大野もとひろオフィシャルブログ Powered by Ameba
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

日本一暮らしやすい埼玉へ

 

今から16年前の夏、埼⽟県政は⼤きく動いた。

「しがらみ⼀掃」を掲げ激戦を制した上⽥清司埼⽟県知事は、従来型の公共事業バラマキ政治で2兆8000億円の債務負担を抱えるに⾄った県財政を⽴て直し、埼⽟⾼速鉄道やさいたまスーパーアリーナなどの県出資法⼈の⿊字化を実現させた。また、強⼒なリーダーシップと県内をくまなく歩く現場主義の下、着実に財政状況を回復し、多くの成果を上げてきた。

この10年をみても、埼⽟県のGDPの増加額は全国3位、県⺠の⼀⼈あたり所得の増加額は全1位、企業本社の純増数も全国1位。県内で発⽣する犯罪件数は3分の1まで減少。中学⽣の不登校に対する⽀援を強化することで⾼校⽣の中途退学率を減少させ、全国に先駆けて⼦供の貧困対策にも取り組んできた。

⾃治体⾏政を経営になぞらえ、最⼩のコストで最⼤の成果を上げる、経営体としての埼⽟県を創り上げた上⽥清司知事の姿勢を、経営者の経験を活かして、私もさらに推し進めていきたい。

今後、埼⽟県は⽇本⼀少⼦⾼齢化のスピードが速い県となり、⽇本のみならず、世界中で誰も経験したことの無い変化に向き合うこととなる。

すなわち、労働者不⾜、⾼齢者世帯や単⾝世帯の孤⽴、若年層は⾮正規雇⽤の拡⼤による所得格差の増⼤、空き家や商店街のシャッター街化によるコミュニティの崩壊。また、⼥性の活躍を後押しするための多様なライフスタイルの推進、LGBTQを始めとする多様な⼈たちの権利擁護、外国⼈住⺠との共⽣など新しい課題も⼭積している。

一朝一夕では解決できない課題ばかりだ。しかし、県民の皆さまと一緒に取り組めば、埼玉の課題は必ず乗り越えられる。私は選挙戦を通じて、そう確信した。

県民党を掲げて、無所属で闘ってきたこの選挙戦。党派を超えて、たくさんの方にご支援をいただいた。埼玉県の未来のために、立場を超えて、力を合わせることができるのだ。

私たちの埼⽟県は、荒川や利根川をはじめとする豊かな河川、秩⽗の美しい⼭並み、⾒沼⽥んぼや武蔵野の雑⽊林をはじめとする⾃然に恵まれ、⼀⽅で「交通の要衝」としての便利さと、都市の賑わいを持っている。こうした魅⼒を、上⽥県政を継承しながら、県⺠のみなさまとさらに発展させていきたい。

県と地域社会が⼀体となって、あらゆる⼈に居場所がある共⽣社会を実現するため、私は埼玉県知事選挙に立候補した。埼玉県選出の参議院議員として9年間、国政で培ってきた政治経験を活かして、12分野128項目からなる政策集をまとめている。ぜひご覧いただきたい。

・大野もとひろ政策集(PDF)

どれだけ具体的な政策を掲げたところで、当選しなければ実現することはできない。「⽇本⼀暮らしやすい埼⽟」を実現するために、どうか大野もとひろへ、あなたの一票を託してください。

よろしくお願いいたします。

令和元年8⽉24⽇

埼玉県知事候補 ⼤野もとひろ

プロフィール

 

 

こちらの動画もご覧ください

埼玉県知事選挙 大野もとひろ最後のお願い

皆様へ

 

 

妻に感謝

「絶対いやだけど、言い出したらやめないんだよね。」

 

 政治家になると言ったときの妻の言葉である。研究者、外交官としての私を配偶者にした彼女には、戦争を経験させてしまった。乳児であった長男に食べさせる米が残り少ないと、一日半合だけご飯を炊いて、子供にだけ食べさせ、米びつの底を見ながら、邦人保護などで帰宅しない夫を心配したそうだ。

 

「政治家の妻」となった戸惑いや苦労は大変だろうが、言い出したらやめない夫と居ることは、もっと大変なんだろう。

 

 

 その彼女も日中は応援いただいている皆様と一緒に選挙運動に励んでいる。母も叔母を始めとする親族もみな、懸命に動いてくれている。

 

そうした妻や家族への感謝を忘れずに。

 

また、応援いただいている全ての皆さまへの感謝を忘れずに。

 

毎日の新しい出会いに感謝を忘れずに。

 

 今日からまた駅前に立つ時間が長くなるが、私自身が真摯に、県民の皆様へのうったえを続けていきたい。

 

 スタッフに、「奥さんとの写真無いんですか」と言われて探したが、ツーショットで見つかったのは、数年前に伺ったレインボープライドでの写真と砂漠の中での写真くらい。三人の子どもも自立し、残っているのは一人だけ。これからはツーショットの写真が増えるのかな。

埼玉県知事選挙 大野もとひろ拡散のお願い

【拡散希望】埼玉県知事選挙、激戦です。

 

一進一退の攻防を進めています。どうか皆様のお一人のお一人の手で大野もとひろを押し上げてください! ツイッターやFaceBookやLINEなど、SNSでまたご本人のHPやブログでご友人に広めてください。

 

 

 

 

大野もとひろの政策はこちら https://oonomotohiro.jp/policy/

命を守る政治

  

 

昨日は、岡田克也元副総理をはじめ、多くの方に応援に来ていただきました。本日も原口一博元総務大臣をはじめ、多くの方が来てくれる予定です。議員時代にも多くの方とご縁を結び、政党という組織の中でも活動をしてきました。

 さて、政党以外の活動、たとえば世界最大の奉仕団体ライオンズクラブでは、イラクのサマーワへの孤児院寄贈や川口の障がい者施設支援等が認められ、日本の歴史上最年少のガバナー(県の責任者)に選出されました。

 サマーワへの孤児院寄付は、支援に加え、現地に派遣されていた自衛隊の部隊の安全確保にも資することを意図していました。
 

 なお大野はサマーワ派遣のすべての部隊に現地情勢の講義をしています。また3.11東日本大震災の際には、自治体の物資受け入れ拠点が整備される前に、被災地の友人の土地に受け入れ拠点を築き、埼玉から自らトラックを運転して救援物資を届けました。

 

 国会あるいは政府では、前線に出される自衛官の救命救急用具の整備を行わせたり、大災害の際の業務継続計画(BCP)の基準が各省でバラバラであったのを統一させたり、さらには身体をはって自衛官を守るためにシリアまで赴き、ゴラン高原派遣部隊の撤収を決断し、ギリギリのところで部隊の安全を救ったりと、多くの経験をさせていただくと共に、人の命を守る政治をつらぬきました。

 

 組織の中で学んだリーダーシップや協調性を活かし、命を守る政治を、埼玉県政でも担っていきます。

大野もとひろ8月20日活動情報

国会議員時代には、特定秘密保護法、国家安全保障会議設置法、安保法制等で最前線に立って議論し、安保法制などでは、政府が提示した立法事実をことごとく論破し、具体例なき安保法制に追い込みました。

 

 国家安全保障会議の原案は、与党時代に大野が党内の座長として取りまとめたものと考えられており、また特定秘密保護法の国会内監視組織もまた、大野の発案が元です。なお、この国会内監視組織である情報監視審査会では、発足当初より5年連続の委員を務めましたが、これはこれまで最長です。

 

 

さて、明日は多くの方に、そんな大野もとひろの応援に来ていただきます。大野だけでなく、弁士に興味のある方も是非、お越しください。

 

【応援弁士 情報】

 

・石井 登志郎 西宮市長(元衆議院議員)

7時40分~8時半

・田名部 匡代 参議院議員(元農林大臣政務官)

13時~16時

・牧 義夫 衆議院議員(元厚生労働副大臣)

 13時30分~14時半

・岡田 克也衆議院議員(元副総理)15時~16時

・津村 啓介衆議院議員 (元内閣府大臣政務官)

17時~20時

 

 

 

他にも党派を問わず埼玉県内、多くの地方議員の皆様からご協力をいただいております。感謝申し上げます。

 

※活動・応援弁士のスケジュールは変更になる可能性があります。

 

 

今後、街頭演説や応援弁士の情報はHPに掲載していきますので、ご確認ください。

https://oonomotohiro.jp/2019/08/19/8%e6%9c%8820%e6%97%a5%e3%80%80%e5%a4%a7%e9%87%8e%e3%82%82%e3%81%a8%e3%81%b2%e3%82%8d%e3%80%80%e9%a7%85%e9%a0%ad%e6%83%85%e5%a0%b1/

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>