SUNNY HOLIDAY

SUNNY HOLIDAY

~好きなこと,日々の記録を書いています~

NEW !
テーマ:

人生2度目、香川県に上陸!

4年前に初めて訪れたときは、急遽うどんが食べたい衝動に駆られ、前日の夜に高速バスとゲストハウスを予約して行ったなぁ・・・

 

今回は青春18での「弾丸!屋島廃墟ツアー」です

人生初のマリンライナー、瀬戸大橋からの眺めを満喫して・・・

 

・・・久しぶりの高松駅に到着!

4年前行ったときのことが蘇ってくる

アンパンマン列車まだ走ってるんや!(写真右から2つめの電車)

 

高松駅から高徳線に乗り、屋島駅に到着

4年前に屋島を訪れたことが、私の「第2次廃墟秘境ブーム」のきっかけになった

↑ 屋島山上に行くには、JR屋島と屋島山上を結んでいる、このシャトルバスに乗るのが一般的

初めて訪れたときはシャトルバスを使ったが、今回は自分の足で屋島山上を目指す

 

↓ 写真奥の山が目指すべき屋島

 

↓ 角度を変えて拡大します

木が生えていない1本のラインがありますよね♪

これが、今回屋島を訪れたお目当て、「屋島ケーブル」の廃線跡です

 

写真だと分かりにくいですが、赤い矢印の所、トンネルがあります

ワクワクするわ~

 

では、早速、ケーブルの根元を見に行きましょう

 

↑ 屋島ケーブルの一番下に来ました

まだケーブルカーが残っています、保存状態最高です

 

窓ガラスが割れていたので、中に侵入できてしまいました

立ち入り禁止の文字はありませんでしたが、だいぶグレーな行為やなぁ

 

↓ 近くに変電所まで残っている!保存状態最高すぎる!

 

 

さぁ、登りますよ!!

 

↓ 早くも最初の敵

柵が行く手を阻みます

左側の柵に何かぶら下がっていますが、これ、「立ち入り禁止」と書いているのではなく、「

開けたら閉めて」と書いてあります(爆笑)

 

誰かが通ること前提なわけですね

 

 

急勾配すぎる

 

↑ 交換場所

 

 

前半戦は2足歩行で頑張っていたけれど、急勾配のため、徐々に前傾姿勢になる

最終的に4足歩行でひたすら登る

 

↓ 振り返ったところ(フラッシュ焚いてなかった・・・)

 

↑ しんどいけれど、景色は最高!!

 

 

↑ ついにトンネルが見えてきた!

 

トンネルを見て一気に元気が戻る単純な私、頑張るぞポーズ

 

↑ 汽笛吹鳴標まで残ってる~

 

トンネルをくぐり、屋島山上駅に到着!

↑ ケーブルカーがいないため、ホームに上るのが大変

この梯子?に足をかけて何とかホームに上陸

 

履いてきたズボンが砂まみれ

廃線跡散策用の「汚れること前提のズボン」ですからね、気にしない気にしない

 

 

↓ 屋島山上駅は駅舎まで残っている

 

↓ 駅舎内部

 

↓ 野良猫が大量にいました

どの子も人間に慣れすぎており、近寄っても全く逃げません

 

 

時が経つのがストップしたような?

廃墟が持つ独特の雰囲気・・・これがクセになるんよな~

 

今度は香川1泊して、観音寺の銭形砂絵、小豆島に行ってみたい

 


テーマ:

久しぶりに岡山県へ上陸!

 

岡山行くとなると、姫路から相生を経て山陽本線で岡山!ってなるのですが、

今回のお目当ては岡山駅ではなくて、備前市の西片上駅!

 

人生初の赤穂線に乗って西片上駅へ

JR西日本のポスターになりそうな写真が撮れました↑

 

そういえば、今回乗った赤穂線の電車のシート、なんじゃこれ!?(笑)

・・・ってカサ増し?されていました

 

さてさて、今回のお目当ては、片上鉄道の廃線跡巡りなのです

西片上駅を降りて、地図を頼りに、片上鉄道の起点へ向かいましょう

 

思っていた所と微妙に違う場所に0キロポストを発見

本来の場所ではなくて、こうやって展示するために移転させちゃったのかな?

 

細かい違いは日常茶飯事!

次へ進みましょ~

この一本道が廃線跡です↑

きれいに道路に転用されています

 

至る所に、片上鉄道の境界標の「片」が残っていました↑

 

勾配標もそのまんま↑

 

道路端の崖っぽくなっている所にあった柵↑

よく見たら、レールや!

 

隧道もそのまんま↑

 

なっ、今回は徒歩でもランでもなくて、自転車で巡ってきました

赤穂線は電車の本数も多くない、でもこうやって青春18で日帰りで廃線跡を周りたいっていう、ちょっと変態チックな私みたいな人のために・・・

備前市役所が無料で自転車を貸してくれるのです(笑)

 

ってなわけで、人生初の廃線サイクリングになりました

 

清水駅跡↑

 

途中、JR和気を過ぎたあたり↑

交通公園があって、片上鉄道時代に使われていた、腕木式信号機が!

一気にテンションがあがる

 

信号機もそのまんま↑

今にも進行現示や停止現示ができそうな信号機

もう一生使われることはないのかと思うと少し複雑・・・

 

裏からも忘れずに↑

 

天瀬駅跡↑

 

制御器箱とキロポスト↑

錆びた感じがたまらんわ~

 

苦木駅跡↑

時間の都合上、ここで折り返し

たまたまこの地点がサイクリングのスタート地点から21キロ地点でして、ここで折り返したらマラソンの距離になる・・・っていう偶然に気づきました

 

ここから、どうでもいい話

廃線跡でホームや駅舎が残っている場合、私はそのホームで、家から持ってきたおにぎりや、コンビニで買ったおにぎりとか・・・よく一人で昼ご飯タイムをするのです

 

 

もう永遠に来るはずのない列車を待ちながら、おにぎりかじって、のんびり物思いに耽る・・・

っていうのも廃線跡巡りの醍醐味で、これがまた楽しいんですよ・・・

 

駅舎の中から↑

もうずっとここにいれる・・・

帰りたくないよ~

 

駅訪問ノートがあったので私も記帳してきました↑

 

 

ここから、真面目な話

 

今回、ガーミン氏を装着して自転車漕いでいて、ガーミン氏がリアルタイムで速度を表示してくれるのですが、だいたい時速20キロくらいで漕いでたんです

時速20キロか~、これがキロ3分の景色か~って

これで42.195キロ走ると、2時間6分なんやなぁ・・・って

 

キロ3分がどれだけ速いか、身に染みて感じました

この速さで走りながら、スペシャルドリンクの容器の輪っかに腕を突っ込んで取って走るって・・・

難しすぎるやろ!(笑)

 

・・・っていろんな発見をした岡山旅でした

備前市、和気町もすれ違う人がみんな挨拶してくれるのです

自転車漕いででも歩いてても駅跡の写真撮ってても・・・みんな「こんにちは~」って声かけてくれるんです!

そういうのもすごく嬉しかったし、カキオコは時間がなくて食べれませんでしたが、また訪れたい場所になりました!

 

 

 


テーマ:

信貴山ケーブル廃線跡の偵察をしてきました

 

王寺駅にて、人生2回目の近鉄ワンマンに乗車

 

これに乗って、信貴山下で降ります

 

かつて、この信貴山下から信貴山に向かうケーブルカーがあったそうな

 

さてさて、登りますよ~

写真では分かりにくいけれど、かなりの傾斜の坂道

 

だいぶ登って振り返った所

 

 

この傾斜がどれ程か分かる、客観的な写真も撮ってきた!

 

本格的なケーブル廃線跡に突入!

 

ハイキング道として、すこ~しだけ、整備してくれています

落石も倒木もイノシシも気にはしませんが、未だにマムシに遭遇したことがない

それにしても、猛毒キノコ「カエンタケ」が気になってしょうがない

残念ながら発見できませんでした

 

うっすら枕木が残っている箇所を発見

 

ケーブルに使われていたレールなのかは分かりませんが、レールの残骸を発見

 

架線柱の名残も発見

 

廃線跡を抜けて、バス停が見えてきました

ケーブルカー時代の信貴山駅が、今は代替バスのバス停の待合室になっています

 

内部の様子

 

窓口跡っぽい

 

キップ販売していた風景が浮かんでくる・・・

 

 

ちょっとだけ信貴山観光もしてきた!

 

 

↑ 橋に何かある・・・見に行ってみた

 

バンジージャンプ台でした

 

 

 

 

辺りをいろいろ散策して、徒歩で下山

 

どれだけ登ったのか気になったので、一目でわかるポイントはないかと探した結果、

多分こんなかんじ

 

 

2つある矢印のうち、下の矢印が信貴山下駅の辺り

上の矢印がバンジージャンプ台があった辺り

 

 

後々調べて知ったことですが、この信貴山に東側から向かうルートが今回訪れた廃線跡で

西側から向かうルートが今もある西信貴鋼索線みたい

どちらも近鉄が運営していた、しているケーブル

 

またまたひとつ学習できました~

 

 


テーマ:

ただいま第3次秘境廃墟ブーム到来中

第1次ブームの時分はまだ金銭的に余裕もなく行動範囲も狭かったため、なかなか行きたい所に行けなかった

それから10年以上経過・・・高校卒業して就職して成人してお金もたまってきて・・・行動範囲も自然に広がり、気づけば第3次ブームに突入していた!

 

 

3月からは青春18きっぷのシーズン!

たくさんの廃線、廃墟、秘境地を巡りたいと思います

 

先日の話

JR関西本線笠置駅にやって来ました

加茂駅から関西本線に入っていくところの秘境に吸い込まれていく雰囲気がたまりません

 

今回は笠置で降りましたが、ずっと乗っていくと、伊賀上野を通って柘植を通って亀山・・・って三重の香りがプンプンしてくる感じが病みつきになる!

 

長閑な雰囲気、いい天気です

 

民家はありますが、人の気配があまりありません

 

途中、たぬき?に遭遇

かわいいね、こっちおいで♪したら逃げられました

 

笠置トンネルを歩いて通ります

確か全長750Mほどしかありませんが、トンネルは1キロ足らずでも歩くと長く感じます

トンネルを出て振り返った所

ここでトンネルの左手にひっそりと旧道が通っていることに気づきます

※ 右の矢印:通ってきた笠置トンネル

  左の矢印:笠置トンネルが開通するまで使われていた旧道

 

ここの旧道を行ってみます!

落石注意!

かるーく、ゆるーい、立ち入り禁止エリアなので、控えめにレッツゴー

 

さて、何があるでしょうか

 

近畿圏の廃墟の将軍、「笠置観光ホテル」

 

蔦で覆われてしまっていますが、きれいに取り払ったらまた営業できそう

 

 

おまけメモ

来月からの青春18きっぷでの訪問予定箇所

(全部は行けないかも)

・香川県 : 屋島ケーブル廃線跡、屋島廃墟群、観音寺、少しだけうどん、かまたまソフトクリーム

・岡山県備前市、和気町、津山方面 : 片上鉄道廃線跡、時間があればカキオコを食べてみたい

・愛知県新城市、北設楽郡 : 豊橋鉄道田口線廃線跡

・愛知県豊川市 : 豊川稲荷、飯田線散策

 

18きっぷなのでなるべく日帰りで頑張る

 

廃線跡はランニングで巡りたいけれど、電車の運行ダイヤの都合上、サイクリングで巡ることになるかも

初代ガーミン氏はラン機能しかなかったけれど、昨年末に買った2代目ガーミン氏にはサイクリング機能が付いているのでちょうどいいかな

 

最近の新発見、廃線跡をランニングで巡るときの最適ペースは「キロ6ペース」

これより速いペースで走ると重要な鉄道遺構を見逃す恐れ、枕木がうっすら残る道、ずっと走っていられそうっていう気持ちいいペース・・・うん、キロ6やなぁ・・・

 

廃線跡付近の交通網ってあまり発達していなかったりするので時間管理を怠るととんでもないことになるのがネック・・・それも僻地訪問の醍醐味だったりするけれど、翌日仕事っていうときはそうも言ってられない

 

今までなるべく健全な内容のブログを書くように気を付けていたけれど、どんどん気持ち悪い記事になっていきそうで怖い(笑)

でも、行って楽しかった所、食べて美味しかったもの、楽しかった旅ランと一緒で、廃線も廃墟も秘境も自分にとっては大好きなものだし、懐古的ログ?として書いていきたいと思います

 

 

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:

近鉄奈良線の旧線跡を散策するために、石切駅にやって来ました

 

現行路線の新生駒トンネルが開通するまで使われていた、旧生駒トンネルと孔舎衙坂駅跡

赤い〇で囲んだのが旧生駒トンネル

写真手前は孔舎衙坂駅跡

何故か鳥居があるんですよね(写真右)

神社?

調べてみると、このトンネルが開通したときの記念に建てられたっぽい

 

線路跡がきれいにアスファルト化しています

保線の車両が走ったりするのでしょうか

 

 

 

「くさかみち」の案内碑

 

 

石切駅から新生駒トンネルを眺めます

 

駅跡の横には鷲尾開閉所があります

こちらは現役

 

 

この孔舎衙坂駅が廃駅になったと同時に石切駅が移転しているのですが、

移転する前の石切駅跡を発見してしまった

現石切駅(橋上駅?プチ高架駅)付近の壁面っていうのかな?(表現難しい)

壁面に線路が埋められた跡を発見!

拡大してみます

移転前の旧石切駅は現石切駅より低い所を走っていたみたい

 

石切駅前に丸型ポストを見つけてしまった

 

 

近鉄の廃線跡、廃トンネル群は、

この旧奈良線と、旧青山トンネルが個人的な「一度行ってみたい廃線トップ3」にランクインするかも

Ameba人気のブログ