1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-10-20 22:49:21

9月議会、紛糾してやっと閉会。

テーマ:市議会

こんばんは。

 

ただ今、夜10時40分、さいたま市議会9月定例会閉会しました。

 

いろいろもめて・・・やっと終わったという感じです。

 

今日、私は、決算議案の討論に立ちました。

 

 

平成28年度一般会計及び特別会計を合わせた歳入総額は7822億円。

 

歳出総額は、7693億円。

 

実質収支額は約49億円の黒字でした。

 

平成28年度における市民の納税者一人当たりの平均所得は、367万3000円。

 

5年前に比べて6万7000円とわずかに増えたのですが・・・

 

給与収入500万円の夫婦と子2人の4人家族の市民税・所得税の合計は38万6000円で、5年前にくらべて13万5000円増えています。

 

この5年間で消費税が8%に増税され、介護保険料や下水道料金なども値上げしました。

 

わずかな収入増のそれを大きく上回る税・社会保険料・公共料金の負担増によって、市民のくらしが、ますます厳しくなったことが感じられました。

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-10-19 16:49:45

削られた障害者福祉、これでいいのかさいたま市!(決算審査から)

テーマ:市議会

こんにちは。

 

さいたま市議会、今日は本会議が開かれました。

 

各委員会で審議された議案の結果を委員長が報告しました。

 

いよいよ明日が閉会日です。

 

でも、まだ、新たに上程される議案あるようで・・・各委員会がいろいろ開かれている状況です。

 

さて、今日は12日に行われた決算委員会の報告をさせてください。

 

保健福祉委員会関係の審査でした。

 

 

平成25年から昨年までの間、福祉タクシー利用料金助成、障害者自動車燃料費助成、心身障害者医療費支給制度、そして心身障害者福祉手当において、所得制限や年齢で切られるようなことが起きました。

 

これらの影響について質疑しましたら、

 

切り捨てられた方が1万8,907人、

削減は7億6,000万円とのこと。

 

今まで受けられていた方が受けられなくなる。

非常に心が痛む問題です。

 

もうこれ以上の削減はすべきではない、また削減したものは元に戻すべきと求めました。

 

移動支援というサービスがありますが、

 

これまた、使いにくいとの声が届いています。

 

実際、市にはどのくらいの改善要望などが届いているか聞いてみました。

 

市 「 移動支援の改善規模につきましては、グループホームの利用者の通学通所支援の利用を認めてください。移動支援や通学通所支援の対象者の要件を見直してほしい。ヘルパー自信が運転する車両での移動中もサービスを提供時間として認めてほしい。移動支援のサービスの起点、終点を家以外で認めてほしい。通学の時間帯に通学通所支援が利用できないため、グループ支援を実施してほしいなどの声をいただいているところです」

 

これだけの声が届いているんですね。

 

Nothing about us without us

 

障害者権利条約のスローガンです。

 

真に移動に支援が必要な方に移動支援が使えるようにするべきです。

 

その他、グループホームの問題、かなり増やさなくては追いつかないことは明らかで、民間に設立を任せている以上、市独自の運営補助、利用者への家賃補助くらいは市として支援していくべきです。

 

障害者問題の他にも、介護保険、国民健康保険、母子父子寡婦福祉資金貸付制度、保育所、学童保育、動物愛護について取り上げました。

 

後日動画も配信出来ればと思います。

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-10-16 18:56:48

梅村さえこさん、がんばって!

テーマ:ブログ

こんばんは。

 

さいたま市議会は、本日、決算委員会にて討論採決が行われ、上程された昨年度の決算議案は認定されました。

 

けれど、病院の議案が上程されていないために、通常、総括質疑が行われますが、今回は、締めくくり質疑として、審査された決算議案について質疑が行われたのちの討論採決となりました。

 

朝は、梅村さえこさんと中浦和駅でごあいさつ。

 

雨の降る寒い朝でしたが、梅村さんの温かい人柄のためか、なんだか気持ちがほっこりと温かくなりました。

 

 

本当に優しい、思いやりのある方です。

 

私は昨年、性犯罪被害にあったご家族の方から相談を受けていて、それで、梅村さんにも相談にのってもらいました。

 

とても親身になってくれて、被害者支援の先駆的な例など教えてくれました。

 

さいたま市には、被害者の支援が全くないこともわかり、愕然としました。

 

国会では梅村さん、市議会では私。

 

ともに性暴力犯罪被害者支援についての質問をしました。

 

少しずつですが、確実に前に進んで来ています。

 

これからも二人で力を合わせて、市民の皆さんのために仕事がしたいです。

 

私にとって、梅村さえこさんは、なくてならない国会議員です。

 

梅村さんは、庶民の代表、消費税増税反対の市民運動の先頭に立ってこられた方です。ご自身のご実家が喫茶店を経営されていたそうで、消費税に苦しめられたご両親を目の当たりにしたそうです。

 

消費税を増税すると安倍首相は言いました。

 

増税分は、社会保障に使うから、いいでしょ?!と言っています。

 

けれど、今、ギリギリのくらしの方は、消費税が増税されたら、くらしていけなくなります。

 

そういう方々のことを知らない、知ろうとしない、平気で弱者を切り捨てる。

 

強いものがより強くなれば、滴り落ちるものがあるから弱い人もそれで救われるよというお考え。

 

でも、私たちは、知っています、滴り落ちるものなんて、一滴もないことを。

 

弱い人に温かい手を差し伸べるような、底上げをしっかりしていく、そういう政治にシフトしませんか?

 

今朝の中浦和駅で、たくさんの方が雨の中なのに、梅村さんのビラを受け取ってくれました。

 

握手を求めて来てくれた方もいました。

 

私たちは、少数政党かもしれない、でも、確実に信頼し、応援をしてくれている人がいます。

 

だから、私たちは、決してぶれない、裏切らない。

 

95年、名前も変えなかったのは、変える必要がなかったから。

 

名前を変える時って、失敗したとき、名前を変えて出直すもの。

 

95年、そんなことは一度もなかったんです。

 

誤解を受け、ひどいことを言われることもあります。

 

けれど、住民の苦難軽減、立党の精神です。

 

「わたしたちは、ひとり一人が大切にされる社会をめざしているんだ、せっかく生まれてきたのだから、かけがえのない一生だから、大切に大切にしたいんだ」

 

そのことを胸に・・・

 

今日もいい日が過ごせました。

 

ありがとうございました。

 

 

これは、10月13日、小池晃書記局長を迎えての南浦和駅での演説会。

 

市民と野党の共闘。

 

市民の会の方、社民党の方、小沢一郎さんの応援の方(小沢さんとは関係がなく勝手に応援している会)、元公明党の方、幅広い立場の方が、梅村さんに応援のメッセージを送ってくれました。

 

みなさん、梅村さんの人柄をまずほめる。

 

梅村さえこさん、本当に素敵です。

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-10-11 18:24:23

昨日、衆議院選挙の公示。困っている人に温かい手を手を差し伸べる政治を!

テーマ:ブログ

こんにちは。

 

昨日は衆議院選挙の公示日でした。

 

議会と選挙とバタバタした一日でした。

 

午前は浦和駅へ。西口はすごい人でした。

 

 

社民党の のぼりも見えます。

 

民進党は事実上解体してしまったようですが、

 

市民と野党の共闘は終わってない。

 

埼玉15区では社会民主党の応援を受けて、梅村さえこさんが、市民と野党の統一候補となりました。

 

 

私がいたのは、車の後ろだったので、後ろ姿しか撮れませんでしたが、凛とした姿が美しかったです。

 

みんなで力を合わせるみんなの中から生まれた候補、梅村さんこそ希望を託せると候補者です。

 

梅村さんは、庶民の中から誕生した政治家です。

 

気さくで優しい人柄は一度会ったら忘れられません。

 

この間、梅村さんとは、共に力を合わせて政策を前に進めてきました。

 

特に忘れられないのは、私に性暴力犯罪被害者の方から相談があり、梅村さんに相談をしたことです。

 

よーく話を聴いてくれて、涙をうかべ親身になってくれました。

 

国会では梅村さん、市議会では私。

 

共に病院拠点型のワンストップ支援センターの必要性を訴えてきました。

 

また、何一つ悪くない犯罪被害者が、差別され、排除される現実を変えたい。

 

行政として、被害者に対して温かい手を差し伸べる支援のしくみをつくってほしいと思います。

 

9月27日のことですが、埼玉会館で、「あなたの街の犯罪被害者支援」というプレシンポジウムが開催されました。

 

 

ものすごくいいものでした。

 

被害者からの報告では、大宮で強盗殺人未遂にあった方の報告が忘れられません。

 

本当にある日突然、被害にあい、殺されそうになり、大けがを負う。お金も奪われ、ケガで働けなくなり障害も残る。会社経営されていた方で、従業員のために借金なども背負うことになる。生活も立ち行かなくなる。

 

そして、大けがをして入院中のこと。

さいたま市の債権回収課は「税滞納がある。払わないと財産を差し押さえる」と奥さんに言ったそうです。

 

奥さんは、「夫は犯罪被害にあい、それどころではない」と伝えたのに、さいたま市は住まいのマンションを差し押さえ、公売にかけました。

 

本来なら困っている市民を助けなければならないはずの地方自治体が、

さらに苦しめてしまう。

 

許せません。

 

しかも、さいたま市の債権回収課の職員は、犯罪被害にあったと伝えた奥さんに「犯罪被害にあったの?税金を払わないのは犯罪加害者だよ」と言ったそうです。

 

さいたま市の債権回収課は本当にひどいです。

 

さいたま市桜区の方が訴訟を起こしました。

 

http://www.saitama-np.co.jp/news/2017/10/04/03_.html

 

10月3日、決算委員会の後取材を受けました。新聞には私のコメントも載りました。

 

困っている人には温かい手を差し伸べる政治が今求められています。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-10-06 20:27:32

決算審査、DV被害者支援を求めました

テーマ:ブログ

こんばんは。

 

さいたま市議会では、毎日、決算委員会が開かれ、昨年度の審査が行われています。

 

委員会終了後、質疑の内容など考えるので、どうしても帰りが遅くなり、朝は駅に立つので、物凄く忙しい1週間でした。

 

昨日は、市民生活委員会関係の質疑に立ちました。

 

4日の夜は、深夜までいろいろ調査し、昨日、市民生活委員会関係の質疑に立ちました。

 

 

DV関係

 

犯罪被害者支援

 

桜区中島の水素ステーション関係など質疑しました。

 

できたら後日ユーチューブで動画をアップしたいと思っていますが・・・どうも、録画がうまくいかなったようで・・・

 

さて、今日は、DV関係の質疑の内容をお知らせします。

 

さいたま市は配偶者暴力相談支援センターができて3年になります。

 

相談対応は親切で、親身になってくれたという情報が入ってきています。

 

DV被害者の脱出前の相談対応はよくなったもの、

 

脱出後の対応がお粗末と言わざるを得ません。

 

DVの証明を発行していますが、

 

申請があれば発行するだけ。

 

使える制度紹介など一切していません。

 

そのため、本来なら使えるはずの制度が使えなった実態がありました。

 

母子父子寡婦福祉資金貸付制度です。

 

DV証明があれば、離婚が成立していなくてもDV証明があれば使えますが、そのことを担当課が知らなかったため、電話で問い合わせた被害者に対して、「離婚してない方は、DVであっても使えません」と答えてしまいました。

 

もしも、事前にセンターの方で情報を提供し、そして制度につなげるまでの道筋を立ててくれていたなら、そのようなことは起きなかったでしょう。

 

相談対応だけで、支援という観点が抜けています。

 

H25年に国が出した「市町村の配偶者暴力相談支援センターの設置促進のための手引き」には、「市町村による被害者支援施策」として、

 

緊急一時保護施設の設置、緊急生活支援資金の助成、ステップハウスの設置、民間賃貸住宅入居時家賃の助成などいくつかの例をあげています。

 

さいたま市は何一つ行っていません。

 

民間のシェルター(緊急一時保護施設)に助成金を出しているだけです。

 

助成を出している2ヶ所の民間シェルターの年間利用は、合計で27人。

 

そして、民間のステップハウスの利用は年間150人とか。

 

ステップハウスはこれだけ需要があるのに、助成なし。

 

ステップハウスにも助成をだすべきと求めました。

 

それにしても、さいたま市、具体的なDV被害者支援策をしっかりつくっていただきたいです。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-09-29 19:29:31

いきなりの解散総選挙、さいたま市議会は決算審査始まる。

テーマ:ブログ

こんばんは。

 

今日は、さいたま市議会、決算委員会が開かれ、総合政策委員会関係の審査が行われました。

 

昨日は、各区の審査があり、10区の区長はじめ区の職員がお見えになりました。

 

障害者の事業所等と連携をはかり、支援の専門性を高める会議や研修会を実施しているのは、中央区と岩槻区だけでした。

 

中央区においては、主要事業の取り組みに「障害のある方が区内で安心してくらせるよう・・・」という言葉が書かれ、温かさにジンときました。

 

全区で連携会議、実施していただきたいです。

 

昨日、区役所審査が終了したのが午後5時過ぎ、その後すぐに西浦和駅に。

 

そう、解散総選挙となりましたから。

 

日本共産党の訴えを桜区の党後援会の方々と行いました。

 

臨時国会開会と同時にいきなりの解散。

 

戦後始まって以来、前代未聞の暴挙です。

 

何も審議せず、解散?

 

本当に安倍政権は、暴走に始まり、暴走に終わる。解散も暴走でという感じです。

 

秘密保護法、安保法制、共謀罪、そして今度は憲法9条を変えるおつもりとか。

 

日本は、憲法9条の下で、ずっと、平和でいられたことを忘れてはいけないと思います。

 

大変、危険なお考えだと思います。

 

 

北朝鮮のミサイル発射、核実験。先走った対応は危険です。緊張を高めるような、怒りをあおるような対応は絶対避けるべき。

 

何よりも、武力では絶対平和はつくれません。

 

 

さて、今日の委員会審査では、この間、目に余るひどい対応の市の債権回収事業に対して、我が党の神田議員が質疑しました。

市は、初めて、暴言やひどい対応を認める答弁をしました。

 

改善されることを心から願っています。

 

困っている人をより苦しめて何になるのか。

 

さいたま市は、暴力団を雇っているのですか?

 

と、問い合わせがくるほどですから。

 

あと、他議員の質問で、広報事業において、情報発信の活性化として、さいたま市は、アドバイザーをお一人雇っているそう。

 

年間、47日働いて、10件のアドバイスをして、そして報酬93万円とか?

 

ちょっと驚きの事実。

 

これでいいのか、さいたま市!

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-09-25 18:16:07

12年ぶりの再会。ずっと働き続けている卒業生。

テーマ:ブログ

こんばんは。

 

今日も議会で遅くなりました。

 

昨日は、とってもいい日でした。

 

岩槻文化公園で、障害者の運動会、「ふれあいスポーツ大会」がありました。

 

毎年楽しみにしているイベントです。

 

知り合いの女の子と一緒に行って参りました。

 

 

まずは、実行委員長と記念写真!

 

 

パン食い競争に挑戦しました!

 

 

懐かしい方にもたくさん会えました。

 

とっても楽しかったです。

 

 

この後、猫の里親さん宅へのお届けで千葉県まで行きました。

 

帰りに、あるファミレスに。

 

通って思い出したんです。

 

このお店、浦和特別支援学校の生徒会長さんが就職したはず。

 

もう、10年以上も前のこと。

 

私がPTA会長をしていた時のことです。

 

もう、いないだろうな・・・

 

10年以上前だもの。

 

思い切って聞いてみました。

 

そうしたら、いました!

 

彼、働いていました。

 

久しぶりに会えました。

 

12年ですって。

 

本当に頑張り屋さん。

 

昔と変わらない。

 

彼も覚えていてくれて、こんなにうれしいことはありません。

 

昨日は、最高の日でした。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-09-22 11:52:57

遅れすぎた対策、福祉避難所・・・やっと前へ

テーマ:市議会

こんにちは。

 

さいたま市議会は、各常任委員会での議案審査が終わり、今、補正予算の審査が行われています。

 

9月19日、保健福祉委員会で議案外質問に立ちました。

 

障害者就労継続支援A型の倒産についてと

福祉避難所について質問しました。

 

 

福祉避難所については、

 

本当に驚くべき事実・・・

 

東日本大震災から7年めに入ったのに、全く進んでない状況です。

 

さいたま市は、福祉避難所として84ヶ所の施設と協定を結んでいます。

 

受け入れ可能人数は、677人です。

 

そこで、改めて質問してみました。

 

市内で福祉避難所を利用するであろう災害時要配慮者の人数は?

 

何と、約5万人です。

 

災害の時、避難所をりようするであろう人数というのは、その人数の10分の1だそうで、それにしても、5000人はいます。

 

これでは、到底足りず・・・本当に不安です。

 

もしも、今、災害が起きたらということでも質問してみました。

 

まずは、みんな、第一避難所である小学校などに避難します。

 

その後、第2次避難所に障害者などは移動避難するわけですが・・・

 

そのやり方が・・・FAXや電話で問い合わせて決めると。

 

土壇場になって決めるということですよね。

 

せめて、協定を結んでいる施設では、どういう障害者を受け入れ可能か把握し、すみわけをしておく必要があるでしょう。

 

国のガイドラインには、福祉避難所を指定することとなっています。

 

けれど、協定は結んだだけで、さいたま市は指定がありません。

 

その理由は、要件が定まらず、指定に至っていないとのこと。

 

要件定めていただきたい!

 

国も市町村で要件を定めて指定をすべきとしています。

 

私、議員なってすぐに特別支援学校を福祉避難所に指定してほしいと言ってきました。まだ、何も動いてなかった・・・協定すら結んでない状況。

 

今回の質問で、市は、指定に向けて動いていくと前向きの答弁をしました。

 

遅すぎるけれど、やっと、本気なってくれた。これからです。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-09-18 17:20:01

体育祭

テーマ:ブログ
こんにちは。

昨日、台風18号は各地で甚大な被害がでたようで…被害にあわれた方に心からお見舞い申し上げます。

一昨日は、さいたま市内の多くの中学校が体育祭でした。

私は土合中学校と大久保中学校にお邪魔しました。

土合中学校は、9クラスもあるものすごい勢いを感じる体育祭でした。
{3E4F9519-4F84-41B2-8AD7-064DEED2B0B4}

午後、お邪魔した大久保中学校。

{3B3C280A-189F-4CB8-8A86-EDF2BEFD5ED3}

こちらは、3クラス。3年生だけ4クラスというアットホームな感じの体育祭でした。

3年生には、知り合いのお嬢さんがいるので、私は応援したく駆けつけました。

「転ぶのを恐れず、前に進め。転んだら立ち上がってまた前に進め」

そんなアナウンスが耳に残っています。

希望を持って、失敗を恐れず前に進んでください。失敗したら、その反省を力にまた前に進んでください。
失敗は成功の元!

すてきな体育祭をありがとうございました。

みなさんの元気な姿、すてきな笑顔、忘れません。

心から応援します。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-09-13 20:25:18

あってはならないこと。65歳で生きることが困難になった障害者。

テーマ:ブログ

こんばんは。

 

今日は、本会議の後に決算委員会の理事会が開かれ、

 

今、上程が留保されている病院の議案についての関係で、

 

決算審査をどうするか・・・なかなか答えが出ず・・・

 

そんなこんなで、今日も遅くなりました。

 

 

月曜日から、本会議で代表質問、一般質問が行われ、

 

今日は、南区のもりや千津子議員が登壇しました。

 

 

もりや議員の質問のなかに看過できない障害者の問題がありました。

 

障害者の65歳問題をみなさん、ご存知でしょうか?

 

65歳になると今まで受けていた障害福祉サービスから介護保険移行され、その問題の関係で、訴訟も起きているほどです。

 

私も委員会の場では何度か取り上げきて、さいたま市は「しっかりやっているので、大丈夫」と答弁していたので、まさか、こんなことが起きたとは信じられませんでした。

 

全盲のTさん、介助をうけて一人暮らししています。

 

65歳になって、今まで障害福祉サービスで介助を受けてきましたが、国の法律の決まりで、65歳になって、介護保険サービスに移行になりました。

 

介護認定を受けると結果は要支援2。

 

要支援2だと今まで受けていたサービスが半分になってしまう。

 

今まで2時間の訪問介護が、1時間に減らせれる事態に。

 

これでは、生活できません。

 

全盲のTさんは、介護保険制度での認定でははかれない障害ゆえの困難があるのです。

 

さいたま市では、介護保険制度でまかなえない部分のサービスは、障害福祉サービスで上乗せをして障害者が65歳になっても困難が生じないように対応しているはずです。

 

議会答弁でも再三そう言ってきました。

 

ところが、実際には、こうした事態が起きていたんですね。

 

区役所内での支援課、高齢介護課との連携って、あやしいです。

 

当事者が、「障害福祉サービスで上乗せして」って言わなければ見過ごされてしまうのかもしれません。

 

サービスの上乗せをできることを知っている障害者はいいのですが、そうでない方はサービスの縮小を余儀なくされているのかもしてません。

 

今後は、こうしたことが決して起きないようにと、もりや議員、強く求めてくれました。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース