ショルダーパッティングCのやり方 | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。

「ショルダーパッティングでも」に続きます。

 

C.肩を胴と一緒に背骨を軸にして回転する

 

Cのように肩を回転するためには、アドレスで、左肩をあまり上げず、背筋を伸ばすと行いやすい。

 

これは背中を丸めず、背筋を伸ばすと、両脇が締まりやすいが、両脇が締まると、肩と胴が一緒に回転しやすくなるからである。

 

また、前傾を強くすると、このような回転になりやすい性質がある。

 

ところで、パッティングのアドレスをすると、大なり小なり背中を丸めるものである。背中を丸めると、背骨は、胸のあたりから前に曲がる。背中の丸め方が強いと、背骨が大きく曲がるため、肩を回転しても、胸から下の胴は回転しないで、胸から上だけが背骨を中心に回転する。

ーーーー

 

典型はM・ウィーでしたね。今は彼女もあの「胴を水平まで」屈み込んだ究極のストロークを卒業しちゃったようですね。

 でも、これってストロークのフォームとしては理屈の上では最高のフォームです。私の友人にこれやってる方がおられます!パット上手いですよ、いつも2mくらいオーバーのタッチで転がしています。

 

いつもご協力頂き有難うございます。


今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

お忙しい皆様にお願い:「いいね!」よりこちらを優先してご協力をお願いいたします。