ワンセルフカードの広場

ワンセルフカードの広場

ワンセルフカード認定トレーナーによるワンセルフカードを使ったセミナーや講座の情報広場です。

【様々なご縁でこの広場にやってきて下さったあなたへ】

$ワンセルフカードの広場

ワンセルフカードという、
30の言葉から成り立つカードの可能性を綴る情報ブログです。

えてしてセミナー会社が運営するサイトやブログは
自分たちの宣伝になりがちです。
とはいえ、霞を食べて生きて行くわけにもいかないのも現実です。
ですので告知の様相を完全に払拭することはできませんが
タイトルに「広場」と名付けたようにここを訪れた人が
「読んで心のヒントになった」
「カードの写真で気持ちが和んだ」
「カードセラピーって、怪しくないのね」
「~さんの誕生日プレゼントにしてみようかな」
「うちのサロンにもカードを飾ってみたい」

そんなことを思ってもらえる出し物が日々更新できたらと思っています。

元々このカードは私(中本雅子 )の
四半世紀に渡る研修、セミナー事業の中で感じたこと、
そしてもう一つは進行性乳がんでの入院日記に綴った
こんなふうに励ましてもらえたら」という思いがベースになっています。

退院当初は手作りで「マサコカード」と名付けて使っていたものを
沢山の方々の後押しと絵の作者、柴崎るり子 さんとの出会いにより、
2008年12月に今の形になりました。

$ワンセルフカードの広場

2012年4月からはこのカードを本格的に学ぶ
ワンセルフカード セラピスト認定講座もスタートしています。

この講座は「30の言葉で綴る心のレッスン」として
北海道から沖縄まで全国に広がっています。 

$ワンセルフカードの広場

2012年9月吉日
ワンセルフカード メイントレーナー 中本雅子


テーマ:

ワンセルフカード、メイントレーナーのマサコ(中本雅子)です。

 

昨日は懇意にしている

ある方とランチ会食をしました。

 

デザートの時になったら

お誕生日プレートが運ばれるというサプライズが!!

(*^^)v

 

 

ありがたや~。m(__)m

 

 

(何日が誕生日かは内緒。

 少なくとも昨日ではありません。(#^.^#)

 日にちを公開するとFacebookで

 おびただしいお祝いコメントが

 書きこまれるのが私はちっとも嬉しくないので

 (変わり者ですみません。。。)

 (-_-;)ある時から日付は未公開に)

 

その方との出会いは

退院してやっと仕事を再開した頃。

ある人のメルマガ紹介で知ってくれて、

カードのお茶会に参加しに来てくれたのが始まりでした。

 

 

そこで彼女は気づきが色々とあったようで

それを機会に様々な講座に熱心に通い、

カードセラピーの腕をあげられ今に至ります。

 

丁度15年くらい前の私は

全国に武者修行を兼ねて

カードセラピーでイベント出展していたのですが

それを手弁当で手伝ってくれ

地方出張にもついて来てくれたことも数回。

ときには一緒に温泉に入ったり、

節約で一つの部屋を取って

(ベッドは別ですが:笑)寝食を共にしたり。

 

↓その頃の出展でのセッション中の私。

  確かこれは仙台。

  まだ40代だから当然だけど若いわねぇ。苦笑。

 

 

その後彼女は地方に転勤になったり、

苗字が変わったり、

再婚した今も東京を離れて暮らしていますが

不思議と定期的に会うことが出来ています。

 

ですので彼女は単なる友達とは異なるので

その関係を説明しようとすると

「懇意」という言葉が自然に浮かんでくるのです。

 

 

懇意とは

「親しく交際して、仲のよい間柄」

という意味と認識していましたが

ちょっと気になり調べてみました。

(すぐ調べられる便利な世の中ね(^^♪)

 

そしてわかったことは

懇意の「懇」は

「まこと」「まごころ」という意味の字だということ。

 

「懇」は「貇」と「心」の字から構成されており、

上の部分の字は

「ふみとどまる」という意味があるということ。


※詳しくは→ こちら

 

 

今は時間の流れの中に人もモノも流れ去ってしまい、

驚くほど簡単に少し前のことを忘れてしまいがちです。

 

目の前の変化に心を奪われて

いかに早く走り抜けるかに多くの人が

日々汲々(きゅうきゅう)しているように思えます。

 

そんな中、時間の中でふみとどまること。

 

流れさってしまう出来事の前で

何かを味わい、そこでの気づきを大事にして

ふみとどまること。

 

 

そんなことを昨日の贅沢な食事の中で感じ、

2時間ちょっとでしたけれど、

半日くらい一緒にいたように

時間が流れていきました。

 

(って、上記の画像にあるように

 ランチワインを飲んだのもあるかな?苦笑。

 お店の嬉しい手違いで二杯半も飲めたのよ♪)

 

そして帰り道、ワンセルフカードの「愛」

が思い浮かびました。

 

 

愛のカードのサブメッセージには

今回書いた「ふみとどまる」と同義の言葉が

時空を超えて10年数前に書いていました。

↓(画像をクリックするか実物のカードを見てね)

 

 

そこで「愛」の字も調べてみましたら

「ふりむき見る」という意味があることが

わかりました。

 

※詳しくは→ こちら

 

 

人が人を個人として本当に大切にするとき、

時間はゆっくり流れるのかもしれません。

 

 

昨日のレストランは内装も接客も

落ち着いた雰囲気でした。

 

※ラレンツァ(千代田区外神田/末広町)→ こちら

 

頂いたのは当日に選べるコース料理で、

ウニのパスタや豚のロースト等など!!

勿論、美味しかったですよ~♪

 

 

【補記】メモ 

(1)9/1付で会社のHP を更新


(2)認定トレーナーの開講日程 を8/26付で更新

 

(3)このブログとは別の内容で書いている

  個人ブログ → こちら

 

 

 

 


テーマ:

ワンセルフカード、メイントレーナーのマサコ(中本雅子)です。

 

私は名刺を重要視しています。

それは渡した方の手元に残るものだから。

 

 

ワンセルフカードはちょうど名刺サイズ。

裏が白いので中にはその部分を

手書きの名刺として

活用して下さっている方もいます。

ありがとうございます。

m(__)m

 

とにかく名刺は自分の分身。

ですから納得したデザイン、紙質、

そしてその名刺を愛する気持ちが大事と思います。

 

さて、私、このたび働き方改革をしましたので→ こちら

名刺を新しいものにしました。

 


 

新名刺の色は日頃から

「私が伝えたいことが一番詰まっている講座」

と豪語(笑)している

ワンセルフカード 上級セラピスト認定講座の

テキストの表紙のオレンジ色をベースにしました。

 

 

とはいえオレンジ色だけですと

猛暑の季節の名刺交換は

暑苦しくなりそうなので

ライム色(ファーストステップの

認定講座のイメージカラーね)とのハーフ&ハーフ。

(*^^)v

 

 

今回もカードの絵の作者、

るり子さんに作成をお願いしまいた。→ こちら

 

私が感覚で依頼するメールでの文章を

彼女は上手にくみ取ってくださり

今回も素敵なものが出来上がりました。

 

さらにさらに!!、

るり子さんは私の依頼を超えて

新ステップのお祝いとして

隠れモチーフを入れてくださいました。

(*^^)v

こういう細やかさ、遊び心がすごいわ~。

 

 

↑(上記は前の名刺、稲穂色でした)

 

それは(↑)前の名刺に描かれていた舟!

嬉しいなぁ~!

 

↓(小さくてよく見えないかな?

  まさに隠れモチーフ、左上よ(#^.^#))

 

 

この舟を見ていたら(舟というか船ですけど)

星の王子さまの作者が遺した

船にまつわる名言を思い出しました。

 

 

船を造りたかったら、

人に木を集めてくるように促したり、

作業や任務を割り振ることをせず、

はてしなく続く広大な海を慕うことを教えよ。

 ~by サン・テグジュペリ(フランスの作家、1900~1944)

 

この名言を反芻していたら

私は目の前の人を承認し、

励ますことの喜び

認定講座やワンセルフカフェ、

各種フォローアップ講座等で

今後も伝えて行きたいと改めて思いました。

 

 

さて昨日はそんな新名刺を持って

いそいそと六本木へ。

 

フェイスブックではすでに書きましたが

ウォーキングレッスン&

骨格診断のセミナーに行ってきました。

 

 

講師の方と終わった後に

名刺交換をし新名刺が船出しました。

 

  

 

元モデルなのに気さくな先生 → こちら と

骨格診断だけでなくパーソナルカラーは

もとより最新の顔診断のメソッドも持つ講師の方の

コラボセミナーであっという間の2時間でした。

 

   

 

また行きたいな~!

 

そして新名刺、欲しい方は

お会いした時に声をかけてね。

よろしくお願いいたします。

 

【補記】メモ 

(1)キャンサーサバイバーとしての気づきを綴る

  ブログを9/8付で更新→ こちら

 

(2)9/1付で会社のHP を更新


(3)認定トレーナーの開講日程 を8/26付で更新

 

(4)このブログとは別の内容で書いている

  個人ブログ → こちら

 

 

 




 


テーマ:

ワンセルフカード、メイントレーナーのマサコ(中本雅子)です。

 

昨日配信のメルマガ

もう読んでいただいたでしょうか? → こちら

 

今月のタイトルは

【気を引き締めるモノ】。

 

 

9/1号は、

自分のモチベーションをあげたり、

初心を思い出すモノを

目につくところに飾る意義について書きました。

 

メルマガ「ONEパラダイム」はおよそ250文字。

  1分で読めて一つの視点を毎月届ける

  ということをコンセプトにして毎月1日の朝発行

  登録は→ こちら

 

 

今回書いた「モノ」とはお金を出せば手に入る

骨董品や贅沢品とは異なります。

 

骨董品や贅沢品は眺めることで

「私はこれを手に入れられるほどの

人間になったんだなあ」という感情を味わうモノ。

(勿論こうしたナルシズムも適度には大切ね)

 

でも昨日配信の中で書いたのは

お金で得られる価値よりも、
自分にとってはもっと大きな価値を持つモノ。

 

(メルマガにも書きましたが)

老舗店主は初代当主の言葉などを飾って

その価値の恩恵にあずかるわけですが

老舗でもなく家宝もないという私たちは

(って、私は、ですね(#^.^#))

どうすればいいかというと、
自分でそれを決めてしまえばいいのです。
(*^^)v

 


 

さてワンセルフカード セラピスト認定講座

参加した方々に発行する認定書

(要は卒業証書ね)は

そう言う意味で飾って眺めることで

学んだことを思い出し、

ご自身のエネルギーが上がったり、

自分軸がぶれないサポートになる

ということを意識して作りました。

 

 

※過去に別の観点でこの認定書のことを

  書いています。

  『遊び心と認定書関係』→ こちら

 

嬉しいことに中にはこの認定書に関して

下記のようなメールを頂くこともあります。

 

●イベント出展の際には毎回持って行き

  看板代わりに使っていて

  よいアイ・キャッチになってます

 

自宅のリビングに飾り

  子供に「ママも勉強したのよ」と自慢しています

 

●結婚して苗字が変わったので

 有料でよいので新しいものを発行して下さい 等など

 (通常の認定書は参加費の中に入っています)

 

 

落語に「奉公に出した息子からの手紙を読んだら、

悪性の肺炎が治った」という話があります。

 

まぁ、これは大げさかもしれませんが

でも見ることで何ともいえない清涼感や

活力が湧いてくるものって

別にこの認定書ということでなく、

人生の中では結構あると思うのです。

 

 

生きているとどんなに元気な時でも心の片隅には

小さな疲労や古傷が塵のようにたまっていたりします。

そんな折、ふいに自分だけの妙薬と

出会ったりします。

それが人生の面白いところですね。

 

 

あるいは出会うように意識して生活するのも

知らぬ間に次のステップに向かう生き方だと思います。

 

 

最後にちょっと蛇足で昨日配信の

メルマガに書いたわが父が50年以上昔に

バリ島で作ったネームプレートをご披露。(^^♪

 

 

よくありがちなお土産物ですけど

開業したばかりの本人にとっては

「MD」の文字が

気を引き締めるモノであり

妙薬でもあったのだと思います。

 

木製なので棺の中に入れて

焼いてもらおうと思ったのですが

あまりにしっかりした南国の木なので

短時間では燃えきらないかも?と

業者に断られましたのよ。苦笑。(-_-;)

 

 

【補記】メモ 

(1)9/1付で会社のHP を更新


(2)認定トレーナーの開講日程 を8/26付で更新

 

(3)このブログとは別の内容で書いている

  個人ブログ → こちら