クアラルンプールなう

テーマ:
マレーシアクアラルンプール二日目。
イギリスの植民地だったのだなーという印象と共に、道路が左車線で日本とあまり違和感がない。
建物も日本の建設のものが少なくなく、あまり違和感がないというか、居心地は良い気がする。
看板の字体フォントが古いのが多いからか?centuryとか)昭和の香りを感じることも多々!

明後日の数年ぶりゴルフまで調整を続けています(*-ω-)
暇なんでブログ書いちゃった♪(/ω\*)






本日2つ目の記事。

 

ひたすら腕の(肘の)捻じれを修正(回外方向)してたら、膝下の捻じれも連動して治ってきた(;´・ω・)

ついでに首、頸椎の左右バランスが理想に近づいてきた!

 

【橈骨のズレは全身へ影響する】

ということをなんとなく実感してきました。

 

そもそも橈骨は何故ズレるか?と考えると、日常生活の使い方で捻じれてズレてくるわけですが、

回外筋の弱体化に加え、捻じれた状態、回内のまま前腕骨間膜の糖化等により硬く固まってしまうのが原因ではないかと推測。

 

 

ズレには個人差があるのかどうかは統計を取らないとわからないけど、

手首側の結合部がズレるか、肘側の結合部がズレるのか、どちらもなのかとパターンはありそう。

※念のため書きますが頭骨は前腕にある2本の骨の内の1つで、親指側の骨。回外筋は橈骨側、肘側に結合する筋肉です。

回外筋だけポンポイントで収縮させる。という動きは日常生活の中ではあまり使わないかもしれません。

そのために弱体化しやすいとも言えます。

 

動画のように前腕を外側に回転(回外)させるのが回外筋の収縮のもたらす動きですが、調整の際はこの際に上腕骨は反対方向へ、内側へ捻じるというのがポイントです。

前腕⇒外側 上腕骨⇒外側 

と同方向に捻ると、上腕骨(および肩甲骨)の外旋により背骨がロックされて固まってしまいます。

 

前腕⇒外側(回外) 上腕骨⇒内旋(内転)

という組み合わせで使いましょう。

 

なので大胸筋もしっかり使う必要があります。三角筋でも出来ますが、肩回りの可動域が悪くなります。

肩幅も広くなりすぎてしまったり、肩甲骨の動きを悪くしたりにも繋がるので、三角筋を鍛えすぎるのは注意が必要。

出来る限り大胸筋を鍛えて、補佐的に三角筋をと、今は思っております。

 

============

橈骨のズレを治す影響

・腰痛の緩和

・肋骨が弛む(呼吸が深くなる)

・O脚、XO脚など脚の捻じれの修正

・骨盤の可動域拡張

・頸椎の歪み改善

・膝下、ふくらはぎが細くなる

その他多数

 

といったような効果が考えられます。

頸椎の歪みが取れれば脳幹の詰まりも解消されることから、頭の中がスッキリ!頭の回転が速くなる!記憶力が良くなる!とかもあると思います(((uдu*)

 

手首、肘を徹底的に柔らかくしていきましょう\( 'ω')/

それがあなたの不調の原因の大きな一つである可能性は、決して低くないと考えられます。

 

==

日常生活の使い方が原因

 

という点においては、PC操作、そして噛み合わせによる歪みというのもあります。

片方の歯でばかり噛んでいると、噛んでいない方の腕の力が入らなくなります。

噛む力=握力に比例 します。

握力に限らず回外筋の弱体化にも繋がりますので、上記の歪みに繋がります。

 

長年の噛み合わせによる弱体化は、両方で噛むように改善した!というだけでは戻りません。

弱体化した筋肉を、左右バランスを整えるように調整する、鍛え治す必要があります!

 

約5年ほど色々考えた答えです(((uдu*)

歪みで悩む人の参考になれば幸いですm(__)m

 

 

 

 

昨日、某信金の麻雀で優勝できました\( 'ω')/おじいちゃんだらけの16人だけど(/ω\)

肩甲骨、頸椎の歪みストレスが無くなれば負けるはずはない(`・ω・´)!って思ってたのだけど(/ω\)

かなり昔の感覚に戻ってきました(((uдu*)

  

【回外筋と(長短)腓骨筋】

上腕骨(&鎖骨)の内転、大腿骨(股関節)の内転により背骨を弛める。

仮)背骨のロックと解除(アンロック)

のですが、その際に肘と膝の先、前腕、下腿は反対方向へ捻る。
もちろんやり過ぎは野球肘やXO脚(内転筋が強すぎ、腓骨筋強すぎ)になったりすのでバランスが大事ですが、
今の自分にとっては回外筋、腓骨筋の弱体化を修正する必要があると感じました。

上腕骨と前腕、大腿骨と下腿の捻じれは分けて考えるという話。

捻じれの方向の組み合わせによって、O脚やXO脚、がに股、内股、ふくらはぎの太さ、太ももの太さ細さなどが決まってきます。

 

上腕骨、大腿骨を大胸筋や内転筋を使って内転、内旋させられれば二の腕や太ももは細くなります。

前腕、下腿(ふくらはぎ)は回外筋、長短腓骨筋をしっかり使えれば細くすることができます。

 

腕や脚を一本の棒として使わずに、膝、肘で分けて、さらに捻りの方向の組み合わせも考えて使うこと、修正すること。

 

日常のPC操作やキーボード操作などが筋肉(回外筋)の弱体化に繋がり、それにより発生する捻じれが頸椎の歪みに繋がったりします。

さらに頸椎の歪みは腰の歪みへ繋がり、骨盤の歪みに繋がり、肋骨の捻じれにも繋がります。

それにより発生した血行不良が臓器の機能低下に繋がり、あらゆる不調へと繋がっていきます。

 

 

この捻じれの修正がまた、肩甲骨の可動域拡張にも繋がります(((uдu*)

 

================

明日からちょっとマレーシア行ってきます\( 'ω')/

次回更新は20日以降になるかなと思います。

タイ旅行の時のような考察目的がないので、今回は現地で考察対象を探そうかなと思います。

あ、ゴルフを数年ぶりにやってみます!さらなる捻じれや修正点を発見する(`・ω・´)!

 

【タイ考察】微笑みの裏側

なぜタイ(やフィリピン等)にはニューハーフが多いのか?という考察。

 

 

肩甲骨Ver.UP。

テーマ:

もうこれ系の肩甲骨改善に関するタイトルは、ここ8年で何回目だろうか・・・

 

だがしかし!今回は本気の中の本気(((uдu*)

どんなに痛かろうとも、腕が千切れようとも、骨が折れようとも、限界を突破する所存で挑んでおります(`・ω・´)!

※自己責任で。

 

Ver.UPさせる筋肉は、僧帽筋」・「前鋸筋」・「小胸筋」・「肩甲挙筋」・「大菱形筋」・「小菱形筋」

 

今回は下制可動域の最大化を第一として負荷を過去最大級にかけ続けております。

もちろん最終的には全方向への可動域の最大化が目標。

上記6つの筋肉以外にも、【肋間筋】【多裂筋】といったものも可動域拡張、姿勢制御に重要であったり、大腰筋や腹横筋、大胸筋も連動して絡んでくるけど、書くのは肋間筋くらいまでにしておきます。

 

【肩甲骨を剥がす】

この超在り来たりなタイトルですが、肩甲骨の下には肺があります。

剥がすというのは筋膜の癒着を剥がすわけで、癒着状態下では血行不良状態となります。

肺の周辺が血行不良となると、酸素摂取量が大きく減り、ミトコンドリアの不活性、すなわち前肢の代謝の低下に繋がります。

肩甲骨を剥がすことで改善されるので、代謝が大きく跳ね上がり、ダイエットに繋がると言えます。

 

ただ、呼吸が浅かったり背筋群を全く使ってこなかった場合、帯電量が大きく、めちゃくちゃ痛いです(;´・ω・)

一気に剥がすと電圧で焼き切れたり、炎症が起こったりするので、日々、徐々に負荷を掛けていくのが理想的。

 

ってな感じで加圧、収縮させるとめちゃくちゃ痛い状況です(◎_◎;)

ですが日々痛みは軽減されつつあります。

 

左右のズレや背骨の角度、肋椎関節の可動域、胸骨の可動域などのバランスの微調整中です。

とにかく筋肉を全力全開の出力で調整しています\( 'ω')/

筋トレすれば身体は柔らかくなります(((uдu*)

 

内容が無いような記事になってしまいましたが、これから某信金の麻雀大会のためお暇します(/ω\)

 

麻雀で姿勢制御実験考察を(`・ω・´)!

 

先週1週間、みっちりとMg補充をして痛感したことは、

〚Mgの充足は精神の充足〛

ということ。性格は物質で出来ている。ということなのだなと(((uдu*)

 

どんな人間だってドーパミンが出ればやる気に溢れ楽しく多幸感を味わえるし(時に依存症になりますが)、

ドーパミンからアドレナリンやノルアドレナリンに変換されれば怒りや不安な状態となる。

セロトニン、βエンドルフィン、その他テストステロン値やエストロゲン値によって視野視点が変わったりする。

 

それらのホルモンを合成するためにMgは必須であり、総量を増やす、つまりは喜怒哀楽、良くも悪くも感情が豊かになるということに繋がり、

Mg不足によりホルモン量が少ないということは、喜怒哀楽が少ない、感情表現が乏しい状態となってしまう。

 

思考速度や集中力にも大きな影響が出るし、人を惹きつける魅力や睡眠の質、寝起きなどにも大きく関わる。

という感じでMgについてはまだまだ考察は続きます(((uдu*)

 

図はケルブランの原子転換の図。まだ書く気はないけど、不食(ブリザリアン)の体内栄養合成の基軸となる図。(他にもジオループ、メタルループなどの図もある)マグネシウムに関してはナトリウムと水素、カルシウムと酸素間の電子のやり取りで合成出来るし、電子量さえ合えば違う組み合わせの体内合成法もある。(例えば炭素+炭素で12となりMgになったり)

色々不調を感じる方は、マグネシウムの補充をしてみましょう。

[海外直送品] ナウフーズ マグネシウムカップス (400mg) 180カプセル

エプソムソルト コスメティックウォーター 8kg(4kgX2) 入浴剤(浴用化粧品) クエン酸配合 シークリスタルス 計量スプーン付

【肩甲骨を下げる】

内転筋、腹筋群、大胸筋を経て、肋間筋、肋軟骨の可動域拡張を行い、ようやく肩甲骨下げるところまで来ました。

麻雀してて感じたことですが、自分はまだ姿勢を長時間維持出来ないということ。

 

半荘3回くらいは維持できるのですが、最後まで姿勢を維持しきれない。

4半荘目くらいから歪みが発生してくる。ということに気が付きました。

 

ってな感じで今週は、僧帽筋下部、前鋸筋、脊柱起立筋群を中心に、肩甲骨を下げる意識を鍛えていきます(`・ω・´)

 

全ての肋椎関節の可動域を全開まで持って行く。

 

肩甲骨を下げると、

・垂れた乳が上がる

・二の腕が細くなる

・下っ腹が凹む

・垂れたお尻が上がる

など美しくなることにしか繋がりません(((uдu*)w

 

ストレートネックの改善にも。

【改造メモ41】小顔の仕組み~頚椎1,2番。傾きの改造~

小顔にも当然繋がりますね!
あと木曜日からちょっと海外へ行くので、急ピッチで改善を進めて書けるようにします!
今週もよろしくお願いします\( 'ω')/