【タイトル】 青い悪魔と黒い神使

【著者】 木枝 普

【発行所】 Project Be Silly

【概要】 20年前に断行された「学園破壊計画」をきっかけに、すっかり変貌してしまった私立南陵高校。ちょいエロでおポンチなJKたちが繰り広げる日常系学園コメディー小説。 この子たちは頭が良いのかバカなのか!?

◆目次◆

 第1章 青い悪魔と黒い神使

 第2章 学園破壊計画

 第3章 洋館校舎のやさくれ乙女

【読者の声】「すごいすね。ヘンタイと天才が混在している。振れ幅大きすぎてスゴイっす」

【規格】A5 右綴じ 394ページ

 ※画像はカバーの印刷原稿です。

去る8月3日、七夕神社(姫社神社)にて本作のバカ売れを祈願し、短冊を奉納しました。

なお、本作は、国立国会図書館に納本してあります。

 

 

 

令和元年8月25日に開催されるCOMITIA129(於:東京ビッグサイト青海展示棟)の参加が決定しました。

当日は、年齢制限にかからない程度のちょいエロな作品を用意し、AホールR23bで皆様のご来店をお待ちしております。

参加申し込み完了です。先着枠での申込でしたので、出店希望者多数で抽選になっても我が社の当選は確実です。