次作

テーマ:

・QMA次作

 発表されました。鋭意製作中とのことですが今春に稼働予定。

 

 ここ5年ぐらいは表舞台からは下がり、自分の対応としては

次作も変わらずといきたいのですが、年々登校頻度は減少しています。

 何より自分の仕事の関係が大きい。社会人プレイヤーの宿命と

いった感じです。

 

 次作の印象としてはある程度既存のモードは常駐させる感じで

しょうか。新形式はやってみないとわからない。

 問題はハードやOSの更新をするかでしょうか。

 

 リコアリですが、自分は中立というか、カードゲームに疎いので

CPUモードだけしかやってません。戦略を考えるゲームというのに

慣れていないというのもあります。

 

 コナステはPC環境と回線環境を自分の中ではどう更新して

いくかでしょうか。

 コナステは料金高めですが、夜間に1~2クレという手軽さが

良さげです。定額料金コースとかは欲しいです。

 

 セガ系店舗への展開は実は案外ありそうかなと感じています。

 Twitterを見る限り、セガ系店舗の稼働ってちょこちょこ見かける

のと、業界全体で頼らざるを得ないのかなと。

 

 方針としては変にランキングや成績に拘らず地道に取り組む。

 地道に取り組むことで開ける道もあります。仕事も趣味もです。

直近の取り組み

テーマ:

ここの内容は戯言と思ってスルーしていただけば個人的には助かります。

愚痴の一つも言いたいのではあります。文句言う前に色々やれというのは

分かりますが、負担にならない程度でやっていこうとは思っています。

 

・QMA

全体的にイベント追加をこなしている感じですが、アクティブに動ける時間が

取れないので自分の出来る範囲で切り上げている感じです。

世界地理検定は過去ちょっとまとめていたので細かく未見問題を拾い上げて

いる感じですが、ビジュアル問で国旗追加が多いのがなんとも。

リコアリは第2シーズンを片付けて、第3シーズンのデッキを作成施行中。

協力もぼちぼち。何だかんだでやり始めると無難に進行している感じです。

イベント追加もあって復調という意見もありますがどうだろう。今作は相変

わらず微妙だと思います。

自分以外のプレイヤーは見かけなくなっているのは変わっていないので。

 

・KAC

全体的にスケジュールが早めなこともあって、コナミ、QMA関連の話題も

案外サラッと終わりそうな感じであります。

 

・ボンバーガール

設置店舗は少ないのですが、じわじわとプレイ人口が増えている感じがします。

 

・オンゲキ、fate

稼働当初の賑わいもありましたが落ち着きました。艦これにはなれなかった。

 

・年末年始

近隣のゲーセンは物凄く混んでいました。アミューズメント系って繁忙期では

あります。流石に年明けからのギャップが大きいです。

この状況を安定させればまだゲーセンはコンテンツとしてはありなんですが

ね・・・。衰退論、撤退の話題が傍から見てると嘘の様な光景ではありました。

 

・ゲーセン業界紙

アミューズメントジャーナルは近所のゲーセンに置かれているので読むことが

あります。自分の意見や思うことが、この記事内容の受け売りなところもあり

ますが、やはり消費税のUP時期に業界がどうなるかが今後の取組みに影響

しそうな感じです。プレイ料金が確実に上がる分、環境減少にあわせて何を

自分が取り組めるのか。当面本業と併せて模索の日々は続く。

QMA Wiki

テーマ:

こんなページを見かけました。

 

https://www65.atwiki.jp/qmaxiv/pages/165.html

 

QMA今作に対する論争をまとめられています。衰退要因をまとめている

感じですが、自分が思う部分と一致する部分、逆に一方的過ぎないかと

思う部分様々な意見がありますが、このシリーズに長期に取り組んでいる

自分もタグ毎に意見をまとめてみようかとは思います。

 

「協力」廃止がもたらした影響

 

「協力」のみのプレイヤーは多かったと思います。トナメや大会モードの

難化に比例している感じはしていました。今作ではリコアリ導入でトリガー

があり、ユーザー分散の面が懸念されていましたが、正直廃止の判断が

早すぎた。上記ユーザー向けに継続してからでも良かったのではないかと

思います。

現状復活してほぼ間隔を空けずにモードが更新されています。これを最初

からやっていれば・・・・。

 

誰も望んでいない「WANTED」仕様

CPUが難しいのはこのゲームに限ったことではなく、難しいゲームは世の

中にいくらでもあります。ただユーザーがWANTEDを求めていなかったと

いう点は納得しています。

昔はトナメに称号プレイヤーが立ちはだかる感じで壁があり、称号者を

倒すとメダルがもらえるとか色々なアメもありました。

プレイヤー減少による代用CPUという位置づけであれば、それはそれで

ありなのですが、倒した事に対する報酬面が微妙だったのかなと感じて

います。ランキングをもう少し前面に出して倒した数に応じて称号アイテム

とか、魔法石を撃破数に応じて増やすとか・・・・。

これは協力モードにも繋がりますが、報酬が今作は微妙なんですよね・・・。

 

迷走する運営

放送部でのやりとりを見ている限りは運営に歯がゆさを感じているユーザー

が多いのは確かで、これは正直QMAシリーズに対する開発側の向き合い方、

開発力、運営力がない事が、言葉に出さなくてもこの放送部での回答姿勢で

我々ユーザーに見透かされてしまっているということなんでしょうかね。

内部事情が見えてしまうのも正直どうかと思いますが、顧客目線という点では

とても褒められるとは思えません。

ここ数作のシリーズでクイズの部分で大きく代わった部分、ゲーム形式と

してはグループ分けの追加くらいでしょうか。まだまだ画面のGUI含めて改良

余地があり、バグも相変わらず色々見えている中で、運営開発環境(windows

ベース)すら更新出来ず、このあたりに関われるリソースもないという感じです。

 今作始まる段階で15周年に向けて色々やるっていうことを放送部で公言した

からには、自分も含めてプレイヤーは何かやるのかを期待しました。

 その中でスマホ版がリリースされ、自分も取り組みましたが、周りが取り組ん

でおらず、協力プレイも盛り上がらずヒットという訳でもなく、ガチャも中途半端で、

この部分に関しては延命という言葉しか思いつきません。

 ただスマホ版はコナミ側としてはパワプロシリーズなどに変わるコンテンツ

育成と打ち出してリリース・・・自分含めて甘えてしまった感じでしょうか。

 

少なすぎるQメダル、余りすぎるマジカ

これはスタンプが今作は微妙になった感じ。使うタイミングの減少が大きいのか

とは思います。

 

「QMA超・放送部」の突然の休止

残念というのが正直な感想。おそらくこれが今作の事件簿で自分の中で一番

大きかったと思います。

 今後の展開、QMA存廃に対する運営、周りの考えが読めなくなり否定的な噂

や憶測が増えたのもこのあたりかなと思います。

 

「ランカー、大規模大会スタッフ」とプロデューサーとの癒着問題、大会格差

これも読む限りは一部憶測もあるのではという風にもよめますが、自分は現場を

見ていないので感想も憶測レベルでしか描けません。

大会運営をコナミがサポートする。ユーザーや店舗に大会運営を丸投げするのは、

今作に限らず過去もあります。

これに癒着絡みで金銭が絡むのはダメなのですが、運営方針にコアユーザーが

介入、大会方針にコナミが介入する。ここは自分に不利益がない限りは勝手に

やってくださいという感じです。仕事環境が変わり、自分のプレイ環境激変の

あたりから、このあたりの問題は火の粉が自分に被らない様に自衛する感じで

しょうか。店舗大会に出なくなったのもこのタイミングです。

 

QMAが衰退した原因としてここに書かれていない意見として、

・設置店舗(ゲーセン)、設置台数の減少。クレサービスの低下。

ハード部の劣化に起因している部分があり、コナステ版が代用という位置づけ

ですが、価格帯が高いのとそれなりにPCスペックが必要なのがネックでしょうか。

・現役プレイヤーの高齢化

QMAで自分が知っている形で最高齢のプレイヤーは70歳超えている方がおられ

ます。

・問題ジャンルの偏り

レガシー問が多く若者プレイヤーと壁がある。逆に最近問が若者受けするジャンル

が多い、アニメのコアどころ(深夜アニメ系)、サッカー、野球とそれ以外のスポーツ問

の格差。アイドル系など左辺が強い。地理歴史、ニュース問が武器にならないなど。

もあるかなと思います。

 

まあ今の開発陣、運営に変わる大きな力が働き、プレイヤーが付いてこない

限りはQMAは変わらないというのが読んでいた感想。競合でAnXAnがあった頃

がまだ活況があっただけに、色々なところで現環境に甘えが見えてしまったの

でしょうね。

これは正直中高管理職、会社員の発想ですね。現状維持を望むっていうのは

解決法が思い浮かばないと思われてもしょうがないです。

自分も色々考えさせられます。

平成とその先へ

テーマ:

新年明けましておめでとうございます。

自分は相変わらずです。運勢診断では健康面が大吉。

少しだけ気持ちラクにはなりました。

 

今年は改元の年。自分は昭和生まれ。平成は平和な世代だったというのが

正直な感想。趣味に向き合えるのは何よりの理由です。

 

コナミ作品、QMAは今年どうなるかを少し予想してみようとは思います。

時系列で

 

1.

1月KAC。次作発表。現状のイベント開催内容を見る限りは引き続き

マイナーアップデートとしての新作が色々なシリーズで発表されそう。

QMAはコナステ版が稼働したのが延命にはなったかなとは思っています。

アーケード作品は大きな改変新作もゼロではないかなとは考えています

が、設置店舗がボンバーガール、ベースボールヒーローズなど微妙な

感じで展開していくのではないかと思っています。

余談ですが、近所のラウンドワンに遅ればせながらこの2作は入荷して

います。

2.

BEMANIシリーズの整理とQMA存廃の絡み

リフレクが稼働終了します。ポップンとjubeatがいよいよ微妙な雰囲気を

醸し出しています。

セガの音ゲーの勢いが定着した感もありますが、BEMANIシリーズは

コナステ版がある作品は残る。IIDXとSDVXは家庭用コントローラーが

再販されます。ある意味コアなファン向けと割り切って延命する感じ。

この流れはQMAにも感じていますが、おそらく4月ごろ(決算時期)に

コナミ(アミューズメントの方)から何らかのアナウンスはあるのでは

ないかと考えています。

これは次年度に控える消費税アップに向けて、アーケードゲームを今後

どう運営展開するかという事業説明という意味です。

ゲーセンというカテゴリの存廃も叫ばれる中で、今後どう収益を確保して

いくかという点につきるかと思っています。

3.

コラボ。これは自分の考えですが、コナミ全般作品と他社作品との連携を

模索していくのではないかなと考えています。実はコナミは過去の経緯が

色々ネット等では囁かれていますが、単独で作品を世の中に出す力が

落ちてきているのでは?と感じています。強力なコンテンツやIP(音ゲー

特許)なども色々効力が切れ、いよいよアイデアと自立を求められるの

ではないかと。

 

自分は結構コナミ(アミューズメント)作品の今後に期待している人というか、

潜在的なファンだとは思います。BEMANIシリーズとQMAだけで金銭的にも

何だかんだで貢いでいるというのもありますが、自分の人生の中でこれだけ

夢を見させてくれたことにはある意味で感謝していると共に、今後も可能な

限りファンで有り続けたいなとは思っています。

 

ブログに書いていていやはや何だか。今更ながらコナミ株でも持ちましょうかね。

資産運用にはちょっと微妙ではありますが(^^A。

 

何だかんだで今年も良い年でありますように。夢を追い続け気持ちだけでも

若々しく生きていきたいものです。

QMAは続くのか?

テーマ:

久々の更新になります。

 

標題の件。QMAですが大きな出来事が続いています。

1点目

「QMA定期放送の急遽中止」

全体を通じたマンネリ感と向上委員会の回答内容などイマイチ残念な展開

が続いていましたがいよいよ放送そのものが中止となっています。

再開の案内は現状ありません。

 

2点目

「コナステ版QMAロケテ→正式稼働」

7月ぐらいに自分が呟いたCLOUD版QMAが稼働。ただ思っていたものと

は少し違う内容ではあります。良い点、悪い点を以下まとめます。

 

良い点

・一応ACのQMAの最新モードが出来る。検定や大会モードなどなど。

・家や出張先、海外でも環境が整えれば出来る。ただ無線環境は微妙。

・深夜に出来る。地方はもはや深夜稼働ゲーセンがありません。

深夜0時以降と、朝7時から10時ぐらいのゲーセン開店前に自分のPC

環境で出来るのは大きいです。

ただ深夜プレイは体を壊す要因になってしまったのでほどほどにします。

 

悪い点

現状マウスプレイのみ。タイピング、並び替えなどはどうもAC版の様には

いかない。自分は手持ち20インチののタッチディスプレイをノートPCに

接続拡張して使っています。

若干色々反応にラグがある。回線、タッチ感度など。

特に深夜帯の回線速度制限帯でのプレイはまだまだ課題です。

10Mbps以上推奨とのことですが、通常光回線サービスだと混雑すると

2Mbpsも出ない場合があります。Wi-Fiだとそれ以下になる。

ランキングが「コナステ」で隔離されている。

 

いよいよQMA目的でゲーセン通い、AC版稼働が微妙になってくるのかなと感じて

います。実際コナステ版は価格設定は割高ですが、自宅で環境が整っていれば

ソコソコのプレイが出来てしまいます。

風呂に入りながらとか寝転がってのプレイも出来ます。この自由度は遠出して

ゲーセン版をプレイすると価値があると判断出来る方向けではあります。

自分は近所に良環境があるので、ゲーセン対応次第ですがしばらくブラブラして

コナステ版の更新をしばらく見守ろうかと思っています。

 

QMAはここに来てのコナステ版リリースという、ある意味では禁断の手を使って

しまったという意見もあります。自分はこのゲームを見守る立場からすると、

サービスが続く意思がまだまだ開発にはありそうと感じたのである意味で

この展開は戸惑いはありますが、受け入れてしまった感があります。

 

QMA放送局などなど

テーマ:

・定期放送

 月1ペースでQMA情報を公式に生放送で提供している表題タイトルですが何だかんだ

で13回目です。

 情報などは割愛しますが、運営はQMAをどうしたいのかが読めませんねー。特に

アーケード版は新たなイベントを更新しているのですが、どうも過去のイベントを復活

させたりと、手探り感をここに来て随所に感じます。

 「向上委員会」という開発運営側がユーザーの意見を聴くコーナーがありますが、

出来ないなど濁す回答が多くて、余り向上という趣旨にそぐわない対応しか出来ていない

のは何だかなって感じです。後日に公式HPに回答しているのですが、「放送部」のページ

の奥にひっそりと回答しているので、イマイチ表立ってアピールしている様に感じない姿勢

も何だかなって感じです。

 

・アーケード版QMA

 アーケード版は設置ゲーセンそのものの閉店ラッシュとそれに伴う撤去が続いており

いよいよ出来る環境が限られてきています。前も書きましたが私の場合は近隣環境に

恵まれていますが、これが何時までも続くとは感じていません。

 自分的にはQMAに代わる何かを探す感じですが、今のところはQMAと同じテンポで気楽

に消化出来るゲームが無くて困っています。音ゲーもあるのですが、以前アーケード版

ぷよぷよとかパズドラとかに逃げていたことがあるのですが、個人的に「ちょっと数クレ

やれるテーブルゲーム環境」が欲しい感じです。

 検定アーカイブが前作ではアイドル検定が常駐されたので、終盤はこれを掘り起こす

感じで問題回収をしていました。今作はどうやらBEMANI検定がアーカイブで残るのかな? これはこれでまとめを中途半端にしていたので個人的には助かっています。

 

・スマホ版QMA

 問題は難度を上げるとやりこみはありますが、ずっと続けていけるかといわれると

正直微妙です。

 そもそもiTunesのランキング、評価を見る限りスマホゲームとしてヒットしている、はやって

いるのかが分からないです。アップデートは続くみたいですが、自分の立ち位置は微妙

です。検定イベントは何だかんだで回収しています。

BEMANI

テーマ:

・BEMANI鍵戦

 これはTwitter等のタイムラインを見る限り評価が分かれているみたい

です。

 

 BEMANI音ゲー側からすると曲解禁条件にQMAアーケード版、

スマホ版をプレイ要なので、QMA稼働の救済なんて意見もありますが、

私が感じていることは、昨今のBEMANI全体が余り勢いは無い様に

感じています。

 ここ直近では稼働したオンゲキ、チュウニズムなどSEGA系が盛り上

がっており、少し勢いを奪われている感じは直近はします。

 この状況下でコナミ側としては何とかBEMANI系に話題を戻したい

感じではあったのですが、BEMANI系は昨今では小さなアップデートは

あるものの、目立った新作稼働がここ数年実質出来ていないので、

目新しさの点でも苦しい事情がこういったイベントからは読めます。

 

 対するQMA側はスマホ版が稼働して半年を超えますが、イマイチ

こちらも盛り上がりは欠けています。前にも書きましたが、大会では

ない何か新たなギミックが無いと苦しい状況でもあります。

 全体的にどちらも新規層を取り込みたいのですが、このイベント、

いきなり今週始まります。いやはやって感じです。

 

・BEMANI検定

 再びやることは問題更新の内容次第です。ひなビタで埋もれないことを

祈ります。

 

・協力プレイ

 これ位の難度で回せる位が自分的には良さげです。

 ただ色々対戦していて微妙な問題難度もあったり、常駐されない事情

など、協力プレイをメインに置くのは運営上躊躇する感じはプレイして

感じました。

 もうちょっと分かりやすく言うと、チャットスタンプを連発出来ない時間

に設定していたり、ランキングを設定していないイベントである点などが、

その辺りを匂わしている感じがします。

 まあ若干突貫工事で作った感じはあるのでちょっと調整期間を置くの

は間違っていないです。今後のバランス調整を期待します。

 

・リコード

 2期カードが実装されてからちょくちょく調整しているのですが、これと

いった固まったデッキは組めていないです。SILVERがもう少しで全て

埋まる感じです。

 

・全体的に

 夏休みも終わりです。一旦色々整理しても良いのではと思います。

ゲーセン巡り(~8月中)

テーマ:

・セガ直営店福山

福山の西に位置する直営店。免許更新センターのあたりにあります。

電車だと備後赤坂駅からちょっと歩いていけますが、場所的には車で

の来店がベストです。

ショッピングモールの一角にありますが、基本的にセガのゲームのみです。

1Fはプライズ。2Fがカード、メダルゲームって感じです。

チュウニが2台、オンゲキ1台。規模は小さい方です。

ショッピングモールメインならおすすめです。

 

・奈良ミナーラ内ラウンドワン

ここは実は1回過去にイトーヨーカドー時代に来たことがあります。

近くのラウンドワン奈良が賃貸契約終了に伴い引っ越しをした場所。

ある意味でこういう建屋にラウンドワンが入ることは珍しい部類です。

 

奈良市街西部のあたりは以前キャノンショットというゲーセンが

あり、深夜営業を行っていたので一時期ホームにしていたこと

がありますが、この場所はメインがショッピングモールなので、

深夜帯に来店し辛いので、立地的にもも微妙ではあります。

 

入り口は北側の駐車場→北から入って写真中央の外が見える

エレベーターで5Fに向かうのがおすすめ。南側から入ると、

ものすごい建屋の中を歩くことになります。

下の写真のように

5Fエレベーターから降りると道案内をされて北側の入り口に誘導

されます。

QMAは4台あり、ラウンドワンには珍しく100円2クレ設定。

ただラウンドワンも慌てて引っ越しをした感じです、配置がまだ

整理できていない感じで音ゲーの隣なのは頂けない。

 

まあ天井がパイプでむき出しです。ある意味でよくこんな所に

引っ越ししたなーって感じです。

お休みは

テーマ:

・今年の盆休みは

 きっちり1週間取りました。直前で少し頑張ったので流石に呼び出されることはなさそう。

 

・オンゲキ

 3章クリアにはどうやらLv20を超えたカードが必要な感じです。レベル上限がネックで

クリア出来ないのはガチャ推奨な感じで、ここである程度見切りをつける方も多いです。

 どうやらRATEも10以上か以下かでプレイヤーのやりこみ度は判断できるかなと。

 EXPERTまではレバー固定、片手で鍵盤でクリア出来ますが、MASTERになると鍵盤

レバー入れ替えと左右の操作がややこしくなる感じで、ある程度はやりこみは必要

な感じ。これも11~12の曲に壁を感じます。

 

・QMA

 協力プレイはどうやら中間の協力問題の正答数によってクリアがある程度決まる

かなと。

 お助けアイテムが使えない問題なのと、★開放度によって難度差が生まれる様で、

正直この協力問題の正答がわかるだけでも進め方が変わるんだがなーなんて

感じでちょこちょこやっています。

 協力問題はせめて誤答したプレイヤーを判別して欲しい。戦犯晒すみたいで

物議を醸しそうですが・・・。

 

 検定ですが、アニマル検定は難しかったです。問題は分かるんだけど答えられ

ないものが多かった。特にキューブ問題。

 問題は声優検定。これは新問が何となくですがトナメに流れそうな難度です。

 これは過去問のみでSSSは超えましたが、やり込むかどうかは微妙。

 

 鍵龍討伐戦。 どうなんだろう、音ゲーユーザーをQMAプレイヤーとして呼び

込む作戦。併せてBEMANI検定という餌を巻くという作戦。

 全部の条件をやるためにはある程度揃っている環境が必要。QMA or 2DX,

SDVXを置いていないゲーセンもあるだろうし・・・・。

 

 今のホーム環境はQMAはありますが、2DX、SDVXが無い。

 ラウンドワン有利かなと。

新作ゲーもろもろの話

テーマ:

・オンゲキ

地元ではセガ系、ラウンドワンとアミパラへ入りました。

何となくですが自分のようなBEMANI系から音ゲーに入ったプレイヤーからすると抵抗

があるように感じますが、チュウニやmaimai、艦これなどのセガのゲームから音ゲーに

入ったプレイヤーなら受け入れやすいのかもしれません。

空気感は微妙な感じ。オタク要素満載な感じはラブライブよりは薄い感じですが、

 ちなみにガチャ要素があり、レアカードをセットすることでクリアしやすくなったり

するらしい。

 以前自分も書いたガチャ要素でMUSECAの再来か?といっている方もおられますが、

実物見た第一印象はそこまでの感じはなかったです。

 第一印象はなんだろう? 自分の中ではレアリティ、レート、ハイスピード調整とか

はチュウニズムに近い感じです。ある程度操作感に慣れてスピードあげていけば

爽快感が得られていく感じでしょうか。シューティング要素なんていわれていますが、

基本はノートを押していく感じで、BEMANI系ほど判定を意識しないあたりはうまい

なあと感じています。

 あれですねセガのタイトルにあるGP制を当面導入しているので、プレイ時間が長い

(特に初回)のは難ですが、夏休み期間中ということもあってそこそこ盛り上がりそう

な感じです。

 

・Fate

これも地元では同様にセガ系を主体に入荷していますが、これこそ艦これの現

ユーザーが移行するかが鍵ではあります。一時期の艦これでゲーセンが盛り返した

感じの再来になるかもって感じです。

待ちがこちらはハンパないです。朝早くか、平日も夏休み期間中で混んでそうだし

当面あまり独占してプレイできなさそうな勢いです。

自分は艦これや三国志などのGP制ゲーム、カードゲームはやってこなかったの

ですが、これは原作を知っているのでやるかもしれません。

ただカードゲームはQMAも未だに戦略がつかめない、自分の頭がついていかない。

現状では向いていないかなーなんて感じではいます。

 

・QMA

 上記のあおりではありますが、地元のラウンドワンでは1台減りました。

妹尾ラウンドワンやアミパラ系などは4台無くフル対戦大会は出来なくなりました。

4台無いQMA環境のゲーセンは地方では多いんですよ。公式大会が開催できない

環境が色々と増えていきそうです。周りの環境に徐々に影響されている感じです。

コードオブジョーカーやボーダーブレイクの閑散とした状況よりはまだマシかなって

感じではいます。

 

・法律検定

 難しいです。○✕の微妙さと、そこそこなボリュームで苦戦。週末に一旦決着を

つけたい。

 

・アニマル検定、声優検定

 いや。使い回しだから大々的に発表しなくてもネタ切れ感はあります。