ここ数年、V R(ヴァーチャルリアリティ)に関心があって、様々なVRを体験することにしている。

 VRと言えば一般的には、ジェットコースターや高所恐怖体験といった絶叫もの、ガンダムやエヴァゲリオンなどのキャラクターもの、お化け屋敷などのホラーものが主流であるあが、私自身としては旅行体験やアドベンチャー体験、さらには幻想体験や神秘体験などの分野に関心がある。

 先日、池袋にある旅行体験のできるVR施設に遊びに出かけた。VRを使って全世界各地の旅行体験ができるという趣向の施設で、この日はカリフォルニアの旅を体験してみた。

 何の変哲もないオフィスビスのフロアーがちょうど飛行機の客室になっていて、そこのシート(ファーストクラスを模したもの)で寛ぎながらVR体験ができるといった凝った内容のものだった。

 2時間ほどのコースで途中に食事(シャンパンやカクテルなどもオーダーできる)も出てきたりして、娯楽としてはなかなか楽しいものだった。

 カリフォルニアの旅だったので、モッツレラチーズとアボガドのサラダ、ガンボのスープ、チキンのガーリックソテー、チョコレートケーキ、コーヒーだったが、これがニューヨークの旅ならばマンハッタンクラムチャウダー、シンガポールならばカオマンガイなどが出てくるのかもしれない。

 今後はメジャーなコースだけでなく、南極ツアーやアマゾンツアーなどが登場すれば楽しいだろう。

 

IMG_3793.jpg

IMG_3794.jpg

IMG_3804.jpg

 このようにVRだけでなく、施設内の演出も細かい部分までなかなか凝っている。

 

 VRでの旅行体験の良いところは、スケジュールなどの時間的な制約がない事や天候天気の悪影響を受けない事があるが、最大のメリットは「他の観光客による人混み」がない事だろう。

 私が旅行をする時に一番のストレスに感じるものは、大勢の観光客による混雑である。もちろんその混雑を引き起こしてる人混みの一員に私自身も含まれる訳であるから、それに対して文句をたれるのは矛盾しているのだが、それでも感情的な不快感はどうすることもできない。

 素晴らしい景色や街並みの旅情も、大勢の観光客のせいで台無しにある。これは誰でも経験する事だろう。

 

IMG_3813.PNG

 

 あしかがフラワーパークの藤の花、このテーマパークに訪れた体験のある方もいると思うが、ここの藤の花はとても素晴らしが、あまりの人混みにうんざりした人も多いのではないか。もちろん私自身もその一人である。

 こんな場所でも静かに周りの人々に邪魔されないで情景を堪能できる。もちろん何かを食べたりお酒を飲んだり、好きな音楽を聴きながら体験できる。素晴らしいじゃないか!

 こんなフラワーパークだけでなく、京都の情緒ある街並みや伊豆の河津桜(寒くない室内で鑑賞可能)、隅田川の花火大会(蒸し暑い野外ではなく鑑賞可能)などなど、その体験の可能性は広がっていく。

 

 そしてこのようなVRはあくまでも架空のソフトなので、日本の美を全世界へ発信することもできる。

 大陸的な大自然の雄大さはなくとも、風情溢れる情景や繊細な建築や街並みなど、たぶん観光資源としては最上のもので構成することが可能だろう。

 そこにVR(視覚と聴覚)ではない、日本独特の味覚や嗅覚(日本の料理は何もVRで再現する必要はない)が加われば最高だろう。

 

 そんな未来を想像すると、さらに楽しくなってくる。

 差別がない自由な世界の一つとして、ヴァーチャルな世界を取り上げたが、ヴァーチャルな世界では生きられない類のものもある。

 その代表的なものが「恋愛」ということになるが、ここで一つ驚くべき話をしたい。

 

IMG_3010.PNG  

 この画像に写っている女の子、数年前に知人から見せられて「のづさんの好みでしょう?」とか言われた。

 確かによくあるキャバクラの画一的な女性に比べて、ナチュラルな感じのこの子は、確かに私の好みではあるのは事実だった。

 しかしこんな若い子を私に紹介するしないでもないし、どこかのアイドルの一人ならば「名前くらいは覚えておこう」という感じだった。

 実は上の画像の少女は実在する人間ではなく、「saya」という名のCGによって製作されたヴァーチャルな存在であったのだ。

 なんとも凄い話だ。しかもこれは2016年に製作されたという事だから、現在はさらに進化して動画なども作られている事だろう。(時間のある時にじっくりと検索してみたいものだ)

 たぶん普通に会話をしたり、様々な表情を作ったりするところまでは進化しているだろう。

 ここまでテクニカル的に進歩を遂げているのだ。

 

 こんな事を書いていると、「どんなに実物の人間に近くても生で接することもできなければ、触れ合うこともできないのでは意味がない」と思う人々もいるだろう。

 しかし考えてみよう。現実世界に存在するアイドルの類だって、その存在は主にメディアを通じて届けられるだけで、実人生において付き合ったり生活を共有したりできるわけではない。中には熱心なファンなどはイベントまで出向いて握手くらいはできるのかもしれないが、それとて断片的な時間の共有でしかない。(そもそも大勢のファンにとってアイドルだってヴァーチャルな存在でしかないのだ)

 相手の姿を見て恋をする、コミュニケーションを通じてお互いに理解し合う、相手の気持ちを想い、ある時には精神的に依存する。それらの行為自体が実はヴァーチャルで事足りるし、ヴァーチャルのうちにこそ皆んなが求める理想系があるのかもしれない。

 実人生においてしか不可能な恋愛の要素は、お互いの社会性を共有して何かを成し遂げる(結婚が代表例)事か、セックスしかない。

 いわゆる分かり合える、癒されるとか、寂しいのどうのといった恋愛関係ならば、ヴァーチャルで十分という世界がすぐそこまで来ている。

 

 さらにCGの技術的な進化にに加えてAIの進歩(何もAIでなくともコミュニケーションの主体は誰でも良いわけだから、女性でなくて男性でも若者でなくて老人でも)により、メンタルな部分での恋愛のほとんどは実人生に依拠する必要はなくなるのかもしれない。

 私はこの分野における進歩を注意深く見守っていきたい。

 差別のない世界として、前回はトレードの世界について書いたが今回は「ヴァーチャルな世界」に関して書いていきたい。

 広義の意味においてはトレードの世界もヴァーチャルな世界の一つとも言える。そもそも貨幣なる存在自体が日常生活において使用しない限りにおいては、限りなくヴァーチャルな存在とも考えられる。

 手元にある100万円は使うことによって様々な商品やサービスを享受することができるが、証券会社に口座にある100万円は株などを買うための数字であって、日常生活にあっては何ら実際的な意味をなさない。(もちろん口座から引き出すことによって実際的な使えるお金にはなるが)

 

 私は議員という職業柄、SNSを活用するときには実名を使うが、ご存知の通り多くの人々は匿名のアカウントを用いることが多い。

 当然、そこでは匿名性の人格が形成され、リアルな人生とは異なったコミュニケーションがなされる。

 そこでは、言語の問題を除けば年齢、性別、職業などリアルな人生とはかけ離れた主体を獲得することも可能であるし、いついかなる時にインしようがアウトしようが全くの自由である。これはある意味で「差別の存在しない自由な世界」とも言えよう。

 実際、ネット上でやりとりしていた女性が実は男性だったとか、学生だと思っていた人が実はリタイアした大金持ちだったとか(このケースは少ないか、、)、海外在住とされていたが近所に住んでいたとかは、よくあるケースではないだろうか。

 そもそも実人生と紐つけてネット上の人格を考えること自体があまり意味のあることでもなさそうだ。

 

IMG_3756.PNG

 

 これはある議員のVtuber の画像だが、このように公の人でも可愛いアニメの姿で広く訴えかけることができ、かつそれを実践している者もいるという時代である。

 このように普段はリアルな実名を表にして活動している者でも、ネット上はヴァーチャルな姿で登場し、もしかしたらこのヴァーチャルな像の方が広く普及して浸透するかも的な状況である。

 今後技術な発展がさらに進展すれば、このような傾向はさらに加速するだろう。不思議な時代の転換期に私たちは差し掛かっている。

 

 そして驚くべき事。

 ネットに接する時間が増えることで、この自由なヴァーチャルな世界はリアルな世界以上に、人々の人生における価値の重要度を高めてしまう。リアルとヴァーチャルの境界線が曖昧になるのではなく、リアルがヴァーチャルに侵食され主脚転倒を起こすのだ。

 「誹謗中傷」の害悪が世間で話題になっているが、リアルな世界での誹謗中傷に悩むのは理解できるが、ヴァーチャルな世界での誹謗中傷までが問題となっている。

 よく考えるとヴァーチャルな人格がいかに誹謗中傷されようが、そんなものはそのアカウントを消し去ればよいだけの話なのだが、そう思えないのはヴァーチャルな人格が仮のリアル(変な表現か?)になってしまっているからだろう。

 

 少し以前の話だが、私は不思議な体験をした。1ヶ月くらいの期間、あるオンラインゲームにはまっていた。

 そこで3人のゲーム参加者と親しくなった。時間があれば私を含めて大体4人でゲームに参加して遊んでいた。もちろんみんな匿名である。

 ある時、会話の中で他の3人がどのような人物かを知る機会があった。そこで驚いた。一人は専門学校の通う若い男の子(これは想定内)、あとの2人は中学生の男子と女子だったのだ。

 もちろんゲームの中ではプレーに関する会話しかしないから気付きようもないのだが、たとえ1ヶ月という期間であれ、中学生と全人格的な付き合いをしていたなんて。

 さすがに気が引けて自分も大学生であるとかごまかしたが、もし私のリアルな姿を知ったなら、彼らは私が驚いた以上に驚いたに違いない。

 

 これほどまでにヴァーチャルな世界は自由な世界なのだ。精神的な満足感も拡大していくだろう。

 食事をするとか、仕事をしてお金を稼ぐとか、スポーツやセックスをするとか、リアルな世界でしかできないことは多く存在するだろう。

 しかしリアルな世界である程度の資産を築きあげリタイアしたような状況であるならば、ヴァーチャルな世界でヴァーチャルな人格を自由に使いこなすことで、果てしない自由な世界を旅することが可能であろう。