中山隆嗣の「活殺自在」

中山隆嗣の「活殺自在」

武道と癒しを中心に、生き方、日々のことを綴ります。

武の究極、活殺自在を学びたい方

  ⇒活殺自在塾


エクササイズ・護身・健康に興味がある方

  ⇒ボディバランス空手


快整体術をプロとして学びたい方(全国可)

  ⇒快整体術研究所


直真塾で千唐流空手道を学びたい方

  ⇒快整体術研究所にお電話ください

 一昨日の続きです。


 この日は「蹴り」を中心に行ないましたが、稽古の頻度として少ない技になりました。


 でも、や「(かた)」には登場するものもあり、そういう意味では珍しい技というわけではありません。ただ、基本の単独稽古として行なうことが少ない技ですし、それを集中してやったというところにいつもとは違った雰囲気がありました。


 もちろん、1回あたりに十分な稽古時間が取れる、という条件があれば、いろいろな技を網羅できるでしょうが、限られた時間の中ではできることも少なくなります。


 だからどうしても普段のオーソドックスな技が多くなりますが、時々今回のような稽古のパターンになることがあります。そういう時は出席者のレベルなどが関係することになりますが、今回はそういうことを考慮した上でメニューを構成しました。


 もっとも、一つの技に内在するポイントの中には、他の技に応用できる要素もいろいろ含まれていることがあり、例えば昨日お話しした膝蹴り(ひざげり)」の場合、「前蹴り(まえげり)」や「回し蹴り(まわしげり)」の際の膝のかい込みというところにも関係することになりますので、その意識で稽古できれば一つのことで複数の展開へとつながる可能性があるのです。


 一般的に、ある技を稽古した時、意識がそれだけの範囲で留まってしまい、他への応用ができない、といった硬直した頭になる人がいますが、柔軟な考えを持てればいろいろな方向に展開できます。


 私は初代から考えることの大切さを教えていただきました


 それは私の中では大変大きく響いており、武術のことだけでなく、他のことについても同様の意識でいられるようになりました。


 一つの事象に対して複数の視点から見ることの大切さと、その実践について、ということを考えるに至るわけですが、直真塾ではそれを武技の稽古の中で理解してもらうことも少なくありません。


 このブログは空手がテーマですからこのことを稽古を通してお話ししますが、見た目の内容については過去にも行なっています。ただ、道場生にも新陳代謝がありますので、まだそういうことを経験していない人もいます。


 だからこそ、前述のことを念頭に稽古に臨んでもらったところがありますが、具体的な今日のお話はタイトルにもあります「三日月蹴り(みかづきげり)」をテーマに進めていきます。


三日月蹴り  その「三日月蹴り」ですが、「前蹴り」と「回し蹴り」の中間の軌道を取る「蹴り」になります。


 「前蹴り」の場合、下肢の動きは床と垂直の軌道になりますが、「回し蹴り」の場合、膝のかい込みは床と水平に近い角度を原則とし、そこから腰の捻りと膝のスナップを活用して蹴ります


 これが基本的な「蹴り」のイメージになりますが、「三日月蹴り」の場合、膝のかい込みが床に対して45度くらい(これは厳密な角度ということでなく、「前蹴り」・「回し蹴り」の膝のかい込みに対する違いを意識してもらうための比喩的な数字と理解してください)を意識します。


 用法としてはタイトルにあるように攻撃としても「受け」としても活用できますが、接触点の違いや、技の目的遂行のための具体的な意識にも違いがあります。


 この日はそういう点も明確にしながらまずは単独稽古を行ない、その後にペアを組んでその用法を理解してもらいました。


 ここではその両者にまたがってお話ししていくことになりますが、まずは「蹴り」という名称に従って攻撃技としての立場からの話になります。


 その意識で上のイラストを見てみると、実はこの様子は「受け」としての用法の際のものです。攻撃技としての「三日月蹴り」の画像がないので、これはイメージとしてご理解ください。


 そこで攻撃技としての「三日月蹴り」について、文章で説明していきますと、全体的な技の軌跡については前述の通りです。


 ですから、ここでは接触部位から説明すると、「前蹴り」や「回し蹴り」同様、上足底になります。そのため、足の指先のコントロールがきちんとできていることが要件になりますが、「前蹴り」や基本の「回し蹴り」ができている人の場合は問題ないはずです。


 このことはペアを組んだ稽古の際に確認することになりますが、膝のかい込みの角度によって受ける側の反応が異なることは攻守を入れ替えて稽古することで実感できます。


 一般的に組稽古の場合、受け役側はただ立っていれば良い、といった意識になりがちですが、その意識でいつまでも初心者の域を脱することはできません。このことはいつも口を酸っぱくして言っていることですが、一つの技を立場を変えてみることはとても重要であり、自分で経験した技の見え方というのは相手も同様に感じることになりますので、より良い技のためには反対側に立って工夫する意識が不可欠なのです。その時、自分が嫌な感じで仕掛けられたと感じれば、それは自身が放った技でも相手はそう感じるはずで、そのことを学ぶための場でもあるのです。


 稽古の様子を見ていると、まだその意識が低いと感じられるペアもありましたが、少しずつ良いほうに変わっていくことを期待しています。


 ところで、この「三日月蹴り」を攻撃技として用いる場合、独特の角度からの技になりますので、相手としては構えでガードしていると思っているところの隙間から「蹴り」が入ってきます。仕掛けるほうとしてはその意識で蹴っているわけですから当然なのですが、こういうことはちょっとした違いで変わってきます。


 そういう感覚をペアを組んでの稽古で感じ、そういった技のコントロールを意識して数をこなすのが大切、ということを何度も説明し、正確なコントロールの大切さの認識に努めてもらいました。


抜塞 さざ波受け  左のイラストは「三日月蹴り」を「受け」として用いている様子ですが、稽古ではその前に相手の構えを崩す、というところから行ないました。


 攻撃技というのは、基本的には急所が多く存在する体幹部を対象するすることが多く、「蹴り」として稽古した時はその意識で行なってもらいました。


 ですから、「受け」として用法のイメージに近い「崩し」のための動作というのは感覚的に戸惑いがあったかもしれません。


 しかし、意識を変え、「崩し」も攻撃であり、その対象が相手の上肢だった、ということにすれば良い、ということとそのための身体操作について解説しました。


 ただ、それを実践しようとすれば、相手の肩関節などに大きな負担をかける可能性があり、不要な怪我を避けるため加減してもらった上で回数も制限しました。


 その上で今度は実際に「受け」としての稽古に移りましたが、その一つは上のイラスト通り、「突き」に対する技として行ないました。


 その様子を見ていると、2つの問題が見えました。一つは「突き」のスピードと「受け」としての「三日月蹴り」のスピードの違いです。その場合、後者のほうが間延びし、それでは「突き」をもらってしまう、というタイミングなのです。


 もう一つは間合いの問題で、身体の固い人の場合、どうしても適切な部位で受け切れていない、というケースが見られました。


 技の使用例として挙げられる「突き」に対する「受け」として「三日月蹴り」ですが、このような各人の問題に起因するケースを見ると、もっと使えそうな用法を考える必要があります。


前蹴り  そこで行なったのが、相手が「前蹴り」で仕掛けてきた場合に「受け」として用いる用法です。


 左に「前蹴り」の画像をアップしましたが、相手が蹴ってきたタイミング合わせ、受ける側が「三日月蹴り」で対応する、というものです。


 でも、この時は「受け」としての用法ですから、受ける側の使用部位は土踏まずになります。


 これは「三日月蹴り」を「受け」として用いる場合の使用部位になり、前述の「崩し」の場合も含め、冒頭の攻撃として用いる場合とは異なった身体操作になります。


 両者とも下肢を用いますので、間合い的にもタイミング的にも合わせやすく、そういう意味では「突き」に対応する技としてよりは使いやすいと思われます。


 ただ、稽古を重ね、自身の武術家としての能力が上がった場合、難度の高いケースにもチャレンジし、使えるようにしてもらうことも必要だと思いますので、この意識は今後とも持ってもらうへくアドバイスをしました。


 ところで、「前蹴り」に対する技の場合のターゲットですが、今回は相手の大腿部の内側を狙ってもらいました。


 その時の下肢の動かし方ですが、接触した後、自分のほうに少し引き寄せるような感じにすることが大切です。これは「崩し」や「受け」として用いる場合に共通する身体操作ですが、それは自身のバランスを保つためと、技の目的をより的確に発現させるための工夫でもあります。


 慣れないと自身のバランスを崩すことが多くなりますが、組稽古のメリットは反作用を体感できることであり、空稽古では得られないこのようなことを念頭に稽古することの大切さを理解してもらいました。


 稽古はこの後も続きましたが、長くなりますので今日はここまでにさせていただきます。






 ▼活殺自在塾公式HP
 (活殺自在塾のHPは上記をクリック)

   ※武術の修行と生活の両立を図るプログラムで塾生募集中


 ※活殺自在DVD第1巻「点の武術」、大好評発売中!

   アマゾンでも販売を開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/e5CUX-zn9Zk


 ※活殺自在DVD第2巻「極意の立ち方」、発売開始!

   アマゾンでも発売開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/FGwnVXcgCBw



活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」/中山隆嗣,道田誠一

¥5,940

Amazon.co.jp


活殺自在DVDシリーズ第1巻 「点の武術」/中山隆嗣,道田誠一

¥4,860
Amazon.co.jp 
 
 秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い!/中山隆嗣
  
¥1,512
Amazon.co.jp
 東洋医学と武術でカラダを変える 空手トレ! 強くなる鍛え方 [DVD]/中山隆嗣
  
¥5,400
Amazon.co.jp

 昨今の状況を鑑み、セミナー開催について検討しましたが、予定通り行なうことになりました。


 千唐流関係のセミナーとしては、原則として年1回、日本千唐会や総本部主催で行なわれますが、今回は東京都本部主催ということで開催されます。


 もともと直真塾の内輪のセミナーとして考えていましたが、事務局長と相談の上、東京都本部主催で行なうことになりました。


 ただ、冒頭でちょっと触れましたが、今、新型コロナウイルスの問題がありますので、実施の有無についてはきちんと検討しました。結果的に予定通り行なうことになりましたが、当然当日、体調の問題からキャンセルされる方もいらっしゃるかもしれません。こういう時期ですから、まず体調優先ということにしていただきますので、実際にはどれくらいの参加者になるのかは不明です。


 今回のセミナーでは私が講師になりますので、決して体調を崩すわけにはいきません。仕事も健康関係の業種なのでこの点は人一倍気を使っており、幸い何の問題もありません


 それで予定通りこれから出かけますので、いつもよりも短いブログになることをご了承ください。


千唐流セミナー 形
















 上の写真は3年前、千唐流の東日本講習会で私が担当した講座の稽古風景で、「(かた)」を行なっているところです。ここではイメージとしてアップしました。


 写真は全ての「形」に共通する初動作について説明し、身体を動かしているところですが、今回のセミナーは基本中心になります。


 そこでは千唐流の基本と他流との異同について、身体の仕組みを前提に解説・稽古していく予定です。


 加えて座学を予定しており、今回は空手道史概論として、空手道の成立を中心に講義していくことになります。


 今回は歴史の導入部分であり、今後のセミナーで空手道の近代史や流儀の思想、武の理、武と身体などをテーマに座学として行なっていくことを考えています。


 会場の確保などの問題もありますので、次回がいつになるかは現在未定ですが、今日の様子を見つつ、検討していきたいと思います。


 それではそろそろ出かけなければならないので、今日はここまでにさせていただきます。


 なお、このセミナーの様子については後日、このブログでも綴っていきたいと思います。







 ▼活殺自在塾公式HP
 (活殺自在塾のHPは上記をクリック)

   ※武術の修行と生活の両立を図るプログラムで塾生募集中


 ※活殺自在DVD第1巻「点の武術」、大好評発売中!

   アマゾンでも販売を開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/e5CUX-zn9Zk


 ※活殺自在DVD第2巻「極意の立ち方」、発売開始!

   アマゾンでも発売開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/FGwnVXcgCBw



活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」/中山隆嗣,道田誠一

¥5,940

Amazon.co.jp


活殺自在DVDシリーズ第1巻 「点の武術」/中山隆嗣,道田誠一

¥4,860
Amazon.co.jp 
 
 秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い!/中山隆嗣
  
¥1,512
Amazon.co.jp
 東洋医学と武術でカラダを変える 空手トレ! 強くなる鍛え方 [DVD]/中山隆嗣
  
¥5,400
Amazon.co.jp

 ある土曜日の話です。


 基本的には一般稽古の日ですが、この日は普段あまり稽古していなかった種類の「蹴り」を意識したものにになりました。


 もっとも、あまり稽古していなかったというのは基本の単独稽古の場合で、や「(かた)」では登場している技です。一部違ったものもありましたが、こういうテーマの時に経験してもらうつもりで行ないました。


 一般稽古の場合、試合を意識している人も多いため、どうしてもそこで有効とされる技が多くなりますが、空手道の技術的な広がりを理解してもらうにはこれまでと異なった技を稽古も大切です。


 とは言っても、物事には順序があります。やりやすいところ、多少馴染みがあるところから入っていくのが常ですので、稽古の冒頭はタイトルにもあるように「膝蹴り(ひざげり)」からスタートしました。


基本型Ⅲ 膝蹴り























 上にその様子を示したイラストをアップしましたが、稽古のイメージはほぼこんな感じでした。


 少し詳しくお話ししますが、一口に「膝蹴り」と言っても、内容的には3パターンありました。上のイラストだけからは分かりにくいと思いますので、それぞれの内容について説明していきます。


 まず念頭に置いてもらいたいのは、上のイラストのケースで言えば、膝を高く蹴り上げる場合と、遠くに飛ばすイメージで行なう場合があります。


 それで2パターンということになりますが、最初は前者の場合です。


 イラストご覧いただければお分かりのように、ここでは両上肢の動きも込みで稽古しました。


 その両上肢の動作の意味は、相手を固定するために、あるいは崩すために掴む、ということを表しており、「蹴り」もその様子と連動させなければなりません。


 そこで膝を高く蹴り上げる、という場合ですが、これは相手の姿勢が前傾しているからこその技となります。その状態から蹴り上げるほうが相手へのダメージが大きくなるのは当然のことであり、ならば両上肢の操作もそのために行なう、ということが必要になります。


 その場合、さらに2パターンあり、一つは相手の襟を掴んで崩すケースです。そしてもう一つは、相手の首に手や上肢を回して崩す場合になります。


 今回の場合、襟を掴んで行なうパターンで行ないましたが、もし相手が普通の服装で、掴める襟がない場合にはできない技になります。その時はもう一つのパターンになりますが、一般稽古の日ということもあり、この日はそのパターンでは行ないませんでした。


 そこで道場生にイメージしてもらったのは、如何にすると相手の上体を前傾させることができるか、ということですが、これは掴み方と共に、どういう引き込み方にするかということでした。


 その場合、自身のほうに引き込むような状態になるわけですから、確固たる中心軸が必要になり、この点の意識が抜けていると、引き込むつもりが逆に自身の姿勢の崩れを招くことにもなりかねず、武技としては失敗になります。


 その上で留意してもらったのは、上肢の意識で小指の締めと連動させての脇の締めでした。この意識が抜けていると、腕力で引き寄せようという動作になりますが、こういう意識は武技の基本である丹田の意識の確保に悪影響を及ぼし、腰高になり、技も軽くなる可能性があります。


 このブログでは何度もお話ししていることですが、武技は全身で行なうものであり、決して作用している個所だけを意識して行なうものではありません。ここではこういった基本認識の確認も踏まえ、ポイントを意識して数をこなしてもらいました。


 ところで、膝を遠くに飛ばす意識で行なう場合ですが、これは高く膝を蹴り上げる場合とは異なり、前方に突き出すような感じが必要で、身体ごとぶつかるイメージが必要です。


 その場合、高く蹴り上げるような感じではなく、自身が相手に近づくような身体操作が必要になります。


 となれば、前述の意味での身体の中心軸を固定するという感じではなくなりますので、両上肢の意識と体幹部の用法や意識も違ってきます


 具体的には、両上肢は相手を引き込むために用いるのではなく、逆に自分の身体を相手に近づけるために用いる、といったイメージが必要になります。先ほどの場合とは逆になるので、道場生にはその意識の使い分けが難しかったようで、結構ぎこちない様子が伺えました。


 もっとも、上級者の場合、ちょっとアドバイスしただけで自分の動きにすることかできたようで、この点はベースになるところの出来上がり方の違いということになります。


回し蹴り





















 ここで「膝蹴り」の3つ目のパターンについて説明します。


 絵のイラストは回し蹴り(まわしげり)」の膝のかい込みの様子を示したものですが、ここまでの様子は別の視点で見ると「膝蹴り」とも見えます。


 実際、「膝蹴り」の場合、冒頭のイラストのように前蹴り(まえげり)」の途中動作とも取れる箇所があります。そのため、「膝蹴り」の稽古は「前蹴り」・「回し蹴り」に通じる準備稽古としても可能なところがあり、ここではそういう説明をしながらの稽古になりました。


 両者の違いを改めて説明すると、冒頭のパターンでの「膝蹴り」の場合、床に対して垂直の軌道になります。それに対してここでお話ししている「膝蹴り」の場合、床と平行に近い軌道になります。


 当然、実際に使用する場合にはそれを合わせた身体操作を必要とします。


 そこでこの稽古で意識してもらったことですが、わずかに斜め前にステップし、上肢を自身の側方に動かしつつ「膝蹴り」を行ないます


 この動作は、相手からの「突き」を捌きつつ、相手の首の後ろに上肢を引っ掛けるような感じで回し、そのまま引き倒しながら膝を床と平行に近い角度から腹部に蹴り込むイメージで行ないます。


 上肢と下肢の動きの連動の感覚が、最初に行なった「膝蹴り」とは異なることになりますが、武技としての質をキープするためには、腰の意識が欠落してはなりません。


 稽古を見ていると、どうしても蹴る際に不用意に腰が伸び上がるような感じになっている人がいますが、それが過ぎた状態になれば技の質が落ちます。適度な範囲内であれば、逆にプラスに働く場合もあるでしょうが、そこは微妙なところです。今回はなるべく腰の上下がないようにしてもらいましたが、上肢の動きとも関係するところであり、ここでも武技は全身で、ということを理解してもらうことになりました。


 稽古はこの後も続きましたが、今日はここまでさせていただきます。








 ▼活殺自在塾公式HP
 (活殺自在塾のHPは上記をクリック)

   ※武術の修行と生活の両立を図るプログラムで塾生募集中


 ※活殺自在DVD第1巻「点の武術」、大好評発売中!

   アマゾンでも販売を開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/e5CUX-zn9Zk


 ※活殺自在DVD第2巻「極意の立ち方」、発売開始!

   アマゾンでも発売開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/FGwnVXcgCBw



活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」/中山隆嗣,道田誠一

¥5,940

Amazon.co.jp


活殺自在DVDシリーズ第1巻 「点の武術」/中山隆嗣,道田誠一

¥4,860
Amazon.co.jp 
 
 秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い!/中山隆嗣
  
¥1,512
Amazon.co.jp
 東洋医学と武術でカラダを変える 空手トレ! 強くなる鍛え方 [DVD]/中山隆嗣
  
¥5,400
Amazon.co.jp

 ある火曜日の稽古の話です。


 上級者が集う研究稽古の日ですが、行なった技の種類としては3つでした。


 このうちの2つは内容的にも難しく、画像もないのでブログでお話しすることは割愛させていただきます。


 概要だけは記しておきますが、「」と「」を意識した攻防の稽古です。


 前者の場合、ある道場生が稽古前に行なっていた動きを武技に展開するということで、全身を連動させ、「開手(かいしゅ)」にて行なう技です。


 相手からの攻撃を柔らかく受け流し、淀みなく反撃するというもので、その技すらも指先を柔らかく用い、また、死角からの攻撃を行なうことで虚を突く内容になります。


 後者の場合、(かた)」のある動作を応用し、「受け」の段階から「剛」を意識し、そこで生じた一瞬の隙から「崩し」に展開する、という技です。


 いずれの場合も、ペアを組んだ両者の予想以上に効果大で、その表情は共に驚きでした。自分の技が思っていた以上に効果があるとは想像していなかったのでしょう。


 ただ、それはこの日の出席者のレベルも関係するわけで、各自のベースがあって初めて可能になることです。そういう条件がなければそもそも稽古のメニューに加えたりしませんし、一般稽古では見せることもない技です。


 そういう内容のため、次回は何時稽古することになるかは分かりませんが、上級者ですから今回の稽古もどこかにその内容は止めおくでしょうし、それができるのが上級者の能力でもあると期待しています。この日、上級者の中でもさらに絞られたのでできたことですが、同じような条件になった時に復習としてやってみようと思っています。


 ところで冒頭、この日は3つの技を稽古したと記しました。今、お話ししたのは2つの技についてであり、もう一つ稽古したことがあります。


 この技は一般稽古の時にもやったことがあるので、今日はその話を書きます。


千唐流反撃法 行合






















 上の写真は初代の著書からのものですが、今となっては大変貴重なものらなります。


 写真は極めのところになりますが、これは「千唐流反撃法(ちとうりゅうはんげきほう)」として稽古される中で「行合(ゆきあい)」と呼ばれる技になります。


 この写真がブログで公開されるのは初めてになりますが、競技全盛の現代空手にあっては古の香りを感じる技になります。試合ではポイントになるような技ではありませんが、いろいろな場面が想定される実戦を前提とした場合は意識して稽古すべき内容を含むということでこの日、稽古しました。


 この日、冒頭お話しした稽古は最初からいた道場生を対象に稽古していましたが、途中から別の道場生が増えてきましたので、キリが良いところでメニューを変え、それがこの「行合」だったわけです。


追い付き・運足  ここから稽古の様子について少し詳しく説明しますが、そもそも「行合」という技は互いがすれ違う時に行なわれる技ですので、その状況を作ることが必要になります。


 その場合、基本としては定番の「追い突き(おいづき)」て行なうことになりますが、互いに基本の構えの状態から同時に行ないます


 ただ、同じライン上であればぶつかってしまいますので、わずかにズレます。


 その状態で1歩進んで突き、そこでは互いの間合いに入っているわけですから後方に突き抜けるような感じになります。それくらいの意識で行なってもらいましたが、次の瞬間は1歩下がりながら再度突きます


 また最初の状態に戻ることになりますが、そこからもう一度「追い突き」を行ないます。


 先ほどはそこから1歩後退して再度突いたわけですが、今度は下がらず、冒頭の写真のように「猿臂(えんぴ)」を放ちます


 その時は間合いにより「後猿臂(うしろえんぴ)」と「横猿臂(よこえんぴ)」合わせたような感じになることもありますが、こういうところは実戦の場で瞬時に判断し、行なわなければならないことになります。


 今回の稽古の場合、いずれかが仕掛ける側ということでありませんでしたので、この「猿臂」については互いに同時に行なってもらいます。互いの技が衝突しないように気を付けてもらうことになりますが、この場合に限らず稽古でも実戦でも気を付けてもらわなければならないところであり、ここでもきちんと注意しました。


関節蹴り  左のイラストは別の技の様子を示したものからの借用になりますが、「足刀(そくとう)」による「関節蹴り(かんせつげり)」です。


 技を放つ側からすれば「下段足刀蹴り(げだんそくとうげり)」になりますが、そのターゲットが膝関節になる、というわけです。


 ここでの稽古はそれを前述の「猿臂」の代わりに行なう、というパターンもありました。それで上のイラストをアップしたわけですが、ここでは下方に蹴り抜くくらいの意識が必要です。


 そのため、稽古ではしっかり床を踏みつけるような動作をしてもらいました。


 実際にその勢いで膝関節に当たっては危ないことと、「猿臂」同様互いに行なうため、そもそも膝関節に当てることはできない、ということも関係しています。


 そしてこの稽古の場合、変なコントロールが不要になる関係上、それなりの勢いで行なうことができ、武技として用いる場合のイメージトレーニングはできたのではないかと思われます。


 こういう稽古の時、初学者が混じっていると床を蹴るというところにブレーキがかかり、十分な「蹴り」の状態になっていない、ということがあります。


 床がコンクリートのように弾力がないのではあれば別ですが、この日は武道場での稽古ですし、出席者のレベルからも大丈夫です。そういうところでの稽古ですから、この「蹴り」による攻撃については、それなりのクオリティーで行なうことができました。


 今日は「行合」という技の話が中心になり、中でも極めのところに話が集中しました。


 そこで最後に、「突き」が交差するところで注意したことを一つお話ししておきます。


 前述の通り、ここでの左右の間合いはギリギリであり、この状態だからこそ意識できることがあります。


 それは、「突き」の際の肘の開き具合の確認というところです。


 今回はさすがにそういうところはありませんでしたが、初学者の場合、こういう設定では「突き」が交差する時点で肘がぶつかり合う、ということがあります。本来は肘を外に張らないようにした突かなければならないところを、変に広がり、その結果が接触するというトラブルにつながるのです。


 こういう癖を持った人用の修正稽古の方法もありますが、今回は上級者ということでそういう心配はありませんでした。







 ▼活殺自在塾公式HP
 (活殺自在塾のHPは上記をクリック)

   ※武術の修行と生活の両立を図るプログラムで塾生募集中


 ※活殺自在DVD第1巻「点の武術」、大好評発売中!

   アマゾンでも販売を開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/e5CUX-zn9Zk


 ※活殺自在DVD第2巻「極意の立ち方」、発売開始!

   アマゾンでも発売開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/FGwnVXcgCBw



活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」/中山隆嗣,道田誠一

¥5,940

Amazon.co.jp


活殺自在DVDシリーズ第1巻 「点の武術」/中山隆嗣,道田誠一

¥4,860
Amazon.co.jp 
 
 秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い!/中山隆嗣
  
¥1,512
Amazon.co.jp
 東洋医学と武術でカラダを変える 空手トレ! 強くなる鍛え方 [DVD]/中山隆嗣
  
¥5,400
Amazon.co.jp

 先日、辛口批評マガジンとして知られる「MONOQLO」(晋遊舎)の検証取材に出かけた話を書きましたが、一昨日(2月19日)、全国の有名書店・一部コンビニ・アマゾンなどで発売になりました。


モノクロ 2020年4月号
































 表紙の画像をアップしましたが、本屋さんにはすでに並んでいます。


 今月号で私が関係したのはタイトルにもありますように脚付マットレスで、ベッドの一種とご理解ください。


 私自身、家具の分類基準については明るくないので、その区別についてはよく分かっていません。


 でも、評価の際には寝具という視点で行ないました。


 ただ、当初予定していなかったポイントととして、腰かけた時の状態についてもコメントしました。


 というのは、使用例の一つとしてここに腰掛け、テレビなどを見ることもあるのでは、ということからだったわけですが、その視点での検証ページもきちんと掲載されています。


 この特集は36ページから42ページまで掲載されており、昨年のベッドの検証同様、体圧分散のデータまで示されています


 さらには、これも昨年同様、マットレスを解体し、その構造までも明らかにしてあります。それが寝心地にどう影響するのか、それは本誌でご確認ください。


 睡眠は人間にとってとても大切な要素であり、この点がきちんと確保されていなければ質の高い生活・仕事は望めません


 そう考えると、寝具はより良い生活のための必須アイテムということになるわけで、今回、私もその認識で検証に臨みました。


 予定を1時間以上オーバーするくらい熱が入りましたが、その様子が紙面を通じて少しでも伝わればと願っています。


 ちなみに、136ページから143ページには、今もっとも関心が高いであろうマスク30製品についての検証ランキングが掲載されています。


 基本的には花粉症対策を意識された文面になっていますが、ウイルスに近いサイズの試験用粉体を使用しての検証なので、今話題のコロナウイルス対策マスクの参考にもなるのではと思っています。


 具体的には本誌をご覧いただければと思いますが、お役立ちの情報満載の号になっています。

 昨日の続きです。


 「打ち」をテーマにしての稽古したわけですが、昨日は手刀打ち(しゅとううち)」を連続して放つ、というパターンの話でした。


 この日は「その場稽古(そのばげいこ)」として「手刀(しゅとう)」と「裏拳(うらけん)」について行ないましたが、その後ペアを組み、具体的な用法として稽古しました。


 昨日お話しした内容は、相手からの「突き」による攻撃の際、一方で交差法的な対応し、他方で極める、というパターンでした。


 急所を念頭に、活殺自在的な視点から身体の仕組みを前提とした技の構成例として説明したわけですが、今日は「裏拳打ち(うらけんうち)」を「拍子」を意識した技の一例として稽古した話になります。


 武術の「見えない技」の一つにこの「拍子」がありますが、きちんと意識しないといずれの技それぞれが中途半端になり、せっかくのチャンスをフイにしてしまう可能性があります。


 実戦では攻守が瞬時に入れ替わることも珍しくなく、その機会を活かすことが無ければそのまま負けることになる可能性が高くなります。


 組手稽古を見ていると、攻撃と防御に変な間(ま)を感じることがあり、それを修正すれば今のチャンスを活かせたのに、と思える瞬間も珍しくありません。


 もちろん、それは試合の視点ではないため、使用する技の種別は多彩になります。試合を意識した場合、ポイントとして得られる技を意識することが多くなり、実戦を想定した「形」に登場する技を放つ機会が無くなります


 それでは武術を意識する直真塾としては物足りないわけで、道場内組手では試合のポイントという概念に囚われず、自由に技を出してもらいたいと願っています。


 もっとも、安全性も意識しなければなりませんので、たとえ防具を付けていても危険性を有する技については注意しなければならず、そのような技の稽古については補完稽古の中で身に付けてもらいます。そこで危険性の排除に留意した上で行ないますので、そういった構造を意識した稽古メニューの構成を意識しています。


 ただ、今日お話しする技については試合でも使用可であり、稽古を通じてそういうことを理解し、組手の時間に活用してもらえればと考えています。


中段順突き  さて、例によって仕掛け技ですが、定番の「中段追い突き(ちゅうだんおいづき)」でやってもらいました。


 これまで横からの様子を表したイラストが多かったのですが、今回は正面からのものをアップしました。


 もっとも、イラストは左で突いています。このイラストしかなかったためですが、実際には右で突いてもらいました。ですから、ここではイメージとして理解していただきたいのですが、方向から自身のほうに向かって突いてくる様子が想像しやすくなったと思います。左右逆ということはありますが、その点は頭の中で入れ替えてください。


 この時、仕掛ける側の意識としては、これまで同様、相手の身体を突き抜くくらいの意識が不可欠であり、もし捌きそこなった、受けそこなったという場合は、受ける側が悪いという条件で行ないます。


 そういう場合、仕掛ける側が遠慮するケースもありますが、そういうところが露骨に出ている場合は注意の対象とします。


 「上段突き(じょうだんづき)」であれば少々事情が違いますが、「中段突き(ちゅうだんづき)」の場合は仕掛ける側も真剣に行なってもらいます。


 実戦を想定した稽古の場合、このブログでもよくお話ししているように、「拍子」の意識も重要です。


 ここでの「拍子」とは、運足と「突き」のところであり、初心者であれば「追い突き(おいづき)」はまず運足を意識し、きちんと立ち方が極まったところで突くようにアドバイスしています。


 しかし、今回行なっている稽古の場合、そういった初学者用の身体操作ではなく、実際の戦いでの「拍子」を意識してもらいました。


 つまり、運足と「突き」を限りなく1拍子にする、ということです。上肢と下肢の動きの質を共に意識し、武技としてのクオリティで仕掛けてもらったわけです。


 こういう意識の有無が稽古全体の質にも影響し、攻防共に使える技にしていくということを改めて認識してもらいました。


内受け 1  続いて受ける側の話ですが、具体的に用いる技は左にアップした「中段内受け(ちゅうだんうちうけ)」です。


 稽古の際、両者は基本通り、左側を前にしており、「受け」を行なうのは前手側です。


 つまり左側の上肢で受けることになりますが、イラストは右側で受けています。「突き」の場合同様、稽古で行なった側と反対になったわけですが、この点についても頭の中で入れ替えて稽古の様子を理解してください。


 ところで、「受け」には「」・「」いずれのか意識で行なうパターンがあり、いろいろな条件で変化します。


 基本として行なう場合、「中段内受け」は「剛」の意識で行なうことが多くなりますが、実際に行なう場合はいずれの場合も構いません


 それぞれに注意点がありますが、それを意識していればきちんと効果は出ます。


 でも、明確にしておかないと稽古の質が中途半端になる懸念がありますので、今回は「柔」の意識で行なってもらいました。


 その場合、接触点は尺骨側になります。


 これは仕掛ける側・受ける側いずれも同様ですが、「剛」を意識する場合、仕掛ける側の橈骨側を狙うことになります。これは急所の関係からですが、そこでは接触した時に電気がスパークしたような感じになるイメージで行ないます。


 正確に急所を狙うコントロールということが「見えない技」の一つとして意識されなければなりませんが、今回は「柔」の技として行ないますので、前述の意識はあまり必要ありません。


 しかし、接触時に「同化の意識」が不可欠になり、その上で相手の姿勢を崩すところまでイメージして行なうことが必要になります。


 その際、相手の感覚としては、自然に攻撃が流され、それがいつの間には姿勢の崩れにつながった、という感じになるようにします。


 言葉で書いてしまえば簡単そうに見えますが、実際にやろうとするとどうしても固い動きになってしまう、というケースが多くなりますが、タイトルに示したような技にするにはこの点をクリアしなければなりません。


 そのため、反撃技まで入れて稽古する前に「受け」のところまでを繰り返し行ないました。


 そのことで少しずつ滑らかな動きになってきましたが、今度はそこから反撃技が加わります。


裏拳  昨日は「手刀」による技でしたが、ここではもう一つの技、「裏拳」を用いたものになります。


 基本的なな用法についてはこの日の前半で稽古していますし、そのこともブログに綴ってあります。


 「手刀打ち」同様、技の軌跡でポイントが異なりますが、ここでは2パターン稽古してもらいました。


 一つは床と平行に動かす場合、そしてもう一つは垂直に動かす場合です。


 どちらのパターンで行なうかで「受け」の様子も変化しますので、先ほどお話しした「中段内受け」は基本通りの内容からはズレてきます。


 実戦ではその時の状況によって基本をアレンジして用いることになりますが、この稽古でもそうだったわけです。


 そこでこの点を簡単に説明しますと、前者の場合、「内受け」は接触した時点でそのまま後方に、「突き」のベクトルがあまり変化しないように留意しながら流します


 自身の腰の動きの切り返しに合わせて「受け」として用いた上肢も動きの方向と意識を変え、相手の顔面を狙って「裏拳打ち」を行ないます。


 後者の場合、相手の上肢に接触後、下方に誘導するようなイメージで動かし、ここで姿勢の「崩し」をイメージします。


 想定した状態になったら、ここでも先ほど同様、前腕の軌道を変え、なるべく床と垂直の方向を意識し、同じく顔面を狙います


 いずれも最終的には顔面をターゲットにすることになりますが、基本稽古では前者は「裏拳左右中段打ち(うらけんさゆうちゅうだんうち)」、後者は「裏拳左右顔面打ち(うらけんさゆうがんめんうち)」的な軌跡になります。


 基本とはターゲットが異なる場合もありますが、実戦ではそれをいろいろ変化させて使いますので、その具体例として理解してもらえればと思っています。







 ▼活殺自在塾公式HP
 (活殺自在塾のHPは上記をクリック)

   ※武術の修行と生活の両立を図るプログラムで塾生募集中


 ※活殺自在DVD第1巻「点の武術」、大好評発売中!

   アマゾンでも販売を開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/e5CUX-zn9Zk


 ※活殺自在DVD第2巻「極意の立ち方」、発売開始!

   アマゾンでも発売開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/FGwnVXcgCBw



活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」/中山隆嗣,道田誠一

¥5,940

Amazon.co.jp


活殺自在DVDシリーズ第1巻 「点の武術」/中山隆嗣,道田誠一

¥4,860
Amazon.co.jp 
 
 秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い!/中山隆嗣
  
¥1,512
Amazon.co.jp
 東洋医学と武術でカラダを変える 空手トレ! 強くなる鍛え方 [DVD]/中山隆嗣
  
¥5,400
Amazon.co.jp

 昨日の続きです。


 この日の稽古は「打ち」に特化した内容になり、前半はそれぞれの技の単独稽古でした。そこで基本的なポイントの理解と、その上で数をこなすというメニューになりましたが、後半はそういう稽古をベースに、それぞれの技の活用法、ということで行ないました。


 ただ、実際に稽古した技は「手刀打ち(しゅとううち)」と「裏拳打ち(うらけんうち)」の2つであり、後半の稽古もそれに準じました。種類から言えば少ないのですが、その分、質的には濃いものになったと思います。


 土曜日の場合は、いわゆる一般稽古となりますが、この日は特定の技に特化して行なえる道場生が集まりましたので、いつもとはちょっと異なる感じになったのです。


 そういう雰囲気については前日までのブログではお話ししてませんでしたので今日お話ししましたが、そのイメージが見え隠れするのが今日の稽古の話です。


 タイトルからもお分かりのように、今日のお話は急所を意識した攻撃技、ということになりますが、試合用の技ではありません。武術的な意識で行なうからこその急所を念頭に置いた技であり、その認識が無ければ魂が入りません。


 こういう場合、正確にコントロールする、という「見えない技」の存在が不可欠であり、これも出席者の質が関係してくることです。


 火曜日の場合、割とそういう感じになるところから研究稽古と称する内容になるわけですが、土曜日の場合はレベル差が生じることが多く、だからこそ一般稽古、という括りで行なうことになります。


 でも、それは最初から意図して分類しているわけではありません。自然にそういう傾向になり、結果的に最近のパターンが形成されていきました。


 こういうことがさらに整理され、全体的な稽古の雰囲気・内容が変わっていくこともあり得ますが、質の高い道場にしていくためにもいろいろ考えていきたいと思っています。


 さて、ここから具体的な今日のお話になりますが、使用するのはタイトルにもあるように「手刀(しゅとう)」になります。


 その基本的な注意点については、2日前のブログでもお話ししましたので今日は割愛します。


追い突き  そこで仕掛ける側の技から簡単に説明しますと、定番の「右中段追い突き(みぎちゅうだんおいづき)」で行なってもらいました。


 この話も最近よくしていますので今日のブログではどうしようかとも思ったのですが、仕掛ける側の意識の確認ということでお話しします。


 この日は一般稽古とは言うものの、一定レベル以上なのできちんと意識してもらうのは、当てるつもりの間合いで突く、ということです。


 間合いをしっかり切るという意識で行なう場合、「逆突き(ぎゃくづき)」よりも「追い突き(おいづき)」のほうが効果的な場合が多く、今回も基本としてそのつもりで行なってもらいました。


 もっとも、仕掛ける側の稽古の一環として、あえて踏み込みを意識し、深い間合いで仕掛ける「中段逆突き(ちゅうだんぎゃくづき)」で行なう、という稽古もありますし、直線的な技ということであれば、「中段前蹴り(ちゅうだんまえげり)」の場合でも応用できるのでは、といったことが頭に浮かびます。


 そういう展開については、今回のケースということではなく、稽古する技によって選択し、別の機会に行なうことになると思いますので、この日はそういう稽古に通じる基本という意識で行ないました。


正整立ち 2  今日のお話のような技の場合、特に相手からの攻撃に対してどう対応するかが大切ですが、ここは最近よく稽古している立ち方の変化に伴う体捌きを活用することで、これまでの稽古の成果を活かすように心がけました。


 その場合、基本となる「正整立ち(せいさんだち)」を基準に考えることになりますが、その立ち方のイメージを左のイラストで示しました。


 これは互いに構えている時の立ち方と認識した上での話になりますが、相手はその状態で仕掛けてきます。


 イラストで言えば左側のイメージになりますが、この状態で基本的には正中線を狙ってくるわけですが、それをギリギリでかわすことが最初に意識すべきことになります。


 しかもその際、上肢による「受け」を用いない、という条件を付けることになりますが、それは極力余計な挙動をカットする、という意図からです。


 その意識と実践についてはここ最近の稽古で行なっていましたので、それをここでも活用するわけで、具体的には立ち方を変化させ、それをベースに体捌きを行なう、ということになります。


 その立ち方というのが「三戦立ち(さんちんだち)」で、その変化の際には足裏のコントロールが必要で、上足底と下足底をうまく使い分けることになります。


 書籍ではこれだけでそれなりのスペースが取れますので説明できますが、ブログではその余裕がないので割愛させていたたきます。


 でも、稽古では実演を交えて行なえますので、百聞は意見に如かずの例え通り、見て理解してもらうことができますので、その具体的なところについては道場ではきちんと理解してもらうことはできたと思います。もっとも、だからと言ってできるようになったということではありません。理解したということとできるようになったということは別の問題であり、後者については今後の稽古の積み重ねが必要ということも改めて理解してもらいました。


肘関節











 仕掛け技としての「突き」の深さと体捌きがしっかりできた場合、相手の上肢は自身の正面に位置することになりますが、その状態だからこそ可能な反撃の技があります。


 それがタイトルに記したことになりますが、上肢には呼吸に関係する「肺経」が走行しており、急所論からすればそこにアプローチすることで関係個所に対して何らかの効果を期待することになります。


 そこで上の肘関節のイラストですが、上腕骨と橈骨で作る「腕撓関節(わんとうかんせつ)」の内側に「肺経」の「尺沢(しゃくたく)」という経穴があります。


 この部位に対して強打することで「肺経」に対して刺激を加えることは、そのまま呼吸器に対してアプローチしたことになり、活殺の考えた方からすればその両者の違いは刺激の質と量にありますので、強打という意識は「殺」として働くことになります。


 そのような意識で技を放つという場合、ここでは手刀打ち下ろし(しゅとううちおろし)」にて「尺沢」を狙うということが必要で、そこにはコントロールという「見えない技」が関係します。こういったことは頭では理解できるものの、きちんと急所に当てるということは至難の業であり、ここは地味な稽古の積み重ねの結果と理解し、稽古の継続が必要になります。


手刀内回し打ち  ところで、今お話しした「尺沢」に対する「手刀打ち下ろし」というのは、確かに急所に対する攻撃技であり、きちんと当たれば上肢の動きを阻害することになりますので交差法として使用することができます。


 しかし、今回はそれだけに留まらず、よりきちんと仕留めるため、もう一つ技を付け加えました


 それが左のイラストに示した手刀内回し打ち(しゅとううちまわしうち)」ですが、これを喉に対して放つ、という連続技にして稽古してもらいました。


 その際、この2つの「手刀打ち(しゅとううち)」はほとんど同時に行なうくらいの拍子であることが肝要で、変な間(ま)」が空けばその分、武技として、あるいは殺法としての技としては質が低下します。この拍子の意識もまた前述の「見えない技」の範疇になりますが、こういった稽古の際にきちんと意識し、マニュアルでは習得できない部分を身に付けるようにしなければなりません。そういうアドバイスはこちらからでもできますが、その意識で身体を動かすことは道場生一人一人の問題になります。その自覚を促すことは教える側の責任になりますが、こういうところは共同作業的な意識で共にやっていくつもりでいてもらわなければ実現不可能です。


 本来の一般部の道場生は問題ありませんが、これからさらに増えるであろう少年部からの移籍組についてはこういった基本的な意識の構築から行なうことが必要になります。


 幸い、現在そういう流れの中で高校生になっている道場生の場合、良い見本になっているところがありますので、今後そういった人が続いていくことを願っています。


 話が横道に逸れたので元に戻しますが、極めとなる2本目の「手刀内回し打ち」のターゲットは喉というところを意識することが重要です。


 タイトルにある通り、初撃の部分が「肺経」上の経穴であり、極めの場所が呼吸器系の部位であるという点に注目しなければなりません。


 喉の場合、肉体的な構造から言っても急所になり得るところですが、同時に呼吸器の一部としても見ることができます。


 単純に喉に対する攻撃としてもそれなりの効果が期待できますが、少しでもこそのレベルをアップしようという場合、可能な限り身体の仕組みを活用し、その上で技を構成することが大切です。


 今回の場合、初撃に呼吸器系の経穴を急所として用いることで、関係個所の状態を低下させる、という意図で行なったと理解することが必要です。


 こういう考え方が「活殺自在」という概念に通じることになり、試合だけでは習得できない領域になります。


 この技はそういった意図で理解してもらうことになりましたが、今後の一般稽古でも時折出てくることになることでしょうから、その入門的な意識で今後の稽古に活用してもらえればと願っています。







 ▼活殺自在塾公式HP
 (活殺自在塾のHPは上記をクリック)

   ※武術の修行と生活の両立を図るプログラムで塾生募集中


 ※活殺自在DVD第1巻「点の武術」、大好評発売中!

   アマゾンでも販売を開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/e5CUX-zn9Zk


 ※活殺自在DVD第2巻「極意の立ち方」、発売開始!

   アマゾンでも発売開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/FGwnVXcgCBw



活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」/中山隆嗣,道田誠一

¥5,940

Amazon.co.jp


活殺自在DVDシリーズ第1巻 「点の武術」/中山隆嗣,道田誠一

¥4,860
Amazon.co.jp 
 
 秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い!/中山隆嗣
  
¥1,512
Amazon.co.jp
 東洋医学と武術でカラダを変える 空手トレ! 強くなる鍛え方 [DVD]/中山隆嗣
  
¥5,400
Amazon.co.jp

 昨日の続きです。


 この日のテーマは「打ち」で、昨日は「手刀打ち(しゅとううち)」のお話をしました。稽古ではそれにプラスして「青龍刀(せいりゅうとう)」、「腕刀(わんとう)」についても説明しました。「手刀(しゅとう)」以外は説明だけで終わりましたが、いずれそれぞれを意識しての稽古につなぐ意識でいましたので、今回の話は予習として理解してもらいました。


 「打ち」については「(かた)」にもよく登場していますので、基本としてもきちんと稽古しておかなくてはなりませんが、試合を意識するとどうしても稽古時間は少なくなる傾向になります。


 それは試合で有効とされる技が「突き」・「蹴り」に集中するからですが、武術を意識する直真塾では「打ち」も同様の比重で考えていますので、稽古でもきちんとやっています。


 特にこの日はそれだけに特化し、後半は「打ち」を極め技として組稽古を行ないましたので、その意識はきちんと持てたのではと思っています。道場内組手では「突き」・「蹴り」だけでなくても積極的に認める傾向にありますので、そういう時にきちんと用い、実際の動きの中での用法を身に付けてもらえればと願っています。


 そこにつなぐのがこの日の前半・後半の稽古ですが、そういった関係性を理解してもらえるよう、随所に説明を加えて稽古を行ないました。


 今日は「手刀打ち」に次いで行なった「裏拳打ち(うらけんうち)」の話になりますが、まずは定番通り、その拳形の確認からスタートしました。


裏拳  左にその様子をイラストでアップしましたが、形状自体は「正拳(せいけん)」と同じです。


 ですから、親指を除く4指を芯を意識してしっかり握りしめ、その状態を親指で別方向からさらに締め込む、という状態になります。


 この時の4指は各関節をいかにしっかり曲げ込むかが重要で、それが拳の芯を作るというところに大きく関係します。


 ただ、そういう指の締めの意識は極めの時に行なうのが大切で、始終その状態であれば上肢のしなやかな動きが阻害され、「打ち」として機能しなくなります


 ここに技の緩急という意識と実践が必要になりますが、昨日お話しした「手刀」のような「開手(かいしゅ)」と異なり、「裏拳(うらけん)」のような「閉手(へいしゅ)」の場合は拳形自体の状態の変化について留意する必要が出てくるのです。


 この日、あえて「手刀」と「裏拳」の稽古を行なったかについては、そういった拳形の身体操作の視点での違いを身体で実感してもらいたかった、ということも理由の一つになります。


 そういう意識で稽古の様子を確認しながら、必要に応じてアドバイスするといういつものパターンで行ないましたが、やはり意識の違いからなのか、今回も極めの際の握りの甘さが見られる道場生がいました。


 今、拳形の話をしているので、ここでお話ししますが、極めの瞬間、5指の締めが見受けられず、それでは相手は倒れない、といったことを理解してもらえるよう説明しました。


 もっとも、同様のことは同じ道場生に何度も話していますが、なかなかその言葉が浸透しない、というのが実情です。もちろん、そういうことを注意し、その繰り返しの中で徐々に良いほうに変化していくことを意識するのが稽古ですので結構なのですが、帯の色に準じて意識してもらうことはまだ実質的に少年部として所属する中学生にも必要なことです。


 こういうアドバイスの時には、昇級・昇段に絡め、自覚を促すような感じで行ない、少しでも上達につながるようにしているつもりですので、少しでも理解してもらえれば幸いと思っています。


正整 裏拳打ち


















 上のイラストは「正整(せいさん)」に登場する「裏拳打ち」の箇所ですが、「形」の中に道場る一例としてアップしました。


 この時の「裏拳打ち」の場合、ターゲットは上段で、技の軌跡は顔面の前を通り、床とは垂直の角度で行ないます。


 そういう動きを有する技もあるわけですから、基本として稽古する場合もそのような意識で行なう必要があります。


 それは「裏拳左右顔面打ち(うらけんさゆうがんめんうち)」として行なうことになりますが、基本の稽古としては肘を左右に張り、両「裏拳」を胸の前に手の甲を上にして構え、鼻の前を通り、床とは垂直の角度で左右の顔面の高さを意識して打つ、という稽古をベースにします。


 それが上のイラストのような技になり、組手や実戦では状況によってはさらに変化する場合もあります。


 今回、「裏拳打ち」としては前述の技以外に、「正面人中打ち(うらけんしょうめんじんちゅううち)」、「左右中段打ち(さゆうちゅうだんうち)」も行ないました。


 前者の技の場合、顔の前に両「裏拳」を手の甲を前にして構え、正面に相手がいると想定して相手の顔を狙う技です。具体的なターゲットは、名称にも記してある通り、急所である「人中(じんちゅう)」を狙うことになります。


 後者の場合、両肘を張った状態で「裏拳」を自身のみぞおちの前に置き、左右の相手に対して「裏拳打ち」を放つというものです。この場合、ターゲットは「水月(すいげつ)」になります。


 他にも「裏拳回し打ち(うらけんまわしうち)」などもありますが、時間の問題もありましたので今回は割愛しました。


 昨日お話しした「手刀打ち」もそうですが、「打ち」の場合はスナップの使い方が大切です。これは肘・手首のいずれも関係しますが、この意識が欠落している場合、プラスアルファのパワーアップができず、棒で叩いてような感じで終わってしまいます。「打ち」全体に共通する身体操作をこういう稽古の中で帰納法的に習得し、他の場合でも活用してもらえればと願っています。


 このような感じで基本稽古を終了したわけですが、休憩時間に上にアップした「正整」に登場する「裏拳打ち」の箇所を自主稽古をしている人がいました。


 こういった意識が稽古では大切であり、その様子を見た私はすぐにそのポイントや必要に応じたアドバイスをしました。


 基本の意識を稽古した後、その上級ステップを意識するということは重要であり、そのような意識を持っている人には応援したくなります。そういうところが全員に伝搬し、意識が変化することを期待しているわけですが、そのような行動を取るのは本来の一般部の道場生であり、そういうところが意識の差として出ています。


 こういう時、そもそも休憩ですから強制はしませんが、時々目配せをし、興味があればそういうことの説明に参加してもらい、場合によってはそれを稽古の特別バージョンとして行なうこともあります。これは意識の問題ですので、あえてこちらからは積極的に声がけしませんが先日、中学生の中で少し良い感じで道場生がいますので、前述のことについて話したことがあります


 ただ、現在は手の中指を骨折して欠席しており(空手の稽古中ではなく、学校での事故です)、この日にそのようなことはありませんでしたが、少年部出身で現在高校生の道場生の場合、それなりの意識なのでこういう場合はきちんと参加しています。


 さて、上のイラストの技の稽古の話ですが、「形」通りであれば、一旦足を引き上げ、その落としと共に「裏拳打ち」を行ないます。ここでは「形」として意識していましたので、その通りの動きを前提に行なっていましたので、この時の身体操作のところに絡めてアドバイスしました。


 極めの時の立ち方が「結び立ち(むすびだち)」になっており、極めの時の全身の状態から考えると、ここでは全身を1本の杭のようなイメージで、それを土中に深く突き通して立てる、といった感じを意識してもらいました。


 その場合、中心軸の確保と共に、丹田を鋭く重く下方に落とす、といった意識が必要で、それに下肢の引き付けと落としを連動させることでより容易にする、といった意識でやってもらいました。


 こういう身体操作・身体意識で行なわれた技の場合、その浸透度は大変大きくなり、合わせて上肢の使い方もきちんとしたものになれば、しっかり相手を倒せるだけのクオリティになります。


 休憩時間のことでしたが、立派な稽古時間になりました。


 この後、ペアを組んでの稽古になりましたが、そこまで書くと長くなりますので、今日はここまでにさせていただきます。







 ▼活殺自在塾公式HP
 (活殺自在塾のHPは上記をクリック)

   ※武術の修行と生活の両立を図るプログラムで塾生募集中


 ※活殺自在DVD第1巻「点の武術」、大好評発売中!

   アマゾンでも販売を開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/e5CUX-zn9Zk


 ※活殺自在DVD第2巻「極意の立ち方」、発売開始!

   アマゾンでも発売開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/FGwnVXcgCBw



活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」/中山隆嗣,道田誠一

¥5,940

Amazon.co.jp


活殺自在DVDシリーズ第1巻 「点の武術」/中山隆嗣,道田誠一

¥4,860
Amazon.co.jp 
 
 秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い!/中山隆嗣
  
¥1,512
Amazon.co.jp
 東洋医学と武術でカラダを変える 空手トレ! 強くなる鍛え方 [DVD]/中山隆嗣
  
¥5,400
Amazon.co.jp

 ある土曜日の稽古の話です。


 この日は「打ち」をテーマにした稽古になりました。「突き」や「蹴りに比べて稽古の頻度が少ないけれど、「(かた)」ではよく登場しており、試合でも時々見かけます。


 ただ、それでも「突き」や「蹴り」が主流になっていますので、「形」ではなく組手でももっと頻出しても良いのではということで、この日の稽古のテーマにしました。


 もっとも、一口に「打ち」と言ってもその種類は多く、すべてを1回の稽古で行なえることはできません。もちろん、基本の「その場稽古(そのばげいこ)」だけ、ということであれば可能かもしれませんが、その用法まで意識していなければ、単に身体を動かした、というだけになってしまうかもしれません。


 ですから、「その場稽古」に加えてペアを組み、具体的な用法まで稽古し、それぞれの技の質を少しでもアップしてもらいたいということで、今お話しした内容で進めることにしました。


 その分、稽古できたのはタイトルにある「手刀打ち(しゅとううち)」ともう一つ、「裏拳打ち(うらけんうち)」の2種類だけでした。


 今日は前者のみ、しかも「その場稽古」のところだけになりますが、今回は新しいことも一つ含めた内容になり、その分、ワンランク上がったような印象になったのではないかと思っています。もちろん、知っただけではランクアップしたとは言えず、あくまでも知識として一つ増えた、ということであり、それを自分の技にするには今後の稽古が必要なのは言うまでもありません。この日のことが、その第一歩になればと思っています。


手刀  こういう稽古の定番ではありますが、まず意識してもらったのは拳形です。


 毎回話していることですが、レベル差がありますので理解してきちんとやっている人もいれば、そうでない人もいます。土曜日の稽古の場合、レベルの差が多少ありますので、分かっている人にはくどく感じるかもしれませんが、できていない人にとっては必要事項になりますので、毎回きちんと説明し、そのポイントを守ってもらうようにしています。


 そういうお話のために上のイラストをアップするわけですが、親指の締め、他の4指の意識、接触部位の意識など、きちんと説明します。いくら「打ち」のような動きをしていても、肝心の拳形がいい加減であれば相手にダメージを与えるどころか、自身の手にダメージを受ける、ということにもなりかねません。これでは武術として本末転倒の状態になりますので、きちんと意識してもらわなければなりません。


 また、実際に「打ち」として使用する前には何とかカタチを保てても、武技としての動きの中で変な風になることもありますので、その時はそのたびにアドバイスします。ただ、号令をかけながらですから、それを止めるわけにはいきません。そのため、目配せをしたり、口では号令をかけつつ、その人の前に立ち、ジェスチャーで理解してもらうことになります。貴重な稽古時間ですから、なるべく無駄な時間を過ごさないように心がけることになりますが、そのアドバイスが上手く心に染み込み、少しでもレベルアップのベースになることを願っています。


手刀打ち











 ここから具体的な「打ち」としての稽古の話になりますが、上のイラストは「手刀外回し打ち(しゅとうそとまわしうち)」の様子を示しています。ご覧のように、顔の横を起点として外側から内側に向かって打つ技で、「手刀」の基本的な用法になります。


 イラストをご覧になってもお分かりになると思いますが、インパクトの瞬間、手首の動きを意識することがプラスアルファのパワーアップにつながりますが、肘と「手刀」の部分の動きにも留意しなければなりません。


 というのは、稽古生の中には肘の動きが大きくなっているケースが目立つからですが、それが上肢のスナップを意識していると勘違いしているのかもしれません。


 たしかに、目の錯覚でそのように見える人もいるかもしれませんが、上肢全体がうねるような動きになることが重要であり、結果的に指先の部分が最も動くことになります。それが肘が一番動くということは、「手刀」の部分の動きが阻害されていることになり、結果的に「手刀打ち」の質は落ちます


 「その場稽古」としてはこの後、「手刀内回し打ち(しゅとううちまわしうち)」を行ないましたが、簡単に言うと前述の外回し打ち(そとまわしうち)」とは逆の軌跡をとる技で、その時の身体操作は「下段払い(げだんばらい)」に通じるところがあります。


 そういう視点で見る場合、前述の「外回し打ち」は「内受け(うちうけ)」と同じような感じで動く技とも言え、ここで大きな視点で見た場合の身体操作に共通項があることが理解されます。


 これは腰の使い方、それに伴う状態の身体操作、そしてもちろん上肢の使い方といったことが絡んできますが、いろいろな技を通じて身体操作の理を知ることになります。


 つまり、武術の原理について帰納法的に理解することになり、それが理解と体現できれば、演繹的にいろいろな技への活用が可能になり、武技全体の質が一気にアップすることになります。


氷柱割り

















 上の写真はご覧のように氷柱割りの様子ですが、これは「手刀打ち下ろし(しゅとううちおろし)」の要領で行ないます。


 その名称通り、「手刀」を頭上から振りかぶり、重力の作用を活用しつつ行ないますが、きちんと極まればかなり大きな破壊力を生むことになります。


 そのためには上肢の動きだけでなく、丹田の意識が必要であり、上手く落とし、体重も武技の質に加味できなければなりません。


 「その場稽古」では明確に膝を抜き、丹田を落とすといったことは難しい部分はありますが、身体の捻りと共にわずかに抜くといったことは基本の中でもできます。


 ただ、このわずかに、といったところが逆に難しく、基本として稽古するところに悪影響を及ぼす場合もあります。ならばそういうことを行なわずに、という意識になるかもしれませんが、それでは上肢のみの動きになり、似たような動作であっても技の質的には雲泥の差になります。


 ですから、ここでは全身の使い方とそのイメージングについても言及し、それをベースに行なってもらいました。もちろん、今後とも要稽古、という人もおり、今後期待をつなぐことになりますが、その繰り返しの中でいつの間にか良いほうに変化していくことを期待しています。


青竜刀  ところでタイトルに「青龍刀(せいりゅうとう)」という文字がありますが、拳形の一つです。


 左のイラストに示してありますが、一見「手刀」に見えますが、接触部位が異なり、手首に近いところで当てます。


 そのためにイラストのように指先を親指側に向け、手首を強調したような状態で使用します。


 その形状が中国武術で使用する「青龍刀」に似ているところから名称です。


 上の写真でご紹介した氷柱割りなどの際に用いられることが多く、重い技として知られています。


 基本的には、「手刀打ち下ろし」のような感じで使用されることが多くなります。


 この日は研究稽古ではありませんでしたが、「手刀」の説明からこの「青龍刀」、そして「腕刀(わんとう)」についても解説しました。稽古自体は「手刀打ち」まででしたが、この時の話は今後の稽古へのスタートラインとして意識してもらえればと思っています。


 稽古はこの後も続きましたが、長くなりますので今日はここまでにさせていただきます。







 ▼活殺自在塾公式HP
 (活殺自在塾のHPは上記をクリック)

   ※武術の修行と生活の両立を図るプログラムで塾生募集中


 ※活殺自在DVD第1巻「点の武術」、大好評発売中!

   アマゾンでも販売を開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/e5CUX-zn9Zk


 ※活殺自在DVD第2巻「極意の立ち方」、発売開始!

   アマゾンでも発売開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/FGwnVXcgCBw



活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」/中山隆嗣,道田誠一

¥5,940

Amazon.co.jp


活殺自在DVDシリーズ第1巻 「点の武術」/中山隆嗣,道田誠一

¥4,860
Amazon.co.jp 
 
 秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い!/中山隆嗣
  
¥1,512
Amazon.co.jp
 東洋医学と武術でカラダを変える 空手トレ! 強くなる鍛え方 [DVD]/中山隆嗣
  
¥5,400
Amazon.co.jp

 一昨日の続きです。


 研究稽古として行なったため、稽古した技の数は少ないのですが、細かなところに気を配り、武技としての質を高めることを目的に行ないました


 こういう場合、技としては複数のものが組み合わされる、あるいは設定を少しずつ加味していくといったことで徐々に高度なものにしていくことになりますが、前段階のレベルで結果が出ないような状態であれば、次の技につながりません。


 昨日お話しした技の場合でも、稽古の流れとしてはまずは立ち方の変化を体捌きに活用するといったところを意識してもらい、その上で上体の様子も武技としての質を高めてもらいました


 そしてその条件下での変化を稽古したわけですが、こういう場合でも最初の体捌きが上手くできていなければそもそもそこで戦いが終了していることになります。こういうところを中途半端な状態で次に進んでも、技全体を通してみた時に低いレベルに終始してしまう可能性がありますので、一つ一つをきちんととできた上で次に進む、ということで稽古を行ないました。


 こういう時、上級者だけで稽古していることのメリットを実感しますが、技の呑み込みが早いことと、稽古の意義を理解してくれる、という点がさらに上級の稽古レベルに引き上げてくれているように思います。


 もちろん、初めての動きになる場合、なかなか身体が思い通りに動かないということもあるでしょうが、それでもそれぞれで工夫し、あるいは互いにアドバイスしあいながら行なうことでレベルアップできます。


 そういうことを期待し、それに応えてくれるからこそいろいろな稽古ができるわけですが、今日お話しする内容については、身体操作が結構高度なことであり、特に接触点の皮膚感覚といったことは文章でお伝えできない内容になります。ここはライブでの伝承ということになりますが、こういうところは上級者であっても時間を要するところであり、今後の稽古のテーマとして再登場しますし、同様の意識を要する他の技の中で共通意識として理解してもらうこともあるでしょう。


 そういうことを前提に今日の話を進めていきたいと思いますが、まずはタイトルにある「鎮東(ちんとう)」の「翼蔽(よくへい)」という動作の話です。


鎮東 翼蔽





















 上にその様子をイラストで表しましたが、「(かた)」として行なう中では内八字立ち(うちはちじだち)」にて両「正拳(せいけん)」を腰のところに置くような状態を言います。


 これが何を意味するのかを理解しておかないと「形」に魂が入らないことになりますが、解釈としては複数あります。


 一例を挙げれば、後ろから両上肢で抱き着かれるような感じでロックされたような場合、下方に腰を落とすと同時に両肘を横に張り、上肢の締め付けが緩んだ瞬間に「後猿臂(うしろえんぴ)」で反撃する、といったパターンです。これは、護身術の具体的な技としても活用できます。


 別の解釈としては、「受け」としての用法があります。


 「鎮東」を稽古する流派の中には、「翼蔽」の箇所で両上肢を振るような動作をするところがありますが、そのようなところでの解釈例となります。


 そこで今回ですが、この「受け」としての用法で稽古しました。


 この時の仕掛け技は、定番の「右中段追い突き(みぎちゅうだんおいづき)」です。もちろん、「裏三寸(うらさんずん)」を意識した技であり、だからこそこのような解釈が成り立つ、ということで稽古しました。


 その際、実際の戦いを想定した稽古ですから、互いに「正整立ち(せいさんだち)」で立ち、基本的には中段を意識した構えになります。この点も基本のパターンになりますが、そこに深い間合いを意識した「突き」が飛んでくるわけです。


 前述したように互いに基本的な構えであり、そこから「翼蔽」の状態に変化し、それを「受け」として活用するようにしなければなりません。


 この場合、「形」では両上肢とも腰に「正拳」を当てていますが、受ける側の上肢だけその意識でやってもらっても可とします。しかし、その場合でも反対の上肢の動きに留意し、接触する前方の上肢の動きがスムーズなるようにしなければなりません。「形」で培う身体操作には、そのようなところも含まれているわけで、こういう点の認識が「形」を組手に活かすベースになります。


 稽古ではそういう認識の下、「」ではなく「」のイメージで「受け」に特化して行ないました。最初はどうしても弾くような感じになっていましたが、昨日お話ししたような立ち方の変化に伴う全身の身体操作を意識してもらうことで、少しずつ動作や「受け」の際に柔らかさが出てきました。


 中にはどうしても力技的な感じになるケースもありましたが、全体的に良いほうに変化してきましたので、「受け」の内容を少し変化させました。


 更なる「柔」の意識と実践が必要になりますが、相手の上肢の動きと一体になる意識で自身の上肢を動かす、ということをやってもらいました。


 もちろん、こういう場合は見本としてみてもらわなければイメージできないでしょうからそうしましたが、見るとやるとでは全く違います。


 そのことはここでも実感してもらいましたが、ここでは最初のパターンよりもさらに柔らかい動作であることが必要になり、まさに鳥の羽根のような感じに動かすことが肝要です。鳥の動きを模倣し、それを「形」にしている「鎮東」らしい解釈になるかと思いますが、ここではその実践を求めたわけです。


 その際、どこを接触点にし、それがどういう効果をもたらすか、そしてそのことがどんな展開につながるのか、ということを考えてもらうながらの稽古になりました。


 研究稽古というのは、一方的にこちら側から教えるといった一方通行の形式ではなく、道場生も考えてもらうというところがあります。こういうところは、初代が自分でいろいろ考えることに重要性を説かれていましたので、それを今、直真塾の道場生にも実践し、初代の意図を感じてもらっているわけです。


 その時の具体的なポイントについては文章にするのは難しいので割愛しますが、稽古では見本と共に説明していますので、それなりに伝わっているのではと思っています。


輪転から手刀打ち













 そこで今度は反撃の技ですが、前述の「受け」の質がある程度になったことを前提で行ないました。


 その概要は上のイラストで示されていますが、これは千唐流で教授される「投げの形 十五構(なげのかたじゅうごこう)」の中にある技の途中までを示してあります。


 今回は「打ち」で決めることを意識して行ないましたのでここまでを示してありますが、もともとの技の場合、ここからさらに続きます。今日はそのことがテーマではないのでそこまでの言及は控えますが、稽古では参考として説明してあります。あいにく、時間の関係でそこまでは稽古できませんでしたが、いずれ「投げの形」を稽古する時にすべて通して行ないたいと思います。


 ここでこの技の概要を説明したいと思いますが、まずは最初の「受け」が理想通りの流れになることが前提であり、そうすることで相手の上肢をうまくコントロールし、姿勢を崩すことになります。


 この「崩し」の時にもコツがあり、この点も人の身体の仕組みの意識が念頭にあるかどうかが大切で、その認識と自身の動きが連動してはじめて武技として成立します。その際、動きがアバウトで、何となくこういう動きといった程度ではうまく技はかかりませんし、その状況によっては相手からの再攻撃の隙を作ってしまうことにもなりかねません。


 そうならないようにするのが武技としての稽古であり、動作として覚えたからと言っても武技にはならないのです。きちんと武術の技として成立させるためには、「見えない技」の存在が必須であり、その習得のために細かなポイントを理解してもらうことになりますが、頭で理解したことを身体で実践できるまで行なうのが稽古です。頭でっかちになっても駄目ですし、理を分からずに身体を動かすだけでも駄目なのです。その両者の融合が大切であり、その実践のため、直真塾は千葉周作先生の「技は理より入るが易し」という教えを意識しているわけです。


 崩した後は「手刀打ち下ろし(しゅとううちおろし)」で眉間を狙うことになりますが、ここは「烏兎(うと)」と呼ばれる急所で、そういう技のコントロールも武技の質となり、「見えない技」とになりますので、稽古でそういう能力を養うことが肝要です。






 ▼活殺自在塾公式HP
 (活殺自在塾のHPは上記をクリック)

   ※武術の修行と生活の両立を図るプログラムで塾生募集中


 ※活殺自在DVD第1巻「点の武術」、大好評発売中!

   アマゾンでも販売を開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/e5CUX-zn9Zk


 ※活殺自在DVD第2巻「極意の立ち方」、発売開始!

   アマゾンでも発売開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/FGwnVXcgCBw



活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」/中山隆嗣,道田誠一

¥5,940

Amazon.co.jp


活殺自在DVDシリーズ第1巻 「点の武術」/中山隆嗣,道田誠一

¥4,860
Amazon.co.jp 
 
 秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い!/中山隆嗣
  
¥1,512
Amazon.co.jp
 東洋医学と武術でカラダを変える 空手トレ! 強くなる鍛え方 [DVD]/中山隆嗣
  
¥5,400
Amazon.co.jp