ブログ“ローゼンホーマ”

最強アラブの1頭に挙げられるローゼンホーマと福山けいば、あとは戯れ言。


テーマ:

 

 

福山競馬場歴代所属騎手 【イントロ】

 

福山競馬場歴代所属騎手 【は行②】

 

 


は行の後半、ご紹介は番園一男騎手、弓削和彦騎手とともに1970年代のBIG3を形成した藤井勝也騎手から。

 

まさしく大器晩成というべきか、早くから素質の片鱗を見せつつも着々と力を蓄え、キャリア中盤以降は内外からの信頼厚いジョッキーとして存在感を放ちました。

 

ザパルテノスとともに園田・全日本アラブクイーンカップを連覇し、金沢のオールジャパンリーディングジョッキーという重賞競走でも優勝(1986(昭和61)年、第3回)するなど、馬と騎手の交流競走それぞれで活躍されました。

 

また、通算1,444勝は、引退当時の生え抜きジョッキーとしての最多勝記録でした。

 

落馬負傷によってその記録が歩みを止めてしまったのは、残念の一言です。

 

 


(藤井勝也騎手 / 1989(平成元)年度版騎手名鑑より。生年月日等は消しています)

 

 


実弟の藤井義弘騎手は、ダイサンミヤモトで福山菊花賞を勝って重賞初制覇。

 

まだ調べきれていないところではあり、そもそも1970年代末ぐらいまでは重賞競走の扱いも曖昧なので何とも言えないのですが、お兄さんより先に重賞を勝ったようです。

 

翌春には福山ダービーの前身であるヤング王冠を勝ち、粗さはありつつも急成長を見せていた矢先、ヤング王冠の翌月の落馬負傷によって引退を余儀なくされました。

 

当時の状況はある程度知ることができましたので、機会があれば記事にしてみたいとは思いますが、兄弟にまとわりついていた暗雲を思うと、気は進みません。

 


1980年代前半を代表する名手の1人で、ヤナイエースの主戦を務めた藤尾育央騎手は、重賞競走もレコードタイムも全部持って行こうかという勢いの現役時代を送りました。

 

コースの砂が日本一深いと言われることもあった当時の福山競馬場では、鐙を長めにして深く踏み、馬を起こしながら駆けさせるスタイルが“福山流”として根付いていました。

 

しかし、藤尾騎手の、鐙を短く馬の背にぴったり吸い付くような真逆ともいえるスタイルは、革命をもたらしたといっても過言ではなかったでしょう。

 

活躍する様は、まさに時代の寵児。

 

勝ったレースだけでなく負けたレースでも、例えばニホンウルフでローゼンホーマの2着に突っ込んだ福山ダービーの最終コーナーをはじめとして、技巧の光るシーンが数多くありました。

 

 

(藤尾育央騎手とヤナイエース / 1980(昭和55)年、第13回福山菊花賞)

 

 


“てっぱん”の愛称で親しまれた藤岡鉄郎騎手

 

その愛称は名前からの想起ですが、競馬用語としては「最高の信頼度」を表す言葉だけに、ご本人もまんざらではなかったのではないでしょうか?

 

気性の激しいタイプで、闘志あふれる騎乗スタイルを持ち味にしていたと聞きます。

 


藤本三郎騎手は廃止まで現役を続けられましたので、ご存じのファンも多くいらっしゃるはず。

 

飄々とした雰囲気があって、勝負師的な鋭さのあるオーラを漂わせているタイプではないながら、あっと驚くレースでファンの度肝を抜くことがしばしば。

 

穴党に信者が多いジョッキーで、私も何度か好配当を取らせてもらいました♪

 

 

(藤本三郎騎手とハヤト / 2013(平成25)年3月、C1二組。ブロ友さん撮影の写真をお借りしました

 

 


堀部重昭騎手は、大本命エルフオードを破ったカツラテスターの福山ダービー('75)、前年の覇者アレグレツトの連覇を阻んだマイラツクの新春賞('72)などの実績が光ります。

 

競輪でいうところの“マーク屋”とは少し違うのかもしれませんが、そのレースにおける最も強い馬を見抜き、徹底的にマークして勝つというタイプだったのでしょうか。

 

80年代ファンには三冠馬サワトヨキングの、終盤のファンにはバクシンオーの調教師としても懐かしく思い出されることと思います。

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(6)

テーマ:

 

 

福島 壽 [フクシマ・ヒサシ]
勝負服:
騎乗期間:1949-1962
通算成績:
リーディング最高位:
主な騎乗馬:
摘要:金沢(?-?) / 調教師(イダテンメリー・スピードマルヨシ・チカラヒビキ・ヤマチヨなど)

 

 

 

福原[フクハラ・?]
勝負服:
騎乗期間:1951-1951
通算成績:
リーディング最高位:
主な騎乗馬:
摘要:

 

 

 

藤井 勝也 [フジイ・カツヤ]
勝負服:えび茶・胴白一本輪→胴えび茶・袖白→胴赤紫・袖白
騎乗期間:1964-1990
通算成績:8,966戦1,444勝
リーディング最高位:1位('77・'78年度)
主な騎乗馬:ザパルテノス('85'86全日本アラブクイーンカップ)・キタノテイモオー('88'89福山菊花賞ほか)・メイクマイウエー('78農林大臣賞典)・ユニオンエース('76福山ダービー)など
摘要:

  

 

 

 

藤井 幸一 [フジイ・コウイチ]
勝負服:青・胴黄山形一本輪
騎乗期間:1968-1973
通算成績:
リーディング最高位:10位('69年度)
主な騎乗馬:フクヤング・フククモなど
摘要:

 

 

 

藤井 幸[フジイ・コウ?]
勝負服:
騎乗期間:1958-1963
通算成績:
リーディング最高位:
主な騎乗馬:
摘要:藤井幸一と同一人物?

 

 

 

藤井 幹男 [フジイ・ミキオ]
勝負服:胴白・赤ダイヤモンド・袖赤
騎乗期間:1964-1965
通算成績:
リーディング最高位:
主な騎乗馬:
摘要:

 

 

 

藤井 義弘 [フジイ・ヨシヒロ]
勝負服:胴緑・白たすき・袖白
騎乗期間:1967-1973
通算成績:
リーディング最高位:6位('72年度)
主な騎乗馬:ダイサンミヤモト('72福山菊花賞)・トスニセイ('73ヤング王冠)・グレートセンジユ・センジユホープなど
摘要:

 

 

 

藤井 義正 [フジイ・ヨシマサ]
勝負服:
騎乗期間:1959-1961
通算成績:
リーディング最高位:
主な騎乗馬:
摘要:

 

 

 

藤井[フジイ・?]
勝負服:
騎乗期間:1949-1953
通算成績:
リーディング最高位:
主な騎乗馬:
摘要:藤井姓の騎手のいずれかと同一人物?

 

 

 

藤尾 育央 [フジオ・ヤスヒサ]
勝負服:胴桃・白一本輪・袖黄
騎乗期間:1976-1987
通算成績:
リーディング最高位:1位('79・'80年度)
主な騎乗馬:ヤナイエース('80農林水産大臣賞典ほか)・マグニカチドキ('83福山ダービーほか)・サワトヨキング('84福山ダービー)・ミスタージヨージ('85福山ダービーほか)
摘要:

 

 

 

藤岡 鉄郎 [フジオカ・テツロウ]
勝負服:胴赤・桃一本輪・袖桃→胴赤・白一本輪・袖白
騎乗期間:1968-1983
通算成績:
リーディング最高位:
主な騎乗馬:イダテンメリー('75金杯)・アオバタガミ('80金杯)・トキノフレツチヤ('78葦陽賞)・トビシモ('73鞆の浦賞)など
摘要:

 

 

 

 

藤川 和真 [フジカワ・カズマ]
勝負服:胴赤・青一本輪・袖黄
騎乗期間:1998-2001
通算成績:1,276戦59勝
リーディング最高位:
主な騎乗馬:ダイサンラッド('00福山4歳牝馬特別)など
摘要:

 

 

 

藤村 忠 [フジムラ・タダシ]
勝負服:赤・胴緑ダイヤモンド
騎乗期間:1964-1965
通算成績:
リーディング最高位:
主な騎乗馬:
摘要:

 

 

 

藤本 三郎 [フジモト・サブロウ]
勝負服:胴赤・袖青・白山形一文字→胴白・青縦縞・袖青
騎乗期間:1985-2013
通算成績:13,424戦1,305勝
リーディング最高位:10位('08)
主な騎乗馬:ラピッドリーラン('06全日本タマツバキ記念アラブ大賞典)・トモシロトーザイ('02福山ダービー)・ハギノハートリング('96ローゼンホーマ記念)・パッピーケイオー('00福山菊花賞ほか)など
摘要:

 

 

 

 

藤本 昇 [フジモト・ノボル]
勝負服:黄・赤十字たすき
騎乗期間:1972-1973
通算成績:
リーディング最高位:
主な騎乗馬:
摘要:高知(?-?)

 

 

 

藤原[フジワラ・?]
勝負服:
騎乗期間:1963-1964
通算成績:
リーディング最高位:
主な騎乗馬:
摘要:

 

 

 

堀部 重昭 [ホリベ・シゲアキ]
勝負服:緑・胴赤玉あられ
騎乗期間:1970-1975
通算成績:
リーディング最高位:3位('71年度)
主な騎乗馬:カツラテスター('75福山ダービー)・マイラツク('72新春賞)・ランドキング('75新春賞)・キングオスカルなど
摘要:調教師(バクシンオー・サワトヨキング・ホマレエリート・ダギロなど)

 

 

 

本元[ホンモト・?]
勝負服:
騎乗期間:1962-1964
通算成績:
リーディング最高位:
主な騎乗馬:
摘要:

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
 

 
 
 
今日は競馬は無し。
 
 
心洗われてきた。
 
 
でも人多すぎ。
 
めちゃめちゃ消耗しました(+_+)
 
 
 
 
 

【10/10追記】

 


ゴッホ展ラストウィークの観覧をお考えで、キーワード検索でたまたまここへ流れ着いた…という方に、と思いまして。

 


休日は特に混んでいますので、チケットは事前にコンビニなどで購入されることを激しくオススメします。

 

美術館前の当日券売り場、尋常じゃない長さでウネウネと行列ができていました。

 


あと、お昼どきに入るのが吉。

 

私はちょうど12時ごろの到着でしたが、1時間半ほどして出てみると当日券売り場の行列の長さが倍になっていました。

 

お昼ごはんの時間をずらせるなら、そうした方が多少なりとも負担軽減になるはず。

 


絵画は、私は「花魁」を楽しみにしていたのですが、入ってすぐの展示ということもあって人の波が幾重にもなっていて、十分には楽しめなかったかな。

 

グッズ売り場も当然、人、人、人…。

 

時間がたっぷりあるという方はともかく、そうでない方は事前予習して、重点的に観たいもののターゲットを絞るなどの工夫がよいかもしれません。

 


そして最後に、ゴッホ展だけあって咳をしている人も多かった…(笑

 

季節柄、風邪も流行りつつあるのでしょうから、マスクを携行しておいて損はないと思います。

 


展示の絵には、色彩・質感などに絵はがきなどとは違う本物の迫力のようなものが感じられました。

 

ご予定の方、どうぞ楽しんできてください☆

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

福山競馬場歴代所属騎手 【イントロ】

 

福山競馬場歴代所属騎手 【は行①】

 


は行は、最もタレント揃いの行と言って良いかもしれません。

 


まずは天才の名をほしいままに、デビューからリーディングを席巻し続けた番園一男騎手。

 

その活躍は福山の枠内にとどまることはなく、ヒダカセイユウとともに園田・楠賞全日本アラブ優駿の福山勢初制覇を成し遂げるなど、全国レベルで成績を残されました。

 

通算1,028勝は、当時の福山競馬場歴代所属騎手の最多勝記録にして史上初の1,000勝ジョッキー誕生と聞いた記憶があります。

 

開設からこのころまでの開催日数を考慮すれば、おそらくそのとおりでしょう。

 

引退後も、三冠馬ユノワンサイドをはじめとする名馬をたくさん育て、華々しく活躍されました。

 



(番園一男騎手とヒダカセイユウ / 1977(昭和52)年、第4回福山ダービー)

 

 

 

続いては、福山競馬場の隆盛の礎を築いた先人の1人、東森實騎手

 

お手馬筆頭に福山桜花賞馬ユワンボシ、さらには大阪杯勝ちに“中央の”菊花賞3着という群を抜く実績の持ち主であったホマレイチ、同騎手の手綱で金沢・百万石賞を制したブゼンハヤカゼと、多くの有力馬たちとともに大成功を収められた現役時代でした。

 

なお、福山でA級馬だったホマレイチは、JBISサーチによると金沢競馬場でも大活躍したようです。

 

ブゼンハヤカゼの例と併せて、当時の福山と金沢との交流の一端をうかがい知れるところですね。

 

現役時代を終えたのちも、園田・全日本アラブクイーンカップ連覇のザパルテノス、三冠馬ウインホープ、怪物ローゼンホーマを乗り越えたキタノテイモオーなどを育て、名騎手にして名伯楽の誉れを手中にされました。

 


ご子息の東森優騎手が着用されていた勝負服は、現JRA・岩田康誠騎手の兵庫時代と同じデザイン。

 

いや、時系列的にも福山のオールドファンの心情的にも、岩田騎手「が」東森優騎手と同じ勝負服を着たというべきでしょうかね(笑

 

ただ、「岩田騎手=白・青たすき」をイメージするファンも今は少なくなったかもしれません。

 

それだけJRAの騎手としての実績も積み上げましたしね。

 



(東森優騎手 / 1978(昭和53)年度版騎手名鑑より)

 

 

(岩田康誠騎手とケイエスヨシゼン / 2001(平成13)年、引退式。馬友さん撮影の写真をお借りしました)

 

 

 

春木競馬場から移籍され、技巧派として鳴らした濱田輝和騎手

 

騎手としてアサリユウパールを重賞馬に導き、調教師としてアサリユウセンプーを日本一に育てられました。

 

アサリユウパールとアサリユウセンプーの母子のように、1頭の馬に始まりその仔やその孫まで、1人の騎手、1つの厩舎と長く縁を持ち続ける血統がしばしば見られたこと。

 

それはまさに古き良き地方競馬やアラブのレースだった、と言えるのかもしれません。

 


日野一豊騎手は、ちょっと謎に包まれた感がありますが、アラブの時代を見ていたファンには不滅の1400mレコードホルダーとして知られていましたよね。

 

しかし、公式の出馬表などでさえ1400mレコードの騎手欄が「日野」とだけ書かれていた時期が長く、面白いことに下の名前を知らないファンは意外に多かったのでした。

 

こういった例は他場ではあったかどうか分かりませんが、いかにも「昭和」なテキトーさにはノスタルジーも感じるところです。

 

 

は行には、このほかにも活躍された方がたくさんいらっしゃるので、後半に続きたいと思います。

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(4)

テーマ:

 

 

花本 龍一 [ハナモト・リュウイチ]
勝負服:胴青・白山形一本輪・袖白・青星
騎乗期間:2006-2006
通算成績:22戦2勝
リーディング最高位:24位('06年度)
主な騎乗馬:
摘要:

 

 

 

濱田 董人 [ハマダ・シゲヒト]
勝負服:
騎乗期間:1953-1963
通算成績:
リーディング最高位:
主な騎乗馬:
摘要:

 

 

 

濱田 輝和 [ハマダ・テルカズ]
勝負服:黄・胴赤山形一本輪
騎乗期間:1974-1978
通算成績:
リーディング最高位:
主な騎乗馬:ギンカゲ('75福山桜花賞)・センジユバード('77金杯)・アサリユウパール('78鞆の浦賞)・セブンマーチなど
摘要:春木(?-1974) / 調教師(アサリユウセンプー・イムラッドホマレ・ニホンクロス・ミスマーキュリーなど)

 

 

 

番園 一男 [バンゾノ・カズオ]
勝負服:黄・紫十字たすき→緑・胴紫一本輪
騎乗期間:1966-1989
通算成績:6,598戦1,028勝
リーディング最高位:1位('70・'71・'72年度)
主な騎乗馬:ヒダカセイユウ('77楠賞全日本アラブ優駿ほか)・ホンリユウ('85福山大賞典ほか)・イワキリオー('72農林大臣賞典)・ガリトライナー('78福山ダービー)など
摘要:調教師(メイユウオライオン・ユノワンサイド・パッピーケイオー・ユノフォーティーンなど)

 

 

 

 

番場 哲郎 [バンバ・テツロウ]
勝負服:
騎乗期間:1958-1960
通算成績:
リーディング最高位:
主な騎乗馬:
摘要:

 

 

 

東森 優 [ヒガシモリ・マサル]
勝負服:白・青たすき
騎乗期間:1971-1980
通算成績:
リーディング最高位:
主な騎乗馬:イセタイコウ('74福山ダービーほか)・マルイチタイガー('77福山桜花賞)・テルヒサ('77鞆の浦賞)・フーユンノー('80新春賞)など
摘要:旧姓騎乗 藤岡 / 調教師(マツダダンサー・クロマルジョージ・リードオーカン・ヒカルカンサイなど)

 

 

 

東森 實 [ヒガシモリ・ミノル]
勝負服:水色・胴袖赤二本輪→青・胴黄星ちらし
騎乗期間:1958-1971
通算成績:
リーディング最高位:
主な騎乗馬:ユワンボシ('69福山桜花賞)・ゴユキノオー('68農林大臣賞典)・ホマレイチ・ブゼンハヤカゼなど
摘要:金沢(?-?) / 調教師(ザパルテノス・ウインホープ・キタノテイモオー・ビソウハートなど)

 

 

 

 

東森 喜[ヒガシモリ・ヨシ?]
勝負服:
騎乗期間:1958-1958
通算成績:
リーディング最高位:
主な騎乗馬:
摘要:

 

 

 

部谷 久司 [ヒタニ・ヒサシ]
勝負服:
騎乗期間:1958-1961
通算成績:
リーディング最高位:
主な騎乗馬:
摘要:調教師(ヒダカセイユウ・コタカキング・ハヤブサホマレ・テンザンサツキなど)

 

 

 

日野 一豊 [ヒノ・カズトヨ]
勝負服:
騎乗期間:1969-1972
通算成績:
リーディング最高位:
主な騎乗馬:タカダイヤ・ガマセツオー・ヤマトシユーホーなど
摘要:

 

 

 

檜山 辰夫 [ヒヤマ・タツオ]
勝負服:薄紫・胴黄一本輪
騎乗期間:1953-1965
通算成績:
リーディング最高位:
主な騎乗馬:
摘要:調教師(フクアサヒなど)

 

 

 

檜山 龍二郎 [ヒヤマ・リュウジロウ]
勝負服:白・赤星左たすき
騎乗期間:1972-1977
通算成績:
リーディング最高位:
主な騎乗馬:フクアサヒ・チサトオーなど
摘要:調教師(ユノフォーティーン・イケノスリリング・ライトオブマリアなど)

 

 

 

 

 

いいね!した人

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。