未来の五輪へ…

北京オリンピックが閉幕しました。



たくさんの感動をもらいました。



ありがとう!




東京、ソウルに続くアジアで3度目(夏季大会)の開催であり、

中国も国を挙げて取り組んだ大会でした。


多少過度の演出や、スポーツマンシップを逸脱した応援風景

も見られましたが、多くの劇的なドラマの前では些細なことな

のかもしれません。




近い将来、東京で開催されるかどうかは予断を許しませんが、

オリンピックが人生の色んな時期と重なり、様々な記憶と共に

心に残っていきます。



僕にとっては…


1964年の東京オリンピックの時は小学校一年生。

国立競技場の空を舞う平和の象徴の鳩、さらにシンプルでかつ

荘厳なファンファーレが今も心の風景に生き続けています。



1972年の札幌冬季オリンピックの時は、高校受験と重なりま

した。

受験を終えて友人の家で見た日の丸飛行隊の3つ並んだ国旗

は、未だに鮮やかに思い出されます。



1998年の長野冬季オリンピックの時はその前年、仲間と訪れ

た白馬でジャンプ台を見上げた夏の日から始まり、五輪に触発

されたわけではないですが98年には初のフルマラソンに挑戦

しました。

そして暮れに親父が逝きました。



4年に一度の世界最高峰のスポーツ競技大会。

やはりそれを目の当たりにする経験は貴重なものです。

たとえ競技場に足を運べなくても、その時間と空間を共有する

だけでも…




2016年に東京でオリンピックが開催されたら僕は60歳です。



どんな経験が待っているのでしょうか。




未来のオリンピックに向けて、



今日は想いを馳せてみましょう。