ハロー,サマー・グッバイ. 石のアクセサリー、レザークラフト、ワイヤーの作り方や販売

ハロー,サマー・グッバイ. 石のアクセサリー、レザークラフト、ワイヤーの作り方や販売

ハンドメイド、アクセの制作、レザークラフト。ネットショップのノウハウ等を気まぐれに書いております。おもにネタです。4649.


ハンドメイド作家のための、いちばん丁寧な情報サイト
ハンドメイド作家のための新サイト、始めました。


アクセサリーページへ   ネットショッピング無料開業講座・アクセサリーの作り方まとめ

人気の記事


タカシ山タカシ山
先日から よしえ(母) のLINE攻勢が激しさを増すばかりだ。核爆弾で焦土と化した私の心の農村に、さらに数百機のB29で絨毯爆撃を仕掛けてきているみたいな様相を呈している。『徹底...[続きを読む]



私の知的障害私の知的障害 (私が引きこもる理由)
先ほどの エントリー で私のIQについて書いたのだが、誤解があるとアレなので一応書いておく。
私の知能指数は130ちょいある。テストによって異なるがどのテストでも...[続きを読む]



どうだろう?どうかしら?どうだろう?どうかしら? (そして独身ファイヤー!)
今朝がた支払いをしにコンビニに行く途中の歩道橋で突風に見舞われ、女子高生がパンチラしててWOW!ってなった。なぜに同性でも...[続きを読む]



友達がいない。

まぁ、そもそも大人になってからの友達ってなんだろう、とか思うのだ。

職場の人は同僚だし、学生時代からの友人は元から少ないし、同業で付き合いのある方は同業で付き合いのある人だし、純粋に利害関係なく ”友人” である、という稀有な人付き合いとは、なかなかに難しいものであるな、と、感じる。

だいたいわたくしは、仕事は家で引きこもってやっているし、地元じゃない場所に居住しているし、同業者はまぁいるけど、所謂『業界』というものに所属していないので、仕事上の付き合いすら稀なのだ。そんな中で蜘蛛の糸のような細い繋がりのある方も、インターネットで連絡を取りあっているにすぎず、”友人” どころか ”知り合い” と呼べるレベルかどうかすら怪しいしまつ。人口が1億人くらいいる国の700万人くらいが居住している自治体に居を構えているにも関わらず、人間関係においては無人島に住んでいるも同然という、まことに侘しい事態がここ10年くらい続いている。

しかしながら新たに友達が欲しいのか、と、問われれば、特にその必要は感じていないというのが正直なところである。現代社会において『友達がいない』という状態は、その言葉がもつ、悲し気で忌まわしい雰囲気とは裏腹に、実質的にはなんの不便も生じないからだ。

これがもし、狩猟採取生活を営んでいる紀元前の世界であれば、友人や仲間がいないという状態は致命的である。食料の調達はおろか、住居の確保すらままならないだろうし、徒党を組んで外敵から身を守ることもできない。わたくしがそんな時代に産まれていれば、おそらく小学校低学年くらいで孤独死である。しばらくはドングリとかで命をつなぐが、やがては餓死するのだ。最後の言葉は『お寿司たべたい』である。石板に刻む。それが21世紀になって発掘されて、考古学者に同情されてニュースになり、2ちゃんねるとかで笑われるのだ。やばい。

だが現在は2022年。夢の21世紀である。人類は火星にも移住できなかったし、空飛ぶ自動車も一般化していないが、テクノロジーの発展により ”人間関係を希薄にする” という偉業を成し遂げようとしている。文明が発生してから6000年あまりで達成しつつある輝かしい成果であり、偉大なる到達点とも謂えるだろう。

故に『友達がいない』というのは、なんら恥ずるものではなく、文明の成果を享受しているひとつの状態にすぎないと捉えることが可能だ。つまり孤独とは、ナウでヤングな最先端。人類は月に基地を作ることはできなかったけど、友達は必要なくなった。義理も人情もなくなった。スマホをポチポチやりながら、孤独に歳とって死ぬのである。

うーん、やっぱ侘しい。

そんなわけで新作でーす!(どんなわけだ)

NEW! デンドリッククオーツのリング [ショップページ]


NEW! フォッシルコーラルのペンダント [ショップページ]



NEW! アパタイトincジャスパーのリング [ショップページ]


おわり


コロナ禍からこっち、シラフだったことがない為、常に脳が煮えておるわけですが、思考は常に秋空のように冴えわたり、心は大海原の如く細波ひとつ立っておらず、この平穏さはなんだろう?神様がついにわたしを天に導くのだろうか、それとも何かの恐ろしい前触れかしら、と、空を仰ぎ見るも、家から出ないので薄汚い天井が見えるだけで、ひきこもりって恐ろしいな、God is dead、神は死んだ、と嘆き、祈りをささげること 0.5秒。なにもおこりませんでした。今日も平和ですね。

どーも、立てば不気味、座れば不吉、歩く姿は疫病神、Canecryのデザイナー兼、職人兼、営業兼、SNS担当兼、課長兼、部長兼、社長兼会長、CEOおよび掃除係のロミです。ひとりブラック企業です。ブラックすぎるので今度なんか監督署とかに訴えてやろうと思ってます。えーと、どこに行けばいいのかな?

***

そんなもんで、2022年のゴールデンウイークも無事に過ぎ去ったわけですが、みなさまにおかれましては如何お過ごしだったでしょうか。楽しく過ごせましたでしょうか。わたくしは都会の家から田舎の家に移動し、外は怖いので薄暗く狭い家に引きこもり、藁人形で憎い奴を呪ったり、怪しい魔術と踊りで悪魔を呼び出そうとしてみたり、Netflixのリアリティーショーの糞カップル(イケメンと美女)に腐った卵を投げつけたりしておりました。つまりは日常です。どこに行っても人間のやることなんか、そんなに変わらない。業です。カルマです。ひとは罪をせおって生きておるのです。南無。


メンテナンスが大変なお山の家



貧しいのでそこらへんの海で魚をGETしてくる



魚を生のまま野蛮に食べる


***

さてさて、表題のゴールデンウイークのプレゼント企画の件であります。



まーなんといいますか、どうせゴールデンウイークには商品あんま売れないから、日頃のみなさまのご愛顧に感謝しましょう、と、この企画をはじめて早5年、今年も沢山のフォロー、RT、ありがとうございます。皆様の善意と忍耐で446名の方にご応募頂きました~!世界は良いひとばかりですね。邪悪なのはわたしだけ。よし、死のう。


抽選ツールは あたれらさん。

早速、抽選します!ドキドキしますね!え、しない?ドキドキしてください!

準備はいいですか~?











当選者はー・・・!











あか(@AkASa_0101n)さん~~~!


おめでとうございます!ツイッターからDMをお送り致します!

***

しかしまぁ、アメブロで発表したものの、アメブロ読者は参加できんのかーい!と、我ながら毎年思う。

参加できんのかーい!

すいません、来年はなんか考えます。それまでは 買ってください

カバンサイトのリング [ショップページ]


カバンサイトのリング [ショップページ]


NEW! バイカラーサファイアのリング [ショップページ]


NEW! ファイヤーアゲートのリング [ショップページ]


NEW! ぺリステライトのリング [ショップページ]


NEW! ラブラドライトのリング [ショップページ]


NEW! カンテラオパールのリング [ショップページ]


NEW! ロードクロサイトのリング [ショップページ]


NEW! オパールのリング [ショップページ]


NEW! ピエモンタイトincクォーツのリング [ショップページ]



伝染病への恐怖から財布の紐が硬くなったのだろうか。商品の出足がよろしくない。

とかいうと誤解を招きそうだが、まぁ、以前ほど、というか、これが普通なのかな?というか、今までが異常だったのかな?というか、自慢ぽく聞こえるから、あんま言いたくないけども、コロナ前は作るそばから売れていたテイなので、在庫が何個かあるだけで、うわー、在庫、どうしよう・・・という気になるのである。

そもそもジュエリーなんてものはゼータク品で、衣食住に比べたら優先度が低く、生存にはなんの影響もない。ダイヤモンド握りしめて餓死、とかいう状態は、落語であれば笑いも取れるが、現実ではまずあり得ない。核戦争後の世界ではダイヤひとつぶではなく、米ひとつぶの奪い合いになるだろう。指が光っていても意味はない。コシヒカリのほうに需要がある。

しかしながら、我々は先進国に居住する文明人である。文明人である以上、腰ミノつけて石槍でマンモスを捕まえてその肉を貪り、洞窟に住んでウホウホしているわけではないので、自分の好きな洋服や装飾品を身に着けるという楽しみがある。

生物学的な生存を目的としていないそういった行為は、一見無駄に見えるかもしれないが、ファッション・芸術を愛でると謂った文化的な行為は、社会が先進的になると同時に発生した様々なストレスなどから我々を開放する一助になるという側面を持つ。そもそも化石人類も骨や石、貝殻などで装飾品を作って身に着けていたではないか。道具で体を装飾する行為は我々サピエンス種だけに備わった文化的特権であり、芸術を愛でることが可能な進化であり、美を体験できる特別な快楽である、と、謂えるだろう。

そして、財布の紐が硬くなった疫病下の現在は、その人類の文化的な特権を放棄し、特定の分野においては一時的に文明が停滞ないし後退したとみなすことができるのである。

***

そんなわけで、世間が常態らしからぬテイである以上、わたくしにとって2022年現在は、文明が後退してしまった『核戦争後の世界』となんら変わりがなく、「世界では、食料の奪い合いか...それなら自分の作ったモノなんか見向きもされんわな」と、ばかりにひとり納得しているのだが、論理で納得できても寒い懐が温まるわけではないし、かと謂って非常時に試行錯誤してもどうにもならないので、自分の仕事の第一は ”作ること” であると、ベクトルの舵を切り、地道に努力はしているつもりだが、やはり在庫が増えるばかりだと、意気もあがらない。

無論、在庫が増えて悪いことはない。言うまでもなく在庫とは資産である。他のお店ではどうか知らないが、わがCanecryでは、原材料から加工すると、価値が数倍に増える。故にどんどん加工して手元の資産を増やすのがセオリーなのだが、やはり、仕入れ→デザイン立案→製作→販売、というプロセスの中の ”販売” が完遂できないのは、仕事が終了していない、という心持になってしまうのだ。瞳の入っていない人物画を描き続けているようなものである。仕入れから販売完了までがわたくしの作品なのだ。

普段はジュエリー作家気取り(笑)で、営業アピールもあんまりしないわたくしだが、こういう状態になって気付くのは、やはり作ったものは、お客さんの手元に届いてナンボの話であるという、当然の事実だ。

商売であるのだから、最も重要な点は金銭の授受である、という資本主義的な観点はさておき、誰かに身に着けて貰うべく製作された指環やらネックレスというものは、誰かの指や首元を飾らねばならぬものなのである。そこがゴールだ。つまりわたくしの製作物は、近年ではゴールに到達していないモノが多いということになる。

カバンサイトのリング [ショップページ]


無論、そういった状況下でも売れる商品はあるので、そういったものを作り、口に糊しているわけだが、同じものばっかりをつくっていると飽きてしまう。無茶苦茶に贅沢で我儘なことを謂っているようだが、人気のカバンサイトのリングばっかり連続で30個も作っていたら、確かにお金は儲かるが、もう何が何だか分からなくなる。

そこで、わたくしは所謂、ひとつの製品デザインをいくつも同じように完璧に仕上げる職人気質ではないのだな、と、気付くのだ。職人さんの画一性に至るオペレーションは素晴らしい仕事だとは思うのだが、残念ながらわたくしにその才能は無いようである。オリジナリティと個性を重視した1点ものの装飾品を作るのが、自分の仕事である。

ハーキマーダイヤモンドのリング [ショップページ]


しかしながら、趣味にあかせたブツを作ると、売れないのだ。疫病からこっち、これがビックリするほど動かない。SNSで「新作つくりましたよ~、買ってね~」とかアップするとお客さんはサイトに見に来る。だいたいこの告知で1商品あたり50~100人くらいは見に来る。以前であれば、売れるモノは数日、いや、即日で売れていた。

Canecryの商品の動きはちょっと特殊で、一瞬(または数日)で売れるか、そうでなければ数ヶ月売れない。全ての商品がこの2つのパターンに当てはまっている。つまりはそれほど趣向性が強く、お客さんの好みにデザインがドンピシャで合えば、すぐに売れるし、そうでなければ見向きもされないという極端なデザイン戦略を採用しているのだ。

そしてそれはこれまで一定の効果を上げて来た。当たり障りのないそこらへんのジュエリーショップで売っているようなデザインだと、そういったデザインのものを販売する多数のライバルと争わなければならない。個人事業者のみならず大手のブランドともシェアの奪い合いである。大型ショッピングセンターに挑むホットドッグ屋台だ。そんな戦いを挑むほど、わたくしは愚かではない。

***

長々とつまらない文章を書き散らしたが、つまり何が言いたいのかと謂うと、旧作を値下げしたから買ってね、と、こうである。

簡単に『値下げしたから買ってね!』とか言うよりも、なんか効果あるかな~とか思ってダラダラ書いてみた。いや、売れ残りを売りつけよう、とかそういうんじゃないんです。違うんですよ~。

サファイアのリング [ショップページ]


アレキサンドライト(シンセティック)のリング [ショップページ]


アメジスト原石のリング [ショップページ]


デュモルチェライトinクォーツのリング [ショップページ]


ペリドットの原石リング [ショップページ]


おわり