9A%E6%B4%BB%E5%8B%95/

 

2018-12-04 19:29:22

サクラ・スポレクに行きました。

テーマ:ブログ

こんばんは。

 

議会は一般質問2日目が終わりました。

 

明日は一般質問の3日目、最終日となります。

 

その後はいよいよ委員会が開催され、議案審査となります。議案外質問も行われますので、議員にとっては最も忙しい時です。

 

12月2日、秋ヶ瀬公園で桜区主催のサクラ・スポレクというのが開催されました。

 

児童養護施設の子どもたちと行って参りました。

 

 

途中、突然、泣きだす男の子。

 

「じーじ、じーじ・・・」

 

どうもおじいちゃんに似た人が通りかかったみたいです。

 

きっと優しいおじいちゃんなんでしょう。

 

なんとも言えない気持ちになりました。

 

 

 

 

気球に乗ろう!と張り切って行きましたが、もう締め切っていました。すごい人気ですね。

 

 

 

 

炎が上がって空へ!迫力ありました。

 

気球が上がるのを見て、昔遊びや、ドッチビーというドッジボールのフリスビーバージョンのゲームをみんな夢中になってやっていました。

 

うんと楽しめてよかったです。

 

大好き、大好きと抱きついてくれる子。

 

それをうらやましげに見ている子。

 

みんな、愛情にうえていて、ひとりひとりしっかり見つめてじっくり関わる必要があるように思います。

 

マンツーマンでついてあげたい。

 

けれど、体制としては4人に一人。

 

この日も8人の子どもに大人2人でした。

 

2対1くらいに職員体制が改善されることを願って止みません。

 

大人の手、2本しかないから。

 

両手をつなげば、つないであげられない子が出てしまうのは悲しいです。

 

この子たちの将来が輝かしいものになりますように。

 

心の底から願っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018-11-30 18:21:56

さいたま市の知的障がい児の通う学校は今・・・特別支援学校の重大な教室不足問題

テーマ:市議会

こんばんは。

 

今議会に出された陳情2件。

 

そのうちの1件は・・・

 

 

「さいたま市内への知的障害特別支援学校の建設、および特別支援教育の充実に関する陳情」です。

 

陳情項目4項目のうち、

 

1番目に

さいたま市に在住する障がいのある児童生徒の就学・進路先を保障するために埼玉県と協議し早期にさいたま市内に複数の知的障害特別支援学校を建設すること。

 

となっています。

 

この陳情が提出された日、11月14日、提出者の「特別支援学校の教室不足を考える会」の方々は会派を回られました。

 

当然、我が会派にもいらっしゃいました。

 

懇談の場を設けてほしいと言われ、市議団のその場にいたメンバーで対応しました。

 

 

私は、みなさんもご存知と思いますが、さいたま市に市立の知的障害特別支援学校をつくってほしいと何度も議会質問を繰り返してきました。

 

私の子どもは重度の知的障がいがあり、浦和特別支援学校に小学1年から高校3年まで、12年通いました。

 

息子が中学1年~3年の時、浦和特別支援学校のPTA会長を務めました。

 

ちょうどその時、浦和特別支援学校は100人規模の学校なのに児童生徒数が200人を超え、子どもたちの大好きな畳の部屋をはじめ特別教室が次々なくなりました。

 

普通教室へと転用されたのです。

 

PTAの会議室もなくなり、私たちはプラザイーストなどの施設を借りて会議を行いました。

 

あれから10年。

 

教室不足はますます深刻化しました。

 

さいたま市を学区に含む特別支援学校は、春日部特別支援学校、浦和特別支援学校、大宮北特別支援学校、上尾かしの木特別支援学校の4校です。

 

2007年の時は総数666人でしたが、今や1261人。約2倍になりました。

 

懇談では、給食を全員に提供できなくなる恐れがある。

女子は障害者用トイレで着替えをする。

本来は特別支援学校では使用しない4階にまで教室を設けている。

 

特別教室は、転用、転用の繰り返し。一つの教室を衝立で仕切って使用するなど通常では考えられない人権侵害ともいえる状態の報告がありました。

 

今後も特別支援学校の希望は増える見込みが出ています。

 

さいたま市は、知的障がいのある子どもたちの学びの場に責任をもってもらいたいです。

 

人口100万人以上の政令市の中で、市立の知的障害特別支援学校がないのは、さいたま市だけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018-11-30 00:09:16

街頭演説

テーマ:活動
こんばんは。

今日は議会2日目。

夕方は栄和地域で、街頭演説させていただきました。

動画は、25日、日曜日のものです。

ご覧いただけたら幸いです。


では、みなさん、明日もいい日になりますように。

おやすみなさい。

明日の朝は与野本町駅に立つ予定です。
2018-11-27 20:52:17

エム・テック倒産問題と桜区衛生研究所跡地の行方

テーマ:ブログ

こんばんは。

 

株式会社エム・テックが倒産し、

http://www.mtec-con.co.jp/?p=1604

 

さいたま市は美園南中学校の新築工事や仲町小学校の増築工事、そして、私の地元の寿楽荘の改修工事もストップしてしまっています。

 

11月15日に閉会中の請願審査が保健福祉委員会にて行われた際、担当課から説明がありました。

 

今は、老人福祉センターいこい荘(中央区)を代替施設として使い、臨時バスを1日一往復走らせている。

 

新たな業者をきめるため、新たに入札を行う予定。

 

3月で終わる予定だった工事は来年度まで伸びることは避けられないようです。

 

仕方ないことですが・・・

 

 

寿楽荘の中には、自治会の集会所もあるので、総会などどうするのだろうとふと思ったりしました。

 

美園南中も4月に間に合わず、7月になる予定とか・・・

 

 

 

さて、今日は、県議会に行ってきました。

 

住みよい桜区をめざす連絡会のみなさんと一緒に県の職員から桜区の衛生研究所の跡地について説明を受けました。

 

 

前原県議も同席してくださいました。

 

 

平成27年3月、衛生研究所跡地の一部の土壌や地下水からフッ素、ヒ素、鉛が検出されました。

 

平成29年の2月から地下水のモニタリングが始まり、平成31年2月まで行われます。

 

平成29年3月には汚染土壌の除去は完了しました。

 

この跡地は25000~6000へーべーあります。

 

その半分弱は県が常盤高校や桜高等学園のグランド、農作業など、また環境部の方で地盤沈下の測定地への進入路に使う予定。

 

残り約13000へ―ベーは、なんと、市に照会がかけれているとのこと。

 

この土地、なんとしても市が買い取ってほしいです。

 

公園にして、その中には高齢者の集える場所が欲しいと要望があります。

 

さらに声をあげていこうと話し合いました。

 

 

2018-11-26 01:20:04

私の日舞(鶴亀)

テーマ:ブログ

こんばんは。

 

28日から議会、12月定例会が始まるので、

 

その準備で今夜は議会、議員控室に居ます。

 

今議会には、特別支援学校の設置基準を求める意見書を国に上げたいと思い、先日、文案を用意しました。

 

昨日は、知的障がい特別支援学校のおやじの会主催の学習会と懇親会に参加させていただき、改めてさいたま市の知的障がい児の通う特別支援学校の教室不足について訴えさせていただきました。

 

今日は、桜環境センターのエコフェスタにお伺いし、市内の障がい者事業所の販売に心を躍らされ、たくさんのかわいいものやおいしいもの、すてきなものを買いました。

 

特にアートとなると、障がいというものは全く関係なく、その人の感性が生かされるので、驚きの作品に時として出会い、本当にすてきだな、すばらしいなと思います。

 

ちょっとここで、お恥ずかしいですが・・・

芸術の秋ということで・・・

 

11月4日に栄和公民館の文化祭の際にお世話になっております。踊らせていただきました、私めの日舞を披露させていただきます。

 

ご覧いただけたら幸いです。

 

鶴亀 という踊りです。

 

 

 

2018-11-23 07:02:09

ひどい対応〜おばあさんと一緒に福祉課へ

テーマ:くらしの相談

おはようございます。

 
昨日は議会、予算委員会の理事会がありました。
28日から12月議会が始まります。
 
その後、85歳のおばあさんとちょっと離れた区の福祉課に行きました。
 
お子さんは施設に以前から入所しています。
 
その費用は、おばあさんが預貯金を切り崩して支払ってきていたのですが、「もう限界」というのが相談内容でした。
 
お子さんが生活を保護を受ければ解決すると思い、入所先がある区に行ったわけです。
 
対応が非常に冷たく驚きました。
 
何というか、非常に失礼な物言いをします。
 
上から目線で何かおばあさんがまるで悪いことをしているみたいな感じで。
 
私に対しても、お前は何者で、なんで一緒にきたのかと、(もちろん、お前という表現はされません、そんな雰囲気という意味)怒ったような表情で言われました。こんな対応初めてです。
 
これ以上はここには書きませんが、もしも私がおばあさんで、一人で行っていたとしたら、「もういいです」とこんな対応をされるなら二度と来ないと思うでしょう。
 
 
ひとつだけ、みなさんにお伝えしたいです。
 
少ない年金。これは本人のせいではありません。
この国の年金制度が悪いのです。
 
お金がない、生活ができない。
そうなったら、福祉事務所(さいたま市なら各区の福祉課)に行ってください。
 
「生活保護を申請します」
と言ってください。
 
そこで、「申請できるかどうかはこちらが調べますから」となかなか申請できなかったら、それは、問題です!
 
申請はできます。誰にでも(暴力団などのぞき)できる権利です。
 
申請してから調査が入ります。調査の結果で受理されるかどうかが決まるわけです。
 
 
 
 
 
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース