真横からのアドレス | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

真横からのラインは、フックの場合もスラの場合も仮想カップを読んだら、そのラインに平行のスタンスを取っています(実際の打出しラインは読みよりも少し深く取る)。いわゆるラインに対してスクェアです。

 

広島の「Dr.クラッチ」さんは、スタンスはカップに向けてアドレスするのが良い、と仰います。

「真横からのラインはこんな練習方法もある!」

 

あ、この記事長いですが、後半にこの記事があります。

 

フェースは、私がやっているのと同じですね。読んだライン(転がりラインに対しては、少し深めな打出しライン)に対して合わせるまでは同じです。スタンスの取り方が違っていて、スタンスは、カップに対してスクェアに構えるというやり方です。

要するに、フック傾斜の真横ではオープン気味に、スライスではクローズ気味に構えることになります。

 

ライン通りに構えてスライス真横からだと、下へ外す例が多いと思いますので、このやり方は効果あると思います。

 

違和感満載とお考えになると思いますが、私は昨日、これを試してみました。

練習グリーンで、です。

まだ、現場では使うだけの練度が上がっていません。

でも、感触は良かったです。

但し、急傾斜の場合の真横では、まだまだ違和感があって使う気になれませんでした。これも慣れの問題だとは思いますが、、、。

 

いつもご協力頂き有難うございます。

今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

Green Keeperさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス