東京で年に発生する痴漢件数は1800件。
ですが、このようにデータとして表に現れた痴漢行為は氷山の一角にすぎず、
泣き寝入りが多いと言います。
警視庁のデータによると東京・名古屋・大阪に居住し、
通勤・通学のために電車を利用している16歳以上の女性2221人のうち、
「過去1年間に電車内で痴漢被害に遭った」と回答した女子は304人、実に全体の13.7%。

そのうち「警察に通報・相談していない」と回答した女性は271人。
実に被害女性の9割近くが泣き寝入りをしていることになったのです。


〇混雑する時間にターゲットを絞る痴漢犯罪

痴漢犯罪の行なわれる場所として多いのがやっぱり電車内。
警視庁のデータによると圧倒的に「電車内」が多く、
内訳は「電車が52.7%」「駅が19.4%」「店舗内が11.5%」
「路上が8.8%」「バスが0.5%」「商業施設ビルが1.8%」「その他が5.3%」となっています。

そして、痴漢が発生する時間帯として一番多いのは朝の8時半頃。
9時に始業する会社に合わせて電車が一番混んでいるとき。
そのため、事前に綿密なリサーチをして犯行におよぶ者もいますので注意が必要です。

そして…一年間のうちに一番多い月が6月なのですが、
その理由は何でしょう??

 

 

 




【答え】
女性の薄着が増えてくるため



【解説】
女性の薄着が増えてくる4月辺りから相談件数は増え、
毎年6月がピークを迎えます。

痴漢をするきっかけとして多いのが、ふとした瞬間。
たまたま満員電車の中で女性に手や身体の一部が触れたときに、
柔らかくて気持ちよかったという人たちが多いという。

対して「いつも想像してた痴漢を今日こそやってみよう」と
意を決して行ったという人は意外と少なく、
人込みでは知らない男性の近くに、極力いないということも、
痴漢から身を守ることに一つです。

 

Hulu

 


行きたいところに行けないコロナ禍。
アフターコロナでも、その状況は2,3年続くと思われています。
人は抑制されるとどうなるのでしょう??

その逆を行きたくなる。
「押すなよ押すなよ」とバラエティ番組で連呼するほど
押したくなる現象と同じで、
ここ絶対見るなよ。あそこには行ってはダメと言われるほどに
行きたくなるのがDNA。

しかし、コロナ禍では海外旅行に行きたくても、ムリ。
そこで、この先何が求められるのかというと…
行った気になること。

そんな気分にさせるには、
どうしたらいいのでしょう。
 

 

【HIS】旅行プログラム

 

 

例えば、今回ご紹介するコカコーラのプロモーション。

結論から言うと…
各国のコーラを飲み比べ出来るというもので、
至ってシンプルなものではありますが…



〇ラスベガスで世界の「コカ・コーラ」飲み比べ

ラスベガスにある、コカ・コーラの公式ショップ。
世界最大という高さ約30mのコークボトルがインスタ映えで人気なのです。
そして、それよりも人気なのが、
世界中で販売されているコカ・コーラ。
実は世界各国で限定のドリンクがあります。
世界各地を回って限定ドリンクを味わうのはなかなか難しい。

しかし
ラスベガスの公式ショップでは飲み比べができるのです。

2階にあるカフェコーナーで、世界中で販売されているご当地ドリンクの中から
16種類がテイスティングできるドリンクセットで価格は10ドル。
「アラウンドザワールドトレイ(Around the World Tray)」。

注文すると2角に段重ねのトレイで渡され、
全16種類のドリンク飲み比べができます。

例えば…
タンザニアの「Stoney Tangawazi」(ジンジャーエール風)
ウガンダの「Fanta Exotic Fruit Punch」(甘いピーチ味)
マダガスカルの「Bon Bon Anglais」(バナナの香り)
アメリカの「Frestea Honey Green Tea」(ハチミツ味のジャスミンティ)
韓国の「Minute Maid Joy Apple Lycheee」(フルーティ)などなど




飲み比べ出来るのは、嬉しいのですが、
これで旅行に行った気にはなりません。

なりませんが、旅行とは・・・
旅を計画する段階からその楽しさは始まり、
次はどこに行こう!!という
話のきっかけになり、その地域のPRにもなりますよね。

 

 

 



〇アフターコロナで地域活性に生かすには

飲み比べでコカコーラが上手いところは、、、
その国がイメージできる味付けにしたところ。
例えば、こちらの3つを見てみますと、、、

タンザニアの「Stoney Tangawazi」(ジンジャーエール風)
ウガンダの「Fanta Exotic Fruit Punch」(甘いピーチ味)
マダガスカルの「Bon Bon Anglais」(バナナの香り)

行ったこともないのに、なんだかイメージ通りの
それっぽい味付けになっていますよね。
これが何を意味するのか??

例えば、
同じ飲み比べで、日本酒があり、
その県のお酒を飲んだ方も多いと思いますが…
甘口、辛口、フルーティというおいしさの概念のみで、
県を連想させるというものがありません。
もちろん、このお酒が美味しかったから、
この県を訪れてみようというものはありますが、県にとってのPRは効果は薄いです。


アフターコロナで、わが地域に来てもらうには、
仕込むべきチャンスは今です。
外にPRを打てない状況の中、やるべきことは連想PR。

例えば、他県と協力して、一緒にPRしてはどうでしょう。
もうライバルではありません。
ワインでも、山梨県と長野県が協力し、日本のワインとしてPRし世界に打ってでる。
また、どっちかの地域だけの訪問でも、連想させるべきものを仕込む。

行政同士の連携は難しいかもしれませんが、
運命共同体でPRしなきゃ、アフターコロナで太刀打ちできないのではないでしょうか。

 

 

 

リクナビNEXT

 

 

コロナ対策の消毒としてメチルアルコールとエチルアルコールの
違いは、以前のブログにてご紹介させて頂きましたが

本日は、アルコール消毒液・除菌液としてよく耳にする
「次亜塩素酸水」と「次亜塩素酸ナトリウム液」。

アルコール同様、名前は似ているのですが、
成分や性質は大きく異なり、
誤って使用すると健康被害におよぶ可能性があります。



〇次亜塩素酸水とは??

「次亜塩素酸水」は、塩化ナトリウム水溶液を
電気分解するなどして作られたものです。
新型コロナウイルスの消毒目的で利用が広がっており、
自治体でも導入が進められています。

2002年から食品添加物として認可されたもので、
身近なところでいえば野菜類等の殺菌に使われています。

食品添加物となっているくらいだから安心??
これまでの消臭、除菌に使われてきたから、
ウイルスにもきっと有効だよね??
と思いたいところですが、

空間除菌のために、加湿器などを使って次亜塩素酸水を
空気中に噴霧することは控えた方が良いのかもしれません。

次亜塩素酸水は食品添加物ではあるのですが、
多くの安全性の根拠は曖昧なままです。
なぜなら、食品添加物等の規格基準によれば「次亜塩素酸水は、
最終食品の完成前に除去しなければならない」とあるから。

また、
次亜塩素酸水の生成には高額の専用装置(ほとんどが業務用)が必要なため、
家庭で作るのは一般的ではありません。

コロナに対しては2020年4月15日の時点で、
独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE)によると、
有効性についてはまだ未定となっており、
「有効性がある」「有効性がない」などと断定することはできないのです。

https://top-brain.net/air-atom2/

次亜塩素酸水をやめた鳥取県


〇次亜塩素酸水使用時に注意すること

金属製(鉄、ブリキ、銅など)の容器は錆びる可能性があります。
次亜塩素酸水には使用期限があり、その濃度は、時間経過にともなって低減します。
次亜塩素酸水は紫外線によって分解されるため、遮光性の容器に入れるか暗所で保管する必要がある。



〇次亜塩素酸ナトリウム液とは

一方の「次亜塩素酸ナトリウム液」は、ハイターの原料である
塩素系漂白剤等を希釈して作られたもので、
以前から、住居内の消毒で比較的よく使われている商品です。

厚生労働省のサイトによりますと、
家族に感染が疑われる場合に家庭内で注意したいことについての解説があります。

そこに手で触れる共用部を消毒する際に、
具体的なやり方のひとつに「共用部分(ドアの取っ手、ノブ、ベッド柵など)は、
薄めた市販の家庭用塩素系漂白剤で拭いた後、水拭きしましょう」とあるのです。


〇次亜塩素酸ナトリウムを主成分とした漂白剤を使っていれば安心??

例えば、次亜塩素酸を加湿器に入れて空間を消毒しようとしたり、
マスクに噴霧して使用するなど本来の使い方と異なる使い方をした場合、
ちょっと危なくなる可能性があるのです。
例えば、次亜塩素酸ナトリウムが主成分の塩素系漂白剤を加湿器に入れ
噴霧し、口に入ったり、目に入ったりするとどうなるのでしょう。

公益財団法人日本中毒情報センターの
塩素系漂白剤の項によると
「飲み込んだ場合は、口の中、のどから胃のあたりまでただれて痛くなり、
ついには物を飲み込めなくなる恐れがあります。
吐き気や嘔吐も起こします。原液や濃厚なものが眼に入ると、
ひどい場合は失明する危険もあります。


次亜塩素酸ナトリウムを主成分とする台所用漂白剤の説明を見ると、
目に入らないように、飲み込んだら、皮膚についたらとさまざまな注意書きがあり、
換気の良い場所で使うようになどと細かく注意が書かれています。
そのため、日常品にも関わらず、使い方を間違えると
身体に重篤な影響を及ぼすこともある薬品なのです。

最近は消臭剤を利用、室内への化学製品の噴霧に慣れている人もいるが、
安易に噴霧して空気が消毒できるとは思わないことがポイントです。


〇次亜塩素酸ナトリウム液使用時に注意すること

・家庭用手袋等を着用し、直接手で触れないように使用する
・消毒作業以外には使用しない
・使用時は十分な換気を行う
・乳幼児の誤飲に十分注意する
・他の薬品と混ぜない
・金属部位に使用する場合は、劣化する可能性あり
・スプレーボトルでの噴霧はNG



【参考サイト】
「次亜塩素酸水」現時点では有効性は確認されず NITEが公表(NHKニュース)
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200529/k10012450841000.html

NITEが行う新型コロナウイルスに対する消毒方法の有効性評価について(製品評価技術基盤機構)
https://www.nite.go.jp/information/osirasefaq20200430.html

「次亜塩素酸水」等の販売実態について(ファクトシート)(製品評価技術基盤機構)
https://www.nite.go.jp/data/000109500.pdf

 

 

緊急事態宣言終了後、東京都で感染者が増加しています。
もちろんPCR検査の数が増えているという統計のマジックもあり、
一概に感染者増加中という訳ではありませんが、
減少していないことは確かなことです。

夏になると…感染拡大は収まる??
なんて思われていましたが、
夏に向けて注意が必要なのが「冷房クラスター」。



〇ソーシャルディスタンスだけでは不十分なコロナ対策
 

東京都における、最近の新たな感染者を見てみますと…
ほぼ半数がホストクラブやキャバクラなどの関係者。

こうした室内での感染者が、今、各地で相次いでいます。

北海道の小樽市で6月28日、14人の感染は「昼カラ店」。
埼玉県や栃木県のキャバクラでも複数の感染者が出るなど
室内クラスターは深刻化しています。

これまでのコロナの常識として、飛沫感染を防ぐことが最重要とされており、
空気感染は少ないのでは??と思われていました。
2メートルの対人距離確保の推奨は、主要な新型ウイルス対策の一つとなってきたのですが…

しかし、世界の科学者239人は7月6日、
同ウイルスが空気中で2メートルよりはるかに遠くまで広がることを示した意見書を発表。

そのため、仮に人と接触していなくても
エアコンの空気循環で感染する恐れが懸念されています。


〇空気感染の可能性

WHOのテドロス事務局長の発表によると、
世界では1週間で新たに40万人の感染が報告されており、
流行減速の兆しは見られないと指摘。
テドロス氏は「流行は加速しており、パンデミック(世界的な大流行)の
ピークに達していないことは明らか」と説明。
「世界の死者数は横ばいになったように見えるが、
実際には一部の国が死者数抑制で大きく前進する一方で、
他の国では死者数が依然として増加している」と述べた。

飛沫や接触による感染に主眼を置いた従来の対策に加え、
公共施設に換気設備などを導入するよう求めています。

WHOの公開書簡によると、
新型コロナ感染経路に関するこれまでの研究で、
飛沫や接触を通じたものでないとみられる感染が報告されていると指摘。
インフルエンザと同様、新型コロナも「同じ場所にいる人々が(空気中に漂う)ウイルスを吸い込み、
感染し発病する可能性がある」と警鐘を鳴らした。(c)AFP

そもため、空気を循環させて室内温度を調整するエアコンにおいて、
コロナウイルスの感染者が中にいると、接触しなくても感染する可能性は高くなるのです。



〇冷房クラスターの対策とは

これから夏の暑さが厳しくなりますが、
施設に入る時は、しっかり換気がされてあるのか確認したいところです。

私たちが出来ることとしては、
冷房をつけたうえで、すべての窓を開け換気を行いましょう。
その時、気を付けたいポイントとしては…

昭和大学医学部・二木芳人客員教授によると
空気の流れを作る事。
換気はもちろんのこと、サーキュレーターや扇風機を使って、
空気を外に出すことを心がけたいところです。

しかし、
換気ばかりに気をとられると、気温が上がり熱中症をおこす恐れがあります。
もちろん家族だけや、1人の時は換気をする必要はありません。


 

 

新型コロナウイルスの対策として、
身近なものに抗菌、抗ウイルスのスプレーがあります。

さて、この2行で文章ですでに間違いがありますが、
どこか気づきましたか??

現在、私たちが闘っているのはコロナウイルスであり、
ウイルスは菌ではありません。

菌というのは細菌のことで、
菌は細胞を持ち、栄養を摂取してそこからエネルギーを生産。
その後、細胞分裂を繰り返すことで生存、増殖を行っていく生物ですが、
対してウイルスは、細胞がなく、栄養を摂取したり、
エネルギーを生産することはなく、自力で動くことも、
単体で増殖することもできないため、生物とは言い切れないと言います。

そのため、コロナ対策における
抗菌、殺菌、除菌という言葉は当てはまらないのです。

では、ウイルスに対してはどのような言葉が適切なのでしょうか。
一般的には消毒があり、もう少し踏み込むとウイルスの構造を破壊するという意味の
「不活化」があります。
そうなんです。
 

間違ってもコロナウイルスを「殺菌」することはできません。
ですが、
この辺りを誤って記載されている情報が多く、
気をつけなきゃいけないのが、その情報の真贋。

今、コロナ対策で様々な商品が登場しています。
しかし、それを鵜呑みにしてしまうと
危険な目にあう可能性があるので注意が必要な訳なのです。


「エチル」と「メチル」の違いとは

ウイルスを不活化させる代表的なものとして、アルコール消毒液があります。
一般的によく知られているのがエタノール(エチルアルコール)。
手指の消毒用のジェル、スプレー類やキッチンの除菌剤によくありますが、
同じ同じアルコールで「メチルアルコール」があるのをご存知ですか。

メチルとエチル、非常に紛らわしい名称だが、この2つは全く別物。

例えば、この2つを知らずに、メチルを購入し、
消毒しましょう!とスプレーで噴霧する人がいますが、
これは絶対にNGです。

 



メチルアルコールは引火性が強く、噴霧したところに
引火したら大惨事になりかねません。
量にもよりますが、摂取すると吐き気やめまい、
昏睡などの意識障害を起こす危険があり、
さらに症状が進むと失明、落命の恐れすらあるのです。


そんな危険なもの販売してないでしょ??
と思うところですが、
メチルアルコールは消毒用エタノール、無水エタノールと並べて
ドラッグストアなどで売られていることが多々あります。
安価なこともあり、「アルコール」という言葉に安心し
購入すると大変なことになりますので、決して買わないようにしましょう。

 

 



※東京消防庁による「消毒用アルコールの取扱いについて」
火災などを引き起こす可能性があるとして注意を促す告知文をご紹介しておきます。

https://www.tfd.metro.tokyo.lg.jp/hp-kouhouka/pdf/020417-2.pdf

 

 

アルコール消毒液が合わない方へ

 

 

ほぼ毎日アルコールを皮膚に噴射すると

どうしても皮膚にダメージが残ります。

皮膚に直接かかった場合、ただれてやけど状態になり

コロナウイルスにかかる前に、アルコール消毒に苦しむ人が多くいます。

そのような方にお勧めしたいのが、こちらのAirAtom。

 

銅イオンがコロナウイルスを不活化させることは、実証済みで

飲んでもOKなくらい人体に影響はありません。

そのため肌にも優しく、コロナ対策として今注目されているものなのです。

 

詳しくはこちらのWebサイトでご確認下さい。

キャリア9ペーパー

https://top-brain.net/airatom/