新サロン日記改め「死にトリ日記」

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

ホモソーシャルでわかったこと

今年は、今までより少しこまめにブログを書こうと思って、2週間ぐらいがたってしまいました…

 

今年度で終わってしまう、若者支援の助成金事業を4月からはどうしようかと年末ぐらいから具体的に考えていて、関連する助成金を見つけて数日前が締め切りだったりして、いつもよりは余裕をもって書いたつもりなのですが、結局出すのは締め切り当日になり、相変わらず綱渡りのような日々です。

 

前回に年末年始で夜更けに行っているハーマンの「心的外傷と回復」の話をしたと思ったら、翌日の夜にNHKの番組「100分deフェミニズム」でタイムリーに紹介されていました。

 

スペシャル番組 100分deフェミニズム論:100分 de 名著 (nhk.or.jp)

 

タイムリー過ぎてちょっと、びっくり。

 

たまたま、夜遅くになんとなくチャンネル回していたら「あれ?なんか聞いたことある話をしている」と思ったら、まさにそれでした。

 

その番組では、4名の方たちがフェミニズムに関する本を1冊ずつ紹介しているのですが、ハーマンは3冊目だったので私は終わりの3分の1ほどしか見れませんでした。

 

見れなかったのですが、実は2冊目に紹介されていた「侍女の物語」もうんと若いころに本が好きな親友に勧めれて読んだことがあり、その頃には内容にあまりピンとこなかったので、読んでみたくなりました。

 

そして、4人目が上野千鶴子さんだったのですが、「男同士の絆」という本を紹介していて、その中で「ホモソーシャル」という考え方が登場していたのです。

 

それを見ていて、ちゃんと理解したわけではないのですが、ものすごくなるほど!と思うことがたくさんあり、今までもやもやしていたことや、自分の活動の中で起こったことがうまく説明できると思いました。

 

きっと本を読んでもよくわからないと思うのですが、番組ではとても簡単に説明してくれていたことと、実は身近なことなのではとイメージすると自分なりにわかった気持ちがあります。

 

誤解を招くといけないので、そんなに詳しく説明できませんが、男性中心に男性がある種の絆で結びつき団結して、自分たちの権威を競い合う社会という感じです。

 

死にトリに寄せられる声や死にたいほどつらい社会の厳しさはホモソーシャルの文化がベースになっているのだろうと。

 

そして、自分のこれまでの活動の道を思い返すと、どうやってホモソーシャルから抜け出そうか、そこから別の価値観を創り上げたらいいのかと試行錯誤や苦悩を繰り返してきたような気がします。

 

番組の最後の方で、女性はそのホモソーシャルの舞台に出るとしても、片足は違うところにあるから、その社会に埋没せずにいるし、違和感も抱くことができるとありました。

 

ホモソーシャルと別の価値とは子育てや介護など生産性とは違う暮らしの営みであると説明があり、そこでピンときました。

 

やっぱり、自分が正気でいられるのは重度の障がいがある長女とともに生きているからだなぁと。

 

そして、活動の中でずっと権利を保障されなかった子どもや若者たちと仕事ではなく、暮らしの中でともに過ごしてきたからだと思います。

 

そうなると改めて、女性が果たす役割が大きいと実感します。

 

そんなことで、最後に過去のブログを引用して終わろうと思います。

 

私がブログを書こうと思うけど、なかなか書けないとこぼしていたら、身近な若者に「昔の書き直したら」と言われて、確かにリブログだと食べ物の話や趣味の話も多くて、お恥ずかしいこともあるので、今やっていることにひきつけたり、一部修正や引用、解説を加えて紹介しようと思います。

 

2009年から女性の活躍に関するものを見つけたので紹介します。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

今日は四日市で行われた「ワンデイシェフ全国フォーラム」に参加してきました。

 

新しいコミュニティを創ろうと各地で取り組んでいる人たちのつながりがそこにはこめられていました。

 

ゲストとして招かれた東大名誉教授の月尾先生が基調講演をしましたが、日本の置かれている国際的な現状を様々な数値で紹介してくれました。

 

急激に進む貧困、そして格差

 

女性の社会進出に関しては数値で見るとかなり惨憺たるもの

 

必ずしもその数字がすべてというわけでもなく、数値では表わせないものもたくさんあるのですが、やはり一定の尺度にはなります。

 

特に国会議員や閣僚、企業の取締役などの比率は国際的にかなり低いのでした。

 

それに引き換え、私たちの分野はどこに行っても女性ばかり。

 

こうしてコミュニティハウス普遍化事業で回る先々も、調査で回る先でも理念と行動力を持って輝いているのは往々にして女性。

 

そう考えてみると、この女性のたくましさが実際の社会にひのき舞台に上がったときにはひょっとして相当に世の中は別の世界になるのかもしれない??と思ったりして。

 

でも、そうした旧来の社会(=ここがつまり今日紹介しているホモソーシャル)の隙間や管理や支配の及ばないところだからこそNPOや市民活動の世界で女性がのびのびしたり、逆に頑張れたりするのかもしれません。

 

今までの世の中の当り前の中(=ここがつまり今日紹介しているホモソーシャル)では元気な女性たちが活躍するような気にはなれないだろうなぁと思うのですが、逆に言うとそうした女性たちの発想や行動が世の中の中枢に及ぶことは可能性があると言えるのでしょう。

 

それにしても、いったいぜんたいそんな逆転はどうやったら実現するのか?うまくイメージはできませんが、このままじわじわと地域や女性の元気や活力が台頭して、気づいたらそんなものたちが世の中を動かしていく日はそう遠くないような気もします。(うーん、12年ぐらいたったけど、変わらんぞ…てか、遠ざかっているかも)

 

というのか、そうなってもらわないと日本の社会は崩壊してしまうという危機感もあるのです。(危機感はずっとあり続けています)

 

その姿はひのき舞台で活躍するような形ではなく、目立たなくても有名にならなくても一人ひとりが主人公としていきいきと生きる姿として表現されるのかもしれません。(そうそう、その通り)

 

ワンデイシェフレストランシステムの理念も「誰もが自分色に輝く」

 

どんな人たちも輝けるような社会にしていきたいものです。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

まぁ、「輝く」って言っちゃっているあたりがホモソーシャルの影響を引きづってるんじゃないの?と自分に突っ込みを入れています。

 

別に輝かなくてもいいし。

 

輝きたい人は輝けばいいし、別に輝かなくてもいい。

 

どんな人たちも自分でいられて、それを認め合えたらそれでいいし、それが輝かしいことでもなければ、素晴らしいことでもない。

 

ことさら、仲良くする必要もないし、絆で結ばれていようが、いまいがどちらでもいいと思います。

 

排除したり、犠牲を強いるようなことはしない、特に社会的に力を持つ者が自分よりも弱い者に対して、自分の持っている力を当たり前に使えること(これは犠牲ではないし、優しさとも違うんだな)、誰でも自分が困ったときに誰かに助けてもらえること、そして、困っていることにはお互いに耳を傾けることができればそれでいいのではないかと思います。

 

大切なことはシンプルだと何年たっても思います。

 

12年前の自分に少し突っ込みながら、女性の活躍(活躍って言葉が違和感…別に活躍しなくてもいいし、でもホモソーシャルから脱するには女性の活躍というフレーズも必要か?いや、活躍という言葉はやっぱりよくない…ぐるぐる)について語り直してみました。

新しい年になってしまった

気づいたら、年が明けていました。

 

年が変わったからと言って、何か特別なこともなく、おめでとうという気持ちもないのに「あけましておめでとうございます」とあいさつするのは、思考停止になっているような気がして、機械的なあいさつをするのはやめました。

 

というのも、大みそかにとりコミュの投稿に「今年もよろしくお願いします」っていうことへの違和感について書いているものがあり、とても考えさせられたからです。

毎日しんどくて、何とか明日まで、今日の午前中まで、いや30分は頑張ろうという気持ちなのに、1年という長さをまとめてよろしくと考えられるのなんて信じられない!というような趣旨のもので、それを読んで心から「うわ~、その通りだ」と思ったし、そういってもらわないと全然わからずに「今年もよろしくお願いします」とか社交儀礼的に使ってしまっていたなぁと思って、考えもせず、おめでとうとか、今年もよろしくとか使うのが嫌になりました。

 

本当に思っていることを表現したいと再認識してしまったのです。

 

そういう意味では経験談もとりコミュもたくさんの人たちの本音が書いてあって、私としては考えさせられ、視野が広がり、何をすべきか問い返しながら読んでいます。

 

11月ぐらいからひたすら経験談を読み、感想を書き、12月にとりコミュの投稿を読み続ける中で自分の中に新たな世界(言い換えると真実の世界)が広がっていくことを感じています。

 

一緒に活動をしている若者が現実の社会のことを「茶番」と表現していたことを思い出します。

 

外面や体裁というのか、表向きの世界があまりにもありすぎて、実はそれにはうんざりしていて、どうしてこんなにも表面的なことにエネルギーを費やすことがあるのかな、それに意味や意義があるのかなと思うことがあるので、死にトリに寄せられる本音を目にして、そこに感想を書いたり、そのために何ができるか考えたり、実際にそのために何かをするときに、ひょっとしたら自分の存在が許されるのかもしれないと感じます。

 

年末には久しぶりに、ユーザーさんからの要望もあって、夜のフリーチャットをやりました。

 

よく来てくれた人たちがたくさん来てくれて、改めてみんなの居場所になっていることを実感しながらも、ほかにも同じように居場所を求めている人たちがたくさんいる中で、こうした機会を安全に継続的につくっていくことはどうしたらいいのか?と考えています。

 

本当は、このブログでもう少しこまめに死にトリをやっている私たちの思いや、死にトリだけではなく、そこに通じる幅広い情報も伝えていきたいと思っていますが、12月はなかなかそこに手が回せずにいました。

 

宣言してもできないかもしれませんが、もう少しちょっとずつでも書けたらと思っています。

 

年末年始は私の中ではもう一つ大きな取り組みがありました。

 

それは、複雑性PTSDの理論をまとめたアメリカの精神科医ハーマンが書いた「心的外傷と回復」という本の勉強会です。

 

死にトリを含めて、何かと一緒に活動をすることが多い、全国の仲間と一緒に夜中に勉強会をしています。

 

勉強会の開催にあたって思いをこんなふうに書きました。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~

若者の応援をしていると、これでもかと遭遇する理不尽な暴力被害や抑圧経験 


もうそれしかないのでは?と思うほど、繰り返し出会う中で、その長期間にわたる影響もまた、関わりの中で直面化させられます。

 

そして、同時にそのことによって人間が学ぶこと、育つこと、連帯することの可能性と力も感じるのです。

 

そのことについて、きっと同じく感じてまとめてくれたのだろうと勝手に思っているのが、ハーマンの「心的外傷と回復」です。

 

何度学んでも、気付くことがあり、納得し、そして現実に戻る勇気と希望をくれるこの本を、同じようにこの問題に直面化する方たちともに学びたいと企画しました。

 

ゆっくりと学ぶことができるよう、ちょっと常識はずれな時間帯に設定していますが、ご容赦を…


2014年に初めて学んだ時、渦中の若者に自らの体験を教えてもらうことで学びがとても深くなりました。

 

今回も若者は世代交代をしていますが、前回同様に当事者の若者もともに学んでいきます。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

死にトリと連動して取り組んでいる「若者自立プロセス資源化モデル事業」で、人生に立ち止まったり、行き詰った人たちが新たな一歩を踏み出すために「くしろにおいでよ」という体験プログラムをやっているのですが、去年の夏ぐらいから、それで釧路にやってくる人たちが続いていました。

 

その中で、遠方からやってきた若者の一人がトラウマの渦の中にいて、やってきたのはいいが、落ち着いて暮らせないという状況になり、受け入れた私たちも何をどこまでどうやって応援したらよいか試行錯誤をしている中で、ハーマンの勉強会が実現したのです。

 

その若者が実はほかの地域(地元やその他全国規模の相談機関の関係でいろいろと)の仲間ともつながっていたので、全国の仲間たちと継続的に一緒に学んでいるところです。

 

ハーマンの理論と思想は以前から限られた人たちで学ぶのではもったいないと思っているので、どこかで何かの形で多くの人たちに還元したいと考えています。

 

また、上記のプロジェクトでは、今は社会にないけれど、本当はあった方がいい社会の仕組みについてもモデル事業に取り組みながら開発してきています。

 

今回、死にトリのこえサーチであったらいいと思う社会資源についても意見を集めています。

 

 

 

 

 

 

呼びかけにも書きましたが、「どうせ、そんなものないし、無理でしょ」とは考えずに、ないからこそ、現実の厳しさがわかっている当事者だからこそ「これが必要!」「ないことでこんなに困るんだ」という声を出してもらいたいと思っています。

 

私は多くの人たちが厳しい現実を知らなすぎることに大きな課題があると思っていますし、厳しい現実が別の形で注目されたり、歪んだり、脚色されたりして、伝えられることに何とも歯がゆい気持ちがあるので、多くの人からの声を集めて、しかるべきところに届けたいし、みんなでそれについて考えたいし、知らない人に知ってもらいたいと思っています。

 

また、今年度の利用状況アンケートも開始したので、こちらも今後の死にトリの継続と発展のために、ご協力をお願いします。

 

 

 

 

 

予想外のリアクション

先日、法人のサイトに「求職場」採用情報 - NPO法人 地域生活支援ネットワークサロン (n-salon.org)という世の中の求人という流れにささやかな抵抗を示すような情報を出したのですが、ぽつぽつと反応があり、連絡をくれた人たちとやり取りをしているとなかなか興味深い展開になっています。

 

実際に働き始めた人がいたり、遠路はるばる釧路にやってきた人もいます。

 

思わぬ出会いが続いていて、いろいろと考えさせられます。

 

最近、遠方からアクセスしてくれた方とZoomで話をしていて、ちょっと驚いたことがあったので、お知らせしようと思います。

 

実は、求職場にエントリーした時には真剣に死のうと思って、サイトをさまよっていたというのです。

 

そんな中で、死にトリ経由で求職場にたどり着き、そして、私が書いた文章を読んで共感をして、エントリーしてくれたそうなのです。

 

私は自殺を防ぐために記事を書いたわけでもなく、一緒に活動をする仲間とつながりたいと思って、呼びかけたことが、結果としてまさに死にたいと思っていた人の目に留まり、次につながったというわけです。

 

どこで何が効果として次につながるかというのは本当にわからないもので、不思議だなぁと思いました。

 

自殺防止の事業にいろいろ関わることになり、「死にたい気持ちを聴く」とか「心に寄り添う」ということもある意味大切なことだと思うのですが、それがゴールではないし、本来の目的になってはいけないと思います。

 

この生きづらい社会を認めて、社会を一緒に変えて行かないと気持ちに寄り添うだけではどうにもならないと思っているところがあります。

 

実行なく、気持ちに寄り添うことが逆に絶望を深めることにもなりかねません。

 

だからこそ、実際に暮らすところ、食べること、働くこと、学ぶこと、参加することなどができる機会を増やしていかなくてはならないと思っています。

 

そのため、若者自立プロセス資源化モデル事業若者自立プロセス資源化モデル事業(2020年~) - FFP (ffp946.com)

 

 

の実行に至り、総合的に生活をバックアップする仕組みを作り、試行しています。

 

その事業も休眠預金事業の助成を受けて、この3年間たくさんの若者たちを後押してきましたが、今年度で女性の最後の年を迎えます。

 

最終年を迎えるにあたり、事業評価の方法について検討を進めていますが、そこで改めて今の社会に必要な仕組みや資源について整理をしてきて、随分とわかったことがあります。

 

いろいろと検討していくと、極めてシンプルな結論にたどり着きつつあります。

 

それは、子どもの権利条約で掲げられている4つの権利「生きる権利」「守られる権利」「育つ権利」「参加する権利」です。

 

これらを保障するための取り組みがどれだけ広がるか、それだけが大切だと思います。

 

これらの権利保障が今は、とても個人的な努力や運に随分と任せられていて、運やめぐりあわせが悪いと生活は成り立たなくなり、逆に運やめぐりあわせがよいと生活が安定するというのが現実だと感じています。

 

ところが、自立したのは個人の努力や能力であり、自立できないのは個人の努力や能力の不足として、扱われている。

 

そもそも、自立の概念がとても狭いことは私としては気にくわないのですが、それにしても、世の中で起こっていることの道理や仕組みの理解がゆがめられているように私自身は感じています。

 

それはなぜなのだろうか、あれこれ考えています。

 

さて、宣伝忘れていましたが、アプリシニトリのTwitterがスタートしています。

 

シニトリアプリ公式Twitter(@42_10riapp)開設のお知らせ (shinitori.net)

 

我らがアプリのトリさんたち(スズメ、ハト、ペンギン、カカポ、オニオオハシ)がつぶやいています。

 

今後は、トリさんとの会話ベストマッチの募集やmyトリチェックのトリさん集まれ企画などを予定しています。

 

また、明日にお知らせでも公開されますが、休止していた掲示板「とりコミュ」が12月1日から再開することが決まりました。

 

使い方が一部変更となります。

 

気づいたら、もう12月になりますね!

 

時間が経つのが早すぎてくらくらします…

なぜ変わらないのか?の問いかけ

気が付くと、11月も中盤になっていました。

 

10月も1回しかも自分のリブログだけで、すっかりとブログを書くタイミングを失っていた今日この頃です。

 

死にトリのサイトは、夜のフリーここチャットと掲示板のとりコミュの二つの企画をお休みにして、しばらく時間が経ちました。

 

夜のフリーここチャットは生きづらびっとの方に引き継ぎ、とりコミュは少し工夫をして再開できないかどうか、検討していきましたが、本格的な改良は少し先になりそうなので、前のシステムに少しだけ工夫をして再開できそうな見通しが少しついてきました。

 

毎晩、夜のフリーここチャットを気を配りながら過ごしていたことがとても昔のような気がしています。

 

何人かのチームで見守りや運営の工夫をしていましたが、持ち回りを決めたり、今日は何事もなく静かに終わった、いや悩ましいことが起こった、また同じようになってしまったと、悩みながらやっていたので、それだけ凝縮していた時間でした。

 

毎日やることによって、いろいろなことがわかってきましたし、学びました。

 

それが、次の新しい取り組みに生かされていくと思います。

 

サイト運営もそうですが、今年は若者支援の実践の方も濃い日々が続いています。

 

何名かの共同生活や地域生活が難しい若者たちと生活を共にしてみて、うまくいったこともありましたが、難しさや厳しさの方が感じることが多く、警察や救急隊、病院などと随分と連携をすることになりました。

 

そして、若者たちの支援事業を支えている休眠預金事業の助成金も今年度で終わるため、その事業による成果をまとめることにも随分と力を入れています。

 

今日は、関西で子どもたちの居場所をつくっている方が北海道に来たので、情報交換がしたいという連絡を受けて、ちょうど札幌に来ていたので、会って話をしました。

 

子どもの権利を守る、その方法として合法的な家出場所をつくる、子どもだけではなく、女性も、そしていろいろな少数者の人たちが差別や偏見を受けたり、子ども時代に個性的であることがどうしてもこんなにネガティブな扱いをけるのか?という謎の風土について、意味不明だと共感してしまいました。

 

最近は、子どもの権利を守るための独立機関の創設への必然性を強くしているので、子どもコミッショナーについてもその必要性も意見交換しました。

 

印象的だったのは、今日話したようなことは大切だとわかりきっている気がするし、そのための制度や支援、いろいろな必要性もわかりきっているし、それはかなり前から言われていたことだと思うし、実践者の中でも必要性も確信することなのに、なぜ変わらないのでしょうか?という繰り返しの問いです。

 

これまでは、自分から「何で、変わらないのか?」と問いかけたことはたくさんありますが、逆に繰り返し問いかけられたことがなかったので、ちょっと新鮮でした。

 

どちらにしても、権利を守るための文化や価値観、そして教育や支援制度が整っていくことを願っています。

”生きた人権のはなし”

10月になり、一気に冷気が吹き込んでいる北海道です。

 

数日前までまだまだ半袖行けるかも?という日があると思ったら、最低気温が一桁に突入する気温に急展開。

 

季節の変わり目なのか、こうした急な変化により、春先のように気持ちがざわついている人たちがちらほら見られるのは関係あるのかないのか…と気になる近頃です。

 

死にトリの活動もとりコミュのお休みとフリーチャットの休止から運営の移行があり、移行期となっています。

 

近いうちに、別の形で皆さんが参加しやすいコンテンツをスタートするための準備をしています。

 

また、サイトのリニューアルも予定していて、その作業も進めているところです。

 

今日は、2年半前に書いた人権の話をリブログします。

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>