【問題】

 

サッカーでのルール違反で、警告を表す「レッドカード」や

「イエローカード」をご存知だと思いますが、

実はこのカード、サッカーの歴史から見ると、比較的最近できたシステムで、

それはメキシコ五輪で誕生しました。

それ以前のイングランドやイタリアのプロサッカーリーグなどでは使われておらず、

メキシコ五輪において、ある不備を解消する目的のために使われ始めたのですが、

ではその目的とは何でしょう?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【答え】

同じ言語を話さなくても伝えられるため

 

 

【解説】

サッカーというスポーツができたのは、1863年(FAの創設)。

イエローカード、レッドカードが誕生する以前は口頭で注意していたのです。

 

〇アイデアは身近なところにある。カード誕生のエピソード!

 

「口頭で注意」をしていた時代に開催された

1966年のFIFAワールドカップイングランド大会における、

イングランド×アルゼンチンの対戦のときのこと。

 

サッカーの母国イングランドと、南米屈指の強豪国アルゼンチンによるこの試合は、

のちに「ウェンブリーの戦争」とも呼ばれ、2人の退場者を出す荒れた試合内容でした。

イングランド代表は英語、対するアルゼンチン代表はスペイン語、

その両者をさばくレフェリーはドイツ語。

 

事態収集には困難を極めました。

後にイギリス王室から勲章を受ける、イングランド人の「ケネス・アストン」は、

この大会の他の試合でもレフェリーを務めていた人物です。

 

試合が荒れた原因が「共通の言語が無いこと」であると感じていたアストンは、

試合後そのことを考えながら家路につきます。

 

なにかいい解決策はないのだろうか…。

荒れた試合を振り返りながら自宅へ車を走らせるアストン。

 

 

信号機が青から黄、そして赤へ…。

 

「こ、これだっ…!!!」

 

信号機という何気ない日常の風景をヒントにし、

言語を使わなくても色のついたカードを提示することで、選手、

さらには観客にもハッキリ伝えることができるのではないかと思いついたのです。

 

これがきっかけとなり、1970年メキシコ大会から正式採用された

「イエローカード&レッドカード」というルール。

 

さらにこの時期、世界ではテレビが白黒からカラー放送に変わりだしこともあり、

色で意思表示をする黄色と赤の2枚のカードは、

色を認識できるカラーテレビのおかげで一気に世界中に広がることにつながったのです。

サッカーの母国イングランドは、イエローカードとレッドカードの母国でも

あったわけです。

 

 

〇ちなみに、、サッカーボールが黒と白になったの元祖は日本だった!?

 

白黒サッカーボールの前と言えば、、

天然の革で作られていたこともあり、ボールの色もそのまま天然の革の色。

つまり茶色一色のボールだったのです。

 

 

 

古くからサッカーが盛んだったヨーロッパでは、

当時から芝のピッチでプレーをするのが普通だったので、

茶色いボールでも特に問題はなかったのでしょう。

ところが、我が国・日本には、昔は土のグラウンドしかありませんでした。

そこで茶色いボールを使ってプレーをすると…、ボールが見えづらいですよね。

そこで、土のピッチでも見やすいボールとして、

お馴染みの白い六角形と黒い五角形を組み合わせたデザインのボールを、

日本のメーカーであるモルテンが、1966年に初めて作って世に出したのでした。

 

 

 

〇その後、、白黒のサッカーボールはテレビ放送と共に全世界に普及

 

モルテンが作った白黒のデザインのボールは、

その形状が非常に理にかなった球形に近いボールであったことと、

どんなピッチコンディションでも見やすい視認性の良さで、

瞬く間に日本中に広まりました。

そして、この優れたボールが、

1970年のメキシコW杯において、初めての公式試合球として採用され、

その後の世界のサッカーボールの主流となっていったのです。

世界初のW杯公式球テルスターの誕生です。

この白黒のボールは、テレビで非常に見やすくて好評だったことから、

Television star”と名付けられました。

 

【問題】

冬場に活躍するダッフルコート。

韓国は日本より寒いこともあり着用率が高く、

韓流ドラマでもよく見かけることがあります。

 

1994年に放送されたドラマ「応答せよ1994 」によって

レトロなファッションがブームとなったのです。

若者はソン・ナジョン(コ·アラ)のお気に入りに熱中している中で、

その当時「 X世代」と呼ばれた人々が好んで着た服でした。

 

そのダッフルコートですが、韓国ではダッフルコートと呼ばずに

ある別の名前が定着しています。

それは韓国っぽさを表現している名前なのですが、

ではその名前とは何でしょうか?

 

 

 

 

 

 

【答え】

トッポギコート

 

【解説】

ダッフルコートのトグル(留め木)の形が、

人気のおやつ「トッポッキ」に入っている細長い餅と

似ていることからついたと言われます。

 

 

 

ちなみに、、、

〇ダッフルコートの留め具、どうしてボタンではなく木なの?

 

ダッフルコートにはベルギーのダッフルという町で織られた

厚手のメルトン生地が用いられました。

 

フード付きで裏地は無し。 フロントを留めるのは「トグル」と「ループ」です。

実用一点張りのこのコートは、手袋をしたままトグルの留め外しが可能で、

もともと北欧の漁師の防寒着だったのです。

そのため木が便利でした。

 

トグルは船上に有る木製の道具や漁具を小さく削って作り、

ループは漁網やロープを短く切って作られました。

 

ちなみに、、

ダッフルコートには、作業しやすいように脇にスリットが入っています。

ボタンではないので前合わせを、左前・右前に変えることが出来ます。

風の強い船の上で、風向きによって前合わせを変えられる工夫がなされています。

寒さに対して色々な工夫をしてあるコートなのでした。

 

 

その後、、

1863年ごろ、南極大陸探検用装備品として海軍正式記録に

ダッフルコートの名前が出てきます。

ダッフルコートは軍艦の甲板に常備され、海軍の共用防寒着として

複数の人間が使い回す装備品のひとつとなりました。

 

そして、

第二次世界大戦時、英国海軍が軍服として着用した事から世に広まったのでした。

 

 

その他の面白雑学はこちらで!!

https://www.quizbank.biz/

 

 

 

【問題】

ジャンプの高さや優雅さや華やかさを競う競技のフィギュアスケート。

衣装もきらびやかで、冬の人気スポーツなのですが、、、

実は、そもそもフィギュアスケートは、

今とは違いあることを競う競技でした。

では、そのある事とは何だったのでしょう??

 

 

 

 

 

 

【答え】

表情に図形を描くこと

 

 

 

【解説】

 

「フィギュアスケート(英: figure skating)」 というのは、もともと、

姿かたちの美しさを競う競技ではなく、

氷の上に、いかに正確な図形を描けるかを競うものでした。

 

フィギュア(英: figure)は、その名の通り、図形という意味だったのです。

 

 

〇スケートの歴史とフィギュアスケートの始まりとは??

 

フィギュアスケートの起源は明確になっていませんが、

マンモスやシカなどの骨を削ったスケートが旧石器時代から

使われていたとされています。

 

もちろんこの頃のスケートは、ソリなどと同じく物資や狩りをした後の

食料などを運ぶ手段として、使用されたと想像されています。

 

 

その後時代は進み、中世の頃にはオランダやイギリスなど、

水深の浅い氷が張った沼沢地帯でスケートの文化が発展していきます。

12世紀頃からオランダで運河の建設が始まり、

17世紀にはその完成した運河が凍ると、現在のアイスリンクのような氷が張り、

あらゆる人々がスケートを楽しむといった文化が発達していきます。

 

 

しかし、ここでスケートは大きな分岐点を迎える。

農民階級の人々は早く目的地に到着するスピードを重視し、

貴族階級の人々は滑り方の芸術性や優雅さといったスケートを楽しむようになります。

 

ここから娯楽として一本道だったスケートの文化が、

フィギュアスケートとスピードスケートに分かれて発展していくきっかけとなりました。

 

 

 

〇世界初となるフィギュアスケートのクラブとヨーロッパでのブーム

 

オランダでのフィギュアの原型となったスケートの滑走術は、

海を渡って1660年にイギリスに伝わります。

“ダッチロール”と呼ばれたオランダ貴族の滑り方と、

シルクハットとモーニングの衣装を着て滑る独特の

スタイルはイギリスでも大流行しました。

 

 

 

 

Dutch roll「オランダ式円運動」

 

両手を前に組み、背筋をピンと伸ばし、片脚のアウトエッジで滑りながら、

もう片方の脚は後ろに伸ばし、円弧を描きながら滑走する。

 

そしてエディンバラに世界で初となるクラブの

“エディンバラ・スケートクラブ”が1742年に誕生します。

それまで主流だった優雅な姿勢のスケートから、

曲線を描くような滑りのスタイルへと変化していきます。

 

ドイツでもスケートのブームが起こり、

グーツ・ムーツが1773年に青少年の体育の著書を発表し、

フィギュアスケートがスポーツとして親しまれます。

またドイツだけでなくフランスでも、フィギュアスケートの滑り方などの

著書が発表され、ヨーロッパの各地でフィギュアスケートの原型が発展していきます。

 

19世紀に入ると、イギリスでは優雅な滑走スタイルよりも、

より難易度の高い滑り方やターンなどに力が注がれ、

今はなき種目のコンパルソリーフィギュアの原型へと発展していきます。

 

 

〇日本にも伝わったフィギュアスケートとは

ヨーロッパでブームとなったフィギュアスケートは、

アメリカにも伝わり独自の進化を続けます。

1877年には日本にもアメリカからスケートが伝わります。

当初は外国人の娯楽に過ぎませんでしたが、1897年(明治30年)頃、

米国人のデブィソンが仙台城の堀である五色沼で子供達に

フィギュアスケートを教えました。

これが日本でのフィギュアスケートの発祥とする説があります。

1909 年(明治42年)頃には、(旧制)第二高等学校の生徒が、

ドイツ語教師ウィルヘルに フィギュアスケートの基本を習い、

彼らの後輩を含めて各地で普及に努め、

日本スケート界の功労者といわれました。

 

1908年に行われたロンドンオリンピックでは、フィギュアが競技種目に取り入れられ、

やがては冬季オリンピックへの開催につながっていく。

そして1952年にはアイスダンスもフィギュア大会の正式種目に認定され、

フィギュアスケートの種目が男子シングル・女子シングル・ペア・アイスダンスと

いった今の形になったのでした。

 

 

【問題】

盛り上がりを見せる東京オリンピックと並び第16回パラリンピック。

オリンピックの発祥はアテネと言われていますが、、

パラリンピックはそもそもいつからでしょう。

実はロンドンオリンピックからで1948年でした。

当初ある職業の人を対象に始められた大会だったのですが、

ではその職業とは何でしょう?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【答え】

軍人

 

 

【解説】

ストーク・マンデビル病院内で16名(男子14名・女子2名)の

車いす患者(英国退役軍人)によるアーチェリー大会を開催。

これがパラリンピックの原点。

 

 

主に脊髄を損傷した兵士を対象に実施され、1952年には国際大会になりました。

 

1960年にイタリア共和国のローマで開催された大会が

1回パラリンピック大会と位置づけられました。

 

「パラリンピック」と呼ぶようになった1988年のソウルパラリンピック大会から。

静止画像で大会が開催された紹介はありましたが、認知度は低かったようです。

 

 

では、そもそもパラリンピックの目的とは何だったのでしょう??

 

それは・・・

第二次世界対戦で負傷した兵士のリハビリテーション。

 

「治療・出術よりもスポーツで社会復帰」の理念で始められました。

スポーツを介してリハビリテーションを実施し負傷兵の社会復帰を目的にしていました。

 

当時、脊髄損傷が死の宣告とみなされていた時代でした。

第二次世界大戦前は、ほとんどの脊椎損傷者が3年以内に死亡していました。

 

そして彼らは死ぬまでの間、ほとんど世間から見放され、

忘れられ、人生の敗者も同然でした。

 

そんな中、1944年、医師のルードウィッヒ・グットマンが

イギリスにストーク・マンデビル病院を開業。

ナチスドイツから亡命したユダヤ人のグットマンは神経科医で、

下半身不随の治療を志していました。

 

しかしグットマンは、これまでの神経科医たちと異なり、

障害者の肉体面だけではなく精神面に注目。

 

脊髄損傷を負った人々の最も大きな問題が、

社会から見捨てられ、ベッドに置き去りにされ、

当然ながら鬱状態になることだと気がついたからだ。

 

そこで患者たちに何か新たなもの、

つまり「希望」を持たせるために精力的に動き出した。

 

それまで勤務していた病院では、脊髄損傷者たちはもう二度と歩けない、

死ぬしかない、と言われるのが常でした。

しかし、このセンターの看護婦たちには

「大丈夫、私たちがあなたを立てるようにしますからね」と言われるようになった。

 

1945年のある日。

「杖でアイスホッケーのパックを打っているの患者」を見かけた。

グッドマンは閃いた。

「試合、スポーツ、それが我々に必要なものだ」。

 

 

 

 

ほどなくして、患者たちはダーツやアーチェリー、スヌーカーの試合をするようになった。

さらにグットマンは彼らを、車椅子ポロ(若干荒っぽくなりすぎたが)や

車椅子ネットボールなど、チームプレーの試合をさせてみた。

こうした試合を通して、患者たちは自分たちがまだ人間らしさを

失ってはいなかったこと、自信を失う必要はないことに気づいた。

この試みは成功だった。

 

やがてグットマンは、さらにもっとできることがあると考えた。

19487月、ロンドンオリンピックの開会式と同じ日、

グットマンは16人の退役軍人男女をアーチェリーの試合で競技させた。

これが国際ストーク・マンデビル競技会の初回として知られています。

 

その後20年にわたり、毎年行われ競技会の種目と参加者は増え続けていった。

1952年にはオランダ退役軍人たちが参加して国際ストーク・マンデビル競技会が誕生。

1954年までに、この競技会には7種目の競技に14カ国から250人が参加することに。

 

そして1960年までにはストーク・マンデビルからローマに会場を移した。

現在ではそれが正式な国際パラリンピック大会の初回とみなされています。

当時は単に第9回国際ストーク・マンデビル競技会と呼ばれていました。

 

 

その他のそもそもストーリーはこちらで

https://www.quizbank.biz/

 

 

佐賀県にある

見えない世界遺産!!として有名な三重津海軍跡地。

 

https://www.youtube.com/watch?v=lhOsM0XNZDM

 

私も福岡から電車とバスを乗り継いて行ったのですが、、

見事な地獄表もあり、なかなかの交通不毛地帯です。

 

 

とはいえ、人気のないあぜ道を歩き、またそれが心地よかったりもしました。

人気のないのは、海軍跡地も一緒で、

のんびりゆっくりと楽しめる観光スポットです。

人気が無いのと同様に、海軍跡地には、、跡地がなく、

ないないずくしなのですが、、、

この三重津は、日本の近代化に貢献した凄いスポットなのです。

 

 

 

では、そんな世界遺産「佐賀、三重津海軍所跡」。

2015年に「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の

構成遺産の一つとして登録されたのですが、、

 

ちょっと待って⁉長崎じゃなく、、

なぜ外洋に面していない佐賀に海軍造船所が出来たの??

 

 

時は幕末。長崎へ外国船の猛アタックが日々エスカレートしていました。

ここで、そもそもの疑問。

 

 

〇なぜ欧米は日本へ進出しようとしたの??

 

「中国を植民地化した後は・・、次は日本だ⁉」となったの??

いいえ、本当の理由は違いました。

 

当時、日本では近代化に向けて、欧米から機械を爆買いしていました。

線路やガス塔や銃・・・。

そこで、セールスをさらに強化するために、日々営業にきていたのです。

最近の研究によりますと、欧米諸国は、最初から日本を植民地化しようという気なんて

(というよりそんな余裕が)全然なかった」ということが解明されています。

欧米からすると機械を買いまくって儲けさせてくれたので、

わざわざ労力をかけて植民地にする意味がなく、

「金をかけずにボロ儲けしたい」思惑がありました。

 

また仮に植民地化すれば、軍隊駐留に莫大な国家予算かさみ、割に合わないという思惑も。

それが証拠に、下関(+彦島)や対馬を軍事占領した時にも、

交渉が成立するとあっさり退去しています。

 

ちなみに、隣の朝鮮にいたっては、日本が明治9年になって

無理やり開国されるまで、欧米は手出しもしていません。

 

 

 

〇欧米はとても忙しかった

幕末期には、ヨーロッパでは「クリミア戦争」が勃発。

日本近海でも英仏とロシアの艦隊が激戦を展開。

終わったら終わったで、今度は中国で「太平天国の乱」が勃発。

イギリス軍は中国に何年も釘付けで、日本を占領する時間などなく。。

 

またアメリカはアメリカでこちらも大忙し。

ペリー来航後すぐに「南北戦争」が勃発。

とても海外進出どころではなくなっており、

各国とも、日本と戦争する余裕などなかったのです。

 

よって、欧米諸国は最初から軍事侵略ではなく、

圧力をかけつつも「開国」「港の開放」「貿易」を求めてきたわけで、

日本を開国させておけば、自前で維持費用を払わなくても

日本の港を「中継拠点(寄港地)」として利用できる・・・

という損得勘定があったわけです。(プラス貿易相手にして金を稼ぐ)

 

ちなみに、この時開港された港町、、例えば長崎、神戸、横浜。

この港に共通するものといえば、、、そう中華街。

実はこの時、欧米が中国人をある理由から連れてきたからでした。

その理由は・・・(雑学へ)

https://ameblo.jp/pon-ryuta/entry-12426090977.html

 

〇日本の爆買いが良い方向に!

爆買いによって、一気に慢性的な輸入超過=貿易赤字に陥ります。

(輸出品が絹と茶しかなかった)ところが、逆にこれが良かった。

 

欧米からしたら、日本はほっといても自分から物をドンドン買ってくれるので、

わざわざ莫大な金をつぎ込んで軍事占領しなくても、

労せずにボロ儲けできる「お得意さん(カモ)」だったのです。

 

一方の中国(清)は、開国してもそもそも「近代化しよう」なんて

いう気がありませんでしたから、特産品の紅茶を欧米に大量に輸出する一方で、

何も輸入しませんから、欧米からしたら貿易すれば

するほど損する「貿易摩擦国」でした。

 

これが、イギリスが中国にアヘンを売り込み「アヘン戦争」。

ひいては植民地化を引き起こすことになった最大の原因だったのです。

 

〇一日でも早く防衛を強化したい日本

「こらー!隙あらば植民地化するぞ」という脅しをガンガンかけられており、

また日本人も、隣国の大国である中国がアヘン戦争で敗北した状況を

目の当たりにしていたので

「植民地化」を阻止しようと躍起になっていた訳です。

 

 

ちなみに、

アヘン戦争に中国が負けたのを知り、軍事を強化していた徳川幕府は、

戦略として、戦場での主食を米から、パンに変えたのです。

これが日本でパンが食べられるようになって由来となっているのですが、

その理由は・・・

https://ameblo.jp/pon-ryuta/entry-12425818411.html

 

〇長崎港を警護した佐賀藩

このような背景のなか、

外国に開かれた唯一の港であった長崎港を警護する任務が佐賀藩にあったのです。

外国勢力からの圧力に対抗できる防衛力を整備するため、

独自に外国船を購入し海軍を編成しました。

ご存知、敵から武器を購入し、敵と戦うというヘンテコな構図。。。

 

その佐賀藩海軍の根拠地となったのが、「三重津海軍所跡」だったのです。

洋式船の修理に使用する部品をつくる「製作場」、

修理などのために船を引き入れる「御修覆場(おんしゅうふくば)」などが整備され、

三重津海軍所は、幕末の佐賀藩の洋式船による海軍教育、

船の操縦や射撃等の訓練、船の修理や船をつくる施設として機能しました。

日本初の実用蒸気船となる「凌風丸(りょうふうまる)」は

慶応元(1865)年にここで製造されました。

 

◎なぜ、、長崎じゃなく佐賀にドッグを作ったの??

 

ドック(船渠)とは、船をつくったり修理したりする施設のことです。

当時佐賀藩が所有していた和船は全長20m程度でしたが、

幕末にオランダから輸入した蒸気軍艦「電流丸」は全長45mもありました。

その大きさは、とても船屋地区では管理や修理ができるものではありません。

 

そこで、南端におかれた「修覆場地区」に、このような大型の洋式船を

修理するためのドックをつくったのです。

通常、ドック内の水は大型のポンプで汲み出して排水されますが、

当時はそのような機械がなかったため、

三重津海軍所のドックは、日本一とも言われる有明海の潮の干満差を利用して、

満潮時に船をドック内に入れ、潮が引くことで

自然に排水されるという仕組みになっていました。

 

 

ちなみに、今の三重津海軍跡地は、、

PR動画にあるように「みえない世界遺産、みえつ。」。

ただの原っぱです。

現存する日本で最古の木造ドック海軍所跡は、

劣化や腐食を防ぐため発掘調査後に土の中に埋め戻され、

現地は単なる草地になっています。

 

そのため、当時の三重津海軍所の様子をイメージしていただけるよう、

CG映像をVR(バーチャルリアリティ)機器等で

体験する「三重津タイムクルーズ」を佐野常民記念館でスタートさせました。