• ウィスキーのタイム と お蕎麦のやまと  さんの写真はありません。ごめんなさい。次回は載せます
 
  • ラーメン屋さん、このお店はまた準備中
    • 写真の説明はありません。

    •  

    • チジミ?がお勧め

    • 写真の説明はありません。

      •  

      •  

        ラッキー は居酒屋

        2人の画像のようです

         

         
        • ヤギカフェ は私が初めて寄った呑竜のお店

          3人の画像のようです

          由多加 さんは伝統のお店

           

        •  

    • 2人の画像のようです

      •  

        地酒バー 京 お店がカッコイイ

        室内、、「oom」というテキストの画像のようです

        •  

          呑ちゃん酒場 居酒屋

          写真の説明はありません。

          •  

            餃子バル 

            写真の説明はありません。

            •  

              カムイ はジンギスカン

              写真の説明はありません。

              •  

                すみっこは焼き鳥屋さん

                写真の説明はありません。

                •  

                  えくぼ は私の行きつけ

                  写真の説明はありません。

                  •  

                    一番 は市役所の隣からここへ挑戦

                    写真の説明はありません。

                     

                     

                   

                 

               

             

           

         

    • ウィスキーのタイム と お蕎麦のやまと  さんの写真はありません。ごめんなさい。次回は載せます(*^_^*)

ジュビロ磐田の優勝のセレモニーをこのスタジアムで見守りました。見ていて嬉しかったのは選手だけでなくスタッフまでもが一緒にブルーのユニホームを着て肩を組む様子です。
そしてザスパのホーム最終の挨拶。
私もザスパのマフラーを掲げ声援を送りました。社長さんも監督さんも難局を引き継いでありがとうございましたスタジアムには
"なでしこ1部リーグ"に昇格した"バニーズ群馬ホワイトスター"の野田前監督さんも見えておられたました。最後の挨拶最後の選手が1周スタンドに挨拶までここで立って見守っておられました。野田さんが群馬前橋でサッカーに関わることをお願いしました。
 
 
ザスパの奈良元社長さんにスタジアムから送っていただきました。道中、市立前橋のスポーツの活動についていろいろ意見交換ができました。もっと思い切ってやろうと思います。
 
今日はJリーグのチェアーマンも正田スタジアムに来ていただいていました。プロスポーツのチームへのふるさと納税窓口を前橋市は開設していますと名刺をお渡ししました。たくさんのザスパ寄付が前橋市に寄せらていますと報告をいたしました。
 
今年の年末も多くの寄付が寄せて頂けますように
ザスパへのふるさと納税のご案内 ⤵
 

#前橋デザインコミッション の広瀬川レンガプロジェクトの勉強会が前橋街中エージェンシーで開催されています。前橋の街の中の動きに興味のある受講生がたくさん集まっていただきました。日下田事務局長 レンガ製造の #増田レンガ 増田さんなど講師が揃って街の動きやレンガの歴史、前橋市が策定した #前橋アーバンデザイン にレンガの素材利用が含まれている理由などなどアーバンデザインに基づいたまちづくりのお話をさせていただきます。







ーーー赤城の麓に物件募集ーーー

家賃30,000円 小さな畑付き
移住希望者のためにご紹介ください
その方のお話は以下です


○30代の女性とお母さんと犬1
○綿花栽培を目指す‼️
○水回りの修繕が不要の物件
○畑は15坪くらい
○3月中までに引っ越したい。
○拠点が決まれば仕事を探す(手取り12万円前後稼げる仕事)
○最初の1年は畑作り。一人でどこまで作れるかを試す。(綿、亜麻)
○2年目換金その他具体的な方法を探る。
○3年目から実際に少しでも商品にできるように

ーー移住コンシェルジュよりーーー

綿花栽培を一緒にやりたい方も声掛けて欲しいです。
綿花栽培→糸づくり→ニット製品🧶
関わりたいカテゴリーが有ると思います。
ニット製品を作っている方からは糸になったら『まえばしブランドで出したい』って声を掛けてくれている方が出てます。

問い合わせ 移住コンシェルジュ
鈴木正知 080 6601 6569
ijumaebashi@gmail.com

前橋市への移住・定住/前橋市 https://www.city.maebashi.gunma.jp/soshiki/bunkasupotsukanko/kankoseisaku/gyomu/9/2995.html

ーーーー山本龍の感想ーーーー

移住コンシェルジュの鈴木さんのもとに様々な移住相談が集まっています。それらに一つ一つ丁寧に対応しそして移住に向く方なのか?前橋でその移住希望がマッチング出来るのか?も含めてアドバイスをした結果がこうしてここに皆さんに共有されて発信しています。

でもふと思います、見ず知らずの方にたとえ空き家であろうとも簡単に貸すことはできないのではないだろうかと。家賃は払われるのか?管理をきちんとできるのか???様々な不安の中で家を貸すことを判断するまでには至らないのではないと私は考えます。

行政としてこの空き家の貸し借りの間に何らかの一定の保証の仕組みがないものか?と自問をします。
私は不動産の知識がありませんので勝手な考えます。これらの専門家の方々にはこれらを解決する手法があるのではないのか、そこに対し行政としての関わるシステムづくりが必要なのかもしれません。

アドバイスがある方はぜひともいただければお願いをいたします。お待ちしています。

昨夜、家に戻ると妻がすてきな番組を収録したよと録画を見せてくれました。

それは #みなかみ町 の修学旅行の取り組みでした。 みなかみ町立新治小学校の校長先生は 「これまではどこに行くかを優先する修学旅行だったがせっかくだから考えよう」とコロナの中、新しい考えの中で旅行を組み立ててみようとお考えになられたようです。

どこへ行くかを優先する修学旅行を 故郷を知るための旅行にイノベーションしたのです。 「修学旅行を自分のまちで」 そして自分の小学校に キャンプのベッドを並べてみんなで泊まり、そして地域の暮らしを見て回る修学旅行が出来上がりました。 謎解きがあって、 子供たちが謎を解くために地域の方々に取材をしたり 、地域の 歴史碑を読んだり している様子はとても 嬉しくなります。

夜の学校では脱出ゲームを楽しんで… 地域の旅行社の方々が手伝ってくださって 楽しい1泊2日のふるさと旅です。子ども達から質問やインタビューされた地域の方々もとっても喜ばれたことだろうと思います。

先生から 「1番みんなが知っている場所に泊まります」 と聞いた子どもたちはすぐさま「学校」と答えました 先生は「 貸切りだよ」と言います。 次々に子供たちが 「肝試しをしたい! ラフティングがしたい!そば打ちしたい!」と思いを語ります それに答えて 町の人たちが 観光と農業の 故郷の姿を伝えます。 夜は地域のホテルが提供する素敵な懐石料理。

ありがたいニュースを届けていただきました。この #NHKニュース 番組を見て私も心が ワクワクしました。 もちろん京都も奈良も 素晴らしい歴史があるはずです。それでも故郷のまちにもまだまだ 彼らに知ってほしい歴史や記録があると思います。