カメラマン長谷川修のブログ


$カメラマン長谷川修のブログ



東京都内(文京区)に撮影スタジオがあるフリーカメラマン です。

企業広告(コマーシャル)や広報、雑誌を中心に活動しています。

ポートレート(人物)、静物(商品)、料理、スナップなど幅広いジャンルで写真撮影しているプロカメラマン です。

写真撮影は何でもご依頼ください。
東京都内(文京区)に撮影スタジオがあります。
スタジオ撮影はもちろん、ロケ撮影や出張撮影にも対応いたします。






「これからはじめる商品撮影の教科書」(技術評論社)という書籍を出版しました。
こういう写真撮影の解説書籍は、今回で5冊目で初めての単独著書です。
今までは共著助太刀的手伝いの立場 での著書のものでしたが、5冊目にして初の単独著書になるのです。


そして、「このような内容で」という最初の原案や構成を考え、作例写真を全て考えて撮影し解説文を書き綴ったことでもあり、まるで宝物のような思いの一冊です。


内容は、タイトルにあるように商品撮影の基本について解説したものですが、大型ストロボやスタンド、ポール、ディフューザーなどプロ用の撮影機材ではなく、電球型蛍光灯とディフューズボックスを使うセッティングの解説を主にしました。
また、基本的なセッティング、もっとも大切な考え方である「光の質」と「光の方向」について、質や形状の異なる商品ごとの作例など、スタジオ撮影の基礎から応用までをわかりやすく解説しています。


せひ、お買い求めの上、ご一読ください。



また、ボクのホームページでは、作品写真や仕事履歴などを掲載しています。
ホームページは、<
こちら >か次のアドレスをクリックしてください。

http://hco.nomaki.jp/


それと、作品撮りにご協力くださる方がいらっしゃいましたら、ぜひお声掛けください。
力を合わせて、いい作品をつくりませんか。
詳しくは、このホームページをご覧ください。
http://hco.nomaki.jp/bosyu/index.html

個人向け撮影の「窪町スタジオ 」もご利用ください。


メッセージやコメント、読者登録、アメンバー登録、ペタなども、

どうぞよろしくお願いいたします。



$カメラマン長谷川修のブログ(フェースブック) も始めましたので「友達になる」をぜひプチッとクリックしてください。ぜひ!







1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

夏が終わり、次に進む

 

 

夏野菜の最後の収穫です。
10月に入っても温かい日が続いたからなのか、実がなっているナスとピーマンは切らずにおいておきました。
でも、急に寒くなってきたし、葉物野菜を育てるには、もうそろそろ土づくりを始めないとなあと思っていることもあり、思い切って切ることにしたのです。
切る前に実を収穫したら、思いのほかたくさんなっていました。
まだまだヒヨコみたいな小さいのもあり、もったいないかなあとも思いましたが、いつまでもおいておくことはできないので、ここはばっさりと思い切りました。
それに、金曜日は一日中雨という天気予想でしたから、その前に土をしっかり耕して元肥と苦土石灰を混ぜておきたいという思いもあり、次に進もうと思ったのです。
そう。
「ボクたちは、ぐずぐずと立ち止まってなんかいられない。次に進まなければ」という感じです。
「次」もたくさん収穫できますようにと願いを込めながらのナスとピーマンを切り取っての土づくりです。
 

 

ボクのホームページ
http://hco.nomaki.jp/


窪町スタジオ
http://kubomachi.nomaki.jp/
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その手をにぎりたい(著・柚木麻子)

 

柚木麻子さんの「その手をにぎりたい」を読みました。
まさにバブル経済真っただ中の東京で、上等の鮨を味わってしまったがゆえに、美食と艶のに溺れるためにバブルの海に身を投じる女性の10年を描く物語でした。
引っ込み思案で事務職だった女性が、劇的に変わっていく姿、飽食や傲慢さが満ち満ちたバブル当時の社会そして、高みで踊っていた者ほど泡が弾けた瞬間に深い奈落へ沈む様などをなどを細かく描いているなあと思いました。
 

 

ボクのホームページ
http://hco.nomaki.jp/
 

 

窪町スタジオ
http://kubomachi.nomaki.jp/
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

甘いお菓子は食べません(著・田中兆子)

 

第10回女による女のためのR-18文学賞読者賞受賞作品「べしみ」が収録された田中兆子さんの「甘いお菓子は食べません」を読みました。
結婚やリストラや家族との関係性などに迷い悩む40歳代の女性を描く6つの短編小説です。
まあ、40年も人生を歩んでいれば、違った道があったのではないかとか、ああすればよかったのかとか、後悔や迷いや人に言えない秘密とかを抱えていたり、開き直りのような図太い思いも兼ね備えているワケで、そういった点を細やかに繊細に描かれているのなあと思いました。

 

 

ボクのホームページ
http://hco.nomaki.jp/
 

 

窪町スタジオ
http://kubomachi.nomaki.jp/
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

携帯電話のバッテリーがもう少しで9日越え

 

 

携帯電話のバッテリーの残りが、9日間越えまでもうちょっとの8分足らずでした。
朝の時点でバッテリーの残量が8%だったのですが、8日を優に超えていたので9日間達成ができるのではと思ったのですが、夜に力尽きました。
これまで8日を超えるのはザラにあったので、9日越えできるのではと思ったのですが、やはりムリのようです。
 

 

仕事での連絡伝達はパソコンタブレットでじゅうぶん間に合いますし、携帯電話のキーをちまちま操作して極小のモニタを睨むように見るより、パソコンの大きなモニタでキーボードを打ち込むほうが気持ち良いし、何より効率は抜群なんだと思うのです。
まあ、電話で仲良くお話する友だちがいないって言やぁそのとおり(笑)なのですが、こんなにも携帯電話を使わないとは・・・・。
 

 

2015年8月にスマートホンに切り替え、その後、2017年12月に原因不明のトラブルがあって交換してもらってから以来、ずっと持ってきましたが、移動中でもマウスコンピューターのタブレットPCが使いやすくて、携帯電話を使うことはまずないので、スマートホンじゃなくていわゆるガラケーに戻そうかなあと考えています。
まあ、利用料金がスマートホンのほうが安いのであればこのまま使い続けるし、そうじゃなければガラケーに切り替え直そうと思っています。
 

 

ボクのホームページ
http://hco.nomaki.jp/
 

 

窪町スタジオ
http://kubomachi.nomaki.jp/
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ありがとう、さようなら(著・瀬尾まいこ)

 

 

瀬尾まいこさんの「ありがとう、さようなら」を読みました。
教員生活での出来事にまつわる、少し前に読んだ「見えない誰かと」の続編のようなエッセイ集です。
きっと、学校の先生っていろいろたいへんなこともあるのだろうなあと思うし、実際、学校の先生を取材撮影させてもらうこともあり、たいへんだなあと思うんです。
でも、このエッセイ集は、たいへんさよりも楽しさが前面にあり全面にあります。
ただ、こんなにも熱く接した生徒たちはいずれ旅立って行き、そして、次の春には新たな生徒たちがまたやってくるワケで、同じモチベーションを保ち続けるのってたいへんだろうなあと思いました。
 

 

ボクのホームページ
http://hco.nomaki.jp/
 

 

窪町スタジオ
http://kubomachi.nomaki.jp/
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>