にのさかクリニック公式ブログ

にのさかクリニック公式ブログ

福岡市早良区で外来・在宅診療を行っているクリニックです

にのさかクリニック公式ブログ、略して 「にのログ」

院長二ノ坂 建史です。

 

それなりに、健康には気を使っていると思います。

運動はよくしているし、

食事もある程度気を付けているし (大部分妻のおかげです)、

たまに酒を飲み過ぎること (反省…) と、

たまに仕事で負担過多になること以外は 、

だいたい健康的な生活をしていると思います。

 

さらに、最近では “腸活” も意識しています。

 

きっかけは、30代前半で発症した花粉症。

それまでは全く無縁だったのですが、

自分がなってみるとけっこうストレスでしたね。

 

そんな中、何年か前に、

「花粉症には甘酒が良い」 というのをどこかで聞きました。

 

早速甘酒を買って飲んでみましたが、

味がなかなかに・・・

これでは長続きしないと思い、

試しにヨーグルトと混ぜてみたら・・・イケる!!

レモン果汁を少し加えるとなおイイ!

 

 

僕は、恵ヨーグルトがねっとりしてお気に入りです。

 

これをほぼ日常的に摂取し始めてからは、

花粉症はだいぶ改善しました。

今シーズンは、全くなかったんじゃないかなぁ。

 

もちろんご想像の通り、お通じにも効果的です。

僕はもともと便秘は全くなかったのですが、

出てくるものの質がだいぶ違ってきました。

ふわふわ~、もこもこ~で、

よしよし、良い菌たちがよく働いてる~!っていう感じの “通” が出てきます。

(お食事中の方ごめんなさい)

 

腸内細菌の重要性は最近よく言われていますからね。

僕自身が医者として詳しいことや確定的なことは言えませんが、

安価で、簡単に生活に採り入れられるし、

皆さんもまずやってみてはいかがでしょうか。

超オススメです。

 

花粉症対策には、他に 「花粉LOVE療法」 というのもあるのですが、

これはまたの機会にお話ししましょう・・・(^_^)

にのさかクリニック公式ブログ、略して 「にのログ」

院長二ノ坂 建史です。

 

小・中学校は今日から新学期ですね。

私事ですが、僕の息子2人も、

中学校、小学校で始業式を迎え、それぞれ学年が1つ上がります。

 

子どもの成長は本当に早いもので、

特に長男は僕の身長を追い越しそうです。

早く抜いてほしいので、最近は鏡の前で背比べをすることが多いです(笑)

次男は、末っ子故か、いつまでもちっこいイメージですが、

やはり着実に大きくなっており、

抱っこもおんぶも重くなっています。

 

いつまで抱っこやおんぶができるかな・・・

そして、いつまで抱っこやおんぶを求めてくれるかな・・・

(既に頻度は減っています)

長男はいつまでだったかな・・・?

そう考えると、子どもが子どもである時期は瞬間的です。

この時間を大切にしなければ、と改めて思います。

 

そして、抱っこもおんぶもできるだけ長くしてあげられるよう、

体を鍛えなければ、とも・・・!!

筋トレ!筋トレ!!

 

 

昨年から自分の働き方を見直すことになったのを機に、必然的に、

家族との時間や、子どもとの関わり方などについても再考しています。

 

世のため、人のために働く背中を見せることも大事ですが、

それだけではなく、

真正面から向き合って、心を見せて、

彼らの心を見つめる努力をしないといけないと思います。

 

ある意味、仕事を言い訳にして、

そういう親としての務めを妻に任せきりにしていたのかもしれないなぁ・・・

 

 

これは次男が5歳の時の作品です。

幼稚園で、夏休みの思い出か何かをテーマに描いたものだと思います。

沖永良部島での応援勤務に、家族も一緒に連れて行って遊んだ時のことを描いてくれたようです。

海辺で、家族4人皆にこにこの笑顔ですね。

髪の毛が数本しかないのが僕でしょう(笑)

 

限りある時間の中で、

こんな尊い思い出をできるだけたくさん共有しなければと思います。

 

沖永良部島、また行きたいなぁ・・・

 

 

次世代の地域医療を担う医療者のためにも、

僕自身が心身の健康を保ち、質の高い仕事を長く続けて、

なおかつ家族も大事にできる生活を送れるよう努めたいと思います。

にのさかクリニック公式ブログ、略して「にのログ」

院長二ノ坂 建史です。

 

毎週水曜日はカンファレンス。

新年度1回目の今日は、「今年度の抱負」 を語ることにしました。

ゲストとして自主参加してくれた近隣の訪問看護ステーションの方たちも含め、

参加者全員が抱負 (+α) を語りました。

 

 

「中性脂肪が高いので食事に気を付けようと思います」

と抱負を語る一方で、

「●●のお店の油っぽいラーメンがオススメです」

と言ったスタッフもいました・・・

 

上差し僕を見習って有酸素運動と筋トレをしなさい。

 

 

というわけで(?)、今朝もランニングをしながら、

僕は抱負として何を掲げようかな~と考えていたら、

そうだ、これにしよう!と思い浮かびました。

 

 

(誤解を恐れずに言うと、という前置きをした上で・・・)

 

今年度の僕の抱負は、「頑張りすぎないこと」 です。

 

去年、大袈裟ではなく、まさに死ぬ思いをしました。

過度な負担、それが長く続くことの危険性を初めて自覚しました。

それを機に、オンコール代行サービスとと提携することになりました。

 

↓参照記事

 

「頑張ります」 と言うことは簡単です。

そして、「頑張ってください」 と言って頂くのはありがたいことです。

でも、「頑張ります」 と言っても言わなくても、

「頑張ってください」 と言われても言われなくても、

正直、人一倍頑張ってます。

今年度も、より一層頑張るでしょうし、より一層良い仕事をすると思います。

 

ただ、頑張りすぎて、僕が倒れたら、

このクリニックにとって大きな痛手になります。

さらには、もっと広い意味で、時間的に長い目で見て、

これから先の時代に地域医療を担う医療者のためにも、

僕自身が心身の健康を保ち、

プライベートも大事にできるような働き方を示さないといけません。

 

少し前に、SNSでつながっていて僕の近況を知っている友人と久しぶりに会った時に、

「先生、頑張り過ぎないで!」

と言ってくれました。

「頑張って」 と言われるよりも嬉しかったですし、

僕にとって本当に大事なことだと思いました。

 

あくまでも、かなり高いレベルでの話です。

頑張りすぎないことを意識して、

質の高い仕事を、息長く続けていきたいと思います。

にのさかクリニック公式ブログ、略して「にのログ」

院長二ノ坂 建史です。

 

新年度が始まりました。

少し前の年度末には、最近退職した3名のスタッフの送別会を行いました。

 

正確にはクリニック全体での開催というわけではなく、

一部だけではあるのですが、

それでもまあまあの大人数になりました。

 

とりあえず・・・

最 高 に 楽 し か っ た で す 。

 

みんなありがとう。

(その日の感謝の日記に書きました)

 

 

振り返ってみると、このような会は4年2ヶ月ぶりでした。

“コロナ禍” となる直前の2020年1月末に、

退職する医師の送別会と、同時期に入職した看護師の歓迎会をやって以来です。

 

この4年2ヶ月の間、歓迎会も送別会も全くできなかった人たち、

つまり入職した人、残念ながら退職した人の名前も並べてみました。

 

そしたらこんなに・・・

 

会の中で、この名前を全部読み上げたら、涙をこらえきれませんでした。

 

 

 

この4年2ヶ月の間、これだけの人が当院の力になってくれました。

期間は様々でしたが、皆さんのおかげで今の当院があります。

本当にありがとうございました。

歓迎会も送別会もしてあげられなくてごめんなさい。

皆さんがそれぞれの道で活躍することを祈っています。

 

 

改めて、今いる仲間、新しい仲間を大切にして、

さらなるスーパーチームを作っていきたいと思います。

 

というわけで、新しい仲間を募集中です。

 

こちらをご覧頂き、お問い合わせください。

にのさかクリニック公式ブログ、略して 「にのログ」

院長二ノ坂 建史です。

 

たまに、通勤途中でマクドナルドに寄って、

朝マックを朝食にすることがあります。

家で食べる朝食も良いですが、

ちょこっとお洒落なこんな朝食も、たまには良いですよね。

 

僕はいつも、ソーセージエッグマフィンとカフェラテです。

セットにすればハッシュポテトがつきますが、

カロリーを考えてスキップしています(笑)

 

最近は、車を駐車場に停めてアプリで注文したら、

車まで店員さんが持って来てくれるので、これを活用しています。

ドライブスルーよりも楽チンです。

店員さんありがとうございます!

 

 

さて、今日も朝マックだったのですが、

駐車場まで持って来てくれた店員さんが、

僕が商品を受け取った後、車を出すまでしっかりお辞儀をしてくれました。

 

マクドナルドの店員さんはいつも笑顔でハキハキと気持ち良い対応をしてくれますが、

今日は特に感激しました。

朝から良い気持ちになりました。

 

笑顔を見せるのに必要なコストは、0円。

このお辞儀にしても、時間にしたら僅か数秒。

コスト0円、費やすのは数秒で、相手に与える感動や安心感は無限大∞!

 

私たちの仕事でも、(それが相応しくない場面を除いて) 笑顔を見せ、

少しの気遣いを忘れないよう努めたいと思います。

 

今朝のマクドナルドの店員さんへの 「ありがとう」 は、

僕の 「感謝の日記」 に早速綴りました。

感謝の連鎖、笑顔の連鎖。スマイル\0!

 

 

にのさかクリニック公式ブログ、略して 「にのログ」

院長二ノ坂 建史です。

 

年度末です。

今月は、当院が研修医を受け入れている3つの病院の

「臨床研修管理委員会」 に出席し、

当院に来てくれた全18名の研修医の研修修了を承認してきました。

 

今年度も、毎月1または2名の研修医が来てくれました。

皆、当院での1ヶ月を楽しく過ごし、

多くのことを学んで、感じてくれました。

彼らの感性や謙虚な姿勢から、私たちが学ぶことも多くありました。

 

4月からは、皆それぞれの新しいステージで活躍してくれることと思います。

その場所は、まず当面は病院、特に急性期病院でしょう。

在宅医療に直接携わることはほとんどないと思います。

しかし、ここで重ね重ね言っている通り、どこで働いていても、

医師が在宅医療を正しく知っていることで救われる患者さんがいます。

 

今年度来てくれた18名の医師たちは、

既に 「在宅医療を正しく知る医師」 になっています。

きっと、それを必要としている患者さんには、

適切なタイミングで上手に提案してくれるでしょうし、

逆に在宅患者さんに一時的に病院の力が必要な時には、

速やかに受け入れて、

また在宅に戻れるように力を尽くしてくれることと思います。
 

研修医教育は、社会への種蒔きです。

私たちがが蒔いた種は、これから色々な病院・地域で芽を伸ばし、

大きな花を咲かせることでしょう。

彼らの将来が楽しみです。

 

当院の研修医教育にご協力頂いた患者さん・ご家族の皆さん、

ありがとうございました。

これからも、“ご指導” をよろしくお願いします。

 

 

 

尚、各病院での臨床研修管理委員会では、

昨年夏に在宅救急医学会で出した

研修医教育についての発表を再演させてもらいました。

 

 

↓こちらの記事もご覧ください。

 

にのさかクリニック公式ブログ、略して 「にのログ」

院長二ノ坂 建史です。

 

去る3月3日(日)、

海の中道海浜公園で行われた「第37回海の中道はるかぜマラソン」で

ハーフマラソンに出走しました!

 

 

これまでのハーフマラソン出場の記録は・・・

 

2010年12月(28歳) 萩城下町マラソン(山口県)

1時間51分

2015年3月(32歳) 海の中道はるかぜマラソン

1時間58分 ※前夜飲みすぎ

2016年3月(33歳) 海の中道はるかぜマラソン

1時間42分=自己ベスト

2016年11月(34歳) 加計呂麻島ハーフマラソン

1時間59分 ※高低差大きめの難コース

2017年3月(34歳) 沖永良部島ハーフマラソン

1時間47分 ※高低差まあまあ

2017年12月(35歳) 萩城下町マラソン

1時間49分 ※前夜大学同級生と飲みすぎ

 

(飲みすぎ多いな・・・笑)

 

ということで、33歳時の自己ベスト、1時間42分を越えられるか・・・?

(いや、厳しくね?なんでこの時こんな速かった??)

という気持ちで挑んだ、約6年ぶりの、そして40代初のハーフマラソン。

いい歳なので、前夜はノンアルコールです(笑)

 

 

当日朝は、くもりの予報に反して、パラパラと雨・・・!?

そして、寒い!

 

とはいえ、11時半のスタート時には、どうにか雨も上がり、気温は低めで、

なんだかんだで走るにはまずまずの気候。

途中には少し晴れ間も覗きました。

 

10キロ過ぎまでは、普段のファンランニングよりも速い上々のペースで、

気分も程よくハイでしたが、

12キロ過ぎくらいからじわりじわりと左ふくらはぎの痛みが・・・

 

「大丈夫、絶対大丈夫」 とつぶやきながら、

沿道で応援してくれるスタッフさんたちに感謝の気持ちで拍手を返しながら、

“根性” で走り切りました。

 

 

結果、1時間46分57秒!!

 

33歳時の自己ベストには及びませんでしたが、

41歳の自分としては、胸を張っていいでしょう!

達成感!

 

左ふくらはぎの痛みはまだ少しありますが、順調に改善しています。

もちろん仕事への影響はありません。

この点では、まだまだ鍛え方が足りないなと思いました。

モチベーションアップ!!

 

次の目標は、大学6年間+医師3年間過ごした山口県の、

萩城下町マラソン (12月予定) かな~?

沖永良部島でもまた走りたいな~!

 

常々言っているように、良い仕事をするためにも、

自身の心身の健康のためにも、日々の運動は大事です。

日頃のぼちぼちのファンランニングも良いけど、

たまにはこういう大会に出るのも良いですね。

“根性” とか、久しぶりに出した気がします(笑)

 

これからも、楽しく、気持ちよく運動します!

にのさかクリニック公式ブログ、略して「にのログ」

院長二ノ坂 建史です。

 


お知らせしていたWEB講演が無事に終了しました。

 

完全オンライン開催で、配信元会場はシーホークホテルの一室でした。

配信業者の方と、製薬メーカーの方数名が見守る中、

1人で喋りました・・・( ´∀` )

 

こんな感じです↓

手前右側あたりに4-5人います。

 

テンションを上げるのがなかなかに難しい環境ですが(汗)、

全国に僕の話を聴いてくれる人がいる!と思って頑張りました。

 

実際の画面はこんな感じだったそうです。

スタッフの方、お知り合いの方が撮ってくれました。

 

 

オピオイド(医療用麻薬)、特に持続皮下注射のことを中心に、

患者さんの苦痛を緩和するために、

ケアする家族の負担を減らすために、

さいごまでしつこく努力しよう!ということをお伝えしました。

 

 

沖永良部島を含め、過去に一緒に働いた方や、

過去の職場の尊敬する先輩など、

お知り合いの方も多く聴いてくれて嬉しかったです。

リアルのライブ感も良いけど、こういうところはオンライン開催の大きなメリットですね。

 

計402名の方が聴講してくれたそうで、最後には質問も多数頂きました。

質問が多かったということは、興味を持って聴いて頂けたのかなと思います。

時間内では全ての質問に回答できず、すみませんでした。

聴講してくれた皆さん、質問してくれた皆さん、ありがとうございました。

 

 

アンケートでも、好評を頂きました。

嬉しいです。励みになります。

今後も精進します。

 

この講演でお話しした内容を、このブログでもちょっとずつ公開しようかな?

と考えています。

ご期待ください。

にのさかクリニック公式ブログ、略して「にのログ」

院長二ノ坂 建史です。

 

「在宅医療における鎮痛」 をテーマにした講演の機会を頂きました。

 

2024年2月13日(火) 19時~20時

『在宅における鎮痛~最良のQOLをさいごまで諦めない~』

 

WEB開催です。

こちらからお申込み頂けます。

https://crmjapan.terumo.co.jp/l/972173/2023-12-05/chftt

 

 

 

 

これまでに当院で関わった患者さんから学んできたことを、

多くの医療者の方にできるだけ分かりやすく伝わるよう努めます。

 

アカデミックな話はあまり得意ではないので、

せめて ”心” に響くような話になれば・・・

 

ちなみに、タイトルの 「さいご」 が平仮名表記である理由は・・・

↓こちらをご覧ください。

 

にのさかクリニック公式ブログ、略して「にのログ」

院長二ノ坂 建史です。

 

最近、「感謝の日記」 を始めました。

シンプルな日記アプリを使って、箇条書きのような感じで簡単に、

「誰か (何か) への感謝」 を1日2~3個綴るだけです。

 

ネガティブなことは一切書かず、反省でもなく、「ごめんなさい」 でもなく、

「ありがとう」 に絞ることがポイントです。

そして、短文でごく簡単に書くだけにしておけば、続けやすいです。

 

今のところまだ3週間足らずですが、

毎日必ず数個の 「ありがとう」 が綴られています。

ちょっと空いた時間や一日の終わりに、

「今日のありがとう」 を書き残すことが習慣になりつつあります。

 

僕が実際に書いた 「ありがとう」 を挙げてみます。

 

●●さん、前向きな言葉、労いの言葉をありがとう。

 

●●病院、救急搬送受けてくれてありがとうございます。

 

職員の皆さん今日も気持ちよく働いてくれてありがとう。

 

今日もご飯が美味しい。手作り焼売、豚野菜蒸し、麻婆豆腐。

【妻】、ありがとう。

 

夕方から【次男】と2人で大濠公園へ。ブランコで背中を押した。

今しかない貴重な時間をありがとう。

たくさん手をつないでくれてありがとう。

 

【長男】がもうすぐ僕の身長を抜きそう。

すくすく育ってくれてありがとう。

 

●●さんと●●さんと飲み。楽しかった。ありがとう。

 

久しぶりに行った珈琲店のマスター、憶えててくれてありがとう。

 

沖永良部島でお世話になった●●さん来福。連絡くれてありがとう。

食事に行かせてくれた【妻】、ありがとう。

 

 

感謝をすることは、脳科学的にも良い影響があると言われているらしいです。

実際に僕も毎日 「ありがとう」 を綴ることで、ネガティブな感情が浮かんだ時でも、

短時間で流せるようになっている気がします。

 

質の高い仕事を長く続けるためにも、心身のコンディショニングは重要です。

日々の運動習慣と合わせて、“感謝する習慣” も大事にしていきたいと思います。

皆さんも、感謝の日記を是非。

 

↑たまに、自転車であえて遠回りして通勤することがあります。

冬の朝のサイクリングは清々しいです。