今日はスッキリとした青空に、白い雲が浮かんでいました。

夜になると肌寒くなりましたが、月が美しく輝いていました。




最近、自分の中で余裕がなくて
いつも何かに 追われているようで

食事をするときも
いつも以上に 落ち着かなくて
なんだか ゆっくりできなかったんです。


「まわりの人に合わせなきゃ」とか
「時間がないから」と
無意識に 急いで食べていて


自分が 自分の中心にいない感じでした。


頭では、五感を意識して
食事していたつもりだったけど

もう一度しっかりと
五感を意識して
食べてみることにしました。



そうしたら 満足感が全然違う!


同じものを食べているのに

あー私、この食感が好きなんだ♡

この味の こんなところが好きなんだ!

これってこんな香りだったんだ♪

と、実感して


一つ一つの
味や 食感や 香りや 色や 音とかに
あらためて気付いて

自分が満たされていく。


ほんの少し
食べ物と自分に意識を向けるだけで
自分を大切にできている感じがしました。




私もついつい
「人に合わせなきゃ」とか
「時間がないから」とか

自分のことを後回しにしてしまうけれど


思い出したら
軌道修正できる自分になろう♪


できないときは、
できない自分にもOKを出して

少しずつでも
自分を大切にできる時間を
増やしていけたらいいな^^



自分を大切にすることが
分からないという人がいたら、

ほんの一口だけでも

オススメです♡




今日も読んでいただき、感謝しています♡

あなたと私の明日が、自分を大切にして自分を満たせる1日になりますように☆


今日は久しぶりに裸足で歩いたアスファルトの温かさに、なぜかホッとしました。

ピンク色に染まった空に心が癒されました。




鬱々とした日々を送っていた 私。
 

胸が押し潰されそうで 痛くて苦しくて
逃げてしまいたくなっていたけど


胸に感じている違和感を
感じきってしまおうと
自分に意識を向けていたら


涙が ポロポロと流れてきました。


「あー、私 泣きたかったのか」と
涙が流れるままに泣いていたら


それを見かけた母が

「病院に行こう。」
「先生 (主治医)に連絡しよう。」と・・・


その言葉で 涙もすっかり止まり
私の怒りスイッチが入りました。(。-_-。)


母が心配で言ってくれたのは分かるけど


「手に負えない」と言われているようで
責任を放棄されたようで

悲しかった。


本当は、
「どうすればいい?」と聞いてくれるとか
ただ 優しく話を聴いてくれるとか

寄り添ってほしかった。


小さい頃からずっと
母に一緒にいて 寄り添ってほしかった。


その思いが
まだまだ 満たされていないのだなぁと
改めて感じました。




私はずっと
「心配されたい」と思っていたけど

心配されても 怒るってことは

本当は『心配』を
求めているわけじゃないことも
段々と分かってきました。


『心配』ではなくて

気に掛けてほしかった。
関心を持ってほしかった。
私に意識を向けてほしかった。


ただただ
愛されていることを実感したかった。


そんなことが
ようやく分かってきた気がします。。


心配されることでは
自分の心は満たされないということが
少しずつ 分かってきた今


これからは
心配されることで【愛を確認する】
ということを 手放せる私になろう!



もし、あなたが
心配されることを求めていたら

自分の『心配される』って
どういうことだろう? と、考えてみると


求めているものは
本当は『心配』ではないことに
気が付けるかもしれません。


心配されることを求めて、
苦しくなっている人がいたら
私と一緒に手放していきませんか?




今日も読んでいただき、感謝しています♡

あなたと私の明日が、自分がラクになるために勘違いに気付ける1日になりますように☆


今日は、空一面を覆った雲のコントラストを楽しめる1日でした。

風に乗って漂ってくる金木犀の香りに、心が和やかになりました。




「我慢させられた!」と悲しくなった 私。


今までどれだけ
自分を我慢させてきたのだろう?



「我慢したくない!」という
自分の本当の気持ちに気付いたら

当たり前だけど 少しずつでも
我慢をやめたり
緩めたりしていけばいいんですね (*˙˘˙*)


そのとき ついつい
目の前の相手に
変わってもらいたくなったり

満たしてもらいたくなったりするんです。



もちろんそれでもいいのですが


目の前の相手に
なんとかしてもらおうとすると
コントロールになるので

思うような
結果にならないことが多いです。




自分の『快』を得るために
相手に動いてもらうのは

相手のエネルギーを奪うので
マイナスの行為になるんです。


だから、そのときは
自分の望むような結果になったとしても、

あとで
不快を感じるような出来事が
返ってきたりします。


なので 結局
自分が『不快』を感じる出来事が
繰り返し起きて満たされない。。



なので、誰かに
満たしてもらおうとするのではなく

自分が自分に我慢させてることや
制限していることを探して見つけてみる。


そして、できそうなことから
我慢するのをやめてみたり
制限を緩めてみたりして 手放していく。



本当に食べたいものを食べてみたり
休みたいときに休んでみたり

行きたいところに行ってみたり
気になっていたことをやってみる。


自分で自分を苦しくさせている
『制限 (ダメ)』を緩めて やってみる。


そうやって少しずつ
我慢をやめたり 制限を緩めていくと


自分で自分を満たせるし
誰かに何かをしてもらわなくても

ずっとずっと
心がラクになっていくんだと思います。



私は
誰かになんとかしてもらわないと
満たせない人生より

自分で今すぐ 幸せになる方向へ
舵を切れる人生の方が

「楽しいのかも!?」と、 
少しずつ 思えるようになってきました♪



あなたは、
誰かに満たしてもらうのを待つ人生と

自分で満たして幸せになる人生の
どちらがいいですか?


どちらも選べるし
全てあなたの自由です♡




今日も読んでいただき、感謝しています♡

あなたと私の明日が、自分で自分を満たせる1日になりますように☆

今日は雨が降ったり止んだり、湿度の高い暑さを感じる1日でした。

夜になると、雨の中から花火の音が聴こえてきました。




『摂食障害』になって
いくつかの偶然が重なって

たまたま
出逢ったように感じていたけど


私が『摂食障害』にならなければ
あのとき、あの選択をしていなければ

もしかしたら
出逢うことも なかったのかもしれない。



私が『摂食障害』にならなければ
そこには
辿り着けなかったかもしれないし


心の痛みを感じていなければ
違う選択をしていたかもしれないし


身体を傷つけるほどの
生き辛さを抱えていなければ
全てが繋がっていなかったのだろう。



摂食障害の私を
『摂食障害の私』ではなく

『一人の人・ただの私』として
見てくれて いつも接してくれた。


それがどれだけ 嬉しくて
心が温かくなったことだろう。


私の『好き』を
見つける手助けをしてくれて

私の『得意』を伸ばしてくれた。


いつも自信のない私を
励まして、勇気をくれた。




今はまだ
遠くて なかなか会えないけれど

あなたの存在が
私の心を照らしてくれる。


辛いことが 目の前に起きて
ペチャンコに潰れそうになったときも

あなたの存在が
私の顔を上げて 前に進む原動力になる。


あなたの存在が
一筋の光となり 私の心を支えてくれる。



『摂食障害』になる前も
『摂食障害』になってからも


辛くて 苦しくて
逃げ出したいと思っていた日々が

無駄にしてしまったと
悲しくなっていた時間が


全て あなたとの出逢いに繋がっている。



今はまだ
「きっと そうなんだろうなー」と
頭で 理解できる状態で

『摂食障害』になったことや
心の痛みや 生き辛さを抱えながら
過ごしてきた時間や日々が
 

「あってよかった!」
「この出逢いに繋がっている」と

心から 思えるところまでは
たどり着いていないけど


いつか全てのことを
心の底から
受け入れられる日が来ると 嬉しいな。



偶然だと思っていた出逢いが
偶然なんかじゃなく

『出逢いは必然』という言葉が
少しずつ私の中で
確かなものになっていく。



私もいつか、
誰かの そんな存在になれたらいいな。



あなたとの出逢いに 心からの感謝を♡

出逢ってくれて ありがとう (,,-ㅅ-,,)♡




今日も読んでいただき、感謝しています♡

あなたと私の明日が、出逢いを喜べる1日になりますように☆



今日は、雨上がりの青空と暑さを感じる1日でした。

夜になると、涼しい風が私の心を癒してくれました。




母に「相談があるんだけど。。」
と、言われて 持ちかけられた話は

約束していた予定の 急なキャンセル。


すごく楽しみにしていた予定を
キャンセルされたこと。

直前に言われたこと。

約束を守ってもらえなかったこと。


トリプルパンチで 私はイライラ!


怒りの下に隠れている
【思いと感情】を見てみると

「楽しみを奪われて、悲しい。」
「急に言われて、悲しい。」
「約束を破られて、悲しい。」


そんな【思いと感情】が出てきました。



その【思いと感情】を
怒りと共に ぶつけていたけど
怒りが 全然収まらない。



いつまで経っても、イライラ イライラ。



楽しみを奪われて悲しいのも 確かだし

突然のことで悲しいのも 確かだし

約束を守ってもらえなくて悲しいのも 確か


でも、イライラが収まらない。




スッキリしないときは

出してる【思いと感情】が
違うことが多いんです。


なので、もう一度
自分の気持ちを見てみると


楽しみを奪われて
私のことを尊重されてないようで、悲しい。

急に言われて
私を軽く扱われているようで、悲しい。

約束を守ってもらえなくて
私を大切にされていないようで、悲しい。



そんなところに行き着きました。



怒りが収まらないときって
怒りの下の【思いと感情】を見ずに

怒りを怒りのまま ぶつけていたり

ぶつけている【思いと感情】が
本当の【思いと感情】ではないことが
多かったりします。


そして、怒りの下に隠れている
自分の本当の気持ちに気が付くと

「自分はこんなふうに感じていたんだー」
と、自分が自分の気持ちを理解できて
納得できたりするんです。



もし、あなたが
収まらない怒りを抱えていたら

自分の気持ちを理解して
その怒りを手放してみませんか?


私も本当の【思いと感情】が出てきたので
しっかりと感情を感じて
手放していきます!



今日も読んでいただき、感謝しています♡

あなたと私の明日が、怒りを解放できる1日になりますように☆