「心理カウンセラー講座」 NPO日本次世代育成支援協会&ベルコスモ・カウンセリング

「心理カウンセラー講座」 NPO日本次世代育成支援協会&ベルコスモ・カウンセリング

認知行動療法
子育てに役立つ理論
応用行動分析(ABA)
発達障害(ADHD アスペルガー)
不登校
アダルトチルドレン
ネット・スマホ依存症
ハラスメント
回避性性格(依存)

【2024年4月のカウンセラー養成集中講座の内容】

4月6日のカウンセラー養成集中講座は、アダルト・チルドレン及び愛着障害についてワークを交えながら詳しくお話しました。

世間では、このアダルト・チルドレンと愛着障害は結構ゴチャマゼになって語られているような気がします。

また、愛着障害やパーソナリティ障害、特に自己愛パーソナリティ(人格)障害と発達障碍も取り違えて見られたり決めつけられたりしていることも少なくありません。

ちなみに愛着障害については、下記の項目にどれだけ当てはまるかである程度の目安はつくと考えられます。もちろんその程度がどれくらいかが重要なのですが。

愛着障害簡易テスト
(Copyright(c)(同)ベルコスモ・カウンセリング)


かなり当てはまる 3点 まあまあ当てはまる 2点
あまり当てはまらない 1点 当てはまらない 0点

1.自信が無い
2.見捨てられ不安が強い
3.自分は自分、人は人と割り切るのが苦手
4.察してくれることを切望する
5.低い自己評価
6.情緒不安定
7.感情のコントロールが上手くいかない
8.人にどう思われるかがとても気になる
9.ゆとりがない時が多い
10.子どもっぽいところがある
11.親しい人に過度な要求をしたり、要求がエスカレートしたりする
12.親しい人に対しては切れやすい
13.批判、否認、または拒絶に対する不安が大きい
14.好かれていると確認できないと、人との関係に深入りしない
15.人から褒められても素直に喜べない

なお、愛着に問題(虐待、ネグレクト)があると発達にかなりの悪影響があり、愛着障害(6カ月~1歳半頃が悪影響のピーク)は、脳の報酬系回路と言われる脳の線条体の働きを悪くすることがいろいろな研究でわかっており、福井大学子どものこころの発達研究センター 友田 明美教授は下記の結果を研究発表されています。

・暴言を受け続けると聴覚野の一部の容積が増加し、知能や理解力の発達にも悪影響が生じる。
・厳格な体罰(頬への平手打ちやベルト,杖などで尻をたたくなどの行為)を長期かつ継続的に受けた人たちの脳では,前頭前野の一部である右前頭前野内側部(感情や思考をコントロールし,犯罪抑制力に関わっている所)の容積が平均19.1%も小さくなっていた。
・集中力・意思決定・共感などに関わる右前帯状回も16.9%の容積減少がみられた。
物事を認知する働きをもつ左前頭前野背外側部も14.5%減少していた。

ところでアダルト・チルドレンのカウンセリングでは傾聴や共感はもちろん大事ですが、それだけに頼ると下記の図のような過去をぐるぐると循環するパターンとなってしまうことも少なくありません。


やはり先月のレクチャーでお話したシステムズ・アプローチや認知療法を組み込んでいった方が、早く明るい方向に切り替えて段々とクライアントはHAPPYに進んでいくと、今までのカウンセリングを振り返ると強く感じています。


この内容は第3土曜(4月20日)にも行います。

【Copyright(c)(同)ベルコスモ・カウンセリング】


カウンセラー養成集中講座は第1と第3土曜(どちらか選択)です。
https://npo-jisedai.org/kouza.htm

ベーシック集中講座は毎月第2日曜と第3日曜(どちらか選択)に開かれます。心理学は初めての方でもご参加いただけます。
https://npo-jisedai.org/basic.html

WEB講座は第2土曜の午前中です。WEBでのリモート講座はこちらです。↓
https://npo-jisedai.org/webkouza.html

ご参加のお申込みやお問い合わせは下記ホームページから、またはメール( info@npo-jisedai.org )にてお願いいたします。
他にも毎週講座は月曜の午後に開いております。
詳しくはホームページをご覧ください。

 

名古屋と一宮で開いているNPO法人日本次世代育成支援協会の心理カウンセラー養成講座が、5月は三河(岡崎)で開催します。

何人ものこの講座受講者が豊川、豊橋、豊田、知立など三河・東三河において、ネット・スマホ・ゲーム依存等の講演の講師として数多くの小中学校に招かれています。
https://npo-jisedai.org/izonkouen.html

このようにこのカウンセラー養成講座で認知療法、応用行動分析、交流分析などの理論を学び、各地で心理カウンセラーとしての活躍はもちろんのこと、市民講座講師など、プロとして活躍されている方が沢山います。

またこの講座は、心理カウンセラーとして実際に必要な知識やノウハウを徹底して学ぶ、しかもとてもわかりやすく楽しい講座です。
そして今問題となっているネット・スマホ・ゲーム依存症をはじめ、発達障碍、アダルトチルドレンの対処、HSPのカウンセリングにも取り組んでいます。

もちろん、自己啓発や子育てに、また今の仕事に役立てようという目的で参加されている方(教員、医師、看護師、会社員など)もおられますので、カウンセラー志望ではないという方も参加OKです。

基本的には理論をわかりやすくレクチャーし、実践方法をワークで理解していく講座です。本当に心理学は初めて、という人でも実際に楽しく学んで身に付けていかれる方が殆どですのでご安心ください! 

講師は、当協会の代表理事で、また名城大学で長年心理学を教えていた鷲津秀樹が担当します。

また、この講座を12回受講するとNPO日本次世代育成支援協会の認定カウンセラーの資格が得られます。
なお同業の方(カウンセラー養成講座やコーチング講座の主催者や運営に関わる方)のご参加はお断りしています。

基本的には愛知県一宮市で月2回(毎月 第1土曜または第3土曜のどちらかのコースを選択)行っていますが、5月は第4土曜(25日)に岡崎で行い、岡崎での開催のご希望が多い場合は毎月第1土曜に一宮で開いている分を岡崎に変更いたします。

なお通常の一宮教室での開催時間は、9:45~16:45 となっておりますが、岡崎では会場側のご都合により12時~16時の4時間となります。

また参加費におきましては講座の時間は一宮より短いのですが、講師とスタッフの移動費及び移動時間、そして会場費の関係もあり、大変恐縮ですが一宮教室と同様の9000円となっております。

場所 愛知県岡崎市羽根町東荒子41-8 My Station Okazaki 3F
   トンガリアーノ(JR岡崎駅東口より徒歩1分)
会費(受講料) 9000円

お申し込み先

NPO法人日本次世代育成支援協会 事務局
愛知県一宮市大志1丁目6-17ミヤタビル3階
電話:0586-73-3911(10:00~19:00)
E-MAIL: info@npo-jisedai.org
URL https://npo-jisedai.org/kouza.htm

 

【2024年3月のカウンセラー養成集中講座の内容】

3月2日のカウンセラー養成集中講座は、不登校やネット・スマホ・ゲーム依存、またアダルト・チルドレンにとても効果のあるシステムズ・アプローチについてワークを交えながら詳しくお話しました。

このやり方の重要な注意点は「原因追及(問題探し)に囚われない」ことと、「過去に縛られない」ことです。

下図1をご覧ください。



夫婦の不仲についてのカウンセリングの例です。

妻がカウンセリングに来て
「夫が毎日お酒を飲んでばかりいるから、腹が立ってついつい攻撃的になってしまう」
と訴えたとします。

ところが、次回夫婦で来ていただき、夫に話を伺うと、
「妻がヒステリックだから、こっちもイライラして、ついお酒を飲んじゃう」
と言うのです。

つまり、この問題はお互い「相手のやることが原因」だと言っているわけですね。

でも図を見ればわかるように、実はこの話は【原因⇒結果】というよりも、【循環】しちゃっているんですよね。

次の図です。



ゲームばかりしている子どもに親が怒ります。
すると子どもは親の顔を見るのが嫌で、部屋にこもってゲームをします。
それを見て親は、厳しさが足りなかったと思い、もっときつく怒ります。

3つ目。

 


クライアントが「自分はアダルト・チルドレンだ」と言って、過去の辛かったことをカウンセラーに話します。
カウンセラーはそれに共感して、その話を掘り下げます。
するとクライアントは、今まであまり思い出さなかったことまで頭に蘇ってきて、もっといろいろな辛い話をもっと悲しくなりながら話し続けます。

因果関係をたどると、最初の夫婦の話は「相手が悪者」となり、次は「子どもが意志が弱い子」となり、3番目は「親が毒親」となりますし、また厄介なことにどの話も「クライアントがHAPPYになるにはどうすればよいのか」という一番大事なことが語られていません。

・「人」が問題ではなく「問題」が問題である
・「なぜ」そうなったのかを考えるよりも、今はまず「どうなれば」よいのか

ここなんですよね。


この内容は第3土曜(3月16日)にも行います。


【Copyright(c)(同)ベルコスモ・カウンセリング】

カウンセラー養成集中講座は第1と第3土曜(どちらか選択)です。
https://npo-jisedai.org/kouza.htm

ベーシック集中講座は毎月第2日曜と第3日曜(どちらか選択)に開かれます。心理学は初めての方でもご参加いただけます。
https://npo-jisedai.org/basic.html

WEB講座は第2土曜の午前中です。WEBでのリモート講座はこちらです。↓
https://npo-jisedai.org/webkouza.html

ご参加のお申込みやお問い合わせは下記ホームページから、またはメール( info@npo-jisedai.org )にてお願いいたします。
他にも毎週講座は月曜の午後に開いております。
詳しくはホームページをご覧ください。

 

 

【2024年1月のカウンセラー養成集中講座の内容】

1月20日のカウンセラー養成集中講座は、午前はユングのコンステレーション、午後はロジャーズの非指示的アプローチについて話しました。

ユングの心理療法はイメージを重視し、夢について取り上げたり、河合隼雄氏の箱庭療法などが有名ですが、今回の話の中心となったコンステレーションというのは、僕がよくカウンセリングで行うシステムズ・アプローチと相通ずるところがあるんですね。

まず、ユングの言うところのコンステレーションとは何かということになりますが、この言葉の本来の意味は「星座」、そしてこれは「布置」とも訳されています。

繋がりのないように見える夜空の星も、見えない何かの関係があり、こちらの星に変化が起こると遠い別の星にも変化が起きるとか、そういう誘発性やバランスや流れがあるのではないかという考え方です。

ユングの理論はとっても難しいのでなかなか理解しにくいのですが、でもこれを「縁」として考えるとなんとなくはわかるのではないでしょうか。

つまり因果関係だけではなく、縁というものも重視すると、物事がまた別な見え方になってくるというわけです。

我々はすぐに因果関係を考えてしまいます。
ああだからこうなったとか、これは何々が原因だという考え方ですね。

例えばこの子どもの不登校は、親がその子の幼児期にあまりかまってあげなかったからだというのがそれです。

じゃあ、かまってあげた子はみんな不登校にならないのかというと、そうでもない。

その子をかまってあげなかったという「因」だけではなく、いろいろな要素が絡んできているのが実際のところなのではないでしょうか。

河合先生はそこのところを、このようにわかりやすく述べておられます。

「人はボタンを押すと結果が出てくるように思い込んでいる。『因』というボタンを押すと『果』となる。ところがこの考え方は、人がその『因』と『果』の間に壁があることになっている。
 すなわち人は壁のこっち側から、向こうにある『因』のボタンを押すと、『果』となるんだと思っている(図1)。

しかし実際は実は壁はなく、人と『因』と『果』は一つのシステムの中にある(図2)。

なぜかというと不登校なのは『人間』なのだから」
(河合隼雄最終講義より要約)

コンステレーション(布置)という考え方が、システムズ・アプローチの考え方と相通ずるというのは、ここのところです。

また河合先生の仰る「因果関係に囚われすぎない」というところも一緒ですね。

不登校になったのは親の何々が原因だ、わたしが自己主張を上手くできないのはアダルト・チルドレンが原因だなど、我々はついつい原因探しに捉われてしまいがちです。

でも、原因がわかったら学校へ行くかと言えばそうでもないことが多いですし、原因がわかったら自己主知用できるようになるかといえば、それもちょっと違います。

大事なのは今と未来であり、どうなればいいかなんですよね。


【Copyright(c)(同)ベルコスモ・カウンセリング】

カウンセラー養成集中講座は第1と第3土曜(どちらか選択)です。
https://npo-jisedai.org/kouza.htm

ベーシック集中講座は毎月第2日曜と第3日曜(どちらか選択)に開かれます。心理学は初めての方でもご参加いただけます。
https://npo-jisedai.org/basic.html


WEB講座は第2土曜の午前中です。WEBでのリモート講座はこちらです。↓
https://npo-jisedai.org/webkouza.html

ご参加のお申込みやお問い合わせは下記ホームページから、またはメール( info@npo-jisedai.org )にてお願いいたします。
他にも毎週講座は月曜の午後、または火曜の夜間で開いております。
(この名古屋での夜間講座は、来年の4月迄の予定です。お申し込みはお早めに)
詳しくはホームページをご覧ください。

 

 

 

【2023年11月のカウンセラー養成集中講座の内容】

11月4日のカウンセラー養成集中講座は、1日通して家族療法(システムズ・アプローチ、ソリューション・フォーカスト・アプローチ)を説明しました。

家族療法のカウンセリングのビデオを見ながら、一般的にはは気づきにくく流れて見てしまう重要な場面も結構たくさんあるので、それについてはそこでSTOPしてわかりやすく解説を入れていきました(かなり濃い内容になったと思います)。

例えば不登校の問題においては、下図1のような家族システムになっていることが多いんですね。



このパターンの問題点は、母親と子供の関係が濃すぎて、世代間境界線が出来ていないことです。

これを、「人が問題なのではなく、問題が問題なのである」。また「原因追及に走らない」という原則に基づいてシステムに介入し、下図2のようなシステムとなるよう変化を促していきます。



ビデオのカウンセリングでは外在化という手法も巧みに使われていたので、その使い方についても説明を加えました。

この内容は第3土曜(11月18日)にも行います。
また3土曜の講座の後には年に1度の懇親会も開かれます。
皆様のご参加をお待ちしています。


【Copyright(c)(同)ベルコスモ・カウンセリング】


カウンセラー養成集中講座は第1と第3土曜(どちらか選択)です。
https://npo-jisedai.org/kouza.htm

ベーシック集中講座は毎月第2日曜と第3日曜(どちらか選択)に開かれます。心理学は初めての方でもご参加いただけます。
https://npo-jisedai.org/basic.html

WEB講座は第2土曜の午前中です。WEBでのリモート講座はこちらです。↓
https://npo-jisedai.org/webkouza.html

ご参加のお申込みやお問い合わせは下記ホームページから、またはメール( info@npo-jisedai.org )にてお願いいたします。
他にも毎週講座は月曜の午後、または火曜の夜間で開いております。
(この名古屋での夜間講座は、来年の4月迄の予定です。お申し込みはお早めに)


詳しくはホームページをご覧ください。

 

10月26、27日と大垣消防組合にパワーハラスメントの講演に行ってきました。

一宮市消防署、春日井市消防署での講演の話をお聞きになって声をかけていただいたのですが、一般的にはパワハラの講演というのは法務や労務の方のお話が多いようで、心理面やコミュニケーション理論から見たパワハラ予防の話は、新しい切り口と感じられたようです。

パワハラというのは、或る意味「いじめ」と重なっている部分も多く、その組織のコミュニケーションの良さと反比例する相関関係にあります。

「禁止」や「注意」も大事ですが、逆にコミュニケーションを良くしていけば自ずとパワハラも減りますので、そちらからの取り組みも大事なんですよね。

 

 

 

 

-----------------------------------------
ベルコスモ・カウンセリングはNPO日本次世代育成支援協会と共同でカウンセラー講座を開いています。↓

 

【2023年10月のカウンセラー養成集中講座の内容】

10月7日のカウンセラー養成集中講座は、前回のアダルト・チルドレンにも関係しますが、恋愛依存症について認知療法やシステムズアプローチや応用行動分析の考え方で、どのようにカウンセリングをしていくのかをお話しました。
(認知療法とシステムズアプローチについて、詳しくは著書「ハート・コンシャス」及び「ハートの免疫力UP!~認知療法と解決志向アプローチ~」、応用行動分析については 「もっと早く知りたかった」と言われる子育て心理学 ~応用行動分析(ABA)・交流分析~ をご参照ください。アマゾンで販売しております。https://heart-c.org/hon.html )

 


システムズアプローチと応用行動分析は、意外に思われるかもしれませんが似たところがあります。

それは「過去(因果関係)にあまり捉われない」ということです。

例えば精神分析や交流分析では、恋愛依存症や共依存において、その人の子ども時代の親子関係を重視し、そこを聞き出します。

しかし応用行動分析では、今起きている問題は過去に誤学習したパターンを、新しく学習しなおせば良いと考えますし、システムズアプローチ(家族療法・短期療法)では原因はさておいて、とにかく良い感じに回っていくにはどうしたらいいかを考えます。

もちろん原因を考えることを悪いといっているわけではありません。
それはそれで大事な場合もあります。

しかし、例えば夫が妻の気持ちを考えず、フラフラと遊びに行っては妻がそれを責めるという問題を妻が悩んでいた時に、妻の子ども時代の親子関係が悪かったのが原因だということを長い時間をかけて聞き、そしてその話に相槌を打ち続けても、その夫婦関係が上手くいくとは限りません。

確かに問題は、妻の子ども時代の親から受けた経験による「見捨てられ不安」なのかもしれません。

ただ、それがわかったからといって、親に文句を言ったら夫婦関係がよくなるわけでもないし、傾聴すれば妻の気は少しは晴れるでしょうけど、見捨てられ不安がすぐになくなるわけでもないでしょうし、夫が遊びに行かなくなるとは限りません。

では、応用行動分析ではどう考えるかというと、「夫がフラフラと遊びに行く」という【行動】のあとに、妻が「責める」という【後続刺激】を与えているのだが、この場合「遊びに行った時の【快】」が、後続刺激の「責めるという【不快】」より大きいのではないか」と後続刺激のチェックをします。

またシステムズアプローチでは、夫婦のシステムが【悪循環】になっているのではないか、そして「妻が夫を責める」という対処法は悪循環を却って長引かせる【偽解決】になっていないだろうかとチェックし、悪循環からの脱出を考えます。

さて、カウンセリングの本などに書かれているケースは、大学の先生が大学の中のカウンセリングルームで行った内容の場合も多いんですね。

しかしそういう場合は、教育の一部として非常に安価な場合が多いのです。
だから、多少回数が増えようが長期間になろうが、クライアントの金銭的な負担がすごく大きくなるということはあまりありません。

ところが実際の民間のカウンセリングというのは、カウンセラーもそれで食べていかなければいけませんから、それなりの実費はいただきます。

だとすると、どうしてもある程度の期間内に好転していく必要があります。

因果関係に中心を置くと、長くなってしまうのです。
もちろん、それでも良いと言われるクライアントにはしっかりと因果関係から入っていっても構いませんし、クライアントがお金がいくらかかっても親子関係についてしっかりと話したいとおっしゃるのなら、これは聞く必要もあるでしょう。

ただ、早く今の苦しい状態を脱したいと言われる方に対しては、やはりシステムズアプローチなどの方法をカウンセラーは知っておいた方がいいと思います。

実際、このカウンセラー講座に来られた方の中に、お子さんのことで7年もの間あちらこちらの病院やカウンセラーに通い悩み続けた人が、講座で家族療法を知り、それを実行したら3~4カ月で奇跡のように問題が片付いたというケースもあります。
(まあ、これは上手くいきすぎだと感心してしまいましたが。その方が本当に素晴らしかったんですけどね)

【Copyright(c)(同)ベルコスモ・カウンセリング】

この内容は第3土曜(10月21日)にも行います。
またカウンセラー養成集中講座は第1と第3土曜(どちらか選択)です。
https://npo-jisedai.org/kouza.htm

ベーシック集中講座は毎月第2日曜と第3日曜(どちらか選択)に開かれます。心理学は初めての方でもご参加いただけます。
https://npo-jisedai.org/basic.html

WEB講座は第2土曜の午前中です。WEBでのリモート講座はこちらです。↓
(僕がWEB講座の講師を担当するのは、あと10カ月だけです。お申し込みはお早めに)
https://npo-jisedai.org/webkouza.html

ご参加のお申込みやお問い合わせは下記ホームページから、またはメール( info@npo-jisedai.org )にてお願いいたします。

他にも毎週講座は月曜の午後、または火曜の夜間で開いております。
(この名古屋での夜間講座は、今年の12月迄の予定です。お申し込みはお早めに)
詳しくはホームページをご覧ください。

 

 

 

【心理カウンセラー講座 懇親会のお知らせ】

 

今年もまたNPO日本次世代育成支援協会の「心理カウンセラー講座 懇親会」が開催されます。

料理はいつものフレンチレストラン プティルさんにケータリングをお願いしてます。飲み物はワイン、ビールの他、ノンアルコールももちろん用意しております(今年もまた松野医師から甲州ワイン1.8Lを2本も差し入れしていただきました )。

 

今年もまた、いろいろと企画しておりますので、楽しいひと時をお過ごしください。

OBの方も、是非ご参加をお待ちしております。

 

日時 11月18日(土) 17:30~20:30

場所 オリナス一宮

参加費 8500円(現在講座に参加されている方は7500円)

食事込み(フレンチレストラン プティル) フリードリンク

 

同伴者のご参加も可能です。

お申込み Tel 0586-73-3911

 

E-mail info@npo-jisedai.org 玉田迄

 

 

 

-----------------------------------------
ベルコスモ・カウンセリングはNPO日本次世代育成支援協会と共同でカウンセラー講座を開いています。↓

 

 

【満員御礼】

10月1日の「子育ての悩みや不安に役立つ心理学についての講座」は定員に達しました。有難うございました。

 

 

 

 

------------------------------------------------------------------------------

 

ベルコスモ・カウンセリングはNPO日本次世代育成支援協会と共同でカウンセラー講座を開いています。詳しくはこちら↓をクリックしてください。

 

「子育ての悩みや不安に役立つ心理学についての講座」
~子どもの発達を支える効果的な方法を心理学の考え方を通して学べます~

主催 江南図書館 ほその外科小児科

子育ての悩みや不安に役立つ心理学についての講座を行います。
子どもの発達を支える効果的な方法を心理学の考え方を通して学べます

参加費 無料

日時:10月1日(日)14:00~15:30
   
場所:toko⁺toko⁼labo(布袋駅東複合公共施設)図書館3階イベントホール
愛知県江南市北山町西300番地

講師:鷲津秀樹
NPO法人日本次世代育成支援協会代表 名城大学心理学非常勤講師

定員:40人(抽選 当選者のみ江南図書館よりはがきを発送します)

申込:9月8日(金)~9月22日(金)に江南図書館へ電話(0587-56-2306)

【託児サービスのお知らせ】

安心して「子ども心理学講座」にご参加いただくために、図書館で少しでもお手伝いできるよう、株式会社明日香の保育資格を持つスタッフがお子さまをお預かりします。

時間:午後1時30分~講座終了まで
場所:toko⁺toko⁼labo(布袋駅東複合公共施設)4階図書館グループ学習室
対象:7か月~未就学児
定員:4~6名
申込:9月8日(金)~9月22日(金)講座申込時に受付します。