阿南毅と小僧のこころ
  • 27Nov
    • ピーカブーに憧れて冬の画像

      ピーカブーに憧れて冬

      オレのとこにもサンタクロースやってこい🎅今でも信じるフリしてるからやってこい🎅どうも、どうもオレンジコスメのもうじきハッピーバースデー阿南です🍊書いていいかなぁ書いてもいいよなぁでもここんとこ西山ネタ多いしなぁ…まぁでもいいよな、多少は僕がオレンジコスメに入社してもう十数年が経ちましてその前は美容師さんでしたから美容メーカーで働いて初めてスーツを着る仕事、名刺ケースと営業カバンをもつことになったんですがその時から自分の中でこだわりがありましてそれは入社年数が経つごとに持ち物を「レベルアップ」させていくということです新人でペーペーの時は既製品のスーツすぐくたびれてもいいような革靴嫌味のない腕時計、ほどほどの名刺入れそれと汚れても気にならない営業カバン…これをですね自身の仕事ぶりや能力、経験値に合わせてレベルアップさせその物が見合う人間になろうとありがたいことにたくさんのお客様のおかげで順調に阿南はスクスクと成長させていただきある程度の物を身につけられるようになりました上を見ればキリがないけど現時点ではこれが自分には見合うだろうという物しかしながら唯一悩んでいることがありますそれが営業カバンです初代から数えると…もう六代目くらいになっていて今の営業カバンもかなり気に入っていますがここ一番どうしても勝負の時公私ともに子々孫々渡していけるそんな営業…いや「カバン」が阿南はそろそろ欲しいわけですで、分不相応だとは思うのですが初めはエルメスで探しておりましたそう、エルメスと言えば「バーキン」ですエルメスが特別好きだったわけではありませんが、自分がかっこいいと思う大人がそれを愛用しているのを知り憧れたんです干場氏ですファッション業界では超有名な方ですからこのブログを読んでくださっている方もご存知ではなかろうかと思います憧れと書きましたが、まぁちょいと違うかな…ライダースが欲しくて探してたときにたまたま画像が出てきましてねそこで「お、かっこええやん」から始まって干場氏が愛用しているライダースを買ったんです自分がしたい服装を干場氏はしていましたしねそうなると干場が持っている物が気になりだして色々調べていくと、どれもこれも僕のツボでしてで、結果干場氏愛用のバーキン欲しいなって…ただね、欲しいなじゃ、買うかこうはならないいや、買うかではなくて買えないんですもの物があるとかないとか以前にそんな富豪ではありませんからねどう頑張ってもこりゃ無理だと悟りエルメスのバーキンは諦めたんです負け惜しみではないですが一介のセールスがバーキンで仕事は…ね笑で、もっとリアリティのある物はないか探していて見つけたのがFENDIの「ピーカブー」まず名前がとても良いじゃないですか美容業界に生きる人間であれば言わずと知れた美容師 川島文夫さんそんな大御所の美容室が「PEEK A BOO」遠目にしか見たことはありませんがもうこれは運命なんだと唐突に思い詰め阿南は一生物のカバンに決めたんですが、しかし…そこはFENDIさんなわけですよバーキンほどではないにしろまぁお値段が、それはそれはどこをどうしたら、そうなるのでしょうか今の僕でも、10年後の僕でもハードルが高いですからコツコツと貯金を始めたんです「ピーカブー貯金」をねいつか手にするその日を夢見てさて、ようやくここで西山ですよ彼と営業カバンについて話していて「オレ、ピーカブー欲しいんだよね」ってそしたらなんと西山がピーカブーを知っていて「あー、阿南さんMBみたっすねー笑」的なよくわからない感じな返ししてきたんです話を聞いてみると、どうもMBという名前のファッショニスタ的な方がYouTubeで「ピーカブーがいいぜ!」と話されてたと僕は干場氏→バーキン→ピーカブーという美しくも切なさの漂う流れで覚悟を決めてたんでそのMBの流れと言われたことに今でも苛ついているわけですがまぁなんやかんやでピーカブーは凄いと西山も欲しいんすよね〜って軽く言っててでもそんな簡単には買えないんだよね〜ってその1ヶ月後でした西山が「阿南さん、買っちゃいました」って何を?って、この流れならお分かりでしょう彼は「ピーカブー」を手に入れたのです阿南は正直やられた…と思いましたよなんせ生涯の逸品を後輩が先に買ったわけで僕が貯金をして買っても後追いじゃないですかこれ、MBがとかじゃなくてむしろ西山に憧れて買いました的なそんな風にも取られかねない由々しき事態はぁ…オレ、ピーカブー買うのやめよかなそう思いながらも嬉しそうに語る西山の話を聞いていましたらピーカブーはピーカブーでも「ピーカブー エックスライト」という本来阿南が欲しい形とは若干違う物だったんですうっしっしこれは幸いだぞ、と西山とはセンスが違った、とオレはオレの道をゆけばいいんだとあらためてピーカブー貯金に精を出し始めた…これだとなんのオチもありませんよねさぁここから話は急転直下なんとあの干場氏もピーカブーを購入したというじゃないですかしかもオーダーまでして購入したとやっぱ良いカバンなんだよねピーカブー気を良くしながらその記事見てると干場氏が買ったカバンもエックスライトの方じゃねぇか!!あー…これはもうどうしようもない阿南は西山の後追い、真似をすることを決意したのでした。って話です長文駄文読んでいただきありがとうごぜぇます歳とると「物の数より物の質」が大事になりますね今回はカバンの話でしたが物だけでなく人でも同じことですよね🙆‍♂️

  • 25Nov
    • 鼻くそほじらんといてくれますかの画像

      鼻くそほじらんといてくれますか

      西山の野郎…マジでごめんな🙏どうも、オレンジコスメの隙あらば鼻くそホッジィオットコ阿南です🍊すんません…会社HPのブログでねこんなこと書いてどうすんだってそれはわかっちゃいるんですけどねただいま深夜1時を回ったところでして明日も早いんですがどうにも眠れず深夜テンションでブログ書いてますこの話はですねほんと最近のことなんですが西山の車に僕と門田が乗ってた時のこと僕は鼻が異常にムズムズしてたんですよで、長年の勘でピコーンときたわけですあ…オレ鼻毛出とるぞ、とねでもその時僕は助手席にいるわけで鼻毛をむしりとるわけにはいかないじゃないですか?オラァ!!オラァ!!ってさそれバレバレじゃないですか?幸いなことにレディである門田は後部座席西山は話しと運転に集中してるんでこっそりともぞもぞやっとったんですわでもどうにもこうにもムズムズはとれない…押しても引いてもダメってことでドンドンと僕の行動は堂々としちゃってたんでしょうねそれでも僕の全神経は鼻に向いてますから周りのことなど見えてなかったんですよただね、いくらやっても悪足掻きみたいなんでそろそろ鼻の穴からお暇しようかなってそう思っていた矢先「鼻くそほじらんといてくれますか」「そのほじくった指どうするつもりですか」「その指が気になって運転に身が入らん」突然西山が奇声張り上げたんすわそらもう驚いたのなんのってねだって後ろに門田おるんすよ?ほんで僕は2人の上司なんすよ?いわば偉いさんなわけでそんな僕を堂々と辱め処刑してきたんす門田はそこで思いますわな「うわ…阿南のやつ鼻くそ食べとる」って「それ小学生がやるやつやん」って「でも鼻くそ食うと免疫力UPらしいな」って車の中は一気に鼻くそ阿南叩きムードあの時の西山はやばかったんですよこともあろうに僕を辱めるなんてね右側の運転席からは嫌悪感後部座席からは見下した感助手席の僕はもうなんも言えなくて冬、感まぁそういうことがあったもんで鼻毛は僕の鼻の中で所在なさげに黄昏てたイノセントワールドって話ですわ僕、思ったもんね次はもう少し運転席の目線に気を払って鼻くそほじくったろってほんで本革のシートにつけたろって👃

  • 18Nov
    • もったいないねの画像

      もったいないね

      どうしたって時間の無駄遣い。なぁ…オレンジコスメの阿南です🍊アナキンって呼んでもらいたくて頑張ってるフリしてましたけども全く浸透しないのでそろそろ痛いやつ、いや…とっくの昔に痛いやつ、なのでもう普通に阿南ですでいきますね…歳取るとね、視界が変わりません?昔と感覚が違うっていうんですかね良くも悪くも考え方とかって変わる感じあー、もったいねぇそう思うことがやたらと多い日々です昔の自分なら「関係ないね、他人のことなど」自分のことで精一杯だったからというか1人で出来るもん!的な?でも大業を成そうと思ったらやっぱ1人より大勢なんですよねアレもコレもやるなんなら全部自分でやってみるやってみると出来ないわけじゃなくて自分がやらなくてもいいと判断が出来るそれぞれに存在意義があるそれを自分から放てる人間と放てない人間がいて放てない人間を見ているとなんて勿体ないんだろう…ってそんな風に思ってしまうんですよ例えばその辺の運動場で150キロのストレート投げてる小学生がいたとしてその子は運動なにもやっていなくてでも、どう見たって才能の塊じゃないですか野球やらせるべき!とまでは言わないにしても野球って可能性を教えてあげるべきではないか唐突な例えではあるけどこんな感じ能力っていうのはやり続けていないと外には見えてこないと思うが地味でも目立たなくても人当たりが良くても悪くても新しかろうが古かろうが続けてる人からは見えてくる自分で気づいて活かせれてれば良しでもそうじゃない人ってたくさんいる偉そうに書くことじゃないと思うけど努力の方向が違ったり主張が全体に合っていなかったりほんの僅かな…些細な違いもったいないそういう人まわりにいません?なんでそんな感じかなぁ?ってもったいないなぁって人を変えてやろうなんて烏滸がましいけど自分が変わってそういう人と関わることでもったいないがなくなればいいなとそんな風に思う日々ですこう、なんか、イライラというか笑小さな穴に糸が通らない感じ温故知新と新進気鋭合わさったら凄いだろうに。

  • 17Nov
    • 薩摩藩の人事評価の画像

      薩摩藩の人事評価

      現代ではどうなっていますかね。や、オレンジコスメの阿南です🍊こないだTwitterで見かけておもろかったんでブログに書いてみようかなと思います薩摩藩の明治維新の頃に採用していた評価基準1番目新たなことに挑戦して成功した人2番目新たなことに挑戦して失敗した人3番目自分では挑戦しなかったが挑戦した人を手助けした人4番目何もしなかった人5番目何もせずに批判している人皆さんは何番目ですか?僕は1番と2番の間かなって自分を評価してます決して粋がってるわけではなくてむしろ良くない評価です新しいことに挑戦はするのだけれどそれが成功か失敗かわかっていないまたは結末を迎えられていない中途半端うーん、これは失敗の部類に入るのかな?「新しいことに挑戦」してます?って聞くと大抵やってるって言いますでもそれって日常的な仕事の一部であり全然新しいことではないんですよね誰かに言われてやってることやいつもと違う仕事をしていたりこんなのは新しくもなんともないそう、だから5番目の人が実は多い自分はやってる(やっていない)で、文句や態度で悪臭を放つ…っていうねまぁ3番目から下の人はどうでもいいです大事なのは2番目を評価する風土ここを大事にしない限りは1番も3番もない幕末の先人たちはそれを理解して失敗を積極的に評価していたのにそれがいつの間にか忘れられてしまった(って小林さんて方が書いてた)会社や組織や立場が大きくなればなるほど自由に失敗は出来なくなるんですよね自分だけの失敗で終わらないし責任てやつがついてきますからだから人数の多くない会社や横並びの立場である場合はどんどん挑戦していくにかぎる僕の場合は評価されたいっていうよりかは早く楽がしたいという信念に基づいて新しいことを模索し、とにかくやるそんな感じで動いています新しいことってとにかく楽しいですしね誰もやらない?じゃあやるわ!って先駆者いないわけだから批判されても雑魚がなんか言ってら(笑)で終わりで、何が楽かっていうとそういう自分の姿を馬鹿にしながらもちょっと真似してみるか…あいつうるせぇしな…そんな風に考えて行動を起こす人がいると自分の仕事はどんどん減っていくわけで要は「任せられる」ってことなんですよねそうするとまた自分は新しいことに挑戦することが出来るという良い流れ僕らは営業だから数字という明確なものが評価基準としてあるのだけれど薩摩藩の人事評価これを全面に押し出してる評価基準があってもいいなと思ったりした新しいことを見つけるのも大変だし挑戦はもっと大変かもしれないし成功、失敗、結果を見つめるのも大変かも生き方の問題かなどうせ生きるならこう生きたくないかそう思ったでごわす。

  • 14Nov
    • 豚まんは2つまで

      身体がやめてって言っているの。やぁ、オレンジコスメの阿南です🍊この会社に入って色んな場所に行き色んなものを食べてきましたプライベートではまず行けないであろう場所も出張で仕事のついでにバクバクと…おかげで身体は2回りはデカくなりましたねその土地土地で忘れられない食べ物はあって何度も行けない場所ならなおさらなんですがいつでも行けるからいつでも食べられるのにそれでも毎回食べてしまうものがありますそれが551蓬莱の豚まんです僕は九州出身なんで豚まんという名称に違和感があって、それって肉まんでしょ?酢醤油で食べるのがデフォでしょ?ってそんな風に思ってたんですねでも今や肉まんを口にすることはありませんし酢醤油で食べることもなくなってしまいました決まって「豚まん」を「からし」で食べますそれも出張帰りに必ず決まって「3つ」まだ仕事に慣れず豚まんに慣れつつあった頃は出張当日に「4つ」という暴挙を繰り返していましたが当日ではお腹の具合が悪くなることと朝ごはんとして4つも食べるせいで眠気と腹パンで集中力を欠くことに気づき色々な経験値の上昇とともに豚まんを帰社日に「3つ」というそんなルールが出来上がったのです今回もそのルールに従って551蓬莱に着くなり「豚まん3つで」とお声をかけいつものようにカラシの小袋を3つ開けレモン水で口の中をフラットにし豚まん3つの到着を待っておりました…その時です…突然僕の頭の中に誰かが割り込んできた「…かん…あ…かん…あかん…」え?オレあなんやけど?ってなんやこの呼び掛けは、僕は戸惑いましたこれはドッキリなのだろうか?周囲を見渡しても仕事中にも関わらず恋愛話に花を咲かせる蓬莱スタッフしかおりませんしなにが「あかん」のや?不思議な現象です嘘ですとはいえそんなのに付き合ってるわけにはいきません気づくと目の前にはホカホカの豚まんがすでに「3つ」到着しているのですからでも何かが違うのです…仕事中にも関わらず、相変わらず彼氏がね〜プレゼントに財布くれてんけどね〜ウチ気にいらんかったからね〜PRADAの買わしたってん!!ぼっちの豚まんハンター阿南の前でなんという話をしているのか!!とこんなことで怒るなんてオレも年取ったぜやれやれ…なんて思いながらホカホカの豚まんを見つめるだけで手には取れなかった何か、違うんやシルエットがもう違う求めてないんやなぁこれを成長というのでしょうか?それとも老化というのでしょうか?この日を境に豚まんは「2つまで」僕は変わってしまったのですこんな突然の変化には通常戸惑いがつきものですしかしナチュラルでした収まるとこに収まったな(僕の胃に)そういえば…一昨日の夜、寝る前に何故か自分を産んだ人のことを思い出したんです最後に顔を見てから20年以上経ってるんで今どこで何しているのか?生きているのかさえ僕は知らないんですがねはははなるほど豚まんが3つから2つになった理由僕は母を求めているのかもしれないブログ書きながら変化球すげぇなって自分でも思うんですけど、ここからさらに美容ネタに繋げられないか考えてますなにがどうキッカケになるかわからんもんですまさか豚まんで成長だの老化だの母だのと考えてしまうなんて思いもしなかったただね、なんか弾けたんですよね知らぬ間に「オレ変わったな」じゃなくてハッキリと自覚しながら「変わりそう」「変わろうとしている」「変わった」そう思うそれが吉と出るか凶と出るかはまだ不明でも豚まんから人を想う情まで辿りつけたんだから少なくとも自分にとってはプラスだろう。

  • 13Nov
    • オレにはまだ暑すぎる

      せめて10度は下回ってくれなきゃ。やぁ、オレンジコスメの阿南です最近寒くなったね〜と書いたかと思えばまだ暑すぎるなんて書くあたり自分の支離滅裂感に若干の戸惑いはありますがこれも暑さのせいということにしておきましょう冒頭で10度という数字を書きましたが実際には気温はどうでもよくて肝心なのは汗をかくか・かかないかこれだけのことですさすがに夏のようにジッとしていても汗が大噴火するようなことはありませんが少し動けばやはり汗出てる感がありますこれがワイは嫌なのです知らぬ間に出て体温調整やってくれりゃいいのに「いま、汗だしていきます」的なテンションで特に服の重なりが多い部分にて嫌な雰囲気を感じるわけですだから早くもっと凍えさせてくれとえ?じゃあ薄着になりゃいいじゃん?服着ておいて文句言うなよこのご意見はごもっともでありますですが正論ばかりが通る世の中ではありません夏の暑い日に会社のエアコンを強くするこれは通らないですよね?何故かといえば「寒がりに合わせるから」です僕からすれば今は夏だ!こっちは暑いから脱げるとこまでは脱いでいるそれでも暑いから機械の力を借りる寒いのならもっと厚着をしてきてくれと冬なら頭大丈夫?案件ですが夏ですからこれは僕の正論ですが通りませんよ寒いと震える人たちに合わせるのが世の中では普通のことですからなのでもうじき師走かというこんな時期にタンクトップに短パンで寒さを満喫するなんてのはおかしいのですうわっ…やべぇ人いるじゃん…目を合わさないでおこっと冬なのに露出狂かよ…ってねだから冬だとて容易には脱げないのですだから早く、もっともっと寒くなれと僕は日々祈っているのですそういえばね、こんなこともありました最近眼鏡を新調したんですよ毎年1本は作るので、今年もねだから結構な数がすでにあるんですが今年はちょっといいやつ作ろうと思いまして公私ともに使えて少しレンズの色の濃いやつを普段の僕をご存知の方ならレンズに薄い色付きの眼鏡を常にかけていることは周知かと思いますがそれのもう少し色濃い版で太陽に抗えるものそんなものを作ったんです意外にお金がかかって泣きましたがそれでも今までで1番カッコよくて満足してましたで、今月からその眼鏡をデビューさせたんですがなんせマスクつけてるじゃないですか?ほんでレンズの色濃いわけですよつまりマスクにサングラスっていう風に外からは見えてしまうようでして…実際自分で見ても怪しいな…って思わず外してカバンにしまっちゃいましたよ人の目なんて気にならないタイプそう思っていたんですが歳をとって羞恥心や常識を知ったのでしょうか周りに合わせることを知ったのでしょうかなんか違うんだよな自分の考える自分とまぁそんなこんなで首すじ流れる一筋の汗にはぁ…とため息の漏れる朝の移動中でしたせめてマスクがなければなぁあ!暑くなるのも眼鏡つけにくいのもマスクのせいじゃねぇか!!って思って感染症の早い終息を願うのでした🙆‍♂️

  • 12Nov
    • 不可思議

      怖い怖い怖い怖い怖いそうか…この日だったんだ振り返りというやつは役に立つ毎年ここらへんで絶望を味わう絶好調で1年走り抜けられるそう思っていたところ残り1か月ちょいでダウンするこのままいけばゴールド免許やん!ってワクワクした瞬間に切符きられる的な…ねでも今回は大丈夫だという確信がある自ら体調不良に足を突っ込まなければ腰痛くらいで今年は終わるはずだ何故か?それはきっと皆も同じだと思うが日々の体調に例年以上に気を使っているから体温を測られる時はいつだってドキドキする💓ないよな?オレ熱ないよな?汗かいてるけどそれはデブなだけで根本的に熱はないよな?ってドキドキするマスク常備はもちろんのこと「つよし危うきに近寄らず」うがい、手洗い、靴まで消毒万が一は運が悪いではすまないと自分の行動に自分以外の責任感をもつこれで体調がおかしくなったとしたらそれこそタイトルの「不可思議」である例年であれば猛威を振るっていたインフルも今年はナリを潜めているようだしこのまま、このまま、このままいければなんだかんだあったとて自分にとっては良い1年だったそう言えると思う我慢続きだなぁ…そう思っていたらいつのまにかそれは日常になっていた進化はネガティブなことがキッカケになることも多いのだろうあの日のように戻れればと思うことはあるが足を止めたり、後ろに戻る余裕はないし兎にも角にも前進するしかないので適者生存今の環境で強く生きていくのみである簡単に書くと風邪ひかんようにしよそういうことである。

  • 05Nov
    • 寒くなってきましたね

      ここ数日で急激に気温が下がった・・・感ありどうもオレンジコスメの不定期開催イケオジ阿南です🍊ヒュルリ、ヒュルリ最近寝るときに暖房をつけて寝てます半袖パンイチで毛布をかぶってねもっと厚着すればいいんやないか?そう思われることも言われることもたくさんあるのですがそれでは意味ないんですよね・・・だって服着たら快適じゃないですもんもともと人間って素っ裸で生活してたわけじゃないですか?それが進化の過程でさ急所を隠すようになり和服になって今では誰もが洋服でしょどうもね・・・オレは服が嫌いなんだろうなお犬様やお猫様が服着てるのみても「あれ?もしかしてオレと同じ気持ち・・・?」って同情してしまうこともありますからねじゃあよー!!おめえ裸で生活したらええやろが!!なんて極端なことを言われる方が稀にいらっしゃる・・・いや、そんな方はいないかまあ現代の生活の中で服を着ないという選択は公衆の面前以外でないと成立しないため1人の世界で過ごすときのみ解禁されるさて、ここまでダラダラ書いている駄文をわざわざ読んでくれている賢明な読者の方はすでにご理解をされていると思うが今回も例によって特に意味のない文字の羅列なのですしかしながらどういう話がしたいのか?というのは頭の中にありましてねそれは僕が体調壊さないとイキってたら速攻で崩すという「ジンクス」の話なのです大抵この時期くらいになると「あれ?オレ今年一度も風邪ひいてなくね?」健康優良児やん!すげっ!オレすげっ!!って思うわけですがこれを思った翌々週あたりに毎年ぶっ倒れるってのが恒例になりつつあるブログ見返すと来週再来週あたりが非常に危険だぞ・・・とねで下旬の誕生日には回復するから阿南は11月はいよいよ働かんなって笑ネタにされてしまうわけですねー、これ裸で生活してるからじゃね?って遂に気づきそうになっているわけですが自分のライフスタイルを否定するわけにはいかないじゃないですかそう、だからね今月も来月もこれからもっと寒くなってきても我、裸で過ごすなりっていう覚悟を表明体調崩したらまたブログで書きますねしかし是非皆さんにも試してほしいかも裸で過ごすと感覚研ぎ澄まされるんでねモノは試しやってみ?

  • 31Oct
    • ウソから始まる恋と仕事の成功術の画像

      ウソから始まる恋と仕事の成功術

      すごいタイトルだなって思うよねこれ映画です結構古めのやつ普段ならまず観ないこういうジャンルのはねただ…ストーリーが少し気になりましてねそれで最後まで観てみました嘘のない世界で生きてる主人公が世界で初めて嘘をつく、事実でないことを口に出すことを閃いた、さぁどうなる?って話なんですがね…興味ある方は是非ご覧くださいさて、この世は嘘にまみれてるそんな風に僕は思うわけですが実際嘘だらけだから良い部分てめちゃくちゃ多いと思うんですよね嘘っていうと「悪いこと」みたいなそんなイメージがほとんどかと思いますがよく考えるとそうでもない例えば僕を見て「阿南、お前ブスやな」そういう人は一人もいませんこれは僕がそこそこイケメンだからっていうわけではなくてみんな嘘ついてくれてるんですあくまで例えですよ?僕のことどう思う?なんて普通の会話では中々ありませんしそこで嘘をつかずに本音で「お前はブスやで」「顔見てるのゲロ吐きそう」「とにかくしんどいわ」そんなことを言う悪者はよほどじゃない限り存在しないのですコミュニケーションを円滑にするため皆さん上手いこと言葉を選択するこれが嘘?って言われるとアレですが事実でないことを言ったとすればそれは嘘の範疇だろうと考えますで、いつから嘘って始まったんでしょうね人間が言葉でコミュニケーションをとるようになって、かなりの時が経ちましたが「嘘」という言葉も概念もない時にどのようにして閃いたんだろうか?ってとても気になるんですはたしてそれは良い嘘だったのかそれとも悪い嘘だったのかどちらなんでしょうね笑この映画を観てから自分はどれだけ嘘をついているかなぁってちょっと考えながら生活してみたんですするとこれがまた結構多くて笑出張でホテルに泊まった時に受付の方が新人さんでとにかく遅くてまぁ仕事終わりで疲れてるわけですがあとは寝るだけだし、のんびり待ってたら「お待たせして申し訳ありませんでした」ときたそこで僕は「いいえ、大丈夫です。ありがとう」そう答えたんですが本音でいうと…「おい、隣に立ってる姉ちゃん?新人のおじさんテンパっとるやないか?手伝ってあげようって思わんのか?これもあんたらの教育なんかもしれんけどな、客が待っとるんやで?おっさんもおっさんや!わからんのなら聞いたらええがな!これは練習やなくて本番や!本番であかんのなら隣の姉ちゃんに頼ってくれや!はよ寝たいんや!ったくよぉ!!」みたいなことを言いたくなってましたでも口から出るのは「大丈夫、ありがとう」そういう感謝の言葉なんも大丈夫じゃなかったしありがとう?待たされたのに?目の前で不愉快なコミュニケーションを見せられたにも関わらずありがとう???シレッと僕も嘘ついてるんですまぁ嘘というか本音を出さずにこれが普通の人だろ、っていう対応をしてるだけなんですけどねそう考えると毎日どこかしらでみんな嘘つきながら波風が立たないようにみんながみんなでバランスを保ってるから平和に暮らしていけるんだなぁってそんな感じで終わるんだ…っていう僕のブログみたいな映画ですが暇つぶしにちょうど良かったです🙆‍♂️

  • 30Oct
    • 書こうと思えばいくらでも書ける

      それは書くのが得意だから、好きだからだろ?いやいや、そんなことはありませんぜ仮に自分で得意だ、好きだと思ってても「面倒くさい」ってのはまた別問題する必要がないのならそこに意味を見出せないならブログもその他発信もやる必要なんてないんですよねでも時代ですってこれが当たり前のじ、だ、い特にコロナなど感染症と共に生きていくって考えたらこういうの当然だろって思ういや意味ないでしょ?って言えるのはやったことがある、やり続けたことがあるそういう人だけが言える言葉です誰もが始める前に「やらない理由」を自分に都合が良いように考えてそれでやらないやるのが当たり前のことをやらない他のことやってる?いや、それもやってくれその上でこういうことにも取り組んでくれ僕はそういう風に思ってます僕は社長ではないので自分の部下にだけ最初はほぼ強制じみた感じで始めてもらったけど自分が社長なら社員全員に強制すると思うな笑うーん、いやそういう時代じゃないんですかね僕が昭和引きずってますかね…そういうのブラックって言うんですか?笑この程度でブラックってなったらそれはもうすみませんとしか言いようがないけどこれら全てのことは誰のためにやっているか「誰」が見えてないモノにはなんのコトも宿らないし浅く薄く残念な結果しか…やりたいやつがやってればいいやりたいことだけやってればいい子どもの時ってそうだったっけか?やりたくない習い事たくさんやらされた勉強だってしたくなかったけど親に言われてそこそこはやったいま思い返すともっとやってれば…英語やスポーツ習ってれば…そういう後悔の記憶は誰にでもある歳取って大人になって出来ることはその後悔の記憶の数をこれ以上増やさずやってやったぜ!っていう達成感を日々積み上げていくことなんじゃないかと挑戦なくして成功なし口で言うのは簡単なんだって?いや、やるのも簡単ですよやらない方が難しいことばかり難しくしていくばかりですこのブログを読んで何か始めてみようかな?って気軽に思っていただけたら嬉しいです🙆‍♂️

  • 29Oct
    • ポテトチップス邪道喰いの画像

      ポテトチップス邪道喰い

      私のような達人ともなれば食べ方には決まったルールがあるポテトチップスをいかに無駄にせず最後まで美味しく食べるか…これには食べる順番が大きく影響を及ぼす私は「寿司理論」と呼んでいるが要は味の薄いものから濃いものへ食べ進めていくという手法だであるからして色んな種類を食べる時はうすしお→うすしお→うすしお→コンソメ→コンソメ→カラムーチョこのような流れになってくる同じ系統で量を食べるとしてもカルビーうすしお×3→湖池屋うすしお×4味をブラさずにやるのがデフォところがだ思い返しても不思議なのだが数十年続いてきたいわば法律がふとしたことで崩されたのだこの写真を見てもらえればご理解いただけると思うが全ての袋がオープンされてるのはもとより1つとして同じ味がないのだ…これはとんでもないことですよ🤔我ながらアホかと、なんてことをしてるんだコイツはと思いきり罵声を浴びせたくなる行為…でもね、進んでいかなきゃって現実に満足することなく常に新しさ求めていかなきゃってそれが美容業界に身を置くものとして当たり前の行動だと思うしポテトチップスを背負う者としてリーダーとして引っ張っていく中で絶対不可欠なことだと思ったんです挑戦なくして成功なし、ですよね気づいたら自然と体が動いていましたが、それにしても湖池屋の年一の高級ポテチまで開けてしまうとは自分の大胆さに驚きを隠せません1つ1つレビューしようと思いましたが大半が批判という悲しい結果になってしまいそうなので2つだけ年一高級湖池屋はわざわざ食べなくていいザ・ポテトは食べる価値あり次はザ・ポテトの王道喰いに決めました🥔

  • 23Sep
    • 振り返れば奴がいる

      天才と信じ続け、また無能と罵り続けた日々。みんな一度は思うんじゃないだろうか自分はどこか他人と違う、特別な一握りの…自分は天才なのではないか?!と幼い頃を思い出すと褒められ続けの人生小学生頃になると足が早い遅いとかで他人との差を感じ出す中学生にもなれば体格やテストの結果であれ?オレってバカなの?ダメなの?進んだ高校で勉強の出来る出来ないはハッキリするし、スポーツ特待とか見てると身体能力の差を痛感する知らず知らずのうちに人は誰かにどこかで劣ることを知り自分は特別じゃないと思い出す………………僕もそんな感じと、思いきやまさかそんなはずもあるわけなく僕は常に自分が特別だと信じて疑わない色んな場面で人より劣る経験をしてきたが全て「それはそれ」で片付けてきた一つでも僅かでもしょうもないことでも自分が秀でていたならば僕はやはり特別なのだと天才なのだとねしかしそれと同時にいつも自分を罵倒するお前はほんとダメな奴だなもっと上手く出来ただろこのクソ無能のバカ野郎がとだからいつも調子こいてるようで調子こいてない感じになるのだとんでもない自信家ではあるがそれは薄氷のようなものほっそい綱渡りしてるみたいなねこんな感じでも成長出来るわけだなりたい自分に近づいているわけだ振り返れば奴がいる自分のことを天才だと言い張るとんでもない無能なバカがいるそいつを見てると微笑ましいそいつのおかげでここまでこれたまた明日になればそいつはまた1日僕より若くなる比べるのはいつも自分自身昨日や1週間前、1ヶ月前と比べてもなんの変化もわからないだろうが5年前10年前と比べてみればよくわかるいかに自分が大きく成長したかなんだか今日は満足感に浸れるからこれは完全に天才モードな日だと思うでも明日になれば無能野郎と罵倒され自分で自分の首を絞める残念モードにきっとなるんだろうなぁ…坂道と同じで上りも下りも同じ数あぁ、面白いうちが華だね。

  • 22Sep
    • 体より頭を動かす

      ただ年齢を重ねただけじゃない証。ストレスまではいかないけれどここ最近やたらと頭使ってんなぁと意識することがとても増えた仕事が変化してきている自分が望む望まないにかかわらず経験や立場にともなって仕事の仕方が変わってきたがむしゃらに動いていた頃と違い自分だけ良かったあの頃と違いとにかく色々なことを考える休みであってもなくても変わらないから頭の中では24時間、それこそ夢の中まで仕事のことが入ってくるようになった頭使うだけじゃ体は痩せないので見た目にはなんの変化もないのだが精神的には少しスリムになった気がする視野が広くなったのか行動や言動に責任を感じているのかなんなのかわからないが唐突な自分の変化は面白くもありまたストレスになることもあるわけだまぁでも新しいことや成長にはストレス(良く悪くも)は必要その昔、スマホをAndroidからiPhoneに変えた周りはiPhoneの人ばかりだったしpcはMacなわけでiPhoneの方が良いはず…だったのだが…とにかく使いにくくて仕方なかったあんなに触っていたスマホを触る頻度が下がるほどストレスだったはぁ…スマホ変えて失敗したかな?とそういう風に思うこともあってAndroidに戻すことまで真剣に考えたしかし、だここで新しいものを使っていかなければ古い慣れたものしか使えない自分になる新しさや慣れるまでの時間拒否してはいけないそう思いながらiPhoneを使い続けて今では使いこなせるまでにいたったつまり何が書きたいかというと新しいもの、新しいこと、新しい場所初めて会う人、変化する仕事…それら全てに最初はストレスがかかるそのストレスをどう捉えるかなのだそれを成長痛と捉えてしっかり向き合うかストレスに屈しそのままか退化を選ぶかその選択肢で人生は大きく変わる慣れたもの、こと、環境、それぞれそこを否定しているわけではなく成長したいと思うのであればそこに今までは経験したことのなかった「新しさ」が必ず必要なのださしずめ今の僕はスマホを変えたばかり上手くいかないこともたくさんあるがきっとスマホを変えて良かったとまた一つ成長出来たとそう思える日がくると信じ日々頭を動かしストレスを楽しみたい。

  • 18Sep
    • くそデブ人生② Butterflyの画像

      くそデブ人生② Butterfly

      2回続けて書くのもどうかなとあまりにもぶよっとしすぎかなとちょっと考えてはみたのだがPCをカチャカチャするだけでも頭も指も使うからほんの少しでもカロリーを消費できるだろうと意外にも細かい男の中の男(目指す)阿南ですさて今日は中学3年からの話を書こうと思うまた転校から始まった中学最後の春・・・全部1からなのでほんとしんどいんすよね今もやってるのかしら?全校生徒の前で自己紹介させるという地獄の第一関門もともと早口なのにもっと早口になるほど緊張「大分県から来ました阿南毅です」自分でも何言ってるかわかんないくらい早口案の定、悪い奴らに弄られたおす生活が始まったのです(デブの話まで先は長いけどこれはこれで自伝ちっくでまあいいか)イジメられてたわけではないのですがまあ良い気分ではないわけですよド緊張の中での自己紹介を馬鹿にされ真似されるのははあ・・・四国の人間はしょうもない奴らばかりだだから転校とか嫌だし、そもそも九州から出たくなかったのに…そして僕は決意したんです高校は生まれ育った愛すべき大分県内にしようと県下でも有数の進学校に進み誰からも羨ましがられ僕の初心な自己紹介を馬鹿にした奴らを見返せるようになので中学3年生活は誰とも関わらず過ごしてやる授業中は誰よりも学び、休み時間は机に伏せて相手にされないのではなく、相手にしないスタンスを、とねあ、そうそうこれを始めてからまた女子にやられましたその子は僕のクラスにいる友達に会いに来てて机に伏せる僕の姿を見てこう言ったんです「なにこれ?いじめられっ子?」想像出来ないでしょう?オレンジコスメの明かるい阿南がまさかこんな学生生活を送っていたとは笑でも事実なんですよな、これが僕はその声と周囲の「やめなよー」みたいな失笑が聞こえないかのようにただただ四国ヘイトを溜めて大分へ帰りたい欲を募らせていたのですまあでも強がりとかでなく実際どうでも良かったんですよねどうせ大分へ帰ると決めていましたし1年間だけの友達なんていてもいなくても一緒ですからそんな机に伏せ作戦が始まってから数日が経ちだいぶ慣れてきた頃に担任が余計なことをしたんです廊下で遊ぶクラスの陽キャ代表各たちを叱ったんですよ「あんたら!そんなんでいいんか!阿南君ほっといてよー遊べるな!!」(いや・・・ほっといて)「人の気持ち考えなあかんやろ!!」(あんたがな)ほんと大人は子どもの気持ちがわからねんだなって心底イラつきましたねこのタイミングでそんなことしたら当然…陽キャ達は僕に寄ってきますよねそう、無理やり、嫌々寄ってくるそして「あ、阿南くん‥.遊ぼうや」この状況では寝たフリなど出来るワケもなく(あ…なんかゴメン…)「あ…あ、あおん」みたいな感じで、よくわからない遊びをした先生は満足げに去って行きました全然美談にならない、昭和の話まぁそっからなんのかんのありましたが最終的にはクラスで1番◯◯な称号までちゃっかりgetして中学卒業を迎えるのですあ、ちなみにその時の僕のあだ名はサモハンでしたサモハンキンポーね

  • 10Sep
    • イライラするのぉ!!の画像

      イライラするのぉ!!

      これは数年前、香川県の某うどん屋であった話。香川生活が長かったものでたまに無性に讃岐うどんが食べたくなる日がある愛媛から香川までは車で1時間弱、思い立ったが小麦粉僕はコペンに飛び乗り(今は亡き)イキってオープンカー状態で香川の某うどん屋さんへ向かった途中に寄る定番SAのミニストップはもうないミニストップがないということはXポテトも食べられないということで僕はお腹と背中がくっつきそうになりながらフラフラの体でうどん屋に到着したそのうどん屋はかなりの有名店なので当然のように行列が出来ているが10年以上香川で暮らした僕はそんなの慣れっ子なんでスマートに並びスマートに注文した席に座って待っていると番号が呼ばれ僕のうどんがようやく到着したたらいに入っててインパクト大なやつだコップみたいなやつに出汁を入れて薬味をちょちょっと入れて麺を半分浸しズゾッ!!ズルズルッ!!威勢の良い音を立てながらうどんを満喫していたその時何やら目の前で切れてる奴がいた理由はよくわからないがとにかく切れてる夫婦で来店していて旦那がとにかく切れてる奥さんに向かってやばいくらいに切れてるでも目の前にはたらいうどんがある熱々の超旨いやつが早く食べてくれと湯気を昇らせながらアピールしているいつまでも切れていたって仕方ないと旦那はうどんと向き合い始めたが薬味を入れながらも切れているコップみたいなやつに自分の分だけ出汁を入れてうどんを食べ始めた旦那美味しいうどんは旦那をほぐすかと思いきやズルズル食べながらもやっぱ切れてる奥さんは至って普通のテンションなので旦那は常日頃からよく切れるのだろうしかし旦那は自分だけ食べ進めているが奥さんは旦那の切れ対応をしつつうどんを食べる準備なので中々進まないまずコップに出汁を入れる作業が大変なのだこんな感じのやつのデカい版になみなみと出汁が入っているため女性が扱うには少し大変なのだ旦那は切れながらうどんを食べている奥さんはコップを持って片手でクソデカいひょうたんを扱おうとする当然上手く出汁をコップに注げない旦那はそれを見ているが切れているので優しさを見せることが中々出来ない奥さんも旦那に助けを求めようとしないここは僕の出番か?!と思った矢先クソデカい声で「イライラするのぉ!!!!」旦那が乱暴に奥さんからクソデカひょうたんを奪い奥さんのコップに出汁を注いだ奥さんは普通な感じで「ありがとう〜」と言いながらうどんを頬張り「美味しいねぇ」って旦那さんは一瞬切れるのを躊躇したが「黙って早く食べてしまえや!!」「ほんまイライラするのぉ!!」って相変わらず切れていた奥さんはそれを無視して少しずつうどんを食べていたここでもし奥さんまでもが切れていたらきっと悲惨な食事になっただろうと思うだけど奥さんは切れることも悲しむことも煽ることもしなかったあくまで普通のテンションで切れる旦那に相対していた旦那は途中から恥ずかしくなったと思うでも一旦切れてしまったから引っ込みがつかないこれはもう行くとこまで行くしかないそんな切ない切れ方だった途中のクソデカひょうたんを奪った時旦那の優しさと引っ込みがつかない情けない心境に奥さんは気付いたのだろういや、いつもこうなのかもしれない僕の目からなんて偉そうな旦那だろうそう見えたけど結局のところ奥さんの手の上で踊らされていて奥さんが1番偉い家庭でも仕事でもなんでもそうだがこういう理解者が側にいると上手くいくなんか知らないけど切れてる人ってどこにでもいますからね自分の機嫌くらい自分でとれや僕はいつもそう思うんだけどたまには、ほんとたまにはだけど切れてる人の機嫌とってやろうかなってなんかふと切れてる旦那を思い出してブログ書いてみたっすすんません内容薄くて🥵

  • 03Sep
    • くそデブ人生① 血・汗・涙

      もともとはデブじゃなかったんですよデブどころか普通体型でもない確実に骨皮スネオ・・・そんな感じしかしその当時はガリという自覚がなくお腹に微妙にある皮を脂肪と勘違いしなんとか皮(脂肪)をつまめなく出来ないものか思案の毎日でありましたま・・・小学生の時なんすけどね中学生になると家庭の事情ってやつで毎年転校を経験しまして今思えば尋常じゃないストレスを感じてたんでしょうね中2の時、これまた自覚はなかったんですが席が隣の女子に言われたんですよ「あんた、デブなクセに馬鹿とか終わっとるばい」僕の中学はテストになると出席番号順に席が変わるんですで、僕は「阿南」だから大抵1番、その女子も「あ行」で1番隣合わせて座ったんですで、その女がテストの時に僕に言ってきたんですよ「カンニングさせてな!!」転校して初めてのテストでしたから僕の知能レベルをその女子は知らなかったんですね僕は自分で「オレ勉強してないよ」って言ったんですがほら?僕ってハードな家庭環境の割には気品漂う顔つきなんで「謙遜すんなよ~」くらいに思ったんでしょうね僕、普通に学業はNGっ子なんでねそれでテスト後にその女子は僕に切れてきたんです「あんた、デブなクセに馬鹿とか終わっとるばい」いや知らんがなって話ですよしかもオレ転校したてやでってその転校したての思春期BOYに向かって馬鹿なんて・・・え?デブ?人生初デブ扱い戸惑い悩んで汗を流したここで僕は気づいてしまったのですよあ、オレ太っちゃってんだねってこの頃も当然のように毎日ポテトチップスを食べてましたし転校の影響もあって野球や空手など運動系は全てやめましたし太る要素しかないんですよねでも、この「あ行」の女子の罵詈雑言のおかげで(今でも忘れないくらいなんで、相当根に持ってます)一念発起して身体測定の時には見返してやるばいと当時の僕は体重は忘れちゃったけど身長は152センチあまり背が高い部類ではなく、なおかつぽっちゃりそんな急激に身長も体重も変わらないんですが子どもでしたから一週間で身長10センチ伸ばす一週間で体重10キロ落とすそんなアホみたいな目標を掲げ家の裏の山を走りだしたんです牛乳飲みながら走れば痩せて伸びて最強ってま、なんにも変化なくしんどい思いだけが残りましたデブで馬鹿で終わっとるばい!!と言われた僕ですが一発ギャグが学年中で大いにウケタことでデブで馬鹿でも楽しい中2を過ごすことができましたで、中3になる頃にまた転校することになりましてそのことでストレスをためましてサモハンキンポーと呼ばれた中3の話はまた次の機会に書くことにします太ってて嫌だなとか辛い思いしてたりとか痩せたい良い身体になりたい方々に読んでいただけると勇気与えられるんじゃないかってそんなこと思って書いてますまあ色々経験してきましたから。

  • 21Aug
    • これがアクセス数常時1位はおかしいだろ

      え…予想外過ぎて笑うことすら出来ぬわ。タグなのか?それともトップ画像なのか?内容は薄いんすよ、太り過ぎ注意だよってそんなことしか書いてないんでねでも、なんでかなぁ?このブログだけいつも圧倒的なPV数があってほんと不思議だって美容メーカーのブログだからね見てくださる方のほとんどは美容業界の方だと思うじゃないですかだから見られるだろうブログって美容のことや製品のことを真剣に書きます多くの方に見ていただけると思いますのででもそうじゃないんだな笑そんな誰でも考えそうなこと他所のメーカーさんでもやってそうないやいや自分とこベタ褒めっすか?的なそんなブログは言うほど読まれないふむ、確かに僕が読む立場だとすればうむ、そんなブログはおもんないわって読む、ことはあまりしませんやせっかくさー営業個人がさータイトルつけてーやってんだからー製品アピール以外のことをー書くこともしなければーつまんねーだろーっていや‥待てよ…もしや…この現象はワイのブログだけ?!その可能性がゼロじゃないだけに怖いな…ちなみにPV数の上位は「欲望の解放のさせ方が下手」っていうポテチジャンルのやつとか「じゃがいもSWOT分析」っていうポテチジャンルのやつとかうわぁ…オレ何書いてんのMAJIDE…いや関係ねぇし読んでもらえることそれすなわちジャスティスそこから興味をもってもらえてなんかオレンジコスメ面白そうじゃんこんな人らがいる会社の製品ってなんかワクワクさせてくるじゃんみたいなあったらいいんすけどねあれこれ考えても無駄な時は無駄あるがまま書いてくことにしますもしネタをくださる方がいましたらたくさんネタをくださいませ僕ってば色々書きたがりなので。

  • 20Aug
    • 相変わらずでっかいんすよ

      自分の文章ってほんとおもろいな。最近リブログばかりなのはですね過去の自分と対峙しているからなのですそう、でも振り返っているようにみえて同時に新しいことが始まるんですねだから案外過去を見るってのはいいです過去に縋り付くのではなく過去が糧になり未来があるとゾゾスーツの話を書いてましたがそのゾゾスーツはもう手元にはありませんスマホに指示されることに嫌気がさした…というよりも何回か着たら満足しちゃって笑ゾゾフット?だっけか?足のサイズのやつ実はあれも手に入れたんだけど結局一回しか使わなかったしその一回がとても役に立ってるような…でも結局ゾゾで靴は買ってないってことは役に立ってるのかどうかは不明だね前澤氏退陣のあとのゾゾって売上は伸びてるみたいだけど前みたいなワクワク感消えたなって良くも悪くも目立っていたし次は何やらかすんだろうか?ってただのECサイトの社長に注目してたものやっぱ面白い会社ってのはいいそこで働く社員もきっと面白い人らが多いんだろうな…そんな想像ができるそういう意味ではウチも面白いんだよな前澤氏と違って我が社長はあんなに前に出ていくタイプではないんだけど高橋がなりに似てて面白いのよそんは社長の下で育ったんだから当然僕はもっと面白いんだよね僕の先輩のペッチョこと渡邉さんも見るからに面白いし、弄られたらとんでもなく本領発揮するヤベェ人だし今は社員数も増えてきて僕やペッチョ先輩もそれなりに歳と経験を重ねてきたわけでふと、昔が懐かしいなぁ…って悩みなんてなかったあの頃がただただ目の前のことだけに全力で取り組んでいた喜怒哀楽がハッキリしてる毎日でそれでも自分のやってることが誰かのためになると信じて前を向く若気の至りも今や過去でもその過去に生かされてる今作られていく未来良い過去だわ考える暇あるなら体を動かす何も出来ない当時の僕のポリシーわからないことだらけだから当然あちらこちらにぶつかるわけそしたら傷つくんですよ、傷だらけになるでもそのうち角がとれて丸みを帯びて良い具合にするりするりと進めるようになる素敵な道を歩ませてもらったな周りのおかげだし、自分もよく頑張ったねって全てのことに感謝、とかなんとか書いててさ今日の文章テーマがブレて収集つかなくなってきたのでここらでやめときます。

  • 19Aug
    • スーツを買ったんですよの画像

      スーツを買ったんですよ

      著しい体系変化にもついてこれるようなやつをね。2年前くらいから西山とそろそろワシらもオーダーメイドのスーツを作りてぇよな、ってそんな話をしてましてねクールビズやジャケパンが当たり前になりカッチリとスーツで正装する機会は会社の方針発表くらいしかないのですが、やっぱそこはねサラリーマンの戦闘服ですからビシッと決まるやつが欲しいわけでもねお金は数ヶ月で準備できても身体つきは数ヶ月じゃ準備できないなんせオーダーメイドですからね全てピタリと採寸してもらって超かっこいいやつ作りたいのでこれだ!これがワイのベストボディや!っていう状態でなければ何のためのオーダーメイドかわからないわけですよで、毎回西山と作るかって話になった時に「ごめん、体ついてかないや」でボツとなってきたわけですでもさ、欲しいという物欲は消えませんやん一度スーツ欲しいなぁ!って思ったが最後なんか買わずにはいられないんですなで夏前に一着猛暑に備えてシアサッカー生地の涼しげな美男子演出セットアップを購入あれ?あれれれれれ?こんな感じにならねぇんすけどそりゃ太ったってのはありますけどねシルエットがまんま花山薫なんすよ…もちろん彼のようにムキムキではなくダルダルしてますがパンツのラインがまんま花山薫または安藤さんのソレな涼しくて気持ちが良き良きではあるがこのセットアップイケてなくね?と問題を服に求めてしまったからさぁ大変次は前から欲しかった黒のスーツだ、と憧れずにはいられませんやんクラウディオ・マルキージオに髪も短くしましたし、髭もお盆で伸びましたしこれはあるぞ…と結局、本部ですやんなんなら黒いスーツやから弟子の前歯やられるやつですやんふしゅるるるる~??!!ワイは悟りましたね服じゃないんだと今さら?っていうツッコミは置いといてやっぱ筋肉が最高のファッションなんやなとだから盆明けからまた頑張ってるとこです年内‥間に合うかな…厳しいか…とにかく今期中にはオーダーメイドの肉体とそれにピタッとハマるスーツを手に入れますむしゃむしゃ…からあげ食ってる場合じゃないんだけど「からあげコンちゃん」宇宙一美味いんだよなぁ

  • 15Aug
    • 全てのことに意味を

      今日は西山ブログがお休みなのでアニーが書くと、言っても相変わらず寝て起きてそんな休日なので特に書くことがなく…ほんとによくもまぁ1000日連続なんて達成出来たなぁと自分に不思議だわ最近ね、腰が痛いんですよねあとね、頭痛が酷くてたまらん歳をとると良くないね毎日どっかしら不調なんだも食生活の乱れ、睡眠時間の乱れまぁ今週は仕方ないかな…と思うのだけれど本日から綺麗な生活に戻していこうと思います明日までお休みだけどってのは上のブログでも書いてある通りでギリギリまでやっちゃうと結局そのままいっちまうのでね1日早いけど平時へ戻して自分を整えていこうと思う例年とは環境が大きく違うけどやってることってそう変わらない歳のせいにはしたくないけど日々のルーティンじゃなくて年単位のルーティンになってきてるそんな感じの自分に少々不満を覚える刺激がないと老けていくからねそう、だから意味が必要なんだよねもともと意味をつけたり見出したりないなら探し求めたりってのが好きだから今日だってダラダラ過ごしてもいいけど「西山がお休みの日だから」「誰かがオレンジHPにきてるかも」そんな意味?というか理由をつけて書いてますへっ、そんなの意味ないでしょってそう思う人もいるかもしれないけどそういう人の為に書いてるわけじゃなく西山の後押しや、来てくださる方それが会社の為になればってそういう想いがあるからねなんのけなしに書けてしまうのだな意味ってのはどうにでもなる自分に都合の良い意味をつけてもいい行動を起こすのだったらね行動しない意味の大半は言い訳だからなんかやってるんならその意味は全てポジティブなことだろうって思う毎日ポテチを食べるのもそう毎日何度寝することもそうビール飲めないのにノンアルビール飲むのもそうつまらないことにだって僕は意味を見出しているそしてそれは全て未来に繋がる何度か書いたことあるけど続けるだけじゃ意味はないが続けていなきゃ意味は生まれない昨日より今日、今日より明日1mmでも成長したいって思わなきゃもう下っていくだけだから笑ほっといてもぐんぐん伸びる年齢じゃない歳を取るのは楽しくもあり怖くもある下りのエスカレーターみたいなもんで抗っていかないとすぐ下に着いちゃう無意味に過ごす日々ほど味気ないものはないよね明日死んでもいいように!なんてデカいことは言えないけど明日後悔しないように今日目覚めた意味を考えながらとりあえずまた寝ますね🛌