ここに肉がついてしまうのは、

腹斜筋が使えてないからです(`・ω・´)

 

位置としては骨盤の上部、腸骨稜の周りに肉が付いてしまうのですが、

そこに起始停止を持つ内外腹斜筋(あと腰方形筋等)を使えていないために血行不良となり、硬くなる結果肉月が良くなり、落ちづらくなります。

歩く時には脚を出すという感覚ではなく、骨盤を回転させて歩くわけですが、その際に多用するのが腹斜筋。

※もっと重要なのは大殿筋、中殿筋(を左右の収縮を入れ替えて歩くこと)ですが、腹斜筋を使わずに歩くとどうしても腸骨稜周りが硬くなってしまいます。

足が長くなる解剖学〜腸骨稜を意識する | 「ハイパー ファンクショナル ボディ™️ 」メソッド 白井悠二のブログ

生活の中で最も腹斜筋を使えなくしてしまい、肉月を良くしてしまうアイテムがこちら。

回転式の椅子(*・ε・*)

これが腹斜筋の弱体化を最も効果的にし、背中の肉付きを良くします。

 

日常生活において捻る系の動きは意外と少ない気もします。

なので、一歩一歩歩くごとに腹斜筋を鍛えるように意識して、

24時間可能な限り収縮と弛緩を繰り返せるようにすること。

 

それにより内臓、特に腸内の血行、肋骨下部の血行などを大きく変えることができ、

遠いくは全身の血行改善へと繋がっていきます。

 

また、立位の際、立っているときに寛骨、骨盤に重心が乗っていることも意識する。

そうすることで背骨の脱力、太もも周りの弛緩へと繋がって、脚は細く、背骨も柔らかくなります。

 

ヤコビー線の正確な位置を捉えて、身体の使い方を修正していきましょう。

今日の色々。(ヤコビー線、太もも周り、骨盤等)

==========
すっごい端的に言えば、
腰を捻るときに筋肉の収取を使って捻ることを意識して生活しましょう\( 'ω')/
というお話です(((uдu*)
 
ライオンやトラ、犬や猫などが筋トレしなくても超機能的な俊敏な動きができるよう、
日常生活のすべての動きを筋トレにしていくことで、筋トレの時間をあえて作らなくても身体は変わっていきます✨
 
 
食べても太らない、ウェストの細いあの人は、きっとそんな身体の使い方をしているはずです。
根本的な身体の使い方を見直し、無意識に使えるようにし、楽して綺麗な腰回りを手に入れましょう☆

こんなに更新を滞らせているのは書き始めて初めてのことです(;´・ω・)

が、ここ最近取り組んでいたのは過去記事に全部書いてあることの再調整。
 
上前腸骨棘を点で意識し、肩甲骨や胸椎12番などと結びつけ、体軸を捻る系で調整するということ。
詳細は過去記事をご覧ください。
 
体軸の調整、背骨の柔軟性、脳幹の通りを良くする、等々の効果。

腸骨稜を発掘する。

「腸骨稜」の画像検索結果
歩き方においては、脚を動かす方向を斜め後方へ蹴りだすことで骨盤を回転させる(胸椎12番を点として)という歩き方になる。
過去記事の焼き増しなので、やってることはTwitterへアップしておりましたm(__)m
 

西田 真秀

@nippy888

 

============

【ホスファチジルセリン再検証中】

 

 
 
 

頭が冴えなくなったと感じる昨今・・・買った当初はあまり効果を実感出来なかったけど、再検証中。

記憶力と回転速度が若干増したようにも感じる。

けど、それは体軸、脳幹を調整した結果かもしれないので、まだ何とも言えない。

 

300mgの方も買って試してみようかと思います(((uдu*)

【ヒハツ実験中】

「『ヒハツ』は、ヒバーチ、ピパーチなどなど、さまざまな呼び名があります。また、原料にヒハツモドキとあるものでも、ヒハツと成分は変わらないので、同じ効果が期待できます」

https://www.tv-tokyo.co.jp/plus/lifestyle/entry/2018/018453.html

 

 

 

とりあえず飲んだり食べたりしてみました。

 

お茶もコショウも美味しい!!!

効果はなんとも実感ないけど、美味しいので続けています(/ω\)

 

ヒハツは毛細血管を拡張する(らしい)。

ヒハツに限らず、例えばアーモンドやニンニク、栄養ドリンクなんかにも含まれている成分であるアルギニンもまた、一酸化窒素の発生により毛細血管を拡張し血行を改善することが出来る。

 

アルギニンはここ数年飲んでいるので、効果をあまり感じないのはアルギニンの効果の方が高いためかもしれない。

 

それかエプソムソルトとかマグネシウムの摂取も続けているために、毛細血管が元々若いのかも(/ω\)♪

 

エプソムソルトは本当はAmazon限定のイランイランが超おすすめなのだけど、現在売り切れ中(*・ε・*)

 

 

 

=========

そんな感じで、日々、麻雀に明け暮れる毎日を過ごしていて幸せです( ´艸`)w

弱いけど(;´・ω・)ww

 

でもフォームも固まってきたし、状況判断も昔に戻ってきたし、良い感じす。

 

10月18日は宅建の試験を受けるので、それまでのお勉強のお供としても、ホスファチジルセリンの効果に期待しています(((uдu*)w

٩( 'ω' )و ガンバルゾ

すべての不調の根本と言える(((uдu*)
手足のツボから始まって、肘【総指伸筋、長短母子伸筋、示指伸筋の収縮】へと辿り、
そして足、脚へと進んだのですが、
 
【膝裏を伸ばせば大体解決】

 

 

https://laurier.excite.co.jp/i/Baila_35976

 

 

お尻から膝裏にかけての筋肉群の収縮が全身を引っ張って歪みを形成している。

といっても過言ではない。

 

手や手首、腕、肘といったところも相当に引っ張っているけど、脚の方が5倍くらい(体感的に)は全身への影響がデカい。

徹底的に膝裏、太もも裏を伸ばせば、大体のことは解消される。

ストレッチ方法は山ほどあるので各自お調べください(((uдu*)

特に膝裏に負荷が掛かればOKです。

肉体の感覚が10年は若返ってきた(`・ω・´)!!

これだけやればいい!
なんてことはいつも言わないのだけど、
これだけやれば、ある程度の全身の機能、能力は8割方引き出せる、不調を改善できるのではないかなと思います。
 
プリケツも膝裏のストレッチありきです٩( ‘ω’ )و 
 
ポイントは、重力に頼らず、しっかりと筋肉を使って伸ばすこと(((uдu*)
さてさて、しばらくは膝裏を全開で調整しますぜ\( 'ω')/
 
 
 

ツボの血行を変えるには、【虫様筋】かと短絡的に思っていたけど、

根本的なツボの血行不良が起こるのは、

【総指伸筋、長短母子伸筋、示指伸筋の収縮】

であると判明しました。

 

これらの筋肉群が収縮しっぱなしになってしまうことで、身体の歪み、捻じれ、血行不良が連動して起こっている。

なのでストレッチして収縮状態を開放することで様々な症状を改善へつなげることが可能になる。

こんな感じでストレッチをするわけですが、総指伸筋の収縮を意識して行ったり、

例えば人差し指を1本だけを握り反らせる場合、中手骨の付け根から反らせることを意識すれば、そこにあるツボである副腎に対して効果が出る。

親指だけであれば、長短拇指伸筋が伸びることにより親指周りのツボの連動か所が改善される。

・肘をしっかり伸ばすこと。

・総指伸筋、長短母子伸筋、示指伸筋を使えるようにすること、伸ばすこと

 

が大事。

 

足に関しても同様の考えで、

・膝裏をしっかり伸ばすこと

・連動する指を動かす、引っ張る系の筋肉(ふくらはぎにある筋肉で後述しますが)を伸ばすこと

 

が大事であり、根本的な原因解決につながるのだと。

 

【肘と膝をしっかり伸ばす】

というのが、健康的に生きるうえ(手足のツボを改善する上)で、とても重要なポイントなのだなと思いました(((uдu*)

しばらくは徹底的に肘と膝裏を伸ばしていくストレッチで調整してみようかと思います。