鎌倉殿の13人:源平の争乱 編

 

 今回は、第二章 源平の争乱 編(第十三~十八回、4・5月ごろに放送か)のストーリーを予想してみたい。保元・平治の乱で幕を開けた武士の世は、坂東の片隅・伊豆に上がった火の手により、源平の英雄が次々と現れては消えていく、波瀾と興亡の時代へ突入する。

 

■第一部(第一~二十四回) ※1~6月ごろ
 第一部は、鎌倉殿(頼朝)・政子夫妻を中心に、鎌倉殿と13人との出会い、そして13人が13人足りえた経緯を描く。

 

 第二章 源平の争乱(第十三~十八回) ※4・5月ごろ

  治承四(1180)年八月、伊豆に流されていた源頼朝は以仁王の令旨を奉じて挙兵した。しかし、石橋山の合戦で敗れた頼朝は、敵方の将・梶原平三(景時)の機転により、窮地を脱すると、真鶴岬から安房へ渡り、房総半島を北上。関東一円に檄を飛ばし、各地の坂東武者を糾合しながら進軍する。大軍に膨れ上がった頼朝軍は富士川で戦わずして平家の追討軍を敗走させ、父祖の地・鎌倉に本拠を構えた。その数ヶ月後、平家の総帥・平清盛は熱病のため、あっけなく薨去する。

 

  第十三回 木曾の旗揚げ、
   治承四年九月、木曾に旗揚げした義仲は、翌五年六月、越後から信濃に侵入してきた平家方の大豪族・城長茂を横田河原に撃破する。

   寿永二(1182)年三月、頼朝に強い対抗心を抱く木曽義仲は、我が子を人質に頼朝との衝突を回避し、都へ向けて進撃を開始する。

   同年五月、平維盛率いる追討軍を倶利伽羅峠に破った義仲は、以仁王の遺児・北陸宮を奉じて、北陸道を邁進していた、


  第十四回 都落ち、義仲入京、武士の国、広常誅殺

   寿永二年七月、木曽義仲が破竹の勢いで迫るなか、平氏の新たな総帥・平宗盛は、天皇や建礼⾨院を奉じて、都を落ちる決断をする。

   入京した木曾義仲は、北陸宮を皇位につけようとして後白河法皇の怒りを買い、法住寺殿を焼き討ちする暴挙に出る。

   富士川の合戦後、平家追撃にはやる頼朝を押しとどめた上総介(広常)は、おのれの力を誇示し、キングメーカーのごとくに振る舞っていた。その傲慢さは日増しに甚だしくなり、頼朝にさえ見せる不遜な態度は鎌倉を瓦解させるのではないかと恐れた梶原平三(景時)は一計を案じる。


  第十五回 義仲没落、一の谷、京下りの官人、義経の無断任官、

   平家を都から追った義仲は北陸宮を即位させようとして、かえって法皇の強い反発を招き、元暦元(1184)年正月、頼朝の命を受けた範頼、義経を大将とする鎌倉軍に破れる。

   一方、いったんは西国に撤退していた平家だったが、一の谷まで勢力を盛り返しつつあった。そんな中、中原広元ら京下りの官人たちが鎌倉を訪れる。頼朝は武家による統治の仕組みをつくり上げようとしていた。
  ※鎌倉殿との出会い:〇大江広元、〇中原親能、〇二階堂行政


  第十六回 屋島・壇ノ浦、腰越状、義経襲撃
   無断任官で頼朝の怒りを買った義経は平家討伐軍の大将を外され、範頼は苦戦していた。業を煮やした頼朝が義経を復帰させると、義経は屋島の平家を奇襲して破り、ついには平家を壇ノ浦に沈める。

   しかし、凱旋した義経を頼朝は鎌倉に入れず、義経は腰越状にその心情を切々と綴るが、中原広元に握りつぶされ、都へと追い返されてしまう。文治元(1185)年十月、頼朝は土佐房昌俊を義経への刺客として京に送り込む。


  第十七回 秀衡の死

   土佐房昌俊の襲撃を受けた義経はついに頼朝への反撃を決意する。しかし、義経は挙兵に失敗し、奥州藤原氏を頼って、平泉に逃亡する。頼朝は、義経の首を差し出すよう、要求するが、頼朝の野望を見抜いていた藤原秀衡は義経を匿い、彼を総大将として、鎌倉と戦うことを決断する。

   文治三(1187)年十月、義経の最大の庇護者・秀衡が亡くなると、義経の扱いを巡って平泉に不穏な空気が漂い始めるのだった。


  第十八回 衣川、奥州征伐
   文治五(1189)年閏四月三十日、藤原泰衡は父の遺言に反し、衣川に義経を襲撃し、これを殺害する。義経の首は鎌倉に送り届けられるが、頼朝の狙いは初めから奥州藤原氏を滅ぼすことにあった。

   同年七月、頼朝は自ら大軍を率いて、鎌倉を進発した。翌八月、頼朝は泰衡の庶兄・国衡が守る阿津賀志⼭を攻め、これを撃破する。泰衡は⽐内郡贄柵に逃れるが、家臣の河田次郎に殺されてしまう。ついに頼朝は武力で天下を平定したのである。

 

 

 【配役】

  〇頼朝・政子夫妻と北条家の人々  主人公・義時との関係
   源頼朝(39):大泉洋さん  義兄
   北条政子(29):小池栄子さん  実姉
   北条義時(23):小栗旬さん (本人)

   大姫(8):●

   北条時政(48):坂東彌十郎さん  実父
   牧の方(-):宮沢りえさん  義母

   阿波局(-):宮澤エマさん  実姉

   阿野全成(33):新納慎也さん  義兄

 

  〇頼朝の血縁者たち

   源範頼(-):迫田孝也さん
   源義経(27):菅田将暉さん
   源行家(-):杉本哲太さん

 

   木曽義仲(-):● ※享年31(1184年)
   源義高(-):● ※享年12(1184年)
 

  〇義経をめぐる人々
   静御前(-):●
   弁慶(-):●

  〇奥州藤原氏の人々
   藤原秀衡(64):●
   藤原奏衡(31):●
   藤原国衡(-):●
 

  〇頼朝の支援者たち

   比企尼(-):●

   比企能員(-):佐藤二朗さん

   安達盛長(51 :野添義弘さん

   河越重頼(-):●   伊東祐清(-):●
 

  〇三浦党の人々

   三浦義澄(59):●

   三浦義村(-):山本耕史さん
   和田義盛(39):横田栄司さん

 

  〇御家人たち

   梶原景時(-):二代目中村獅童さん
   畠山重忠(22):中川大志さん

   土肥実平(-):阿南健治さん

   中原光家(-);●
   千葉常胤(68):●

   上総広常(-);●

   足立遠元(-):●

   八田知家(-):●

   江戸重長(-):●

 

  〇幕府の文官たち
   大江広元(38):栗原英雄さん
   中原親能(43):●
   二階堂行政(-):●

   三善康信(41):小林隆さん

 

  〇平家方の人々

   平時子(60):●

   平頼盛(53):●

   平維盛(27):●
   平宗盛(39):小泉孝太郎さん
   平知盛(34):●

   平重衡(29):●

   平教経(-):●
 

  ○その他の人びと

   後白河法皇(59);●

   九条兼実(37):●
   一条能保(39):●

  ※()内は平家滅亡(文治元年)時の年齢
  ※●印はキャスト未定

 

鎌倉殿の13人;挙兵編 後編

 

 今回は 第一章 挙兵 後編(第七一~十二回)のストーリー予想です。

 本編のクライマックスは第八回あたり、大軍をともなって現れた上総介広常を頼朝が叱責して追い返し、周囲の度肝を抜くところだろうか。頼朝軍は、そうやって各地の坂東武者たちを糾合し、膨れ上がっていった。やがて頼朝は誰も見たことのない武士の大軍を率い鎌倉を発ち、富士川で戦わずして平軍を敗走させたのである。

 その数ヶ月後、一代の英雄・平清盛が死んで、時代は大きく動き出す。

 

■第一部(第一~二十四回) ※1~6月ごろ
 第一部は、鎌倉殿(頼朝)・政子夫妻を中心に、鎌倉殿と13人との出会い、そして13人が13人足りえた経緯を描く。


 第一章 挙兵 後編(第七~十二回) ※2・3月ごろ

  治承四年八月、伊豆に流されていた源氏の御曹司・頼朝は以仁王の令旨を奉じて挙兵する。しかし、石橋山の合戦で敗れた頼朝は、敵方の将・梶原平三(景時)の機転により、窮地を脱する。真鶴岬から安房へ渡った頼朝は房総半島を北上し、各地の坂東武者たちを糾合しつつ、父祖の地・鎌倉へと進軍するのであった。

 

  第七回 千葉介の参陣

   頼朝は安西三郎(景益)の提言を入れ、和田小太郎(義盛)を上総介(広常)に、安達藤九郎(盛長)を千葉介(常胤)に派遣し、両者の参陣を求めた。また、北条四郎(時政)を甲斐信濃に遣わし、諸源氏の決起を促す。

   頼朝が下総の国府に達すると、千葉介が一族郎党を引き連れ、頼朝の高祖父・八幡太郎(義家)の七男で、平治の乱で死んだ陸奥六郎(義隆)の三男・毛利三郎(頼隆)を奉じて馳せ参じた。千葉介は頼朝と対面するや、感激のあまりに咽び泣いた。

   しかし、上総介はいまだ到着せず、周囲はみんな焦れていた。そんな時、隅田川の川べりに、頼朝軍に十倍する大軍が現れる。頼朝陣営からは、ようやく上総介がやってきたと歓声が上がった。


  第八回 遅参
   隅田川の川べりに突如として現れた大軍を率いていたのは果たせるかな上総介その人であった。歓喜に沸く頼朝陣営にあって一人冷静な頼朝のもとへ拝謁を求める上総介の使者がやってくる。しかし、頼朝は上総介の遅参を激しく叱責し、目通りを許さない。

   頼朝は、甲斐に派遣した舅の北条四郎や、武田太郎(信義)らに、駿河黄瀬川で合流するよう、伝えさせるため、土屋三郎(宗遠)を甲斐へ遣わすと、下総鷺沼方面に向かった。上総介や千葉介の一党を加え、大軍に膨れ上がった頼朝軍は、続々と味方に馳せ参じる坂東武者たちで溢れ返っていた。
 下総鷺沼では、石橋山で散り散りになった味方の将兵たちが再び集まってきていた。そこへ頼朝を訪ねて、異母弟の醍醐禅師(全成)がやってくる。


  第九回 鎌倉開府

   治承四(1180)年十月、大軍を率いて武蔵に入った頼朝を足立右馬允(遠元)、豊島権守(清基)、葛西三郎(清重)らが出迎えた。

   武蔵で強大な勢力をもち、当初は平家方だった秩父党の畠山庄司次郎(重忠)、河越太郎(重頼)、江戸太郎(重長)らもついに頼朝に服属する。頼朝は江戸太郎に命じ、武蔵国の在庁官人たちに今までどおり、諸業務を継続させた。

   同月六日、頼朝は父祖の地・鎌倉に入った。
   ※鎌倉殿との出会い:〇足立遠元、〇八田知家

  第十回 富士川

   同月十六日、平維盛率いる頼朝追討軍が坂東に向かったという知らせを受け、頼朝は自ら大軍を率いて、鎌倉を進発した。

   頼朝が黄瀬川まで来ると、北条四郎や武田太郎らが甲斐信濃の諸源氏を引き連れ、合流した。

   同月二十日、源平両軍は富士川を挟んで対峙する。しかし、翌朝平軍の陣は蛻の殻だった。水鳥の羽音を夜襲と勘違いし、平軍は総崩れとなっていたのである。

 

  第十一回 諌止、黄瀬川、義経参陣、佐竹攻め
   富士川を挟んで対峙した平軍の陣は夜が明けると蛻の殻になっていた。それを知った頼朝は直ちに平軍を追撃しようとするが、千葉介(常胤)、三浦介(義澄)、上総介(広常)らの諌止により、頼朝は思いとどまり、軍を還す。

   その日、黄瀬川に滞陣した頼朝のもとを一人の若者が訪れる。奥州から駆け付けた異母弟の九郎(義経)であった。
   その後、頼朝は平家方についた常陸源氏の佐竹四郎(秀義)を討つため、常陸金砂城に進軍した。


  第十二回 清盛死す

   同年十一月、佐竹氏討伐を終え、鎌倉に帰った頼朝は御家人たちの、いわば総取締役ともいうべき侍所別当に和田小太郎(義盛)を任じた。
   翌十二月十二日、頼朝は、かねてから相模大倉郷に建設させていた邸宅が完成したため、新居(大倉御所)へ移った。

   年が改まり、治承五(1181)年正月十一日、頼朝たちの運命を大きく変えた一人の男が頼朝に拝謁した。梶原平三(景時)である。

   富士川の敗報が伝わるや、反平家のうねりはさらに広がりを見せる。清盛は、反発の強い福原から平安京への還都を決断する。同年閏二月四日、清盛は熱病に倒れ、位人臣を極めながらも、無念の思いを残したまま、帰らぬ人となった。享年六十四。

 

 【配役】

  〇頼朝・政子夫妻と北条家の人々  主人公・義時との関係
   源頼朝(34):大泉洋さん  義兄
   北条政子(24):小池栄子さん  実姉
   北条義時(18):小栗旬さん (本人)


   北条時政(43):坂東彌十郎さん  実父
   牧の方(-):宮沢りえさん  義母

   北条宗時(-):六代目片岡愛之助  実兄

   阿波局(-):宮澤エマさん  実姉

   阿野全成(28):新納慎也さん  義兄

 

  〇頼朝の血縁者たち

   源範頼(-):迫田孝也さん
   源義経(22):菅田将暉さん
   源行家(-):杉本哲太さん

 

  〇頼朝の支援者たち

   比企尼(-):●

   比企能員(-):佐藤二朗さん

   安達盛長(46 :野添義弘さん

   河越重頼(-):●

   伊東祐清(-):●
 

   三善康信(41):小林隆さん

 

  〇三浦党の人々

   三浦義明(89):●

   三浦義澄(54):●

   三浦義村(-):山本耕史さん
   和田義盛(34):横田栄司さん

 

  〇御家人たち

   梶原景時(-):二代目中村獅童さん
   畠山重忠(17):中川大志さん

   土肥実平(-):阿南健治さん

   中原光家(-);●
   千葉常胤(63):●

   上総広常(-);●

   足立遠元(-):●

   八田知家(-):●

   江戸重長(-):●

 

  〇平家方の人々

   平清盛(63):松平健さん

   平時子(55):●

   平頼盛(48):●

   平維盛(22):●
   平宗盛(34):小泉孝太郎さん
   平知盛(29):●

   平重衡(24):●

 

   伊東祐親(-):辻萬長さん

   大庭景親(-):●

   山木兼隆(-):●

 

  ○その他の人びと

   後白河法皇(54);●

   以仁王(30);●

   源頼政(77);●

 

  ※()内は頼朝挙兵(治承四年)時の年齢

  ※●印はキャスト未定

 

鎌倉殿の13人:挙兵編 前編

 

 前回は2022大河『鎌倉殿の13人』のストーリー構成を予想したが、今回からは前回予想にもとづいて、本放送が始まる2022年1月までに、各章の予習をしておきたい。なお、各章は放送4~6回分程度を想定している。

 

■第一部(第一~二十四回) ※1~6月ごろ
 第一部は、鎌倉殿(頼朝)・政子夫妻を中心に、鎌倉殿と13人との出会い、そして13人が13人足りえた経緯を描く。


 第一章 挙兵編 前編(第一~六回) ※1・2月ごろ
  平治の乱に敗れた源氏の棟梁・義朝(頭殿:こうのとの)の嫡男・頼朝(佐殿:すけどの)は、平清盛の継母・池禅尼の恩情により、助命され、伊豆に流された。時に頼朝、十四歳。それから十七年の歳月が過ぎ、頼朝は逞しい青年に成長していた、

  第一回 頼朝の流人時代と、彼を庇護する比企尼の一族
   安元三(1177)年、頼朝が伊豆に流されてから十七年の歳月が流れていた。頼朝の配所には、乳母・比企尼の暖かい眼差しが陰日向に行き届いていた。尼の夫・比企掃部允が死んでからは養子の藤四郎(能員)や、娘(次女)婿の河越太郎(重頼)が頼朝への仕送りを続け、頼朝の側近くには尼の娘(長女)婿・安達藤九郎(盛長)が仕えていた。伊豆の土豪で配所に近い伊東次郎(祐親)と北条四郎(時政)は頼朝の監視役でもあったが、次郎の次男・九郎(祐清)は尼の娘(三女)婿として頼朝の身辺を影から見守っていた。

   その頃、京の鹿ケ谷では、後白河法皇による平家打倒の陰謀が進められていた。
   ※鎌倉殿との出会い:●比企能員、〇安達盛長
    ■:義時本人(主役)、●:義時と対決する宿老(準主役)、〇:その他の宿老

  第二回 頼朝と政子の恋、頼朝と北条時政・義時父子の出会い 
   治承二(1178)年、青年頼朝は北条四郎の娘・政子と恋に落ちていた。ある日、政子の実弟・江間小四郎(義時)が頼朝の配所に飛び込んできた。父の四郎が都での大番役を終えて、三年ぶりに伊豆へ帰ってくるというのだ。

   四郎は、娘の政子と流人・頼朝のことを知ると、激怒するが、政子の固い決意を知り、嫡男・三郎(宗時)の説得もあって、しぶしぶ二人の関係を認めた。

   頼朝の配所には、三浦党の面々や佐々木四兄弟、土肥次郎(実平)ら、平家の横暴を憎む近隣の武士たちが頼朝を慕って、出入りするようになっていた。

  ※鎌倉殿との出会い:●北条時政、■北条義時、〇三浦義澄、●和田義盛

  第三回 以仁王の令旨

   治承三(1179)年閏七月、鹿ケ谷の事件以来、悪化の一途を辿る後白河法皇と清盛のあいだで、緩衝役を果たしきた重盛が死ぬと、清盛は福原から軍勢を引き連れ、入京。法皇を鳥羽殿に幽閉し、ついに政治の実権を奪取してしまう。

   治承四(1180)年、頼朝の叔父・新宮十郎(行家)が山伏の姿に身をやつして、頼朝の配所を訪れた。源氏は決起して平家を討てという、以仁王の令旨(※)を携えてきたのだ。

   しかし同年五月、源三位入道(頼政)に担がれた以仁王の企ては平家の知るところとなり、王は興福寺に逃れる途上、殺されてしまう。

   ※「令旨」とは、皇太子・三后(皇后・皇太后・太皇太后)らの意志・意向・命令を他者に伝達するために用いられる文書をいう[国史大辞典]より

 

  第四回 三善康信の急報、挙兵
   治承四(1180)年六月、頼朝の乳母の甥・三善康信から、急報が届く。平家が以仁王の令旨を受け取った諸国の源氏を追討しようとしているため、至急、奥州へ落ち延びろ、というのだ。

   頼朝は、舅の北条四郎らと善後策を協議し、挙兵することを決断する。彼は、藤九郎と中原小太郎(光家)を各地に派遣し、源氏累代の家人たちに決起を促した。

   同年八月十七日、頼朝は挙兵し、平家の目代・山木判官(兼隆)の館を急襲した。

   ※鎌倉殿との出会い:〇三善康信


  第五回 石橋山、梶原景時の機転
   平家の目代・山木判官を討った頼朝たちは三浦一族と合流すべく相模をめざすが、平家方の大庭三郎(景親)に石橋山で破れ、山中を逃走する。

   大庭一族の梶原平三(景時)は洞穴に隠れる頼朝一行を発見するが、武士の未来を頼朝に賭けてみたいと思った平三は、一行を敢えて見逃した。

   窮地を脱した頼朝一行は土肥次郎らと真鶴岬から安房に渡り、再起を図る。
   ※鎌倉殿との出会い:●梶原景時

  第六回 三浦大介の最期
   酒匂川の増水により頼朝に合流できなかった三浦一族は、いったん本拠へ引き返すが、平家方の畠山庄司次郎(重忠)、河越太郎、江戸太郎(重長)らの攻撃を受ける。一族の総帥で八十九歳の三浦大介(義明)は一族の者たちを城から落とすと、老人だけで衣笠城に籠城し、壮絶な最期を遂げる。

   頼朝と合流すべく安房に渡った三浦一族は、頼朝一行を殲滅すべく待ち受ける平家方の長狭六郎(常伴)を撃破する。

   安房で三浦一族と合流した頼朝は、安房の土豪・安西三郎(景益)を味方に加えると、房総半島を北上するのであった。
 

 【配役】

  〇頼朝・政子夫妻と北条家の人々  主人公・義時との関係
   源頼朝(34):大泉洋さん  義兄
   北条政子(24):小池栄子さん  実姉
   北条義時(18):小栗旬さん (本人)


   北条時政(43):坂東彌十郎さん  実父
   牧の方(-):宮沢りえさん  義母

   北条宗時(-):六代目片岡愛之助  実兄

   阿波局(-):宮澤エマさん  実姉

   阿野全成(28):新納慎也さん  義兄

 

  〇頼朝の血縁者たち

   源範頼(-):迫田孝也さん
   源義経(22):菅田将暉さん
   源行家(-):杉本哲太さん

 

  〇頼朝の支援者たち

   比企尼(-):●

   比企能員(-):佐藤二朗さん

   安達盛長(46 :野添義弘さん

   河越重頼(-):●

   伊東祐清(-):●
 

   三善康信(41):小林隆さん
 

  〇三浦党の人々

   三浦義明(89):●

   三浦義澄(54):●

   三浦義村(-):山本耕史さん
   和田義盛(34):横田栄司さん

 

  〇御家人たち

   梶原景時(-):二代目中村獅童さん
   畠山重忠(17):中川大志さん

   土肥実平(-):阿南健治さん

   中原光家(-);●
   千葉常胤(63):●

   上総広常(-);●

   足立遠元(-):●

   八田知家(-):●

   江戸重長(-):●

 

  〇平家方の人々

   平清盛(63):松平健さん

   平時子(55):●

   平頼盛(48):●

   平維盛(22):●
   平宗盛(34):小泉孝太郎さん
   平知盛(29):●

   平重衡(24):●

 

   伊東祐親(-):辻萬長さん

   大庭景親(-):●

   山木兼隆(-):●

 

  ○その他の人びと

   後白河法皇(54);●

   以仁王(30);●

   源頼政(77);●

 

  ※()内は頼朝挙兵(治承四年)時の年齢

  ※●印はキャスト未定