カメラマン長谷川修のブログ


$カメラマン長谷川修のブログ



東京都内(文京区)に撮影スタジオがあるフリーカメラマン です。

企業広告(コマーシャル)や広報、雑誌を中心に活動しています。

ポートレート(人物)、静物(商品)、料理、スナップなど幅広いジャンルで写真撮影しているプロカメラマン です。

写真撮影は何でもご依頼ください。
東京都内(文京区)に撮影スタジオがあります。
スタジオ撮影はもちろん、ロケ撮影や出張撮影にも対応いたします。






「これからはじめる商品撮影の教科書」(技術評論社)という書籍を出版しました。
こういう写真撮影の解説書籍は、今回で5冊目で初めての単独著書です。
今までは共著助太刀的手伝いの立場 での著書のものでしたが、5冊目にして初の単独著書になるのです。


そして、「このような内容で」という最初の原案や構成を考え、作例写真を全て考えて撮影し解説文を書き綴ったことでもあり、まるで宝物のような思いの一冊です。


内容は、タイトルにあるように商品撮影の基本について解説したものですが、大型ストロボやスタンド、ポール、ディフューザーなどプロ用の撮影機材ではなく、電球型蛍光灯とディフューズボックスを使うセッティングの解説を主にしました。
また、基本的なセッティング、もっとも大切な考え方である「光の質」と「光の方向」について、質や形状の異なる商品ごとの作例など、スタジオ撮影の基礎から応用までをわかりやすく解説しています。


せひ、お買い求めの上、ご一読ください。



また、ボクのホームページでは、作品写真や仕事履歴などを掲載しています。
ホームページは、<
こちら >か次のアドレスをクリックしてください。

http://hco.nomaki.jp/


それと、作品撮りにご協力くださる方がいらっしゃいましたら、ぜひお声掛けください。
力を合わせて、いい作品をつくりませんか。
詳しくは、このホームページをご覧ください。
http://hco.nomaki.jp/bosyu/index.html

個人向け撮影の「窪町スタジオ 」もご利用ください。


メッセージやコメント、読者登録、アメンバー登録、ペタなども、

どうぞよろしくお願いいたします。



$カメラマン長谷川修のブログ(フェースブック) も始めましたので「友達になる」をぜひプチッとクリックしてください。ぜひ!







1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

インク吸収なんとかで、プリンターが壊れました

 

少し前から「廃インクがいっぱいじゃけん、修理窓口に連絡せいょ」とプリンタに表示されるようになり、ついに「限界じゃ」という表示になり、壊れました。
以前にも何度か同じ表示で壊れてしまったことがあり、その後、この表示を解除する方法を知ったので、今回も同じように清掃し、解除しました。
 

 

以前は、楽天だったかアマゾンだったかで解除するソフトを購入しましたが、最近ではエプソン自ら解除するソフトを無料で提供しているようで、しめしめとダウンロード下のですが、接続不良とかで、まったくもってうんともすんともでした。
けっきょくやむを得ないので、楽天だったかアマゾンだったかで解除キーを購入し、復活させることができました。
 

 

 

ただ、「スキャナーエラーが発生」という表示もたまに出るので、もうすぐ寿命なのかもしれません。
吸収パッドを替えたら、この表示は出なくなったので、少し様子見です。
 

 

ボクのホームページ
http://hco.nomaki.jp/
 

 

窪町スタジオ
http://kubomachi.nomaki.jp/
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

久しぶりの写真展

 

 

先月の初めごろ、博報堂でいろいろなことを教えてくださったカメラマンさんが、主宰する写真教室の写真展を開催されました。
コロナ禍で開催できずにいたそうで、久しぶりの写真展です。
なんと、年一回開催しているこの写真展は30回目だそうで、ということは30年ということになります。
いやー。
30年も写真教室を継続するカメラマンの大先輩に敬服ものですし、なんなら平伏さなきゃならんのじゃないかっていう思いです。

 

 

今日は祝日で雨ですが、ボクは撮影に出かけます。
撮影のお仕事をいただけるというのは、どんなにかありがいかですし、こうして撮影のお仕事をいただけるのもカメラマンの大先輩たちからいろいろなことを教えてもらえたおかげなんだろうなあと思います。
さあ。
今日も頑張ります。
 

 

ボクのホームページ
http://hco.nomaki.jp/
 

 

窪町スタジオ
http://kubomachi.nomaki.jp/
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冬間近

 

この前まで温かな毎日でしたが、朝晩に冷え込んできて冬間近という感じです。
先月の終わりくらいに、最後まで残しておいたピーマンとナスの苗を抜きました。
ナスが良い感じに育ってくれてたくさん収穫できたのに、ピーマンはあまり実が成らずの夏でした。
ピーマンの苗は早めに抜いちゃおうかなあとも思ったのですが、少し花をつけていたので、ナスを終えるときまでそのままにしておきました。
あんまりならんのぅと思っていたピーマンですが、整理するときに収穫すると、存外の数が成っていました。
こういうのも野菜づくりの面白いところです。
 

 

いよいよ、これで夏が終わりです。(世間では、とっくに夏は終わっていましたが)
ビニールハウスを設置して、ほうれん草、小松菜、青梗菜、白菜、レタス、蕪の種を蒔きました。
さてさて。
どれくらい収穫できるか、楽しみに育てたいと思います。
 

 

 

 

花のプランターを並べておく棚も片づけたのですが、柱にカマキリの卵が生みつけられていました。
この部品だけ洗浄できないですが、まあ、しかたないので北風があたらず温かなところに移してあげました。
おそらく、来年の初夏には孵化するのではないかと思います。
こちらは、育てるというより見守りたいと思います。

 

 

ボクのホームページ
http://hco.nomaki.jp/


窪町スタジオ
http://kubomachi.nomaki.jp/
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

GOGO舞浜

 

GOGO舞浜
昨日の朝、GOGO舞浜が走っていきました。
埼玉県民の日に合わせて臨時運行されたそうです。
良く晴れた青空の下を、白地に緑のラインの列車が走り抜けていきました。


来週のロケ撮影や取材撮影に出かける準備で交通や乗換計画をしていて、この日に臨時運行があることを知りました。
変わりダネの列車が通るときって、たいがい撮り鉄の人たちがオーバーブリッジの上に並んでいますが、昨日は誰一人としていませんでした。
ボクのようなものが臨時運行を知ったのに、撮り鉄の人たちが知らないワケはないと思うので、どうしたものかと不思議です。
もしかしたら、このGOGO舞浜という列車は変わりダネの範疇になくて、あんまり珍しいものじゃないなのでしょうか。
撮り鉄の人たちがいないほうが、かえって珍しい光景でした。

ビデオカメラでも撮影し、ユーチューブにもアップしました。
ここ>をクリックするとYou Tube(ユーチューブ)のページでもご覧いただけます。


ボクのホームページ
http://hco.nomaki.jp/


窪町スタジオ
http://kubomachi.nomaki.jp/









































































































































































































 

 

 

 

 

 

ありえないほどうるさいオルゴール店(著・瀧羽麻子)

 

瀧羽麻子さんの「ありえないほどうるさいオルゴール店」を読みました。
客の心にある音楽が聴こえるという店主がつくるオルゴールにまつわる物語でした。
ハートウォーミングなストーリーなのですが、「なぜ店主は相手の心にある音楽が聴こえるのか」の謎解きがなされていないのが残念です。
なんか、これじゃあ、ちっぽけなSFっていう感じでした。
ちょっと残念な部類に入るかなあと思います。


ボクのホームページ
http://hco.nomaki.jp/
 

 

窪町スタジオ
http://kubomachi.nomaki.jp/
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>