霊界通信しています!

霊界通信しています!

霊界実話★心霊研究と霊界通信 「茨城の母」で検索してね!


テーマ:

日立市に御岩神社がありますが、最近、すっかり有名になりましたね。

たまにお参りしますが、行くたびにいろいろな神霊からのメッセージが在ります。

今回は、徳川光圀さんの事をお話しますね。
光圀さんは、水戸市の常盤神社の祭祀ですが、私が初めて会った時は半端な神様でした。
神様のお仕事が思うようにできていなかったのです。人霊ですからね、
私は、人霊がどうやって神様になるのかとても興味が在ったので、
光圀さんの動向を注視していました。天狗党のカルマや、明治天皇のゴタゴタは解消して
水戸での神様活動は軌道に乗り、3.11の時も大きな被害は避けました。
でも、やっぱり本物の神様からは遠くて、何が足りないのだろう、と感じていました。


近年、茨城県日立市のお岩神社はパワースポットとして有名になり、

たくさんの参拝者が来て、境内の各お宮が紹介されています。
お山全体が、江戸時代からの霊場なので当然と言えば当然です。
光圀さんとの繋がりも大きいです。でも光圀が崇敬したのは、政治的意図です。
徳川氏が来る前の茨城は、佐竹氏が治めていましたが、県北には
その佐竹氏を支持する人々が多く住み、水戸徳川の潜在的脅威になっていて、
それを抑えて監視する意味で、御岩神社や八溝山神社を重視したのです。
神の世界は真の世界です。現世欲があると通じません。

お参りの時は、私はいつも、「叡智を下さい」と祈ります。
お金が欲しいとか、人の上に立ちたいとか、有名になりたいとは祈りません。
宇宙や神の真理を学びたいのです。一般の皆さんにはパワーを貰ってください、
とアドバイスしますが、私は暮らしていけたらいいと思っているので、現世的な願い事は無いです。

しかし、光圀さんと言う人は、基本的に政治家なので現世欲がとても強い人でした。

「大日本史」も後世に名を残したいから、藩の財政が苦しいのに巨額を投じて作りました。

厳しく非難しますが、神の世界は真の世界です。

一点の曇りも在っては、神の元には進めません。

それと、八幡改めという悪行ですが、光圀さんの独断で、寺社をつぶして
神霊の恨みを買いました。その影響で、神域に入れなくなった神社がありました。
八溝山神社、水戸八幡神社、など。。。
御岩神社は、国常立の神縁があり、境内の立ち入りは出来たようです。
神霊の話では「光圀殿に学びの機会を与えるため」ということです。
光圀さんは、現世では偉人として有名で、茨城の英雄ですが、神界ではまだまだ未熟なのです。


で、そのお岩神社の姥神様ですが、私は姥神のお宮付近がいつも強く感じています。
姥神様は、この神社の地主の神のようです。御岩神社の奥深くに隠れている磐長姫です。
寺社には、地主神と直結している場所があります。その場所はもっとも神界に通じています。
(知っているところでは、成田山の清流権現、太平山の蛇神社、恐山のお稲荷さん)
姥神さま付近でぼーっとしていると、山の奥宮から光の渡り廊下が出来て、神霊が現れます。
今まで、白龍や犬神、大蛇さまなど、神界の眷属たちが出てきました。

何故かその日は、御稚児姿の神霊が現れました。「天照の変化だ!」と直感しました。

姥神様に降りたのかも知れない、伊勢を感じました。

 

「高譲味道根之命(光圀さんの神名)に、伝えてほしいことが在ります」

 

「??? 光圀さんは、いつもここに来ています。先日もおみかけしましたよ。

 直接お伝えすればいいのではないですか?」

 

そもそも、私をお岩神社に招いたのは光圀さんです。

 

「水戸殿は、精進し、熱心に伊勢の大神に祈るのですが、

 今一つ、大神に心が通じません。深く悩み、苦しい思いをしているのですが、

 私が側に立つのにわからないのです」

 

そうか、気が付かない。。。

そういえば、私から見て同じ場所に居るのに、互いは見えていない霊は在ります。

現世的に同じ場所に居るのに、認識できないのです。

背後霊同士も、私の背後霊なのに、互いは見えていないのです。

いつも不思議でした、霊界は心が通じ合う、自在な世界なのに。

 

「そうです、神に対して、魂の立ち位置が違ったり、現世の執着が強いと、

 見えなくなります。でも、現世の人間が、その霊たちを一つに合わせます。

 久美子さんの背後霊さんたちは、お互いは直接話すことが出来なくても、

 現世の久美子さんの霊体を通じて、交流しています。

 現世の人間は、天と地、神と霊を結ぶ役目をしています。

 それを水戸殿に教えてあげましょう」

 

難しい話だけれど、地球から星を見ているようなものなのかも、地上から星を見ると、

みんな平面上に並んで見えるけれど、実際には、星々の間はものすごく離れていて、

関連性は無いのに、星座として一まとめにしています。

神霊たちも、私にはみんな同じ距離感ですが、実際には、霊と霊の間は離れているようです。

 

「光圀さんは、常盤神社の祭神ですから、私がアドバイスするものは何もないですよ。

 お稚児様とこうして話しているのも、何か修行したわけでは無いし、

 自然体でやっていることですから、何もお教えすることは無いです」

 

「久美子さんが、神霊のために、いつも心がけていることを話してあげてください。

 水戸殿は神に会いたいのですが、まだ叶わないのです。

 それは、地主神の神理が理解できないからです。

 久美子さんから教えてあげてください」

 

そういうと、パッと消えてしまいました。地主神の神理?

姥神様が、地主の神の役割をしているのかも。お岩神社のマネージャー?

神様の使い走りを頼まれましたが、光圀さんの何が問題なのかわからないし、

余計なお世話のようにも感じたので、

私の方から光圀さんに想念を向けるのは止めていました。

 

それから数日たちました、遠くの方から、馬に乗った侍が近づいて来ました。

お供の家来を30人以上連れて、ぞろぞろと迫ってきました。

一団は、駐車場で止まりました。家の前は、多数の霊人で騒がしくなりました。

何だ、この騒がしくて、威張った侍は? と想ったら、光圀さんでした。

仰々しく大名行列みたいにやってきたのです。

          ↑お岩神社の姥神さま

 

しかし、サムライ達は、良く見るとボロボロの姿で、

刀を差しているのでそれと分かりますが、みんなホームレスのような感じで、

しかも青白い顔です。如何にも亡霊さん。。。

光圀さんは、申し訳なさそうな声で、

 

「これは救いきれない者達なのです。

 常盤稲荷が、久美子さんに頼むと良い、と言うので連れてきました」

 

そうして、一同は頭を下げました。

 

「常盤之宮を任されてから、神の道に精進してきたのですが、

 自分が地主神になり、水戸の地に大神様に降りていただくには、

 徳川や水戸藩のために憤死した者達を救わなければならないことが判りました」

 

「え?何も出来ないですよ、私は徳川さんには縁は無いですし、

 水戸にもなにも無いですよ。水戸のお侍なら、地元の人々が供養しているのでは?」

 

「久美子さん、この者たちには子孫がおりません。

 現世に繋がりが無い、忘れられたものたちなのです。

 この者たちは、忠誠心があり、善良な者たちですが、

 何故か、神に祈っても救われません。私には何もできないのです、

 無念なことです」

 

今までの経験で、現世の人々の愛念は、霊界で迷っている霊の

向上の一助になることは知っていました。縁のない人間でも、

「霊界で向上してください。迷わずに神様の所に行きましょう」と祈ってあげると、通じます。

ですから、著名人は、供養してくれる身内が無くても、ファンの祈りが大きいので浄化されます。

光圀さんが連れてきた武士霊たちは、子孫も居ないし、祈ってくれる支援者も居ない、

だったら、光圀さんが祈って、上げてあげれば良いのにね。

 

「それが何故か、お許しが在りません。

 神社というのは、日々、迷える者たちか集まります。

 私どもは、随時、その者たちを救済すべく計らっています。

 私は、彼らのために、毎朝、毎夜、神事を行います。

 常盤神社は、霊界の救護所、弱っている者たちを助けます。

 しかし、何故かここに連れてきた者たちを救うことができません。

 神に嫌われているのでしょうか?」

 

すると行き成り、高橋くんが割り込んてきました。ウチのお稲荷さんです。

 

「それって、家族だよ。要するに家族が必要なんじゃないの?

 高橋家はね、稲荷も、犬神も、巳さんも、天狗さんも、みんな家族だから、

 お侍さんたちも家族になりたいから来たんでしょ。

 光圀公も家族にならないとだめなんだよ」

 

そうよ!家族、高橋くん、たまには良いことを言うね。

 

「義公、お稲荷さんの言う通りです。迷っている霊は家族になって、

 寄り添ってあげることです。武士だから、どうしても、殿様と家来の関係になっているのかも。

 魂を救うには、相手の苦しみに降りて行かないとできません。

 その武士さんたちを救うには、光圀さんは偉すぎるんじゃないかな?」

 

「久美子さん、そうですね、神は人間の魂の親である、と言います。

 親子になる、家族になる、ということが魂には必要なことなのですね。

 それは、愛、というものですね。

 しかし、武士道は、型にはめられた行道、愛を語るのは難しい」

 

そんな訳で、光圀さんと、迷っている武士霊たちを預かることにしました。

常時、精霊たちは住み込み修行で、引き取っているので、同じようなものかしら、

光圀さんの内弟子修行?と思っていたら、それは甘くて、人霊の対応は一筋縄ではいかないものでした。

精霊は、本質的には純粋で、素直です。犬の躾のように、愛情をもって、

厳しく教えて行けば、徐々に成長して、神様の眷属へと成長します。

つまり、神に繋がるには、素直で純粋な心が大切です。

光圀さんが連れてきた武士霊は、従順で、大人しく、一見何も悪いものは見えません。

でも、身なりが質素すぎてほホームレスっぽく見えます。

華美に見せないというのは、光圀さんが言っている、「質素倹約」に適うものですが、

何か不自然さがありました。でも、私が目を向けると、深々とお辞儀をして、とても礼儀たたしいです。

そのまま神社の霊界の庶務係をやっていればいいのに、でも、神様に敬遠されたからウチに来たのです。

 

精霊たちは、半年から一年で成長して、神様の所に帰ります。その精霊と武士霊の違いを良く観察してみました。

光圀さんは、早朝と深夜は、常盤神社のお勤めがあるので、出かけますが、

一日のほとんどの時間はウチにいて、武士の指導や、高橋家の他の神霊たちと交流していました。

 

神社でもそうだと思いますが、現世と霊界は重なり合っている境域があります。

幽界とも言いますが、現世の時間の流れに対応していて、現世が朝になると、幽界も朝になり、

現世で何か起こると、幽界でもそれに対応した霊の出入りがあり、神霊は、何事も無いように対処しています。

現世の人間は、陰で神霊が動いて、人間社会が平和になるように尽力していることを知りませんよね。

 

暫くは、武士たちは、光圀さんを中心に固まっていましたが、だんだんウチに慣れてくると、

現世の家の中に現れるようになりました。

あ、その前に、家の構造ですが、現世に高橋の建物があり、それに重なるようにして、霊界に増築されいます。

 

つづく、 →「光圀霊のここだけの話★妻との再会、でも霊界では泰姫の方が霊格が高かった」


≪お岩神社の関連記事≫

「お岩神社の祭神国常立命とは?」
「御岩神社霊界案内 画像追加」
 

ランキングのご協力お願いします!

   ↓

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村

 


スピリチュアルランキングへ

 

 

 

スピリチュアルブログ
水戸スピリチュアル 茨城の母
ポンタ社長の夢占い
茨城県の占い師
茨城占いスピリチュアルカウンセリング

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス