ありのままを受け入れられない中堅社員が、コーチングにより仕事へ承認を取り入れたら?

ありのままを受け入れられない中堅社員が、コーチングにより仕事へ承認を取り入れたら?

職場で悶々とした人間関係から学んだ、円満に進む楽々コミュニケーション術

Amebaでブログを始めよう!

テーマ:

 

こんにちは。

 

プロコーチ馬場陽一です。

 

1日生活をしていると「自分の思惑と違った」と思うことって起きませんか?

 

職場の人間関係からコンビニのレジのやり取りまで。

 

そんな時、自分が知らなかったのが悪い、相手が悪い。

と裁い(ジャッジ)て自分の安心を得ている場合があると思います。

 

・このケースは教えてもらっていなかったので、間違ったのは

全て自分が悪い訳ではない。

 

・ミスしたとはいえ、あんなひどい言い方(態度)ないだろう。

 

とジャッヂして自分を正当化する。

 

心のどこかで自分の正解に出来事の着地点を求めている。

 

そういうことを止めてみるとどうでしょうか?

 
止めて代わりに何をするのか?
 
・今自分は自己正当化しようとしている。
 
と、自分のやっていることを認めることです。
 
弱くても良い、不安でも良い。今自分がしていることを認めること無しに本当に芯の強い、ブレない自分を作る道は無いと思います。
 
自分と向き合っていると、次の一手(振る舞い)が見えて来ます。
 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:

こんにちは。


銀座コーチングスクール千葉校代表馬場陽一です。


突然ですが、何か自分の判断で思うようにいかない時、

気分が落ち込んだ体験はありませんか?


特に他の誰かかから「違う!」、とか「ダメ!」と指摘されて気が付いちゃうような場面。


これは自分で気づいた場合でも誰かから言われた場合でも、気落ちの原因は



「一つの視点からみている」状態だからです。



もし、行動して予想通りの結果にならなかった場合は


そもそも物事の見方には複数あて、自分はその一つを


不安の中勇気をもって判断した、または直感で選んだ、またはそうせざる負えなかった。

などなど・・・


「失敗してしまった~」やAさんの「〇〇はこうすればいけなかったんだ(批判)」

は、一点しかみていない狭~い見方。


特に過去に対しては一つのみに絞ると悩み、焦りが生じます。


ですので、凹んだら「何が悪いか?」なんてより、


「たくさんある見方内の一つに今自分は囚われているんだなぁ~」


と思ってしまった方が自分の心が健やかな方向に行き、


周囲にも和やかな影響を与えると思いまうす。



話しは変わりますが、お肉って人の精神に興奮作用を及ぼすらしいです。


良い感情ならいいけど、感情全てに作用するので怒りや憎しみへも同様。


だから肉を控えるイメージで、他人の批判、ダメ出しのはお肉みたいなもので


参考程度にはしっかり受け止め、そしてそれ以上も以下もない。


とあっさり自分の中で決めちゃうと、事態は好転すると思います。



☆彡馬場コーチの本気(マジ)メッセージ

気持ちがへこんだら「単に一つの視点しかみていないからどんよりした気持ちになっている」
と現状を認識し「見方は複数ある」との広い事実に気持ち(視点)向けてみる。

以上、お読み頂きありがとうございました。


<ご案内>

銀座コーチングスクール無料体験講座

11月29日(日)12:30~17:00

詳細&参加申し込みURL↓

https://gt113.secure.ne.jp/~gt113116/schedule/taiken/chiba/20151129post_4230.html?__utma=1.678557032.1412313276.1446868192.1447721378.73&__utmb=1.2.10.1447721378&__utmc=1&__utmx=-&__utmz=1.1442395538.69.8.utmcsr=l.facebook.com|utmccn=(referral)|utmcmd=referral|utmcct=/l.php&__utmv=-&__utmk=62612140


テーマ:

9月に入り猛暑から解放されいかがおすごしですか

今回は壮大なタイトルになってしまいましたが、

コミュニケーションにおける簡単な相手に与えるリアクションをお伝えします。

それは相手の言い分の最後に聞いている自分の側の心の中で

「。」を付けることです。

これでしっかり聴いた事実成立になります。

さらに、相手にも「聴いてもらえた」と信頼感が増します。


私たちは聞いている間に心の中がザワついたり、

「いや、そうは言っても…」と独自の想いが浮かぶ場合もあるでしょう。

そのような時は、聞いている最中でも「最後に『。』をつけるぞ」と

決意しながら相手の話を聞いてもらえればと思います。


電車の中や自分の背後で話している人たちの会話で

練習してみても良いかも知れません。

繰り返し積み重ねることによって、暖かく包む

愛の人格があなたの中で形成されてゆくでしょう。


☆彡馬場コーチの本気(マジ)メッセージ
良好な人間関係を築く秘訣は、相手の言い分の最後に「。」と自分の心の中で唱える。

≪無料コーチングオリエンテーションのご案内≫

・いつも聞き役で終わり、自分の意見を伝えられなくて悶々が残る。
・「はい」とか「大丈夫です」しか言い返せず、もっと他の言葉も発してみたい。
沈黙や簡単な相槌など非言語コミュニケーションを向上させて
自分は楽に生き、人間関係は良好にさせたい方は
1対1の無料コーチングオリエンテーションをどうぞ(^^♪
※私とのセッションが初めての方に限らせて頂きます。
↓お申し込みは下記のURL「無料オリエンテーション」からどうぞ
http://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/1593


テーマ:

今回は暑い夏ですのでさらに暑くならないように

怒りの感情について少し書きました。


納得いかない時、腹が立つとき

「大したことない、自分が我慢すれば」と

そのまま抑えていませんか?



私はカチンと来たら

パレートの法則に当てはめてみます。

パレートの法則とは簡単に言うと

物事の80%は取るに足らないこと、

成果(自分にとって成長やプラスになること)は

残りの20パーセントを大切にすることでもたらされる。

です。


ですので、今自分の気持ち波立たせるような

挑んで来る言動・出来事は「まともに相手をしてはいけない

80%の部分なのだ。」と受け止めることです。


「まともに相手をしてはいけない。」と書きましたが、

反論または軽く扱う様な接し方ではまりません。

ポイントは『相手に関心を示す』です。

<例>

相手『これココ違うじゃない!』

自分『どこですか?・・・そうでした、見つけてくれてありがとうございます』

☆ミスした箇所ではなくミスを見つけた相手に、ミスを発見した事実に意識を向ける。

☆彡馬場コーチの本気(マジ)メッセージ
「自分が悪くないのに!」反論したくなったら、これは余計なエネルギーを使わせようとしてるなと
思ってみる。


参考になりましたら幸いです。

<お知らせ>

銀座コーチングスクール千葉校

無料コーチング体験講座

7/28(火)14:00~15:30

詳細URL↓

http://www.ginza-coach.com/school/chiba.html


テーマ:

こんにちは。


銀座コーチングスクール千葉校代表・馬場陽一です。




本日はスキ(隙)を見せておくことの大切さをお送りします。



隙を見せることがどう良いのか?


人が複数で過ごしていると必ず規則(ルール)が生じます。

当然ながらルールを守らないは悪い。となりますが、

破った側も自覚がなかったり、自分なりの理由があったりと、

スムーズに組織内でルールが営まれないケースはあると思います。


そういう場合、

「最初に決めた時は〇〇ではありませんでしたよね?」

とか「ココでは禁煙です」みたいな言動が通常です。

今回は、いわゆる正論をすぐに持ち出すのではなく、


互いの関係性をより良くする機会

への持って行き方をお伝えしたいと思います。


それは事実を確認→共有することによって、

築いてゆくステップです。



まずは自分の内面の志をチェックしてみましょう。

「相手を支配したいか」

「要求を飲ませたいか?

「自己防衛のためか?」

第2に、築いてゆく時の志です。


「違反をやりたくてやっているのではないよね」と相手を信じるというか、慮る心から始めてみます。



自分の心の状態で相手の反応も変わってきます。


でも急に自分の「違う」と言う気持ちを変えるのも難しい・・・


そんな時は意図的にスキ(隙)をみせることをおススメします。

例えば約束が違う場合は、

「あれ~この前の話ではその様でしたでしょうか?」←

といった、一緒に思い出しませんかスタイルで隙を見せる。

他には

「ココではそれはダメですよ」

「じゃ、お前が何とかしろよ!」

「何とかと言われても・・・例えばどのようにでしょうか(←教えてくれませんか?調で隙を見せる)」

これは相手の態度を自分が受け止めつつ、相手には今のルールや互いの間に交わされた約束等を

確認して頂くという、一つの交わし(コミュニケーション)が含まれています。


整理しますと。。。



第1 正論でもってドドッと押し返すということを選ばない。

第2 自分の内面にどんな想いが渦巻いているか認識。

第3 「自分は知らないので教えてください」スタンスで隙を見せる。


一つの課題を通して協調する道を探っていく。


進めるにはちょっとした勇気が求められると思います。


もし、抵抗を感じたなら、実行に移さなくとも意識するだけでも充分明るい未来に布石を打つと思います。


スキ(隙)見せられるぐらいの余裕な自分になりませんか?


最後までお読み頂きありがとうごました!(^^)!

☆彡馬場コーチの本気(マジ)メッセージ
規則や約束と違う行動には教えてくださいスタンスで隙を見せて接する。


コミュニケーションをテーマにざっくばらんな座談会を開催します!(^^)!

円滑な人間関係と自分がしたい言動を両立~深まるコミュニケーション
<ミニセミナー付コミュニケーション座談会のご案内>
6月25日(木)19:00~20:30
参加費:1,000円
詳細URL↓
http://www.reservestock.jp/events/72745

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved.