パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。

という記事(「週刊ゴルフダイジェスト」2015年NO.13)から一部を引用させていただきます。

 この中で江連忠さんは「アマチュアは5m以上になると3パットが激増する」としたうえで(そういう方は)「パットの指導を受けた人ってほとんどいない」とも指摘しています。そういう方の取り組みについて以下のように仰います。

ーーーー

1.(自分の)リズムをつかむ

  掛け声に合わせて123でストロークする。

  最初はゆっくりで徐々に速くして自分に合うリズムを見つける。

  4~5mを気持ちよく打てるのが(自分にとって)いいリズム。

 

2.ストレート軌道で真っすぐに打つ

  グリーン上に3~4mのロープを張る(高さは≒15cm)

  (*1)。

  5m以内ならヘッドがロープから外れないように打つ。

 

3.2人でキャッチボール

  10mくらい離れて、相手の足元に止めるつもりで打つ。

  相手がいると目標が明確なので距離勘が出しやすい。

 

4.カップ周り8方向からのボールを打つ

  始めは50cm程度、80cm、1m、1.2mと距離を伸ばす。

  全部入れるように練習すると集中力が磨かれる。

 

5.フォローの動きだけで2~3mを入れる(*2)

  体幹で打てるようになるので正確なストロークが身につく。

ーーーー

 

*1:スタート前の練習グリーンでやると迷惑になるので、ホールアウト後になさることをお勧めします。

 

*2:鈴木愛もこれを勧めています

       →「鈴木愛のパッティングの秘密」

 

いつものご支援有難うございます。


今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

お忙しい皆様にお願い:「いいね!」よりこちらを優先してご協力をお願いいたします。