プロ家庭教師のKiri/奈良・大阪・オンライン/医学部受験/大学受験

プロ家庭教師のKiri/奈良・大阪・オンライン/医学部受験/大学受験

大学受験専門のプロ家庭教師Kiriが、指導に対する考え,実際に指導で経験したことなどをつづります。

いよいよ明日は共通テストですね。

 

今年は、コロナ渦だわ、センターから共通テストになって形式が変わるわで、不安でしかない年ですね。

まぁ受験生にとっては、どんな年であれ、毎年不安に違いないでしょうけど。

 

今日はしっかり睡眠をとって、明日に備えてほしいと思います。

 

崩壊しやすい数学での崩壊を防ぐには、とにかく飛ばすことですね。

崩壊するパターンは、前半で時間をかけてしまって、後半に時間をかけられない、というパターンが圧倒的に多いです。

先輩たちが何度もやらかしている歴史を、自分は繰り返さないこと。

 

あと、共通テストから文章が非常に長くなり、無駄な文章をいかにスラスラ読んでいくかが重要になります。

こんな感じのことが書いてあるんだろうな、と推測しながら読むことでスラスラ読めるようになりますが

勝手にそれを正しいと決めつけて、完全に読み飛ばす子も一定数います。

それはやっちゃダメですね。

やっぱり、自分の推測が正しいかどうかの確認は必要。

 

試験中は、水面に顔をつけたような息苦しさが延々と続きます。

2日目ともなると、疲れが溜まってきており、思うようにいかないと集中力が切れてしまう子も中には出てきます。

どんな苦しい状況であっても、集中を切らさずに目の前の問題と向き合い続ける、という心構えが重要ですね。

 

 

あと 当日になって、特別なことはやらないことです。

当日、さも新しい何かを閃いたように感じて、特別なことをやる子も一定数いるようですが、ほとんどが勘違いです。

本番の雰囲気に呑まれているだけです。

今までやってきたことを、いかにそのままぶつけるか、が大事です。

 

いつも通りを、全力集中で、2日間!

頑張りましょう!

 

 

にほんブログ村 受験ブログへ にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
↑いずれかをクリックしていただくとランキングが上がります。ご協力をお願いします。

 

 

プロ家庭教師(大阪・奈良),オンライン家庭教師(全国)で、生徒を募集中です!

医学部受験・大学受験志望の中学生・高校生・浪人生の方は、ご検討下さい。

 

kiriのプロフィール
kiriの指導方針

オンライン家庭教師について
料金
お申込み

共通テストまで、いよいよ1か月切りましたね。

 

この時期になったら、毎年書いてることがあります。

私のブログを長らく見ていただいている方は、しつこいやろ、と思うかもしれませんが。

 

 

「詰まったら飛ばせ」ですね。

 

毎年思いますが、これができない子が本当に多いですね~。

私、授業でこればっかり言ってるんですけどね。

 

 

センター試験は時間制約の厳しい試験でしたが、共通テストになってもそれは同じ。

 

時間制約の厳しい試験で、1番最悪なことって何か分かりますか?

 

 

解けない問題に時間をかけ、

その後にある、解ける問題を、解く時間がなくなること、です。

 

 

本当にこれはもう、最悪中の最悪であり、1番やってはいけないことです。

 

大体、崩壊する人って、このパターンですね。

 

大問の最初らへんだから解かなければいけない。

ここを取らないと9割取れないから解かなきゃいけない。

前から順番に解きたい。

 

結果の出ない子は、こういう意味のない縛りを自分に設け、ハマりこんでいる子がほとんどです。

 

センター試験の平均が低い年は、前半が難しい年が多いです。

要するに、こういうタイプがいかに多いかってことを表しています。

 

冷静に考えてください。

 

試験って、難易度順に並べてくれてるものですか?

 

もしあらかじめ、大問1はめちゃめちゃ難しくて、2、3、4に進むにつれて難易度が低くなっていくよ、大問4はめっちゃ簡単だよって教えられてたとして、あなたは大問1から解くんですか?

 

よほどこだわり強い人とか、難しくても余裕で解けるような自信がある人は別でしょうけど

多くの人は、4からさかのぼっていくんじゃないですかね。

 

つぶしていけるものからつぶしていって、残りの時間で難しい問題の中でもつぶせそうなものを探して、つぶしていくってのが基本じゃないですか。

その方が、確実に効率がいいじゃないですか。

 

 

だから、共通テストでもそれをやればいいんですよ。

 

キーワードは、「詰まったら飛ばせ」です。

 

最初だからとか、最後だからとか、大問1だから、とか、そんなの関係ないです。

 

問題を読んだ瞬間に先が見通せないもの、先がイマイチ見えず じーっと考えてしまっているもの、計算ミスが発覚したがどこでミスをしたか判断できないものなどは、即座に飛ばすことです。

 

飛ばさずにその1問にこだわるから、時間がなくなる。

それで解けたならまだしも、結局解けなくて、どうしようもなくなってから飛ばすとか、もう最悪でしょ?

なら、最初から飛ばせよって話になる。

だから、飛ばせばいいんですよ。

 

後から戻ってやりゃいいんです。

後から戻ってきたら、意外とあっさり解けることも多いです。

 

数学ってハマりこんでしまうことが結構あって、解いている最中は視野が狭くなっていて、簡単なことに気づかないことが多々あります。

そんな時は、一旦離れてみる。

そして、頭を一旦クリアにしてから見直してみると、視野が広がって解けてしまうということが多いんですね~。

 

 

今やろうと、後から戻ってやろうと同じことです。

詰まっているものを、今やるメリットなんて全くない。

 

同じことを言っているユーチューバーの子がいましたよ。

 

 

東大生のもっちゃんさん。

6:41くらい。

 

 

全く同じような話をしてくれています。

ぜひご覧くださいね。

 

 

たまに、1問15分とか決めてやるといいとか言う人いますけど、あれでいけるのはそれなりにできる人です。

あまり参考にしない方がいいですね。

 

最初のリンクの記事で登場する、大分の医学部合格のBさんは、この方法をやっちゃってました。

 

1題12分たったら次の大問に進むという謎の時間配分です。

12分経ったら先が見えている問題でも、次の大問に進んでしまうのです。

先が見えていない問題があっても12分経つまでは進まないのです。

 

詰まったら飛ばせのアドバイスだけで、8割で迷走していたのが、あっさり9割いくようになりました。

 

つまり、1題何分は目安として把握しておくのはいいですが、守る意味はありませんね。

 

 

時間制約の厳しい試験は、瞬発力が求められているので

 

問題把握 → 思考 → 解答

 

これを瞬時に、できるかどうか。

 

今、共通テスト形式のものを時間を計って解いている人が多いと思いますが、それはこの瞬発力を鍛えるのが目的です。

共通テスト形式のものを解いたからといって、賢くなるわけでは決してありませんよ。

 

つまり、1問をウーン、ウーンと悩んでいるのは、試験の性質に即していません。

計算ミスにおびえて、必要以上に検算しているとかも、理に適っていません。

 

飛ばすのは、瞬時に、後回しにする、という解答を行っていると考えれば、理に適っています。

 

 

なので、とりあえず飛ばしていきましょ、って話です。

 

 

断っておきますが、実力通りの点数が出る、安定した点数が出るというだけで

 

これをやれば誰でも9割が取れるとか、そんなことはありませんからね。

 

というか、そんなものは世の中にありません。

 

9割取れる実力がある人は取れるし、ない人は取れないです。

当たり前のことです。

 

 

にほんブログ村 受験ブログへ にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
↑いずれかをクリックしていただくとランキングが上がります。ご協力をお願いします。

 

 

プロ家庭教師(大阪・奈良),オンライン家庭教師(全国)で、生徒を募集中です!

医学部受験・大学受験志望の中学生・高校生・浪人生の方は、ご検討下さい。

 

kiriのプロフィール
kiriの指導方針

オンライン家庭教師について
料金
お申込み

関東を中心に展開している塾の臨海セミナーが、同業である他の塾、19社に告発されたそうです。

 

 

臨海の社員から内部告発があったようですね。

塾の闇です。

 

 

以下、一部転載。

 

------------------------------------------------------

大手学習塾「臨海セミナー」を運営する「臨海」(神奈川県横浜市)に対し、同業他社が業務改善などを求める申入書を送付していたことが2020年12月8日、関係者への取材で分かった。

 

臨海社員による「当社が行っている強引な生徒勧誘や合格者作りの手法には社会的に容認できない」などとする内部告発を受けての措置で、早急な対応を求めている。

 

臨海セミナーでは塾生から「『学校の友人の中での成績優秀者』の名前・塾名・志望校など」の個人情報を聞き出し、それをリスト化している。

 

掲載された成績優秀者には、塾生を通じて模試やアンケートを渡し、模試や講習などの申し込みにつながれば、塾生は金券類がもらえる。

 

「個人情報の利用目的を明確に告げていない点、相手の生徒及び保護者の同意を得ることなく、挙げられた情報を蓄積している点で違法の可能性が高いといえます。

 

生徒を導く立場にありながら、法的知識の不十分な未成年の生徒を、違法ともいえる個人情報収集に利用しているという点においても、極めて問題があるものと思料します」と強く非難する。

------------------------------------------------------

 

臨海に通う生徒から、優秀な生徒の情報を聞き出し、営業をかけるということですね。

申し込みにつながれば、情報を提供した生徒には金券をあげる、と。

この個人情報を、本人やその親の同意を得ずにリスト化していることが違法にあたる可能性がある、ということですね。

 

ただ 正直これなら、他の塾もやってる気がしますけど。

なんなら、この告発した19社にもそこそこ含まれていそうな気が・・・(^_^;)

 

なので、他塾が訴えている本当の原因は次の部分だと考えられます。

 

------------------------------------------------------

さらに入試直前には、他塾に通う生徒を籍はそのままで「特待生」(難関校の受験、結果の報告、広告掲載などを条件に、授業料が一定額免除される制度)として勧誘しているとも指摘。

 

もしこの生徒を合格実績としてカウントしている場合、「自塾の合格実績だけを増やそうという意志を強くもった組織的な行為と考えられ、モラルに欠ける行為と言わざるを得ません」と切り捨てた。

------------------------------------------------------

 

多分、この特待生というものが他塾の逆鱗に触れたのではないか、と思います。

他塾に籍を置いている生徒にも関わらず、生徒を勧誘し、授業料を免除し、授業を受けさせ、合格実績に加えている、ということですね。

 

もりてつ先生によると、これも別に臨海だけではないとの話ですが・・・。

 

3:55くらい。

 

 

------------------------------------------------------

全国の学習塾でつくる「全国学習塾協会」が定める自主基準では、合格実績に含むことのできる塾生徒の範囲を「受験直前の6か月のうち、継続的に3か月以上在籍し、かつ受講時間数が30時間を超える」としている。

 

大手学習塾が公式サイトで公表する合格実績には、

 「(上記の自主基準に該当しない)講習・体験・テスト・その他講座のみを受講した生徒は一切含んでおりません」(栄光ゼミナール/中学入試) 

「模試だけの生徒や短期講座のみの生徒は含まれていません」(河合塾Wings/高校入試) 

「合格実績に講習生を含めるなど論外です。短時間の講習を受けただけの合格者を予備校の実績とすることは適切ではありません(中略)通期講座1講座以上にあたる教育サービスを受けた生徒のみを対象とした、厳格な合格実績としています」(東進ハイスクール/大学入試)

 などと生徒の定義を示しているケースが目立つが、臨海セミナーは中、高、大いずれも見つからない。

------------------------------------------------------

 

とは各社 言いますが、本当のところは分かりませんよね。

もりてつ先生の、この部分を読んだときの、何か言いたげな場面が気になりますね(4:41くらい)。

 

部分部分だけを聞くと、塾ではよくある話のような気もしますが、この臨海セミナーというところは中でもブラックな体制で、やりすぎだったため、歯止めがかけられた、というところでしょうか。

 

今どき、塾の進学実績を真に受けている人なんているのか?

進学実績だけを見て塾を決める人なんているのか? という気もしますが。

 

コバショーさん的には、今までの既存の塾業態が限界を迎えつつある、と語っておられます。

 

動画の9:09くらい。

 

かつて、四谷学院の「なんで私が京大に?(阪大に?)」の広告で、偏差値29から難関大学に合格した子を載せていました。

ですが、その生徒は、実は超進学校の東大寺の出身だったことが発覚して、炎上したそうです。

 

では、なぜそのように広告をうつかというと、結局 その方がウケるから、ですよね。

現実を書くよりも、夢を見せた方が大多数は飛びつきます。

 

夢というのは、現実を踏まえた上で持つものだと思うんですけどね。

 

このような件があったからといって、臨海セミナーや四谷学院の先生が全員ダメなのか、他の塾の先生が全員良いのかというと、全くそんなことはありません。

営業の仕方に問題があっただけで、先生は無関係。

結局、どこも良い先生もいれば、悪い先生もいます。

 

学校も塾もそうですが、表面的な情報に踊らされるのではなく、しっかり調べて、目的意識を持って通うことが大事ですね。

 

 

にほんブログ村 受験ブログへ にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
↑いずれかをクリックしていただくとランキングが上がります。ご協力をお願いします。

 

 

プロ家庭教師(大阪・奈良),オンライン家庭教師(全国)で、生徒を募集中です!

医学部受験・大学受験志望の中学生・高校生・浪人生の方は、ご検討下さい。

 

kiriのプロフィール
kiriの指導方針

オンライン家庭教師について
料金
お申込み

慶應義塾大学が、東京歯科大学と吸収合併するそうです。

 

 

これにより、2023年度から、慶應に歯学部が誕生します。

 

東京歯科大学は、偏差値55くらいなので、すごく難しいというわけではありません。

ですが もし、今年度以降、東京歯科大学に入って卒業すれば、慶應大学卒になります!

 

なので、今年度から偏差値が上がるのではないか、とコバショーさんがおっしゃられています。

 

ちなみに、私は現在は、大阪市立大学卒ですが、

2022年度より、大阪市立大学と大阪府立大学が統合して、大阪公立大学という名称になります。

なので、2022年度以降は、大阪公立大学卒、ということになりますね。

 

知らない人が見たら、「どこやねんその大学」って言われそう。

まぁ大阪市立大学もそれほど有名ではないでしょうけど(^_^;)

 

 

にほんブログ村 受験ブログへ にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
↑いずれかをクリックしていただくとランキングが上がります。ご協力をお願いします。

 

 

プロ家庭教師(大阪・奈良),オンライン家庭教師(全国)で、生徒を募集中です!

医学部受験・大学受験志望の中学生・高校生・浪人生の方は、ご検討下さい。

 

kiriのプロフィール
kiriの指導方針

オンライン家庭教師について
料金
お申込み

ここのところ、赤チャートを使用する学校を見かけるようになりました。

 

 

奈良の中高一貫校では、東大寺と西大和ですね。

 

一昔前は、青チャートやフォーカスゴールドを使用していましたが。

 

 

 

 

数研出版が、フォーカスゴールドに押され気味だったのを焦って売り出し始めたのか?

よく分かりませんが、本当に最近、よく見かけるようになりました。

 

 

赤チャートって難しすぎるんじゃないの?

青チャートでいいんじゃないの?

という疑問をお持ちの方も多いようです。

 

 

結論をいえば、今から買うという場合は、青チャートでいいと思います。

ただ、すでに赤チャートを持っている場合は、買いなおす必要もないと思います。

 

どちらも、難易度が☆1個~☆5個まであります。

勘違いしてはいけないのは、☆1~☆3の問題は、やってる内容自体はそんなに変わってないということです。

 

チャートといえば、例題があって、すぐ下に解説が書いてあって、その下に練習問題がある、という流れです。

この例題の問題が、青と赤で全く同じものとか結構あります。

 

ただし、赤の方が、青よりちょっとだけ難しいものが採用されていることがあります。

 

例えば、二項定理を用いて値を求める問題では

 

 

 

青の例題(2)の応用問題的なものが、赤の例題になっています。

こういうのを初見でやると、どこが☆2やねん、って感じる人も中にはいるでしょうね。

 

こういうやや荒いものが含まれてはいますが、概ねやっている内容は同じです。

そして、全く同じ問題も複数ありますし、ちょっと数字が変わった程度のものも多くあります。

 

 

☆4~☆5になると、赤チャートにしかない問題がたまにあります。

 

例えば、これは赤のみです。

 

頻繁にあるかというとそうでもないですが、やはり各単元にいくつかはあります。

 

 

もちろんどの問題も、出来る方が出来ないよりもいいに決まっているのですが

例えば、1000問を中途半端にこなすよりも、500問をしっかりやり込んだ方がいいわけですね。

 

その子がやり込めるレベルに合わせてあげた方が、後々、学力は伸びやすいかと思います。

 

標準的な問題は、青で十分身に付きますので、今から買う人は青でいいかなぁと。

最初は青では少しハードルが高いと感じる人は、黄や白に下げるのもありかもしれません。

ただし、しっかりやり込んでくださいね。

黄や白にするという発想の人って、楽をしたいだけの人が多いです。

そんな人が難関大学なんて受かるわけがありません。

大体、数学できない子って、やり込みが足りないか、頭を使わずにやっているかのどちらかです。

 

で、すでに赤を持っている人は、さっき書いたようになんだかんだ、青とかぶっている部分も多いので、わざわざ買い替える必要はないかなぁと思います。

☆1~☆3とか、☆1~☆4にしぼって、やり込めばいいんじゃないでしょうか。

 

とにかく問題を解いてみて

「解答を読んでも何言ってるかさっぱり分からん」「一応の理解はしたけど、ただ覚えているだけの感じがする」

といった場合は、その問題を理解するレベルに達していないので、後回しにして、まずは標準的な問題をしっかりやり込んでください。

 

個別指導に通っていたり、家庭教師がついている場合は、問題選抜してもらうとよいでしょう。

 

 

にほんブログ村 受験ブログへ にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
↑いずれかをクリックしていただくとランキングが上がります。ご協力をお願いします。

 

 

プロ家庭教師(大阪・奈良),オンライン家庭教師(全国)で、生徒を募集中です!

医学部受験・大学受験志望の中学生・高校生・浪人生の方は、ご検討下さい。

 

kiriのプロフィール
kiriの指導方針

オンライン家庭教師について
料金
お申込み