MINERVA

$MINERVA $MINERVA $MINERVA





Facebook、Instagramで最新情報を更新しております。blogより早い情報はそちらをフォローお願いいたします。
現在育児中のため、イベント時のみ営業しております。
お問い合わせはメールにてお願いいたします。
mito_minerva@yahoo.co.jp



1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

2020年2月15日(土)宮崎大祐監督特集上映2月のシネポートシアター MITO vo...

この投稿をInstagramで見る

2020年2月15日(土)宮崎大祐監督特集上映 2月のシネポートシアター MITO vol.30は 日本映画の最前線、ストリートの現在を代弁する映画監督、国内外問わず様々な場所で映画制作を続けてきた宮崎大祐監督の特集上映! 米軍基地、貧困といった問題を抱える神奈川県大和市という場所で、ひとりの少女が“語るべき言葉”を獲得していく物語『大和(カリフォルニア)』、神奈川県大和市から、シンガポールに観光旅行へやってきたニーナとスー、スーとはぐれ、スマホも紛失してしまったニーナが異国でひとりぼっちになり、予測不可な展開が待ち受ける旅する映画『TOURISM』の長編2作品と、短編作品『ざわめき』『遊歩者』2作品を紹介します。 監督をゲストに迎え、上映後のトークも行います! シネポートシアター MITO vol.30 宮崎大祐監督特集上映 期日:2020年2月15日(土) 上映作品: TOURISM 2018年/77分/シンガポール・日本 大和(カリフォルニア)2016年/119分/日本・アメリカ ざわめき 2019年/13分/日本 遊歩者 2019年/5分/日本 上映時間:開場12:15 ①12:30〜14:40 TOURISM/ざわめき/遊歩者(上映後トーク) ②15:00〜17:30 大和(カリフォルニア)(上映後トーク) ③17:50〜20:00 TOURISM/ざわめき/遊歩者(上映後トーク) 定員:20名 料金:※全てワンドリンク付チケットです。 前売 1500円 2回チケット2500円 当日 1800円 2回チケット3100円 企画協力:boid田中有紀/NPO法人シネマパンチ藤美奈子 主催:310+1シネマプロジェクト  問合せ:310cinema@gmail.com https://310cinema.wordpress.com 宮崎 大祐 監督 Miyazaki Daisuke 1980 年生まれ、神奈川県横浜市出身。早稲田大学政治経済学部卒業。『トウキョウソナタ』(2007年、黒沢清監督)などの作品に助監督として参加。2011年には脚本を担当した筒井武文監督作『孤独な惑星』が2011 年冬に公開。同年、初の長編作品『夜が終わる場所』を監督。世界中の国際映画祭に出品され、トロント新世代映画祭では特別賞を受賞した。15 年にアジア四ヶ国によるオムニバス映画『5TO9』のうちの一編『BADS』を永瀬正敏主演で監督、18年『大和(カリフォルニア)』、19年『TOURISM』を公開。次回作『VIDEOPHOBIA』は来年公開予定。 >『TOURISM』 監督・脚本:宮崎大祐 出演:遠藤新菜、SUMIRE、柳喬之 2018年/77分/シンガポール・日本/boid配給 うちらならどこまでもいける まだ世界を知らない少女たちの国境なき旅 フリーターのニーナ(遠藤新菜)は東京からほど近い地方都市・神奈川県大和市でスー(SUMIRE)、ケンジ(柳喬之)とシェアハウスをしている。ある日、世界中どこにでも行けるペア旅行券の抽選に当たったニーナは、くじ引きで決めた行先・シンガポールをスーと共に訪れる。初の海外旅行であったが、日本とあまり代わり映えしない街並みに少し失望する二人。そんな中、チャイナタウンで携帯電話を失くしたニーナはスーとはぐれてしまう… >『大和(カリフォルニア)』 監督・脚本:宮崎大祐 出演:韓英恵、遠藤新菜、片岡礼子、内村遥、ほか 2016年/119分/日本・アメリカ/boid配給 ここは神奈川相模 極東の要所。 米軍基地の町を舞台にした新世代音楽青春映画、ここに誕生。 神奈川県大和市。この町は戦後米軍基地と共に発展してきた。厚木基地の住所はカリフォルニア州に属しているのだという都市伝説があるという。 この町に住む十代のラッパー・長嶋サクラは日本人の母と兄、母の恋人で米兵のアビーに囲まれ、この町同様、複雑な関係性の中で育ってきた。アメリカのラッパーに憧れて、サクラは毎日ラップの練習と喧嘩に明け暮れる。ある日、アビーの娘・レイがカリフォルニアからやってくる。日米のハーフで、サンフランシスコで生まれ育ったレイ。好きな音楽の話をきっかけに して2人は距離を縮めていくのだが─。 >『ざわめき』 2019年/13分 監督・脚本=宮崎大祐 出演=菊地敦子、橘美緒、斉藤結女、藤江琢磨 神奈川県大和市在住の佐々木は親友の鈴木と今日も無為に時間を過ごしている。佐々木には「天然水」という会ったこともないメル友がいた。「天然水」は佐々木に直接会わないかと持ちかける。今日は佐々木の誕生日だった。 言葉と心。心と身体。上半身と下半身。いつもすれ違い続ける私たちはいつか出会えるのだろうか。 >『遊歩者』 2019年/6分 監督・脚本=宮崎大祐 出演:パメラ・レジェス、カルロ・ファハーダなど あらすじ カルロはガールフレンドのパメラを追ってマニラから山間の町バギオへとやってきた。出会うことに慣れすぎてしまって出会えなくなったふたりは果たして出会えるのだろうか。 #cinema #上映会 #映画 #宮崎大祐監督

MINERVA(ミネルバ)(@minerva_mito)がシェアした投稿 -

2020年明けましておめでとうございます。皆様にとって素晴らしい1年になりますように。...

2020年1月18日(土)『僕はイエス様が嫌い』上映会310+1シネマプロジェクト が...

この投稿をInstagramで見る

2020年1月18日(土)『僕はイエス様が嫌い』上映会 310+1シネマプロジェクト が企画運営をしているシネポートシアターMITOの2020年最初の上映作品は、世界が注目する新鋭奥山大史監督の長編デビュー作品『僕はイエス様が嫌い』です。 2020年も、インディーズ作品やアジア映画を中心にシネコンでは紹介されていない良質な作品を、1本でも多く水戸に届けるべく毎月1回の上映を続けていきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。 ***************************************************** シネポートシアター MITO VOL.29『僕はイエス様が嫌い』 サンセバスチャン国際映画祭にて最優秀新人監督賞を史上最年少の弱冠22歳で受賞した本作は、世界が注目する新鋭奥山大史監督の長編デビュー作品! 子供たちの自然な演技を導き出した演出、的確に対象をとらえるカメラワークなど、様々な点で世界の映画祭を魅了し続けている。 第66回サンセバスチャン国際映画祭最優秀新人監督賞受賞 第29回ストックホルム国際映画祭最優秀撮影賞受賞 第3回マカオ国際映画祭スペシャル・メンション受賞 ◾️期日:2020年1月18日(土) ◾️上映作品:僕はイエス様が嫌い(2019年/76分) ◾️上映時間:開場13:15①13:30〜15:00 ②15:30〜17:00 ③17:30〜19:00 ◾️定員:30名 ◾️料金:※全てワンドリンク付きチケットです。 前売 1300円*pass marketのサイトにて販売中 当日 一般(大学生以上)1600円/高校生以下500円 https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01qyrc10pjhma.html ***************************************************** 映画『僕はイエス様が嫌い』 2019/日本/76分/カラー/スタンダードサイズ 英語タイトル:JESUS https://jesus-movie.com 本作『僕はイエス様が嫌い』は、カンヌ・ベルリン・ベネチアに続いて権威のある国際映画祭とされるスペインのサンセバスチャン国際映画祭(第66回)にて、最優秀新人監督賞を史上最年少となる22歳で受賞という快挙を達成。その後もスウェーデンのストックホルム国際映画祭(第29回)において最優秀撮影賞を受賞、また、中国のマカオ国際映画祭(第3回)ではスペシャル・メンションを受賞。フランス・スペイン・韓国では既に劇場公開が決まっている話題作です。 監督・撮影・脚本・編集を手掛けたのは、新鋭映画監督・奥山大史(おくやまひろし)。青山学院大学在学中に制作した本作が長編デビュー作となります。超低予算の制作費の中、子供たちの自然な演技を導き出した演出、的確に対象をとらえるカメラワークなど、様々な点で今後が期待されています。 [STORY] 祖母と一緒に暮らすために、東京から雪深い地方の小学校へ転校することになったユラは、新しい同級生たちと行う礼拝に戸惑いを感じ ていた。やがてその行為にも慣れ、周囲と打ち解け始めた頃、目の前に小さなイエス様が出現。ユラは、願い事を必ず叶えてくれるイエ ス様の力を信じるようになっていくが…… 監督・脚本・撮影・編集:奥山大史 出演:佐藤結良 大熊理樹 チャド・マレーン/木引優子 ただのあっ子 二瓶鮫一 秋山建一/大迫一平 北山雅康/佐伯日菜子 プロデューサー:吉野匡志 ラインプロデューサー黒川苅子 制作担当:志村光記 照明:岩渕隆斗 録音:柳田耕佑 美術:藤本楓 ヘアメイク:ほんだなお 助監督:関航大 整音:渡部聖 制作:閉会宣言 配給:ショウゲート 宣伝:プレイタイム #僕はイエス様が嫌い #映画 #cinema #水戸 #カフェ #上映会 #cafe

MINERVA(ミネルバ)(@minerva_mito)がシェアした投稿 -

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>