蛍の光

テーマ:

何日か前に、「我は海の子」について書きましたが、そのときにも

触れた「蛍の光」の歌詞について書いてみます。


「蛍の光」という曲を知らない人はいないと思います。

日本では別れの曲として認識されていることが多いと思います。

なにしろ公共施設のみならず、一般の店舗でも閉店前にこの曲を

流すところは多く、また卒業式などの定番ソングでもあるからです。


帝国海軍時代から、別れの曲として使っていたわけですから年季

がはいっています。

ただ、近年は卒業式の定番ではなくなってきているそうです。

このところはポップスなど新しい曲を使う卒業式が多いのだそうで

すが、僕は「蛍の光」好きですね。

もともとはスコットランド民謡ということですが、覚えやすく流れる

ようなメロディでありながら、どこか厳かです。


ところで、この「蛍の光」にも戦後封印されている歌詞がありました。




ほたるの光  窓の雪
書よむ月日  重ねつつ
いつしか年も すぎの戸を
明けてぞ 今朝は 別れゆく


とまるも行くも 限りとて
かたみに思う 千よろずの
心のはしを   一言に
さきくとばかり 歌うなり


筑紫のきわみ 陸(みち)の奥
海山遠く     へだつとも
その真心は   へだてなく
ひとつに尽くせ 国のため


千島のおくも  沖縄も
八洲のうちの  守りなり
至らんくにに  いさおしく
つとめよ わがせ つつがなく



3番4番は軍国主義的だと見る人も多いようですが、僕はそうは
思いません。

国を守る人たちを送り出す曲として、相応しい曲だったでしょうね。


「我は海の子」のときもそう感じましたが、ひとつの歌が抱えてい

るさまざまなものを、もっと感じ取ることが必要だと思います。


仲間と話をしてみたり、子どもたちの意見を聞いてみたり…

そして歴史が作り出した曲として、長く大切にしたいと思います。