恥ずかしいことを、恥ずかしがってやるからダメなんよ。

どんな恥ずかしいことでもやるときゃ胸張ってやるんだよ。

そうすればいつかきっと気付くはず。

俺って頭おかしいって。



湯淺直樹
昨日の話なんです。

ネットサーフィンしてたんです
そうしたらふと目に留まった「IQ測定」の文字

バナーをクリックしてさらに詳しい情報に目を通すと、どうやら世界でもトップレベルの判定技術を用いて正確にIQを測定できるIQテストが出来るそうなんです。

IQと聞くとアルベルト・アインシュタインが160から190と言われており、いわゆる頭の良さ、、知能指数を表した数字である。


測定したい。

メチャメチャ測定したい、、。


当然測ったこともないし、気にもしなかった数値ではあるものの、「もしかしたら意外や意外にめちゃ高いかも、、、」という一抹の期待を寄せてしまう自分がいる

何より男として人生で一度は測ってみたい、、そんな衝動に駆られたのです。

私はさらに人差し指に力を込め、測定方法までたどり着くと、クレジットカードで日本円にして2800円ばかり支払えば測定ができるとのこと

高い。

測ったからなんだというような数字を測定する為に3千円弱の出費かと思うと震えるほど高い。

でも測りたい、、一生に一度だし、、、

そう自分に言い聞かせて測定することにした。

簡単な性別や年齢を記入する質問欄を埋め、いざ測定

ページには「測定を始める→」の文字とともに以下のような説明が書かれていた。

「この測定には最新鋭のIQ測定を駆使的に用いましたから、目を離さず60分間の画面を注視すべき。」


なんか日本語おかしい。

でも気にしない。気にしてる暇がない。

私は画面の前で1つ深呼吸をし、測定開始のボタンをクリック。

すると真っ白な画面の真ん中にレッサーパンダの写真が張り付いているページに移った。

パンダの写真にはご丁寧に60分のタイマーが設置されている。


凝視した。画面が焼けるほど凝視した。

目が痛い。でも我慢する。

目が疲れた。でも我慢する。


なんやかんやで1時間がようやく経った。

タイマーが60分を迎えると自動的に「測定結果→」のバナーが現れた。

武者震いを抑えきれない気持ちでゆっくりと測定結果をクリック



「あなたのIQは  530000 です」



フリーザの戦闘力と完全に一致





もう暫くパソコンは見ない
いや、見れない



湯淺直樹


また虐待で何の罪もない4歳の子が亡くなった。
話を聞いただけでもこんなに心が痛むのに、当の本人の痛みを想うと心が張り裂けそうだ。

さっきテレビ番組で市の職員が「適切な判断、処置をした」って言ってたけど、その判断の結果が人の死に繋がったことは、根本的に対応した人たちの考え方やマニュアル、制度がおかしい事をハッキリと意味していると思う。

これ以上はもう勘弁してくれ。
これ以上の犠牲者が出るようなら政府のやり方が大きく間違ってるとしか言いようがない。
いや、もっと言うと政府が子供達を殺めていると思ってしまうほどだ。

今の法律や条例には子供を守る意思が感じられない。
もっと先手先手で動いて、「この国にでは児童虐待は絶対に許さないからなっ!!!」って感じられるくらい強固な意思が伴った法律や条例を制定してほしい。


報道を見てるだけでも耐えられないんだ。
きっともう耐えられないって思ってる子供達はもっといるはず。



湯淺直樹

暑い。とにかく暑い。

車に乗り込むと温度計は40度を超えて43度という見慣れない数字を叩き出してましたけど、

それも4日目となるとすでに見慣れましたが、身体は流石に慣れませんね、、。

 

そして私の愛車であるロメ男にも異変が、、、「オイル交換時期」という表示が出現したのです。

 

ということで先日アルファロメオの営業所へ行き、早速オイル交換をしてきました。


アルファロメオ名古屋天白店で御座います。


名古屋市内にあるアルファロメオの店舗にお邪魔したのは初めてだったんです。
このお店、、まあ美しいこと美しいこと、、。


こんなシャレオツなラウンジでまったり出来ます。

でもそんなこともしていられません。
何せ目の前にずっと見たかった車両がズラリと並んでいるのですから、、。

ハイまずはこれ↓


クアドリフォリオ先輩です!!
私的には現在販売されているSUVというカテゴリーの車の中で世界一かっこいいと思う車で御座います。
これはスポンサーしていただいているという現状を抜きにしても胸を張って言えます。

笑えるくらいカッコいい、、、。


↑エクステリアはまずノーマルにはないエアインレットがすごくカッコいい。
私のロメ男にもキリとノコギリで開けたいくらい。


↑オケツがまたカッコイイ。4本出しの排気口が転げ回るくらいカッコいい。
私のロメ男にも缶コーヒーの缶を繋げて4本出しにしたいくらい、、。


挙げ句の果てにはマットブラックのホイールがまたカッコいい。この私の言葉のボキャブラリーでは説明できない形のホイールアームがまた泣き叫びたくなるくらいカッコいい。

ってかこの写真を撮りながら私は既に泣いてたと思う。


↑インテリアに至っては無駄のない洗礼されたスポーティーなデザインでして、これまた湯淺心をくすぐる内装となっておりましたね。

また皮のいい匂いがこれまた上品で、この匂いで白飯4杯はいける。

確実にいける。

そしてハンドルのところにある真っ赤なボタンですが、これがエンジンスイッチとなりまして、フェラーリと一緒です。
美容整形でこのボタンを鼻に付けて、レースのスタート前に誰かにポチッと押して欲しいですね。


フェラーリと共通する部分はこのボタンだけにあらず、このクアドリフォリオはなんと車の心臓とも言えるエンジンがフェラーリ製なんですよ。
だから排気音もほぼフェラーリ、、。

2.9ℓツインターボエンジンから発揮される馬力が510馬力、、、。

アトム→100000馬力
ジャンボジェット機→およそ120000馬力
ロケットの主エンジン→およそ3000000馬力

クアドリフォリオすげぇwww

やばい比較対象間違えた。

とにかくとにかく今宝くじに当たったら1番最初に買いたい車を見れて大満足でした。

他にも出たばっかりのジュリアさん↓もいて、お金って幾らあっても足りないんだなということを再確認できましたね。



ああ、、、ビルゲイツになりたい。


と思ったところで私のロメ男がすっかりオイル交換を終えてさらに元気になって帰ってきました。

因みに現在走行距離13000kmを超えましたが未だ不具合無し。
現代の車では当然と言えば当然ですが、一昔前の「イタリア車は壊れやすい」といった風潮もスッカリ過去のもののようです。

皆さんもこれを機に是非とも足を運んでいただければ幸いです。

Thank you Alfa Romeo!!!!!

湯淺直樹

苦しい時も、悲しい時も、どんな時も目標があれば顔を上げて生きていけた。

むしろ苦しい時こそ「こんなこと、大したことではない。」と自分を鼓舞して生きてきた。


毎日の積み重ねがやがて大きな成果となる。と自分に言い聞かせて生きてきた。
だから、毎日毎日狂ったように走った。
ただただ前だけを向いて、雨の日も風の日も雪の日も雷の日も走った。

私は札幌市内でも割と大きめの歓楽街を備えた賑やかなところで育った。
それでもこの足で15分も走れば先の見えないほどの深い樹海に突入でき、自然と街とがちょうど良く混ざり合った素晴らしいところだ。
そんなところで私の壮絶なランニング人生が始まったのだ。

無理をする性格のせいか、昔から怪我が多かった。
でも傷ついても傷ついても前を向くことだけはやめなかった。
レーサーである以上、どんなに痛くても痛みを恐怖に変えない、「痛みを負った戦士」であり続けたいと思ったからだ。

晴れの日は好きだった。天気と同じく晴れやかな気持ちで走ることができて、とても良い「声援」だった。
雨の日は涼しくて好きだった。走る際に帯びる膨大な熱をちょうど良く冷ましてくれるとても良い「声援」だった。
曇りの日は好きだった。自分が速く走ることによって曇り空ですら切り裂いてやるという意気込みを込めてより速く走ることができ、とても良い「声援」だった。

風邪やインフルエンザなどの一般的な病気は強靭な戦士湯淺の手にかかれば1時間も走れば大体治った。


足首の骨が折れてもギブスをノコギリで切って折れた足の踵をうまく使って自転車を漕いだ。
強靭な戦士湯淺はこの方法で全治1ヶ月の怪我を2ヶ月で完治させた。

 
肋の骨は二度ほど折っているが、肋骨骨折の治療はどうせ放って置くしかないので強靭な戦士湯淺は一切意に介さずゴリゴリトレーニングしまくってた。
お陰であれから20年経った今でも疲れた時に痛みが出てくる特殊な身体を得た。

本当に、ただひたすら前に、前に進んできた。

ただひとつ、強靭な戦士湯淺がどうする事も出来ない事があった。

「腹痛」だ。


腹痛の時は流石に走るのも憚る気持ちになる。
大いになる。

特にトイレに行きたくなるなタイプの腹痛の時は最悪である。
これから汗となって絞り出す身体の水分が余計なところから余分に放出され、いざ走り出したときに脱水症状に陥りやすくなるからだ。
かと言って走り出す前に水を飲んでしまうとトイレに逆戻りを余儀なくされる可能性があるため、迂闊に水分摂取はできない。

しかしそこは強靭な戦士湯淺。

私の歩みは決して止まらない。

私はある仮説を立てた。
激しい腹痛に襲われた時こそ、直ちにトレーニングを開始し、汗を絞り出す。
汗によって水分を奪われた身体はいつも通りある事に気付くはずだ。
「あれ、身体の水分足りなくなってきたな、、。」と。
そこであえて口からの水分摂取を断ち、我慢する。
するとどうだろう。
先程まで下から我先にと放出されんばかりに準備していた水分たちも、急激に水分が必要となった身体に呼び戻されるように改めて吸収され、晴れて腹痛も治るのではないか。
このような仮説を立てた。

強靭な戦士湯淺は腹痛になるのを待った。
この仮説を立証する為に。
しかし強靭な戦士なお陰で待てども待てども腹痛はそう簡単に起こらない。

そしてこの説も立証されず仕舞いなのかと諦めムードが漂ってそれすらも過ぎ去って説も忘れかけた頃だった。

時はきた。

ある日私はウグイスガイ目イタボガキ科に属する牡蠣という忌まわしき名の罪深い海産物のせいで、過去に類を見ないほど激しい腹痛を感じた。

しかし強靭な戦士湯淺は説のことを瞬時に思い出し、その瞬間に光の速さでトレーニング着に着替えて家を飛び出した。

そして、走って走って走りまくった。

いつも声援を送ってくれる商店街のおっちゃんおばちゃん達も私と認識する隙も与えぬほどの速さで走った。

汗なのか、冷や汗なのかも分からぬほど、狂ったように走った。

そしてついに、翌日から巷での私のあだ名は晴れて「ゲリ樹」となった。
「痛みを負った戦士」から二階級特進で「ただの痛いヤツ」になった。

なにこれ。


流石にその後しばらく走るのはやめて、一旦自宅に引きこもり、その後、自宅警備員に就任した。


最後まで読んでくれたみなさんも、これをきっかけにもう一度よく考えて欲しい。
なぜ、自分が産まれてくる遥か昔から「無理は禁物」という言葉が存在してるのかということを。



湯淺直樹


皆さまこんにちは。
ついに令和という新たな時代が始まりましたね。
皆さまにとって素晴らしい時代となりますことを心よりお祈り申し上げます。

さて、ご報告となりますが先日までのゴールデンウィークをもって今シーズンの雪上の活動が全て終了致しました。

今シーズンはとてもじゃないですが良いシーズンとは言えませんでした。
1月中旬にウェンゲンでふくらはぎの筋肉を断裂して以降、全ての予定やバランスが崩れ、アルペンスキーとはかけ離れた滑りしか出来ず、とても悔しい思いを致しました。

それでも新たなマテリアルを身に纏い雪上に立ち、この歳でも改めて多くのことを学びシーズンを終えれたことは、確実に収穫のあるシーズンであったと言えます。

ですが、とにかく怪我なくシーズンを終えられることが重要であると知っていたはずなのに、それでも怪我をしてしまったことは猛省しなければなりません。

同じ過ちを繰り返すことはもう許されませんので、これからくる夏場の練習から気持ち改めて努力し直さなければと思います。


このような厳しい状況で過ごしたシーズンでしたが、本日ここに生きてシーズンを終えれたことは言うまでもなく湯淺ファン(いるのか?)ならびにスキーファンである多くの方々からの温かいご声援のお陰です。

また、所属先であるシーハイルアカデミーたちかわスキークラブの皆様
技術系世界最強軍団アトミックスキーの皆様
ウマウマ調理麺でお馴染みの株式会社ヤマヲ様
住宅設備機器で4年も前からお世話になっている株式会社小泉様
イケメン隊長率いる戸井田製作所様
古巣愛知県のオフリール様

アルペンスキーで怪我をしてしまったらここ、、旭川進藤病院様
そして俊足スポーツSUVで話題筆頭のアルファロメ様
滑らなきゃいけないスキー選手が選ぶ滑らないタイヤナンバーワンのコンチネンタル様
いつも安定の大瀧先生
いつもニコニコ橘井健治先輩
などなど、本当に多くの方々に今日まで支えていただきました。

この場を借りて皆様に心より御礼申し上げます。
本当にありがとうございました。

令和になっても結局湯淺でした。

そう言われるほど、これからも変わらぬ情熱を持って目標に向かって突き進んでいきたいと思います。


今後ともご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます。

湯淺直樹

よく自分の車に名前を付けて擬人化し、愛着を示す人がいる。

私もそのくちのひとりだ。

我が相棒の名はロメ男。
コテコテのイタリア人で、基本的にカッコつけだけどカッコイイから格好がつく憎いやつだと思っている。



彼を一言で表すならまさに「妖艶」という言葉がぴったりだ。

そんなロメ男がうちに来ておよそ5ヶ月、、

この間の走行距離は6000kmを超え、自家用車としてはかなりのペースで走っていると言っていいくらいだ。

これまでに住宅地、郊外、街中、高速道路、峠道など公道で考えられる範囲のほぼ全ての道を走り、さらにこれらの道において、雨で濡れた状態やザクザクの雪道、ツルッツルのアイスバーンなど日本国内における気象条件の下で考えられるほぼ全ての路面状況での走行を果たすことができた。

5ヶ月と期間は短いが、このアルファロメオ社が送り出したステルヴィオという車種において日本国内では私以上にこの車の性能を堪能しきった人間は他にいないと自負している。

今回はそんな私が送る、ロメ男との漫遊記や乗車インプレッションの第1弾をお届けしたい。


昨年12月のあくる日、私はアルファロメオ社とサポート契約を締結しこのロメ男に乗せていただける運びとなった。


超車好きの私としては涙を流さずにはいられないほど、嬉しい出来事だったんです。
でも、ポロポロと溢れた涙はロメ男に乗り、2秒で乾きました。




なんてったってまぁー速いんですから。



アクセルに置かれた右脚の動きにつられて「ヴォウッ!ヴォウッ!!」という勇ましいロメ男の息吹が心を踊らせます。

調子に乗ってグイグイやると次の日はむち打ちになる事は間違いありません。


でもロメ男が好きなのは直線じゃないんです。

彼はカーブ好き。
この辺がまたエロスwww

SUVという堅牢なイメージが根付いた車種もここまで来ると単なるヤマネコ。

クルンクルンと回る頭は峠道に敢えて行きたくなるほど軽快にそして容易に向きを変え、ハンドルの切りすぎに何度も軌道修正を強いられるほど、これまで私が乗ってきたSUVとは次元が違います。

楽しい。
ロメ男、、、楽しい。



続く


湯淺直樹



皆さんこんにちは。

2月17日に出場を予定していた世界選手権ですが、1月20日にウェンゲンで重傷した怪我の影響で出場を辞退する運びとなりました。

応援いただきました皆皆様方には申し訳ないという気持ちでいっぱいです。

本当に申し訳ありません。

診断の内容としては、全治6週間〜8週間でしたが、未だ3週間しか経過しておらず、現段階で滑った時の再発する可能性の高さ、そして肉離れという怪我の怖さを考慮するとどうしても出場を押し切るという結果になりませんでした。


重傷してから何度もこの使えないふくらはぎをナイフで掻っ切ってやろうと考えましたが、今はとにかくこの悔しさを糧に、より強くなって帰ってこれるよう精進し、皆様に速くて力強い滑りを披露することを考えています。


必ず戻ります。


この怨み、晴らさでおくべきか。




湯淺直樹


父親や母親又は義父母、それか親の内縁関係にある男女に虐待され殺されてしまう子供が後を絶たない。


最近こんなニュースを見聞きすると胸が押し潰されそうな気持ちになる。

なんとか救ってやることは出来なかったのか。

こんな感情がぐるぐると身体を巡り、事件のニュースを見た日には、その日1日とてつもない不快な思いで過ごす。


私がここまで憤りを感じるのは上記の様な事件のその残酷さと、犯人への裁きの軽さが気になって仕方がないからである。


私が思うに、この手の事件は単なる殺人じゃない。
子供という弱くもあるが、無限の可能性を秘めたかけがえのない存在が「イラつくから」、「うるさいから」などという身勝手な理由から拷問に次ぐ拷問を日常的に受け、挙げ句の果てに殺害されてしまうという拷問殺人だ。

子は衣食住という生きてゆく上では欠かせない物を人質にされ、争う事も出来ず逃げ出す事も出来ず、やがて泣き叫ぶ力も削がれ死んでいく。

他人事ながら考えただけでも怒りで我を忘れてしまいそうなほど理不尽で汚いやり口だ。


こんな残酷な事件に対する処罰が比較的軽い気がしてならない。
これらの事件の裁判による判決の一部では、「適切な対応をしなければ死亡する可能性が高いと認識していたとは言えない」として求刑よりはるかに軽い刑に処されている。


んな訳あるか。


「死ぬとは思わなかった」


んな訳あるか。


「しつけのつもりだった」


んな訳あるか。


おおよそ小学生位にもなればどこまで人を傷付けたらヤバイかなんて大体わかるわ。
何がヤバイって、司法がいまだに責任逃れとしか見て取れない無理がある言い訳を加味して判決を出してること。


試しに自分が子供に与えた状況と同じ暮らしてみろと言いたい。


私は個人的にこんな悲惨な事件を起こした人間には通常の殺人と同じ扱いか、拷問をしたという点を加味してそれ以上の刑罰でも良いのではないかと思っている。


この記事をご覧になってくださった方の中で、万が一ご近所周辺で「まさか、、」と感じたら迷わず通報してほしいと思います。


虐待なんてよく使われている言葉だからって日常茶飯事によく起きる出来事だと思わないでほしい。

これは親子というある種の主従関係の様なもので手脚を雁字搦めに縛りつけて行う拷問だから。


国は行政がもっと踏み込んだ対応ができるように早急に現在の仕組みを見直す必要があると思う。



湯淺直樹