連休明けのレッスン、
Kちゃんが楽譜を持って真剣な表情でお話しし始めたと思うと

「早くこのDを終わりにしたい」

と、言いました。

Kちゃんが私の教室に来たのは1年生の秋でした。
それまで大手の音楽教室に通っていましたが、楽譜が読めない、ピアノを楽しいと思えるように一からやり直したいという希望の再スタート。


一からやり直す。


教本選びには悩みましたが、本当に一からしっかり学べるのはパーティーシリーズしかない!そう思い、1年生でしたがバスティンのパーティAからレッスンしていく事にしました。

それから2年半。ゆっくりペースで、パーティCに入ってからの五線譜にへこたれそうになりながらも、しっかりと譜読みやリズムの基礎力をつけてきました。

そしてこの春、ついに芽が出たのです。自分からもっと先に進みたい!という気持ちが生まれ、どんどん自分で楽典の本も進め、教本も譜読みをしてレッスンに持ってくる。

ピアノが弾けるとやっぱり楽しいし、嬉しいよね!

発表会の曲もこのゴールデンウィーク中にしっかりと練習して弾けるようになって持って来てくれました!
もう一曲別の候補を追加する事にしました。

Kちゃんのこれからの成長がとても楽しみです音譜
ベーシックに入ってからますます楽しくなるよ!
一緒に頑張ろうねニコニコ



浜松へ

テーマ:
せっかくのゴールデンウィークという事で、浜松までプチ旅行に出かけました!

もちろん行き先は 楽器博物館 ですニコニコ


世界中の民族楽器から、様々な打楽器、弦楽器、管楽器など本当にたくさんの楽器が展示されていました。

楽器の素材も様々、
音色の違い
風土の違い
文化の違い

それぞれの土地柄に思いを馳せ音楽多様性を感じました。

でもやっぱり1番関心が高いのは、ピアノの歴史ですね音譜


二台ピアノが一台になっているピアノには驚きました!



浜松駅、新幹線ホームから降りるとすぐピアノがお出迎えしてくれます🎹ヤマハの好奇心
駅でピアノの音が聞こえてくるなんて、流石浜松、楽器の街ですね!

浜松国際ピアノコンクールが行われたアクトシティ浜松は駅のすぐ前。

ピア二スト中村紘子さんが通ったという、うなぎ屋さん 八百徳にも行きました!こちらも駅前 笑
丁度浜松祭りだったようで、たくさんの山車が出ていました。

出世城  徳川家康の浜松城🏯にもお散歩してきました。



発表会の選曲

令和元年を迎えました。
新しい元号とともに、気持ち新たに今年度もよろしくお願い致します!
私の教室も5月から新年度が始まります。

そして5月に入ると一気に発表会モード😆💦
というより、今年はもう年明けからかなり意識していました。

今年は3回目!

幼児中心の教室だったのが小学生の人数が増えて、少しずつですが教室全体が成長して来ました。

先日のブログでも紹介したように、年長さんの成長が著しく、小学生も明らかにレッスンの内容が変わって来たのでますます楽しい日々です🎵

成長に合わせて、発表会で演奏する曲もシフトチェンジ。発表会の為に特別な曲に取り組んでいます。
1ページの楽譜が2ページに増え、単音だったものが多声音楽になり、左手の伴奏もある。

1週間で弾いて来られる曲から1〜2ヶ月かけて仕上げる曲に挑戦する。小学生以上何人かの生徒ちゃんたちは4月中に曲決めをして、練習に入りました。
2月から準備している子もいます。

5月からは年長さん以上はみんな発表会の準備に入りますよ!

発表会に弾きたい曲には、やはりギロックが多くなりますね。両手の交差、幅広い音域、聴き映えのする華やかな曲が子どもたちを惹きつけます。

ギロックの他にも魅力的な曲をたくさん紹介したいと思い、楽譜を漁り、新しい楽譜も思い切って取り揃えました!!一人一人の子どもたちが輝ける選曲をするべく、今日からゴールデンウィーク中は発表会の曲決めをします😊

みんな頑張ろうね!