大野もとひろオフィシャルブログ Powered by Ameba
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

これまでのクラスター対応から得られた知見と今後の対策

埼玉県では21日、1日あたりの新規陽性者数が、過去最多の173人を記録しました。また、1週間の新規陽性者数も昨日、過去最多の796人となるなど、極めて憂慮すべき状況です。

今後の感染拡大に歯止めをかけられるのかは、正に今が正念場であり、より一層の強い警戒感を持って対応していかなければなりません。

これまで埼玉県で発生した主なクラスターについて分析を行いました。その結果、共通の発生要因や取るべき対策が見えてきました。

 

 

主なものを御紹介すると、「医療機関や福祉施設におけるクラスター」については、患者さんや入所者の方に発熱などの症状が出ていたにもかかわらず、新型コロナウイルスの感染を疑うことができずに検査が遅れてしまい、結果として感染が拡大したというケースが複数の事例で見られました。

検温など患者さんや入所者の方の健康チェックを徹底し、早期に検査を行うことが医療機関や福祉施設におけるクラスターの拡大防止に極めて重要です。

また、COVMATの派遣は効果的ですが、早期介入が不可欠であることを改めて認識しました。

次に「劇団におけるクラスター」ですが、先月さいたま市の劇団で大きなクラスターが発生しました。

調査を行ってみると、80平方メートルほどの稽古場に60人から70人の人たちが集まって大きな発声を伴う稽古をしていたり、発声の機会が多い人ほどマスクではなくマウスシールドを使っていたことなどが分かりました。

劇団の公演や稽古は大きな会場で行っていただく、そして特に発声する機会の多い演者は、マウスシールドではなくマスクを着用していただく必要があるという貴重な知見を得ることができました。

 

 

さらに「夜の街におけるクラスター」では、お客さんは保健所の調査に協力的でないケースが多く、接触者を特定できないことから、接触者の調査に時間をかけているうちに、次の感染者が発生してしまうという状況がありました。

あるケースでは、最初の陽性者を把握してから一斉検査を行うまでに約20日間を要し、長期化の要因となった可能性があります。夜の街の複数店舗でクラスターを探知した際は、エリア全体で早期に一斉検査を行うことが効果的です。

このほか、埼玉県では「外国人コミュニティにおけるクラスター」も複数経験しており、大使館などを通じた現地の言葉による周知が効果的であるということを学びました。

 

 

これまでのクラスターへの対応から見えてきたのは、例えば、まずは感染を疑い検査を行うなど「早期・積極的介入」、体調がすぐれない者の出勤等が拡大を招くことから労務管理・意識の徹底と業務BCP策定が必要であるなどの「徹底とガバナンス」、陽性者の情報提供を受けるため店舗に協力を求めるなどの「協力体制の構築」、業務時間外を含めた意識の徹底が必要であるなどの「業務外分野の対応」、手指消毒の徹底、密を作らないことなどの「啓発・周知」、この5本柱が重要だということが分かりました。

爆発的な感染拡大を防ぎ、重症者や死亡者を最小限に食い止めるためには、クラスターの発生を抑えることが重要です。

これまでの対応で得られた知見を活かし、引き続きクラスター対策にしっかり取り組んでいきます。

埼玉WABI SABI大祭典

 

このイベントは、東京2020大会の文化プログラムとして2017年から大宮公園で開催しています。昨年は台風の影響で中止となりました。

 

今年は、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、初の試みとしてオンラインで開催することにしました。

 

コロナ禍にあっても埼玉の和文化をしっかりと発信していきたいと考えています。

 

11月22日日曜日15時から、WABI SABI大祭典2020特設ウェブサイトでオンライン配信をスタートします。配信当日はMC(司会者)が進行し、生演奏やトークショーに、事前収録した動画を織り交ぜながら配信します。

 

22日以降もアーカイブでいつでも視聴できます。内容は、計17のパフォーマンスプログラムを配信します。

 

スペシャルゲストに、歌手の元ちとせさんと県立南稜高校出身の若手箏奏者の箏男さんの二人。また、埼玉から国内外に発信している盆栽の山田香織さんと平尾正志さん、書道の矢部澄翔さんのパフォーマンスをはじめ、いけばなや埼玉のきもの、和楽器演奏なども紹介します。また、秩父市浦山の獅子舞など、県内各地の伝統芸能も紹介します。

 

このほか、「高校生和文化動画コンテスト」も開催しています。これはコロナ禍で文化祭など発表の機会を失った高校生の部活動を応援する企画です。これは、和文化をテーマとした動画を投稿してもらい、特設サイトで公開するものです。これまでに15校の応募があり、うち6校の動画を先行公開中です。

 

さらに、「埼玉の食WABI SABIセット」として、埼玉県物産観光協会の協力を得て、地酒やお菓子、うどんなど加工食品の詰め合わせをオンライン販売します。

 

また、「埼玉農産物エールキャンペーン」として、新型コロナウイルスの影響で売り上げが落ちた食肉や果物など農畜産物をオンライン販売します。

 

コロナを吹き飛ばすような熱いプログラムが満載です。11月22日以降、ぜひ皆さんにご視聴いただきたいと思います。

埼玉150周年1年前

 

来年の令和3年、埼玉県は廃藩置県により誕生して150周年を迎えます。

 

その節目となる年に、県民、市町村、企業、団体など埼玉に関わる全ての皆様とともに、埼玉県を知り、見つめ直し、その魅力を県内外へ、そして未来へと伝えていきたいと考えています。

 

そこで埼玉県では、来年の150周年へ向けて、埼玉県を「知る」 「祝う」「伝える」の3つのコンセプトのもと、埼玉150周年記念事業を展開しています。

 

今年度の取組として、埼玉県を「知る」では、特設WEBサイトや公式SNSを活用して、埼玉県が歩んできた歴史、埼玉県の偉人、150周年をともに盛り上げるパートナー企業・団体など、様々な情報を発信していきます。

 

「祝う」では、150周年のシンボルとなるロゴマークやキャッチコピーの公募・決定するほか、埼玉の様々な魅力を盛り込んだ1年前イベントを開催します。

 

「伝える」では、県民の皆様にも参加いただく埼玉150周年PR動画や、ロゴ・キャチコピーを活用したポスター・リーフレットの制作等を展開していきます。

 

 

埼玉150周年1年前イベント

 

埼玉150周年の1年前にあたる今週末の11月14日(土)、埼玉会館の大ホールにおいて1年前イベントを開催します。

 

当日は、「密」を避けるため、埼玉会館大ホールの席数1,315席のところ、1部・2部各500名の入替制で、計1,000人に入場者数を制限し、事前に応募いただいた方から抽選で決定させていただきました。

 

5,819件もの応募をいただいたところですが、惜しくも抽選に漏れてしまった方のために、オンラインでの同時配信も行いますので、是非お楽しみいただきたいと思います。

 

会場では、御来場の皆様が安心・安全に楽しめるよう、入口での検温・消毒、誘導サインや客席の千鳥配置等によるソーシャルディスタンスの確保など、感染症防止対策を徹底して行っていきます。

 

 

第1部の14時から16時は、まず、オープニングセレモニーとして、埼玉150周年記念ロゴマーク・キャッチコピーの発表、埼玉応援団の新メンバーの紹介などを行います。

 

ロゴマーク・キャッチコピーは、一般公募により募集したところ、3,628件もの応募をいただきました。その中から、一般投票や審査員による審査等を経て埼玉150周年にふさわしい作品を決定しました。

 

その他、テレビ埼玉とのコラボ企画「埼玉応援団に聞いてみた」、来年の大河ドラマの主人公である「埼玉の偉人・渋沢栄一翁の魅力紹介」、「埼玉の祭り演舞」などを行います。

 

 

第2部の17時30分から19時30分は、まず、J:COMのバラエティ番組「埼玉の逆襲」スペシャルライブとの二元中継をお届けします。

 

また、11月22日(日)の埼玉WABI SABI大祭典の紹介も兼ねた「秩父銘仙ファッションショー」、埼玉の祭りPRイベントなどを実施します。

 

その他、今年で20歳を迎えるコバトンのお祝いステージや、フィナーレでは埼玉出身の声優さんをお招きし、埼玉を舞台としたアニメの魅力紹介や生ライブを行います。

 

 

1年前イベントのオンライン配信は、今年7月に開設した埼玉150周年特設WEBサイトから御覧いただけます。

 

 

 

 

この特設WEBサイトは、埼玉を県民一人一人の多彩なカラーで明るく彩りたいとの思いを込めて、『Colorful』と命名しました。

 

14時から19時30分、1部と2部の間もお楽しみコンテンツを配信しますので、残念ながら御来場いただけなかった方は、是非オンラインで彩とりどりのステージをお楽しみいただきたいと思います。

 

 

150周年記念事業は、県だけで単に150周年を祝うのではなく、県民、市町村、企業、団体など、埼玉の未来を担う全ての皆様と連携して、ともに未来の埼玉づくりへの気運を高めていきたいと考えています。

 

まず、県民とともに150周年を盛り上げていくため、WEBサイトやSNSを通じて、県民の笑顔や想いとともに埼玉の魅力を伝えるPR動画など、県民参加型のキャンペーン等を展開していきます。

 

また、市町村とともに、県内各地で150周年を祝うため、地域の魅力を発信する150周年協賛イベントなど、地域の活性化につながる連携事業を広げていきたいと考えています。

 

企業・団体については、150周年を記念した連携イベントや商品開発などを積極的に実施していただく「埼玉150周年事業パートナー」を募集しています。すでに84社の登録をいただいていますが、より多くの企業・団体に登録いただき、県とともに盛り上げていただけるようお願いします。

 

コロナ禍により社会全体が暗いムードにありますが、県民に笑顔と希望を取り戻し、未来の埼玉づくりへの気運を高めるため、埼玉に関わる全ての皆様と一緒に、150周年を盛り上げてまいります。

埼玉県の感染動向の推移(2020年11月10日)

 

直近の一週間の新規陽性者数は382人で、先週と比べ121人増加しました。

 

11月6日には、高齢者施設での大型クラスターの発生などにより、1日当たり過去最多の114人の陽性者が確認されました。

 

複数のクラスターが発生し、感染患者が大幅に増加したことについて、強い危機感を持っています。

 

一方で、軽症の方が多いことから療養期間も比較的短く、この一週間で201人の方が回復され、退院など療養終了されています。

 

重症病床の占有率については7.5%と、低い水準で推移しています。

 

陽性率については3.7%と、連日1,000件以上、多い日には2,600件を超える検査を行っている中で、重症病床の占有率と同様に、引き続き低い水準で推移しています。

 

東京都についても埼玉県と同様に増加傾向にあり、依然として1,000人を超える規模の陽性者が確認されていることから、引き続き状況を注視していきたいと考えています。

 

 

 

続いて、「感染疑い経路」についてですが、複数のクラスターの発生により、「その他感染経路が推定できるもの」の割合が高くなっています。

 

特に、高齢者施設でのクラスター発生は、重症化リスクの高い高齢患者の増加に繋がりかねないことから、クラスター発生前に感染を防ぐことが非常に重要になります。

 

感染者が確認された高齢者施設については、患者発生後速やかにCOVMATを派遣し、感染対策を講じてきていることから、現状はコントロールできています。

 

すでに福祉施設の感染症防止対策については動画等を作成してお示ししているとおりです。

 

さらに、関係団体や業界関係者を対象に福祉施設の感染防止対策、発熱者が発生した際のファーストケア等の具体的対応策を周知する緊急会議を招集し、傘下の団体を通じて周知徹底を図っていきます。

 

引き続き、感染防止対策の徹底について各施設でのご協力をお願いするとともに、発熱症状のある入所者や職員がいた場合には、まずは新型コロナを疑って嘱託医と相談していただきたいと思います。

 

また、家庭内で感染された方も依然として2割程度確認されています。高齢の方や基礎疾患をお持ちの方に感染を広げないためにも、ウイルスを家庭内に持ち込まないことが重要です。

 

陽性患者の中には感染経路として会食や職場での接触によることが疑われる方が依然として少なくありません。県民の皆様には、引き続き職場や飲食店での感染防止対策にご協力いただくようお願いします。

 

 

 

最後に、「感染リスクを下げるための5つのポイント」についてです。これまでの知見から感染リスクが高い場面が分かってきたため、改めて注意していただきたいポイントについて申し上げます。

 

今週末は、七五三で家族や親戚なども集まって会食を予定している方も多いと思います。

 

飲食を伴う懇親会等の場面では、お酒が入り声が大きくなりやすいものです。大声での会話やお酌は避けてください。

 

大人数や長時間の飲食の場面では、感染リスクが高まります。マスクなしで長時間、多くの人が小さなスペースに集まった結果、深刻なクラスターに発生した事例が確認されています。大人数、長時間におよぶ飲食、はしご酒はくれぐれも自粛をお願いします。

 

なお、お店は「彩の国『新しい生活様式』安心宣言」の店を選んでいただき、感染症対策が十分にとられていない店の利用は避けてください。

 

飲食店の皆様には改めて安心宣言を店頭に掲示していただいた上で、感染防止策の徹底をお願いします。また、お店にはLINEコロナお知らせシステムのQRコードを必ず掲示してください。

 

マスクなしの会話では、広範囲に飛沫が拡散しますので、外出時や職場では必ずマスクを着用してください。

 

寮などの共同生活では十分な換気、マスク着用、共用部分のこまめな消毒をお願いします。

 

居場所が切り替わる場面、例えば、職場の休憩室や喫煙所、更衣室などではマスクを外して会話しがちです。密閉、密集、密接の3つの密を避けてください。

 

大人数が集まる場所で人が密集し、感染が拡大したケースがあるため、特にソーシャルディスタンスの確保に配慮してください。

 

感染防止は県民の皆さん一人一人の取組にかかっています。引き続きの協力をお願いします。

新しい生活様式「埼玉モデル」と県内の陽性者の推移について

新しい生活様式「埼玉モデル」について

5月7日に緊急事態措置の延長を決定しましたが、今後の措置の解除に向けて、政府の基本対処方針では、全ての住民・事業者に感染拡大を予防する「新しい生活様式」の定着が必要であるとされています。

特に事業者のついては、業種や施設の種別ごとにガイドラインを作成し、自主的な感染防止のための取り組みを進めることとされています。

そこで埼玉県では、業種別の団体等のガイドラインを「彩の国『新しい生活様式』安心宣言」として自主的に作成し、事業者にはその宣言に基づく対策を講じていただくことにいたしました。

事業者をいくつかのカテゴリーに分けて、感染拡大の防止と社会経済活動の両立を目指してまいります。



まず、1つ目のカテゴリーは、電力・ガス・郵便などの公共サービス、倉庫業や倉庫業やデリバリーのサービス、そして薬局やコンビニ、スーパーの基礎的生活物資を扱うサービスです。

これらの団体については、自主的に彩の国「新しい生活様式」安心宣言を行っていただきたいと考えています。



2つ目のカテゴリーは、飲食店や小売業、居酒屋、宴会場を除くホテル・旅館など、劇場、映画館などのサービスです。

これらの団体については、業種別の安全宣言を作成し、彩の国「新しい生活様式」評議会に提出していただきます。

この彩の国「新しい生活様式」評議会は、行政、医師会、経済・情報関連団体、労働団体、消費者団体、メディア等で構成され、業種別の団体等の安心宣言を確認する役割を担っていいただきます。

評議会が内容を確認した業種別安心宣言については、彩の国「新しい生活様式」安心宣言として県ホームページで紹介させていただき、各事業者のHPなどで活用可能な認定証を交付いたします。



これにより、感染防止に積極的に取り組む事業者を県民が認識することができ、安心して利用いただけるようになると考えております。

3つ目のカテゴリーは、スポーツジム等の屋内運動施設、バー、キャバレー、ナイトクラブ等の接待を伴う飲食店、カラオケ・ライブハウス等です。

これらのサービスについては、国により、特に留意すべきとされた施設・事業が該当し、当面は彩の国「新しい生活様式」安心宣言の対象とはなりません。

なお、各事業者のリスクの高低に応じ、緊急事態宣言の有無にかかわらず自粛要請については、5月末の県内の医療及び陽性者の状況等に基づき判断してまいります。

この安心宣言の取り組みによって、事業者と県民が共に安心し、感染拡大の防止と社会経済活動の両立を図ることが可能になります。事業者も県民も安心してコロナと共存していくことができる、埼玉県ならではの仕組みと言える「埼玉モデル」を構築してまいります。

緊急事態宣言発令からの陽性患者数などの推移

緊急事態宣言の発令以降、1日あたりの陽性者数は4月15日の61名がピークでした。この日以降、日別の陽性者数は減少しております。

緊急事態宣言から約2週間を過ぎた24日からは、ピーク時の3分の1を下回り、5月に入ってからは1日あたり10名を下回る日も多くなってきています。

また、退院した方やホテル、自宅での療養を終了した方は増えており、日別で見ると4月27日からは陽性者数と逆転している日が増加しています。

現在の患者数は311名です。患者数のピークは658名でしたが、陽性者数の減少・退院・療養終了者数の増加により、患者数は減少しております。

自宅療養者数は4月20日に最大で363名となりましたが、ホテルでの療養を開始したことや、発症から4週間を経過して療養を終了する方がでてきたことによって、一貫して減少しています。

また、5月7日には、病院やホテル療養を希望している人の中で待機者は0名となりました。5月8日以降に陽性が判明した方は、市の分も含めて当日中に入院やホテル療養の処遇が決定しています。

宿泊療養施設の受入体制も整い、入院はもとより、1・2日での宿泊療養受け入れができています。

病床は602床、宿泊療養施設は1,055床を確保しております。本日、入間第一ホテルでの受入態勢が整い、現在の受入可能な部屋数は514室となりました。

この状態が続けば、入院やホテルを希望しながら自宅で長く待機することはないと考えております。県民の皆様には、ご不便をおかけいたしますが、引き続き、感染予防の徹底へのご協力をお願いいたします。



(詳細)県内の感染確認状況や関連情報
http://www.pref.saitama.lg.jp/a0701/shingatacoronavirus.html

※最新情報は毎日Twitterでも発信しております。
https://twitter.com/oonomotohiro?s=20

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>