中山隆嗣の「活殺自在」

中山隆嗣の「活殺自在」

武道と癒しを中心に、生き方、日々のことを綴ります。

武の究極、活殺自在を学びたい方

  ⇒活殺自在塾


エクササイズ・護身・健康に興味がある方

  ⇒ボディバランス空手


快整体術をプロとして学びたい方(全国可)

  ⇒快整体術研究所


直真塾で千唐流空手道を学びたい方

  ⇒快整体術研究所にお電話ください

 昨日の続きです。


 この日は基本を意識したメニューからスタートしましたが、具体的には「移動突き(いどうづき)」と「移動蹴り(いどうげり)」でした。


 前者についてはさらに2パターンあり、そのうちの一つは昨日のブログでお話ししました。


 今日はその続きになりますが、タイトルからもお分かりのように、鍛錬的な要素を含んだ内容でした。


 もちろん、武術としての稽古の場合、すべてに鍛錬の要素は入っていますが、今回は土台の部分を通常とは異にし、その上で武技を練り、特殊な条件でも一定以上のクオリティを得られるようにということを意図しての稽古です。


 そういう稽古の場合、今回のようなメニュー以外にもありますが、時間の制約や道場生のレベルの問題もあり、なかなかそれらをこなすことは難しくなっています。


 昔、私が総本部に通っている頃は、身体を動かすことについては空手道以外には興味はなく、学校が終われば道場に顔を出し、誰もいない時は裏山まで走り、基本をこなして道場に戻る、あるいは巻き藁やサンドバッグを突いたり蹴ったりし、道場稽古の後は夕食後、友人と近くの公園で自主稽古を行なうということをやっていました。


 道場稽古の場合、日曜はお休みでしたが、自主的な稽古はやっており、雨以外には何らかの稽古をやっていたことになります。


 ある先輩と仲良くなった時には自転車であちこち動き回り、実戦用の稽古などと称し、空き地や階段などで組手をやっていました。


 今はそのような時間を取ることはできませんし、ましてや道場生にそのような稽古をやらせることはできません。何か相談があればいろいろな稽古のアドバイスはできますが、今はそのような空手バカはなかなか育たないような時代と感じています。


 だからこそ、与えられた条件でどうしたらよりレベルアップできるかということを模索する必要があり、このようなところは以前やっていた受験業界の効率の良い勉強法を考えることと構造的に似ています。今やっていることは、そういう経験からの発想ですが、与えられた時間の中で関連付けて効果的に技術を習得してもらい、それを他の技にも活かしてもらうように考えています。


 そこで今日のお話ですが、まずは下半身の強化を意識した「移動突き」です。もちろん、昨日お話しした稽古も下半身の強化に効果的ですが、立ち方を変えることで身体操作も変わり、その質をアップさせるには全身的なレベルで身体の使い方を向上させなければなりません。


抜塞 横屈立ちでの突き  そういう意識でこの日稽古したメニューの一つが左のイラストに示した「突き」です。


 「抜塞(ばっさい)」に登場する技ですが、ご覧のように横屈立ち(おうくつだち)」で立ち、上半身を真半身にして突きます


 このまま「突き」の方向を変え、下肢が屈曲している側に対して突けば「前屈立ち(ぜんくつだち)」による「突き」ということになりますが、意識する方向がそれとは直行しますので、この場合の立ち方の名称は「横屈立ち」となるわけです。


 ただ、名称は異なっても、立ち方そのもののポイントは同じであり、一方の足の膝は屈曲させ、他方の足は膝を伸ばしピンと張るようにします。


 体重は7対3くらいを意識し、その場合、膝を屈曲させる方にかかるようになります。


 それに連動し、身体の中心軸もそのようになりますが、このことが武技的にもある効果をもたらします。


 これは半身で突くことも関係しますが、体重移動とも絡み、この状態自体が体捌きになっているのです。


 というより、そのイメージで行なうことで前述の体重の配分が可能になりますし、真半身になることができるのです。


 稽古はそのことを意識できるよう、モデル役の道場生に対して「突き」を放ち、イラストのような状態で躱しつつ突いてもらいました


 「突き」の方向は実際には多少状況に応じてアレンジすることになりますが、その意識ができれば、何も「(かた)」通りに側方からの攻撃に対する場合だけでなく、組手の時のように、正面にいる相手からの攻撃の場合でも応用できます。


 具体的には、相手からの仕掛けに対して前足を斜め前に動かし、その状態から突く、ということです。この時、中途半端な踏み込みでは間合い的にこの「突き」のような感じにはなりませんが、深く踏み込み、相手が自身の側方に近い時に位置している時にはイラストの様子に近くなります


 その場合、仕掛け技は「突き」だけに限らず、「蹴り」であっても構いません。要は相手の側方に位置するように体捌きを行なうことができれば、この動作をそのままカウンター的な感じで用いることができるわけです。


 ただ、この「突き」の場合、土台のフォームと「突き」のベクトルの関係で、反作用にどこまできちんと耐えられるか、という問題があります。足の開き方と「突き」の方向が一致している場合は強いのですが、このように直行している場合はどうしても脆弱になります。


 ですから、この「移動突き」の稽古は、その時にしっかり土台としての役割を果たせるように、という意図で行なってもらいました。稽古の際、どういう目的で行なうかが明確でなければ、辛い稽古の時に気が抜けやすく、同じ回数・時間で行なっても効果は減じます。だからこそ、その目的を明確なするわけですが、これも稽古の効率をアップするための工夫の一つになります。


 さて、この「突き」を移動しながら行なう時のポイントですが、運足の基本通り、軸足側に少し引き寄せ、その上で方向転換し、再び「横屈立ち」になって突く、ということになります。


 この時、腰が浮き上がりがちですが、それをしないようにして行なうことが必要です。


 腰の上下は丹田の位置のキープにも関係し、一定に保つことを必要とします。その場合、慣れていなければ下肢に負担を感じますが、それ自体が鍛錬であり練りになります。


 稽古の様子を見ると、どうしても腰の上下が見受けられますが、極力そうならないようにとアドバイスしました。少年部からの移籍組の場合、多分稽古したことがないと思われますが、こういった鍛練的なところも経験してもらったことになりました。


 また、この立ち方の場合、足首が固い人にとっても辛いものになります。


 膝を伸ばす側ですが、ここで注意しなければならないことの一つがかかとを浮かさないことであり、つま先の向きです。


 いずれも足首の柔軟性が関係することですので、そのようなところが見られる道場生に対しては、この稽古を通じて柔らかくするように、というアドバイスをしました。前述のように、この技は「抜塞」にも出てきますが、こういうところが不備であれば「形」の質にも悪影響です。


 そして、この立ち方の武技としての応用にも支障を来すことになりますので、きちんと意識してもらうようにしました。なぜそうなのかについては、分解・解説の稽古で理解することになると思いますが、基本として行なう時にはそこまでは説明できません。


 しかし、やがてはその意味を知ることになりますので、今回は鍛錬や武術体作り、という目的まで理解してもらえればということで説明しておきました。


猫足立ち  続いては猫足立ち(ねこあしだち)」を土台とした「突き」です。


 その様子を示した画像は無いので、立ち方のみをイラストでアップしました。


 基本をテーマにした稽古ですから、立ち方の確認から行ない、両足のフォームや位置関係、体重配分などをチェックしました。


 「形」の中にもよく登場しますので、その概要は理解しているようですが、同じフォームを持続させることについてなかなか辛いようです。


 これは奥足に9割の体重をかけ、しかも膝を屈曲させていることによりますが、逆に考えれば、それが下半身の鍛錬にもなります。


 この立ち方に習熟すれば、組手でも「待ち蹴り(まちげり)」が容易になり、相手の仕掛けに対して効果的に対応できるようになります。カウンターとして用いる場合、大変有効ですので、「猫足立ち」による「移動突き」の前に、前足による「前蹴り(まえげり)」何度もこなし、この立ち方の具体的な用法の一例を身体で覚えてもらいました。


 同時に軸足としての大切さも体感してもらったことになりますが、そのような認識の上で「移動突き」の稽古に移りました。


 この立ち方の場合、前述のように、体重配分が9対1になりますので、突いた時に両足でしっかり踏ん張ることができません


 これは腰の使い方に影響しますが、それでも瞬間的にそのような用法になることもあるでしょうから、この立ち方でも可能な限り武技としてのクオリティを有した技にしていくことが必要です。


 そういうところから、ここではダブルツイストをしっかり意識してもらいました。軸足に対してそれなりの負荷はかかりますが、それ自体が鍛錬になりますし、不安定な中でもしっかり腰を使う、という身体操作を実践することになります。


 両足が前後していますので、「突き」の種別としては「順突き(じゅんづき)」のパターンと「逆突き(ぎゃくづき)」のパターンがありますが、今回は時間の関係もあったので前者のみ行ないました。後者のパターンについては今後行なおうと思っていますが、道場生を飽きさせず、意識の集中を図ろうとすると、基本を延々と行なうことはできません。興味として集中する時間ということを念頭に行なっているため、いろいろメニューを変えることになりますが、出席者の粒が揃えば、同じようなことでも意識のベクトルが異なりますのでそれに応じた稽古が可能です。


 そういう感じで全員がレベルアップできるよう、さらに工夫しながら稽古を進めたいと思っています。


 稽古はこの後も続きましたが、その話は後日とさせていただきます。








※テーマとは関係ありませんが、新刊・DVDのお知らせです。靭帯を意識した新しい骨格調整法をご紹介した「靭帯療法」(BABジャパン)が6月20日・6月23日に発売になりました。武術家の方にも役立つと思いますので、ご興味のある方は下記をクリックしてください。

▼版元(BABジャパン)電話:03-3469-0135

               メール: shop@bab.co.jp


▼アマゾン:書籍「靭帯療法」  ←左記をクリック

        DVD「靭帯療法」  ←左記をクリック

        電子書籍「靱帯療法」  ←左記をクリック

▼楽天:書籍「靭帯療法」  ←左記をクリック

     DVD「靭帯療法」  ←左記をクリック


▼活殺自在塾公式HP
 (活殺自在塾のHPは上記をクリック)

   ※武術の修行と生活の両立を図るプログラムで塾生募集中


 ※活殺自在DVD第1巻「点の武術」、大好評発売中!

   アマゾンでも販売を開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/e5CUX-zn9Zk


 ※活殺自在DVD第2巻「極意の立ち方」、発売開始!

   アマゾンでも発売開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/FGwnVXcgCBw



活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」/中山隆嗣,道田誠一

¥5,940

Amazon.co.jp


活殺自在DVDシリーズ第1巻 「点の武術」/中山隆嗣,道田誠一

¥4,860
Amazon.co.jp 
 
 秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い!/中山隆嗣
  
¥1,512
Amazon.co.jp
 東洋医学と武術でカラダを変える 空手トレ! 強くなる鍛え方 [DVD]/中山隆嗣
  
¥5,400
Amazon.co.jp 

 しばらく経つと少しずつ来客が増えてきた。

 

 ただ、自分の気持ちが少々沈んでいるせいか、来店した客の顔も少し暗いように見える。それは自分の気持ちを投影してのことだと思いたいところがあり、そこからオーダーを取りながらつい会話に聞き耳を立てていた。

 

 思えば、新型コロナウイルスの話がよく出てくるようになってからその傾向がある様な感じだ。ただ、もう1人の自分がそういうことは接客業としてはタブーであると言っている。その言葉もしっかり聞こえているのだが、どうしても耳がそちらに向いてしまうのだ。

 

「学校の休校やイベントの中止、世の中どうなるんだろう。ウチの会社もいろいろ影響を受けているけど、この先大丈夫かな?」

 

「先日営業部にいる同期に聞いたが、今なかなか厳しいらしい」

 

「厳しいって?」

 

「得意先に会えなかったり、商談そのものがキャンセルになったりと、このままではこれからの数字が見込めないかも、と言っていた」

 

「他の会社は知らないけど、俺たちの会社の場合、イベント関係のところと取引があるだろう。このまま延期や中止となったら、会社は大打撃だよな」

 

 このような会話をしている人がいた。2人組で、同じ会社に勤めているようだ。これまでも何度か来店しているのは顔で分かるが、これまでは仕事のことまでは知らなかった。普通の客で、常連というほどでもない。当然、私との会話はオーダーの時くらいだ。

 

 しかし、今は来店者も少ないし、聞き耳を立てているとこれまでは聞こえなかった世の中の景気の様子も聞こえてくる。

 

 最近、この店も数字が厳しくなっていたが、社会全体にいろいろなしわ寄せがきていることを改めて肌で感じた気がした。

 

 他のテーブルでの話も気になる。こちらは若い男女のグループだ。

 

「この前、行きたかったライブが中止になったよ。楽しみにしていたのに」

 

「何で?」

 

「コロナのせいだよ。イベントの自粛が言われているだろう。だから楽しみにしていた公演も無くなっちゃったんだ」

 

 

 残念そうな感じで話しているが、仕事のことではない。

 

 客観的に見ていると、いかにも会社員という人の場合、仕事のことが話の中心になっているが、若者同士のグループの場合、話題の中心は少し違うように思える。もちろん、若い人たちのグループでも会社のことを心配している話も耳にする。話の内容からは仕事を任されている人のように思えるが、それぞれの立場での話も結局は新型コロナウイルスが社会に及ぼしている影響がベースになっている。

 

 開店前は矢島としっかり話し、頑張ろうという気になっていたが、こういう会話が自然に聞こえるようになっている今、私の気持ちが晴れる感じはしなくなっていた。

 ある土曜日の稽古の話です。


 この日は出席者が多く、レベルにもばらつきがありましたので、稽古の前半は基本が中心になりました。具体的には「移動突き(いどうづき)」と「移動蹴り(いどうげり)」ですが、前者の場合も2パターンに分かれました。


 今日のテーマはその内の一つになりますが、基本的な「移動突き」です。


 でも、こういう時は改めて基本的なところを確認する、ということを行ないますので、ブログではこの点についてお話ししていきたいと思います。


前進後退 連突き
















 まずは定番の「中段追い突き(ちゅうだんおいづき)」ですが、その様子は上のイラストの通りです。


 「追い突き(おいづき)」そのもののイラストは他にもありますが、今回、あえて上のイラストをアップしたのは足元の矢印に注目していただきたかったからです。


 ここでは前進している場合と後退している場合が記されていますが、実際の稽古でもこのパターンで行ないました。一般的な稽古では前進のみで行われることが多くなり、その場合は行き止まりになった時点で転身し、また前方に歩を進めながら突く、ということを行ないます。


 しかし今回は、下がりながら突くということも行ない、正確に言うならばこれは「追い突き」ではありません。下肢の状態と上肢の状態から「順突き(じゅんづき)」としてのカテゴリーに入りますが、この「突き」に名称を付けるとすれば「下がり順突き(さがりじゅんづき)」ということになるでしょう。でも、今回はこの動きもやってもらいました。


 そういう時、武技としての動きをどう考えるか、ということも説明しており、単に下がりながら突く、ということではない、と話しました。


 戦いにはいろいろな状況設定が必要であり、場合によっては下がりながら突くこともある、ということで理解してもらいました。


 その一例として相手の手首を掴み、自身の前足を引いて相手の姿勢を乱し、それに合わせて突く、ということがあります。


 例えば、「正整(せいさん)」の中に「掴み受け(つかみうけ)」という技がありますが、文字通り相手からの「突き」を掴む技で、「受け」の要素を併せ持っています。その実践の際、そこから引き倒すようにしながら突くということが可能であり、「(かた)」の中では引き足は逆ですが、類似の用法が示されています


 今回は上肢と下肢の動きが同じ側で行なわれていると想定し、反対側で突く、というイメージで行なってもらいました。


 そしてこのことは、引き手をしっかり意識してもらうことに通じ、このこと自体が「突き」の質をアップさせる要素としても理解してもらいました。


 「追い突き」自体は、ナンバ的な身体操作を基調とする技ですが、引き手も含めての身体操作を意識することでさらなる質的アップが期待できますので、そういうところも理解してもらいました。


逆突き・引き手・中心軸  続いては「中段逆突き(ちゅうだんぎゃくづき)」ですが、左にアップしたイラストは「その場突き(そのばづき)」として行なっている様子です。


 でも、実際に行なったのは冒頭でお話ししたように「移動突き」です。


 ですから、ここでこのイラストをアップしたのは説明の都合上、ということでご理解ください。


 さて、先ほど引き手の意識についてお話ししましたが、「逆突き(ぎゃくづき)」の場合、「追い突き」以上に必要になります。


 というのは、「追い突き」の場合、ナンバ的な身体操作から「突き」という動作に全身の体重を乗せやすいという特徴がありますが、「逆突き」の場合、全身で突っ込むような感じ行なう場合を除き、「追い突き」のような感じで体重を加味することは難しくなります


 しかし、下肢の状態との関係から、全身の捻りというところではしっかり意識できるという特徴があります。


 ただ、そのためには突く側の意識では足りません。反対側の引き手をどのようにうまく活用できるかで質が変わり、イラストのような感じで身体の中心軸を中心に効果的な身体操作が可能になります


 こういった身体操作の場合、「逆突き」という武技の性質上、「その場突き」のほうがやりやすいのですが、この日は「移動突き」で行ないました。


 そのため、運足との関連性をきちんと理解し、その上で行なうことになりますが、土台の保持が武技の質の担保となりますので、まずは着地させた上で突く、という意識を持ってもらいました。


 ただ、着地と「突き」の拍子をきちんと意識することもポイントで、この点がきちんと行われていない場合、実戦では不覚を取ることになります。


 ですから、「移動突き」として行なう場合、「逆突き」という武技の質を担保しつつ、使える技になるよう、運足と「突き」の拍子にも留意してもらいました。


四股突きの移動
















 今日のブログの最後の技は「下段四股突き(げだんしこづき)」ですが、上にその様子を表わしたイラストをアップしました。


 ここで意識してもらったことの一つが土台となる「四股立ち(しこだち)」であり、そのフォームについて再確認してもらいました。


 同時に上半身の様子も意識してもらいましたが、どうしても立ち方の辛さから姿勢が前傾するパターンが出てくることを懸念したからです。


 ただ、今回の出席者の場合、新しく一般部に移籍した道場生についてもそういうことは見られず、少年部できちんと稽古してきた様子が見られました。腰が上下するということもあまり見られませんでしたが、もう少し数をこなせば分かりません。


 でも身体操作としてそれがNGであることを理解した上での今回の様子であれば、後は武術体作りを目的とした稽古を重ねることで下半身の強化を図る、という目的で稽古することで少しずつレベルアップをしていくことになります。


四股突き 上肢の角度  ここで今日のブログのタイトルに記したことをお話しします。


 「下段四股突き」の角度についてですが、移籍組の道場生の1人の上肢の角度が違っていたのです。


 下段、というところを意識しすぎているために、必要以上に「正拳(せいけん)」の位置が下がっており、イラストでは「×」印が付いているような角度になっているのです。


 同様に「×」印が付いている角度がありますが、この場合は「正拳」の位置が肩と同じ高さになっているケースで、いずれの場合も当たった際に生じる反作用に対して十分支えることができない状態です。


 正しい状態というのは「正拳」が肩の高さより拳一つ分くらい下げた位置にあることであり、こういった基本稽古ではこういうところを身体に染み込ませるとこが大切です。


 そしてそのためには体験してもらうことが必要で、この点については個別指導ということでその道場生に前述の3つのパターンをそれぞれやってもらい、それを正面から押す、ということで理解してもらいました。


 結果、正しいとされる角度が最もしっかり支えられた、という返事がありましたが、理を実証していくことが稽古では大切です。


 稽古はそういうことを経て、基本をしっかり身に付けるため、数をこなしましたが、「移動突き」という稽古カテゴリーは、他の技でさらに続きました。


 今日はそこまでお話しする余裕はないので、このことは後日のブログでということでご了承ください。









※テーマとは関係ありませんが、新刊・DVDのお知らせです。靭帯を意識した新しい骨格調整法をご紹介した「靭帯療法」(BABジャパン)が6月20日・6月23日に発売になりました。武術家の方にも役立つと思いますので、ご興味のある方は下記をクリックしてください。

▼版元(BABジャパン)電話:03-3469-0135

               メール: shop@bab.co.jp


▼アマゾン:書籍「靭帯療法」  ←左記をクリック

        DVD「靭帯療法」  ←左記をクリック

        電子書籍「靱帯療法」  ←左記をクリック

▼楽天:書籍「靭帯療法」  ←左記をクリック

     DVD「靭帯療法」  ←左記をクリック


▼活殺自在塾公式HP
 (活殺自在塾のHPは上記をクリック)

   ※武術の修行と生活の両立を図るプログラムで塾生募集中


 ※活殺自在DVD第1巻「点の武術」、大好評発売中!

   アマゾンでも販売を開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/e5CUX-zn9Zk


 ※活殺自在DVD第2巻「極意の立ち方」、発売開始!

   アマゾンでも発売開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/FGwnVXcgCBw



活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」/中山隆嗣,道田誠一

¥5,940

Amazon.co.jp


活殺自在DVDシリーズ第1巻 「点の武術」/中山隆嗣,道田誠一

¥4,860
Amazon.co.jp 
 
 秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い!/中山隆嗣
  
¥1,512
Amazon.co.jp
 東洋医学と武術でカラダを変える 空手トレ! 強くなる鍛え方 [DVD]/中山隆嗣
  
¥5,400
Amazon.co.jp

 昨日の続きです。


 この日は両手を用いた「受け」とそこからの反撃をテーマに複数の技を稽古しようと思っていたのですが、結果的に「正整(せいさん)」の最後のほうに登場する「掬い受け(すくいうけ)」場合のみの稽古になりました。


 稽古の流れとしては最初に「(かた)」を通して行ない、武技としてのイメージングを明確にし、それをペアを組んで稽古することで間合いや相手からの抵抗を皮膚感覚で感じ、それをベースに自身の身体操作の質をアップする、ということを意図しました。


 細かく意識しなくても腕力でねじ伏せる、ということもできるかもしれませんが、そういうことでは先人の経験と知恵の結晶が意味を持たなくなります。私たちが後世に武技として伝えていくためにも、武技を単なる行為・動作としてだけ見るのではなく、その奥に潜む武の理に目を向け、きちんと解析して伝えていく使命があると考えています。


 初代は生前、私への教えの一つとして、これからの空手家は頭を使うことが大切ということを説いておられました。


 この教えを忠実に守り、空手道を中心にその隣接領域の研究にも手を染め、今に至っています。


 もちろん、浅学菲才の身であり、まだまだ初代の教えをこなしておりませんが、自分なりに精進し、何とかカタチ作りに精進している状況です。


 武技にはいろいろなタイプのものがありますが、もともと戦いの際の具体的な方法を示したものですので、そこでの腕力的優越性を担保するための存在であると言えます。


 そこから最も短期的に効果を得られる方法として筋力増強を意識してしまう傾向がありますが、別の視点からは腕力的に劣る立場の人が勝利を得るための具体的な方法論を先人の工夫や研究から体系化したのが武術としての原点です。


 ならば、そこに存する理をきちんと理解し、その部分をきちんと習得することで体力・筋力を主体とした腕力的優越性を凌駕し、小が大を倒すための方法論として身に付けることこそが、武の本質と考えています。


 となれば、単なる動作のみを意識することで武技を身に付けた、と考えるのではなく、その裏の部分や理を理解することでより高みに上っていくことを望むことが本来必要とされることと考えます。


 今日お話しする技の場合、その理をどのように活用するかということがテーマになりますが、そのことはタイトルに示されています。


 中心軸がキーワードになりますが、通常は技をかける側の土台的な存在として身体操作の要になるところになります。


 一般的にはこの部分を体幹部を貫く存在として考えているケースが多いようですが、私は具体的な動作に関係するそれぞれの箇所に存在していると考え、その点も念頭に置いて武技を捉えるようにしています。


 これは攻防いずれの場合にも意識されてることであり、今回の場合は蹴り足の中心軸という見方を念頭に、どういう意識で技をかければより効果的か、という意識で稽古してもらいました。


正整 掬い受け 解説











 上のイラストがこの日に稽古した技になりますが、ご覧のように相手が仕掛けてきた「左中段足刀蹴り(ひだりちゅうだんそくとうげり)」に対して「掬い受け」で対応し、そのまま捻る技です。


 この動作について詳細に説明したいと思いますが、「形」の分解・解説の基本はなるべくその動作のまま行なうことになります。もっとも、その主体が必ずしも説明されている技として認識されている動作であるかどうかは別ですが、基本的な考え方はそのようになります。


 ということで、「形」の動作の確認ですが、先日お話しした通り、両手の掌を正面に向け、その幅は足の長さを前提にします。相手からの「蹴り」をその状態で受け止めるようにイメージしつつ、かといってそのままであれば衝撃が大きいので後方に下がることでそれを緩和させます。同時に、その行為は相手の極めのピークを外し、かつ、相手が想定していたフォームを乱すことにもつながり、より反撃を容易にするためのベースになります。


 その状態で右側を上方に、左側を下方にするように動かします


 上のイラストからでもその様子は伺えると思いますし、先日のブログでは「形」の動作としてイラストでご紹介してあります。


 そこからこの技は相手の下肢を捻ることは明白ですが、単に回旋させるだけでは状況によっては逃げられます。相手も必死なわけですから、どこかに隙を感じればそこを衝いて状況を変えるようにするわけです。


 技をかける側としてはそれでは困りますので、当初の予定通りに極めようとします。そういう互いのやり取りが互いの身体感覚によって行なわれるわけですが、今日のテーマは技をかける側の立場になりますので、どうすればしっかり相手の下肢を捻り切ることができるか、ということになります。


 その時のイメージしなくてはならないのがイラストの赤いラインで、これは下肢の中心軸を示します。


 これをきちんと捉え、それをどう活用して武技としての完遂を求めるのか、というところを意識すると、中心軸の延長線上に存在する個所に目が行きます。


 具体的には股関節です。


 この動作で中心軸を念頭に下肢を捻るというのはそのまま股関節にダメージを与えることになり、それが冒頭のイラストの右側の様子になります。


 身体を支える下肢につながる関節にアプローチするわけですから、やられた側とすれば本能的に少しでもダメージを回避しようと身体全体を変化させて逃れようとします


 もしここで変に我慢しようとすれば股関節の靱帯を痛め、その後の戦いに大きく支障を来すことになります。


 でも、イラストのように身体を反転させて逃れようとした場合、今度は「金的蹴り(きんてきげり)」がフォローされる可能性が高くなり、実際、こういう設定になったら止めとしてそういう展開になります


正整 掬い受け  左に「形」に登場する「掬い受け」の様子を示したイラストをアップしましたが、両上肢をコントロールして捻っている様子を表わしています。


 そこでは左右いずれも回旋させていますが、まず意識するのは接触点との関係であり、どちらをベースに動かすかということが大切です。


 「形」として行なう場合は複数の展開を想定し、イラストに示された通りで構いませんが、分解・解説では武技の理を念頭に使い分けることを要求される場合があり、今回はその意識でやってもらいました。


 その時に意識するのがタイトルにも挙げてある中心軸であり、こういった捻りを具体的な武技の行為として行なう場合の文字通り中心になるわけです。


 その場合、冒頭のイラストの場合で言うならば、右手の方は接触部位は手の動きに伴って移動するけれど、軸としての位置は変化しないようにしなければなりません。


 この時、右手が接触しているのはかかとになりますが、掌の中での変化を意識した動作になり、言葉だけでなく、本当に「手の内」的な変化になります。


 では、左手はどうなのかということですが、こちらは指先側が接触点になります。


 こちらの方も掴むわけではありませんが、接触部位が離れないようにすることが大切で、その上で円を描くようにして動かしますその時の中心になるのが下肢の中心軸であり、この様子をしっかり頭に描いて両上肢を動かすことがこの武技の担保になります。


 稽古では安全性の確保のためにゆっくりやってもらいましたが、身体の柔軟性との関係から反応は様々でした。


 股関節に刺激を感じながらもなんとか姿勢をキープしようとする人もいれば、すぐに身体を捻って逃れようとする人など、自身の身体の状態に応じて様々、という様子でした。


 今回の稽古で難度が高かったところとしては、左右の上肢の動かし方で、前述のイメージ通りになっていない、というところでした。おそらく、武技の構造が見えていない、あるいは頭では分かっていても身体がその通りに動かない、というところが問題なのでしょう。こういうところは意識して数をこなすことで少しずつ解消していくところですが、何度か稽古したからということで細かなポイントを忘れてしまうことがないように留意しつつ繰り返す中で身に付けてもらおうと思っています。


膝関節  下肢というと、その中間部に膝関節があります。


 左にその様子を示したイラストをアップしましたが、前述のように下肢全体の中心軸をきちんと確保できない場合があります。


 戦いの中では自他共に勝利のために全身全霊を傾けますので、なかなか一方の思い通りに事が進むわけではないのです。


 そのケースの一つが今お話ししている設定の場合で、タイミングのズレなどで膝関節が曲がってしまった状態です。


 この場合は股関節にダメージを与えることはできなくなってしまいますが、そうなると今度は発想を転換し、膝関節を狙って捻ることになります。


 そこでは前述の場合とは異なるポイントが生じますが、具体的には下腿部の中心軸です。


 冒頭の技の場合、対象となる関節は股関節でしたが、ここでは膝関節です。


 この場合、股関節からかかとまでを結ぶ軸ではなく、膝関節からかかとまでを結ぶ軸を意識することになります。


 私が稽古の時によく言っていることの一つに技の最終形をイメージする、ということがありますが、関節技や投げ技の場合に必須の意識です。


 もちろん、これは打突系の技の場合も必要ですが、その重要度から言えば違いがあります。今回稽古した技の場合はより重要になり、稽古の際にはその様子を念頭に身体を動かすことが大切であり、そのイメージの存在が武技の完遂を容易にします


 逆にこのような意識を持っていない場合、えてして腕力で行なおうという傾向が見られますので、今回もこの点、何度も注意したところの一つになります。


 この日の稽古はここで終わりましたが、帰る道すがら、ある道場生から回旋の方向についての質問がありました。


 画像が無いので詳細は書きませんが、当然逆パターンもあります。ただ、意識すべきポイントが異なってきますので、今後そのパターンで稽古した時にその様子をお話しできればと思います。









※テーマとは関係ありませんが、新刊・DVDのお知らせです。靭帯を意識した新しい骨格調整法をご紹介した「靭帯療法」(BABジャパン)が6月20日・6月23日に発売になりました。武術家の方にも役立つと思いますので、ご興味のある方は下記をクリックしてください。

▼版元(BABジャパン)電話:03-3469-0135

               メール: shop@bab.co.jp


▼アマゾン:書籍「靭帯療法」  ←左記をクリック

        DVD「靭帯療法」  ←左記をクリック

        電子書籍「靱帯療法」  ←左記をクリック

▼楽天:書籍「靭帯療法」  ←左記をクリック

     DVD「靭帯療法」  ←左記をクリック


▼活殺自在塾公式HP
 (活殺自在塾のHPは上記をクリック)

   ※武術の修行と生活の両立を図るプログラムで塾生募集中


 ※活殺自在DVD第1巻「点の武術」、大好評発売中!

   アマゾンでも販売を開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/e5CUX-zn9Zk


 ※活殺自在DVD第2巻「極意の立ち方」、発売開始!

   アマゾンでも発売開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/FGwnVXcgCBw



活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」/中山隆嗣,道田誠一

¥5,940

Amazon.co.jp


活殺自在DVDシリーズ第1巻 「点の武術」/中山隆嗣,道田誠一

¥4,860
Amazon.co.jp 
 
 秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い!/中山隆嗣
  
¥1,512
Amazon.co.jp
 東洋医学と武術でカラダを変える 空手トレ! 強くなる鍛え方 [DVD]/中山隆嗣
  
¥5,400
Amazon.co.jp

 昨日の続きです。


 この日は両手を用いた「受け」とそこからの反撃を意識した技がテーマでしたが、そのベースは「(かた)」に出てくる動作でした。


 結果的にはこの日は「正整(せいさん)」の最後のほうに登場する「掬い受け(すくいうけ)」しかできませんでしたが、そこでは「形」の分解・解説として行なうため、仕掛け技の設定が必要になります。


 そういう場合、よくあるパターンしては「右中段追い突き(みぎちゅうだんおいづき)」になりますが、ここでの設定は「左中段足刀横蹴り(ひだりちゅうだんそくとうよこげり)」という変わったパターンです。


 通常の仕掛ける側の構えというのは、左側が前方になりますので、この分解・解説の稽古の際にはあえて右側を前方にして「蹴込み(けこみ)」として行なうことが大半でした。


 この日もそうしようかとも思いましたが、前提として研究稽古的なメニューにしようということでしたので、仕掛ける側にも稽古としての意識でやってもらうことにしました。


 そこで具体的な設定ですが、一般的な構えからの攻撃を想定したパターンということになります。その場合、前述のような右側が前方ではなく、左側を前方にした構えになります。


 「突き」を仕掛け技として分解・解説の稽古の場合でも、先日は左側を前方にした状態から仕掛ける、というパターンで行なったことがありますが、その時は「刻み突き(きざみづき)」でした。


 ですから、構えた状態から前方の足で「足刀蹴り(そくとうげり)」を行なうということもできるかもしれませんが、支持脚の関係から間合いが遠くなるとか、威力が減じる懸念などがあり、実際に用いることは難しくなります。


 もっとも、左足で蹴るということは、その状態でなければ「形」の動作を反撃として用いることができないからですが、技の内容を変えればできないことはありません。


 しかし、このブログでもよくお話ししていますが、何事にも段階があります。そこではまず基本となるところからスタートし、そこから少しずつ変化させていくことが求められます。


 今回は受ける側の動作はそのままにして、仕掛ける側の技を変化させてレベルアップしようとしているわけですが、そこでは組手でも十分活用できる「蹴り」というクオリティを求めました。


 もちろん、基本として稽古するパターンである右前の構えから、左足で「中段足刀横蹴り(ちゅうだんそくとうよこげり)」の「蹴込み」も、組手で使える技であり、きちんと当てれば十分な威力を発揮することになります。


 この日は欠席していましたが、先日出席した入試を終え、復帰した道場生の場合、防具を付けた組手で「右中段足刀横蹴り(みぎちゅうだんそくとうよこげり)」を放ち、相手をKOしたことがあります。防具を付けていても見事なKOであり、もし付けていなかったら骨折は間違いなかったものと思われます。その時にいた道場生は「足刀蹴り」のパワーをまざまざと見せつけられたと思いますが、現在の試合ではあまり見られないのは残念です。


 そういうこともあり、蹴り方は違っていても「足刀蹴り」の使用についてもっとハードルを下げようという思いあり、組手でも使える技という意識で仕掛ける側の技の質をアップすることを意識しました。


 そのことで受ける側の意識もアップすることを狙っていますが、仕掛け技の質が上がると、相手が受け損なったりする可能性も高くなり、また、そこから続く技の質についても影響が出ます。


 でも、本来武術の稽古で意識されなければならないのは約束されたパターンではないわけです。いかにも約束事というレベルは初学者の内容であり、ステージに応じた稽古を意識する必要があり、今回は仕掛け技の内容を変えることで、基本的なことを少しレベルアップしたことになります。


 ここからは具体的にアドバイスした話ですが、まずは「足刀蹴り」についての基本的なことです。


基本型Ⅰ・足刀横蹴り  左のイラストは「右中段足刀横蹴り」の様子ですが、今日お話ししているのは左側で蹴る「足刀蹴り」です。ですから、このイラストはあくまでもイメージとして理解してください。


 この「蹴り」の場合、基本は体側方向に蹴ることになりますので、身体操作の点で難度が高くなります


 きちんと稽古している人の場合、どんな「蹴り」であっても一定レベル以上の水準になっていると思いますが、それをさらに高位にするには基本の見直しと、それをベースにした工夫になります。


 そこには蹴り足のコースであったり、腰の使い方などが挙げられます。


 前者の場合、膝のかい込みや角度などに問題が見られることがあり、こういうところがきちんとできていなければ相手に技が読まれたり、不測の怪我をすることもあります。


 後者の場合、いわゆる腰が入っていないとされるような状態では、当たっても十分な効果を得られないどころか、自身のバランスを崩してしまう、といったことが懸念されます。


 今回の場合、前者の問題点ついては見ることはありませんでしたが、後者については若干の問題を有する人がいました。


 こういう場合は個別にアドバイスすることになりますが、身体の柔軟性が関係するケースもあり、場合によってはこの点から意識してもらわなくてはなりません。


 稽古前、各自でそれぞれやっていますが、形式的なストレッチでは意味がなく、武技として意識する時に必要な身体操作に関わる柔軟性でなくてはならず、そこには技全体を俯瞰してみる意識が必要になり、さらには今の状態であればどのような結果になるのかという予見も必要とされます。


 そういうことをすべて要求してもそれを叶えるのは無理でしょうから、毎回一つでも良いので意識し、身体に覚え込ませる努力をしてもらえることを願っています。


足刀の形  また、実際に接触する足刀(そくとう)」の形状がどうなっているかを意識し、正しい状態にすることが大切ですが、この点が曖昧になっている人がいます。


 これまで何度も注意していることではありますが、残念ながらなかなか改善されません。


 この日に出席した道場生の場合、平均的にはそれなりではありますが、個別の悪い癖や問題点についてはどうしても持っています。


 もちろん、初学者と比較すればそれでも良いのですが、さらに上のステージから見てみるとちょっとしたところで気が抜けている感じがするのです。


 稽古の際は身体の末端部まで意識するようにアドバイスしていますが、なかなかその実践は難しいと思われます。でも、この点がきちんとできていなければ、接触時の衝撃に耐えられない、ということも出てくる可能性があります。戦いの際、自身の問題からピンチに陥ることが無いよう、基本の確認と実践は欲しいものです。


基本型Ⅰ 前交叉足刀蹴り













 上のイラストは「基本型Ⅰ(きほんかたいち)」に登場する「中段足刀蹴り」の様子ですが、この技は構えの状態から奥足を1歩前に運び、「交叉立ち(こうさだち)」から蹴っている様子です。


 結果的に、最初の構えの前足側で蹴っていることになりますが、この日、意識してもらった「足刀蹴り」というのがこのパターンだったのです。


 運足の際に相手に気付かれるリスクはありますが、深い間合いで仕掛けることができ、相手を追い込むような時にも使える技です。


後交叉  上のイラストの場合、奥足を前足の前方に動かす前交叉になりますが、こういう場合の運足はその逆で行なう後交叉もあります。


 左にアップしたイラストはその様子を表れていますが、今回稽古した仕掛け技としての「足刀蹴り」については、この2つのパターンで行なってもらいました。


 各自の好みや、身体操作の癖などがありますので、基本的には各自のやりやすいほうで、ということで行ないましたが、もう少し時間があれば、相手から見た場合の両者の違い、というところも経験してほしかったことです。


 いずれの場合も間合いを切って行なうことになりますので、相手からすれば近づいて見えることになります。その時の身体の使い方の違いがどのように見えるのか、あるいはそれが相手に与える心理的な違いということを確認し、自分にとってはどちらが良いのか、といったことを総合的に考えるきっかけにしてほしいわけです。残念ながら、この日はできませんでしたので、研究稽古と称する限りは、こういうところにもこだわってみたいと思っています。


 さて、このような「蹴り」をすることで、受ける側としてはどうなのか、ということを見ていました。


 すると、最初に想像していた通り、間合いの目測を誤る、というケースが散見されました。


 奥足を動かすことで間合いが近くなりますが、その程度を見誤ることによる結果というわけですが、実戦でそうなったら致命的なことになる場合があります。試合の場合はルールで想定する内容以外のことが起きれば審判が「ヤメ」を宣告し、開始戦に戻ってそこから再開されますが、実戦ではそのようなことはありません。ちょっとでも不利な状態になれば、そこから畳み込むような感じで攻撃されるのです。


 だからこそ、一切の隙を作らないように留意しなければならないわけで、今回の仕掛け技のクオリティアップ意識は、受ける側にそういう意識を持ってもらうのに大変効果的でした。


 稽古は受ける側の技についてもきちんと意識してもらいましたので、ブログとしては次回も今日の話をベースに続きとしてアップする予定です。








※テーマとは関係ありませんが、新刊・DVDのお知らせです。靭帯を意識した新しい骨格調整法をご紹介した「靭帯療法」(BABジャパン)が6月20日・6月23日に発売になりました。武術家の方にも役立つと思いますので、ご興味のある方は下記をクリックしてください。

▼版元(BABジャパン)電話:03-3469-0135

               メール: shop@bab.co.jp


▼アマゾン:書籍「靭帯療法」  ←左記をクリック

        DVD「靭帯療法」  ←左記をクリック

        電子書籍「靱帯療法」  ←左記をクリック

▼楽天:書籍「靭帯療法」  ←左記をクリック

     DVD「靭帯療法」  ←左記をクリック


▼活殺自在塾公式HP
 (活殺自在塾のHPは上記をクリック)

   ※武術の修行と生活の両立を図るプログラムで塾生募集中


 ※活殺自在DVD第1巻「点の武術」、大好評発売中!

   アマゾンでも販売を開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/e5CUX-zn9Zk


 ※活殺自在DVD第2巻「極意の立ち方」、発売開始!

   アマゾンでも発売開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/FGwnVXcgCBw



活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」/中山隆嗣,道田誠一

¥5,940

Amazon.co.jp


活殺自在DVDシリーズ第1巻 「点の武術」/中山隆嗣,道田誠一

¥4,860
Amazon.co.jp 
 
 秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い!/中山隆嗣
  
¥1,512
Amazon.co.jp
 東洋医学と武術でカラダを変える 空手トレ! 強くなる鍛え方 [DVD]/中山隆嗣
  
¥5,400
Amazon.co.jp

 店はいつも通り、4時にオープンした。

 

 これまで常連はオープンしてすぐに来店する人もいた。

 

 しかし、最近はそういうケースは少なくなった。1時間経ってもチラホラという日もある。この日も15分過ぎても誰もいない。そのため、この時間は私とチーフの2人で店を回している。仕込みなどは終わっているので、私たちは手持無沙汰という感じだ。自然と先ほどの話の続きになった。もちろん、誰か来店があればすぐに仕事モードに移る体制にはなっているが、最近はどうも出足が悪い。

 

「今日も今一つだな」

 

 思わず私が口にした言葉だ。矢島もその言葉をしっかり聞いている。

 

「そうですね。1日、大相撲が無観客で興行するそうじゃないですか。戦後初ということで相撲ファンの人はがっかりですよね。そんな感じが今のお客さんの流れにも影響しているですかね」

 

 

 矢島なりの考えが口から出てきた。

 

「世の中がコロナのことで頭の中が一杯になれば、どうしても客足にも影響出るだろうな。でも、居酒屋は待ちの商売だから、なかなかこちらから仕掛ける、ということはできないしな。こんな状況じゃ経営にも影響が出てくる。まだ大丈夫だけど上手く収まってくれるのを待つしかないな」

 

「そうですね」

 

 矢島も私の言葉に力なく相槌を打った。

 

 30分ほどしてこの日初めての来店があった。常連の一人の相沢だ。もう会社も定年で辞めており、1週間に2~3日くらい来店している。

 

「いらっしゃいませ」

 

 私はいつも通りの感じで挨拶した。こういう時、テンションが低ければせっかくのお客様に申し訳がない、という気持ちで一気に引き上げた。

 

「相変わらずの威勢だね。やっぱり居酒屋はこういう感じゃなくちゃ。最近はどこへ行ってもコロナ、コロナでまいっちゃうよ。俺なんか、もうすぐこの世からいなくなっちゃう年だから、精一杯楽しみたいよ」

 

 相沢はいつもの調子で元気が良い。さっきまで矢島と話していた雰囲気を一気に変えてくれた。こういうところが元気が売りの居酒屋の良いところで、特に私の店は個人店だから、そういう特徴は出しやすい。以前、大手のチェーン店で働いていた時には、会社の方針もあり、私がイメージしている店づくりは今一つできなかった。

 

 でも、自分で店を持ったらやりたいようにやれることが楽しく、それ自身が自分のやる気をさらに高めるという好循環が続いている。だからこそ、近くに大手のチェーンがあるにもかかわらず、それなりの業績を保てている。今来店した相沢も、そのような店の雰囲気が気に入り、常連になっているのだ。

 

 相沢のオーダーはいつも通りチューハイにお新香だ。いつも最初はこの組み合わせで注文し、調子が上がってくると増えてくる。このオーダーであればすぐに出せるので、私はすぐに提供できた。

 

「おっ、ありがとう。・・・で、どうだい、商売は? 今日は俺が最初の客みたいだけど、やっぱり少なくなっているのかな?」

 

 心配するような口調で相沢が私の顔を見ながら言った。

 

「まあ、多少はウチも影響はありますが、こういう商売には波がありますからね。大丈夫です。ありがとうございます」

 

 常連に余計な心配をかけるわけにはいかない。私は何も問題ないような感じで返事した。

 ある火曜日の稽古の話です。


 出席した道場生の様子を見て、この日も研究稽古的なメニューにしようと考えました。


 こういう場合、特定のテーマを意識して行なうことになることが多くなりますが、タイトルにもあるように両手を用いた「受けでした。


 武術ですから、そこからの反撃も意識しなくてはなりませんので、そこまでを含めて行なうというのがこの日の稽古になります。


 もちろん、「受け」そのものをテーマにする場合もあり、そこでは反撃までというよりも防御技としての高みを目指すつもりで行なう、ということになります。鉄壁の防御を意識する、ということになりますが、今回はそれがテーマではありません。


 だからこそ反撃までを意識することになりますが、そのベースは「(かた)」に求めることになります。


 ということでまず「形」を通して行なうことにしましたが、みんなが知っているところからということで「正整(せいさん)」を選択しました。


 ここで予定と実際についてお話ししていますが、当初は複数の「形」から具体的な技を選び出し、稽古しようと考えていました。


 しかし、実際には細かなアドバイスと変化形を稽古になり、結果的には一つだけで終わってしまいました。


 ですので、簡単に書けば今日のブログだけで終わってしまうかもしれませんが、それではこの日の様子が伝わらないと思いますので、細かなところも含め、3回ほどに分けてお話ししたいと思います。


 今日はその1回目になりますが、冒頭行なった「形」としての話になります。


正整 掬い受け
















 その中で今日のテーマに合致する個所が、上のイラストに示された「掬い受け(すくいうけ)」です。


 「形」ではこの時、後方に動きながら行ないますので、本来のイラストでは矢印があります。ここでアップした画像ではそれを処理し、消してありますが、稽古する時にはこの点をしっかり意識してもらいました。


 「形」の名称とも関係ありますが、この技の場合、「正整立ち(せいさんだち)」で行なうことになります。土台をしっかりとした状態で相手からの技に対応するため、とご理解ください。「正整立ち」というのは下肢を締めを意識する分、見た目の歩幅のイメージ以上にしっかりしており、下肢や腰の動きに対して融通が利き、武技に必要な細かな身体操作を可能にします


 今回もそういうところを活用することになりますが、その点については順次お話ししていきます。


 前述のように、今日は「形」そのものについてのお話になりますが、そういう稽古の場合、この動作がどういう意味を持っているか、ということを念頭に置いて行なうことが必要です。この点については何度もお話ししていますし、この「掬い受け」の分解・解説についても何度も行なっています。


 しかし、ちょっと間(ま)が空くと、大切なポイントを忘れてしまい、カタチだけになっている場合も少なくありません。だからこそ、過去に教えた技についても、その質的な確認のために繰り返し説明し、稽古するわけですが、必要に応じてそれに新しい内容を加えることもあります。


 今回の稽古でもそういうシーンがありましたが、この点については順次お話ししていきます。


 さて、この日の出席者の場合、この動作がどういう意味を持つのかということは知っているはずです。


 その認識で稽古の様子を見ていたのですが、それでは技にならない、という様子を見ることになりました。


 それは冒頭のイラストの左側の様子に関係しますが、両手の状態です。


 ご覧いただければお分かりのように、ここでは掌を正面に向けています


 しかし、こういったところが曖昧になり、両掌が互いに向き合っているような状態になっている人がいるのです。


 しかし、それではこの動作が意味する技への展開ができなくなります。


 ここは相手からの「中段足刀蹴り(ちゅうだんそくとうげり)」に対する「受け」として行なうところであり、受け止めた後、その足を捕るために行なうところです。


 その稽古をこの日の後半に行なうわけですが、今日のテーマではないのでその詳細は割愛します。


 先ほど、この動作に際には後方に下がりながらと言いましたが、」の意識で行なうためと、衝撃緩和を目的としたものです。中には下がるというところも曖昧になっているケースがありましたが、この意識から生じる効果も減じることになりますので、「形」として稽古する時にこの点には留意してもらいました。


 これは技全体に通じることですが、前述した末端部の様子についてお話しすると、接触部位の不備から「蹴り」を捕ることも難しく、逆に自身の手を痛める可能性もあります。


 さらにこの点で言うならば、両手や腹部との間隔にも留意する必要があります。


 前者の場合、前述のように相手から「足刀蹴り(そくとうげり)」を捕るわけですから、足の大きさを考慮する必要があります。


 「形」の場合、単独で稽古しますので、具体的に相手がいるわけではありません。こういう場合は、自分のサイズを前提に行なうことになりますが、要はそういった末端部まできちんと意識し、コントロールされているか、ということです。実際に用いる場合にはそれが変化することは当然であり、それは「型」のように定型化されたものではなく、「形」のように基本のフォームはあっても実情に応じて変化できる要素が無くてはなりません。ここではそういう説明をしながら、自身の足の大きさを意識してやってもらいました。


 また、「形」として行なう場合、「掬い受け」のフォームを取ってから自身の腹部に引き寄せるような感じにしますが、それが手と腹部の間隔のことになります。そして、この動作にも意味があり、一つは前述した衝撃緩和を目的とします。


 他には相手の足を引き寄せることで、相手が想定している以上に下肢を引き延ばすようにし、バランスを崩す、ということも含みます。そうすることで次に展開する反撃にもプラスに作用しますので、そういったちょっとしたところを疎かにしない、ということが大切です。


 こういったところを軽く考えると、「形」として伝承されているところがうまく伝わらないようになり、それこそ単なる「カタチ」だけで終始するのです。試合が意識されすぎると、どうしても見栄えを気にするようになりますが、武技としての意味も忘れてはならないのです。


骨盤・股関節  左にアップしたイラストは骨盤の様子ですが、腰の使い方は武技にとって大切です。


 その際、骨盤をどう動かすかは重要で、今回の稽古でもその構造を前提に、丹田のことも絡めて説明しました。


 丹田というのは実在する臓器ではありませんが、しっかりイメージすることが大切で、その質によって武技のクオリティも左右されます


 「形」として行なう場合、それを意識することが重要で、受けた後、腰を効果的に動かし、それを両手の動きに活用します。


 文章でそれを説明するのは難しいのですが、なるべくイメージしやすいように記すと次のようになります。


 「形」の動作を念頭に置いてのことですが、まずは右の腸骨をやや上方に動かし、その後に腸骨稜を前方に動かします


 その状態から今度はやや内側に向かって動かすことになりますが、その様子はあたかも骨盤の中心にボールのようなものが存在し、それに沿って動かすイメージで行なうわけです。


 こういう動作はアナログで行なうことが必要で、全体を通して滑らかさが大切です。具体的な動かし方について言葉で説明すればどうしてもぎこちなくなりますが、回数をこなすことでその角を取り、丸くしていくことが必要ですし、その反対の動きまで行なって本当に球をイメージできるようにしなければなりません。


 こういうところが左右逆に稽古する「」としての意識と実践が必要とされる理由になりますが、そういうことを経ることで分解・解説の質もアップします。


 今回はそこまでは行ないませんでしたが、こういうことを意識するといくら時間があっても足りません。


 稽古のメニューの工夫と共に、教え方についてもさらに意識することで、限られた時間を有効に使っていきたいと思っていますが、これは私の努力・研究で少しでもカバーしていければと思っています。


 今日はこの後の稽古に関係する個所についてのみお話ししていきましたが、「形」全体を通して言えばいろいろあります。


 そこまでお話しするとテーマから外れてしまいますので、今日ののブログはここまでにさせていただきます。








※テーマとは関係ありませんが、新刊・DVDのお知らせです。靭帯を意識した新しい骨格調整法をご紹介した「靭帯療法」(BABジャパン)が6月20日・6月23日に発売になりました。武術家の方にも役立つと思いますので、ご興味のある方は下記をクリックしてください。

▼版元(BABジャパン)電話:03-3469-0135

               メール: shop@bab.co.jp


▼アマゾン:書籍「靭帯療法」  ←左記をクリック

        DVD「靭帯療法」  ←左記をクリック

        電子書籍「靱帯療法」  ←左記をクリック

▼楽天:書籍「靭帯療法」  ←左記をクリック

     DVD「靭帯療法」  ←左記をクリック


▼活殺自在塾公式HP
 (活殺自在塾のHPは上記をクリック)

   ※武術の修行と生活の両立を図るプログラムで塾生募集中


 ※活殺自在DVD第1巻「点の武術」、大好評発売中!

   アマゾンでも販売を開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/e5CUX-zn9Zk


 ※活殺自在DVD第2巻「極意の立ち方」、発売開始!

   アマゾンでも発売開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/FGwnVXcgCBw



活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」/中山隆嗣,道田誠一

¥5,940

Amazon.co.jp


活殺自在DVDシリーズ第1巻 「点の武術」/中山隆嗣,道田誠一

¥4,860
Amazon.co.jp 
 
 秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い!/中山隆嗣
  
¥1,512
Amazon.co.jp
 東洋医学と武術でカラダを変える 空手トレ! 強くなる鍛え方 [DVD]/中山隆嗣
  
¥5,400
Amazon.co.jp

 3日前のブログの続きです。


 この日の稽古の後半は、「輪転突き(りんてんづき)」の活用例としていろいろな技を稽古しました。


 そのベースはタイトルにもあるように輪転法を活用したものであり、前述の通り、複数の技がありました。その様子を具体的に示す画像が無いため、今回はそこから一つだけピックアップしてお話ししていきたいと思います。


 この技の骨子は相手からの攻撃に対して身体を回転させて捌き、その流れから生じる戦いの際の有利な点を活用しようというものです。


 しかし一方、身を転じるというのは自身にとっても隙を作る可能性があるわけで、その点をきちんと理解し、そういうところを極力なくした上で行なう必要があります。


 だからこそ、この技の特徴をよく理解し、問題点も含めて洗い出し、自然にできるまで繰り返すことが必要になります。


 それを単独で行なう一例が前日のブログで紹介した「輪転突き」であり、この動作が入っている型の稽古を行ないます。


 でも、それだけでは武術に不可欠な中心軸の鍛錬にはなっても、その動作自体を武技として用いるのは難しい、という現実があります。


 それをカバーし、輪転という動作に武技としての魂を入れる稽古例をこの日にいくつか行なったわけです。


 今日お話しする技の場合、先日稽古した技も取り入れたものになりますが、このように以前の稽古内容をうまく重ね合わせることで、過去の稽古の復習と共に活用例の幅を広げることが可能になります。道場生にとってもこういう視点を持つことで限られた稽古時間を有効に使えるようにしてもらえればと願っています。


互いに構える  順を追って説明します。ペアを組んで稽古することになりますが、互いに「正整立ち(せいさんだち)」になり、組手を意識した時の構えを取ります。


 今回は基本パーンを前提に行ないましたので、この状態から仕掛ける側は定番の「右中段追い突き(みぎちゅうだんおいづき)」で攻撃してもらいます。


 もちろん、この時はいつもお話ししているように間合いを意識し、しかっかり相手の身体を突き抜くくらいの意識で行なってもらうことが必要で、この点が中途半端であればきちんとした武技としての稽古ができないことはこれまで説明した通りです。このことは毎回の稽古で注意していますので、それぞれの意識に染み込んでいるものと思いますが、春から参加する少年部からの移籍組の場合、まだこの意識は十分理解していないでしょうから、道場でのアドバイスは同じセリフが飛び交うものと思われます。


 しかし、上級者もいますので、その辺りはうまくバランスを取りながら効率の良い稽古ができればと思っています。


押え受け  先ほど、先日稽古したことをうまく重ね合わせて、ということを書きましたが、それが左のイラストにアップした「押え受け(おさえうけ)」です。


 相手からの「突き」に対して身体を開き、ギリギリの間合いで体捌きを行ない、同時に突いてきた相手の上肢の手首を押えるような感じで捕ります


 この技については先日説明・稽古したわけですから、出席している人は覚えているものと思われます。欠席していた人はピンとこないところもあるかもしれませんが、そういうことを言っていては先に進めませんから、ここでしっかり理解してもらうことにしました。


 もちろん、そのためにはきちんと説明することは当然であり、今回も復習も兼ねて実演も交えて解説しました。


 ただ、前回もそうでしたが、見えない技」のカテゴリーになる「」の意識による、という点についてはなかなか実感してもらえそうにありません。上級者は別として、途上の道場生にとっては難度の高い内容になります。だからこの点はじっくり意識してもらえるよう、今後もそういう意識による身体の使い方を要する技を稽古し、具体的な武技ごとというより、武術全般にかかわる基本的な身体意識として理解・実践できるようにしていければと思っています。


 ここで具体的な流れに戻りますが、この「押え受け」は、構えている状態での前手で行ないます。その時、イラストにもあるように少し引くような動作を行ないますが、これは「柔」の意識で行なう時に役立ちますし、武技としても相手の姿勢の乱れを誘発する、というメリットがあります。


 もっとも、相手の手首をうまく捕れることが前提になりますが、この辺りは空間認識力が関わってきますので、ハウツーでできるようなことではありません。相手の手首に触れた後の指の操作といったところも関係しますので、こういうところは武術家としての身体的センスも関わってきますが、基本的には意識して回数をこなすということでレベルアップしていくしかありません。どうしても同じようなことを繰り返し話すことが多くなりますが、稽古にはそれが必要と理解しているつもりですので、道場生には耳タコ状態かもしれませんが、今後も同じように行なうつもりです。


後交叉  今度のイラストは後交叉の様子を示していますが、ここは「輪転突き」の際の連絡動作の下肢の部分になります。


 この部分を今日お話しする技に活用するわけですが、ブログの流れから、手首を捕った後に行なうことであることはお分かりいただけると思います。


 ただ、その間(ま)が空きすぎると武技として意味が無くなりますので、いかに自然にスムーズに行なえるかということが大切になります。


 身体操作のイメージとしては、捕った手首を引くタイミングに合わせて足の運びを行なうことができれば良いのですが、どうしてもこういったところがうまくできないようで、動作自体がデジタル的な感じになります。こういう技の場合、アナログ的に変化が望ましいので、淀みを作らないようにということを念頭に行なうことが大切です。


 また、「輪転突き」として稽古する時に注意したように、足の置き位置に留意しなければなりません。


 相手の「突き」を捕り、転身しただけでは単に攻撃を躱しただけであり、反撃には至っておりません武技として意識するなら、身を転じたことを利用し、効果的な反撃を試みるようにしなければなりません。


 そのためには転身後の間合いに留意する必要があり、そこに足の置き位置が絡んでくるのです。


 そして今回の場合、なるべく相手から離れない、ということを意識してもらいました。


回転猿臂
















 それは上の写真のような技につなぐためです。


 もっとも、写真でご紹介している技とこの日に行なった技とは相違点がありますので、そこも含めて説明します。


 写真では転身後の反撃まで示していますが、ここでは相手の上肢を小脇に抱えています


 ここでは腕十字(うでじゅうじ)」という技の一部を活用しての技であり、そこでは肘関節を極めるために相手の上肢を小脇に抱えます


 でも、今回は「押え受け」で相手の手首を捕りますので、左手の様子が異なります。今回の技は上の写真の内、左手の様子が異なると理解してください。


 ただ、いずれの場合も、相手の上肢をどうコントロールするか、そしてその時、自身の体幹部をどう活用するかという際に、裏肘が自身の体側部に触れていれば、そのまま肘関節を過度に伸展させることができますので、そのまま関節技として応用したり、場合によっては肘を折ることも可能になります。どういう選択をするかはその時の状況で瞬間的に判断することになりますが、そういう選択肢を残した上での稽古になりました。


 そしてもう一つの反撃が、写真の通り、「後回し猿臂(うしろまわしえんぴ)」による「当て」です。


 ターゲットは相手の状態次第ですが、写真のように上段を狙う場合もあれば、中段の場合もあります。これも戦いの際に瞬時に選択すべきことになりますが、稽古では場合分けをした上で数をこなしてもらいました。


 ちょっとした事の違いで武技としての全体像は異なってきますが、こういった設定の違いを認識した上で稽古する経験があれば、咄嗟の時に良い選択ができるものと考えています。そういう時には頭で考えてから、というわけにはいかないでしょうが、身体がいろいろな場合分けを経験していれば、最適なパターンを選択することも可能になると考えています。


 ここまでの話に関する画像は持っていましたので説明できましたが、他の技に関しては無いので、この日の稽古の話はここまでにさせていただきます。









※テーマとは関係ありませんが、新刊・DVDのお知らせです。靭帯を意識した新しい骨格調整法をご紹介した「靭帯療法」(BABジャパン)が6月20日・6月23日に発売になりました。武術家の方にも役立つと思いますので、ご興味のある方は下記をクリックしてください。

▼版元(BABジャパン)電話:03-3469-0135

               メール: shop@bab.co.jp


▼アマゾン:書籍「靭帯療法」  ←左記をクリック

        DVD「靭帯療法」  ←左記をクリック

        電子書籍「靱帯療法」  ←左記をクリック

▼楽天:書籍「靭帯療法」  ←左記をクリック

     DVD「靭帯療法」  ←左記をクリック


▼活殺自在塾公式HP
 (活殺自在塾のHPは上記をクリック)

   ※武術の修行と生活の両立を図るプログラムで塾生募集中


 ※活殺自在DVD第1巻「点の武術」、大好評発売中!

   アマゾンでも販売を開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/e5CUX-zn9Zk


 ※活殺自在DVD第2巻「極意の立ち方」、発売開始!

   アマゾンでも発売開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/FGwnVXcgCBw



活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」/中山隆嗣,道田誠一

¥5,940

Amazon.co.jp


活殺自在DVDシリーズ第1巻 「点の武術」/中山隆嗣,道田誠一

¥4,860
Amazon.co.jp 
 
 秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い!/中山隆嗣
  
¥1,512
Amazon.co.jp
 東洋医学と武術でカラダを変える 空手トレ! 強くなる鍛え方 [DVD]/中山隆嗣
  
¥5,400
Amazon.co.jp

 昨日(4月8日)、久しぶりに昭和記念公園を訪れました。


 東京も再びコロナ感染者が増えており、再度いろいろな行動制限が出てくるようです。


 だからというわけではありませんが、昭島道場の稽古の前、指導員と共に早めに事務所を出て、立川で途中下車して訪れました


 同園はコロナの関係でしばらく閉園していたようですが、4月5日から開園したということでしたので春の花を見てきました。


 今日は写真と共に綴っていきますので、しばしの間、この時期らしい花をご覧になり、少しでも心が晴れやかになれば幸いです。


 ただ、たくさんの花と遭遇しましたので、そのすべてをご紹介できないことを予めお詫び申し上げます。


ツツジ















 この時期らしい花と言えば、ツツジがあります。


 最近は近所でもたくさん見かけるようになりました。


 でも、いつもと違う場所で見ると、同じ花でも違って見えます


 そういう思いでシャッターを切りましたが、そういう気持ちは久しぶりにここに訪れたことも関係してるのでしょう。


 訪れた時にはまだ晴れ間も少し見えていましたので、帰るまでその状態を保ってくれたら、と願いながら園内を散策しました。


 どれくらいの人が訪れているのだろう、ということを話しながら歩きましたが、想像以上の人出に、最近の状況を重ねて考えてしまいました。


 幸い、広大なエリアですので密という感じではありませんが、それでも花の近くでは写真を撮る方がいらっしゃるので、うまく避けながら私たちも撮りました。


フジ
















 私たちは立川口から入園しましたが、その近くにフジ棚があります。


 これまでもきれいに咲いているところを何度か見ていましたが、今回はちょっと早かったようで、よく見かけるフジの様子ではありませんでした


 それでもわずかに咲いているところを見かけましたので、その様子をカメラに収めました。


 まだ、フジの花の色がはっきりしておらず、バックの青空と被っているような感じになりました。


 もう少し時間が経つと、もっとはっきりした色合いになり、よく見かけるフジの感じになるのでしょうが、どうやら今年は見ることはできないようです。


サクラ(松月)















 もうソメイヨシノの時期は終わりましたが、サクラにはいろいろな品種があります。


 園内を歩くといくつかの品種に出会うことができ、その一つが上の写真のサクラです。


 有難いことに木にプレートがかけてあったので、名前が分かりました。「松月(しょうげつ)」というそうです。


 近くで見ている方はこういうことに詳しいようで、会話の中でこのサクラの名前を話されていました。


 私はその後、プレートで確認したわけですが、近くにあった「一葉(いちよう)」という品種とは見分けができませんでした。物事にはそれぞれ詳しい人がいるものだと、改めて実感しました。


ポピー
















 これまで菜の花を植えてあったエリアにはポピーが咲いていました。


 まだこれからといった感じでしたが、一部ではちょっとまとまっており、その様子の一部を撮った写真をアップします。


 そして菜の花ですが、公園のほぼ中央に位置する広場を挟み、反対側のほうにきれいに咲いていました


 ポピーももう少ししたらもっとたくさん咲き、その周囲を歩くと花の中を散歩しているかのような写真も撮れると思いますが、まだ少なかったためそのような感じにはなりません。


 前述した別のエリアの菜の花の場合、例年のような感じになっていましたのでそのような感じの写真も撮れたのでしょうが、今回の写真は花に特化しました。


犬とチューリップ
















 そうは言っても、被写体によってはどうしてもレンズを向けたいことがあります。


 チューリップ畑を歩いていると、犬の写真を撮っているグルーブに遭遇しました。


 写真を撮られるのに慣れているのか、きちんと整列し、カメラ目線になっています。


 私が飼っているわけではないので、この目線は飼い主の方のカメラになりますが、その様子を横から撮らせていただきました。


 ただ、本当はもう1匹います。


 でも、すぐに飼い主の方のほうに歩いて行ってしまい、なかなか落ち着いてくれません。写真の4匹はずっとおとなしくしていており、とてもかわいい姿に今回のブログにも登場してもらいました。


芝桜
















 上の写真の花は芝桜です。


 あまりたくさん咲いていたわけではありませんが、確か富士山の近くには芝桜がたくさん咲いているところがあったように思います。


 私の記憶違いかもしれませんが、何かの旅番組で見たように思いますが、今回昭和記念公園でも見かけることができましたので撮りました。


 ただ、ここでは日が陰ってしまい、十分な光量は得られませんでした。


 そのせいでしょうか、自分で見ていても今一つくすんでいるように思えるのですが、皆様の目にはどう映りますでしょうか。


 画像の修正をすれば良かったかもしれませんが、今回はそういうことはせず、撮ったままを投稿しました。


チューリップ
















 今回、最も期待していたのがチューリップでした。


 何年か前、初めて昭和記念公園のチューリップを見ましたが、それ以来、毎年楽しみにしています。


 でも、去年はコロナのために訪れることができませんでした。おそらく今年も今回を逃せば見ることができなかったと思われますが、それだけに今回は命の洗濯をさせていただいたような思いです。


 前述の菜の花畑はこのエリアのすぐ横にありますので、チューリップと共に楽しませていただきました


 今は小さな頃にイメージしていたような品種だけでなく、実に様々なチューリップがあるとここで知らされました。色も様々で、今回はこのエリアでの写真が最も多くなりました。


 今日のブログはこの写真で最後になりますが、まだまだご紹介したい花の写真があります。来年、再びここを訪れることができ、同じ花の写真を撮ることができればご紹介できるかもしれません。


 去年・今年と大変な状況になっていますが、自然は毎年同じように訪れますので、収束のために全員で協力し、感染を抑え、来年は心から季節を楽しみたいですね。

 矢島はそれからさらに続けて言った。

 

「店長、今はニュースなどで情報を集め、人の意識の変化などについても見ていく必要があると思います。今、日本も中国の武漢に住んでいる日本人やその家族などを帰国させようとチャーター便を飛ばしているじゃないですか。さっき話した国内で亡くなった人が出たあたりから、ずいぶんコロナ関連で騒がしくなってきました。確か東京マラソンも中止になりましたよね。他の大会も軒並み開催自粛を要請され、先月末くらいには学校も休校になりました。北海道では独自の緊急事態が宣言され、週末の不要不急の外出自粛も要請されました。身近なところではディズニーランドも3月15日まで休園するというじゃないですか。こういう話を聞いていると、だんだん暗い気持ちになります。そういうことも関係するのか、最近はちょっと数字が落ちていますし、店長がさっきおっしゃったお店のことについては、数字的に心配です」

 

 

 矢島はこれまで抑えていた気持ちがあったのか、一気にまくしたてるように言った。その表情には精一杯私に何かを伝えようという気持ちが表れており、心に突き刺さった。これまでの状況についてよく理解していて、世の中の流れについてもきちんと把握している。やはり将来、自分も店をやりたいと思っていた話に嘘はなかったと改めて感じていた。

 

「矢島君、気持ちはよく分かったよ。ありがとう。今の話を聞けて良かったよ。その上で考えなければならないのは、俺たちは医者じゃないし、仮にそうでも個人の力だけではどうにもならない。でも、今、俺たちがやらなければならないのは、ここに通うお客様だけでなく、君も含め皆を守っていかなければならない、俺はそう思っているんだ。実際にできることと言えば、今やっていることぐらいかもしれないし、もう少し知恵を絞れば他に何か出てくるかもしれない。商売をやっていたら、今後も時代の流れでいろいろな壁にぶつかってくるだろうけど、それを乗り越えるように頑張ろう。今ここで沈んでいてもマイナスにしか働かない。ここは前向きに、できることを淡々とやっていこう。話したことで俺も元気をもらったよ。ありがとう」

 

 私は本心からそう言った。何か問題が生じた時、そこで気持ちまで暗くなったら何も進ませない。事態を改善させるには絶対に強い心が必要だ。しかも同志がいれば心強い。美津子は妻として私を支えてくれているが、店では矢島がチーフとして頑張ってくれそうなので、朝のモヤモヤとして気分がここで吹き飛んだ。

 

「矢島君、他のアルバイトのスタッフにはいつも通りの感じで頼む。俺たちが萎んでいては威勢の良さがウリのこの仕事には合わないからな」

 

「はい、分かっています、店長。若い連中にはいつも通り気合を入れておきます」

 

 矢島もこれまで思っていたことを吐き出してすっきりしたのか、明るい表情だった。やはり本音でぶつかると、良い結果になって戻ってくる。付き合いが浅い場合はなかなかそんなことはないだろうが、店での立場と将来の夢を持っているなら、それなりの考えもあるだろうし、だからこそ、しっかり話し合うことは大切なのだ。

 

 今頃、美津子も2号店に着いている頃だろうが、どんな感じなのか気になった。家を出る時、私が矢島と話すというのは言っていなかったので、おそらく美津子はいつもの通りの感じなのだろうと勝手に思っていた。

 

 それで夜、矢島と話したことを美津子にも伝え、2号店のスタッフの気持ちも高めてもらおうと考えた。