ポチボタンのお接待大歓迎!

パソコンなら 『Ctrl』 ボタンを押しながらポチするとサイトへ飛ばされないので押してね!

 

 

 

二巡目遍路時の写真は既に使用済みなので、13番大日寺は再掲載とさせて頂きます。

 

大日寺の郵便切手はその山門

山門越しにしあわせ観音像が見えています

 
※いつもの1687年発行の真念著『四国遍禮道指南』によると…はありません。
(江戸時代までの四国霊場13番札所は大日寺ではないからです)

 

 

使用画像は二巡目遍路時の画像も交じります。

 

大日寺に着きました。

 

 

※2枚並んでいる画像は肉眼で観れる3D画像です。

 

パソコンは画面と目の間を40~50cm、スマホなら25cm位で頭を傾けずに水平にした状態で写真と目の中間位の位置に人差し指を立てて指先をじっと見つめて下さい。

視線が寄り眼の状態になって右目で左の写真を左目で右の写真を向見ている状態です。

 

図3

人差し指の向こう側にぼんやりと3枚の写真が見えて来るので、寄り眼の視線を保ちながら、真ん中の写真に焦点を合わせると真ん中の写真が立体に見えて来ると思います。

 

山門前が交通量の激しい国道なので、向かいの一の宮神社から写しました。

手を合わせ、一礼して、これから山門をくぐります。

 

 
階段を上ります。
 
 
正面にしあわせ観音があります。
 
 
 

 

 手水場で清めます。

 

 

 
私も清めます。
 
 
 
龍の口から流れ出ています。
 
 
手水場で清めた後に鐘を撞くために鐘楼を探しますが、何処にも見当たりません。
大日寺の鐘楼は実は大師堂の裏にあります。
 
 
 
大師堂の横から裏側に進むと…
 
 
ありました。
 
 
立派な鐘があります。
 
 
ところが…撞き棒の綱が撞き棒に巻き付けられてあり、鐘を撞けなくしてあります。
どうしても鐘の音を聴いてみたいので納経所の方に尋ねたところ、『寺の周囲には民家が沢山あるので、鐘の音が煩く思われないように撞けなくしてあるとの事』でした。
せっかく焼山寺から歩いて来たのに残念です。
でも…勝手に撞いて良いのだそうです。
それを先に言ってよね。
 
 
そんな訳で…それでは大日寺の鐘を撞いてみよう!
 

控えめに撞きましたが、それなりのいい音です。

ご近所さん、お騒がせしてすみませんでした。

 
 
 
新しい石碑がこんな大師堂の裏側に建っています。
 
 
これは何処の霊場でもよくある、杖の忘れ物ですね。
杖は弘法大師の身代わりですので、忘れて行ってはいけません。
 
 
 
手水場の隣は水子地蔵尊でしょうか?
 
 
恐らくそうですね。
奥の後ろに向かいの一宮神社が見えています。
 
 
子供達です。
 
 
お地蔵様のUPです。
 
隣の観音菩薩。
 
 
 
何やら壷をお持ちですね。
 
 
その隣には石のベンチと小さな御堂。
 
 
 
子安地蔵尊とあります。
 
中にお地蔵様がいらっしゃいます。
 
 
 
古い石塔ですね。
 
 
大正三年と刻まれていました。
 
こちら側には五重塔が刻まれてあります。
 
 
 
一金四拾円、参拾円、二拾円、拾円と年代物ですね。
 
 
 

本堂はこれからお参りします。

一巡目の画像です。

 

 

銅製の八角燈籠越しの本堂。

 
 
 
その本堂の前柱は石の上に立てられていて、石には『阿州宮分 新居儀市』とあります。
阿州は阿波徳島の事。
宮分という所の新居儀市さんの御寄附かな?
 
 
 
分かり辛いですが、『阿州府中 平岡八百藏』とあります。
府中は今の国府町です。
 
 
 
『一ノ宮村 佐々木伊太郎』とあり、一ノ宮村はこのあたりですね。
 
 
本堂正面です。
 
 
 
本堂に上がってみました。
 
 
 
天井部分には沢山のお札が貼られてあります。
 
 
向かって左側にいらっしゃる賓頭盧賢者。
 
 
雀の絵でしょうか?
 
 
阿弥陀如来立像の説明書。
 
 
青面金剛立像の説明書。
 
 
本尊は十一面観世音菩薩。
御真言は『おんまかきゃろにかそわか』
 
 
本堂に祭られている御本尊の十一面観世音菩薩像。
・・・?
あれっ!
お寺の名前が大日寺なので、御本尊は大日如来像じゃないの?
他の四国霊場の大日寺…4番の大日寺の御本尊は大日如来、28番の大日寺の御本尊も大日如来です。
御本尊が十一面観音の四国霊場は他にも沢山ありますが、その寺名は所在地の地名や他の様々な由来からの名前が付いています。
 
 
やはり御本尊は十一面観音。
寺名の大日如来は何処にあるの?
 
 
ここにも本尊は十一面観世音とあります。
『阿はの國 一の宮 とはやきたすき かけてたのめや こ乃世後の世』
この明治時代に奉納された御詠歌の中の『一の宮』が千手観音が御本尊の大日寺の謎を解明します。
 
 
賓頭盧賢者越しに見える杉の木は一宮神社。
本堂に立っても、何故か道を挟んだ向かいの一宮神社が気になります。
 
香炉新しいように思いますが、明治三十一年製。

 

 

※リブログは肩の痛みが長期間ずっと続いているという男性。

炎症や靭帯損傷でもなく、固まっていた筋肉をちょっと導いてやると・・・

 

どくしゃになってね!

ポチボタンのお接待大歓迎!

パソコンなら 『Ctrl』 ボタンを押しながらポチするとサイトへ飛ばされないので押してね!

 

 

 

今迄に見た事もない野菜は美味しくても売れないみたい。

 

店頭に290円で並んでいたのに・・・100円に値下げ。

 

それが 『ロマネスコ』 という野菜。

 

初めて聞く名前の人もあるかも知れません。

 

都会では以前から普通に食べられているものかもしれませんが、何しろ徳島は田舎。

 

地元の徳島産でありながら、見た事も無いように野菜は中々購入する勇気がないようです。

 

どんな野菜かというと・・・

 

※2枚並んでいる画像は肉眼で観れる3D画像です。

パソコンは画面と目の間を40~50cm、スマホなら25cm位で頭を傾けずに水平にした状態で写真と目の中間位の位置に人差し指を立てて指先をじっと見つめて下さい。

視線が寄り眼の状態になって右目で左の写真を左目で右の写真を向見ている状態です。

 

図3

人差し指の向こう側にぼんやりと3枚の写真が見えて来るので、寄り眼の視線を保ちながら、真ん中の写真に焦点を合わせると真ん中の写真が立体に見えて来ると思います。

 

凄~い!

 

まるで大仏様の螺髪のよう?

 

立体的に見えると凹凸がよりリアルに迫りますね。

 

アブラナ科の野菜で花の蕾が食用なので、カリフラワーやブロッコリーみたいなものですね。

 

上から見るとまた凄いです。

 

ソフトクリームのように捻じれています。

 

私には、包丁で切るのが何か勿体ない感じの芸術作品に見えるのですが・・・

 

ブロッコリーよりはカリフラワーに近い食感ですが、ロマネスコ独特の食感で、案外イケます。

 

ず~っと100円だったら滅茶安いですが・・・?

 

 

※リブログは先日放送された、NHKためしてガッテン 『“新原因”発見!衝撃の肩・首こり改善SP』で明らかにされた新事実? 

自然形体療法では30年前からごく普通に施術している部位ですが・・・

 

どくしゃになってね!

ポチボタンのお接待大歓迎!

パソコンなら 『Ctrl』 ボタンを押しながらポチするとサイトへ飛ばされないので必ず押してね!

 

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路(・巡礼)へ

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

アメリカからの二人連れのお遍路さんのお札も始めて見るお札です。

絵も上手、日本語も上手ですね。

 

殆どのお遍路さんが焼山寺から歩かれて来られています。

ホントお疲れ様です。

 

 

脳梗塞のリハビリを兼ねてのお遍路旅、是非結願されて下さいね。

 

一度に一周しなくても、何年かかっても再び歩いたという事が思い出となるでしょう。

 

一日目に一番から十一番迄歩かれるとは・・・恐れ入りました。

無理して足を痛められた森口さん・・・無理してこれ以上悪化させないで下さいね。

 

皆さん歩き疲れて脚がパンパン状態。

疲労回復には天然ビタミンのみかんが効果的です。

それは本当にカラダが求めているからで、おやすみなし亭のみかんと水が世の中で一番美味しく感じられるには焼山寺から歩いて来なければなりませんね。

 

大雨の中焼山寺を参拝後橋の下での野宿ですか?

今時の便利な世の中でボーっとして過ごしている人達には想像を絶する過酷な旅ですね。

 

季節は七月になるとお遍路は暑さとの戦いですね。

アスファルト地面の照り返しがキツイ時期のお遍路も過酷ですね。

 

般若心経の現代訳ですね。

 

私にはもっともっと訳して貰わないと意味が良く分かりません。

 

 

建治寺の山道を歩かれて来たお遍路さんもいらっしゃるみたいで、ホント大変でしたね。

 

 

オーストラリアのグレイスさんのお札が綺麗ですね。

どこで買ったのでしょうか?

 

確かにお遍路は冥土への旅かも知れません。

私達も毎日毎日ボーっと生きていないで、有意義な旅を続けて行きたいです。

 

おやすみなし亭で十分休憩した後に、本日の目的地13番大日寺へのお遍路再開です。

 

遺蹟とあります。

古くからある町なのですね。

 

本日歩き始めの朝日が夕日に変わっています。

 

西福寺入り口・・・心行の道場とあります。

 

道の反対側に古い祠が・・・

 

鮎喰川もかなり下流に近付いています。

 

徳島市球技場入り口です。

 

本日の目的地が近付きました。

 

到着です。

 

大日寺の駐車場です。

早朝に駐車場奥に軽トラックを停めてから、出発地の鍋岩西おへんろ駅まで別の車で移動しました。

これからその車を取りに行って来ますが、本日も良く歩きました。

我ながら自分の脚を誉めてやりたいと思います。

 

※リブログは筋肉を揉むと破壊される事実。

マッサージはカラダに害を及ぼすので、おこなうには国家資格が必要です。

 

どくしゃになってね!

ポチボタンのお接待歓迎!

パソコンなら 『Ctrl』 ボタンを押しながらポチするとサイトへ飛ばされないので必ず押してね!

 

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路(・巡礼)へ

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

外国人用の納め札があるのですね。

我々日本人には関係ありませんが、始めて見ました。

 

普段の生活の中で食べてもそんなに美味しいとは思わないのに、何故みかんが美味しいのでしょう?

それはカラダが天然ビタミンを求めているから。

お遍路さん全員がみかんを食べてカラダが生き返ったとお礼を言っています。

 

水を頂いてお礼を書かれてあります。

歩き疲れて水分不足になったカラダが求めているのは水なのですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写経を貼り付けられてありました。

本当は写経を納めるので納経というのですが・・・写経を納める事までは中々実行出来ないです。

 

 

 

 

 

 

 

 

お遍路の皆さん、最後までご無事で歩かれて下さいね。

 

※リブログは人は何故太る?

全てのお遍路さんがみかんや水を頂いて本当においしいとお礼を書いてあるのはカラダが求めていたから・・・

カラダが必要としていないのに、脳が求めている味付け調理されているものばかり食べるから・・・そりゃ太りますね。 

 

どくしゃになってね!

ポチボタン宜しく!

パソコンなら 『Ctrl』 ボタンを押しながらポチするとサイトへ飛ばされないので必ず押してね!

 

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路(・巡礼)へ

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

ここからは昨年のページです。

 

誰かがお札を貼り付けると、皆さん真似して貼られるのですね。

以後、コメントは差し控えて、画像だけ貼り付けて行きます。

 

 

 

 

中国語が読めなくて、残念です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

書き込みされたお遍路の皆さん無理せずに、自分の目標を達成して下さいね。

 

※リブログは医薬品とは・・・??。

効果があるからではなく、必ず生命活動に害があるから医薬品なのです。

 

どくしゃになってね!

ポチボタン宜しく!

パソコンなら 『Ctrl』 ボタンを押しながらポチするとサイトへ飛ばされないので必ず押してね!

 

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路(・巡礼)へ

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

※再掲載となります。

 

お遍路ノートがあります。
『子孫の為にと 先人が血と汗流しつくりし田畑 今住む人なく 杉が植えられ 山に帰る』…こんな光景の場所があり、そこを歩いて来ました。
これを読み、先人のご苦労を思い浮かべると、目が熱くなって来ます。
 
 
お遍路の皆さん、ホントご苦労様です。
韓国やオランダからのお遍路さんも、この先頑張って下さい。
 
日本全国からのお遍路さん…これからもお気を付けて…
 
 
この先が凄く長い道のりなので、まだお遍路は始まったばかりのようなものですが、確かにここまででも歩いて来て良かった!と思いますね。
 
 
香港の方、台湾の方、愛知県の方、埼玉県の方…こんな素敵な休憩所に出会えるのも歩いて来られたから…ホント感謝感謝ですね。
 
一部の詳しい地名はモザイクをかけさせて頂きました。
 
 
歩いて疲れ果てると、温かい一杯のコーヒーだけでもホントに疲れがとれますね。
 
 
2回目のお遍路をされる方も多いみたいですね。
 
 
番地名はモザイクをかけさせて頂きました。
 
確かに険しい山道よりもアスファルトの道を永遠と歩く方が疲れます。
 
アメリカから来られた2人連れのお遍路さんは20年前、10年前に続いて3度目のお遍路なのですね。
 
 
 
焼山寺道の難所に続き、翌日に焼山寺からここまで歩かれるのは大変だったと思います。
 
 
12巡目のお遍路に挑戦中とは、凄過ぎます。
ゆっくりと無理せずにご自分の体力の範囲で歩かれて下さい。
 
 
お遍路の皆さんならお国は違っても温かいコーヒーで心までも安らぎますよね。
お遍路さんでコーヒーが嫌いなのは…家田荘子さんだけでしょうか?
 
 
こんなに繊細な絵をこの場所で書かれたのでしょうか?
凄過ぎ~!
 
Спасибо! (スパッシーバ!) 
ロシアからのお遍路さんは二人連れでしょうか?
この先お気を付けて!
 
 
いつも逆打ち遍路ばかりだったのですか?
今回は順打ちという事ですが、でも赤いお札なので何周されたのでしょう?
 
アメリカ、台湾からのお遍路さん方も、この先お気を付けて…
 
 
御主人が車でサポートして奥さんがお遍路ですか?
確かに車一台だと車を停めた所まで引き返さなければなりませんからね。
でも実にユニークなお遍路ですね。
 
カナダ、オランダからのお遍路さん方も頑張って下さい。
 

※リブログはバストアップしたいという女性。

バストが下がって見えるのは引っ張られて上がらないからでした。

原因を解決すると自然に上がり、驚きの結果に。


 

どくしゃになってね!

ポチボタン宜しく!

パソコンなら 『Ctrl』 ボタンを押しながら押してくれると飛ばされないので必ず押してね!

 

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路(・巡礼)へ

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

道端にお墓のようなものがありますが、何なんでしょう?

 

カーブミラーの支柱の注意書。

錆びちゃって、なんて書いてあるのか字が分かりません。

 

田畑と民家が点在している長閑な地域ですね。

 

槙の塀・・・街中では見かけなくなりました。

 

ここにもお墓のようなものが並んでいます。

 

その先左折して・・・

 

休耕田とその先は植木だらけの庭・・・

 

住居というよりは、納屋のような建物の横を通って・・・

 

国道に出ると、一旦左折して後戻り・・・

 

直ぐ近くにある遍路小屋に立ち寄って行きましょう。

家庭用の風力発電機が備えられてあります。

 

お遍路さん休憩所『おやすみなし亭』とあります。

 

風力発電により、冷蔵庫や扇風機を備える休憩所です。

 

風力発電機は『そよ風くん』。

 

中に入ると・・・まるで小さな食堂。

 

ひと休みひと休み。

 

お接待品は自由にお取り下さい。

 

海外から来られたお遍路さんの為に英語でも書かれてあります。

 

そのお接待品が沢山置かれてあります。

 

扇風機も備え付けられてあります。

 

弘法大師が高い位置に・・・

神様ではないのですが?

 

ポットにインスタントコーヒーや砂糖迄。

 

遠慮なく頂きます。

 

お線香迄置かれてありました。

黄色い反射たすき・・・暗い道は車に気を付けましょう。

 

21番太龍寺への遍路道の加茂道の案内図ですが、加茂道まで行く遍路道が無いので、加茂道はいったい何なのか?良く分かりません。

 

二巡目遍路のこの時点では21番太龍寺からのいわや道が新たに整備されて通行出来る事を知りませんでした。

 

確かに顔も手も足も前向きになっていて、後ろ向きにはなっていませんね。

ブログの読者様も言葉も考え方も今日から前向きになりましょう。

 

※リブログは病院で訳の分からないままマッサージや運動を続けても完治しなかったのに・・・

原因が把握出来て、その原因が解決出来れば、後はカラダが自然に完治します。

 

どくしゃになってね!

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路(・巡礼)へ

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

民家の先もまだ道が狭くて、この道を車で運転するのは滅茶恐いでしょう?

 

舗装している部分が車幅よりも狭いんじゃないでしょうか?

 

その先は少し広い自動車道ですが。

 

瀧迄の案内図です。

 

その先にもまだミニ八十八ヶ所霊場が続いています。

 

第三十六番青龍寺。

 

種間寺と禅師峯寺とありますが、種間寺と禅師峯寺の間の雪蹊寺がありません。

 

杉と竹が入り混じった林を抜けると・・・

 

その先に民家が・・・

でもこのあたりの道も車で通るにはまだまだ狭いですね。

 

みみずに大きなムカデがかぶりついていました。

 

ミニ八十八か所霊場はまだまだ続いています。

 

その先、更に広い自動車道と合流。

 

建治の瀧への道しるべ。

『おくのいん』と書かれてあるのでしょうか?

 

『へんろとは 歩くこと也 感謝と行』とあります。

つまり、歩かない巡礼者は『遍路』ではないのです。

確かに『お遍路さん』とは歩いて巡礼している人の事ですから・・・

 

山の斜面から突き出した竹筒。

下水かと思いきや・・・飲める天然水のようです。

 

広くなった道をどんどん歩いて行きます。

 

こんな所迄ミニ八十八か所霊場は続いています。

 

民家の間の道となり・・・

 

道は複雑に折れ曲がっていますが、道しるべの目印に必ず古い石仏が置かれてあります。

 

へんろ道保存協力会の道しるべもあります。

 

徳島では今時珍しい麦畑。

 

もう町中なのにミニ八十八か所霊場は続いています。

実際にはミニ八十八か所霊場があった所に後から家が建ったのでしょうね。

 

田畑と民家の間の道が大きくカーブしています。

 

小川も流れている長閑な地域ですね。

 

その先を右折し・・・

 

民家脇の道を・・・

 

道なりに・・・

 

歩いて行きますが・・・

 

こんな所に大きなお地蔵様が・・・

 

滅茶立派なお地蔵様ですね。

 

お地蔵様に挨拶して、その先へ急ぎます。

 

 

※リブログは完治していないのに病院ではそれ以上の治療をおこなってくれません。

原因が分かっていなくては、幾ら治療を続けても・・・

どくしゃになってね!

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路(・巡礼)へ

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

しめ縄の上の方の崖の中腹に舟形の石仏が置かれてあります。

 

※2枚並んでいる画像は肉眼で観れる3D画像です。

パソコンは画面と目の間を40~50cm、スマホなら25cm位で頭を傾けずに水平にした状態で写真と目の中間位の位置に人差し指を立てて指先をじっと見つめて下さい。

視線が寄り眼の状態になって右目で左の写真を左目で右の写真を向見ている状態です。

 

図3

人差し指の向こう側にぼんやりと3枚の写真が見えて来るので、寄り眼の視線を保ちながら、真ん中の写真に焦点を合わせると真ん中の写真が立体に見えて来ると思います。

 

立体写真で観てみましょう。

手前の大きな岩越しの撮影ですが・・・。

 

実はこの場所は建治寺の滝行の地。

しかし、滝が大きくて落ちて来る滝の水がガンガン当たっていますね。

これは凄~い!

滝の水に打たれる衝撃で、ぶった倒れそうです。

滝行は寺務所に届けて、住職が同行してくれるらしいですが、一回5,000円という事です。

※でも鎖道を下りて来るようなこんな場所ですから、勝手に滝行をおこなっても誰にも分からないと思いますが・・・

 

手前の大きな岩は滝の上から落ちて来たのでしょう。

 

水は落ちていなかったけれど、滝行をおこなった気分になり・・・

 

坂道を下って行きます。

 

ザクザクの落ち葉を踏み、たまに落ちている大きな石を避けながら・・・

 

常緑樹林帯を・・・

 

へんろ道しるべの示す方へ・・・

 

歩いていると、ミニ四国八十八ヶ所巡りはまだまだ続いています。

 

落ち葉で滑るので横向きで歩いていると前方に・・・

 

木の鳥居がありました。

ここまでは神様がいらっしゃる神聖な境内だったのですね。

神様も仏様も皆一緒、神仏一体という訳ですね。

 

そこらへんに生えていた木を切って建てたのでしょうか?

そんな感じの鳥居ですが、こんな山中にあるので、物凄い霊的な何かの存在を感じます。

 

ちょっと道がマシになって来ました。

 

一見して道と分かる感じです。

 

五十一番石手寺、ミニ八十八ヶ所巡りはまだまだ続きますね。

 

東京からのお遍路さんも歩かれたみたいですね。

天地我庵。

 

五十番繁多寺・・・逆打ちコースになっていますね。

 

沢沿いは崩れないように石積みされていますが、いつの時代に積まれたのでしょう?

 

沢沿いの道が流れて来た石で埋め尽くされて、ごちゃごちゃ状態。

 

その石の上を歩いて・・・

 

元の道まで辿り着きました。

 

沢から離れると歩きやすいですね。

 

山側は石積みで整備されていて、人が生活していた気配がします。

 

道も落ち葉や小石の下は舗装されていますから、狭いですがこのあたりまで車が入れますね。

 

前方が明るく開けています。

 

田の跡と廃墟の民家です。

 

こんな山奥ですが、石積みで平らにして土台が造られてあります。

電柱も建っていますから、電気も供給されていたみたいです。

 

※リブログはバイクや階段での転倒時は必ず医療機関で診断の勧めです。

そして医療機関の治療でも治らない場合は・・・

どくしゃになってね!

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路(・巡礼)へ

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

鎖道を無事にクリア。

達成感満々で帰り道を急ぎます。

 

竹藪を抜けると・・・

 

その先に長い梯子が・・・

 

勿論梯子道ではありませんが、気になるのでリュックを置いて上ってみましょう。

 

梯子の足元はコンクリで固められてあるので・・・

 

倒れる事はないと思いますが・・・

 

それでも怖~い!

 

上ったその先は少しだけ歩けるスペースがあるのですが・・・

 

探索せずに、直ぐ下りて来ちゃいました。

恐らく崖の中腹に何かが祭られてあるのでしょう。

 

梯子の先の道もまた凄い事になっています。

 

そのまま前を向いて歩くと滑り落ちるので・・・

 

後ろ向きに歩きます。

 

ロープが張られてあります。

 

殆ど這っているような感じで下りています。

 

上から撮ると、完全に真下の感じです。

 

ロープを掴んで座り込みながら下りています。

 

何とか無事に下りれました。

 

石仏はミニ八十八か所霊場の続きでしょうか?

祠もありますね。

 

祠の付近は平らに整地されています。

 

下りて来た道を振り返るとこんな感じです。

 

結構大きな祠です。

 

祠の中には弘法大師と不動明王が・・・

 

その祠の向こうにはしめ縄が張られて神社的な感じです。

つまり、ここは神聖な場所ですが、何の場所でしょうか?

答えは次回のブログで・・・

 

※リブログはシンスプリメントの続き。

更に施術を続けると脚が驚く程軽くなり、健康以上の結果が・・・。

どくしゃになってね!