なかはし院長のブログ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

今年もよろしくお願いいたします、仕事に関係のないお話

皆様、こんにちわ、

なかはしでございます、

2020年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

今年も、と言いながらもう3月半ば近く (^_^;)

 

さて話題は日本全国、世界全体を恐怖に陥れている

新型コロナウイルス、

いろいろな弊害がこれから出てくるんでしょうね。

えらいこっちゃなと、心配しております。

 

当方も少なからず、この騒動で仕事がなくなりました、

それなりの被害はあります、仕方がないですが悔しいですね。

 

 

また当方もマスクや消毒液は私一人が使う分はありますが、

このまま長期間不足が解消されなければ

とても心配ではあります。

 

普段からほとんどマスクをしないのですが

マスクの高額転売が禁止されたのはとても良いことだと

考えます。

 

 

 

 

 

マスクといえば、思い出されるお話。

今から十数年前、2009年だったかと思います。

新型インフルエンザが関西地区を中心に感染者が増えた時のこと。

 

 

 

当時は神戸、大阪、京都と京阪神地区は警戒され、

外国の方はもとより、日本人観光客も来てくれない、

繁華街はガラガラで、

電車乗る人たちはほぼ100%マスク姿、

 

 

こんな状況が当方では当たり前だったことを覚えております。

当時まだ良かったのは、関西では全くマスクの在庫なく、

日本の他の地域では当然在庫があり、知人は岡山、広島、

九州地方の親類縁者から送ってもらったとか、

かろうじて使うことができてました。

 

 

そんな時、こんなことがありました。

ある日のお昼、私は家族と昼食にラーメン屋に行きました。

とある人気だという、初めてのお店に行きました。

 

 

その店はカウンターだけで10席あるかないか、

客は横一列に並び、目の前に厨房がありました。

 

 

先客がおり、35歳ぐらいのお父さんとちびっ子2名、

私はそのお父さんの隣に座りました。

その3名は食べ終わりの頃だったので、

私達が待っている間に

会計を済ませ、店を出ました。

 

すると店を出て1~2分か、

そのお父さんが一人で戻ってきて

店主(これまた35歳ぐらい男性)に、

 

 

お父さん 「ここにマスク忘れてんけど、知らん?」と尋ねました。

 

すると、店主は「ドンブリに入れてたんで、捨てました」と答えました。

 

お父さん 「そんなことあらへんわ、またつけようと外しただけで

ドンブリの中にいれるはずないで!!」

 

私はなんの氣なしに聞いてて、びっくりでした!(@_@;)

店主がドンブリ下げたところも見てないし、

マスクがあったかどうかも全く知らない。

 

 

 

 

二人を見ると険悪なムード漂い、睨み合いですがな((+_+))

 

 

するとしばらくして、

お父さん 「200円!!!!

 

えっ??私 (200円??って何??)(*_*)

 

 

すると店主は無言のまま、レジから200円を取り出し、

ふてくされたような顔をして、渡しました。

全くごめんなさいも、スイマセンもなしでぶっきら棒に渡してました。

 

 

ご推察の通り、店主は捨てたことをすぐ謝罪すればよかったのに

捨てたのをお客のせいにしたのが間違いだったですね。

 

しかしそれに200円の請求も仕方ないのか、どうか(-_-)(^_^;)

そうその時は全く近隣ではマスク、手に入らなかったのですよ。

 

 

ちなみにこの時の新型インフルは10~20代中心に罹患し

40代以上はほとんど感染しなかったのでした。

 

当時20代前半だった当院スタッフは感染し、5日以上休みましたが

濃厚接触者だった私は全く症状もなく、健康でありました。

 

そしてそのスタッフも「全然しんどくないし、微熱もすぐ下がり、

元気すぎてヒマヒマですわ~」と2日ほどで連絡ありました。

 

 

今回のウイルス騒動も早く収まってほしいですね。

「あの時たいへんやったなあ~」と懐かしく言える日が

早期に来ることを願ってやみません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆様、今年もよろしくお願い申し上げます。

ご覧頂きまして、誠にありがとうございます。

2019年初めのブログでございます。

 

昨年同様、ぼちぼちやらせていただきます。

今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

先日、レスリングの吉田沙保里選手が引退を表明しましたね。

(私は吉田選手とご縁はありませんが)

 

引退会見の質問で「一番印象に残ったメダルはどのメダルか?」

の問に、吉田さんは「リオ五輪の銀メダルです」とおっしゃいました。

 

その理由が感動しましたね、「負けた人の気持がわかった」と。

 

ずっとずっと1番っていうのはしんどいですね、

落ちるのが不安ですね。

また1番になることはほとんどの人がなかなかできないこと。

 

1番を取った記憶のない、私は吉田選手に感動しました。

これからはすごい指導者になるでしょうね。

 

あいだみつをさんの作品のなかにも

「負けるひとがいるから 勝てるんだよな」という言葉があります。

 

そのとおりだと思います、こころにズンときます。

勝ったあなたがすごいのではなく、

負けた人がいるからなんですよ、

勘違いしてはだめですよ、という

自分自身への戒めの言葉と私は考えます。

 

さあ今年はどんな年になるのでしょうか?

今年の流れに沿っていきましょう。

 

最後まで読んでいただきまして

ありがとうございます。感謝申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

またまた仕事にはほとんど関係のない、お話。

皆様、いつもありがとうございます。

ご覧いただき、ありがとうございます。

 

 

あまりブログを更新してないので、

ブログ投稿のシステムがどんどん変化しており

驚いております。

 

 

先日ある女性タレントが飲酒ひき逃げ事件を起こして

世の中を騒がせております、そしてその当時の動画も

TV等で見ることが可能です。

 

 

 

車を運転しているならあの映像でぶつかったら

知らないではすまされない、気づかないはずない、

という様子でした。

 

 

それ以上に私が引っ掛かった事が

「はねられた被害者を誰もすぐに助けにいってない」

という意見があったことでした。

 

 

あの数秒の映像を見る限りですが、被害者側から

横断する他の歩行者はすぐに救護するどころか、

被害者の方には駆け寄ることもなく

そのまま横断歩道を渡っているようでした。

 

 

また救護しなかったその方々をフォローする意見が

行動心理学者の先生からの

見解がネットに出ておりました。

人間の心理行動にありうることのようですね。

 

 

私自身、医療人の端くれという意識もあり、

今まで大なり小なり、交通事故や路上でのアクシデントなど

遭遇したら、何もできないかもしれませんが

できることはないかと救護に立ち寄ることが多いです。

 

 

もちろんヤジ馬根性ではなく、医師や看護師の方が

その場にいるのなら邪魔することなく、人手が足りてると

確認できたらならばすぐに立ち去ります。

 

 

ここ1~3年のことですが私は自転車に乗って移動中、

段差に滑って自損転倒をすること、3回ありました。

 

 

往診など仕事中の道中で、別に急ぐこともなく、

休みの日のサイクリングでもなく、晴れている日晴れ

しかし滑ってコケるんですよね。(TдT)

 

 

1回は目撃者も誰もおらずでしたが

あと2回は周りに人がおりました。

 

 

そして2回とも大きい音とともに転倒し、道路に転げておる

デブ豚のおじさんを助けてくださいました。

 

強烈な痛みで唸っております私に変わり、自転車を起こして

手を貸して体を引き上げてくださいました。2回ともm(_ _ )m

 

ありがたいですよね、全く知らない赤の他人を

助けてくださるなんて。(。-人-。)

 

自分も助けていただいて今日がある、

本当にありがたいことだと思います。

 

こりゃ次に何かあれば今度は私がお返しして

お手伝いせていただきたいとさらに思うのであります。

 

私見でした、ご覧頂きましてありがとうございます。

感謝感謝です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>