「心理カウンセラー講座」 NPO日本次世代育成支援協会&ベルコスモ・カウンセリング

「心理カウンセラー講座」 NPO日本次世代育成支援協会&ベルコスモ・カウンセリング

認知行動療法
子育てに役立つ理論
応用行動分析(ABA)
発達障害(ADHD アスペルガー)
不登校
アダルトチルドレン
ネット・スマホ依存症
ハラスメント
回避性性格(依存)

3月のカウンセラー集中講座は、まず午前中の第1部では、自己評価と自己肯定感と自己有用感の違いについて、そして今増えてきている自己無価値観を感じている子ども達についてのレクチャーとワークを行いました。

そして午後は愛着障害について、とても難しい例をカウンセリングの逐語録から考えてみました。

愛着障害とはどういうものなのか。
精神科医が診断の基準とする際に、米国精神医学会が発行している最新版DSM-5にも愛着障害が取り上げられているのですが、それを噛み砕いてみると、下記のようになります。

まずは愛着障害は2つのパターンに分けられています。
1つ目は反応性愛着障害(RAD)。

これは、親に抑制されて感情を出せなくなった子どもが、その後一貫して「どんなに辛い時でも滅多に安らぎを求めないし、苦痛に反応しない」という行動パターンを取るというケースですね。

そして、次のうち2つ以上に当てはまるかどうかが大事となってきます。

・他人に対して最小限のコミュニケーションしか取ろうとしない
・ポジティヴな感情が制限されている
・親が威嚇的ではない場合でも、イライラや悲しみや恐怖を感じることがあった

更に、その子が欲する愛情をもらえなかった(ネグレクト)、または親の離婚や育児放棄などで頻繁に育てる人が変わる、または愛情を欲しくてももらえない普通ではない状況で育った(養育者が極端に少ない施設等)というケースです。


2つ目は脱抑制型対人交流障害(DSED)です。

これは、下記の2つ以上に当てはまるかどうかをチェックします。

・見知らぬ人とのコミュニケーションが平気
・度を越した馴れ馴れしさ
・親や養育者に対してドライである
・親しくない大人にでも平気でついていく

そして、1つ目の反応性愛着障害と同様に、その子が欲する愛情をもらえなかった(ネグレクト)、または親の離婚や育児放棄などで頻繁に育てる人が変わる、または愛情を欲しくてももらえない普通ではない状況で育った(養育者が極端に少ない施設等)というケースです。

しかし、精神医学的な話はともかく、ここではもっとわかりやすく考えてみましょう。

簡単に言うと、その人が子ども(幼児)の時に、親若しくはそれに替わる保護者からから愛されなかった、かまってもらえなかった、非常に厳しく育てられた場合が、愛着障害となってしまう場合があるということですね。

「場合がある」という書き方をしたのは、親から愛されなくても愛着障害の特徴を持たない人もいるということです。

つまり、環境だけではなくその人の特性(持って生まれた性格)も関係するわけですね。
繊細な人、感受性の強い子どもほど、問題が大きくなるとも言えます。

このタイプのカウンセリングにおいて、どのようにカウンセラーは考え、接していけばよいのかについて、質疑や感想を挟みながら行いました。

この内容は第3土曜の3月20日にも行われます。
https://npo-jisedai.org/kouza.htm
また、わかりやすいカウンセラーベーシック講座は、3月は14日(日)と22日(日)に開かれます。
心理学は初めての方でもご参加いただけます。↓
https://npo-jisedai.org/basic.html


ちなみに、日本次世代育成支援協会の今まで受けた相談においての研究から作られた簡易診断テストがこちらです。

【愛着障害ではないかと悩む人の簡易診断テスト】
(この著作権は合同会社ベルコスモ・カウンセリングに有ります。無断複製や無断使用はできませんのでご注意ください)


当てはまるものには〇、多少あてはまる場合は△、そうでない場合は×をつけてください。


1.自信が無い
2.見捨てられ不安が強い
3.自分は自分、人は人と割り切るのが苦手
4.察してくれることを切望する
5.低い自己評価
6.情緒不安定
7.感情のコントロールが上手くいかない
8.人にどう思われるかがとても気になる
9.ゆとりがない時が多い
10.子どもっぽいところがある
11.親しい人に過度な要求をしたり、要求がエスカレートしたりする
12.親しい人に対しては切れやすい
13.批判、否認、または拒絶に対する不安が大きい
14.好かれていると確認できないと、人との関係に深入りしない
15.人から褒められても素直に喜べない



いかがでしたか?
〇は2点 △は1点 ×は0点として、合計点を出してください。

24点以上は傾向有り。20点以上は予備軍の可能性が考えられます。

なお、1から9までの項目はアダルト・チルドレンの傾向と重なります。

 

 

ベルコスモ・カウンセリングはNPO日本次世代育成支援協会と共同でカウンセラー講座を開いています。↓

 


 

執筆した豊田市の「こころの健康づくりニュースレター」3月号がでました。
『豊田市では、毎年3月を「自殺対策強化月間」とし、春の自殺予防キャンペーンを実施しています。この「自殺対策強化月間」に向けて、1月から3月の3か月間、月1回「こころの健康づくりニュースレター」を提供します。(豊田市HPより)』

2021年3月発行「新しい環境におけるメンタルヘルス」
https://www.city.toyota.aichi.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/003/062/202103.pdf
こちらでも読めます。↓
https://npo-jisedai.org/toyota202103.pdf

 

ベルコスモ・カウンセリングはNPO日本次世代育成支援協会と共同でカウンセラー講座を開いています。↓

 

2月のカウンセラー集中講座は、まず午前中の第1部ではカウンセリングにおいて起こりうる失敗例を元に、レクチャーと質疑形式のワークを行いました。

中学生や高校生のように、まだしっかりと自我や道徳が確立していない場合は、どのように進めていけばよいか。
また、傾聴や共感のカウンセリングを行っていて、グルグルと回り出してしまい、クライアントが物足りなく感じてしまうケースなどについて、いろいろと考えていただきました。


そしてカウンセリングの中には、「自分ばかり辛い立場にいる」という悩みを聞く場合は少なくありません。

そこで午後の部は、このような例について考えていただきました。

これは聖書の中の一節です。
--------------------
イエス・キリストの一行が歩いて行くうち、イエスはある村にお入りになった。
すると、マルタという女が、イエスを家に迎え入れた。
彼女にはマリアという姉妹がいた。マリアは主の足もとに座って、その話に聞き入っていた。
マルタは、いろいろのもてなしのためせわしく立ち働いていたが、そばに近寄って言った。
「主よ、わたしの姉妹はわたしだけにもてなしをさせていますが、何ともお思いになりませんか。手伝ってくれるようにおっしゃってください」
主はお答えになった。
「マルタ、マルタ、あなたは多くのことに思い悩み、心を乱している。しかし、必要なことはただ一つだけである。マリアは良い方を選んだ。それを取り上げてはならない」

(ルカによる福音書 10章38~42節)

------------------------

マルタは一行をもてなす為に一生懸命働いているのに、妹のマリアはイエスの傍に座ってしっかりと話を聞いているわけです。
美味しいところだけ持って行ってるわけですね。

そりゃマルタも不愉快でしょう。せっかくの機会なんだから、自分だって話を聞きたいに決まってます。

しかしイエスはマルタに対して、マリアの行動を良しとしました。

さて、これについて宗教的な観点からではなく、カウンセラーとしてどう考えるかということですね。

僕がマルタだったら?
そうですね。こう言うかなぁ。

「じゃあ、もうもてなしの準備は私もやめるから、キリストさんは飯は無しね」

さて冗談はさておき、マリアは優先順位を考えて行動したわけです。
でも、マルタは「もてなしをすべきである」という超自我(交流分析だと【CP】)か、若しくは「良い子であらねばならない」という無意識のうちにある見捨てられ不安(交流分析だと【AC】)が、自分の「イエスの話を聞きたい」という欲求を抑えてしまったということでしょう。(交流分析についてはこちらを参照してください↓) 

 

 

 

イエスはマルタを叱ったのではなく、このようなことを言いたかったのではないかと僕は思います。

ただ、マルタの「話を聞きたい」という思いを抑圧したということだけではなく、確かにこの場合は優先順位から云ってもマルタはもてなしに心を捉われずイエスの話を聞いた方がいいかもしれません。

そして、妹に対しての怒りをイエスにもぶつけるというのは、筋から言うとよくないかもしれません。

ただ、それでも僕はこの場合の、マルタの『おもてなしに心を乱されずにはいられなかった』、そして『妹にもイエスにも怒りを向けざるを得なかった』気持ちに対しては、誰かが寄り添う必要があるのではないかとと思うんです。

そうじゃないと、マルタが持たない。

だって、損をしっ放しでしょ?
そりゃ悲しくてつらいに決まってますもんね。


この内容は第3土曜の2月20日にも行われます。
https://npo-jisedai.org/kouza.htm
また、わかりやすいカウンセラーベーシック講座は、2月は21日(日)に開かれます。
心理学は初めての方でもご参加いただけます。↓
https://npo-jisedai.org/basic.html

 

 

 

ベルコスモ・カウンセリングはNPO日本次世代育成支援協会と共同でカウンセラー講座を開いています。↓

 

認知心理学では、モノには人に対して訴えかけてくる何かが有ると言われており、例えば『ハリセン』を初めて見た人でも、それで頭を『しばき』たくなるそうです。

 

ハリセンが脳に訴えるんでしょうね。


このモノからの訴えかけをノーマンという人は「知覚されたアフォーダンス」と言いました。

ただ、このところ、どうも人間はだんだん、この訴えに敏感でなくなりつつあるのではないかと思われます。

 

幼児のうちから、過保護というか、親やじいちゃんばあちゃんや先生に口を出されすぎっていうのもあるかもしれませんね。
あれは、子どもの想像力の形成に、あまりよい影響を与えません。


例えば最近の親が、子供に『おはじき』与えたとしますね。

 

「わぁ~っ なになに、これ?」

 

「これはね、おはじきって言って、こうやって遊ぶのよ」

 

…こうして子供は即座に使い方を覚え、その教えられた遊び方で遊んでいきます。


でも、子供の質問に、こう答えたらどうなるでしょう。

 

「わぁ~っ なになに、これ?」

 

「なんだろうね」

 

すると、例えば子供はおはじきをいかに高く積み上げられるかを競い合うかもしれません。
そして、時間はかかりますが、いつかは『はじく』遊びも見つけ出すでしょう。

 

このケースは、『はじく遊び』にたどり着くまでに、かなりの時間がかかるかもしれません。
でも、たどりついたその時には、子供は『はじく』以外にも、いろいろな発見をしているんです。


さてこれに関連する話ですが、現代は困ったことに、流行のオモチャは一つの使い方しか出来ないものが多く、枠の中での想像力しか育ちません。

 

例えばファミコンのDVDはファミコンでしか使えません。
あれでメンコ(関西ではベッタンとも言いますが)をしようという子供がいたら、とても頼もしいんですけどね。

 

もっとも子供達だけではなく、働いている若者も同じような扱いを受けています。
マニュアル一辺倒という企業がいかに多いことか…(今はあまり見かけませんが、以前は中古書のチェーン店に行く度に、入ってきた客とは目を合わせずに整理している本棚に向かって「いらっしゃいませぇ!!こんにちわぁ!!」と叫んでいる店員をよく見かけました。


さて昔の彫刻家は、木(材料)を見るとその中に潜んでいるモノが見え、それを形に現したといいます。

いまでも素晴らしい料理人は材料を見ると、それが一番生かされる料理法が頭に浮かんでくるそうです。

こういう人達は、与えられたマニュアルをこなしているだけではなく、【モノの声を聞く】ことの修練を積み、その大事さを知っているんですね。

 

わき目も振らず、マニュアル通り、パターン通りにやるように教育させられた人達に、是非【モノの声を聴く】ことや【勘を磨く】ことの大事さを伝えたいと、最近つくづく思うのですが…。

 

 

 

ベルコスモ・カウンセリングはNPO日本次世代育成支援協会と共同でカウンセラー講座を開いています。↓

執筆した豊田市の「こころの健康づくりニュースレター」2月号がでました。

『豊田市では、毎年3月を「自殺対策強化月間」とし、春の自殺予防キャンペーンを実施しています。この「自殺対策強化月間」に向けて、1月から3月の3か月間、月1回「こころの健康づくりニュースレター」を提供します。(豊田市HPより)』

2月発行「劣等感と劣等コンプレックスについて No2」
こちらでも読めます。https://npo-jisedai.org/toyota202102.pdf

豊田市公式ホームページからも閲覧可
https://www.city.toyota.aichi.jp/kurashi/kenkou/kenkoudukuri/1003060/1003062.html

 

 

 

 

ベルコスモ・カウンセリングはNPO日本次世代育成支援協会と共同でカウンセラー講座を開いています。↓

 

 

昨日行った2021年最初のカウンセラー集中講座は、まず午前中は故梅原猛先生の解釈による「ニーチェの精神の三貌について」についてお話しました。

これは僕が2020年の大学の講義のラストテーマとして選んだものでもあります。

その内容ですが、ニーチェは精神は3段階の変容があると言いました。
まずラクダの時代。これは重い荷物を背負う【辛抱】の時代となります。
梅原先生は例として、学生時代を「何のためかわからないが面白くもない勉強を一生懸命頑張ってしなくてはならない時」として挙げられました。

我々人類は学習を積み重ねてきました。
そしてそれを更に進めていくには、今まで積み重ねてきたものを知らねばなりません。
だからこそ、今は何のためかわからずとも学ばねばならないと先生は言います。

そして精神はラクダからライオンに変わります。
「戦い」の時です。

既存の考え方、世間の常識、現存する既得権益を守ろうとする権威、そういうものをニーチェはドラゴンに例え、ライオンはそのドラゴンと満身創痍となって戦うのです。

ライオンは【勇気】の時代です。

もちろん、ここで倒れる者も多いですし、実はラクダの段階で倒れるものも多いんですね。

しかし梅原先生はこう言います。
「一生懸命にラクダを実践して倒れる者は、迎合して世の中に合わせて生きるものよりずっと貴い」と。

僕は中島みゆきの「ファイト」という唄が好きな人は、ここのところがわかっている人だと思います。
ドラゴンと戦うライオンなんて言うと、すごい人の話のような気がしますが(実際梅原先生はそういう人でしたが)、我々のような普通の人間にとっては、ドラゴンというのは例えば世間様が言うところの「こうあるべき」という圧力もそうなのではないでしょうか。

会社とか、ママ友グループとか、また誰と特定できるわけじゃないんだけど、世間の空気とかの「こうあるべき」ってありますよね(「母親はこうあるべき」とか)。


さて、そういうライオンの時から、いよいよ精神は幼児となるのです。

幼児というのは【創造】を表します。

ここで、人にとってもっとも価値のある創造ということに巡り合えるわけです。

もっとも創造と言っても、ほんの一一部の優れた人がすることではないと梅原先生は言います。

例えば子育て。
新しい時代を切り開く、新しい人を育てることは、創造に他なりません。

だから子育ては本当は楽しかったり面白かったりするはずなんです。

でも、どうして子育てを苦しいとか辛いという人が多いのか…。

たぶん、それこそ世間とかの「こうあるべき」というものに押しつぶされそうになっていたり、世間様をはじめとした実は無責任な何かの声に評価されているような感じに囚われていたりするからではないでしょうか。

もちろん子育てに限らず、他にもわくわくすることや面白そうなことにチャレンジすることは、これはすべて創造だと僕は思います。

しかし、ニーチェの本は難しいんですよね。
僕は学生時代に「吾輩は猫である」を読み、その中で漱石が何度となくニーチェの事を書いてあるのを読んで、ツァラトゥストラを買って読んだのですが、さっぱりわかりませんでした(今読んでもさっぱりわからないのですが、こうやってみると一貫した人生を歩んでいるとも言えるわけですね)。

ただ、ラクダの段階で遊びまくっていた僕には、こういう話はグサグサ刺さります。
だからこの話も力不足で上手く説明できたとは思えないのですが、「辛抱」、次に「勇気」、そしてそこから「創造」に精神は変化していくというニーチェの言葉は大好きな言葉の一つなので、2021年の最初の講座でこの話をしました。



また、この話の後でフランクルの
「大事なのは、未来で貴方を待っているモノ
貴方に発見されるのを待っているモノ
そして貴方によって表されるのを待っているモノ」
という言葉についても少しお話をし、皆さんにも考えていただきました。

そして午後の部は「ひきこもり」について、実例とともに、その対処の難しさを述べたのですが、これはこれでとても長くなってしまうので、また後日ということで。

この内容は1月第3土曜の16日にも行われます。
https://npo-jisedai.org/kouza.htm
また、わかりやすいカウンセラーベーシック講座は、1月は17日(日)に開かれます。
https://npo-jisedai.org/basic.html
WEBのリモート講座は毎月第2土曜です。
https://npo-jisedai.org/webkouza.html

 

 

 

ベルコスモ・カウンセリングはNPO日本次世代育成支援協会と共同でカウンセラー講座を開いています。↓

 





 

 

 

執筆した豊田市の「こころの健康づくりニュースレター」1月号がでました。

『豊田市では、毎年3月を「自殺対策強化月間」とし、春の自殺予防キャンペーンを実施しています。この「自殺対策強化月間」に向けて、1月から3月の3か月間、月1回「こころの健康づくりニュースレター」を提供します。是非一度覗いてみてください。(豊田市ホームページより)』

2021年1月発行「劣等感と劣等コンプレックスについて」 

https://www.city.toyota.aichi.jp/kurashi/kenkou/kenkoudukuri/1003060/1003062.html

 

 

 

ベルコスモ・カウンセリングはNPO日本次世代育成支援協会と共同でカウンセラー講座を開いています。↓

 

 

 

12月5日の土曜カウンセラー集中講座は、主にアドラー心理学を認知療法や応用行動分析からの切り口からも考える、という内容で行いました。

一例をあげますと、アドラー心理学は『目的論』として有名ですが、それは例えば「怒り」というのは何か原因があって発生する(原因論または因果論)のではなく、何かを得るために「怒る」という行動をする、ということなんですね。

これは行動分析の考え方にも親和性があります。
行動分析では、「行動の後に何があったか」を考えますから。
(そこから、後続刺激が重要だということになるわけです)

では、『悲しむ』のはなぜか。
目的論から云うと「誰かから同情を得るため」となりますが、「じゃあ愛するペットが死んだときに泣くのは、同情を得たいのか?」となってしまいますよね。
そういう場合は、カウンセリングとしては理論で行くよりも、その人の心にできるだけ「添う」ことが必要となってきます。

もちろん、今回の講座はアドラーを否定するためのレクチャーではありません。
アドラーの考え方には素晴らしいものが沢山あり、その未来志向は家族療法などの他のカウンセリング手法にも多く取り入れられています。

ただ、他の考え方(切り口)も取り入れながら、柔軟に考えることが必要ではないかと思うんですね。

例えばアドラー心理学というのは思いっきり性善説なのですが、やはり現代の世の中で、それをすべて正しいとして取り入れて子育てとかに応用するのは、かなりのリスクがあると僕は思っています(ちなみに僕は、性善説ではなく性弱説を唱えています。低きに流れるとか、人間は弱いものだという前提で、それをどうするかを工夫していくという考え方です)。

さて、アドラーが問題視するように、我々はついつい『縦の関係』に巻き込まれてしまいます(例えば子どもだと偏差値とか、夫婦でも権力争いをしてしまうとか)。

でも、世の中の縦の関係から回避せずにしっかりと自分のモノサシを持って生きていくというのは、とても難しいけれど、やっぱりすごく大事なのではないでしょうか。


この内容は第3土曜の12月19日にも行われます。
https://npo-jisedai.org/kouza.htm

また、わかりやすいカウンセラーベーシック講座は、12月は13日(日)と20日(日)に開かれます。
心理学は初めての方でもご参加いただけます。↓
https://npo-jisedai.org/basic.html

 

 

 

ベルコスモ・カウンセリングはNPO日本次世代育成支援協会と共同でカウンセラー講座を開いています。↓

 

やっとこさ、「もしかしてHSP(とても敏感で動揺しやすい人)? 」の電子ブックKindle版を出しました。

 

ダウンロードは680円です。

 

https://amzn.to/2KdrFyj

 

この本は、令和2年7月25日に名古屋ウィルあいちで行われた公益財団法人 あいち男女共同参画財団のセミナー、「もしかしてHSP(ひといちばい敏感な人)?」の内容をもとに、HSPとは何か、そしてHSPタイプの人の悩みの対処法についてもう少し詳しく書き加えたものです。

・HSPとは?
・低感覚閾
・察するとは?
・防衛機制
・アダルト・チルドレンとの関係
・発達障碍との関係性
・認知療法 自動思考とスキーマ.
・認知療法 スケーリング
・認知の枠組み

前書きより(NPOハート・コンシャス 玉田代表)

最近、日本も欧米化が進み、権利を主張する人が大変増えてきました。しかしその反対に、ナイーヴで自己主張が苦手で、周囲に振り回されて悩む人も多くなってきたのも事実です。そして、そういう人の中で、自分はHSPではないかと私たちNPOに相談に来られる人が増えてきています。そこで今回はHSPについての各所で講演をされている鷲津先生に、HSPとは何か、また対処法はどのような方法があるのかを伺いました。
中にはグサッとくる箇所もありますが、無理にポジティヴに変わるというわけでもなく、また無理をして強くなろうとするのでもない、HSPタイプに向いた楽な生き方についてのヒントがあるのではないかと思えるお話です。

 

 

 

ベルコスモ・カウンセリングはNPO日本次世代育成支援協会と共同でカウンセラー講座を開いています。↓

 

11月のカウンセラー養成講座(土曜集中)の内容。

11月の6日に小牧市の小中学校の不登校・いじめ担当教諭と、スクールカウンセラーの方々との連絡協議会が開かれ、そこでネット・スマホ・ゲーム依存の講演をしてきました。
そこでは校長先生や教育委員会の方に「以前はゲーム依存は中学校で拡大していたが、最近は小学校でも拡大している」というお話を聞き、また先生方やスクールカウンセラーの方々の危機感も切に感じられました。

確かに私たちのところへも、ゲーム依存の相談は年々増加しています。

ということもあり、11月7日(土)のカウンセラー養成講座では、午前の部では「やる気」と「制御」の構造とその強化法、そして午後は先月に引き続き、ゲーム依存や不登校にはかなり効果のある家族療法(短期療法)のレクチャーを行いました。

なお、家族療法は、過去の因果関係には捉われず「どうなればいいか」という未来への道筋を大事にする為、やはり因果関係に重点を置かず、現在から未来への行動に介入していく応用行動分析と相性が良いので、その2つをミックスした具体的なカウンセリングのやり方をワークを交えて行いました。

また今までのカウンセリングの中で、学校に行けずひきこもって1日中ゲームをやっているというレベルの中学生や高校生に対してのカウンセリングで上手くいった実例のパターン(介入法)を紹介し、どのように未来にポイントを置いてクライアントのモチベーションを上げていくかについてもお話しました。

これらの「制御力」と「モチベーション」を強化して問題解決していくやり方は、ネット・スマホ・ゲーム依存の問題だけではなく、発達障碍やHSPなどの推論の不安が強いタイプの人にも有効です。

これらの内容は11月21日(土)の集中講座でも行います。
なお、よりわかりやすいベーシック講座は11月22日(日)に開かれます。

また、WEBでのリモート講座もいよいよ11月14日(土)の午前に第1回目が始まります。

教室は2020年6月1日より、下記の場所に移転いたしました。これにより教室は従来の2倍近くの面積となり(定員はそのまま)、コロナ対策で受講者間の間隔を広くとれるようになりました。また強力な新型エアコンを設置し、常に窓やドアを開け換気も行っています。なお参加者にはマスク着用をお願いしております。
愛知県一宮市大志1丁目6-17 ミヤタビル3階
ご参加をお待ちしてます。↓
https://npo-jisedai.org/kouza.htm

 

 

 

ベルコスモ・カウンセリングはNPO日本次世代育成支援協会と共同でカウンセラー講座を開いています。↓