反対されると、モヤモヤする方も、そうではない方も、

 

あなたが考えたことや、感じたことを   
発言したり、行動したりすれば、
 

 

・どうでもいい人 61.8%
・賛成する人 23.6%
・反対する人 14.6%
(データ出典:マシューおじさん秘伝書)

そんなリアクションがあったり、なかったりします。
 

 

何をやっても
あなたを必ず反対する人が

1割はいること
(← 親、パートナー、自分自身であることが多い)
 

 

何をやっても
あなたを必ず応援してくれる人が
2割はいること
(← 親、パートナー、自分自身であることが多い)  
 

 

どんなときも、その応援してくれる23.6%の存在をわすれないでくださいね。


マシューおじさんは、あなたのことを応援しています!

 
 
 
心理療法家のマシューこと、村岡真匡でした。
 
 
∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞
 
\無料、匿名で問い合わせてみる/
 
 
LINEからの各種、問い合せOKです!お気軽にメッセージどうぞ。
 
 
 
∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞

 

 

もう二度と苦しまないための解決の糸口をつかむ

「自分責めはやっても何も良いことがない」
 
頭では、よーくわかっている。
image
 
 
なのに……
 
 
 
気付いたら
 
いつの間にか
 
自分責めのループに迷い込んでしまって
 
苦しくなってしまう方も
 
そうではない方も。
 
 
 
胸のあたりをゆっくりさすってあげながら
 
 
 
「自分を責めるのは違うよー」
 
「あなたは悪くないよー」
 
「あれはあなたのせいではないよー」
 
 
 
そう自分自身に声をかけてあげてください。
 
頭のなかに響く雑音や
 
胸の苦しさが落ち着くまで。
 
 
 
あなたが
 
無意識に自分を責めてしまうのは
 
誰かに
 
「あなたが悪い」と
 
勘違いさせられてしまったからです。
 
 
 
その相手は
 
ひょっとしたら
 
いつも眉間にしわをよせて難しい顔をしていた
 
何をやっても満足しない
 
気分屋のお母さんだったかもしれないし
 
無口で、どう反応したらいいのか?全くわからなくて怖かった
 
お父さんかもしれません。
 
 
 
それは、あなたが悪いのではなく
 
周りの大人や、環境に
 
「わたしが悪い」
 
そう思い込まされてしまったからです。
 
 
 
今のあなたには
 
その必要のない勘違いを
 
自分自身に
 
教えなおしてあげることができるんです。
 
 
 
「自分を責めるのは違うよー」
 
「あなたは悪くないよー」
 
「お母さんの機嫌が不安定なのは、あなたのせいではないよー」
 
と。
 
 
 
頭のなかで
 
「私が悪い」と言葉がグルグルしはじめたら
 
あなたはすぐに
 
「ちがうよ、ちがうよ」
 
「あなたは悪くないよ」と
 
自分自身に声をかけてあげてください。
 
 
 
はじまるたびに何度でも。です。
 
 
 
胸のざわざわやそわそわ
 
苦しさが穏やかになるまで。
 
しずかに落ち着くまで。
 
 
 
 
 
心理療法家のマシューこと
村岡真匡でした。

 

👤「僕等は、なぜ、生きているのか?何のために生きるのか?」

👤「僕等は、人の”幸せ”のために、生きましょう」




※私の、習い事の先生からシェアしてもらった話です




私の先生は”若い人たち”の、お世話もしています。

その「若い人たち」というのは、安心や安全な環境でなく、生まれてからずっと、よく言われる不安や危険のそばで育つことを強いられた人たち。

そういった環境なので、体に良くないモノを吸っていたりするので、若くして亡くなる方も多いそうです。




その中の“ある子”が...

👤「私は何のために生きているのかわからない」

👤「生きる意味がわからない」

その先生に、よく話していたそうです。




その後、しばらくして、ある時、

その子の住む地域が天災におそわれました。




緊急避難所は体育館、支給品は寝るための毛布が一枚。




そんな場面になると、いつも危険や不安を感じながら育った子は、困っている人や、弱っている人に、気が付くセンサーがとても敏感になります。

その子は、体育館の床の上で、毛布一枚では「腰が痛くて眠れない」と、つらそうにしていた、おばあちゃんに気が付いたので、

自分の毛布をあげて、朝まで腰をさすってあげたそうです。




その経験のあと、先生と再会した時、「生きる意味がわからない」と言ってた、その子が、

👤「先生、私は何のために生きているのか、生きる意味がわかったような気がする」

そう言ったそうです。




どう感じますか?




👤「僕等は、なぜ生きるのか?何のために生きますか?」

👤「僕等は、人の”幸せ”のために、生きましょう」
 

 
 
心理療法家のマシューこと
村岡真匡でした。

深刻になりたくないのに

 

ついつい物事を深刻に考えてしまって、しんどくなる方も、そうではない方も

 

 

「ひとりで抱え込みやすい人は気を付けてくださいね」

 

あなたを悩ませるものを、あなたがひとりで抱え込むのはやめましょう!

 


ただ話をするだけ「うん、うん、」と、誰かに話を聞いてもらえるだけで、頭や胸のなかに風がとおって、スッキリして、気持ちは楽になります。
 

 

人のココロの仕組みが、そうなってます。

(スッキリしない人は、話す相手を間違えてます。)
 

 

いつもより神経質になってる気がしたり、自分の様子がちょっとおかしいと感じるときは、気負わずに、誰かに「ちょっと話をただ聞いてほしい」、「おしゃべりしたい」と頼んで、あなたの話をきいてもらいましょう。
 

 

★深刻な人ほど、誰にも相談しないし、ひとりでかかえこんでしまいます。それが、もっと物事を深刻にさせてしまうんです。

 

 

しらずしらずのうちに、ついつい一人で抱えこんでしまう方は、本当に気を付けてくださいね。
 

#猫さんが言ってました
#ひとりになるな
#ひとりで抱え込むのはやめましょう

 

---------------------------------------- 
 
 
心理療法家のマシューこと
村岡真匡でした。

「嫉妬なんて!!!」

 

 

そんな醜い感情を

自分が感じていると認めたくない方も

そうではない方も

 

 

嫉妬は、

あなたの

もっと成長したい

もっとよくなりたい!

 

そんな

前向きな思いや向上心から

自然にあふれてくるものです。

 

 

あなたのなかの

「嫉妬ちゃん」を嫌わないでください。

仲良くしてください。

キスして、ハグしてあげてください。

 

 

そもそも、

自分が成長したい、とか、

変わりたいとか

そんな思いが無い人は、

他人に嫉妬しません。

 

 

自分自身に

「もっと成長したいよね」

「もっと良くなりたいよね」

「すごいね」

「えらいね」

「その向上心がすばらしい」

そう声をかけながら、

 

 

あなたの

胸やお腹のあたりにいる

嫉妬ちゃんを

ハグしてやさしくあたためてあげてください。

 

 

あなたが「嫉妬ちゃん」の存在を認めて、

仲良くすると

体がゆるんでいきます。

 

 

すると「嫉妬ちゃん」が、あなたの成長を応援してくれますよ。

 

 

わたしは

2020年は

いっぱい嫉妬して、

いっぱい自分を成長させる年にしますw

 

 

あなたのすべての気持ちにマルを!


#我慢癖からの嫉妬はまた別の機会に

 

 

---------------------------------------- 
 
 
心理療法家のマシューこと
村岡真匡でした。