こんにちは。

 

今日の議会は、各常任委員会が開かれ、

議案の審査と議案外質問が行われました。

 

 

今議会、保健福祉委員会には、18件の議案が付託されました。

 

今日はそのうち、介護保険に関する議案について、ご報告します。

3年に一度の介護保険料の改定と介護認定審査委員の定数改定の議案です。

 

討論に立ちました。

 

討論文章を貼り付けますので、

お読みいただけたら、幸いです。

 

日本共産党さいたま市議団の久保美樹でございます。私は議案第50号 さいたま市介護保険条例の一部を改正する条例の制定について、反対の立場で討論を行います。

 本議案は、介護認定審査会委員の定数変更と介護保険料を3年ごとの見直しに伴って、第9期介護保険事業計画に基づいて、改定するものです。

 介護認定審査会委員の定数が320人以内から340人以内に増やすことについては、昨年の12月定例会、保健福祉委員会の議案外質問で介護認定申請から決定までの日数がかかりすぎることを指摘させていただいたので、定数増で合議体が増え、日数短縮につながることから歓迎いたします。

 一方で介護保険料の改定においては、介護保険料は改定されるたびに保険料が引き上がる仕組みになっていて、介護施設や介護サービスが充実されればされるほど保険料にその負担が反映し、保険料が引き上がります。介護報酬の引上げも、保険料引上げに連動します。   

 今回は、介護保険料段階設定が12段階から15段階に増えることになり、所得によっては、保険料が引き下げになる方もいると期待をしましたが、引き下げは、第1段階のみで、他段階においては10万円の控除がなくなることから、第1段階をのぞくすべての段階で引き上げになることが明らかになりました。これでは細分化した意味がありません。

 2000年に始まった介護保険制度は、制度開始時は一律1割負担の利用負担でしたが、2015年に2割負担、2018年には3割負担が導入されました。さらに利用料そのものの引き上げや介護サービス削減で、物価高騰に苦しむ高齢者や家族は、さらに負担を強いられ、必要な介護を受けられなくなる人が続発しかねません。そのため介護保険のための保険という商品ができる事態にもなっていて、介護保険は保険詐欺という言葉が横行しています。

 今、自治体に求められているのは、介護保険を守るためにも、基金や一般会計からの繰り入れを行い保険料のこれ以上の引上げをしないことです。

 岡山市では、物価高騰など踏まえ、基金の取り崩しで値上げしない案がだされました。さいたま市の基金は令和6年度末で50億円を超える見込みです。さいたま市も岡山市のように基金を取り崩し、値上げをしない努力をすべきです。

 以上のことから、議案第50号に反対します。

 

委員会では、私だけが反対し、他の委員は賛成しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

こんばんは。

 

今議会には、子どもの医療費無料を18歳まで拡大する議案がかけられています。

 

党市議団がかねてから求めて来て、

2023年の一斉地方選挙では、

4つのゼロ!を共通重要政策に掲げました。

 

4つのゼロは、

 

子ども医療費18歳までゼロ。

水道料金、半年間ゼロ。

学校給食費ゼロ。

国民健康保険税の子どもの均等割ゼロ。

 

私は、2023年の6月議会の

代表質問で、

水道料金と子どもの医療費の質問をしました。

 

その時の動画を配信させていただきます。

ぜひ、ご覧くださいませ。

 

 

 

 

このときの市長は、全国一律が望ましいので、

国に働きかけていると答弁されていました。

 

その後、埼玉県の動きもあり、

昨年の12月議会の他会派の質問で、

市長は18歳まで無料にすると答弁しました。

 

そして、今議会に議案として出されています。

 

明日は、保健福祉委員会で議案審査が行われます。

 

 

 

こんにちは。

 

ずいぶんとご無沙汰してしまいました。

 

さいたま市議会は、

2月6日から2月定例会が始まりまして、

昨日から代表質問が行われています。

 

今日は、他会派の代表質問で、

知的障がい特別支援学校の教室不足問題、

学校設立を求める質問がありました。

 

13年前、この質問をしたときは、

質問に感動したというお言葉をいただきましたが、

特別支援学校は不要であると考える方が多く、

共感は得られませんでした。

 

それがついに代表質問でも取り上げられるようになったかと

思うと、本当に感無量です。

 

なにせ、私が議員になりたいと思ったきっかけは、

息子の通う浦和特別支援学校の教室不足問題で、

さいたま市に知的障がい特別支援学校をつくってもらいたいと思ったからです。

 

さて、今日は、昨年12月議会での一般質問。

「防災について」の質問動画をご紹介します。

 

能登半島地震で避難生活を余儀なくされている方々、

お亡くなりになられた方々を思うと胸が痛みます。

 

 

 

 

こんばんは。

 

早いもので、1月も終わろうとしています。

 

元日に能登半島地震が起き、今もなお、避難生活を余儀なくされている方がいると思うと胸が痛みます。

 

地震が起きたとき、私は息子と千葉県野田市にいました。

 

今年は訳あって、帰省した息子と野田市に行きました。

 

息子はここ数年、帰省すると、

夜は眠れず、一晩中騒いだり、

コンビニで爆買いをしたり、

大変でした。

 

昨年の夏は、それらの問題行動がなかったのですが、

きっとそれは、体調が悪かったからかもしれないと思い、

今回も大変なことになるだろうと不安でした。

 

ところが、大丈夫でした!

 

夜も寝てくれて、

コンビニでは「一つだけ買う」を守ってくれました。

 

野田市の神社で初詣もできました。

 

見よう見まねで、お賽銭を入れて、手を合わせていましたよ。

 

 

2日は、小さな遊園地に行きました。

 

 

何年ぶりかで、一緒にメリーゴーランドに乗りました。

 

小さい頃はよく一緒に乗っていたのに、

あるときから、絶対に乗らなくなっていたので、

正直、泣けるほど嬉しかったです。

 

 

観覧車にも乗りました。

 

その後、茨城の海にも行きました。

 

 

「コー!」

と言うので、

「コンビニいいよ、寄ろうね」

 

以前ならコンビニを見て寄らないと、

パニックになっていたのに、

「車、停められないから、違うコンビニね」

と言うのも理解してくれました。

 

ウソのように聞き分けが良かった。

 

自閉症は、30歳過ぎると落ち着くと誰かが言っていたけれど、

本当かもしれないと思いました。

 

息子、31歳です。

 

これからは、もっともっと良くなるかな?

なんて過ぎた期待はいけませんね。

 

でも、今年の夏、また一緒に遊ぶのが楽しみです。

 

 

 

2024年がスタートしました。

 

元日に能登半島地震が起き、翌日に航空機事故という

大変な年明けになりました。

 

お亡くなりになられた方にお悔やみと被災された方に心からお見舞いを申し上げます。

 

極寒の被災地、過酷な避難生活、

ニュースを見るたびに胸が苦しくなります。


一日も早い復旧、日常生活に戻れることを願っています。

 

今日は、さいたま市二十歳の集いがスーパーアリーナで開催されました。

 

12人の二十歳代表の方が、それぞれ思いや誓いを

お話しになり、感動しました。

大宮北特別支援学校の卒業生、

塙保己一(はなわほきいち)学園(県立盲学校)の卒業生が

それぞれ代表にいらして、

とても立派でした。

 

みなさんの未来が輝かしいものになるように

お祈り申し上げます。

 

そして、被災地の二十歳の方。

もしかしたら、さいたま市のように

今日、集いが行われる予定だったかもしれません。

今は、本当に辛い日々だと思いますが、

どうか前を向いて、

これからの人生を輝かしいものにするために

歩んでください。

心から応援します。

 

私たち市議会議員は、

毎年、来賓としてお声がけいただいております。

 

節目のお祝いの日に同席させていただいて、

本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

 

1月4日は、さいたま市の仕事始めの日で、

たくさんの市関係者が一堂に会しました。

 

今年は辰年で、

さいたま市のキャラクターつなが竜「ヌウ」の年でもあるので、

竜になったヌウの前で写真を撮りました。

 

今年も市民のために精一杯はたらく決意で、

浦和区の池田めぐみ議員と一緒に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年もあとわずかですね。

 

今年一年、ブログにお付き合いいただいて

本当にありがとうございました。

 

来年はもう少しブログでみなさんにお会いできる回数を

増やして行きたいなと思っております。

 

今年は、春の選挙で、4期目をスタートできた年でした。

一般質問も、6月と12月、2回も立たせていただけました。

本当にいい年でした。

 

今日はここに12月6日の一般質問。

別所沼公園の釣り糸等の被害についての動画を配信します。

 

7月に別所沼に行き、清掃の手伝い等行い、

ブログにも書かせていただきました。

 

これ以上、野鳥が苦しまないことを

願って止みません。

 

 

 

明日は息子が帰ってきます。

3日まで一緒です。

どうなることやら・・・

 

みなさん、良いお年をお迎えください。

 

こんばんは。

 

本日、さいたま市議会12月定例会が閉会しました。

 

今議会は、一般質問に立たせていただきました。

 

ありがとうございました。

 

5項目の質問をしました。

 

今日は、そのうちの

「学校のウサギ等の飼育について」の質問動画を配信いたします。

 

ご覧いただければ幸いです。

 

よろしくお願いいたします。

 

 

 

こんにちは。

 

今日は、朝から曇り空です。

やっぱり、晴れがいいですね。

お陽さまの力ってすごいですね!

 

昨日は、プールの仲間に久しぶりに会いました。

 

私が初めて水泳教室に通ったときにご一緒した仲間です。

 

今から25年くらい前のことです。

 

水泳をやろうと思ったきっかけは・・・

息子が関係しています。

 

息子は、水が大好きで、

療育施設に通っていたとき、

プールの時間だけは生き生きとして、

教えもしないのに、どんどん潜ることができる子でした。

 

私は、息子に水泳を習わせたく、

あちこちの水泳教室にお願いをしたのですが、断られ・・・

障がい者対象の教室で、

体験をさせてもらったとき、

「この子、お遊戯もできないよね。

自分で勝手に楽しんでいる。

こちらのいうことも、マネもしない。

水泳を教えることは無理ですよ。

でもね、お母さんのマネならするかも。

お母さんが水泳を覚えて教えてあげたら?」と、

言われたことがきっかけです。

 

そこで、私、

安い教室ないかな?と探し、

市の水泳教室に通いました。

 

ま、3ヶ月も習えば、すごく泳げるようになるだろうと

気軽に考えていたのですが、

とんでもない!

 

水泳も奥が深いですね。

 

なかなか思うようにいかない。

 

息子のことを忘れて、すっかり、水泳に魅了されました。

 

気がついたら、マスターズで、大会に出て、

メダルをねらうようになっていました。

 

息子はっていうと、ぼちぼちと私が教えて、

クロールのまねごとみたいなことはできるようになったのですが、

今は、もう、水に入ることも嫌がるようになってしまいました。

 

自閉症って、好きだったことやこだわりも

ある日、プツッと「おしまい」ってやめてしまうことが、

あるのですかね?

自閉症の方、

自閉症のお子さんがいる保護者の方、

どうですか?

 

私に初めて水泳を教えてくれたコーチたちは、

実は、水球の選手で、

当時、与野レディバーズというチームで活躍していたのですよ。

 

子どもを連れて、試合に応援に行きましたっけ。

 

初めての水泳を習った仲間に会って、

いろいろ当時のことを思い出しました。

 

残念ながら、コーチは来られなかったけれど、

来年は会えるかもという話しなり、

今から楽しみです。

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

外は今にも雨が降りそうです。

 

昨日は晴天のもと、障がい者週間、市民のつどいが開催されました。

そのご報告は後日に。

 

12月6日、一般質問は、多くの方が傍聴にいらしてくださり、

本当にありがとうございました。

 

 

市の文化財は、

政令市の中で2番目に多いと聞いていましたが、

調べたところ、

京都、大阪に次いで、3番目の多さでした。

 

しかし、管理がひどい!

 

桜区、荒川堤外、塚本の薬師堂のマキについて取り上げました。

以前にあった案内看板は、今は跡形も亡くなって、

入り口が分からない状況です。

 

こちらは説明看板。

浦和市のままです。


 

まずは看板、しっかり直していただきたいものです。

 

薬師堂のマキの周辺には貴重な自然が残っています。

その自然を守っていただきたいです。

そして、荒川第2調節池の建設現場が隣接しています。

 

第2調節池建設においても自然保護をお願いしたいです。

 

この問題は、11月12日に桜環境センターで行われた

「桜エコ・フェスタ」の会場でも

発信している団体がありました。

 

 

調節池内水路(囲ぎょう堤脇)が、

3面張り水路という底も両サイドも全てセメントで固めた形になるようです。

これでは生態系や景観に配慮することが難しく、

水の流れが早くなり、水生植物や魚などの生息・生育に適した環境を作る事ができません。

 

2面張り水路や土水路にしてほしい。

国に意見をすべきと議会で求めました。

 

ここでちょっとエコ・フェスタのご報告を。

 

こちらは、サクラソウ自生地を守る会さん。

今議会質問でも、しっかりサクラソウ自生地保全、求めました。

 

 

つまみ細工の展示。

とてもきれいでした。

 

議会では、他にも、

循環型社会にむけた、

生ごみのリサイクル。

 

別所沼公園の釣り人がポイ捨てした釣り糸や釣り針によって、

野鳥が苦しんでいる問題。

 

学校でのウサギの飼育、

休日、エサをもらえなかったり、

酷暑や極寒のなか、外の小屋に入れられたままの問題。

動物虐待であると指摘させていただきました。

もはや、学校で小動物を飼育するのは無理だと私は思います。

 

 

後日、質問動画を配信したいと思います。

ご覧いただけたら幸いです。

 

では、また。

 

明日も良い一日でありますように。

 

 

 

 

 

 

 

こんばんは。

 

さいたま市議会では、4日から

市政に対する一般質問が行われています。

 

私は、明日、13時から、一般質問に立ちます。

 

ぜひ、傍聴にいらしてくださいませ。

遠方の方は、さいたま市議会のホームページから、

インターネット中継も配信されるので、

ぜひ、ご覧くださいませ。

 

明日の質問に向けて、

11月19日、市政報告会を開催しました。

 

 

報告会では、小川町で学んだバイオガスプラントの報告もしました。

明日は、循環型社会に向けて、生ごみのリサイクルについても質問予定です。

 

 

市政報告会には、

多くの方にご参加いただき、心から感謝申し上げます。

 

 

私の市政報告会では、

議会質問の動画を観ていただき、

その後で、次回質問に向けて、みなさんから、

ご意見、ご要望をいただいています。

 

みなさんが、主人公のさいたま市をつくりたいから。

 

ひとりでも多くの市民の思いが反映される市政にしたいです。

 

これまでも、大きく考えが違わない限り、

幅広い立場の方のご意見を議会に届けてまいりました。

 

これからもずっと続けていきたいと思っております。

 

この日もたくさんの方から、

ご要望、ご提案をいただきました。

 

 

明日、みなさんに代って、

心をこめて、質問いたします。