映画でペップトークとアファメーション(Pep Talk & Affirmation)

ペップトーク(Pep Talk)とは人を元気にする短いスピーチで、コーチングの最後のスキルとも言われているそうです。映画に出てくるペップトークを通して、みなさんにもペップトークを知っていただければ幸いです。


テーマ:

海外のサイトで「格闘技」「映画」をキーワードにして検索していたときに発見したランキングに、「キルビル」「マトリックス」「燃えよドラゴン」「酔拳2」「グリーン・デスティニー」「ファイトクラブ」・・・といった素晴らしい作品とともに並んでいたので・・・

しかも香港と日本の合作!

日本の映画(香港だっちゅうに)が海外のサイトで評価が高いなんて・・・

これは観るっきゃない!

と思ったらレンタルDVDが無く、格安のVHSがGETできたのでラッキーと思っていたら、復刻のデジタル・リマスターDVDが発売になっていた(笑)。

VHS発掘シリーズ第88弾です。


RIKI-OH/力王 デジタル・リマスター [DVD]

ペップトーク度 (最高★×5) :★★★☆☆
映画オススメ度 (最高★×5) :★★★☆☆

【ストーリーと背景】

原作:鷹匠政彦/作画:猿渡哲也による人気バイオレンス・コミックの映画化した作品なのだそうです。

恋人を殺された力王は、その原因を突き詰めるために自ら刑務所に入る。

(1991年の作品ですが・・・舞台は2001年で、警察も刑務所も民営化されている・・・という設定)

刑務所には、東西南北の四つの棟を牛耳る「四天王」と呼ばれる囚人と、極悪非道の所長の管理下にあった。

刑務所内にはびこる悪の根源に立ち向かう力王だが・・・


【ペップトークの見所】

ん~・・・

コミックの実写化ですからね~・・・

非現実的な強さとかは当たり前なのでしょうが・・・

チョコレート・ファイター」の「ノー・ワイヤー」「ノー・スタント」を観た直後だっただけに、落差が大きすぎて・・・

というか白々しく見えてしまい・・・

でも、ベースが劇画コミックだけあって、最後まで飽きずに堪能できました。

ただ、オイラは首が飛んだり腕を切られて血がドバァ~ってのは嫌いなので・・・

この手の作品が好きな人以外はオススメできません。

ペップトークは・・・
所長や看守、四天王に苛められ続けた囚人たちが、矢面にたって闘う力王を励ますシーンがたくさんでてきます。

中でも心に響くのは・・・

1:16’14”~
7日間も地中に埋められて、生還した力王を励ますシーン







↓ランキングに「ポチッ」とお願いします。↓

人気ブログランキングへ



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ペップトーカー見習い001号さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。