☆松川レピヤンの社長夫人blog☆
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

あなたにエールを(#^.^#)

こんばんはラブラブ随分涼しくなって昨日から毛布を出してきましたてへぺろ

上様には笑われますが 時々思うんです・・こんなあたたかなお布団で眠れるなんて・・・

段ボールをお布団の代わりにしている人もいるかもしれない・・・

冷たいコンクリートの上で直に寝なくちゃいけない人もいるかもしれない・・

そう思うと・・幸せだなって・・・・小さな幸せかもしれませんが

ほんと・・・そう思う時があるんです・・・・ドキドキ

 

 

今日 残念ながら・・小さなお別れがありました照れ

まだ入社して二年・・うちに入りたいって言ってくださった時

この人とはきっと一生お付き合いしていくんだろうなって感じました照れ

 

私の場合よくそう思える方と巡りあう事ができていると思うのですが

その人とも初めて会った時・・あ~この人と一緒に長い時間を歩むんだろうな・・・・

ってそう感じたのを覚えています

 

まさかこんなに早く新しい道を選択するなんて思ってもいませんでしたが

それはもう私たちの力不足・・

残念ですが 黙って送り出してあげる事しかできないですね・・・

 

事務所の人たちには、きっと色んなことを相談できるいい先輩だったんじゃないかと思います

検品の人たちにとっては 同じ苦労を分かち合えるいい仲間であり

年上の先輩方にとっては 一生懸命な可愛い後輩だったはず・・・

 

そして 工場の子達にとっては

いいバデイであり いい先輩であり いい同志であったはず・・・

 

沢山助けて頂いて

沢山支えてもらってきたんじゃないのかなと思うと

その支えを失くしたあの子達が心配だし

助けてもらえなくなったあの子達の事が心配でたまらない・・・

もうしっかり一人で歩けるだろうか・・・・転んでしまった時・・一人で起き上がれるだろうか・・・

みんなで助け合って 寄り添い合って 今みたいに支え合ってほしい・・・・

 

新しい道を歩き出すあなたにもエールを送りますが

私はその何倍もの強さで 今いるあの子達にでっかいでっかいエールを送りたいんです・・・

 

いつも最後の御挨拶はあえてしません

なぜなら・・・きっと口を開けば 私は あなたへのエールより

この子達へのエールの方が大きくなってしまうから・・・

あえて 御挨拶は言いませんが 心から感謝しています

 

2年間 私の大切な仲間達を支えて下さってありがとう

2年間 私の大切な大切な仲間達を助けて下さって 手を差し出してくださって

ありがとう・・・心から感謝します

 

元気でね・・・大切な自分の体です

まずは自分自身を強くしないと 誰かを助ける事は出来ないと思います

大事にしなさい・・・そして いつも明るく笑って…それがあなたのモットーでしょ?

なら 貫きなさい・・・

 

 

この先 どんなつらい事があっても それを貫き続けていきなさい

上司として・・最後の言葉です

照れ

 

 

ありがとう。あなたに出会えて良かった・・・・・・・・・・・・・・・

照れ神様に感謝ですラブラブラブラブラブラブ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう一つのチャレンジ(#^.^#)

おはようございます照れ

 

実はね…先日もう一つの大きなチャレンジも動き始めましたてへぺろ

 

すっごい大きなチャレンジ・・なんですが 

いまやらないと きっと手遅れになる・・

後からあの時やっておけばよかったな~って 後悔しないように

みんなで走り始めました

 

コロナ禍だから より慎重に…より細やかに・・・・・

でも より速く・・・・より温かく・・・・

 

 

土曜日は引っ越し作業・・・・・

少し前から ひと箱づつ・・・ヨイショヨイショって・・

50数年分の歴史の大移動です

重みももちろんありますが

今はそれより ワクワク感の方が大きい・・・

 

今日から数か月の間不自由おかけしますが しばらく我慢してくださいね

みんなで作り上げていく 新しいチャレンジ・・・

 

どうか怪我なく無事に終わりますように・・・

温かくて 明るくて 使いやすい そんな場所に生まれ変われますように・・・・ドキドキ

 

株式会社 エイト ですが あえて エイトリボン・・・・・

敬意を込めて・・・・・照れウインク爆  笑

 

 

えーーーーーーーーー頭欠けてる~いやだな~って言ったら

工場長曰く・・・・・・・飛び出してる・・・・・・・・・・・・・・・・・・・チョキ

 

物は考えようだなって・・・・勉強しましたウインク

みんなで 明日に飛び出そうドキドキ未来に 向かって飛び出そうねラブラブドキドキ

 

 

手伝ってね・・・そして 手伝わせてね照れてへぺろ爆  笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チャレンジ(#^.^#)

こんにちは照れ昨日あられ振ったゲッソリ

午前中はいいお天気だったのに お昼頃急に崩れてきたと思ったら

バチバチバチ…あられガーン

なんか・・自然ってすごいなって感じますよねてへぺろ

 

 

松川レピヤン・・・ちょっと新しいチャレンジをしてみる事にしました

新しくはないかもしれませんが ちょっと チャレンジですてへぺろ

マスクのコンテストをしてみる事になりましたドキドキ

 

理由は 先日 クラウドファンデイングって言うチャレンジを通して 世の中にはいろんな才能を持った方が沢山いらして 自分たちの中だけで何でもを完結するんじゃなくて

大勢の方の力や知恵を借りて何かを成し遂げてみたいなって・・・

誰かに甘える?のかもしれませんが 一緒に楽しみませんか?って感じですかねてへぺろ

 

きっかけは ひまちゃんの(長男の娘です)(我々には孫第一号ね照れ

マスク作って~の一言から・・

じゃあ自分でデザインしてみたら?

って上がってきたマスクのデザイン・・・やばっびっくり可愛い・・・・・

 

 

会社の皆さんに これどう?って聞いたら 私も欲しい 私の孫にも欲しいって

あっという間に 100枚近くの要望が・・・・・ラブ

学校にマスクをしていくのが嫌だった小学生のあの子が・・今は嬉しそうに付けて行ってくれています

お気に入りで 毎日洗うのが大変です(でもすぐ乾くんですけどね)

・・・って ○○ちゃんのお母さん・・

 

えーーーーー照れなんだろう・・・・

コロナでマスクをつけないといけない生活が 当たり前になった日常があるとしても

息苦しいし 笑顔が見えないし できる事ならマスクなんてつけない生活がいいに決まっている

一日も早くマスクのない生活に戻りたい・・・その気持ちは 大いにありますが

今は・・・・まだマスクとお付き合いしていかないといけない日常なのだとしたら

だとしたら お気に入りのマスクをつけたいなって・・せめて 自分の好きなマスクをつけれたらいいな・・・って・・そう思うんですよね・・・

 

で・・思ったんです

子供達がデザインしたマスクを作ってあげたいな・・・って・・

全員のデザインを作ってあげる事が出来ないんだとしたら みんなに 応募してもらって

みんなに選んでもらったマスクを作ってあげよう・・って・・・

我々大人の感覚じゃなくて 子供たちの感覚で 選んだマスク

子供達のデザインで作ったマスク・・・

そう考えたらなんかワクワクして来て

マスク生活さえも どうせなら楽しんで行こうかな・・なんて思いました

エンジョイマスク!!です

 

ご応募お待ちしていますてへぺろ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>