中山隆嗣の「活殺自在」

中山隆嗣の「活殺自在」

武道と癒しを中心に、生き方、日々のことを綴ります。

武の究極、活殺自在を学びたい方

  ⇒活殺自在塾


エクササイズ・護身・健康に興味がある方

  ⇒ボディバランス空手


快整体術をプロとして学びたい方(全国可)

  ⇒快整体術研究所


直真塾で千唐流空手道を学びたい方

  ⇒快整体術研究所にお電話ください

 昨日の続きです。

 

 ある土曜日の稽古の第2部です。

 

 そこでは手刀(しゅとう)」を中心に、「開手(かいしゅ)」の技を効果的に用いた技を稽古しました。

 

 ここで稽古した技の場合、反撃のターゲットが首になるため、試合では使えません

 

 しかし、実戦の場合、効果的な急所狙いの技は効果的で、そういう意味では大切な技になります。

 

 もっとも、正確に急所を狙うという意識に注目すれば、危険ではないけれど強い痛みが走り、相手の戦う意識を減じさせる効果のある部位を狙うという技につながるという捉え方もでき、それもまた実戦的な考えかと言えます。

 

 こういった思考法はなかなかピンとこないという人もいると思いますので、少しずつ言葉を変えて説明し、またいろいろな技を稽古する中で理解してもらえるように努めたいと考えています。

 

 また、タイトルにもありますが、今回は「手刀」を「受け」にも活用するところも含みます。

 

 この点については稽古時にもお話ししましたが、これまでのことから考えると手刀回し受け(しゅとうまわうしうけ)」を考えた人が多かったのではと思いますが、今回は異なりました。

 

 その様子を当日撮った写真と共にお話しします。

 

 

 今回、両者が対峙しているところの写真からスタートします。

 

 いつもと違ったアングルの写真をアップしましたが、この方が臨場感があります。この場合、手前が受ける側になります。

 

 このアングルでも両者の間合いの様子がお分かりだと思いますが、先日の研究稽古でもテーマにしたように、この意識は競技の場合でも武術の場合でも重要で、今回もそのつもりで稽古してもらいました。

 

 

 今度はよくあるアングルでの写真ですが、受ける側は既に「手刀」になっています

 

 テーマとなる拳形が頭に入っているからの構えだったのかもしれませんが、その点は指示していませんでした。

 

 初学者に対しては「正拳(せいけん)」で構えることを推奨していますが、これは突き指などの防止のためです。

 

 しかし、上級者の場合、戦いの自在性を広げるために「開手」で構えることも推奨しており、今回はそういうところからの状態と考えています。

 

 

 仕掛ける側は対峙した状態から深く間合いを切る意識で「右中段追い突き(みぎちゅうだんおいづき)」で攻撃してもらいました。

 

 上の写真がその様子ですが、上肢が伸びた時には体捌きで「突き」を躱しつつ、構えの際の奥手側の「手刀」で相手の前腕に接触しています。

 

 体捌きについては前足を側方に動かし、身体を90度転身させ、相手からの「突き」のラインを外します

 

 伸び切ったタイミングで「手刀」を合わせるわけですが、ここでは「」と「」の2パターンがあります。

 

 見本として見てもらった時はいずれのパターンも示しましたが、今回は「剛」の意識でやってもらいました。

 

 このパターンも難しいのですが、「柔」の用法はもっと難度が上がります

 

 

 ところで、タイトルにもありますが、ここでは反撃として「手刀内回し打ち(しゅとううちまわしうち)」を用いますが、第1部で稽古したように準備動作が必要です。

 

 昨日もお話ししたように、大きく作って小さく使う」ことを意識して技を磨きますが、ここではまだなるべく基本に近い意識でやってもらいます

 

 となれば、準備動作について、「内回し打ち(うちまわしうち)」については「手刀」を顔面の横に持って行く必要があり、「受け」として「手刀」を活用する時とタイミングを合わせて行なうことになります。

 

 その様子を撮ったのが上の写真ですが、ここで「受け」として用いる「手刀打ち」は「打ち下ろし」をコンパクトにした技で、肘関節を中心に円を描くような動きになります。

 

 だから上の写真では右の前腕が回旋しているような感じに見えるわけで、ここでも昨日お話ししたように脱力した動きにより武技としての質をアップさせます。

 

 

 アングルを変えて撮った写真ですが、前述のことを実戦レベルで意識すれば、両上肢をほぼ同時に動かすことになり、慣れない内は意識が分散し、いずれも中途半端になるか、どちらかに偏る動きになります。

 

 それが行為のみで技を理解しようとする場合の問題点であり、稽古ではそういうことが極力起こらないように留意してもらいました。

 

 

 反撃の技は「手刀内回し打ち」で、喉に極めるようにすることはすでにご承知の通りです。

 

 両上肢の交差については説明の第2段階でしましたが、最初に動きだけを説明した時は、「受け」と反撃に妙な間(ま)ができ、そこが隙になる、という感じでした。

 

 稽古の段階なのでその問題に気付いている人はいませんでしたが、だからこそ次の第階の解説として両上肢の使い方について説明したわけです。

 

 説明後、最初に若干の戸惑いはあったものの、数をこなす内にスムーズな動きになり、良い拍子になっていました。

 

 

 「受け」から反撃に移る瞬間の様子ですが、姿勢が前傾している様子がお分かりになると思います。

 

 瞬間的に相手の上肢を落とすように動かすことで可能になりますが、こういうところをイメージして行なうということで魂を入れるということであり、単に「手刀」で接触する程度の意識では武技にならないのです。

 

 

 最後に極めのシーンをアングルを変えて撮った写真をアップします。

 

 いろいろなシーンを2方向からご覧いただくことでこの技を立体的にご理解いただけるものと考えますが、お役に立てば幸いです。

 

 明日はこの日稽古したもう一つのパターンの技についてのお話になります。

 

 

 

 

 

 

※話題の新刊「北斗神拳の謎に迫る」が全国の有名書店、ネット書店で発売されました。アマゾン、楽天、紀伊国屋書店のサイトへのリンクを貼り付けますので、興味のある方はクリックしてください。

▼アマゾン 「北斗神拳の謎に迫る」

▼楽天 「北斗神拳の謎に迫る」

▼紀伊国屋書店 「北斗神拳の謎に迫る」

▼アマゾン 電子書籍「北斗神拳の謎に迫る」

 

 

※テーマとは関係ありませんが、新刊・DVDのお知らせです。靭帯を意識した新しい骨格調整法をご紹介した「靭帯療法」(BABジャパン)が6月20日・6月23日に発売になりました。武術家の方にも役立つと思いますので、ご興味のある方は下記をクリックしてください。

▼版元(BABジャパン)電話:03-3469-0135

               メール: shop@bab.co.jp

 

▼アマゾン:書籍「靭帯療法」  ←左記をクリック

        DVD「靭帯療法」  ←左記をクリック

        電子書籍「靱帯療法」  ←左記をクリック

▼楽天:書籍「靭帯療法」  ←左記をクリック

     DVD「靭帯療法」  ←左記をクリック

 

▼活殺自在塾公式HP
 (活殺自在塾のHPは上記をクリック)

   ※武術の修行と生活の両立を図るプログラムで塾生募集中

 

 ※活殺自在DVD第1巻「点の武術」、大好評発売中!

   アマゾンでも販売を開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/e5CUX-zn9Zk

 

 ※活殺自在DVD第2巻「極意の立ち方」、発売開始!

   アマゾンでも発売開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/FGwnVXcgCBw


 

活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」/中山隆嗣,道田誠一

¥5,940

Amazon.co.jp

 

活殺自在DVDシリーズ第1巻 「点の武術」/中山隆嗣,道田誠一

¥4,860
Amazon.co.jp 
 
 秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い!/中山隆嗣
  
¥1,512
Amazon.co.jp
 
 東洋医学と武術でカラダを変える 空手トレ! 強くなる鍛え方 [DVD]/中山隆嗣
  
¥5,400
Amazon.co.jp

 ある土曜日の稽古です。

 

 都大会は先日終わりました。

 

 大会の様子はブログでもお話ししましたが、選手は日頃の稽古の成果を発揮すべく、一生懸命頑張っていました

 

 直真塾は試合も稽古の一過程ということを常々説いていますので、大会を追いかけていくための稽古はしていません。近くになればメニュー構成を変えますが、普段は空手そのものについて意識し、稽古内容を考えます

 

 ということで、都大会後、初の一般稽古のこの日、その意識で行ないました。もっとも、先日行なった研究稽古の日は、組手の反省会ということで、出席者の大会での様子を念頭に問題個所を洗い出し、そのことをテーマに稽古しました。

 

 その様子も先日のブログでお話ししましたが、今日は一般稽古の日です。

 

 具体的な稽古内容としてはタイトルにある「手刀(しゅとう)」がテーマで、第1部がその基本稽古、第2部がその応用例、第3部が自由組手、第4部が「基本型(きほんかた)」という構成でした。

 

 今日は第1部の話になりますが、当日撮った写真を中心に話を進めます。

 

 

 基本として行なうということで、「内八字立ち(うちはちじだち)」になり、両「手刀」を腰に置きます

 

 その場突き(そのばづき)」の稽古の時と同じような感じになりますが、拳形だけが異なります

 

 

 上の写真は正面と側方からになりますが、用意の状態から準備動作が必要です。

 

 それが鵜の写真になりますが、「手刀」を耳の側方に置きます

 

 稽古の際によくお話ししますが、段階があり、身体操作をきちんと意識してもらうには、全身の使い方を意識してもらわなくてはならず、そのためには基本として行なう時は少々動作を大きめにします。

 

 そして実際に用いる時にはそこから無駄な動作を削ぎ落し、効果的に使います。大きく作って小さく使う、ということですが、そういう武術としての構造を理解し、武技を身に付けていくことが必要になります。

 

 稽古の際、この準備動作が小さくなり、結果的に「手刀打ち(しゅとううち)」が縮こまるような動きになっていた人がいました。個別アドバイスをすることで改善しましたが、そのことを忘れずにいてもらえればと願います。

 

 

 打ち込んだところの様子です。

 

 稽古ではターゲットを首にした場合とこめかみにした場合の2パターンを行ないましたが、これは正確にコントロールする意識を理解してもらうためです。

 

 この場合、自分と同じ体格の人が前に立っている人を前提に行ないますが、実戦では体格差によりターゲットは考慮しなければならなくなります。そういうことも事前に含み、数をこなしました。

 

 

 先ほどまでの話は外回し打ち(そとまわしうち)」の場合でしたが、今度は「内回し打ち(うちまわしうち)」の話です。

 

 上の写真は準備動作の様子ですが、ここでは上肢を首付近に巻き込むような感じにします

 

 引き手として活用する反対の情は先ほど同様、腹部に巻き付けるような感じにし、掌は床のほうに向けます

 

 

 打ち込んだ時の様子ですが、この稽古でもターゲットは先ほどと同じにしました。

 

 この技の場合、腰の切り方に留意してもらい、要領的には「下段払い(げだんばらい)」の様に、上肢の動きと腰の切り方を反対にしてもらいました。

 

 

 「手刀打ち」の最後が「打ち下ろし(うちおろし)」です。

 

 上の写真は準備動作ですが、この技の場合、独特な状態になります。

 

 頭頂部に巻き付けるような感じにすることが大切で、併せて正中線の意識を明確にします。

 

 この技の場合、上肢の落差を活用するところがありますので、この状態の時は脱力します。

 

 

 準備動作の際に脱力を意識するのは、この技が上の写真の様に下方に向かって行なうからで、変な力みがあれば技の効果にマイナスに作用します。

 

 そういう話をしたら自分で確認する道場生もいましたが、脱力の有無による違いを実感したことで納得していました。

 

 稽古前、「手刀」の形状についても説明し、その上でやってもらいましたが、そこではステージの違いについてもお話ししましたが、今回は1人を除き、今の段階での意識でやってもらいました。

 

 今日は写真の関係で長くなっていますので詳細は割愛しますが、これまでのブログでもお話ししていることですので、宜しければ以前の記事をご覧いただければと思います。

 

 稽古はこの後、第2部に移りましたが、その話は明日・明後日のブログでお話ししたいと思います。

 

 

 

 

 

 

※話題の新刊「北斗神拳の謎に迫る」が全国の有名書店、ネット書店で発売されました。アマゾン、楽天、紀伊国屋書店のサイトへのリンクを貼り付けますので、興味のある方はクリックしてください。

▼アマゾン 「北斗神拳の謎に迫る」

▼楽天 「北斗神拳の謎に迫る」

▼紀伊国屋書店 「北斗神拳の謎に迫る」

▼アマゾン 電子書籍「北斗神拳の謎に迫る」

 

 

※テーマとは関係ありませんが、新刊・DVDのお知らせです。靭帯を意識した新しい骨格調整法をご紹介した「靭帯療法」(BABジャパン)が6月20日・6月23日に発売になりました。武術家の方にも役立つと思いますので、ご興味のある方は下記をクリックしてください。

▼版元(BABジャパン)電話:03-3469-0135

               メール: shop@bab.co.jp

 

▼アマゾン:書籍「靭帯療法」  ←左記をクリック

        DVD「靭帯療法」  ←左記をクリック

        電子書籍「靱帯療法」  ←左記をクリック

▼楽天:書籍「靭帯療法」  ←左記をクリック

     DVD「靭帯療法」  ←左記をクリック

 

▼活殺自在塾公式HP
 (活殺自在塾のHPは上記をクリック)

   ※武術の修行と生活の両立を図るプログラムで塾生募集中

 

 ※活殺自在DVD第1巻「点の武術」、大好評発売中!

   アマゾンでも販売を開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/e5CUX-zn9Zk

 

 ※活殺自在DVD第2巻「極意の立ち方」、発売開始!

   アマゾンでも発売開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/FGwnVXcgCBw


 

活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」/中山隆嗣,道田誠一

¥5,940

Amazon.co.jp

 

活殺自在DVDシリーズ第1巻 「点の武術」/中山隆嗣,道田誠一

¥4,860
Amazon.co.jp 
 
 秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い!/中山隆嗣
  
¥1,512
Amazon.co.jp
 
 東洋医学と武術でカラダを変える 空手トレ! 強くなる鍛え方 [DVD]/中山隆嗣
  
¥5,400
Amazon.co.jp

 昨日の続きです。

 

 最初、1回のブログで終わるかと思っていたのですが、実際に書いているといろいろ書きたくなって、結果として今日も続きを綴っていくことになりました。

 

 この日、大会の反省を意識し、気になった「間合い」をテーマに行なったのですが、それに絡み、連続技についてもアドバイスをしました。

 

 その中で、今度は逆の立場から初撃に対してどう対応するかということになり、昨日お話ししたようなことになった訳です。

 

 ということで今日は、間合いのことではなく、まず連続技についてアドバイスしたことについてお話ししましょう。

 

連突き(上段・中段)

 

 上のイラストは上段突き(じょうだんづき)」から「中段突き(ちゅうだんづき)」の連続技ですが、基本や約束組手でもよく稽古しています。

 

 昨日のブログから、「上段突き」については「左上段刻み突き(ひだりじょうだんきざみづき)」として行なったことがお分かりだと思います。そして「中段突き」については今回、「右中段逆突き(みぎちゅうだんぎゃくづき)」として行ないました。

 

 もちろん、組手の際の連続技として行なっていますので、運足を伴います

 

 特に初撃となる「刻み突き(きざみづき)」の場合、いかに鋭く行なうことができるかということで、軽いフェイント的な意識ではなく、それで極めるくらいのクオリティを意識し、相手の対応によって1本にはならなかったけれど、限りなくそのレベルに近い感じになるようにすることが大切と説明しました。

 

 同様のことは普段の稽古で何度も説いていることですが、残念ながらなかなかその点が浸透していませんでした。

 

 しかし、今回の試合でそのことが関係して間合いに入るタイミングでカウンターをもらったりし、稽古とは異なる真剣みが必要なことを体験した後の話ですので、今回は頭の中にきちんと浸透しているような表情でした。

 

 それがいつまで持続するかは分かりませんが、道場内組手の際にも試合のことを思い出すような感じでアドバイスすることで定着の方向につながるのではと期待しています。

 

 そういうところがあるので、試合も稽古の一環ということを説いているわけですが、経験を通じ、この言葉の意味が少しずつ実感していくものと期待しています。

 

 ところで、連続技として行なう場合、2つの技の間の拍子が重要になります。

 

 この拍子も「見えない技」の一つで、武技の大切な意識になります。特に連続技という場合、単に複数の技を続けるということではなく、この拍子の状態で極まるかどうか決まります

 

 もちろん、この日の本来のテーマである間合いがきちんと取れていることが前提ですが、拍子がきちんとしていなければ、昨日お話ししたような対応をされた時、二撃目を出す前にやられてしまうのです。

 

 昨日はそういうシーンを念頭にお話ししたわけで、稽古としてもその点に結構時間を割きました。そのことから拍子を意識してもらいたかったわけですが、受ける側の意識としては、二撃目に対してどう対応するか、ということも稽古してもらいました。

 

 この場合、相手との体格差や、実際に攻撃してくる技の高さなどにも関係し、具体的な方法は変わります

 

 この日、この稽古をするペアの一組に体格差があったので、そのことを説明するには好都合でしたが、「中段突き」と指示したのですが、コントロールが今一つで少し低めになります。

 

 目の前でやっている様子がそういう状態なので、最初はそれを前提にアドバイスしました。

下段払い4

 

 それが「下段払い(げだんばらい)」でした。

 

 これも技名を示しただけでは稽古の様子がなかなか伝わらないと思いますので、当日の様子を少しお話しします。

 

 この稽古を行なったのは連続技の中でのことですから、仕掛け技の「突き」は2回目の攻撃ということになります。

 

 その前に相手からの「上段突き」に対し、「上段揚げ受け(じょうだんあげうけ)」で対応しているわけですが、本来はそこで反撃の「突き」を出していなければなりません

 

 その技が効かなかった場合や、放つタイミングが遅れた場合、相手は二撃目を放ちます。そういう設定で行なったわけですが、試合前はお互いに変に躊躇し、戦いの様子が見えませんでした。

 

 しかし今回、その様子が少し変わり、説明していることを実践しようという姿勢が見えます。

 

 前述したように、試合の経験が活きているのでしょう。

 

 そうなると、二撃目の「突き」が結構しっかり当たります。稽古では防具を着けているわけではないので、タイミングによっては結構効いたようで、しばらく稽古を中断するシーンもありました。

 

 でも回復後は再び同じような感じで稽古が続き、気持ちの強さが出てきている様子が伺えました

 

 そこで前述の「下段払い」ですが、そもそもどう用いるかということをお話ししておかなければなりません。

 

 この「受け」の場合、上肢の動きの落差を活用することになりますので、最初に「上段揚げ受け」として用いた側で行ないます

 

 しっかり受けた場合、相手が二撃目を意識していたとしても実際に出すにはほんのわずかに間(ま)ができます。それが次の対応を可能にすることになりますが、稽古の過程でそのような意識を磨くことができれば、防御だけでなく反撃にも活用できます。そういう身体感覚を磨くことも稽古であり、その感覚もまた「見えない技」となります

 

 そしてその際、緩急を活用することができれば、接触時の衝撃は大きくなり、「受け即攻撃」の実践になるケースもあります。

 

 タイミングなども必要になりますが、受ける側の身体操作が重要なところです。

 

 道場生の中には体験したがりの人がいますので、軽く見本を示しましたが、突いた上肢が痺れるといったことがありました。そういうシーンを見ることで説明が現実的なものであることを理解してもらうことになりますが、文章で書くとなかなかうまく伝わらないところがあることでもあります。

 

 そして、この様な感じで相手の動きを封じることができたら反撃としての「突き」を行なうわけですが、何度も痛い思いをすることになれば今後の稽古の意欲にも関係しますので、この点は加減してもらいました

 

内受け

 

 今度は正確に中段を突いてきた場合ですが、今度は「内受け(うちうけ)」で対応してもらいました。

 

 ここで改めて上段・中段・下段という区分について説明し、それはターゲットの位置との関係があるので、体格差がある場合、基本稽古の際の場合とは異なる、という認識を理解してもらいました。

 

 つまり、背が高い人と低い人の戦いの場合、一方の上段が他方の中段になるということがあるというわけで、稽古の時もそういう区分・意識ができていなければ、稽古の想定が違ってくるケースがあり得る、というわけです。

 

 そういうことで今度は、仕掛ける側が正確にターゲット役の人の中段を突いてきた、という設定で行ないました。

 

 そしてその時に用いたのが「内受け」だったわけです。

 

 先ほど同様、「上段揚げ受け」として用いた側で行なうわけですが、設定通りのパターンであれば、相手の技は「右中段逆突き」になります。

 

 それを左中段内受け(ひだりちゅうだんうちうけ)」で対応するわけですので、接触部位は尺骨側になります。

 

 この場合、「突き」のベクトルから先ほどの「下段払い」のような「」のイメージでなく、「」の意識での対応が可能です。

 

 そういうことについて、基本的なことについては一般稽古でも研究稽古でも説明・稽古していますが、そのことで知っているでしょうが、実際に使うとなれば別問題です。

 

 この技を用いようとすれば、全身をいかに柔らかく使うことができるか、ということが必要になりますが、下半身や腰、そしてそれを基にした上体の柔軟な動きが必要になります。

 

 そのことで初めて「柔」の意識による「受け」が可能になりますが、こういうことも体験してもらうのが早いということから、ある道場生に思いっ切り突いてもらいました。中途半端な技では意味がありませんので倒すつもりで突くように言って行ないましたが、何度やってもスルリと抜けてしまいます呆気にとられたような表情が印象的でしたが、経験すれば納得します。

 

 それができるようになることつながりますが、一朝一夕にできるわけではありませんので、今後の稽古に期待したいところです。

回し蹴り

 さてタイトルに連続技とありますが、これまでは「突き」のところだけでした。

 

 でも、今回稽古したのは三連攻撃で、その最後の技は「回し蹴り(まわしげり)」でした。

 

 連続技単独の稽古ではそこまで行ないましたが、その前の「突き」の攻防で時間を費やしましたので、結果的にその場合の対処について稽古する時間が無くなりました

 

 ということで今回は、どういう連続技だったかというところまで終わりにし、今後同様の稽古をした際にこの日、できなかったことも話しを含めて稽古し、その様子をブログでもお話しできればと考えています。

 

 

 

 

 

※話題の新刊「北斗神拳の謎に迫る」が全国の有名書店、ネット書店で発売されました。アマゾン、楽天、紀伊国屋書店のサイトへのリンクを貼り付けますので、興味のある方はクリックしてください。

▼アマゾン 「北斗神拳の謎に迫る」

▼楽天 「北斗神拳の謎に迫る」

▼紀伊国屋書店 「北斗神拳の謎に迫る」

▼アマゾン 電子書籍「北斗神拳の謎に迫る」

 

 

※テーマとは関係ありませんが、新刊・DVDのお知らせです。靭帯を意識した新しい骨格調整法をご紹介した「靭帯療法」(BABジャパン)が6月20日・6月23日に発売になりました。武術家の方にも役立つと思いますので、ご興味のある方は下記をクリックしてください。

▼版元(BABジャパン)電話:03-3469-0135

               メール: shop@bab.co.jp

 

▼アマゾン:書籍「靭帯療法」  ←左記をクリック

        DVD「靭帯療法」  ←左記をクリック

        電子書籍「靱帯療法」  ←左記をクリック

▼楽天:書籍「靭帯療法」  ←左記をクリック

     DVD「靭帯療法」  ←左記をクリック

 

▼活殺自在塾公式HP
 (活殺自在塾のHPは上記をクリック)

   ※武術の修行と生活の両立を図るプログラムで塾生募集中

 

 ※活殺自在DVD第1巻「点の武術」、大好評発売中!

   アマゾンでも販売を開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/e5CUX-zn9Zk

 

 ※活殺自在DVD第2巻「極意の立ち方」、発売開始!

   アマゾンでも発売開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/FGwnVXcgCBw


 

活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」/中山隆嗣,道田誠一

¥5,940

Amazon.co.jp

 

活殺自在DVDシリーズ第1巻 「点の武術」/中山隆嗣,道田誠一

¥4,860
Amazon.co.jp 
 
 秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い!/中山隆嗣
  
¥1,512
Amazon.co.jp
 
 東洋医学と武術でカラダを変える 空手トレ! 強くなる鍛え方 [DVD]/中山隆嗣
  
¥5,400
Amazon.co.jp

 ある火曜日の稽古です。

 

 研究稽古になりますが、この日のメニューはいつもと全く異なる内容になりました。

 

 概要はタイトルに記した通りですが、出席者に都大会に出場し、頑張った道場生がいたからです。

 

 日頃からまじめに頑張っており、だからこそ空手の面白さも理解しようとしているし、実際、そう思っているようです。

 

 それが分かるからこそ私も一生懸命教えようという気になり、今大会で見たことをベースに試合という条件でアドバイスしました。

 

 いつもお話ししているように、直真塾の本来のテーマである武術としての空手の追及には別の視点からの稽古やアドバイスがありますが、まずは目の前にあることで実績を作り、それを将来の継続のベースにしたいと考えています。

 

 まだまだ試合で良い成績を残し、周りに認めてもらえるような状態にすることで当人たちもそれを自信として大人になっていければと考えています。

 

 稽古前、そういった心構えについてしっかり説明し、その上で実際の稽古になりました。

 

 私のブログは実際の流れと比べ、少し時間差があります。このブログの投稿は試合後、少し経った頃になります。つまり、これまでの話はいずれも試合前の稽古の様子を綴っており、話の内容に少しズレがある、ということを予めお断りしておきます。

 

 ということで本題に入っていきますが、この日は写真を撮っていません。そのため、画像はイラストや以前撮った写真を説明に合わせてアップします。また、タイトルからもお分かりの様に、今回は一つのことを多面的に理解してもらうため、稽古した内容については多岐に渡ったわけではありません。

 

 そのため、この日の稽古の模様は1回限りになると思われ、しかも内容的には割愛するところも出てきます(実際には書く途中で変更があるかもしれません)ので、この点についても予めご了承ください。

 

 さて、研究稽古の場合、テーマを大切にしますが、今回は間合いでした。

 

 というのは、試合で他道場の選手と戦う際、友達同士でやっている道場内組手の様相になり、近間で行ない、簡単に先取を許したというシーンがあったからです。

 

 間合いという概念は武術の極意の一つであり、このブログによく登場する「見えない技」の一つにもなります。

 

 そして、言葉で言うのは簡単ですが、その感覚を掴むのは難しく、戦う相手との関係もあるので、定規で測って身に付けるようなものではありません

 

 しかし、言葉による印象から概念としてそのような捉え方をする傾向があり、そういう点を是正しながら体得してもらうことが大切になります。

 

 もっとも、そういうところを最初からアドバイスしても身に付けることはできませんので、稽古はまず客観的なところからスタートしました。

 

 このテーマで稽古する場合、それなりの期間、今回設定したような内容で稽古を重ね、あるステージになったと判断された場合、次に進むことにしたいと思っています。

 

 

 上の写真はイメージとしてアップしました。

 

 この写真を撮った時の稽古は、「蹴り」を意識した時のことですが、その間合いを「突き」で仕掛ける際に意識してもらったわけです。

 

 だから、間合いの説明のイメージとして上の写真をアップしたわけですが、一般的に射程距離が長いとされる「蹴り」の間合いから仕掛けられる「突き」というのは、ある種、意表を衝いた技になります。

 

 そういう攻防はノンコンタクト系では上級者には見られることであり、素早く間合いを切る歩法を身に付けることで可能になります。

 

 間合いを意識した稽古により、土台となる立ち方やそれをベースにした運足・歩法のレベルアップできるとなれば、稽古しないことは大いなる損失です。

 

 ただ、下肢の筋力が必要になりますので、その意識であれば年齢的なことが関係します。

 

 ある程度の年齢までは技でカバーできる方法はありますが、本当に高齢者になった段階では限界はあります。

 

 ただ、その場合は相手を誘い込む、ということで間合いのことは解消できます。その分、「受け」や体捌きといった対処法をきちんと身に付けなければなりません

 

 先ほど、間合いについて最初の段階ではといった理由の一つに、その概念が相対的な存在ゆえに、そのことを活用した方法があるからです。もっとも、その場合はフィジカル的なことだけでなく、心理的な駆け引きも出てきますので、そこには経験と戦略が必要になります。

 

 稽古ではそこまで説明はしませんでしたが、レベルアップしたらそういうところにも言及したいと思っています。

 

刻み突き

 

 ということで、試合で見られた技をベースに稽古を続けましたが、具体的な仕掛け技というのは上のイラストで示した「左上段刻み突き(ひだりじょうだんきざみづき)」でした。

 

 稽古としては何度も行なっており、道場生にとって見た目には新鮮なものではなかったかもしれません

 

 しかし、間合いを「蹴り」を意識した状態ということが条件になった場合、これまでの身体操作では不十分な技になってしまう、ということを体験してもらいました。

 

 となれば、効果的な技にするための技術的な工夫はという問題が出てくるわけで、そういうところが今回の課題の一つだったわけです。

 

 見かけ上で新しい技という場合、その行為に対する興味は湧くことが多いかもしれませんが、散々稽古している技の場合、新鮮さ・興味など点では今一つ心が動かないというのは一般的な人の心理です。

 

 しかし、そういうことを認識した上でその解消を図るということが進歩に繋がるわけで、次のステージに上るきっかけになります。

 

 だからこそ直真塾の稽古ではいろいろな課題を出し、試合のレベルで興味が終わらないように課題を提示します。次のステージの存在をちらつかせ、そういうところで興味を持たせ、決して一時の感情のみで燃え上がるのではなく、生涯稽古が継続できるような心のステージを提示するわけです。

 

 もちろん、そういうことを説明するには、そして技術的なところについても自身が見本として見せることが大切と理解していますので、そのために自らも精進しなければなりません。人に何か話そうとする時は、教える側としてその様子を見せなければならず、今回の稽古では「受け」のところですが、その様子を見せ、また体験してもらいました。

 

 その前に全く逆の意識での稽古と、それに伴う体験をしていたからそのことが余計に驚いたのではないかと思いますが、そういう体験は重要です。

 

 その一つになったのが初撃の「左上段刻み突き」とそれに対する「上段揚げ受け(じょうだんあげうけ)」の稽古の時でした。

 

 これは連続技を初撃の段階で不能にするというテーマで稽古した時の話ですが、そこでは「」の意識で対応してもらいます。

 

 これまでの稽古では、どうしても攻防共に甘さが目立っていましたが、試合を経験した後、それではまずいということを理解したようで、今回はこれまでと異なり、試合のイメージに近い感じでやってもらいました。

 

 となると、接触時の衝撃が大きくなり、数をこなす中で前腕がだんだん痛くなってきたのです。

 

 それは「受け」の質だけでなく、「突き」の質も意識してもらったからで、初撃をフェイントとして活用する場合でも、1本の基準の90%以上のクオリティを意識しておかなければ効果は期待できない、という説明しました。

 

 そういう説明とその意識下での稽古が前述のような結果になった訳ですが、そういう体験は結構新鮮だったようです。

 

正整 押し揚げ受けの解説

 

 その時の様子は「(かた)」の分解・解説で稽古しています。

 

 その様子を示しているのが上のイラストですが、正整(せいさん)」の「押し揚げ受け(おしあげうけ)」の解釈例になります。

 

 相手からの「上段突き(じょうだんづき)」に対し姿勢を落とし、間合いを切って「受け」と反撃を同時に行なうくらいの意識で行なうところですが、相手の勢いに押されてタイミングが遅れるシーンもありましたが、それを武技としての意識で行なうには、ということを体験してもらったわけです。

 

 「形」の動きを組手に応用するケースを体験してもらったわけですが、こういうところを意識してもらうのが研究稽古でもあります。

 

 そこには間合いのみならず、度胸やタイミングといった、まさに「見えない技」の集合体のような内容になりますが、そういう経験を通じ、武技というのは単に行為のみを覚えても意味がない、ということを改めて理解してもらったのではないかと思います。

 

 ここまで書いてきた内容はまだ途中の段階ですので、冒頭でお話ししたように1回で終わるのではなく、明日、この続きをお話ししたいと思います。

 

 今までなかったパターンのブログになり、画像が少なく、文字が多い内容でした。

 

 明日も似たような感じになるかもしれませんが、引き続きご覧いただければと思います。

 

 

 

 

 

※話題の新刊「北斗神拳の謎に迫る」が全国の有名書店、ネット書店で発売されました。アマゾン、楽天、紀伊国屋書店のサイトへのリンクを貼り付けますので、興味のある方はクリックしてください。

▼アマゾン 「北斗神拳の謎に迫る」

▼楽天 「北斗神拳の謎に迫る」

▼紀伊国屋書店 「北斗神拳の謎に迫る」

▼アマゾン 電子書籍「北斗神拳の謎に迫る」

 

 

※テーマとは関係ありませんが、新刊・DVDのお知らせです。靭帯を意識した新しい骨格調整法をご紹介した「靭帯療法」(BABジャパン)が6月20日・6月23日に発売になりました。武術家の方にも役立つと思いますので、ご興味のある方は下記をクリックしてください。

▼版元(BABジャパン)電話:03-3469-0135

               メール: shop@bab.co.jp

 

▼アマゾン:書籍「靭帯療法」  ←左記をクリック

        DVD「靭帯療法」  ←左記をクリック

        電子書籍「靱帯療法」  ←左記をクリック

▼楽天:書籍「靭帯療法」  ←左記をクリック

     DVD「靭帯療法」  ←左記をクリック

 

▼活殺自在塾公式HP
 (活殺自在塾のHPは上記をクリック)

   ※武術の修行と生活の両立を図るプログラムで塾生募集中

 

 ※活殺自在DVD第1巻「点の武術」、大好評発売中!

   アマゾンでも販売を開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/e5CUX-zn9Zk

 

 ※活殺自在DVD第2巻「極意の立ち方」、発売開始!

   アマゾンでも発売開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/FGwnVXcgCBw


 

活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」/中山隆嗣,道田誠一

¥5,940

Amazon.co.jp

 

活殺自在DVDシリーズ第1巻 「点の武術」/中山隆嗣,道田誠一

¥4,860
Amazon.co.jp 
 
 秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い!/中山隆嗣
  
¥1,512
Amazon.co.jp
 
 東洋医学と武術でカラダを変える 空手トレ! 強くなる鍛え方 [DVD]/中山隆嗣
  
¥5,400
Amazon.co.jp

 昨日の続きです。

 

 火曜日ですから研究稽古の日ですが、昨日お話しした通り、第1部では「(かた)」を3種類行ない、その内の2つは先日のブログでも取り上げたばかりですので、それ以外の「抜塞(ばっさい)」の様子についてブログでご紹介しました。

 

 少々時間が押された感じになりましたが、第2部は研究稽古らしく、最近稽古している基本動作(きほんどうさ)」に登場する「受け」を意識し、それを「手解き(てほどき)」の技に応用するというメニューになりました。

 

 千唐流で教授されている「基本動作」にはⅠからⅣまでありますが、今日お話しするのは「基本動作Ⅳ(きほんどうさよん)」に登場する動作で、それも最後になります。

 

 今後の稽古では、そこからさらに応用した稽古メニューとなりますが、ある意味、この日で一区切りになります。

 

 少し間(ま)をおいて復習も兼ねて同じことを繰り返すことになりますが、その時まで今回続けて行なった稽古のことを少しでも覚えておいてもらえればと願っています

 

 このブログでお話ししていることですが、各武技には共通しているところがあり、そのことを理解し、そこから身体を動かすことができれば、一見新しい技のように見えることでも、その応用として行なうことが可能です。

 

 今回の一連の稽古ではそういうところも理解できるようにメニューや説明・稽古時間の取り方には工夫をしたつもりですが、これまでなかった技の概念もあったことから、人によっては中途半端な理解になっている人もいるかもしれません。

 

 だからこそいずれ復習を含めた応用の稽古を行なうわけですが、それまできちんと頭の中で復習しておいていただければと願っています。

 

 ということで早速、当日撮った写真を交え、お話を進めていきます。

 

 

 「手解き」の技の稽古ですから、最初の設定はこれまで通り、相手から手首を掴まれるところから始まります。

 

 今回は自身の左手首を相手の右手で掴まれる、という設定です。いつもお話ししていますが、これが左右逆になっても、同じ構図であれば対処法は同じです。でも、左手首を左手で掴まれるということになれば、今回の技は通用しません

 

 実戦ではどういう方法であっても目的を達成できれば良いので、その時の状況に応じて最も適切な技で対処すれば良いわけで、そのためにいろいろなパターンを稽古したわけです。ですから、その場で瞬間的に最も適切な技を選択し、実践できるように数をこなすことになります。

 

 

 手首を掴んでいる様子を撮った写真です。

 

 どこを掴むかでその効果も違ってきますので、掴まれる側の稽古だけでなく、掴む側の稽古でもある、という認識の下でやってもらいます。

 

 

 掴まれた側の動きですが、前述のように「基本動作Ⅳ」の応用ですが、土台となる立ち方について掴まれでいる側の足を側方に動かし、相手との位置関係を90度転身したような状態にします。

 

 その様子は上の写真で見られますが、シャッターを切るタイミングが悪く、技を掛ける側の目が閉じた状態になっています。これは写真を撮った私の問題です。実際は目はきちんと開けた状態で稽古していました。

 

 そして転身と同時に行なっていることが、次の動作のための準備動作で、タイトルからもお分かりの様に、用いるのは「下段払い(げだんばらい)」の応用ということですから、使用する上肢を肩方向に引き上げています

 

 この様子はそこで止まるわけでなく、淀みなく下方に振り下ろさなくではなりませんが、説明の都合上、この瞬間の様子をアップしました。

 

 このブログでずっとお話ししてきましたが、動作のつなぎ目の部分で止まってしまうと、それが全体の流れの淀みとなり、武技としての成立は難しくなります。今回も、稽古ではそのことを念頭に行なってもらいました。

 

 

 振り上げた上肢を振り下ろした時のようですが、接触部位は掴んだ手首の外側になります。

 

 

 その様子を拡大した写真ですが、背腕側になるわけです。

 

 この時、人によって橈骨側に近いところが接触部位になっている人がいましたが、それでは関節の特性を活用した技になりません

 

 こういった意識が「見えない技」となるわけですが、ご覧のような状況から武術一般では「手の内」という表現になる様子がお分かりになると思われます。

 

 その中でも微妙なことの違いで効果に違いが生じますが、そういうことを失敗・成功を繰り返す中で経験し、もっとも効果的な場合について認識し、その上で数をこなす、ということが稽古のステップです。だからこそ、一見同じように見えることでも繰り返すわけで、条件を変えても質的に同程度に行なうためのベースにします。

 

 そしてこのような時、「下段払い」というところばかり目が行ってしまいます、掴まれている側の身体操作にも留意し、「手解き」の技につながりやすいような状況することが大切で、そのことは「基本動作Ⅳ」の応用ということで稽古したところに共通する身体操作があり、それをここで活用してもらいました。

 

 そういう認識が類似した武技として稽古を重ねた意味であり、そこに気付いてもらったらと思いつつ継続しました。次回、似たようなカタチで行なうことがあると思いますが、何かしら気付いていただけることを期待しています。

 

 

 上の写真は「手解き」の部分については終了した様子ですが、反撃まで行なって終了です。

 

 この時点で意識してもらいたいのは、これまで掴まれていた側の上肢の処理ですが、写真からお分かりの様に、次の動きにつながるための準備動作として行なわれている様子です。

 

 タイトルから反撃技が「突き」であることはご承知だと思いますが、だからこそ、掴まれている上肢を自身の腰まで引くようにします。

 

 そしてこの引きは同時に「手解き」をより容易にするための補助動作になりますが、人によってはその点の意識が低く、前腕の回旋のタイミングのズレなどが見られました。

 

 アドバイスすると改善されましたが、こういうところもこれまで説明したことの一つになりますが、武技としてのメインのところだけを意識している失念する可能性が高い箇所になります。

 

 今回の稽古で定着することを願っています。

 

 

 最後の極めの様子ですが、腰に引いた「正拳(せいけん)を「突き」として放ったところです。

 

 この技についても淀みがある中で行なうのではなく、腰の動かし方を活用し、アナログ的な身体操作で完了させます。

 

 見てもらってもなかなか真似るのが難しいところですが、それを可能の方向に持っていくのが稽古ですから、他の技として稽古する際にもそういった共通項になる個所を意識することで、武技全体の底上げにつながるということを理解して精進してもらえればと願っています。

 

 この日の稽古はここまでで終了しました。

 

 

 

 

 

※話題の新刊「北斗神拳の謎に迫る」が全国の有名書店、ネット書店で発売されました。アマゾン、楽天、紀伊国屋書店のサイトへのリンクを貼り付けますので、興味のある方はクリックしてください。

▼アマゾン 「北斗神拳の謎に迫る」

▼楽天 「北斗神拳の謎に迫る」

▼紀伊国屋書店 「北斗神拳の謎に迫る」

▼アマゾン 電子書籍「北斗神拳の謎に迫る」

 

 

※テーマとは関係ありませんが、新刊・DVDのお知らせです。靭帯を意識した新しい骨格調整法をご紹介した「靭帯療法」(BABジャパン)が6月20日・6月23日に発売になりました。武術家の方にも役立つと思いますので、ご興味のある方は下記をクリックしてください。

▼版元(BABジャパン)電話:03-3469-0135

               メール: shop@bab.co.jp

 

▼アマゾン:書籍「靭帯療法」  ←左記をクリック

        DVD「靭帯療法」  ←左記をクリック

        電子書籍「靱帯療法」  ←左記をクリック

▼楽天:書籍「靭帯療法」  ←左記をクリック

     DVD「靭帯療法」  ←左記をクリック

 

▼活殺自在塾公式HP
 (活殺自在塾のHPは上記をクリック)

   ※武術の修行と生活の両立を図るプログラムで塾生募集中

 

 ※活殺自在DVD第1巻「点の武術」、大好評発売中!

   アマゾンでも販売を開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/e5CUX-zn9Zk

 

 ※活殺自在DVD第2巻「極意の立ち方」、発売開始!

   アマゾンでも発売開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/FGwnVXcgCBw


 

活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」/中山隆嗣,道田誠一

¥5,940

Amazon.co.jp

 

活殺自在DVDシリーズ第1巻 「点の武術」/中山隆嗣,道田誠一

¥4,860
Amazon.co.jp 
 
 秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い!/中山隆嗣
  
¥1,512
Amazon.co.jp
 
 東洋医学と武術でカラダを変える 空手トレ! 強くなる鍛え方 [DVD]/中山隆嗣
  
¥5,400
Amazon.co.jp

 ある火曜日の稽古の話です。

 

 研究稽古の日ですが、メニューをいつもとは一部変え、第1部として「(かた)」、第2部で「手解き(てほどき)」の技を行ないました。

 

 今日はタイトルからお分かりの様に第1部の話になりますが、そこでは3つの「形」を行ないました。

 

 その中の正整(せいさん)」については全員で行ない、先日のアドバイスに加えたことはありますが、今回のブログでは割愛します。

 

 そして他の2つですが、その内の一つは「二十四歩(にーせーし)」で、指導員に任せたため、このブログでは割愛します。

 

 私が担当したのは「抜塞(ばっさい)」でしたので、今日のブログはその話をしたいと思います。

 

抜塞 初動作

 

 上のイラストは「用意」の状態から1挙動目ですが、ご覧の様に「猫足立ち(ねこあしだち)」になっています。

 

 内八字立ち(うちはちじだち)」からの変化となりますが、その時の動かし方や身体の安定性が気になりました

 

 文字で表現するのは難しいので割愛しますが、稽古では比較してもらいながら、問題点を理解してもらいました。

 

 別の道場生の場合にも問題があり、全体的に固いイメージが強い状態です。多分、変な緊張のようなことがあるのでしょうが、自身も稽古不足を自覚していました。

 

 となれば、動作の解釈を念頭に、数をこなしてもらうことで解消するはずです。今後に期待したいところです。

 

抜塞 支え受け

 

 今度は交叉立ち(こうさだち)」をベースに「支え受け(ささえうけ)」を行なっている箇所です。

 

 ご覧の様に、「受け」として極める瞬間、前方に移動しながら行なうわけですが、立ち方の特徴も絡み、瞬間的に不安定になりがちです。

 

 前述の「猫足立ち」の時に不安定だった人にぐらつきが見られ、基礎となる武術体作り、下半身の強化が望まれます。

 

 組手の時の突進力には良いところがあるのですが、それをさらに効果的にするためにも、「形」や基本を充実させ、土台の安定性から得られるパワーを加味してもらえればと期待します。

 

 土台の問題が関係しているのか、「支え受け」が脆弱な感じがしました。自ら間合いを詰めて行なっている分、相手の技にしっかり対応することが重要であり、「形」がカタチだけに終わってはならないのです。見ていても相応に戦っている雰囲気を醸し出せるような練り方を心掛けてもらえればと思っています。

 

抜塞 開手構えから手刀

 

 続いて誘い構え(さそいがまえ)」から「手刀打ち(しゅとううち)」を行なっているところですが、その後にすぐ「貫手(ぬきて)」が続きます

 

 ここでは「手刀打ち」の箇所についてのお話なので、イラストはこの動作までにしましたが、ご覧の様に方向を90度変え、上半身の捻りをしっかり意識して行ないます

 

 立ち方の意識が抜けると腰の意識も抜け、結果として「打ち」の質が落ちます

 

 その「打ち」の質ですが、今回見られたのがコースの問題で、本来は「誘い構え」のところから一気に極めまで行くことが必要なのですが、何故か途中でわずかに止まり、そこから再度動くという、二段ロケットのような動きになっているのです。

 

 「誘い構え」からスムーズに技を出せていない、ということですが、同様の動きは武技としては異なっても見ることがあります

 

 例えば先日のブログでお話しした「正整」に登場する「裏拳打ち(うらけんうち)」ですが、技こそは違うものの、同じ構造の動きになっているのです。

 

 そういうところは、武技としての基本的な動作に共通するところですが、そこでの原則を理解・実践できていない、ということになります。

 

 その結果、上肢だけの行為となり、およそ武技とは言えないクオリティになっているわけです。各武技に共通する身体操作の原則を頭と身体で覚えることで全体としてレベルアップできるのですが、今後も同じことを何度もアドバイスし、全体的な底上げをしていきたいと考えています。

 

 今度は横屈立ち(おうくつだち)」を土台にして「掬い受け(すくいうけ)」を行なっているところです。

 

 他流で言うところの「前屈立ち(ぜんくつだち)」と同様の立ち方ですが、「横屈立ち」の場合、武技として意識する方向が足の向きと垂直になっている点が異なります

 

 その上で上肢を回旋させ、相手からの攻撃を掬い上げるような動きをします。

 

 ここで重要なのが回旋の際のスピードの変化で、最初に素早く動かし、その後に上肢を締めるような感じで行ないます。基本解釈が「蹴り」に対応する個所であり、赤丸で示した拳の向きと合わせ、引っ掛けた相手の下肢をしっかり保持できるようにするのです。

 

 「抜塞」の動作には、同様の動作を左右入れ替えて行なう箇所がありますが、その時に崩れやすいのが立ち方です。

 

 特に後ろ足の向きがどうしても直前の状態に引っ張られてしまうような感じになっている人がおり、土台としての脆弱性に繋がっています

 

 また、足首の固さなどが関係するのか、後ろ膝の伸びが悪く、そのことも土台の脆弱さにつながっています

 

 解釈の一つに、その後ろ脚の状態を活用する技がありますが、土台としての弱さが存在すれば、技を掛けるどころか自身の下肢を痛める恐れがあります。

 

 「形」で意識してもらうフォームなどは、そこに武術としての理が存在し、また武術体作りのベースになるから細かくアドバイスするわけで、単なる体操ではない、という自覚の下、身に付けることが大切なのです。

 

抜塞 手刀構え

 

 上のイラストは「手刀構え(しゅとうがまえ)」の様子ですが、「打ち」ではないためか、指先まで気が通っている感じに見えない人がいます

 

 そのため、迫力を感じないわけですが、その感覚のまま武技として用いようものならば、全く効かないものになってしまいます。

 

 「形」の中では「正整立ち(せいさんだち)」で1歩進みながら行なうところもありますが、そこでのコースにも問題があるケースがあり、指先のことと合わせ、身体の末端まで意識した動きを心掛けてもらいました

 

 そういうところは組手にもしっかり活かされることになりますが、改めて「形」とのつながりで考えてもらったところになりました。

 

抜塞 添手手刀受け

 

 「抜塞」の最後に登場する添手手刀受け(そえてしゅとううけ)」ですが、やはり指先の状態が気になる箇所です。

 

 きちんと意識されていない場合、幽霊のような手になり、試合では最後の最後でこれまでの評価が崩れてしまう箇所になります。

 

 指先はやや曲げ、相手の上肢を掴んでいる感じを醸し出さなくてはなりませんが、その時よく問題になるのが親指の状態です。

 

 親指の第一中手骨から曲がっているような感じになる人がいますが、その形状は本当に掴んでいる様子と異なります

 

 それは実際に掴んでみれば一目瞭然ですが、間違った形状の場合、すぐに外されてしまいます

 

 最近、火曜日の研究稽古では、図らずも「手解き」の技を行なっていますが、そこから考えても、「掴む」という場合の手の状態は理解できるはずです。解くことばかりでなく、掴む技術も合わせて磨くようにすることで武技の幅が広がるのですが、そういう発想と実践はまだ結び付かないようです。稽古を重ねる中で、自然に気付いてもらうことを願っています

 

 この後、第2部の「手解き」の稽古に移りましたが、そのことは明日のブログでお話しします。

 

 

 

 

 

※話題の新刊「北斗神拳の謎に迫る」が全国の有名書店、ネット書店で発売されました。アマゾン、楽天、紀伊国屋書店のサイトへのリンクを貼り付けますので、興味のある方はクリックしてください。

▼アマゾン 「北斗神拳の謎に迫る」

▼楽天 「北斗神拳の謎に迫る」

▼紀伊国屋書店 「北斗神拳の謎に迫る」

▼アマゾン 電子書籍「北斗神拳の謎に迫る」

 

 

※テーマとは関係ありませんが、新刊・DVDのお知らせです。靭帯を意識した新しい骨格調整法をご紹介した「靭帯療法」(BABジャパン)が6月20日・6月23日に発売になりました。武術家の方にも役立つと思いますので、ご興味のある方は下記をクリックしてください。

▼版元(BABジャパン)電話:03-3469-0135

               メール: shop@bab.co.jp

 

▼アマゾン:書籍「靭帯療法」  ←左記をクリック

        DVD「靭帯療法」  ←左記をクリック

        電子書籍「靱帯療法」  ←左記をクリック

▼楽天:書籍「靭帯療法」  ←左記をクリック

     DVD「靭帯療法」  ←左記をクリック

 

▼活殺自在塾公式HP
 (活殺自在塾のHPは上記をクリック)

   ※武術の修行と生活の両立を図るプログラムで塾生募集中

 

 ※活殺自在DVD第1巻「点の武術」、大好評発売中!

   アマゾンでも販売を開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/e5CUX-zn9Zk

 

 ※活殺自在DVD第2巻「極意の立ち方」、発売開始!

   アマゾンでも発売開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/FGwnVXcgCBw


 

活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」/中山隆嗣,道田誠一

¥5,940

Amazon.co.jp

 

活殺自在DVDシリーズ第1巻 「点の武術」/中山隆嗣,道田誠一

¥4,860
Amazon.co.jp 
 
 秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い!/中山隆嗣
  
¥1,512
Amazon.co.jp
 
 東洋医学と武術でカラダを変える 空手トレ! 強くなる鍛え方 [DVD]/中山隆嗣
  
¥5,400
Amazon.co.jp

 昨日の続きです。

 

 ある土曜日の稽古の第2部ですが、試合を意識したメニューになります。

 

 そこでは2つ行ない、その一つは昨日のブログでお話しした「二十四歩(にーせーし)」になります。

 

 今日はタイトルに記した「正整(せいさん)」になります。昨日同様、呼吸法を意識しなければならない「(かた)」で、その点については重なるところが出てきます。具体的な「形」は異なっても、そこに通じる根底の部分に共通項があれば、その応用ということで理解してもらえるのではと期待するのですが、現実はなかなか難しい、という人もいます。

 

 「形」稽古の様子は写真ではなくイラストを用いますので、稽古の雰囲気は伝わりにくいかもしれませんが、そこは文章の行間も読み取っていただことでお分かりいただけるのではと期待しています。

 

 先日、研究稽古でもこの「形」の話をしましたが、同じ出席者もいますが、異なる道場生もいます。

 

 ですから、アドバイスの内容や前回と比較して、というところでもお話しできます。今日のブログではそういう点を踏まえ、お話ししていきたいと思っています。

 

正整

 

 前回、「正整」の話をした時も最初の動作のところを取り上げましたが、どうしてもこの箇所を意識します。

 

 試合の場合、印象として残りやすい箇所であり、呼吸法を意識して全身を締めるところがあるかと思えば、実戦でしっかり極めるイメージ行なう箇所が続けて行なわれますので、動作としてのコントラストを表現しやすいところと言え、稽古でもその実践を図ってもらいました。

 

 通常の稽古でも話していることではありますが、試合を念頭に置いたメニューの場合、よりみんなに意識として浸透しやすいのではと思うのですが、全員が出場するわけではありませんそういうところが温度差になるかもしれません、先日行なった審査会前というところでも審査科目についてきちんとポイントを説明します。

 

 武術体の仕上がり具合、空手に対する情熱なども関係してくると思われますが、稽古でもそういう差が見られました。

 

 そこで前述した研究稽古に参加した道場生ですが、随分修正されていました。

 

 その道場生は前回に引き続き、今回も自分の動きをスマホで撮影していましたが、それを繰り返し自分で確認することで指摘された箇所が変化しているかを確認していたのでしょう。

 

 そういう研究熱心さがレベルアップにつながるのでしょうが、以前、アドバイスの内容を理解してもらうためにビデオで撮影し、その場で確認してもらい、稽古の効果を高めていたことがありましたが、今は各人がスマホを持っている、ということが多いため、道場生によっては自主的に実践しているケースがあるわけです。

 

正整 押し揚げ受け

 

 上のイラストは押し揚げ受け(おしあげうけ)」と呼ばれている箇所ですが、「形」の中では裂帛の気合と共に行なうところです。

 

 そういうシーンは試合でも好印象になりますが、もしそういうクオリティを有していなければ減点要素になります。

 

 だからといって、大きな声を出せば良いというわけではありません

 

 この点がなかなか伝えにくいところですが、気合にも質があります。そのことを認識し、本当にそのクオリティで実践されていることが重要です。

 

 今回は一般稽古ですから、あまり詳しいことは説明しませんでしたが、気合を入れる目的を理解することで質的な変化を促せる場合があります。

 

 もし、次回の研究稽古で「正整」を行なう機会があれば説明しようと考えていますが、出席者によりますので現時点では未定です。

 

 ここでアドバイスしたことの一つが立ち方と上肢のフォームでした。

 

 立ち方についてはイラストをご覧いただければお分かりの様に四股立ち(しこだち)」になりますが、各人に微妙な違いが見られます

 

 体格の違いなどもありますので、定規で図ったようにはなりませんが、各人の身体的な条件を踏まえた上でのポイントがあります。アドバイスとしてはそういう感じで行ないました

 

 上肢のフォームについて、左右の上肢の側方から見た時の角度があります。「形」ですから、そのようなことは誰が見ても分かることになりますので、そこに乱れがあればやはり減点要素になります。

 

 イラストのような状態にしてもらうことになりますが、微妙なところでもありますので、手を添え、その状態を身体で覚えてもらうようにしました。それでも次の瞬間、自分の悪い癖の状態に戻ることもあり、今後同じことを何度もアドバイスし、覚えてもらうまで繰り返すしかありません。いつもお話ししていることですが、教える側の定めです。

 

正整 四股立ちからの蹴り

 

 四股突き(しこづき)」から「中段前蹴り(ちゅうだんまえげり)」に続く箇所ですが。

 

 立ち方や腰の高さの変化、そして上肢の技から下肢の技に続くということになりますが、武術体のクオリティと関係するところであり、この点に問題があるとふらついてしまうことがあります。

 

 実際、稽古でそういうシーンを見ましたが、下肢の脆弱さやバランスの保持力、関節の問題点などが考えられます。

 

 こういうところはアドバイスしたから好転するということにはならないので、時間をかけて稽古する中で少しずつレベルアップしてもらうしかありません。

 

 試合を念頭に置いた稽古だからこそ、意識してもらいやすいのではと考えてのアドバイスでしたが、そういった鍛錬も「形」を稽古する目的の一つになりますので、ここに問題がある人の場合、その解釈の前に数をこなし、動きとしてある程度の水準に行くことが先決です。

 

 解釈を意識することで動作の質が好転するケースもありますが、この日に問題を感じた人の場合、まずは武技として用いる場合の身体作りのほうを優先してもらうことになりました。

 

正整 裏拳打ち

 

 続いては上段裏拳打ち(じょうだんうらけんうち)」の箇所ですが、振り返りながら足を上げ、それを着地するタイミングに合わせて「打ち」をシンクロさせます。

 

 ここでは気合を伴いますが、それだけ迫力がこもります

 

 足の部分に矢印が示してありますが、この様なところも見過ごすことはできず、武技としての質的な向上を意識した身体操作になります。

 

 ただ、そういう時、教える側として気になるのが床の状態です。体育館のような若干弾力があるようであれば、しっかり踏み抜くようにとアドバイスできますが、この日の稽古場は固い床のため、本来の身体操作で行なうことで足を痛める可能性があります。

 

 ですから、ここでは加減してもらうことになりますが、イメージングの話はできますので、アドバイスとしてはそこまでになりました。

 

 裏拳打ち(うらけんうち)」のコースについては、昨日お話しした「二十四歩」の稽古の中にも出てきましたので、その時のことを引用して説きました。

 

正整 裏拳槌打ちから下段払い

 

 先日「正整」の稽古の話をした時にも出てきたイラストですが、今回も同様に今一つという人がいました。

 

 前回アドバイスした人の場合、自ら出来について質問してきましたので、自身で何らかの意識をしていることが分かりましたが、今回気になった人の場合、今一つアドバイスがピンと来ていないような感じでした。そういう場合、おそらく、次回確認しても同じような状態になってると思われますが、前述のようにたゆまぬアドバイスを繰り返すことで対応するしかありません。

 

 お話しした内容については先日の場合と同じでしたが、その話自体、理解しにくいところであり、当然それに伴う身体操作も同様に難度が高いので、人によってどこまで話をするかを考えながらになりました。

 

正整 掬い受け

 

 このイラストとお話も「正整」の場合の定番の一つですが、それだけ大切な個所であり、またなかなかうまくできていないところでもある、ということになります。

 

 呼吸法と共に行なう箇所ですが、その際の骨盤の操作を意識してもらうことになりますが、そのことで逆に腰の不安定さにつながるケースもありますので、人によってどこまでアドバイスするかを調整しました。

 

 ここでの稽古は個別指導ということで私ともう一人が担当しましたので、それなりのことは伝えることができたのではないかと思いますが、しっかり受け止め、一歩と言わず半歩でも前に進んでもらえれば、と願っています。

 

 この日の稽古はここまでになりました。

 

 

 

 

※話題の新刊「北斗神拳の謎に迫る」が全国の有名書店、ネット書店で発売されました。アマゾン、楽天、紀伊国屋書店のサイトへのリンクを貼り付けますので、興味のある方はクリックしてください。

▼アマゾン 「北斗神拳の謎に迫る」

▼楽天 「北斗神拳の謎に迫る」

▼紀伊国屋書店 「北斗神拳の謎に迫る」

▼アマゾン 電子書籍「北斗神拳の謎に迫る」

 

 

※テーマとは関係ありませんが、新刊・DVDのお知らせです。靭帯を意識した新しい骨格調整法をご紹介した「靭帯療法」(BABジャパン)が6月20日・6月23日に発売になりました。武術家の方にも役立つと思いますので、ご興味のある方は下記をクリックしてください。

▼版元(BABジャパン)電話:03-3469-0135

               メール: shop@bab.co.jp

 

▼アマゾン:書籍「靭帯療法」  ←左記をクリック

        DVD「靭帯療法」  ←左記をクリック

        電子書籍「靱帯療法」  ←左記をクリック

▼楽天:書籍「靭帯療法」  ←左記をクリック

     DVD「靭帯療法」  ←左記をクリック

 

▼活殺自在塾公式HP
 (活殺自在塾のHPは上記をクリック)

   ※武術の修行と生活の両立を図るプログラムで塾生募集中

 

 ※活殺自在DVD第1巻「点の武術」、大好評発売中!

   アマゾンでも販売を開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/e5CUX-zn9Zk

 

 ※活殺自在DVD第2巻「極意の立ち方」、発売開始!

   アマゾンでも発売開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/FGwnVXcgCBw


 

活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」/中山隆嗣,道田誠一

¥5,940

Amazon.co.jp

 

活殺自在DVDシリーズ第1巻 「点の武術」/中山隆嗣,道田誠一

¥4,860
Amazon.co.jp 
 
 秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い!/中山隆嗣
  
¥1,512
Amazon.co.jp
 
 東洋医学と武術でカラダを変える 空手トレ! 強くなる鍛え方 [DVD]/中山隆嗣
  
¥5,400
Amazon.co.jp

 昨日の続きです。

 

 第2部の「(かた)」の稽古の様子ですが、武術としての意識というより試合を念頭に置いた内容になりました。

 

 たとえ試合であっても個性は必要ですが、それでも審判が見ている視点というのがあります。それを意識した内容でなければなかなか点数が伸びない、という現実がありますので、今回のような稽古ではその点を踏まえたものになります。

 

 もっとも、審判にも個性がありますので、現実には点数にバラツキが出ます。これはどの大会でも見られることであり、試合を意識する場合、ある意味万人受けすることが必要になります。

 

 だからこそ、直真塾では試合用の稽古と武術としての稽古という意識の分け方をし、稽古日もあえて研究稽古の日を設けているわけです。

 

 今回の稽古は前述のように試合を念頭に置いていますので、極力減点されないようにフォームなど、修正しやすいところを中心にアドバイスしました。

 

 今回、稽古した「形」はタイトルにある「二十四歩(にーせーし)」と「正整(せいさん)」の2種類でしたが、全員が試合に出るわけではないので、2グループに分けて行ないました。

 

 私は最初、「二十四歩」を担当し、その後「正整」に移りましたので、ブログではそれを2日に分けてお話しします。

 

 出席者からは細かな質問も出て、意識していることは理解できました。ただ、それが自分の動きとしてできているかどうかは別問題になりますので、そういうところは今後の課題としつつ、稽古を進めました

 

二十四歩 扇受け

 

 「二十四歩」の話になると定番の様に出てくる「扇受け(おおぎうけ)」の箇所ですが、今回もそうなりました。

 

 この「形」の場合、呼吸法も特徴的で、そこでは身体の締めも行ないながらゆっくり行ない、素早く動く箇所とのコントラストがきちんと表現できているかが試合では必要です。

 

 試合の場合、見せる部分もあることから、どう表現したら良いかということを考えて行なうわけで、大きな大会では化粧を施す選手もいるという話も本当か嘘かは分かりませんが耳にしたことがあります。道着やその着用に仕方にも気を配るようですが、そのことは見ていても分かります。

 

 しかし、千唐流の大会ではそのようなことはありません。ですから余計なことは必要ありませんが、動作として、表現としては気を付けなければならず、その一つが前述の動作のコントラストです。

 

 だからこそ、「扇受け」の箇所の呼吸法は重要になりますが、武術としてのベース作りということも稽古のポイントの一つですから、アドバイスはそのことを念頭に行ないました

 

 それは胸郭や下肢の締めに伴う骨盤の動かし方などですが、一朝一夕に好転するわけではありません。しかし、普段の稽古では今一つ集中しにくても、試合をということで話せば、良い成績を残したいと欲すれば意識の仕方にも違いが出ると思いますので、そういう点を活用したアドバイスになりました。

 

 とは言っても、まだまだ途上という状態ですし、中学生などはまだ身体自体が出来上がっていません。だからなかなかイメージ通りの動きにはなりませんが、将来に期待したいところです。

 

二十四歩 弓張突き

 

 今度は四股立ち(しこだち)」になりつつ、後方に対して動き、そのタイミングで「上段裏拳打ち(じょうだんうらけんうち)」を行なっている様子ですが、その後、正面に向き直って下がりつつ「中段順突き(ちゅうだんじゅんづき)」を行なっている様子です。

 

 この「突き」については、別名「弓張突き(ゆみはりづき)」という名称もついていますが、下がりながら突くという特殊な動きに武術らしさを感じます。

 

 道場生からの質問の一つに、「裏拳打ち(うらけんうち)」のことがありました。

 

 具体的にはコースのことですが、床と垂直方向で、華の前を通って相手の顔面を狙うことになります。

 

 その回答で疑問は晴れたようですが、見ていると「裏拳打ち」そのものの問題点がありました。

 

 正面を向いている状態から後方を見て、その動きから淀みなく「裏拳打ち」を行なうわけですが、上肢を一旦放つ方向に置くような動作をしているのです。そのため、途中で一旦動きが止まるわけですが、それは技の質を落とします

 

 全身のバネを活用するかのような感じで上肢をしならせ、技を放つようにアドバイスしました。

 

 この点、これまで何度も話していることですが、なかなかその動きを身体に染み込ませるのに時間を要しているようです。

 

二十四歩 ひねり打ち

 

 今度は「捻り打ち(ひねりうち)」を呼ばれている箇所ですが、具体的な動きは上のイラストの通りです。

 

 「形」では左の「手刀(しゅとう)」で相手からの「突き」を引っ掛けるようにして受け、同時に右で「手刀打ち(しゅとううち)」を行ないます。

 

 その時、「交叉立ち(こうさだち)」で行ないますが、中にはそのことでふらつく道場生がいます。

 

 土台としての立ち方がしっくり来ていないのでしょうが、試合には出場しません。だからといって何もアドバイスしないということは無く、まずは「交叉立ち」のポイントを理解してもらいました。

 

 両膝の意識ですが、前足のつま先の向きや、かかとの状態、その上で後ろ足の前膝を前足の後ろ膝に乗せる、という感じになります。その際、両膝で何かものを挟むような感じで締めますが、そういった「見えない技」的なところが疎かになっています。

 

 そういう土台ができて初めて上半身の動作になるわけですが、フォームとして特殊な状態になるからか、上肢の状態も今一つで、「受け」として使用する側や、「手刀打ち」を行なう側の位置が用を為していません

 

 つまり、意味を理解していないただの動作で終わっているわけですが、それでは「形」の稽古とは言えませんまずは正しいカタチを覚えてもらうことが先ということで、その道場生にはそこから始めました。
 

手刀

 

 すると今度はその様子を見ていた他の道場生から、「手刀」の形状についての質問が出てきました。

 

 そういうことも基本技として教える最初の頃にきちんと説明していますが、時間が経つと曖昧になってくるのでしょう。

 

 そのためか、質問した道場生の「手刀」が今一つ気が抜けたような状態になっており、カタチとしてはとりあえず整っているように見えても、特に親指の締めができていない、という状態でした。

 

 上のイラストではその様子が分かりにくいのですが、稽古では見本として見てもらい、それを真似るようにしてもらいました。指の締めについても実際に触れてもらったり、私のほうでその感覚を理解できるように補助したりして整えました

 

 そういうことをずっと身体で覚えておいて欲しいのですが、おそらく再度アドバイスが必要になると思われます。でも、そういう繰り返しの中で上達してもらえればと願っています

背手受け

 上のイラストは「二十四歩」の最後のほうに出てくる「背手受け(はいしゅうけ)」の様子ですが、前述の「手刀」の様子も合わせて確認することになります。

 

 その点は先に説明していたので、ここではフォームについてのアドバイスが中心になりました。

 

 この箇所は「結び立ち(むすびだち)」で行ないますが、立ち方の点は大丈夫でした。

 

 問題は上肢のほうで、正しい状態はイラストの様に肘よりも「手刀」の部分が遠方に位置します。

 

 しかし、それが逆になり、肘のほうが張り出しているような状態になっていたのです。

 

 そういうことでは、実際に受けた時、相手からの技のプレッシャーに耐えることはできず、結果的に自身の顔面に当たってしまう、ということにもなりかねません

 

 今回は「形」の分解・解説まで行なったわけではありませんので、説明した内容がどこまで心に響いているかは分かりませんが、やがて行ないますのでフォームや動作の意味に気付いてもらえることを期待しています。

 

 この後「正整」の稽古になりましたが、そのことは明日のブログでお話ししたいと思います。

 

 

 

 

 

※話題の新刊「北斗神拳の謎に迫る」が全国の有名書店、ネット書店で発売されました。アマゾン、楽天、紀伊国屋書店のサイトへのリンクを貼り付けますので、興味のある方はクリックしてください。

▼アマゾン 「北斗神拳の謎に迫る」

▼楽天 「北斗神拳の謎に迫る」

▼紀伊国屋書店 「北斗神拳の謎に迫る」

▼アマゾン 電子書籍「北斗神拳の謎に迫る」

 

 

※テーマとは関係ありませんが、新刊・DVDのお知らせです。靭帯を意識した新しい骨格調整法をご紹介した「靭帯療法」(BABジャパン)が6月20日・6月23日に発売になりました。武術家の方にも役立つと思いますので、ご興味のある方は下記をクリックしてください。

▼版元(BABジャパン)電話:03-3469-0135

               メール: shop@bab.co.jp

 

▼アマゾン:書籍「靭帯療法」  ←左記をクリック

        DVD「靭帯療法」  ←左記をクリック

        電子書籍「靱帯療法」  ←左記をクリック

▼楽天:書籍「靭帯療法」  ←左記をクリック

     DVD「靭帯療法」  ←左記をクリック

 

▼活殺自在塾公式HP
 (活殺自在塾のHPは上記をクリック)

   ※武術の修行と生活の両立を図るプログラムで塾生募集中

 

 ※活殺自在DVD第1巻「点の武術」、大好評発売中!

   アマゾンでも販売を開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/e5CUX-zn9Zk

 

 ※活殺自在DVD第2巻「極意の立ち方」、発売開始!

   アマゾンでも発売開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/FGwnVXcgCBw


 

活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」/中山隆嗣,道田誠一

¥5,940

Amazon.co.jp

 

活殺自在DVDシリーズ第1巻 「点の武術」/中山隆嗣,道田誠一

¥4,860
Amazon.co.jp 
 
 秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い!/中山隆嗣
  
¥1,512
Amazon.co.jp
 
 東洋医学と武術でカラダを変える 空手トレ! 強くなる鍛え方 [DVD]/中山隆嗣
  
¥5,400
Amazon.co.jp

 ある土曜日の稽古の話です。

 

 この日は2部に分けたメニューになり、第1部はペアを組んでの連続技、第2部は「(かた)」になりました。

 

 今日はタイトルからお分かりの様に第1部の話になりますが、今回は試合で使えるような連続技を稽古しました。

 

 これまでもやっていましたが、大抵は二連攻撃です。「突き」を中心にした技、「蹴り」を中心にした技、その混合技、あるいはそれらに「打ち」を混ぜた技など、具体的な内容はいろいろでした。

 

 しかし、今回行なったのは三連攻撃で、「突き」と「蹴り」を混合した技でした。

 

 これまでの主流だった2回連続して行なう場合より一つ増えたわけですが、集中力やはランスの取り方など留意すべきところがあり、単に数を増やせば技になるということではなく、それ以前の段階の状態が大切になります。

 

 私のブログは実際の稽古よりも遅れてアップしていますので、今日のことは都大会の後になりますが、それを意識した内容になっていることをご理解ください。

 

 大会のことはなるべく早めにお話ししますので、時系列として少々変わりますが、この点、ご了承ください

 

 ということで本題に入りたいと思いますが、当日撮った写真をベースに進めていきたいと思います。

 

 

 同じような写真を何枚もアップしていますが、互いに対峙してる様子です。

 

 正整立ち(せいさんだち)」をベースにし、中段を意識した構えで対峙しています。

 

 いずれ種々の構えをした上で約束組手をすることも考えていますが、それは研究稽古のテーマとして考えています。

 

 一般部の場合、レベルのバラツキや稽古の目的を考えると、基本的なことを前提に行なっており、いつもと変わり映えのしない様子からの写真からブログはスタートします。

 

 これまではこのような写真からではなく、実際に技を繰り出したところから話をしたこともありますが、今日はタイトルにあるように間合いの切り方、というところも含めてお話ししたかったので、対峙した状態の写真からアップしました。

 

 1枚目の写真の場合、仕掛ける側の目線に近い状態ですから間合いの変化は分かりにくいかもしれませんが、2枚目の写真は側方から撮っていますので、間合いの変化についてはご理解いただけるのではと思います。

 

 

 ということで初撃ですが、上の写真の様に前手を活用し、「左上段刻み突き(ひだりじょうだんきざみづき)」で仕掛けてもらいました。

 

 アングルを変えて2枚続けて写真をアップしていますが、間合いの変化については1枚目の様子をご覧いただければお分かりになると思います。

 

 この「突き」は連続技の初撃としてよく用いられますが、この一撃で1本を取るケースもあります。それは道場内組手でも時々見ることがあり、下半身のバネがしっかりしている道場生の得意技の一つになっています。その様子を撮った写真をアップしたこともありますが、相手もしっかり見ているような時には外されることもある、というのが戦いの実情です。

 

 だからこそ、それに続く技も意識することが必要であり、この日はそういう意識も含んでのことです。

 

 ただ、相手の攻撃に合わせたカウンターとしても用いられることがありますので、相手の動きをよく観察できるようになれば、そういう活用法についても稽古してもらいたいと思います。これまでやったことはありますが、なかなかそういうタイミングを取るということが難しいようで、もう少し観察眼を磨き、反射的な動きがスムーズにできるようになった時に考えたいと思っています。

 

 

 刻み突き(きざみづき)」に続く技ですが、ご覧の様に「中段回し蹴り(ちゅうだんまわしげり)」にしてもらいました。

 

 しかし、単に「突き」の後に続く技程度の認識にならないように注意してもらいました。

 

 それは初撃の様子を改めてご覧いただくことで往ってる意味が分かりになると思いますが、「突き」に対して相手が「受け」を用い、最初の構えの状態からガードの様子が変わっている、というところを見ることでそれを隙と理解してもらったわけです。

 

 というか、最初の攻撃を受けなければ当たるくらいのクオリティにする、というイメージでやってもらい、それによる相手の反射的な動きを誘うわけです。

 

 詰将棋の様に、相手の動きを限定するようにし、勝利までの組み立てをイメージして仕掛けるわけです。

 

 だから繰り出す技が単なる行為にならないように、ということをいつも口を酸っぱくして説いているわけです。

 

 相手の前手が「刻み突き」を受けるために使用されれば、上段攻撃に対する動きになるため、中段に隙ができます。

 

 そこに「中段回し蹴り」を放つわけですが、写真のよくご覧いただければ膝の位置が結構深くなっています

 

 今回は胴を輪切りにするようなイメージで、ということも話し、脛を接触部位にして行なうようにしてもらいました。

 

 というのは、単に「回し蹴り(まわしげり)」と言ってやってもらった時、膝の位置が悪く、それではしっかり蹴り込めないでしょう、といった状態になっている人がいたからですが、当てるルールでは威力不足になると判断される可能性があります。

 

 

 極端な場合、「膝蹴り(ひざげり)」を行なっているのでは、と思えるくらいでも可、ということを話し、やってもらいました。

 

 もちろん稽古ですから本気で当てないようにしてもらいましたが、間合いの切り方や身体操作を意識した状態で行なうことは十分可能ですし、またそういう身体の使い方を学んでもらうことも必要です。

 

 また、本気で当てなくても相手にこういう動きをされれば、無意識に腹部を締める稽古にもなりますので、組手の時に衝撃に耐えるための身体作りにもなります。

 

 

 そして三連攻撃の最後の技ですが、ご覧の様に「右上段追い突き(みぎじょうだんおいづき)」になります。

 

 「回し蹴り」で使用した足を着地させたタイミングで突きますので、基本で稽古する「追い突き(おいづき)」とは異なりますが、広義の「追い突き」と理解してもらいました。

 

 着地させるのは相手の前足の外側してもらいましたので、上の写真の様に顔面のやや側方からの技になります。

 

 攻撃箇所としては上段・中段・上段となりますが、そういう状態にすることで相手の防御力を削ぐことになりますが、連続技としての組み立て方の理を考える一助になれば、自身の得意技を認識した上でオリジナルの連続技の誕生につながる可能性があります。

 

 毎回の稽古を発展的に理解することで今後に期待したいと願っています。

 

 

 最後に極めの「上段突き」の拡大写真をアップします。

 

 実戦ではここから肘を伸ばし、「裏三寸(うらさんずん)」を意識した技にしますので、ここでも間合いについて意識してもらうことになりました。

 

 もっとも、この様なことを意識してもらったのは、写真のモデルになった人たちくらいで、他の出席者にはそこまでの話はしませんでした。

 

 今回はこの後に行なった第2部のほうに時間を割きましたので、第1部はここで終わりました。

 

 

 

 

 

※話題の新刊「北斗神拳の謎に迫る」が全国の有名書店、ネット書店で発売されました。アマゾン、楽天、紀伊国屋書店のサイトへのリンクを貼り付けますので、興味のある方はクリックしてください。

▼アマゾン 「北斗神拳の謎に迫る」

▼楽天 「北斗神拳の謎に迫る」

▼紀伊国屋書店 「北斗神拳の謎に迫る」

▼アマゾン 電子書籍「北斗神拳の謎に迫る」

 

 

※テーマとは関係ありませんが、新刊・DVDのお知らせです。靭帯を意識した新しい骨格調整法をご紹介した「靭帯療法」(BABジャパン)が6月20日・6月23日に発売になりました。武術家の方にも役立つと思いますので、ご興味のある方は下記をクリックしてください。

▼版元(BABジャパン)電話:03-3469-0135

               メール: shop@bab.co.jp

 

▼アマゾン:書籍「靭帯療法」  ←左記をクリック

        DVD「靭帯療法」  ←左記をクリック

        電子書籍「靱帯療法」  ←左記をクリック

▼楽天:書籍「靭帯療法」  ←左記をクリック

     DVD「靭帯療法」  ←左記をクリック

 

▼活殺自在塾公式HP
 (活殺自在塾のHPは上記をクリック)

   ※武術の修行と生活の両立を図るプログラムで塾生募集中

 

 ※活殺自在DVD第1巻「点の武術」、大好評発売中!

   アマゾンでも販売を開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/e5CUX-zn9Zk

 

 ※活殺自在DVD第2巻「極意の立ち方」、発売開始!

   アマゾンでも発売開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/FGwnVXcgCBw


 

活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」/中山隆嗣,道田誠一

¥5,940

Amazon.co.jp

 

活殺自在DVDシリーズ第1巻 「点の武術」/中山隆嗣,道田誠一

¥4,860
Amazon.co.jp 
 
 秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い!/中山隆嗣
  
¥1,512
Amazon.co.jp
 
 東洋医学と武術でカラダを変える 空手トレ! 強くなる鍛え方 [DVD]/中山隆嗣
  
¥5,400
Amazon.co.jp

 日常の稽古の話が少し途切れましたが、先日の続きです。

 

 ある火曜日の第3部になりますが、ここだけいつものようなメニューになりました。

 

 欠席した道場生もいるので、次回復習も兼ねて行なうことになるかもしれませんが、確認にもなるので、それはそれで良いと思われます。

 

 ただ、この日に参加した道場生の場合、この系統の稽古をしたことがあまりありません。稽古時間に間に合わないからですが、たまたま参加できた時には私も意識してアドバイスしています。

 

 ということで、今日お話しする技の場合、その道場生については初めて稽古する人のようなつもりで接しました。

 

 以下、稽古の様子について当日撮った写真をベースにお話ししていきます。

 

 

 手解き(てほどき)」の技を稽古することになりますので、設定は相手から手首を掴まれたところからスタートします。

 

 今回の場合、上の写真の様に左手首を相手の右手で掴まれた、という設定です。同じようであれば左右が入れ替わっても同じように行なうことができます

 

 ただ、そういう状況になると動きを混同してしまう人が出てくるので、まずは同じパターンで繰り返し、武技としての理を学び、その上で応用というステップになります。この日の場合、時間の関係で同じパターンでしかできませんでした。

 

 

 掴まれた側の動きですが、その様子を示しているのが上の写真です。

 

 身体の向きが最初に比べて90度変わっていますが、タイトルにもあるように、この日の稽古は「基本動作Ⅳ(きほんどうさよん)」に登場する動きをベースにしています。

 

 そこには90度転身して「中段外受け(ちゅうだんそとうけ)」を行ない、すかさず突く、という箇所があります。その箇所を応用するわけですが、それが上の写真です。

 

 冒頭の状態からの変化として説明すると、左足をやや側方に動かし、同時に90度転身をします。

 

 そしてその動きに合わせて上肢を捻るような感じで動かします

 

 上の写真では身体の陰に隠れて見えませんので、その様子は下の写真をご覧下さい。

 

 

 相手が手を離さないようにしっかり握っていることが条件になりますが、通常、相手の手首を掴んでくるような場合、簡単に離すようなことはせず、そのまま相手の動きに合わせるように動きます

 

 もし、これで手を離すようなことになれば、「手解き」を意識した技を用いるまでもないので、別の展開になりますが、それは相手の意識の不備であり、武技として稽古する設定以前の問題になります。

 

 こういう時、私はいつも道場生に話していますが、自分の動きは相手に対してどうしたいかをきちんとイメージする様にと説明していますので、今回も同様にしてもらいました。

 

 その意識で上の写真を見ていただきたいのですが、この時点で手の甲が下を向いているところが見えると思います。

 

 単純な目で見ていればそういうところが見えていないことになり、結果として魂が入っていない動きになってしまいますそれが力技につながる、ということを何度も説いていますので、そういう中から武技に広く通じる原則論的なところを理解してもらえればと願っています。

 

 上の2枚を別アングルから撮った写真をアップします。そのことで、この箇所を立体的に捉えてください。

 

 

 この時、微妙なところに気付いていただきたいのですが、それは相手の肘関節の様子です。

 

 この段階ではわずかに曲がっていますここでの「見えない技」としては、自身の上肢の動きを活用して肘関節を伸展させるようにし、そういう身体操作をこの後の技に影響させるのです。

 

 その様子は実演して見てもらいましたが、その動きもまた「見えない技」の類であり、ライブで説明してもなかなか理解してもらえないところがあるので、ここでお話しすることは控えます。予めご了承ください。

 

 

 今回は「中段外受け」の要領で「手解き」を行ないますので、自身の反対の上肢で相手の手首の外側に触れます

 

 撮影時のアングルを変えたのでさっきの写真とは互いの立ち位置が左右入れ替わっていますので頭の中で切り替えていただきたいのですが、今お話ししたような状態になっていることがお分かりになると思います。

 

 肘関節が進展している状態でこの状態から「外受け(そとうけ)」の要領で動かされたら、掴んでいる指が外れます

 

 最初、その時の動きは呼吸法と共に行なうように脇を締め、上肢の絞りもしっかり意識します。そういう身体操作を「(かた)」で学ぶわけですが、それを活かすシーンの一つになります。

 

 

 別アングルから撮った写真です。

 

 「外受け」の要領で行なうということはすでにお話ししていますが、その際、掴まれている側の上肢は素早く腰に引くようにします。

 

 その動きも「手解き」の技の質に関係することになり、同時に反撃の際の準備動作にもなります。

 

 腰の使い方に留意しますが、そういうところはこの日の第1部の稽古にも通じるところがあります。

 

 

 最後の動作になりますが、極め技になる「突き」の様子です。

 

 「手解き」から「突き」までをいかに淀みなくできるかがポイントですが、そのためのベースは武技の全体像を頭の中に刻み込み、それをベースに動くことが大切です。

 

 また、腰の使い方の意識が重要になりますが、第1部での稽古の要諦がここでも意識してもらうことになりました。

 

 そういう意味では、研究稽古らしい展開になりましたが、次回の稽古までしっかり覚えておき、またその通りの動きができることを願っています。

 

 

 

 

 

※話題の新刊「北斗神拳の謎に迫る」が全国の有名書店、ネット書店で発売されました。アマゾン、楽天、紀伊国屋書店のサイトへのリンクを貼り付けますので、興味のある方はクリックしてください。

▼アマゾン 「北斗神拳の謎に迫る」

▼楽天 「北斗神拳の謎に迫る」

▼紀伊国屋書店 「北斗神拳の謎に迫る」

▼アマゾン 電子書籍「北斗神拳の謎に迫る」

 

 

※テーマとは関係ありませんが、新刊・DVDのお知らせです。靭帯を意識した新しい骨格調整法をご紹介した「靭帯療法」(BABジャパン)が6月20日・6月23日に発売になりました。武術家の方にも役立つと思いますので、ご興味のある方は下記をクリックしてください。

▼版元(BABジャパン)電話:03-3469-0135

               メール: shop@bab.co.jp

 

▼アマゾン:書籍「靭帯療法」  ←左記をクリック

        DVD「靭帯療法」  ←左記をクリック

        電子書籍「靱帯療法」  ←左記をクリック

▼楽天:書籍「靭帯療法」  ←左記をクリック

     DVD「靭帯療法」  ←左記をクリック

 

▼活殺自在塾公式HP
 (活殺自在塾のHPは上記をクリック)

   ※武術の修行と生活の両立を図るプログラムで塾生募集中

 

 ※活殺自在DVD第1巻「点の武術」、大好評発売中!

   アマゾンでも販売を開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/e5CUX-zn9Zk

 

 ※活殺自在DVD第2巻「極意の立ち方」、発売開始!

   アマゾンでも発売開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/FGwnVXcgCBw


 

活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」/中山隆嗣,道田誠一

¥5,940

Amazon.co.jp

 

活殺自在DVDシリーズ第1巻 「点の武術」/中山隆嗣,道田誠一

¥4,860
Amazon.co.jp 
 
 秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い!/中山隆嗣
  
¥1,512
Amazon.co.jp
 
 東洋医学と武術でカラダを変える 空手トレ! 強くなる鍛え方 [DVD]/中山隆嗣
  
¥5,400
Amazon.co.jp