左腕の力感 | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

昔から、ゴルフでは左腕が舵、右腕がエンジンと言われてきました。

私は今でもこのことを守ってきているつもりです。

 

ところが、先日のショートパットで≒70cmを外した原因が分からずに2日間眠れない(嘘)ということがありました。

大した曲りではなく、難なく入れられるとタカをくくって、疎かにストロークしたつもりはなかったので、悩みました。

 

宅練でいろいろ試したところ、左腕の力感が甘くなってきていることに気付きました。これだけの話なんですが、、、(笑)。

 

やはり、右に比べて左腕の力感は常に強く意識していないといけないんですね。

私の場合、ショートパットを外すのはストロークのテンポが速くなる癖があり、これは重々気を付けることでミスを回避している(→「短いほどゆっくり」)のですが、思わぬところで落とし穴にはまってしまったというわけです。

 

なお、私と同じミスをなさったという方は、①右よりも左の力感を強くする②ストロークの全行程を通して左腕の力感を変えないこと(フィニッシュまで)にお気を付け下さい。

 

いつもご協力頂き有難うございます。

今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

Green Keeperさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス