中山隆嗣の「活殺自在」

中山隆嗣の「活殺自在」

武道と癒しを中心に、生き方、日々のことを綴ります。

武の究極、活殺自在を学びたい方

  ⇒活殺自在塾


エクササイズ・護身・健康に興味がある方

  ⇒ボディバランス空手


快整体術をプロとして学びたい方(全国可)

  ⇒快整体術研究所


直真塾で千唐流空手道を学びたい方

  ⇒快整体術研究所にお電話ください

NEW !
テーマ:

 昨日のBBK(ボディバランス空手)の稽古の話です。


 所沢の道場での話ですが、スタートしてまだ日が浅いため、基本稽古が中心です。


 稽古の構成としては、まずこれまでの復習からスタートしますが、昨日は「中段追い突き(ちゅうだんおいづき)」を中心に行ないました。


 その際、土台の部分では立ち方と運足、「突き」の部分では上肢のコントロールに注目しました。


 総じて言うならば、稽古日数が少ない割にはフォームが整っていた、ということです。立ち方も様になっており、そういう雰囲気は見栄えとしても良い感じです。こういう稽古の時には、まずカタチを作り、そこから徐々に魂を入れていくように留意しますが、稽古時間を前提にすれば及第点です。


 稽古内容であった「中段追い突き」ですが、前進した後、ターンして行なう場合と、正面を向いたまま後退する場合の2通りあります。


 前回行なったのが後者でしたので、今回もその方法で行ないました。


 すると、前進の時にも大体できていたのですが、後退時に歩幅が狭くなったり、拳の返しを忘れたりといった状態でした。おそらく、後退するという部分に意識を集中するあまり、「突き」の意識が薄まって、最初の頃のような動きになったのでしょう。


 そのため、ここは床も平らだし、後に壁もありません、何か落ちているわけでもないので、安心して後退してください、とアドバイスしたら、不要な心配が無くなったためか、全身も後退も上手くできるようになりました。お話を伺うと、後退時の心配がなくなった、という意識が「突き」に集中できた理由のようです。アドバイスが功を奏したケースになりました。


基本型Ⅲ 返し突き  続いて行なったのが、ターンした後、同じように前進して突く場合、ということで稽古しましたが、その時に理解しておかなければならないのが具体的な転身の方法です。


 まずはその様子を見ていただくわけですが、無駄な動作が無い分、おそらく目には簡単そうに映ったことでしょう。


 しかし、そういうことほど難しいもので、やったことをそのまま真似しようとしても上手くいきません。


 稽古はまずその事実を知ってもらったところからスタートしますが、足をドタバタ動かさないのが千唐流の転身です。


 そのためには足裏をどう活用すれば良いのか、ということが大切ですが、よく見かけるような大きな動きは好みません。なるべくシンプルに、無駄なく動かすことが要求されます。


 そのためには、まず正しい「正整立ち(せいさんだち)」であることが要求され、その前提で上足底と下足底を上手く使い分け、転身します。その時の立ち方の変化について説明すると、「正整立ち」→「内八字立ち(うちはちじだち)」→180度転身した状態の「正整立ち」という流れになります。


 その際、膝関節と股関節の微妙な抜きが大切で、その身体操作の有無で転身の質も違ってきます。


 今回はこれを「中段追い突き」の中で行なったわけですので、上のイラストのように転身時に突く動作が入りますが、土台の部分が確保できたら、「突き」の質にもこだわらなくてはなりません。この点、現在の稽古量からすれば及第点ですので、今後は転身時の足捌きを意識していただければと思っています。


上段受け  復習とそれに関連する話が長くなりましたが、ここからがタイトルに記したないようになります。


 話のきっかけは先日新幹線の車内で行なった殺傷事件ですが、想定外のことでした。日本も物騒になったものだと思わせる事件でしたが、咄嗟の時、どうしたら身を護ることができるか、ということに対して意識を改める必要がある、という具体例になりました。


 ただ、今回のように侵害は不意に、ということもありますが、初めから危ない感じがするような状況でありながら油断があったためにトラブルに巻き込まれる、というケースもあります。


 後者の場合は、「君子危うきに近寄らず」の意識を守っていれば結構防げるでしょうが、前者の場合、何かしらの自衛手段を持っているか否かで結果が大きく違ってくることがあります。


 この日はそういうことを念頭に稽古メニューを一部変更したわけですが、つい先日の事件なので稽古生の方もよくご存知でした。


 だから説明しやすかったわけですが、今回は隣の座席に座っていた人から鉈で襲われたわけです。


 私の新幹線は何度も利用していますので車内の様子は知っているつもりですが、狭いスペースの中で隣の人が鉈で切りかかるという設定は普通は考えません。ですから、私が襲われた場合でも、普段から想定していない分、咄嗟に反応し、これまでの稽古の応用としての動きで対応することになるでしょうが、座った状態ですから動きも制限されます。


 そのため、限られた対応しかできないと思いますが、逆に考えると相手の動きも制限されるわけですから、一撃で致命傷を負わせることは難しいでしょう。鉈の使い方に習熟し、しかも今回のような設定で訓練している、という場合ならばともかく、そうでないなら鉈という武器の存在以外で考えると、どこまでの加害意思を有しているかで状況が違ってくると思われます。。


 もっとも、こういうことが言えるのは冷静に第三者的な目で見て、考えることができるからです。


 本当に現場に遭遇していたら、今お話ししていることの半分も意識できないかもしれません。それが実戦の怖さであり、そこでは胆力という要素が必要になってきます。


 その対応には鍛錬しかありませんが、何かしらの心の余裕があれば、その部分で何とか命を守れることもあるかもしれません。


 今回はその部分を期待しての稽古ということになりましたが、もちろん1回稽古したくらいで身に付くことはありません。そのため、今後も時々行ないましょう、ということにしましたが、最初に身に付けていただきたいのが「受け」でした。


 時間の関係で、前述の新幹線の事件の場合を想定しますが、鉈で攻撃するという場合、おそらく上段から振りかぶって、ということだったと思います。本能的に攻撃する場合、急所が多い頭部をターゲットにすることはよくあることであり、また攻撃できる空間としても頭上からというケースがもっとも適しています。


 実際はどうだっかは知りませんが、稽古はこの設定で行ないました。


 となると、具体的な「受け」は「上段揚げ受け(じょうだんあげうけ)」が効果的です。


 上にその様子を示したイラストをアップしましたが、まずはフォームと上肢の動かし方について説明し、実際に身体を動かしてもらいました。引き手の意識も必要になりますが、異なる動作になるため、なかなか上手くいきません。個別に問題点についての改善ポイントについて説明することで少し好転しましたが、今後の稽古でさらに磨きをかけていただくことになります。


 最初は基本の「その場受け(そのばうけ)」として行なっていただきましたが、目的は護身術としての用法です。そのため、単に受けるというよりも、ここでは「受け即攻撃」という空手道の「受け」に必要な概念まで説明しました。


 実際にその意識で行なうには、「受け」としての極め、的確に急所に当てるというコントロール等の要件が必要になりますが、そこは予習的な意識で聞いていただきました。


 しかし、相手からの攻撃をきちんと受けるためにも、しっかりした「受け」の強さは必要であり、特に今回のように上から振りかぶって攻撃される、という設定の場合はより強力な「受け」の意識が必要になります。そのため、「受け」のフォームを作っていただいた状態で何度も上から圧をかけ、それに対して負けないような身体の使い方について体験していただきました。


掌底  ただ、「受け」だけではそのうちに相手からの攻撃を防ぎきれなくなりますので、護身術の場合でも反撃の部分が必要です。


 その時に注意しなければならないのは、過剰な攻撃にならないようにすることで、相手がひるんだら直ちにその場から逃げ、助けを求めることが必要です。


 そこでたった一撃でも効果的な反撃技について習得しなければなりませんが、今回稽古してもらったのは「掌底(しょうてい)」を用いた技でした。


 試合ではせいぜい相手を押すくらいの使い方しかされませんが、きちんと武技として用いれば効果的な技の一つです。


 もっとも、そのためには間合いの意識が必要になります。


 その際、「受け」の質にも関わってきますが、なるべく相手の体幹部に近いところで受けるようにします。一例として肘付近ということになりますが、ここではよくある手首付近を受けるの場在りません。深く踏み込んで受けることが大切で、その設定での反撃技と理解してもらいました。


 この設定であれば「掌底」を用いた反撃も可能な間合いであり、その時に狙うのは鼻です。隆起した部分に対して下から突き上げるような感じで攻撃しますが、きちんとヒットすれば逃げる時間を稼ぐことは可能です。


 中途半端であれば相手も逆上しますので、ここでは思い切りが大切になります。護身術として使えそうな技はいろいろありますが、その時の心理状態も大きく関係しますし、やり直しがきかないことですので、本当に使わなければならない状況であれば、本当に相手を倒すくらいの気迫が必要になります。


 稽古ではそういった心構えまで説き、「蹴り」まで行ないました。そこまで書くと長くなりますので、今日はここまでにさせていただきます。






 ▼活殺自在塾公式HP  (活殺自在塾のHPは左記をクリック)


  ※武術の修行と生活の両立を図るプログラムで塾生募集中


 ▼ボディバランス空手公式HP  (BBKのHPは左記をクリック) 


※活殺自在DVD第1巻「点の武術」、大好評発売中!

   アマゾンでも販売を開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。


 ※活殺自在DVD第2巻「極意の立ち方」、発売開始!

   アマゾンでも発売開始しました。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/FGwnVXcgCBw


活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」/中山隆嗣,道田誠一

¥5,940

Amazon.co.jp


活殺自在DVDシリーズ第1巻 「点の武術」/中山隆嗣,道田誠一
¥4,860
Amazon.co.jp

秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い!/中山隆嗣
¥1,512
Amazon.co.jp

東洋医学と武術でカラダを変える 空手トレ! 強くなる鍛え方 [DVD]/中山隆嗣
¥5,400
Amazon.co.jp

テーマ:

 昨日の稽古の話ですが、土曜日のパターンとして定着している流れになりました。


 具体的には最初に全員で基本、もしくはその応用となる技の数稽古、それから組手、「形(かた)」と続きました。その間にキックミットを用いた稽古も入りましたが、これは組手に入る前に、実際に当てる意識を想起してもらうために行ないました。


 今日の話は最初に行なった稽古のことですが、火曜日に約束組手として行なった時に教えた技も入れつつ行ないました。昨日の話からの続きのようにもなりますので、まずはそこから説明します。


横屈立ちによる突き  左のイラストは、「抜塞(ばっさい)」に出てくる「横屈立ち(おうくつだち)」による「突き」です。


 基本的な解釈例としては、相手からの「突き」に対して「横屈立ち」になることで体捌きを行ない、カウンターとして「突き」を出す、ということになります。


 「形」ではこの立ち方のまま「掬い受け(すくいうけ)」を行ないますが、今回の稽古では「突き」までの動作で終了です。


 では、この動作をどのように組手に活用したかということですが、完全にこのまま用いたわけではありません。応用という意識で用いるわけですが、要は立ち方の方向と「突き」の方向を違える、ということです。


 立ち方だけを見た場合、「前屈立ち(ぜんくつだち)」と同じです。


 でも、この立ち方をあえて「横屈立ち」と呼ぶのは、土台の部分の方向と上半身の用法で意識する方向が90度異なっているためです。「突き」という武技を主体に考えた場合、通常意識する立ち方の方向とは相違があり、そのために実質的には同じ立ち方でありながら異なった名称になっているのです。


 この意識を応用して組手にも使える技にするわけですが、想定としては相手と同じ構えをしている状態です。通常は左側を前にして対峙しています。


 それに対して前足を斜め前に深く進め、上体を斜めに倒しながら突く、というイメージでやってもらいました。運足が斜め前ですので、実際に突く方向は正面ではなく、斜め前ということになりますが、これが冒頭のイラストで示した技の応用ということになります。


 突く方向は必ずしも正面だけでない、ということを示した様子を、少し角度をアレンジして行なったわけですが、この時、上体を斜めに倒しているところも応用になります


 もっとも、この姿勢については、他流の「抜塞」の中には状態を斜めにして突いているところもあるので、そこでは違和感はないかもしれません。


 でも、千唐流の場合、「形」や基本では武技のベースの一つになる中心軸の養成が意識されていることもあり、武技の展開を除いて身体を斜めにすることはありません。


 そういうことも関係するのか、稽古の際に上半身が直立している人もいましたが、ここは運足と共に急激に斜めに倒すことで一瞬相手の視界から外れるイメージで行なうことが大切です。この部分でモタモタしたり、倒す時に勢いをつけようと変な動作をすれば、逆に相手に悟られますので、そこをいかに自然に素早く行なうかということが技の成否に大きく関わることになります。


 この技は、自ら仕掛ける時にも活用できますが、相手が上段を狙って突いてきた時にも効果的です。試合用としても用いられますので、きちんと身に付けてほしいものです。


正整立ち つま先  先ほども相手と対峙している際のイメージをしてもらいましたし、昨日のブログではその様子をイラストでも示しました。二日続けて同じイラストをアップするのは芸がありませんので、今日は単独で構えているイラストをご覧いただきます。


 きちんと立ち方を意識した状態になっていますが、稽古で続いて行なったのは、こういった構えの相手に対し、いかに崩して勝機を得るか、ということがテーマでした。


 特に前手が邪魔になりますので、それも含めての技を意識してもらいましたが、その一つが昨日のブログで書いた相手の前手を払う、ということです。


 火曜日の稽古で行なったのは根内側から外側に払い、相手の正面を開かせてそこを攻撃する、というものでしたが、火曜日から続けて参加している道場生もいますので、この日は違った内容で稽古してもらいました。


 その方法を説明しますと、払いについては前述の場合は逆に、外側から内側へと払います


 それと同時に奥足で相手の前足に対して外側から「足払い(あしばらい)」を仕掛けます


 その連続により相手はバランスを崩す、あるいは転倒することになりますので、その状態に応じて「突き」で極める、という内容になります。


 文章で動作の部分だけを書くとこんな感じになりますが、実際に見本を見せても動作だけしか着目していなければ同様の認識になります。


 しかし、このブログではいつもお話ししていますが、その動作に魂が入っていなければ本当の武技になりません。特にこの稽古をしているのはペアを組んで行なっているわけではないので、余計に技を放つ時のイメージングの有無が大切であり、実際は空稽古であっても、見えない相手と戦っている様子を感じられるような内容が必要です。


 そのためには、前手の払い方一つとってもきちんとした武の理が必要であり、単に払う動作をする、というわけではないのです。


 具体的には、昨日のブログでもお話ししたように、小手先のものではなく、全身を活用した動きでなければならないということであり、そこには身体の中心軸の意識が不可欠になります。


 その際、この技は上肢の払いだけでなく、「足払い」をほぼ同時に行なうということもあるため、身体の中心軸の意識は両足を前提のものではなく、仕掛ける側の前足にいかにスムーズに移動させることができるか、といった身体操作が必要になります。


 そこでは払った時の反作用に耐えられるくらいの強さも必要になりますし、それは「足払い」そのものの質も関係します。


 ここでは転倒させるくらいの勢いが必要になりますので、場合によっては「双足刈り(もろあしがり)」までも意識することもあり、その場合は間合いの切り方が深くなります


 最初にお話しした技もそうですが、自分から仕掛ける技の場合、動作としての部分だけでなく、心の強さも必要になり、この点も強化しなければなりません。


 そこから続いて行なうキックミットの打ち込み稽古、あるいは組手稽古の必要性が出てきますが、数稽古については他の技でも続けました。そこまで書くと長くなりますので割愛しますが、機会があれば別の日にお話しします。







 ▼活殺自在塾公式HP
 (活殺自在塾のHPは上記をクリック)

   ※武術の修行と生活の両立を図るプログラムで塾生募集中


 ※活殺自在DVD第1巻「点の武術」、大好評発売中!

   アマゾンでも販売を開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/e5CUX-zn9Zk


 ※活殺自在DVD第2巻「極意の立ち方」、発売開始!

   アマゾンでも発売開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/FGwnVXcgCBw



活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」/中山隆嗣,道田誠一

¥5,940

Amazon.co.jp


活殺自在DVDシリーズ第1巻 「点の武術」/中山隆嗣,道田誠一
¥4,860
Amazon.co.jp

 

 秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い!/中山隆嗣
  
¥1,512
Amazon.co.jp

 

 東洋医学と武術でカラダを変える 空手トレ! 強くなる鍛え方 [DVD]/中山隆嗣
  
¥5,400
Amazon.co.jp

テーマ:

 昨日の続きです。


 とは言っても、昇級審査を兼ねた稽古の話ではありません。その話は昨日で終わったので、今日は一般部だけの稽古について綴ります。


 実質的な一般部の稽古としてはちょっと遅れてのスタートになりましたので、ここからはこの日の出席者の様子を見て2組に分け、行ないました。


 具体的には約束組手のグループと、「形(かた)」のグループです。


 今日のブログはタイトルからもお分かりのように、前者の話です。


 このグループの場合、少年部からの移籍組が中心になりました。でも、少年部出身の高校生もおり、そういう意味では互いに過去の自分、あるいは未来の自分を見るような意識で稽古できたのではないか、という感じもあります。先輩として後輩にアドバイスする姿もあり、そういう意味では良い雰囲気の中で稽古が行なわれました。


 雰囲気的な話はさておき、実際の稽古内容についてお話しします。


 最初の内は特別な指示はしませんでした。各自のこれまでの稽古を前提とした内容で進めてもらい、必要であればアドバイスをする、というスタイルです。


 前述のように先輩が後輩にアドバイスするところもあり、私はそのことに対するアドバイス、ということも行ないました。


 私はもう一つのグループのアドバイスもあったので、掛け持ちで指導していたわけですが、約束組手のグルーフの内容がワンパターンになっているところが気になりました。


 それはやっている側としても気になっていたようで、ある道場生が「受け」からの反撃のところについて質問してきました。


 その箇所を確認してみましたが、一言で言えば「受け」が中途半端になっており、相手の攻撃に自分の上肢を添えている程度の内容でした。


手刀回し受け















 そこでやってもらったのが、「締めの型(しめのかた)」に出てくる「手刀回し受け(しゅとうまわしうけ)」でした。


 上にその様子を示したイラストをアップしましたが、相手から「上段突き(じょうだんづき)」で攻撃された時に大変効果的な技で、この通りに行なえば崩しも可能です。


 というより、そこまで狙って行なうべき技です。


 前述のように、動作が中途半端になっている状態では、この「受け」が意味するところまできちんと認識し、その上で行なうことが大切と判断し、この「受け」を用いた稽古を行ないました。


 「手刀回し受け」自体は、「締めの型」の分解・解説の稽古の際に何度も行なっていますが、試合を意識する場合、どうしてもその雰囲気の中で攻防を意識する感じになってしまい、「形」(型も含む)で稽古したことが上手く活かせない、というケースも多々あります。


 もっと空手道の技が身体に馴染み、武の理が理解できるようになれば別でしょうが、それは一般部でもなかなか難しいことです。ですから、それを移籍組に求めるには時期尚早であり、ここは約束組手の一例としてアドバイスしました。


 この場合、「受け」が想定している「上段突き」で仕掛けてもらうことになりますが、反撃も同じく「上段突き」でやってもらいました。相手がきちんと崩れれば、反撃する側としては「中段突き(ちゅうだんづき)」くらいの感覚になるでしょうが、ターゲットが相手の上段になる、というわけです。


 技の展開については見本を見せ、そのイメージでやってもらうわけですが、そこでは説明通りの内容になります。


 ところが、懸念していた通り、崩しまで至らない、というケースが散見されました。早く反撃しようという気持ちが出てしまうのか、中途半端なところで「突き」を出してしまうのです。


 もちろん、それでもきちんと極まれば良く、特に試合の場合はポイントにはなるでしょう。


 ただ、武術の技として見る場合、崩しという部分があることにより、相手の防御力の低下が大きくなるところから、できればそこまで行なうのが望ましい、ということになります。崩しが「虚」の部分を作り出すからこそのことですが、せっかく有利に戦いが展開しようとするところを無駄にしてしまっているところが気になったわけです。


 もっとも、移籍組にそこまでのことを話しても、まだ理解するのは難しいでしょう。他の人に対しては、ここは一般部用のアドバイスとして聞いてもらいました。


 また、この「受け」からの反撃技として、拍子の関係から防御が難しい技への展開についても見本を見せました。それは今回の稽古として行なったわけではなく、実戦向きの技ですから、いずれそういうことをテーマに稽古する時に、改めて説明したいと思っています。


互いに構える  続いては、対峙している状態から仕掛ける場合の話です。


 これは前述のように「後の先」を意識した技ではなく、仕掛けた側が勝つ、という意識で行なう場合、ということなります。


 イラストでは対峙している様子が示されていますが、よく見かける光景です。


 いずれかが仕掛けることによって戦いが始まるわけですが、どちらが勝つかについてはいろいろな要因がありますので、互いに工夫するところです。


 その際、同じようなことをやっているけれど、上手くできる場合とそうでない場合がある、というケースが多々あります。


 ここでは前述の場合での説明になりますが、仕掛ける時に邪魔になのが相手の前手です。


 構える立場で言えば、前手の意義の一つにそのことがあるので当然であり、この部分は両者ともに同じことになります。


 そしてここでそれぞれがやっていたことが前手を払い、そこを攻撃の突破口にする、ということでした。


 前手を内側から外側方向に払い、相手の正面を開き、そこを攻撃するというものでしたが、肝心の払いのほうが上手くいっていないのです。


 そこで代わってやってみるわけですが、今度はきちんと開きます。場合によっては姿勢の崩れも出てきます。その上で再度やってもらいますが、変化ありません。


 こういう時は相手にその違いを尋ねることになりますが、見た目は同じように見えても、払いの重さが全く違う、という感想でした。


 そうなると、それは腕力の違いと勘違いし、ウェイトトレーニングに走ってしまうかもしれませんが、これは身体の使い方の違いによるものなのです。


 そこでその違いを説明しながら行なったわけですが、軽い場合は小手先だけの動きになっており、重い場合は全身を使っている、ということを理解してもらいました。


 単純に見る場合、どうしても接触部位である上肢のみに目が行きがちですが、全体を俯瞰して見てみれば、下半身からの動きであることに気付きます。もちろん、武技としてきちんとしたものにするには、各部位が連動した身体操作が行なわれなければなりませんが、身体の使い方一つで武技の質は大きく変わるのです。


 稽古は同様の意識で他の技についても行ないましたが、長くなるので今日はここまでにしたいと思います。






 ▼活殺自在塾公式HP
 (活殺自在塾のHPは上記をクリック)

   ※武術の修行と生活の両立を図るプログラムで塾生募集中


 ※活殺自在DVD第1巻「点の武術」、大好評発売中!

   アマゾンでも販売を開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/e5CUX-zn9Zk


 ※活殺自在DVD第2巻「極意の立ち方」、発売開始!

   アマゾンでも発売開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/FGwnVXcgCBw



活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」/中山隆嗣,道田誠一

¥5,940

Amazon.co.jp


活殺自在DVDシリーズ第1巻 「点の武術」/中山隆嗣,道田誠一
¥4,860
Amazon.co.jp

 

 秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い!/中山隆嗣
  
¥1,512
Amazon.co.jp

 

 東洋医学と武術でカラダを変える 空手トレ! 強くなる鍛え方 [DVD]/中山隆嗣
  
¥5,400
Amazon.co.jp

テーマ:

 話の流れからすれば昨日の続きということになりますが、今日は昇級審査としての目線というより、稽古としての視点から綴ります。


 先日もお話ししたように、火曜日の稽古の最初の部分は、審査当日に欠席した人を対象とした内容で行ないましたが、本来の一般部としての稽古もそれに同調し、同じように身体を動かしました


 ですから、同じことをやりながら目的は異なったわけです。


 昨日まで、それを審査の目線を中心に書いていたわけですが、今日は「基本動作(きほんどうさ)」、「基本型(きほんかた)」の話になるので、稽古としての目線で綴っていきます。ただ、その全てを書くことはできませんので、一部を抜粋してお話ししていきます。


基本動作Ⅳ  まず、「基本動作Ⅲ(きほんどうささん)」からですが、左にその一部を示したイラストをアップしました。


 イラストは運足を後退した時のパターンになっていますが、前進している場合もあります


 要は運足しながら「受け」から「突き」に連続している、というわけですが、審査としては連続技の一つとしてその場で同様の技をやってもらいました。


 今度は「基本動作」として運足を伴い行なってもらったわけですが、その場稽古と異なり、下半身の動きを伴っての技の場合、きちんと実戦を意識した部分を必要とします。


 今回の昇級審査を受審した少年部の道場生にはそこまでは求めませんが、一般部に対してはその意識でやってもらいます。


 その場合、前進しながらの場合、後退しながらの場合、ということを設定を前提に、攻防をイメージしてもらいますが、運足と共にその時の様子が見えるような感じでやってもらうことが大切です。


 「形(かた)」の場合は当然その意識で行なってもらいますが、「基本動作」や「基本型」の段階から攻防を意識したものでなくては魂が入りません


 それは一定の組合せで行なう場合、そこには戦いの理をベースに編まれている部分が内在しているからです。そして、その意識ができた人の場合、さらに遡り、基本稽古の段階から実戦の意識になっていることを要求します。


 つまり、基本として行なう段階から実際に倒す、あるいはきちんと自分の身を護る、といった意識で行なうわけです。


 こういう話をすると、その意識は最初から持ってもらったほうが良いのでは、と思う人もいるかもしれませんが、物事には順序があります。最初はそれぞれの技のポイントを意識し、きちんとその動作がこなせるようになることが先決です。


 そしてその動きを前提に、今度はその使い方について「形」や組手を通じて学び、そこである程度の経験を積んだ後また基本に立ち返り、その段階から実戦で使う意識での基本にしていくわけです。


 こういう稽古過程が弁証法的な稽古内容ということになるわけですが、こういう理を少年部で説いても理解できません。でも、一般部では理解してほしいことだからこそ、ブログを介してお話しするわけです。


正拳の右左










 続いては「基本型」として分類されている「正拳の右左(せいけんのみぎひだり)」の一部ですが、用意の姿勢からの動作を上のイラストに示してあります。


 ご覧のように、最初は正面を向いていますが、次の瞬間90度転身し、側方からの攻撃に対して攻防を行なっている様子を示しています。


 冒頭の動作の場合、相手から攻撃に対して攻防を行なう点では同じですが、そこでは正面からの場合です。


 でも、ここでは側面からというところに違いがあり、武技的に言うと難度は大きく上がります。動作としてだけ見るならば、運足に留意して瞬時に側方を向いて対応する、ということになりますが、実際に攻撃を受けるとなると、ちょっとしたタイミングのずれで結果が正反対になります。


 ここが稽古と実戦の相違点の一つになりますが、一般部で意識する稽古のクオリティはここにあります。そして、その意識ができることで初めて魂が入った動きということになるわけですが、大変な集中力が必要とされますので、技術的にも精神的にもかなりの練度が要求されます。


 それが同じような動作でももっと深いところでは違いがある、として日頃お話ししているわけですが、魂を入れるという表現でも説明しています。


四方拝 下段払いから足刀蹴り
















 今度も同じく「基本型」に分類される中から技ですが、「前進後退(ぜんしんこうたい)」の中に出てきます。


 ご覧のように、ここでは「下段払い(げだんばらい)」から「足刀横蹴り(そくとうよこげり)」へと連続していますが、前述の「正拳の右左」の場合同様、側方からの攻撃を想定しています。


 特筆すべき点としては、「受け」の際、「鷺足立ち(さぎあしだち)」になっている点です。


 土台のことから考えれば、しっかり立つために両足をきちんと地に着けておく、ということが望ましいと思えるわけですが、あえてここでは「鷺足立ち」と「下段払い」を同時に行なっています


 立ち方だけを見ると不安定に見え、本当に相手からの攻撃を受け止めるだけの支えは可能かと心配されるわけですが、「受け」の際に示されている矢印を見れば、それぞれのベクトルがハラで合わさるイメージが湧いてくるはずです。


 つまり、この動作は「受け」の際の下方へのベクトルと、足の引き上げの際の上方へのベクトルを意識し、それを腹に集中させるという身体操作を練るところでもある、と解釈できるのです。


 この部分が可能になれば、蹴る直前の脚の引き上げという動作の時間短縮が可能になり、より効果的な反撃ができます


 そのためには腹を意識し、そこから安定した丹田の状態を作り出すことが必要になりますが、「下段払い」を補助動作として活用することで、下方へのベクトルの身体操作のイメージを身体に覚え込ませるようになっているわけです。


 また、このような身体操作は、相手が「関節蹴り(かんせつげり)」として膝を狙って攻撃を仕掛けた時の対応としても応用でき、これが技の展開になります。


 もちろん、丹田の安定は身体の安定にもつながりますので、「受け」だけなく、続く「蹴り」の質にもプラスに作用し、蹴った時の反作用を支える大切な身体意識になります。


 「基本型」として行なう場合は実際に何かを蹴るわけではないので、その安定度の実際を確認することはできませんが、そのイメージが湧くような動きをしてもらうことを求めました。そういう話をしたからと言ってすぐにできるわけではありませんが、いつも耳にすることで少しずつ良いほうに変化していくことを期待しています。


 昇級審査に関わる稽古の話はここまでですが、稽古としては続きました。


 その話は後日ということで、今日のブログは終わります。






 ▼活殺自在塾公式HP
 (活殺自在塾のHPは上記をクリック)

   ※武術の修行と生活の両立を図るプログラムで塾生募集中


 ※活殺自在DVD第1巻「点の武術」、大好評発売中!

   アマゾンでも販売を開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/e5CUX-zn9Zk


 ※活殺自在DVD第2巻「極意の立ち方」、発売開始!

   アマゾンでも発売開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/FGwnVXcgCBw



活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」/中山隆嗣,道田誠一

¥5,940

Amazon.co.jp


活殺自在DVDシリーズ第1巻 「点の武術」/中山隆嗣,道田誠一
¥4,860
Amazon.co.jp

 

 秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い!/中山隆嗣
  
¥1,512
Amazon.co.jp

 

 東洋医学と武術でカラダを変える 空手トレ! 強くなる鍛え方 [DVD]/中山隆嗣
  
¥5,400
Amazon.co.jp

テーマ:

 昨日の続きです。


 内容的には基本稽古ですが、昨日と同様、審査という目線でのお話しになります。


 さて今日のテーマですが、昨日はその場での基本でした。でも、タイトルからお分かりのように、今日は移動しながらの技の話です。


 その場合、定位置の場合以上に下半身の操作に注意する必要があり、審査の視点もその点を意識しました。


正整立ち












 中でも、「正整立ち(せいさんだち)」には特に注意をしました。


 昨日お話しした中では、「蹴り」の時に「正整立ち」で行なう場合もありましたので、移動の場合以前にチェックしていました。


 その時には、蹴った足をどこに戻すのかとか、その際のつま先の向きは、といったところに注目しましたが、移動の場合はそれに運足が加わります。


 でも、基本となる立ち方のフォームに対してきちんとした認識がなければ、1歩動くたびにどんどん乱れてきます。そうなれば武技としての立ち方ではなくなりますし、当然、具体的な技についてもクオリティーが下がります。


 審査の場合、申請の級によって基準を設けていますので、それに合致するかどうかですが、子供ですから大人に対する要求のようにしいきません。それなりの目で見て、判断することになります。


追い付き・運足  左のイラストは「追い突き(おいづき)」の様子ですが、今回の審査科目の一つです。


 「正整立ち」で1歩踏み出して同じ側で突く技ですが、同様に逆側で突く「逆突き(ぎゃくづき)」も行ないました。


 いずれにも共通するのは立ち方であり、運足の様子です。


 冒頭でもお話ししたように、今日のブログは審査の目線でということですから、そのことについて申し上げますが、運足時のコース、つまりイラストのようにやや円を描きながらという基本はきちんと守られていました。


 よくある悪いパターンとして、直線的な運足がありますが、それが今回は見受けられなかったわけです。


 これは大きな加点要素です。


 また、「突き」と運足のタイミングですが、今回の受審者の場合、まず足を先に動かし、土台の部分を確保して突く、ということでも可としました。本来はほぼ同時ということになりますが、年齢やレベルを考慮に入れ、基本に徹したわけです。


 毎回の運足ですが、そこで注目していることの一つに後ろ足の状態があります。


 イラストをご覧のように、足が極まった時には後ろ足のつま先を開き、正しい立ち方にすることが必要ですが、きちんと開かれなかったり、逆に開きすぎたりするケースがあります。今回、その点がどうなるかを見ていたのですが、どちらかという後者のパターンが多くなりました。


 これはまだ正しい立ち方のフォームを身に付けていない、ということになりますが、今後の課題の一つです。


基本型Ⅰ 前交叉足刀蹴り













 続いて「蹴り」ですが、昨日「前蹴り(まえげり)」のイラストをアップしましたので、今日は「足刀横蹴り(そくとうよこげり)」にしました。


 審査については「前蹴り」も行ないましたが、こちらのほうが運足のところにも「正整立ち」の場合とは異なったところがあり、その部分についてもお話しする為、あえて選択しました。


 その部分についてお話しすると、イラストからもお分かりのように、「交叉立ち(こうさだち)」のところに注意しなければなりません。


 運足としては前交叉で行ないますが、本来は「正整立ち」から奥足を動かして「交叉立ち」になり、そこから「足刀横蹴り」を出してまた「正整立ち」に戻る、ということを繰り返して行なうことになります。


 でも実際は、最初はともかく、足を着地させた時点で身体が横向きになったままで、「正整立ち」に戻っていません。これでは「平行立ち(へいこうだち)」から足を動かしているようなものであり、本来は不可です。ただ、昨日もお話ししたように、初学者で子供ですから、その点は大目に見ました。


 その分、「交叉立ち」のほうを意識することになりましたが、足裏が床にペタッと着いている感じになっており、残念ながら立ち方の意識については問題あり、という状態です。


 「足刀蹴り」自体も、昨日お話ししたように足刀(そくとう)」のフォームができていない分、何の「蹴り」か不明といった状態でした。


 この傾向は土曜日の審査でも見られることでしたが、きちんとできている子供もいましたので、見たこと、聞いたことをどこまで忠実に再現できるか、という意識にかかっています。今後の稽古でその点をしっかり身に付けてもらうことになりますが、今後の課題の一つになりました。


基本動作Ⅱ 下段払い  最後に「移動受け(いどううけ)」の話ですが、ここでは「四股立ち(しこだち)」による「下段払い(げだんばらい)」の様子をアップしました。


 もちろん、「受け」もその場で行なった場合同様、4種の技について審査しましたが、この「下段払い」については立ち方との関係で難度が高い分、このことをメインに綴っていきます。


 「移動受け」の場合、運足の意識が不可欠ですが、「四股立ち」の場合、移動中に腰の上下があったり、姿勢が前傾したりしやすく、技云々の以前に姿勢に問題が出てくることがあります。


 また、慣れていなければ下肢への負担が大きく、そこから全体が崩れてくる場合もあります。


 審査は数稽古とは異なりますので、今回に関してはそのような崩れは見られませんでしたが、足の運びが曖昧で、少し大振りになっていました


 連動して肩の動きも大きくなっており、技全体が大味です。


 理想を言うなら、もっとシャープな感じが要求されますが、それを今回の受審者に求めるには少し無理があります。


 ですから、今回はこの点は姿勢の乱れがなかったことで相殺するということにしてあります。


 身体も大きくなり、動かし方にも魂が入ってくるようになれば、もっと良い状態になると思いますので、そのことを目標に稽古を続けてほしいと思います。


 この後審査は「基本動作(きほんどうさ)」、「基本型(きほんかた)」へと移りました。機会があればその話は後日、ということにしたいと思います。






 ▼活殺自在塾公式HP
 (活殺自在塾のHPは上記をクリック)

   ※武術の修行と生活の両立を図るプログラムで塾生募集中


 ※活殺自在DVD第1巻「点の武術」、大好評発売中!

   アマゾンでも販売を開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/e5CUX-zn9Zk


 ※活殺自在DVD第2巻「極意の立ち方」、発売開始!

   アマゾンでも発売開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/FGwnVXcgCBw



活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」/中山隆嗣,道田誠一

¥5,940

Amazon.co.jp


活殺自在DVDシリーズ第1巻 「点の武術」/中山隆嗣,道田誠一
¥4,860
Amazon.co.jp

 

 秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い!/中山隆嗣
  
¥1,512
Amazon.co.jp

 

 東洋医学と武術でカラダを変える 空手トレ! 強くなる鍛え方 [DVD]/中山隆嗣
  
¥5,400
Amazon.co.jp

テーマ:

 昨日の稽古の話です。


 先週の土曜日に今年の少年部前期昇級審査を行なったと書きましたが、その日、2名の欠席者が出ました。本来なら受審棄権とする頃ですが、事情を理解し、再度行ないました


 小学3年生で、受審の級は2人ともまだ下のほうです。ということは、審査科目も基本やそれに近い内容になりますので、一般部の稽古の中で行ない、一般部としては全員で行なう最初の基本稽古としての位置づけで行なうことにしました。


 そのため、昨日の最初の様子はいつもとちょっと変わった内容になり、今日はそのことを綴っていきたいと思います。


 具体的な審査科目について全てをお話しすることはできませんが、いくつかをピックアップし、その時の注意点について綴っていきます。


中段突き  まずは定番中の定番、「その場突き(そのばづき)」です。


 左にその様子を示したイラストアップしましたが、ここでの注目点はまず立ち方でした。


 土台となる下半身の意識は全ての武技のベースになることですから、普段からうるさく言っていることの一つであり、また、昇級審査という節目だからこそ、再度きちんと意識してもらいたいところになります。


 以前もお話ししたと思いますが、直真塾では昇級審査も稽古の一環であり、いつもと異なる緊張感の中で技を再チェックする良い機会と理解し、審査後、必要なアドバイスもします。


 今回のような場合もそれは同様であり、特に稽古時間でのことであればその意識はなおさらです。


 もっとも、審査中にそういうことを話すのは他の受審者との公平を欠くことになりますので、講評と使用して審査の後に行ないます


 そういう感じで進めたわけですが、この立ち方について話したこととしては、1人が数をこなす内に「内八字立ち(うちはちじだち)」の意識が薄れてきて、だんだん崩れた人がいた、ということです。小学3年生といってもまだ子供であり、集中力が途切れてきたのでしょう。こういう点は途中で何度も注意し、再認識してもらうことが必要になりますが、今後の稽古の中でやっていくことになります。


 また、「正拳(せいけん)」の様子もチェックポイントの一つでしたが、よくある崩れた状態にはなっていません。この点は合格です。この部分は「突き」の基本になり、いくら全体的に良い感じでも、接触部分の不備は自分の身体を痛める原因になりますので、特に注意して見ています。


 他には「突き」全体の質ということになりますが、大人のようなスピード・パワーを期待しても無理な話です。年齢に即した内容であれば良く、今回は申請の級のことも考慮し、その範囲内でのクオリティという目で見ていました。突く位置が左右で多少異なるケースもありましたが、両名ともおおむねOKというところでした。


上段受け  基本の中には「受け」もありますが、審査科目は4種になります。


 これも定番に内容ですが、そのイメージとして「上段揚げ受け(じょうだんあげうけ)」のイラストをアップしました。審査は他に「中段外受け(ちゅうだんそとうけ)」、「中段内受け(ちゅうだんうちうけ)」、「下段払い(げだんばらい)」と続きましたが、基本稽古として行なうパターンそのものです。


 「突き」の場合同様、やはり立ち方には注目しましたが、「突き」のところでお話ししましたので割愛します。


 この「受け」ですが、一般部でも初学者の場合、なかなか技のイメージが掴めない人がいます。


 というのは、「突き」の場合、自分主体で行なうことができる分(厳密に言うと違いますが)、まだコントロールしやすいのですが、「受け」の場合はその前提に相手からの攻撃をイメージした上で行なわなければなりません


 まだ小学生の子供にそこまで要求しても難しいというところもありますので、全体的に見ると技の質には問題があります。


 ただ、これも子供目線・レベルで考えなければならないことですので、その点は考慮します。


 そのため、きちんと受けられているような感じにはなっていないところもありましたが、動作として大きく間違っていなければ良しとし、今後の稽古で修正していくということで、審査後のアドバイスの中にそのことも盛り込みました。


前蹴り  続いて「蹴り」の審査です。


 基本の「蹴り」としては4種類ありますが、今回の受審級の場合、その中から2種類行なってもらいました。


 具体的には「前蹴り(まえげり)」と「足刀横蹴り(そくとうよこげり)」です。左に前者の様子を示したイラストをアップしましたが、この場合、「正整立ち(せいさんだち)」からの技になります。


 「蹴り」の場合、土台となる下半身が技を出す時に一方の脚だけで身体を支えなければならないため、全身のバランスの取り方については留意しなければなりません。


 それは「その場蹴り(そのばげり)」として行なう時はもちろん、実際に当てた時に姿勢を崩さないかというところまで含みまず。


 ただ、昇級審査では実際に当てることはありません。ですから、この点を確認するのは難しいのですが、フォームを見て、中心軸が蹴る方向と逆側に倒れているような状態であれば、蹴った時の反作用に耐えられないと判断されますので、姿勢の点には注目しました。


 幸い、この点はクリアしていましたので、続いて着目したのは指の反らしの様子でした。


 接触部位の様子の確認、ということになりますが、それは「前蹴り」も「足刀横蹴り」も同様です。具体的な様子は異なりますが、いずれも指のコントロールに意識は不可欠です。


 その難度ですが、「前蹴り」の場合は5指全てを足の甲側に反らすことになりますので、比較的コントロールは容易です。中にはその意識を持てず、危ない指の状態になっている人もいますが、この日の受審者に関しては大丈夫でした。


 でも、「足刀(そくとう)」のフォームについては、残念ながら及第点には届きませんでした。


 この場合、親指と他の4指が異なる方向になるため、そういった末端部までのコントロールの意識ができていなければ、正しいフォームを作ることはできません


 これは一般部でも最初の内はできない人も多いところなので、今後の稽古に期待することになります。


 審査兼稽古はこの後も「移動突き(いどうづき)」などの移動系の技、あるいは「基本動作(きほんどうさ)」、「基本型(きほんかた)」に続きますが、そこまで書くと長くなりますので、今日はここまでにしたいと思います。






 ▼活殺自在塾公式HP
 (活殺自在塾のHPは上記をクリック)

   ※武術の修行と生活の両立を図るプログラムで塾生募集中


 ※活殺自在DVD第1巻「点の武術」、大好評発売中!

   アマゾンでも販売を開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/e5CUX-zn9Zk


 ※活殺自在DVD第2巻「極意の立ち方」、発売開始!

   アマゾンでも発売開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/FGwnVXcgCBw



活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」/中山隆嗣,道田誠一

¥5,940

Amazon.co.jp


活殺自在DVDシリーズ第1巻 「点の武術」/中山隆嗣,道田誠一
¥4,860
Amazon.co.jp

 

 秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い!/中山隆嗣
  
¥1,512
Amazon.co.jp

 

 東洋医学と武術でカラダを変える 空手トレ! 強くなる鍛え方 [DVD]/中山隆嗣
  
¥5,400
Amazon.co.jp

テーマ:

 昨日の続きですが、今日は「形(かた)」ではなく、組手のグループの話です。


 先日お話しした通り、先週の火曜日には同じ流派のアメリカ支部から3名の短期入門者の方が参加しました。その関係で稽古内容にも工夫を加え、当日出席した指導員クラスの人にも協力してもらい、複数のグループを作って稽古しました。


 その中に組手のグループがあったわけですが、人数とスペースの関係で、本気の組手稽古をするには狭い状態でした。そこで約束組手として行なうことにしましたが、タイトルにも記してあるように、だんだん熱が入っていくると自由組手の感じになってきました


 とは言っても、前述のような状況ですし、防具を着けて行なっているわけではありません。


 そのため、自由組手のようなと言っても、実質は自由1本組手、といった内容になっています。


 今日はそのいうところを中心にお話ししていきますが、この日の写真は撮っていないので、例によって昔のものをイメージとしてアップします。話の内容とリンクしそうな画像を選びますが、説明と合わせてご覧ください。


刻み突きの捌き 1

















 上の写真は「刻み突き(きざみづき)」を捌いて「逆突き(ぎゃくづき)」で反撃しているシーンですが、こういう場面は実際にありました。


 「受け」の種別については複数ありますが、きちんと防御したら反撃までをワンセットで行なうことは今回の稽古の趣旨ですが、具体的な内容は各自に任せました。


 私は必要に応じてその技に対してアドバイスをする、ということにしてありますが、これはそれぞれの個性を前提としているからです。


 少年部や初学者の場合は決まったパターンの繰り返しを行なうところですが、ある程度のレベル以上では個性を大切にしています。


 もちろん、やっていること自体が武の理に適わないと判断されるような場合は根本から直しますが、そうでない限り、自分にとって動きやすい技やパターンを意識してもらいます


 直真塾の場合、試合だけでなく武術として稽古したいという人も通っており、そういう人たちは用いる技も必ずしも一般的な反撃だけでない場合もありますが、その点は各自の稽古目的に即して構わないことになっています。


 それは各組ごとに話し合い、主体となる人の目的に合わせ、他方の人が協力する、そしてその意識を交互に入れ替えながら行なう、といった感じで行ないました。


 そうなると、上の写真のように当てる間合いで技を出す人も出てきます。もちろん、危険防止のために触れた時に加減することはきちんとやってもらいますが、元々当てることが好きな人たちが多いため、そこはお互いに理解します。


 それがだんだんヒートアップしてくると、約束組手のつもりが自由組手のような感じになっていくわけです。


押し揚げ受け
















 そうなると、「受け」の際、積極的に間合いを詰める、というシーンも増え、例えば上の写真のような感じの場面もありました。


 この状態は、「正整(せいさん)」に出てくる「押し揚げ受け(おしあげうけ)」そのものであり、基本で行なう「上段揚げ受け(じょうだんあげうけ)」に比べ、間合いも接触部位も異なります


 もっとも、「押し揚げ受け」は「上段揚げ受け」の一種ですから、大きな分類で言えばその表現でも構いません。


 しかし、「押し揚げ受け」の場合、フォームだけでなく、間合いをより深く詰め、「受け」により相手の姿勢を崩すところまで意識して行なう技ですから、ここはきちんと分け、写真のようになるよう行なうことが大切です。


 これは「形」に出てくる技を組手でも活用した、ということになりますが、こういう意識が「形」と組手の垣根を超えることにつながり、別物ではないという認識になっていくのです。


軽い自由組手3

















 相手の出鼻に合わせて、「蹴り」で対応するシーンもありました。


 上の写真の場合、「回転足刀蹴り(かいてんそくとうげり)」を合わせているところですが、自分の得意技であれば、どんどん使ってもらいます。


 ただ、タイミングを取るのが難しく、また相手の間合いの切り方が早い場合は回転系の技で合わせるのは難度が高くなります


 しかし、意表を突く技としては効果的なので、仕掛ける側、対応する側のいずれもそれぞれの立場で、自身が有利になるためのポイントを知ってもらえればと思っています。


 「蹴り」のパターンで言うならば、相手からの「回し蹴り(まわしげり)」に対して「前蹴り(まえげり)」で合わせる、というケースもありました。タイミングが微妙にずれ、カウンターになるというよりも、ストッピング的なケースが多かったのですが、防具を着けて本気で蹴り合うわけではないので、遠慮があったのでしょう。


 そういう点を認識した上で行なっていたのであれば、実際に使う時に極めを意識した技にすれば良いだけです。


 もっとも、その場合は相手も倒すつもりで蹴ってくるわけですから、心で負けないようにしなければなりません。設定を変えることで意識すべきポイントも変わってきますが、こういう稽古を通じて理解してもらえればと願っています。






 ▼活殺自在塾公式HP
 (活殺自在塾のHPは上記をクリック)

   ※武術の修行と生活の両立を図るプログラムで塾生募集中


 ※活殺自在DVD第1巻「点の武術」、大好評発売中!

   アマゾンでも販売を開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/e5CUX-zn9Zk


 ※活殺自在DVD第2巻「極意の立ち方」、発売開始!

   アマゾンでも発売開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/FGwnVXcgCBw



活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」/中山隆嗣,道田誠一

¥5,940

Amazon.co.jp


活殺自在DVDシリーズ第1巻 「点の武術」/中山隆嗣,道田誠一
¥4,860
Amazon.co.jp

 

 秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い!/中山隆嗣
  
¥1,512
Amazon.co.jp

 

 東洋医学と武術でカラダを変える 空手トレ! 強くなる鍛え方 [DVD]/中山隆嗣
  
¥5,400
Amazon.co.jp

テーマ:

 昨日は昇級審査の様子をお話ししましたが、今日は先週の火曜日の話に戻ります。


 一昨日のブログでは「正整(せいさん)」の話が途中までになっていたので、今日は前回同様、2ヶ所の動作について説明したことを綴ります。


正整 背刀受け















 そのうちの1ヶ所が、上のイラストに示した「背刀受け(はいとううけ)」の箇所です。


 「受け」のコースについては「外受け(そとうけ)」に似ていますが、ここでは手のカタチが「正拳(せいけん)」ではなく「背刀(はいとう)」になっており、当然その違いが武技としての使い方に差異を生みます


 その様子は、「形(かた)」としての動作にも現れており、受けた後、腰付近に引き落とす動作から見て取れます。


 以前にもお話ししましたが、「形」を動作だけで捉えると単なる踊りのレベルになってきます。武術として意識するならば、この動作が何を意味するかを考え、頭の中では常にその点をイメージして行なわなければいなければなりません


正整 背刀受け 解説











 そして、「形」の動きそのままに解釈した場合、上のイラストのようになります。


 相手からの中段突き(ちゅうだんづき)」に対して「背刀受け」で対応し、そのまま手首を捕って引き倒す、という内容です。


 もちろん、武技として考えるならば、単に引き落とすだけでは不十分で、この後にどんな反撃を行なうかを意識しなければなりません。


 具体的な展開例としては、引き倒した側で相手の上段に対して「弧拳打ち(こけんうち)」を行なう、あるいは引き倒した側の上肢を相手の首の巻き付け、「首投げ(くびなげ)」を行なう、といったことが挙げられます。


 反撃に関しては、その時の状況に応じて適切に行なわなければなりませんが、武術というのは臨機応変に対応する能力を必要とします。そしてそこには、試合で1本になるような技ばかりではなく、その状況下でもっとも効果的な動作を求められるのです。


 だからこそいろいろな拳形があり、また多彩な攻撃法があるのです。


 もちろん、その場合は適切な鍛錬が条件になる場合も多く、その動作を武技としての用いる場合の状況判断が的確にできることも大切です。だからこそ一つの動作から複数の展開を考え、稽古することになるわけですが、こういう部分を軽視してはいけないのです。


正整 背刀受けからの関節技

















 ところで、前述の「背刀受け」は関節技としても変化させることができます。


 上の写真がそのことを説明している様子ですが、相手から手首を捕られた時、その手が離れないようにした状態で「外受け」のような感じで上肢を動かし、手首を極める関節技へと変化させます。


 その時、手首の動きは淀みなく行なうことが大切で、そういう動かし方ができるかどうかが武技として成り立つポイントの一つになります。


 それに絡み、稽古では最初の段階ではしっかり受けるつもりで「外受け」のような感じで行ない、そこから手首を返して引き倒すといった、2拍子とまでは行かないけれど、1.5拍子くらいの感じで行ない、だんだん角が取れてくるに従い、1拍子近い感じでスムーズに動かせるように、という話をしました。後者の部分についてはまだ早いことですが、短期入門の方がいらしたということから、ちょっと先の部分にまで言及しました。


正整 交叉立ちから前蹴り










 続いての動作ですが、上のイラストに示してある「猫足立ち(ねこあしだち)」から「交叉立ち(こうさだち)」になるところの話です。


 普通に考えれば、こんな足の運びをするのではなく、まっすぐ出した方がスムーズに進めると考えるでしょう。


 それは当然ですし、極意言葉で示される「足」の解釈の一つとして迅速性が挙げられる分、素早く間合いを切るためには必要な意識です。


 そこでその視点から考えることしてみますが、この運足はその条件に沿うものではなく、別の解釈が必要になってきます。


 その場合、その解釈例としてこの動作は運足として意識するのではなく、中国拳法で言う「斧刃脚(ふじんきゃく)」としての用法と解釈することができます。


 「斧刃脚」というのは相手の膝に対して蹴る技ですか、動作としては小さく、見た目は地味です。そのため、あまり威力はないように見えますが、身体操作をきちんと行なうと体重を活用できます


 その場合、結構な威力を生じ、膝関節に対して大きなダメージを与えることが可能になります。


 こういう隠れた技のイメージをせずに行なうと、その動作の意味が薄れ、「形」として稽古が魂の入っていないものになります。


 ただ、こういう話をすると、動作が必要以上に大きくなってしまうことがありますが、変な強調はよくありません。適切な身体操作の中で身体の中心軸や丹田の操作を意識し、そこから体重を活用する術を身に付けることが大切なのです。


 実際にお話ししたことは他にもありますが、今日はここまでしたいと思います。







 ▼活殺自在塾公式HP
 (活殺自在塾のHPは上記をクリック)

   ※武術の修行と生活の両立を図るプログラムで塾生募集中


 ※活殺自在DVD第1巻「点の武術」、大好評発売中!

   アマゾンでも販売を開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/e5CUX-zn9Zk


 ※活殺自在DVD第2巻「極意の立ち方」、発売開始!

   アマゾンでも発売開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/FGwnVXcgCBw



活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」/中山隆嗣,道田誠一

¥5,940

Amazon.co.jp


活殺自在DVDシリーズ第1巻 「点の武術」/中山隆嗣,道田誠一
¥4,860
Amazon.co.jp

 

 秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い!/中山隆嗣
  
¥1,512
Amazon.co.jp

 

 東洋医学と武術でカラダを変える 空手トレ! 強くなる鍛え方 [DVD]/中山隆嗣
  
¥5,400
Amazon.co.jp

テーマ:

 昨日、2018年度前期の少年部昇級審査が行われました。


 今回の受審者は45名とちょっと少なかったのですが、三鷹、吉祥寺、昭島の各道場から集まり、真剣に審査を受けました。今日はその様子を写真と共に綴っていきます。


審査前の礼















 空手道では礼は欠かせません。それは稽古の時だけでなく、常にその意識は必要です。


 写真は全体での礼の様子ですが、実はその前に、受審者全員が1人ずつ個別に挨拶に来ています


 きちんと整列し、礼をする様子はとても清々しく、武道・武術らしく指導が行き届いている様子が見受けられます。


 少年部の場合、私は直接タッチしておらず、顔を合わせるのは審査の時か大会の時です。だからこそ余計に指導が行き届いていることには感動するわけです。


 大会の時にはさすがに個別というわけではありませんが、それは私にだけではなく、毎年都大会に出席していただいてる宗家先生にも揃ってご挨拶をしており、そういう姿は客観的に見ていても気持ちの良いものです


気合
















 審査ですから技術の部分は大切です。


 でも、子供らしい元気さも重要で、技を出す時、きちんと気合を入れてもらいます。


 それは帯の色に関係なくやってもらいますが、写真のように白帯の道場生も一生懸命です。


蹴り

















 審査科目はいろいろありますが、その中の一つ、その場での「蹴り」の様子です。


 小さい子の場合、なかなか自分の身体のコントロールがおぼつかない感じのケースもありますが、みんな一生懸命です。


 厳密に言うと技術的には多少問題があっても、低学年の場合は一生懸命さは加点要素として見ています。


 上級生になるとそういうわけにはいきませんが、低学年で最初のほうの級であれば、子供たちのヤル気は大切です。


移動突き
















 基本の中にはその場で行なうものもありますが、移動によるものもあります。


 当然そのことも審査科目にありますが、上の写真は「四股突き(しこづき)」の様子です。


 やや腰高の子供もいますが、全体的に見るとそれなりの立ち方になっています。


 今後の課題の一つとして運足がありますが、そういうところは帯の色が変化する中で少しずつ解消していくのはこれまでも見ています。今後に期待したいと思います。


約束組手















 基本の後は「形(かた)」になりますが、写真で見ればこれまでの画像と同じような感じに見えるところがありますので、話を組手のほうに転じます。ペアを組んで写っている分、これまでと雰囲気が変わります。


 組手の審査の場合、約束組手と自由組手があります。


 上の写真は約束組手のほうですが、仕掛ける技も反撃もこちらで指定します。


 その技をどこまできちんとこなせるかということが課題になりますが、そこには自由組手ほどではないにしろ、間合いやタイミング、技の正確性などの要素が必要になります。


 普段の組合せと異なるペアもいますが、どんな場合でも適切に対応する能力が必要ですので、そういう点も見ることになります。


自由組手
















 最後が自由組手です。


 この段階になると受審者も少なくなりますので、組み合わせも体格差が出てくることがあります


 写真の様子からお分かりだと思いますが、このケースの場合、身長差があります。


 その意味では互いにやりにくいところがあると思いますが、それも経験であり稽古です。


 私の中では昇級審査も稽古の一種と捉えていますが、自分の帯を賭け、体格差をものともせずに戦うところから得るものもあると考えます。


 この時点で7名残っていましたが、今回はちょっと少な目でしたので終了予定時間の5分前に審査が終わりました。


 そこで残っている全員を集め、この日の総括ということで、1人1人にアドバイスをしました。当然、この組手のことも話しましたが、小さな人が大きい人に勝つための工夫、逆に体格的に利点を自分の技に活かす工夫、という具合に、それぞれの条件を前提としたものになりました。


 今後に活かしてもらえれば幸いです。


 次回の審査は12月になりますが、成長を楽しみにしています。







 ▼活殺自在塾公式HP
 (活殺自在塾のHPは上記をクリック)

   ※武術の修行と生活の両立を図るプログラムで塾生募集中


 ※活殺自在DVD第1巻「点の武術」、大好評発売中!

   アマゾンでも販売を開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/e5CUX-zn9Zk


 ※活殺自在DVD第2巻「極意の立ち方」、発売開始!

   アマゾンでも発売開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/FGwnVXcgCBw



活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」/中山隆嗣,道田誠一

¥5,940

Amazon.co.jp


活殺自在DVDシリーズ第1巻 「点の武術」/中山隆嗣,道田誠一
¥4,860
Amazon.co.jp

 

 秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い!/中山隆嗣
  
¥1,512
Amazon.co.jp

 

 東洋医学と武術でカラダを変える 空手トレ! 強くなる鍛え方 [DVD]/中山隆嗣
  
¥5,400
Amazon.co.jp

テーマ:

 昨日は「形(かた)」の初動作の意義について書きましたが、今日は具体的な動作のポイントについてお話しします。


 基本的にはゲストの方のことをメインに行ないましたが、「正整(せいさん)」を教わっているところと伺いました。


 ならば、「正整」を中心に行なおうと思いましたが、今度の都大会でその「形」を予定している人が他に3名いました。そのため、その人たちも含め、それぞれのレベルや目的を考慮し、この「形」のポイントについて説明、稽古することにしました。


 その場合、試合を意識して見栄えの良い「形」にするか、武術的な意識を重視した「形」にするかを考えましたが、ゲストの方が参加しているところから、後者を意識して行ないました。


 本来は後者の意識で稽古しているわけですから、その姿勢を崩したくなかったということもあり、「形」の解釈も含めて理解してもらいました。


 今日はその中からいくつかご紹介したいと思いますが、必ずしもそれは実際にアドバイスした順序と合致するわけではないことを予めご了承ください。


正整 上段逆突きから下段四股突き















 まず最初は、上のイラストに示した「上段逆突き(じょうだんぎゃくづき)むから「下段四股突き(げだんしこづき)」に連続するところですが、「形」ではなるべく1拍子に近いリズムで行ないます。


 試合では、「上段逆突き」で攻めるケースは散見しますが、すかさず「下段四股突き」に連続する、というパターンはほとんど見たことがありません


 最初の攻撃が1本とみなされれば試合はそれで終了する、あるいは「上段逆突き」で仕掛けてもかわされて次に続かない、といった理由が考えられますが、ここを武技として意識するならば、かなり効果的な連続技と見ることができます。


 それは立ち方の変化に伴う丹田の落としにありますが、その身体意識を「突き」と連動させれば、近間でも大きなパワーを出すことができます


 しかも、その時の感触は一般的な「突き」と異なる独特のものになりますが、そういうことを話してもピンと来ていない人がいます。一般部で稽古している人の場合、時々モデルとして体験していることもありますので、そういう説明になった時にはその様子を頭に浮かべますが、少年部からの移籍組などは知りません。


 この日、同じく移籍組ですが、現在高校生になっている道場生がおり、これまでの稽古で体験したことを後輩に話しますが、見ないと分からないと思ったのか自身がモデルになり、実際に「突き」を受けることになりました


 そこで正拳(せいけん)」を腹部に当て、立ち方の変化と丹田の落としだけを活用して軽く突きました。もちろん加減した上ですが、それでも姿勢が崩れ、変な痛みだけが残った、ということを感想で述べていました。


 技を極めるには他にも適切な間合い、中心軸の保持、反作用の受け止め方などの要素が必要になりますが、そういうことの統合が武技の質に大きく影響する、ということを理解してもらいました。こういうことがいつもお話ししている「見えない技」の一つになりますが、ここは単に立ち方を変化させた「連突き(れんづき)」ではないのです。


正整 掬い受け
















 続いてご紹介するのは上のイラストに示した動作で、「掬い受け(すくいうけ)」の箇所です。


 「形」の中ではやや後方に下がりながら受け、両手を捻るような感じに動かします


 この時、これがどのような意味を持っているのか、という意識がなければ、「掬い受け」のところも捻るところにも魂が入らず、小手先だけの動作になってしまいます。


 この動作に限るわけではありませんが、ゆっくり行なうような動き、あるいは手や手首を捻るような動作の場合、単に動作を真似るだけでは踊りにもなりません


 武術の場合、その動作で相手を制することが要求されるわけですから、本当に魂の入ったものでなければ、単独で「形」として行なう場合でも意味がないのです。


 だからこそ直真塾では、比較的早い時期にその基本的な解釈について理解してもらい、その上で「形」を行ない、そしてまた分解・解説の稽古を行なう、という具合にその動作について立体的に学んでもらいます。


 実際に相手を感じながら行なう稽古を経験すれば、「形」のように単独で行なう場合にも身体のどの部位をどのようにイメージしながら行なえば良いのか、ということが理解されるようになり、少しずつでも魂が入ってくるようになります。


 その際、武技は小手先ではなく、全身を活用するものであることが改めて理解できるようになっていくわけですが、この「掬い受け」の場合も同様です。


正整 掬い受け 解説











 そして、その分解・解説の様子を示したのが上のイラストで、ここでは「足刀横蹴り(そくとうよこげり)」で仕掛けられた場合の技として説明されています。


 「形」の中に出てくるやや下がりながらというのは、相手の「蹴り」のパワーを減じながらという意味であり、そういうところが理解されることで「形」の動作として行なう場合にも魂が入りますし、両手の動かし方にしても然りです。


 この日に説明した内容は、捻ってどの関節にダメージを与えるかということですが、具体的には股関節、もしくは膝関節になります。


 その違いはまさに「手の内」の問題であり、身体の仕組みを理解し、武技として用いる場合にも瞬時にその意識と重ね合わせることができるかどうか、という点が大切です。


 この部分も体験してもらいながら説明しましたが、実際に自分の身体で感じたことは忘れません。


 もっとも、その動きを再現できるかどうか別ですが、やられる側として体験していれば、仕掛ける側になってもイメージしやすいはずです。


 時間があれば、こういう点はじっくりと行ないたいところですが、限られた中でことであり、また他の箇所の説明もありましたので、この日はここまでしかできませんでした。


 思った以上に長くなりましたので、今日は2ヶ所しかお話しできませんでしたが、機会があれば改めて、と思っております。






 ▼活殺自在塾公式HP
 (活殺自在塾のHPは上記をクリック)

   ※武術の修行と生活の両立を図るプログラムで塾生募集中


 ※活殺自在DVD第1巻「点の武術」、大好評発売中!

   アマゾンでも販売を開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/e5CUX-zn9Zk


 ※活殺自在DVD第2巻「極意の立ち方」、発売開始!

   アマゾンでも発売開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/FGwnVXcgCBw



活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」/中山隆嗣,道田誠一

¥5,940

Amazon.co.jp


活殺自在DVDシリーズ第1巻 「点の武術」/中山隆嗣,道田誠一
¥4,860
Amazon.co.jp

 

 秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い!/中山隆嗣
  
¥1,512
Amazon.co.jp

 

 東洋医学と武術でカラダを変える 空手トレ! 強くなる鍛え方 [DVD]/中山隆嗣
  
¥5,400
Amazon.co.jp

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。