物語論あれこれ【山田太一さんについて(2)】 | Novel & Scenario (小説と脚本)

Novel & Scenario (小説と脚本)

お越しいただきありがとうございます。
このサイトはKATARAのオリジナル小説とシナリオを掲載してます。


テーマ:


倉本聰さんのシナリオの特徴はなんと言っても間です。存分に間を取って視聴者に感情移入をうながす。丁々発止もなくはないですが肝となるシーンはこの感じ。

展開については最悪の場面を用意してそこに向かっていくつくりです。どん底に落としてそこから再起、感動、カタルシス、というパターン。王道と言えば王道ですね。

しかし山田さんはそういう流れを「もういい」と否定するような発言がいくつかあって、それは倉本さんの作品を意識しての発言では勿論ないでしょうが、感動やカタルシスばかりをめざしていたわけではない印象です。

あと倉本さんの作品には独特の美学のようなものがあります。男として、女として、人としての罪悪感、それらがハマる人にはカリスマ的な人気になる。

しかし美ほど多様な価値観はありません。本当に人それぞれ。山田さんはその「それぞれ」を書く作家と考えています。美醜というのは上下の価値観で無用な差別や争いを生みかねない。1つの考えを主張するよりいろいろな考えを対等にすること。どっちもどっち、上下も優劣も簡単には言えないよね、という風に。

向田邦子さんの作品の特徴はムダのないセリフ、凝縮された芸でしょうか。伝えたいことが薄まらないように余計なセリフを一切書かない、言わせない。演じる方はそれに合わせて演じ方が絞られる気がします。シチュエーションなども凝っていて、ピンと来る人にはしびれますが自分としては「うますぎ」「出来すぎ」な感じ。名場面だけをつないであいだあいだを大胆にはしょる。つくりものとしては一級品ですが、リアリティーよりクリエイティブに重点を置いてると言うか。

ドラマチックな展開のために逆算してキャラクターを動かすところがあります。それはフィクションなら多少の差はあれ皆そうですが、キャラクターの設定や個性で物語を縛らない。物語のために「人はそういうこともするだろう」と幅を持たす、変えてしまう。予想外のことも役者の具現化で説得力を持たせてしまう。

キャラクターと言えば山田さんの描く人物は細かいところまで気にする繊細さが窺えますが、向田さんのキャラクターはそれをさんざん済ませて擦れたような強さを感じます。居直り、揺るがない頑固、へこたれないたくましさ、それらで見る側が心強くなったり励まされたりもしますが、逆に敬遠することもあるかもしれません。あんな人物とは会話にならない、自分なら相手にしたくない。それはもう好みになりますが、そういう違いはある気がします。

山田作品の感想に戻りましょう。ちょっと駆け足で。

「高原へいらっしゃい」 これはシナリオ未読です。以前リメイクされた時にオリジナルのこちらが再放送され、それをツマミ見しただけですがやたらおもしろく「誰の脚本?」とあとで調べたら山田さんでした。こういうことがよくあって、山田さんのドラマは少し見ただけで他と違うのがわかります。

「沿線地図」 これはドラマが未見です。「岸辺のアルバム」と同様まず山田さん自身の手で小説が書かれ、それを原作にして脚色、ドラマ化された作品。小説もいいですがシナリオはさらにいいです。子供が始めた同棲、突然子供に自立された親たち、その日々のこまごまだけでおもしろい。

「想い出づくり。」 若い女性3人の結婚をめぐるドラマです。いま見ると時代を感じる部分も多々ありますが、最近のセクハラ問題などを見るとあまり世の中は変わってないのかもしれません。今でも参考になると思います。主人公3人やその家族のドラマが複雑に入り組んで進行し、先が読めない展開です。これも山田さんの特長ですね。この流れだとおそらくこうなるな、と予測のつくフィクションが多いなか、山田さんのつくるものは最後どうなるかわからない。

「ながらえば」や「冬構え」は名優、笠智衆さん主演の単発ドラマ。老いをテーマにしたドラマはなかなかないと思いますが、実現できたのは山田さんだからこそでしょう。「ながらえば」は老人の冒険、「冬構え」は若者との絡みがあって、若い世代も楽しめます。そしてシナリオ自体いいのですが、何より老俳優たちの姿がいい。

ほかにも短いもので繰り返し見たのは市原悦子さん主演、深町幸雄さん演出の「大丈夫です、友よ」 山崎努さん主演の「せつない春」 杉浦直樹さん主演の「家へおいでよ」などなど。

しかしいつの頃からか、正確に言うと東日本大震災以降、山田さんの書かれたドラマを拝見しても自分はあまり響かなくなりました。特に震災を扱ったいくつかについては。

それはもう明らかに自分が変わったからだと思います。震災以降2年以上物語が書けなかったことは前に書きました。フィクション全般に無力を感じ幻滅しました。

以前はフィクションを軽蔑する、という考え方が世の中にはっきりあった気がします。「ドラマ? 映画? くだらない」

しかし今はほとんどその手の発言を聞きません。「物語には意味がある。価値がある。人生には欠かせない」

勿論意味も価値もあるでしょう。人はいろんなことに意味付け、価値付けしていく生き物です。物語については自分も必要なものと考えてます。そしてどちらかと言えば好きな方でしょう。誰に頼まれたわけでもなく書き続け、しかも書けば書くほどお金が舞い込むというわけでもないのに書いているのは、よほどの物好きかもしれません。

しかし一方で、必要なものだけどそんなにいいばかりではない、とも思うのです。害悪にもなっている。それでも人は捨てきれない。言わば「よすが」のようなもので、その程度でしかない。そういう視点があまりに足りないと。

冒頭で書いた「早春スケッチブック」のモチーフのようにです。それこそ書くべきこと、と思うようになってからは、山田さんの作品に「どうも違う」と感じるようになりました。巨匠と自分を並べる不遜は重々承知の上です。違うのが当然で、違うからこそ自分の作品にも多少の意味があるのかもしれません。

多くの作品から作劇法を学び、それ以外にも山田さんの存在自体に様々な影響を受け、尊敬の気持ちはいまだ変わりませんが、大きく違う点を自覚してから自分はとても自由になれました。

 


 

▼ネット小説を探すなら (クリック感謝!)
にほんブログ村 
人気ブログランキング 
 

★出版中のKindle本はこちら

 

 

 

 

 

 

KATARAさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス