​ハロウィンも終わり、教室も模様替え🎄
モフモフのひつじさんが生徒さん達をお出迎えしますよ



​クリスマスコンサートに向けて

11月に入って、落ち着いたと思ったコロナも一転、第8波到もう一度気を引き締めて、感染予防対策を徹底していくしかないですね。


ついこの前までは湿度が高すぎるくらいで困っていたのに、今度は空気が乾燥しているのでガンガン加湿器をかけています。


さて、今年の冬の発表会は久しぶりのクリスマスコンサートです🎄


本当は全員で実施したかったのですが、このところの状況を踏まえて3部に分けて実施する事にしました。(もちろん、今後の状況によっては柔軟に対応します)


部ごとに集合解散、鑑賞・観覧は自由にしたいと思っています。

あと1か月ちょっと、のんびりしている生徒さん、そろそろエンジンかけましょうね。





表情がなんとも可愛いらしいです〜ラブラブ






ハロウィン🎃の挑戦状

年少さんから6年生まで思っていたよりたくさんの生徒さん達が挑戦してくれました!



すぐにチャレンジしてクリアした子

2度、3度目の挑戦でクリアできた子


出来るか分からないけど、とりあえずやってみたら全然出来なくてガーン そこから何度も練習してクリアした子


色んなタイプの生徒さんがいました!


自分の実力を知り、あきらめてしまうのか、それとも克服するために努力するのか


挑戦してくれた生徒さんはみんな、今も諦めないで練習を続けていますラブラブ




さて、ハロウィンチャレンジの後はクリスマスコンサートと新春おんがくカルタ大会です

こちらも楽しみですルンルン



土曜日は市内の中学生たちそれぞれの学校で文化祭があり、私の教室では3人の生徒さんが合唱コンクールの伴奏とさらに合唱部の伴奏のお手伝いを務めました。


数年前、中学校の伴奏を手伝いに行っていた頃は音楽の先生から「最近は楽譜を自分で読みすすめて伴奏できる子がいない」と散々嘆かれましたが、私の教室の生徒さんたちがいよいよ中学生になって伴奏を引き受けるようになり、レッスンを特にしなくてもちゃんと自分で弾ける子を育てられている事が何よりも嬉しく思います。



特筆するのは1年生のSさん。

10月の初め、急遽伴奏を引き受けることになり、短期間で譜読みをして本番を迎えることになりました。1ヶ月もありません笑い泣き汗


ピアノを習い始めてまだ2年、まさか伴奏を引き受ける事になるなんて思ってもいませんでした(汗)💦


普段はレッスン中「音楽嫌い、苦手なんですおーっ!」将来必要だから仕方なくやってるんだと言わんばかりの彼女ですが(苦笑)


伴奏を引き受けたいから見てほしいと連絡を受け、本来の伴奏者だった友達を思い、やるからには責任を持って練習するという姿勢に、惜しみなく協力させてもらう事にしました。


レッスン中、「文化祭でこれみんなの前で弾けたらいいなぁ」とぽつり呟いていたのが印象的で…


これまで発表会にもなんだかんだでちゃんと出演してきたSさん、少しずつピアノを弾く楽しさ、充実感を味わえるようになってきたのかな♡


怒涛の2週間、弱音を吐かずにコツコツと練習を積み重ねていきました。


そして土曜日、無事、立派に大役を果たすことができましたクラッカークラッカークラッカー



クラスのみんなを伴奏で支えることができた今回の経験が自信に繋がっていくといいですね!



活躍は伴奏だけではありませんチョキ


教室を開講した当初から通ってくれていた生徒さんは学習発表の学年代表にも選ばれたと聞き、それぞれの活躍を心から嬉しく誇りに思っています。



中学生のみなさん、文化祭お疲れ様でしたルンルン