文章をあれするための、あれ。

文章をあれするための、あれ。

日々気づいたこと、考えること、知りたいこと、など。

昨晩は擬人化したそれと武器を持たずグーパンチで戦い、その後は教室でそれを踏んでしまった上履きを洗うよう先生に指示される二本立て。

 

先週は、なんか変なニオイがするなと違和感を持ちつつ飲んでいたお茶がそれ漬けだったと友達に知らされた。

 

その前の週は、行くのを楽しみにしていた串かつ屋さんでそれが出た。滅多に予約の取れないお店なのに悲しかった。

 

パッと思い出せるだけでこれだけあるって、どれだけそれの夢を見ているんだ私は。


考えすぎている。怯えすぎている。


寝る直前だって、ベッドの淵からそれが手をつたって登ってこないか恐れてしまう。だから夢に脅威となって出てくる。

 

半年前はここまでそれの夢をみなかったのに、なんで最近になってよく見るのか。


前回のブログからやりはじめた「驚かない練習」が影響しているのかもしれない。


驚かないためには、世ではある程度のことが起こると想定していなければならない。「起こるかも」と思っていることが起こっても、びっくりしないからだ。

最近はそれが癖になってきたのか、声を出して驚くことも減ってきた。


でもまさかこんなところに弊害が出ていたとは。

 

それがいつ出ても驚かないよう、出る場面を想定しすぎた。

こんなことじゃ体に負担がかかりすぎる。もっと癒される夢がみたい。


そもそもそんなに怯える必要はないんじゃないか。


この家に住んで2年以上、それが実際に出たのはたったの1回。それも1年半ほど前。

あれ以来いろいろな対策をして、家の中では見かけていない。

しかも、それが私に不快感以外の危害を加えたことはない。地震より頻度も危険度も低いのだから、毎日毎日怖がらなくてもいいのだ。


昨日こんなことを考えたら、グーパンチで倒す夢を見たので、気持ちも追っかけてきているのだろう。



実際のデータで比較をしてみると、気が楽になってくる。感情だけで進むとそのまま膨らんでいってしまうから、定期的に客観視することが大切だと身を持って感じた。


今日は白い犬をモフモフする夢がみたい。

 


1年の半分があれよあれよというまに終わってしまった。

年始に立てた「今年のしたいこと」は、コロナの影響もあって、すぐにできるものも少なくなってしまった。
下半期なので新たな目標を立てようと思う。

今年中に、過度に驚くことをやめたい。

私は人よりびっくりしいで、一緒にいる相手を逆に驚かせてしまうことが多い。
高校の文化祭で一緒にお化け屋敷に入った友達の感想が「おばけより(私)ちゃんの驚き声にびっくりしたわ〜」だったし、最近もお昼休みに社内の人に「(私)さんっていっつも俺に会うとびっくりしてるよな」と言われた。
毎回相手をびっくりさせてしまう時間は無駄なのでどうにかしたい。

前にこのブログで「道をきかれる人間になりたい!」という理由で「道案内レポート」を始めたことにより、実際きかれることが微量ながら増えたことから、「驚き」も発生と改善策を日々記録していくことで落ち着いた人間になれるのではないかと考えている。

最近読んだ本に「驚き自体が、自分の世界をどう理解し何を予想しているかを端的に表す。」とあった。
この考えでいくと驚きすぎる私は自分で考えている世界が極端に狭いということだ。

驚きレポートでは、理由と空間を記録して自分の世界の境界線を知り、広げていく方法を模索することで「脱・びっくりしい」を目指す。

取り急ぎ、直近の驚きレポートで今日のところは締め括りたい。

***

日時:平日の始業前
場所:会社
内容:グレープフルーツゼリーを開けると汁がブワァっと出て来てグヘェっと驚き、後ろにいた人に「どうしたんですか?」と驚かれる

改善策:
前提の変更-タプタプのゼリーは大体吹き出る
対策-溢れても問題無いよう、ビニール袋の中などで開ける・勢いがつかないよう、ゆっくり開ける


 

先日のブログで偉そうに「心と頭と目とからだ、ちゃんと全部休ませてあげてやっと、疲れは癒される。」なんて書いたが、実際はあんな抽象的なアドバイスでは眠れない。そもそもあの記事は割と酔った状態で書いていて、スマホで記事を書き終えてすぐ爆睡している。何もかも休まっていない状態で、お酒の力で軽く意識を失う寸前に書く入眠アドバイスに何の説得力があるのか。

 

もっと実用的な入眠方法が必要だ。
 
そこで最近私が発明したのが「まどろみの作成」である。
 
ベッドに入った瞬間眠れるような人は体験がないかもしれないが、私はよく正式に眠りに落ちる前に「脳内だけの夢」をみることが多い。しっかり眠ると体ごと夢の中に行くが、こういうまどろみのときは体はベッドにいることを認識しながら頭だけ私の意識とは別に勝手に動いている感じ。時間は短くて、22時にベッドに入ったとして、それを経て起きても23時半とかだ。
 
これを自分で作成することで、入眠が出来るのではないかと思いついた。脳内で夢を考えるのである。まどろみのときに見る夢は、何の意味も無く、展開が早い。なので私も「友達の仮面ライダーが玄関から入ってきて、ぺちゃくちゃしゃべって、バイクの後ろに乗せてツーリングに連れてってくれる」なんてことを想像する。するとグッと強い眠気がくるのを感じる。結構眠れるのである。ネットで心理学者が「論理的な思考から離れることが眠るのには必要」と言っていたので、うまくその状態が作れているのだと思う。

「これは良い発明だ!ブログに書こう!」と思ってしまってからは、まどろみを作っている最中に (こう書いて…あ、これも書こう)などと記事の書き方を考えてしまい眠れなくなってきているので、取り急ぎ記事を完成させて今夜からはまた時間をかけずに眠りたい。

 

寝たいのに眠れない。

子供の頃から私は寝付きが悪く、背をトントンと叩いてもらったり、「とりあえずねっころがり!」と言われたり、ひたすら瞳に眠気を送ったり、どうやったら眠れるかを考えてブログに書いたりしながら夜を乗り越えてきた。

生まれて26年経ってやっと気づいたのが「心と頭と目と身体、全部を休ませないと眠れない」ということ。

例えばディズニーランドに行った帰り、身体は疲れきって足ももうこれ以上ない程にベッドを求めるが、心の中ではハピエストセレブレイションが鳴り止まない。
仕事が忙しいと頭がやらないといけないことで次から次へといっぱいになる。
一度キャパオーバーだと思ってしまうと、託された仕事が物理的には多くなくても、心臓がドキドキする。

心と頭と目とからだ、ちゃんと全部休ませてあげてやっと、疲れは癒される。

身体は、力を抜いてベッドに大の字に沈んでいくこと。
目は、寝る前にあまりスマホを見ないこと。
頭は、やらなければいけないことを書き出して一旦放ってしまうこと。
心は、ありのままの今を受け入れること。

これが、2020年5月8日現在の私の入眠法である。


 

世界が変わっていく記録として、これから在宅勤務記を書いていく。が、その前に万が一私の社長がこれを読んだときのための事前メッセージを残しておこう。

 

=========

 

社長へ

今から記される内容には、一部私が雇われ者として不適切にもみえることが含まれるかもしれませんが、心は至って真面目に会社のために毎日働いております。

 

=========

 

0日目:ついに明日から在宅勤務ということでそわそわする。椅子がツルツルなのでお尻がすべるんじゃないか。ちゃんと集中できるのか。在宅勤務の心構えとして、ルーティンを持つことが大切とどこかで聞いたので、勤務前後には散歩にでようかと思っている。ちょうど通勤時間分くらいは。そして家で働けるということは手持ちCDを流せるということなのでそれも楽しみにしている。ストリーミング時代でなかなか鳴ることのなくなってしまったアルバムたちでモチベーションを挙げていこうと思う。念のため、小腹がすいたときのためのチョコも買っておく。

 

1日目:会社のメンバー3人でLINEのTV電話で朝礼。開始早々、メンバーの一人が画面外で起こった何かに焦り、一時不在に。配偶者さんがパンツ一丁でこちらに向かっていたのだろうか。聞かなかったが、”在宅勤務らしさ”を感じた。リモートワーク実践者より、「会わなくなると、コミュニケーションが減るから雑談もしたほうが良いよ」というアドバイスを受けたので、チャットツールに雑談スレッドも作ったが、今日そこで行われた会話は業務連絡と出退勤時のあいさつ、そして各自が食べたお昼ご飯の報告のみだった。私はサンドイッチを作って食べたが、気づいたら休憩終了15分前で経過のスピードの速さに驚いた。椅子は滑らなかったが、高さが足りなかったのでクッションをお尻に敷いた。それでも肩が凝る。

 

2日目:肩が凝るのはPC画面の高さが問題だと気付き、ティッシュ箱と厚めの本2冊で画面を目の高さに合わす。とても良い。そしたら次は寒くなってきたので、ちゃんちゃんこと湯たんぽを持ってきて改善を図らう。ちゃんちゃんこは高校受験期に母がくれたもので、袖がないので作業しやすい。湯たんぽで手を温めるもののずっと持ってるわけにもいかないので末端冷え性としてはつらい。今日はみんなが何を食べたのか知らないまま退勤。

 

4日目:家でとるお昼休憩が短く感じる理由の仮設を立てた。①用意に時間がかかっている(出社時はお弁当をチンするだけか、購入する)②出社時に食べている量が少ない③家だとリラックスしてあっという間に時間が過ぎる。 検証のため、チンで終わるお昼にしたら出社時と同じくらい余裕があった。具体的には、食べ終わって一息ついて時間を見ても、まだ30分残り時間があるくらいゆったりとできた。検証終了。

 

5日目:お昼に食べたものをチャットで発表したところ、一人のメンバーが「シチューはご飯派?パン派?」という雑談にぴったりな議題を投げかけてくれた。ことあるごとに意見が分かれる3人だが、初めて全員一致でご飯派だったので、それを祝して今日はシチュー記念日になった。

 

6日目:TV電話での朝礼、メンバーの一人が自宅トイレ内から参加してきた。「ここが一番適しているからで、用を足しているわけではない」と言っていたが、ほとんど頭部(おでこから上)しか映っていなかったので真実はわからない。

 

7日目:みんなが何を食べたのかわからないまま退勤。

 

8日目:最悪の目覚めでついに寝間着&ノーメイクのまま仕事開始。今日は朝礼のない日。夕方にオンラインミーティングがあったのでさすがにお昼休憩時に着替えてうっすらメイクもした。ちなみに最悪の目覚めの原因となった悪夢3本立て:①中学生くらいの女の子の視点にいる私。ちょいヤンキーちっくな男の子と仲良くなったが、ある夜ふと家の窓から外をのぞくと、彼がこっちを見ている。実は出会う前からずっとその男子は女子のストーカーだった。ゾっとして目が覚めたのが深夜3時。怖くて眠れずに5時頃までスマホをいじったのち、金縛りと幻聴に合いながら眠りにおちる。②誰かとハイキングに行く。人気のようで結構な賑わい。山の入り口には何故かおば様が使うようなサングラスと手袋ワンセットが落ちていて、不思議に思っていると周りにも手袋が複数落ちている。ハイキングの道のりを進むと一人乗りのリフトのようなものがあり、みんなそれに乗る。2本の細いワイヤーのみで繋がれたリフトはとても怖くて、必死にワイヤーにしがみつく。ファンタジーに出てくるような美しい山谷をリフトで進む。底が見えないほどの高さにおびえる私とは真逆に、周りの人は喜んでリフトから飛び降りていく。その人たちがどうなったかは見えない。③ショッピングセンターに一人でいると彼氏からライン。「友達(男)とあそんどる」とのこと。私は何かを勘付き、「女性もいるでしょう」と返事をすると実際その通りだった。

 

10日目:「タイカレー(チン)を食べました。」と報告すると、メンバーの一人がいなばのタイカレーをおススメしてくれた。2人が食べたものは知らないまま退勤。

 

そういえば勤務前後の散歩はまだ一回も実施していない。