文章をあれするための、あれ。

文章をあれするための、あれ。

日々気づいたこと、考えること、知りたいこと、など。


テーマ:
毎週水曜日はまっすぐ帰り夕飯もお風呂もドライヤーも歯みがきも全部21時までに済ませてテレビの前にスタンバイする。

見るのはテレ東の「家、ついて行ってイイですか?」
{9BBA11EC-3CB5-4FDA-9D05-CF5D1E2B0459}
趣旨は簡単。終電後の駅前にいる人たちに番組スタッフが「家までのタクシー代を支払うので家までついて行っていいですか?」と声をかけ、家でその人の人生を取材するドキュメンタリーだ。

「一般人の家までついて行って、素人の話を聞いて何がおもしろいの?」と思うかもしれない。でも私はこれを見て毎回爆笑し、ほぼ毎回涙している。

公式HPの番組内容紹介にはこうある。
深夜、急に訪れる片づけられていない素のお宅は、その人の人生ドラマが散りばめられた宝箱です。
そして誰しもが、一見フツーでも 、ぜんぜんフツーじゃない人生ドラマを持っている!
そんな素敵な市井の方々の人生譚を覗いていきます。」

ハチャメチャに元気そうな20代キャバ嬢が癌で闘病中だったり、暮らし雑誌の取材を受けるほどオシャレな家に住む30代夫婦が子育てで苦労していたり、かといって感動押し売り番組ではなく、60代男性が住むゴミ屋敷に行ったり、ヤギをペットとして飼っている女の子の家に行ったり、本当に色々な人の人生を観られる番組なのだ。

この番組は私に「世界には色んな人がいて、色んな考えがあって、色んな人生がある」ということを実感させてくれる。

当たり前のことだけど、ただ生きているだけじゃわからなかったりする。仕事や学校・趣味で色んな人と会っても結局は自分の生活範囲内で会える幅の人に過ぎず、「類は友を呼ぶ」じゃないけど同じような生活レベル・考え方の人が集まるのだ。

加えて私はもともと「他者の考え・立場が想像できない」人間だ。
正直中高生くらいまで「自分が思うことは皆んなも思っていること」と当然のように思っていたし、そう思っていること自体に気づいていなかった。
だから小中学生の頃は友人関係が難しかったのだと思う。
その頃よりましになったとはいえ今でもまだ、無意識の中にさらいきれていないそれが残っているんじゃないかと思う。


でも、水曜夜9時に色んな人生をみていると、実生活で出会うどんな人も必ず、私の知らない人生を生きてきたんだと考えるようになった。とんでもなく私を腹立たせるのが上手なあの人だって、大切にしていることや人がいるのだろう。だからと言って腹が立つのに変わりはないけど「まぁ、しょうがないか人間だし」くらいには思える。



将棋ソフトのPonanzaを作ったプログラマ山本一成さんが先日こんなことをつぶやいていた。




人間は小説によって他者の気持ちがわかるようになり、野蛮でなくなったという。



私は「家、ついて行ってイイですか?」によって、すこしずつ他者の立場を想像できるようになってるんじゃないかと思う。



**

家、ついて行ってイイですか? | テレビ東京 公式HP


テーマ:
最近、毎朝楽しみにしていることがある。
毎朝起きるのが楽しみ、というか何なら寝るのが楽しくなっている。

誰のおかげかというと、スマートフォンアプリの「sleep meister」だ。

渡辺直美さんが「しゃべくり007」で紹介して話題になったそうだ。私もその番組を見て使い始めた先輩に勧められてダウンロードした。

sleep meisterという名から想像できるようにこのアプリは私の睡眠を管理してくれる。枕元に置いて寝るだけで、私の眠りの深さを感知してくれ、アラームをセットした時間付近で眠りの浅い時に起こしてくれる。ので毎朝スッキリ起きられるというわけである。
さらには様々なデータも取ってくれ、入眠時間や、眠りの深さのグラフ、睡眠効率がどのくらいかを見ることができる。

例えばこの前の日曜日のデータはこんな感じだ。眠りが深くなったり浅くなったりしているのがわかる。

{907BF315-5BD3-4B68-990F-ABDE22E16526}

その次の日はこんな感じ。

{A5A6CA50-1E91-4CFF-BBA3-1323355133E8}

深すぎてほぼ死んでいるような時間がある。心配。

信ぴょう性はともかく、この記録を見るのが毎朝の楽しみなのだが、中でも1番楽しみにしているのが「録音された寝言を聞くこと」。

なんとこのアプリは、寝てる最中の音まで感知して、その時だけ録音をしてくれるのだ。

{35164C4B-B91C-44D9-AF7E-31D0E2D407E7}

月曜日もこんな感じで3件の録音がされていた。

寝言といっても、音に反応して録音をする機能なので実際は物音がほとんど。
大抵寝返りをして布団がガサガサしている音が録音されている。

でも、たまに取れる寝言がとても楽しい。この前は真夜中に笑っている自分の声が取れていた。
「ンフフッ   ヒッヒヒヒヒッ  アッハハ」と爆笑していた。
思わず姉や友達にLINEでシェア。(そう!録音データをシェアできるのだ!)
続々と「やばすぎる」「こわい」「こんな爆笑する?」「(姉)そういえばよく寝言言ってたわ」などと返信がくる。


このアプリを使い始めてもうすぐ1ヶ月。寝言が取れていたのはたった2回。それでも毎朝「今日は言ってたかな?」とわくわくしながら録音を聞く。

最近はアマゾンプライムで映画も音楽も安くダウンロードできるし、無料でこんなアプリがあるし、「本当にいいの?」ってくらい、人生を楽しむアイテムがどんどん増える。年をとるって良いなぁと思う。

ただ、楽しいことだけが増えるわけじゃない。希望があれば失望もする。

録音がひとつもなかった朝は午前中ずっと心に小さな悲しみを抱えて過ごすことになる。

それでも、ワクワクの大きさの方が勝つ。

皆さんも楽しいことを増やしたかったらぜひ。







テーマ:
前回の案内からちょうど1ヶ月、道案内研究が始まって早3ヶ月、ついに研究の成果が出てきたのでは!?という道案内を今朝しましたので早速レポートです。

***

日時: 2018/2/6(火) 午前9時ごろ

【私の状態】
服装:ベージュのトレンチコートにジーパン+マフラーとスニーカー。

状態:寝ぼけながら大阪駅に降り立ったところ


①人の多さ(選択肢の有無)
★★★★☆ 4/5点
駅構内なので人はまぁまぁ多め。ほとんどの人は出口へ向かっていたので聞きづらかったとはいえど、すぐそばにホーム内のコンビニがあったので、そこの店員さんに聞くのが1番確かだろうにもかかわらず、そのコンビニに行こうとしていた私が選ばれました。
ということで高めの4点です。


②尋ね先
★★★☆☆ 3/5点
「桜橋口」への行き方を尋ねられました。
広大である大阪駅で、出口がわからなくなることは多々あります。その点ではマイナーとはいえず、高得点はつけられないのですが、駅の出口なんて看板をたどれば大体つけるのです。それをわざわざ聞いていた=看板をみるより私に聞いた方が良いと判断されたということにして3点です。



③迷い人
★★★★★ 5/5点
ここが今回の最大の評価すべきポイント!
生まれて初めて、サラリーマンの男性に道を!聞かれました!
おそらく40代-50代くらいの、良質なスーツを着た上品な男性。
物腰も柔らかく爽やかで、とても素敵でした。
こんな20代のちんちくりん小娘に道を聞くなんて、上品な男性に出来ることなのでしょうか。恥ずかしさや恐さもあるのではないでしょうか。
それでも聞かれたということは、彼が偏見を持たない性格であるかもしれないと同時に、私にも、聞きやすい雰囲気が纏われていたのではないでしょうか。自らの成長を感じます。


◎総合得点
12点 / 15点満点

過去最高得点です!
最近外国人にも(店員さんと間違われて)話しかけられましたし、なんやかんや良い雰囲気を身につけてきたのかもしれません。

不思議なのは、話しかけられる前、私は眠さゆえ少し不機嫌な顔をしていたはずだということです。普通ならしかめっ面している人には話しかけません。

でも前回の東南アジア人に話しかけられたときも私は買おうと思っていた商品の値段の高さにしかめっ面をしていました。


「いつでも案内しますよ!」と微笑を浮かべていても誰も寄ってこないのに、しかめっ面には寄ってくる。不思議です。
しかも私のしかめっ面は本当にゴリラのようで可愛さのかけらもありません。ますます不思議です。

今月残りは しかめっ面:微笑=5:5 てな感じで表情をつくりつつ、道案内との因果関係を探っていきたいと思います。


P.S. 
道案内の結果ですが、
桜橋口はどこだったかあやふやで、「多分こっちです!いや、違うかな?んー〜多分こっちやと思います!」などと繰り返しおじさんを困らせたあと、不安になったのでコンビニの店員さんに聞きました。彼女は一瞬で私が差してた方向と反対を指差し、無事解決。
道案内としてはダメダメでしたが、おじさんには「ありがとう」と言われほっこりしました。

テーマ:

前から気になっていたことのひとつに

「人はどのような基準で仲間意識を持つのか」ということがある。

 

私は大阪生まれ大阪育ちで関東には住んだこともなく、

心がとがっていた学生の頃までは「東京の人」に対しては

それだけでどこか「けっ」と思ってしまう性質であった。

 

だけどフランス留学中は東京出身だろうが「同じ日本人」ということで

仲間意識があったし、同様に台湾から来た子たちに対しても同じ気持ちがあった。

 

逆に、例えば京都から大阪に向かう電車の中で、

隣の席の人が大阪出身だったとしても、私は特に親近感を感じないと思う。

だってそんな人、車内にうじゃうじゃいそうじゃないか。

 

どうも自分がマイノリティである分野において、

同じ立場の人に仲間意識を持つのじゃないかという気がする。

 

それがどのくらいマイノリティで、とかはまだわからないが、

この間は「こんなに一瞬の、小さな範囲でのことでも仲間意識を感じてしまうのか!」と驚いたことがあった。

 

平日の朝。通勤電車は満員で、終点駅で一気に人が降りる。

ぎゅうぎゅうだから皆チビチビとしか進めない。

ポムポムプリンみたいな歩き方になる。

やっとドアのところまで来たと思うと、ちょうど扉のところで

男性二人の間と横並びになり、詰まってしまった。

 

こんな感じだ。

 

ちょうどドアの幅にはまってしまい動けない。

「これ、出れるのか!?」の一瞬焦ったが、

3人の「降りたい」という気持ちにより一斉に押し出され

プリ~ンッと電車外に降りたった。

 

 

歩き出してすぐ私はどうしようもなくこの2人の男性に「同士感」を持った。

 

突き止めるとそれは多分満員電車で多くの人がいるなか、

ドアに詰まるという苦境にあったマイノリティの同士で、

それを一緒に乗り越えたことによって仲間意識なのだと思う。

 

朝のほんの15秒にも満たない、半径1メートル内で起こる出来事がきっかけでも

他人に仲間意識は持てるものなのだ。

 

ネットで色んな人とつながれる時代。

物理的距離が遠くても、「仲間意識」のツボを押さえれば集団はできていくんだろうなぁと考えた。


テーマ:
2018年、初道案内!
以下レポートです。


評価基準等はこちらの記事で。


***

日時: 2018/1/5(金) 日中

【私の状態】
服装:会社の制服

状態:梅田をぶらついていた
(詳細は個人情報に達する恐れがあるので一応伏せます)


①人の多さ(選択肢の有無)
★★☆☆☆ 2/5点
私以外にも人が2.3人いる状態。さらには近くに薬局の店員さんもちらほらいたので、その中で選ばれるという高得点!かと思いきや、私は会社の制服であるスーツっぽい服を着ていたため、公の人と間違われた可能性がある。
以前もヨドバシカメラでおじいさんにコピー用紙の場所を訊かれた。
というわけで、2点と低め。

②尋ね先
★☆☆☆☆ 1/5点
ここらの外国人観光客がよく行くであろう観光地。
そしてアクセス少しわかりにくい場所でもあるので最低ポイント。

③迷い人
★★★☆☆ 3/5点
東南アジア系観光客3人組の女性に英語で聞かれた。
私はよく外国人に「マレーシア人ぽい顔」と言われるので、安心感から訊いてきたのかもしれない。低ポイント対象の観光客ではあるが、私自身の持つ顔の個性で選ばれた可能性が高いので、高得点。

◎総合得点
7点 / 15点満点

尋ね先も迷い人も観光地・観光客であり、公っぽい服装をしていたともあって、私の「道聞かれ力」が大きかったとはいえない。ただ、私は訊かれるまで考え事をしていて結構険しい顔をしていたはずなのに訊かれたということは、顔の険しさに勝る「訊けそうさ」が私にあったのかもしれない。これは大きな進歩である。

12月は結局1度も道を訊かれることなく年が明け、「道をよく訊かれる人間になる」という目標も半ば諦め忘れかけていたところ不意打ちで道を訊かれた。

12月は「訊かれたい欲」が出すぎていたのだと思う。それじゃあ人は寄ってこない。

少女漫画でも、「モテたいモテたい」って気持ちがメラメラでちゃってる人ってあまりモテない。モテてるのは大体クールな男か「みんなのアイドル」タイプの優しい男な気がする。

2018年は「道を訊かれたい!」とガツガツした気持ちを抑えていこうと思う。


P.S. リクエストがあったので今回より道案内が上手くいったかどうかも報告します!
今回は、わかりにくい場所&英語だったので、すこし難しく、何回か同じことを説明しました。必死に説明していると肩を叩かれ、笑顔で「何とか行くよ!ありがとう」的なことを言われました。実際に着けたのかどうかは知りません。以上。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス