「真野鶴」五代目留美子の蔵元日記
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

第6回開志セミナーに登壇させて頂きます

大学生のインターンシップを受け入れました!

9月9日、朝9時。尾畑酒造本社に13名の若者がやってきた!

これは佐渡市のインターンプログラムで、新潟県内の学生をいくつかのコースに分けて

企業体験してもらうという取り組みです。

この日、弊社にやってきたのは地域ものづくりのコースの皆様、13名。

本社の仕込みの様子や、お酒造りについて説明を。

その後、お部屋で佐渡と日本酒の話など。

その後、学校蔵に移動。

着いた瞬間、「うわ~、きれい!!」とその景観や木造校舎に感動して頂きました。

image

13名の学生さん、それぞれ興味や進む方向はまちまちなれど、いい子ばかり。

翌日は、他のメンバーも合流しての発表会。

学生一人一人の感想をじっくり聞かせて頂きました。

佐渡っていいとこ!また来たい。などなど前向きなコメントが溢れていて一安心。

3日という短い時間でしたが、大学生の皆さん、ちょっぴり「佐渡で暮らす自分」
「佐渡で働く自分」というイメージを持ってもらえたのかなと思います。
このうちの何人かが将来佐渡でお仕事するようになるといいなぁ。。。。
 
弊社もスタッフ募集中。留学生の方も大歓迎ですので、ご興味がある方は
ぜひご連絡下さいね!(^^)!
 

■『龍のめぐみ』発売中です。720ml 3,300円(税込み)

 

 

 

■フランスKura Masterプラチナ賞受賞『越・真野鶴 純米吟醸無濾過原酒』720ml 1,925円(税込み)

 

 

『オンライン学校蔵の特別授業2021』

*見逃し配信のお申込みはこちらより。

 

真野鶴・公式ページ ■MANOTSURU website(English)

尾畑酒造YouTube

●学校蔵プロジェクトについて

■学校蔵について        ■About Gakkokura(English)

■尾畑留美子プロフィール   ■IoTと酒づくり~モロミ君について

■真野鶴のSHOPPINGページ

●「学校蔵の特別授業~佐渡から考える島国ニッポンの未来」(日経BP社)

藻谷浩介氏、玄田有史氏らとの対談付

学校蔵の一週間の酒造り体験プログラム5組(卒業)

8月15日にスタートした「学校蔵の一週間酒造り体験プログラム」最終組第5班の

7日目はいよいよ卒業式の日。

まずは朝から銀河芸術祭の天の川でチームワークを発揮して頂きました。

そして最終日の添え仕込みは蒸し米も一番多い。

もうスタッフが何も言わなくても手際よくリズムよくお米を冷ましてます。

ゆっくりとすべて仕込みタンクに入れて、今日の作業は終了です。

卒業式を前にみんなが書いているのはWishing Card。

願いを書いたカードは、今後学校蔵のどこかに皆さんの分を飾る予定です。

卒業証書を掲げて、卒業写真!

蔵人とも一緒に記念写真。

その後本社を訪ねてくれた生徒さん。宿泊でお世話になったしまのかぜの

オーナーご夫妻がご案内下さいました。

今年の体験はタンク3本、合計14名がご参加下さいました。

6名の日本在住の外国人の方、お酒の応援事業をして下さっている方、

編集者の方、アスリートの方、企業経営者の方・・・本当に多様性のある皆さまでした。

一週間の佐渡でのお酒造りですっかり佐渡のプロフェッショナルにもなられました。

こうやって今年も無事皆さんが卒業されたことにひと安堵。

今後は同窓生として、学校蔵と佐渡に関わって下さいね(^_^)

 

■『龍のめぐみ』発売中です。720ml 3,300円(税込み)

 

 

 

■フランスKura Masterプラチナ賞受賞『越・真野鶴 純米吟醸無濾過原酒』720ml 1,925円(税込み)

 

 

『オンライン学校蔵の特別授業2021』

*見逃し配信のお申込みはこちらより。

 

真野鶴・公式ページ ■MANOTSURU website(English)

尾畑酒造YouTube

●学校蔵プロジェクトについて

■学校蔵について        ■About Gakkokura(English)

■尾畑留美子プロフィール   ■IoTと酒づくり~モロミ君について

■真野鶴のSHOPPINGページ

●「学校蔵の特別授業~佐渡から考える島国ニッポンの未来」(日経BP社)

藻谷浩介氏、玄田有史氏らとの対談付

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>