こんばんは。

 

本日議会で、定数の議員提出議案が審議され、

可決されました。

 

これで、桜区は定数4,緑区は定数6になります。

 

採決では民主改革市議団からひとり退席、

無所属議員ひとりが反対、

あとは全員賛成でした。

 

議員提出議案は、

提出者は新会派のさいたま未来市議団のおふたり。

 

賛成者はそれぞれの会派から12名の議員が名を連ねました。

 

2日のブログにも書きましたが、

昨日の議会は今日の午前3時半近くに終了しました。 | 久保みきオフィシャルブログ「久保みきのひとりごと」Powered by Ameba (ameblo.jp)

 

さいたま市の人口は増えているので、

それを鑑みれば、議員は増えても良いはずですが、

 

第3者の調査委員会に議員定数について諮問を出して、

その結果定数は60のままが望ましいとされました。

 

それに従わなければなりません。

 

60の定数で区分けをするとなると

桜区は4,緑区は6

となります。

 

仕方のないことです。

 

自分は全力で頑張るしかありません。

 

こんばんは。

 

一般質問、無事に終わりました。

今回、盛りだくさんの内容だったので、

時間内でできるか不安でした。

持ち時間は片道18分。

練習ではどうしても時間オーバーしてしまっていました。

相当な早口になってお聞き苦しかったかと思いますが、

なんとか、最後の再質問までできました。

満足です。

今期、4年を振り帰り、

出会った方、視察、相談を寄せてくださった方の顔を思い浮かべ、

心を込めて質問しました。

後日、動画を配信しますし、

写真が手に入り次第、ホームページに質問全文アップしたいと思っています。

 

さて、今日はウナーンの話しをします。

 

ウナーンの飼い主さんは若くして癌でなくなりました。

 

飼い主さんは、ある日、道で三毛猫と出会い、

一緒に暮らすことにしました。

三毛猫さんは妊娠していて、

3匹の子猫を出産しましたが、

2匹は死産。

ウナーンだけ助かりましたが、

ウナーンも瀕死の状態だったそうです。

そのため、飼い主さんはウナーンをそれはそれは大事に育てたようです。

 

飼い主さんと同居していた方は、

住んでいた家を手放さなくてはならなくて、

他県に引っ越すことになったそうです。

三毛猫だけしか連れて行くことができないので、

ウナーンをシェルターに入れて欲しいとお願いされました。

 

シェルターに入園したウナーンは、

集団生活になじめず、

食事をとれませんでした。

病院に連れて行っても特に異常は見つからず、

食欲増進剤などを投与して、

だましだましの生活でした。

ある日、本当に大変な状況になってしまって、

目つきもおかしく、肩のあたりがとっても堅くなってしまって・・・

 

前にウナーンと同じ症状の猫を看たことがあるという

愛護活動をしている方に預かってもらうことになりました。

こういう症状の猫の治療ができる病院も知っているとのことで、

通院しながらウナーンを看病してくれました。

本当に心から感謝しています。

 

8月の末に預かってもらって2ヶ月、

ウナーンはすっかり元気になりました。

シェルターの方に戻す気にはならないので、

我が家に連れてくることにしました。

と言っても、

うちも、8匹の先住猫がいます。

集団生活が苦手なウナーン・・・無理かな・・・

でも、このままウナーンとお別れする気にもなれない。

どうか、どうか、うちの仔になれますように。

 

ウナーンが来ました。

驚きました。

すごい、喜んでくれました。

尋常でない喜び方でした。

「よかった!また一緒にくらせるんだ!

おれ、心配してたよ。なんだ、生きていたんだ!

また、会えたんだ」

そんな声が聞こえてきました。

ウナーン、私を飼い主さんと間違えているんだ。

そう思いました。

 

 

 

 

猫の脳みそは少ないらしく、

預けられて、戻ってという行為で、

勘違いをしてしまっているのかもしれません。

 

食欲もすごく、食べなかったことがウソのようです。

幸い今のところ、先住猫とも問題なく過ごせています。

もうしばらくしたら、ケージからフリーにします。

どうか、うまくいきますように・・・

 

 

 

 

おはようございます。

本日、11時15分から一般質問を行います。

私にとって、今期最後の集大成の質問です。

インターネット中継も行っていますので、

ぜひ、お時間のある方は観ていただけたら幸いです。

さいたま市議会ホームページ、インターネット中継からご覧いただけます。


久保美樹



こんばんは。

 

12月議会2日目の昨日の議会は、

 

今朝の3時半くらいまでかかりました。

 

議長が辞任するとのことで、

議長選となったわけですが・・・

 

新議長の方は、9月議会中に旧統一教会との関係を記者発表していました。

統一教会とは知らなかったなどと話したそうです。

 

旧統一教会関係団体主催の「ピースロード」と言うイベントの実行委員に

何人かのさいたま市議会議員が名を連ねていたこともわかっています。

もっと丁寧に説明して欲しいし、

知らないでは済まないと思います。

また、謝罪の言葉もありません。

 

今でも宗教2世の方々が苦しんでいます。

いたたまりません。

 

誰が関係していたか?

など犯人捜しのようなことではなく、

私たち議員全員がもっと真摯にこの問題に向かい合う必要があると思います。

 

私たち議員は、応援すると言われれば嬉しく思い、

呼ばれれば、喜んでさまざまなところに行きます。

軽はずみな行動は控え、

襟を正すときが来ていると思います。

 

市長も訪問を受けた訳ですし、

市議会議員も関わっていたことが分かったなら、

市独自で、宗教2世の救済策、

相談窓口などを開設できないでしょうか?

 

 

さて、議長選の話しに戻りますが、

私たち日本共産党市議団は、

退席をしました。

旧統一教会の問題がはっきりしていないままでは、

到底、関係があった会派の中から議長が選出されることを受け入れられません。

 

議長選が終わり、新議長誕生の後、

議会運営委員会で、

議員定数についての

議員提出議案が出されました。

 

第3者の調査会で、

定数は60のままが望ましいとされました。

 

それを受けて平等に区分けをしなければなりません。

各派代表者会議で協議されてきましたが、

まとまりませんでした。

 

このままでは違法状態だと

新しい会派の方から桜区1減、緑区1増の条例改正の提案があり、

幅広い議員の賛同を募るとし、

自民、民主、公明、無所属などから数名の方が手をあげていました。

 

予定では、12月7日にこの議案が審査される予定です。

私たち日本共産党市議団は、

賛同者にはなりませんでしたが、

議案には賛成する予定です。


 

 

 

ここはさいたま市桜区下大久保です。

 

街灯が設置できました!

 

埼大通りのワークマンの脇を入っていって、

右に曲がったところです。

 

街灯がないときは、

真っ暗で、本当に通るのが怖かったです。

実際にイヤな事件に遭いそうになったという話しも耳にしました。

 

実は数年前から毎年街灯の設置を市に要望していました。

 

なかなか設置できず・・・

 

ついに、今年、写真の通り設置できました。

 

ご協力いただいた地権者の方、

それから桜区くらし応援室に心から感謝です。

 

住民の方から

早速喜ぶ声が届いています。

本当に良かったです。

 

今日、嬉しいメールが届きました。

学習会でお世話になった先生からでした。

 

本当にお世話になりました。

 

この日の学習は、一生忘れません。

 

11月13日、党市議団主催でコミュニティバスの学習会を開催しました。

講師は元国土交通省職員、愛知大学非常勤講師の可児紀夫先生にお願いしました。

可児先生、遠いところ、

本当にありがとうございました。

 

可児先生は、この日の朝、けんちゃんバスに乗られたそうです。

バスを語るには、まずは、バスに乗れ!ですね。

私もこれからどんどんバスに乗ろうと思います。

 

 

司会は南区の金子あきよ市議。

金子さん、いつも本当にありがとう!

 

 

私めは、開会はじめの挨拶かねて、党市議団の報告をさせていただきました。

私たちは、

コミバスをもっと便利な市民の足にしたいです。

全区で運行させて、

どこまで乗っても100円。

土日も運行。

30分に一本の運行をめざし奮闘していますが・・・

なかなか前に進みません。

 

コミバスの運行は、「コミュニティバス等導入ガイドライン」に則って行われています。

今年度はガイドラインの改定の年です。

コミバス、乗合タクシーの新規導入に課せられた収支率40%を撤廃し、

コミバスの料金、運行などを市民の願いに沿ったものに変えていきたいとお話しさせていただきました。

 

先生の話は、まずは、交通とな何か?

 

 

ドイツのメルケル首相は、

コロナ禍で移動の制限をかけざるを得なかった時、

今まで勝ち取られてきた権利に制限をかける辛さを語ったそうです。

 

 

交通は人権です。

 

交通は衣食住とともに人間社会を支え、持続可能な社会を形成する。

さらに交通は人間社会を豊に広げ、文化を育みます。

 

先生は、交通は人権と強調されました。

 

交通権は、重度障がい者が「私も外出したい」という切実な思いから生まれたそうです。

 

 

交通においては黒字、赤字の考え方は間違えです!

クロスセクターベネフィットの考え方が重要です。

クロスセクターベネフィットとは、

「ある部門でとられた行動(出費)が,他部門に利益(節約)をもたらす」という考え方です。

つまり公共交通の充実にかかる費用は、経済効果や医療費削減などさまざまな効果を生み出すということです。

例えば名古屋市の敬老パス(65歳以上は公共交通利用が無料)がもたらす経済効果は

316億円と言う結果が出ています。(平成23年)

 

 

先生から海外の例の紹介がありました。

 

アメリカのオレゴン州ポートランドは、

世界一住みやすい街と言われ、中心市街地は歩行・自転車・公共交通が優先です。

市内の広い区間で路面電車は無料です。

車椅子の障がい者も広い歩道を楽しそうに散策し、

電動車いすを利用する障がい者でも全てのバス、電車をひとりで利用できます。

ポートランドは、地域に多くの協議会があり、住民運動が盛んで、

なんと!川沿いの高速道路を撤廃し、広大な公園にしました。

ホテルの駐車場跡地を公園にしました。

住民運動で自動車の走行を抑制する木々を交差点に植えました。

交通が公園、商店、芸術館など文化漂うまちづくりと一体になっているそうです。

すごいですね!

 

国内の例では、

岐阜県岐阜市では、「市民交通会議」を設置し市民と行政が協同して交通政策を作り上げました。

人口約42万人の岐阜市でコミバスと乗合タクシーは今現在20地区で運行し、

路線バスと連携して全市域を網羅しています。

コミバスの利用者推移も年々増加しています。

コミバスの料金は100円です!

うらやましい!

 

他にもたくさんの事例が紹介されました。

 

さいたま市のガイドラインについて先生は、

住民組織をつくるところから行政は中に入っていくべきだとの指摘がありました。

交通手段は生活実態に寄り添う交通を選択することが大事で、幹線的なところはコミバス、

地域の小さい枠組みではデマンド交通。地域のバスをたくさん走らせ大手のバスを補完する。

民間路線バスと協同して路線をひくこと。運行については、

土日を運行すると街が元気になるので、土日の運行は絶対に実施していくべきだと話されました。

 

とても元気をもらいました。

先生、ありがとうございました。

 

最後に団長の挨拶。

 

たくさんの方にご参加いただきました。

 

ありがとうございました。

 

これから本格的な高齢社会です。

交通難民をつくってはなりません。

 

今でも免許返納した方から、

通院、買い物の不便を訴える声が届いています。

なんとかせねば!

 

この日の学習会を力に

12月議会では、

交通問題を議会質問する予定です。

11月20日、プラザウエストで

市政報告会を開催しました。

 

曇り空で、ポツポツと雨も降ってきて・・・

こんなお天気なのに

たくさんの方が来てくださいました。

本当にありがとうございました。

 

 

一部では、9月議会の決算の報告と議会質問の動画を観ていただきました。

 

2部は、水害対策について。

 

油面川排水機場の効果について、

油面川排水機場ができても、台風19号相当の台風が来た際、

浸水してしまう地域があります。

市場近くと

新開1丁目、2丁目あたり。

 

シミュレーションの結果について、会場のみなさんと意見交換をしました。

油面川排水機場に

もう一つ、毎秒3トンのポンプを設置すると、

新開2丁目は浸水しないで済みます。

しかし、鴨川の下流の整備をしないと無理とのことで・・・

実際に排水機場には、

3台目が設置できるようになっているのですが、

いつになるやら・・・

 

新開小、桜田2丁目公園、そして栄和小と

貯留施設ができる予定ですが、

それでどれだけの効果があるのか知りたいです。

 

 

3部は、木更津市を視察してきた報告をしました。

有機を広げよう!木更津市「オーガニックなまちづくり条例」を学んできて | 久保みきオフィシャルブログ「久保みきのひとりごと」Powered by Ameba (ameblo.jp)

 

 

みなさんから貴重なご意見をたくさんいただきました。

 

12月議会では一般質問に立つ予定です。

報告会でみなさんと共有した問題、

議会質問に活かして参ります。

19日土曜日は、

さいたま市農業祭でした。

 

朝9時にオープニングセレモニーでした。

 

紹介をしていただきました。

ありがとうございました。

 

共進会場というのがありまして

 

桜区の農家さんのお米が市長賞を受賞されていました。

 

共進会場で出会ったジャガイモです。

箱入り娘という感じで、

食べるのがもったいないな。

 

 

それからレモンの木!ずっと欲しかったのです。

まさか、ここで出会えるとは!

 

新鮮野菜、お味噌、梅干し、それから

友好都市の鴨川市の出店がありまして、

ひじきと煮干しを買いました。

 

私が議員になりたての頃、

鴨川市にあったさいたま市の保養施設

「しらさぎ荘」が廃止されました。

海なし市のさいたま市にとって大切な施設でした。

今でも残念でなりません。

 

 

会場はすごい人でした。

 

やはり、多くの市民が楽しみにしているのですね。

 

市内には多くの農家さんがいらして、

新鮮な野菜がこんなに採れる。

 

農業、応援します。

 

地産地消が大事です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セカンド シェルターができました。

 

 

とってもかわいく、おしゃれな保護猫ハウスです。

 

 

 

ボランティアさんが開設してくれました。

 

 

室内は、猫が喜びような仕掛けがたくさん。

 

 

こちらの部屋は日当たり抜群!

 

うちのシェルターから4匹の猫たちが引っ越しました。

 

トラは、日当たりの良いお部屋に。

 

最近のトラは、集団生活のストレスからか、

仲間を攻撃するようになってしまっていました。

 

ずっとおじいさんと二人暮らしだったから、

集団生活はきつかったのかもしれません。

トラが来た | 久保みきオフィシャルブログ「久保みきのひとりごと」Powered by Ameba (ameblo.jp)

 

個室に移り、よかったです。

 

大部屋にはホームレスさんが飼っていた猫、

太郎、小太郎、小次郎が行きました。

動物愛護週間の出来事 ホームレスが飼っていた猫とふれあいセンターフェスティバルとコンブチャ | 久保みきオフィシャルブログ「久保みきのひとりごと」Powered by Ameba (ameblo.jp)

 

 

みんな のびのび暮らせて良かったです。

 

なんか、本当に夢のような出来事です。

 

まさか第2シェルターを開設してくださる方が

現れるなんて。

 

保護猫シェルター

「ネコにしあわせを」

 

たくさんの幸せをいただいています。

 

本当にありがとうございます。

 

 

セカンドでもボランティアさん

募集しています。

 

よろしくお願いいたします。

 

こんばんは。

 

嬉しいお知らせです。

 

国際興業さんが、桜区の大久保地域に

オンデマンドバスを走らせます。

 

白鍬電建住宅方面にお住まいの方も

桜区役所にこのバス1本で行けますよ!

 

11月23日から12月3日まで。

実証実験で無料で走りますよ!

お問い合わせ

KGビジネスサポート(株)(国際興業グループ)

03-3273-6950

 

事前に予約して、決まったバス停から目的のバス停まで行けます。

当日10分前からの予約も受けつけるようですよ。

 

バスのように決まった時間の運行(時刻表に基づく運行)

ではなくて、好きな時間を予約して乗ることができます。

 

このお試し無料期間、たくさんの方の利用があれば、

実際に運行が決まるでしょう。

 

どんどん、みなさん、利用しましょう!

私も試してみようと思います。

 

これからの時代は、

このようなオンデマンド交通が主流になるかもしれません。

 

国際興業さんには、大久保地域のみならず、桜区全域に広げてほしいです。

 

市内全域にさまざまなオンデマンドバス、タクシーの運行が必要です。

 

そのために行政も特段の支援をお願いしたいです。