中山隆嗣の「活殺自在」

中山隆嗣の「活殺自在」

武道と癒しを中心に、生き方、日々のことを綴ります。

武の究極、活殺自在を学びたい方

  ⇒活殺自在塾


エクササイズ・護身・健康に興味がある方

  ⇒ボディバランス空手


快整体術をプロとして学びたい方(全国可)

  ⇒快整体術研究所


直真塾で千唐流空手道を学びたい方

  ⇒快整体術研究所にお電話ください

NEW !
テーマ:

 今日はまた、先週の土曜日の稽古の話に戻ります。


 先日のブログで、この日の最初のほうは」をテーマにした連続技を稽古し、その後ペアを組んで相手のとの間合いを考えながら稽古するパターンと、その技で仕掛けられた場合の反撃を行なう、ということで進めました。


 以上の稽古は、技ごとではなく稽古内容ごとに行ないましたが、先日のブログでは技ごとにお話ししています。今日もそのスタイルで綴っていきますが、タイトルからもお分かりのように、「足刀蹴り(そくとうげり)」を用いた技になります。


 この「蹴り」を組手で使用する場面としては、私の場合は「待ち蹴り(まちげり)」のパターンがあり、積極的に仕掛ける場合は運足を工夫し、深く追い込んで蹴る、ということが多くありました。


 今回の場合、後者のケースになりますが、自分から間合いを詰める場合、「蹴り」の性質上、前述のように運足に留意しなければなりません。


 もちろん、前蹴り(まえげり)」のように、奥足で蹴り込むというパターンもありますが、今回は交叉立ち(こうさだち)」を活用した運足にし、身体ごとぶつかっていくような意識で蹴ってもらいました


 その時の身体の使い方は、相手から見れば体側部を前面に出して追い込まれるような感じになるため、瞬間的に対応に戸惑いがちです。隙が無いように見えるのでしょうが、慣れてくれば反撃のタイミングを掴めるようになります。


 普段はあまり見かけない動作だからこそ、稽古の時にきちんと行ない、目を慣らしておく、というわけです。


基本型Ⅰ 前交叉足刀蹴り












 上のイラストは「基本型Ⅰ(きほんかたいち)」に登場する「足刀蹴り」の様子ですが、ここでは前交叉の運足を行ない、瞬間的に「交叉立ち」を作って蹴っています


 しかし、今回の稽古ではこのような運足ではありませんでした。


交叉立ち  上のイラストでは、ご覧のように奥足を前足の前方に動かす前交叉の運足でしたが、実際に行なったのは左のイラストに示してある後交叉の運足でした。


 そのため、前述のように体側部を前面に押し出すような感じで間合いを詰めることができ、こういう動きに慣れていない人への心理的な揺さ振りをかけるわけです。


 武の理というのは、単に動作の部分だけでなく、メンタル的なところも意識しなければならず、その際にはあまり見慣れていないであろう動作もその要素の一つになります。


 今回はそういう前提で後交叉によって「交叉立ち」になり、そこから蹴り込む、というパターンにしました。


 直真塾で結構稽古している「蹴り」の連続技の一つとして、この技を2回連続して行なう、というのがありますので、この点はそのまま行なうことができます。


 注意すべきところも同じで、後交叉の時の踏み込みをいかに深くするかであり、そしてその時は自然に姿勢が下がりますが、そういう感じで間合いを詰められると、相手から見れば自分に近づいているという感覚を鈍らせることになります。


 その理は絵画の手法で用いられる遠近法と同様であり、普通であれば近づくと大きく見えるところをあえて姿勢を低くすることで近づいていることを悟られないようにする、というわけです。


 もっとも、こういうことも武術として稽古するところで、たとえ小さく見えても間合いが詰まっているケースがあることを身体で覚えることになりますが、武の理の一つとして理解してほしいことの一つになります。


 技の勢いとしては、前述のように身体ごとぶつかるような感じになり、実際に差のつもりで間合いを詰めて蹴るわけですから、通常であれば相手は思わず後退してしまう、ということが多くなります。というより、そのつもりで技を出すことが必要になりますが、ここからがこの日のテーマである「転」の意識を活用した技を連続させることになります。


回転足刀蹴り2  それが左のイラストに示した「回転足刀蹴り(かいてんそくとうげり)」でした。


 実際の連続技の内容をもう少し詳しく説明しますと、互いに通常の構えで対峙している場面を想像してください。


 その状態で仕掛ける側は右足を左足の後方に深く動かし、「交叉立ち」になります


 その時の注意点は前述の通りですが、「蹴り」はしっかり伸ばし、深く蹴り込む意識で行ないます


 着地の際、その位置関係に留意し、続いて行なう「回転足刀蹴り」に支障が無いようにすることが大切です。


 仕掛け技が「足刀蹴り」ですから、着地はそのままつま先が横を向いた状態になっても構いませんので、この点は比較的楽だと思います。


 そこから全身を素早く回転させると同時に「回転足刀蹴り」を放つわけですが、ターゲットを見失わないようにきちんと確認し、決して蹴るだけにならないようにしなくてはなりません。


 稽古を見ていると、どうしても回転時の目線が不安定で、ふらついたり、蹴る方向が違っていたりするケースもありました。だからこそ余計に目線については注意を促したわけですが、蹴ることに意識が集中しすぎることでの乱れでしょう。ここで改めて武道の極意言葉に出てくる「一眼」というところが意識されるわけですが、その鍛錬にはまずこういうところからスタートしてもらえればと思っています。


弓勢  続いて相手が前述のように仕掛けてきた時の対応例ですが、今回はタイトルにもあるように捕って投げる、という内容で行ないました。


 この時のことを少し詳しく説明しますと、前述の通り、互いに通常の構えからの仕掛けになりますので、相手からの蹴りは上に示した「回転足刀蹴り」の様子そのままです。


 反撃する立場の場合、そういう感じで攻撃してきた相手に対し、左足を斜め前方に動かし、相手の背後を取るような感じになります


 そういう体捌きによって「蹴り」から逃れるわけですが、相手の「蹴り」が伸びきった瞬間を狙い、上のイラストに示した「弓勢(きゅうせい)」の構えを取ります。


 この時の様子は上のイラスト通りですが、外受け(そとうけ)」のような動作の部分で相手からの「蹴り」を下から掬うようにします。


 これは相手の「蹴り」に合わせて行なうことで難なくできますが、問題はその状態のキープです。


 もちろん、技は瞬時に行なうわけですから、ずっと支えていなければならないわけではありませんが、相手の下肢の重さを自分の上肢で支えるのも事実です。


 そういう認識が無いままに動作だけを真似しても、「蹴り」を掬った瞬間に姿勢が崩れ、きちんとした反撃の技へとつなぐことはできません


 だからこそ、ここでは「形(かた)」で培った身体操作と共に武術体の意識を十二分に活かし、しっかりと支えるようにすることが肝要です。


 また、左側の上肢ですが、「弓勢」では下段払い(げだんばらい)」のような意識で行なうところです。


 今回の場合、「受け」として使用するのではありませんが、左側の上肢は相手の体幹部に当て、そのまま「下段払い」の時のイメージで、質的には体重を活用して重い動作になるようにします


 これを蹴り足を掬うのとほぼ同時に行なうわけですが、身体を支える一方の脚を捕っているわけですから、左右両上肢の動きを相手を投げるような感じで動かすことで反撃となります


 この技はとても受け身が取りにくい技になりますので、稽古では絶対に倒さないように注意してもらい、蹴り足を引っ掛け、反対の上肢を相手の体幹部に触れたところで終わるようにしてもらいました。


 ただ、どのような動きになるかは理解してもらわなければならないので、模範として見せた時には相手の身体をしっかり掴み、投げの様子をゆっくり行ないました。その際、投げの角度の違いで生じる危険性についても説明したわけですが、技をかける側の中心軸と土台の部分がきちんとしていない限りこのような稽古は無理ですので、今回は見せるに留まりました。


 いずれレベルアップした時には、これに類する技について同じような感じで稽古してもらうことになると思いますが、早く上達してもらうことを願います。


 なお、この日出席の大人のグループの場合は、同様のことができたはずですが、割合としては少年部からの移籍組が多かったので、ここは全員同じ流れで稽古してもらいました。


 この後も続きますが、長くなりますので今日はここまでにさせていただきます。








 ▼活殺自在塾公式HP
 (活殺自在塾のHPは上記をクリック)

   ※武術の修行と生活の両立を図るプログラムで塾生募集中


 ※活殺自在DVD第1巻「点の武術」、大好評発売中!

   アマゾンでも販売を開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/e5CUX-zn9Zk


 ※活殺自在DVD第2巻「極意の立ち方」、発売開始!

   アマゾンでも発売開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/FGwnVXcgCBw



活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」/中山隆嗣,道田誠一

¥5,940

Amazon.co.jp


活殺自在DVDシリーズ第1巻 「点の武術」/中山隆嗣,道田誠一

¥4,860
Amazon.co.jp 
 
 秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い!/中山隆嗣
  
¥1,512
Amazon.co.jp
 東洋医学と武術でカラダを変える 空手トレ! 強くなる鍛え方 [DVD]/中山隆嗣
  
¥5,400
Amazon.co.jp

テーマ:

 今日は先週の火曜日の稽古の話になります。


 先日お話しした通り、教えるポイントをアドバイスするための稽古と位置付けた内容になりますが、ここでは「基本動作(きほんどうさ)」から「基本型(きほんかた)」まで行ないました。


 一昨日のブログで「基本動作Ⅰ(きほんどうさいち)」についてお話ししましたので、今日はその続きについてお話ししたいと思います。


 さて、先日のブログでは前フリが長くなってしまい、具体的な稽古についてのお話が少なくなってしまいましたので、今日は早々に本題に入ります。


 まず、「基本動作Ⅱ(きほんどうさに)」についてですが、ここではタイトルにあるように「受け」のところで極めを意識してもらいます。


 すでにお話しした「基本動作Ⅰ」の場合、呼吸を伴っての「受け」というところを意識してお話ししましたが、この「基本動作Ⅱ」の場合は、「受け即攻撃」を意識したような内容になり、各「受け」はそれぞれ極めの意識が不可欠になります。


基本動作Ⅱ 内受け
























 上のイラストはご覧の通り、下がりながら「中段内受け(ちゅうだんうちうけ)」を行なっているところですが、「基本動作Ⅰ」でお話ししたのが「中段外受け(ちゅうだんそとうけ)」でしたので、あえてもう一つの「中段受け(ちゅうだんうけ)」のパターンとしてこのイラストをアップしました。


 「受け」の基本的なで言えば、相手の背後を取りやすいように、あるいは相手の力に逆らわないようにするために尺骨側を接触点とすることになりますが、「受け即攻撃」を意識する場合、急所に対して打つ意識で行なうことが必要になりますので、必ずしもその原則に沿わなくても構いません。


 単独稽古の場合にはあまり意識しないことですが、この日は指導者用という前提で行なっていますので、もう少し突っ込んだ意識で行なうことが必要になります。


 それが同じ動作でもどういった意識で行なっているかという視点ですが、その点を明確にするために接触点と極めの意識について強調したわけです。


 そしてこの意識は、ペアを組んで行なう時にも生きてくることになり、それは小手の鍛錬にもつながります。


 最初からあまり痛い思いをさせると稽古を嫌がる懸念もありますが、稽古生の様子を見ながら少しずつ意識改革をする中でプログラムを考える時、指導者としては念頭に置いておかなければならないところです。


基本動作Ⅱ 下段払い





















 続いて「四股立ち(しこだち)」による「下段払い(げだんばらい)」ですが、これも「基本動作Ⅱ」の中で行なう技です。


 ここでも「受け即攻撃」の意識は同様で、接触点については同じ個所を意識することになります。


 先ほどこの点を明確にしていなかったのでお話ししますが、接触点は橈骨側になります。


 「中段内受け」の場合も同様ですが、橈骨側を接触点とする場合、相手の上肢を外側に押し開くような意識が必要になります。でも、その意識が強すぎ、極めが甘くならないように留意しなければなりません。


 そのためには、極めの後のフォロースルーを意識する必要もあり、この点も「中段内受け」と同様です。ただ、その際、受けた上肢が外側に行き過ぎると隙を作ることになりますので、フォームにも留意することが大切です。武技として稽古する時には、あらゆる想定をすることが大切で、指導する側としてはこういう点を意識した上で観て、適切なアドバイスすることを要求されるのです。


 ところで、「下段払い」そのものの質をアップさせることについてもポイントがあり、ここでは脱力が必要で、それによる緩急の意識ができれば重い「受け」になります。


 この点は初学者には難しいところですが、各自の身体操作という内的なことに関係する分、腕力に頼らない重い「受け」ということを体験してもらうことも必要でしょう。


 ただ、こういうことも慣れていない人には苦痛に思うケースもありますので、状況をよく読んだ上で行なうことが大切です。


 こういう点は、マニュアル的なことがあっても、場を読むという「見えない技」にも通じるところが必要で、感性の世界でもある、ということで理解してもらうところです。指導する側として工夫すべきところになります。


基本動作Ⅳ
























 続いて「基本動作Ⅲ(きほんどうささん)」ですが、ここでは「受け」から「中段逆突き(ちゅうだんぎゃくづき)」までをセットで行ないます


 換言すれば、2挙動を1拍子で行なうというわけですが、そのことはタイトルの後半にも記してあります。


 この時の「受け」については、基本的にすべて「受け即攻撃」の意識で鋭く根激しく行なうことを基本として、前述の「基本動作Ⅱ」の身体操作をベースにした内容になっています。


 もっとも、実戦を意識した場合でも、必ずしも激しく打つような感じで受けるケースだけでなく、」の意識で崩す技もありますし、それは今日お話しした「中段内受け」や「下段払い」でも可能です。


 上のイラストに示した「上段揚げ受け(じょうだんあげうけ)」の場合も同様で、まずはしっかり極める意識で行ない、その動作がある程度定着したら「柔」の意識で受けて反撃する、という質的変化による稽古もしなければなりません。


 武術の場合、原則として「剛」から「柔」に至る流れで稽古しますので、「基本動作」として稽古する場合でも、その練度によって動作としては同じでも質的に変化させて行なうこともあるのです。


 こういうところを指導者として意識すべきであり、そういうことをペアを組んで稽古できるのも「基本動作」の良さです。


 そのような特性を理解して行なうことができれば、一つの流れをいろいろな角度から活用する、ということができ、稽古の幅が広がります。


 この日の稽古とアドバイスから、そういうところを読み取っていただければと願っています。


 稽古はこの後も続きましたが、長くなりますので今日はここまでにしたいと思います。






 ▼活殺自在塾公式HP
 (活殺自在塾のHPは上記をクリック)

   ※武術の修行と生活の両立を図るプログラムで塾生募集中


 ※活殺自在DVD第1巻「点の武術」、大好評発売中!

   アマゾンでも販売を開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/e5CUX-zn9Zk


 ※活殺自在DVD第2巻「極意の立ち方」、発売開始!

   アマゾンでも発売開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/FGwnVXcgCBw



活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」/中山隆嗣,道田誠一

¥5,940

Amazon.co.jp


活殺自在DVDシリーズ第1巻 「点の武術」/中山隆嗣,道田誠一

¥4,860
Amazon.co.jp 
 
 秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い!/中山隆嗣
  
¥1,512
Amazon.co.jp
 東洋医学と武術でカラダを変える 空手トレ! 強くなる鍛え方 [DVD]/中山隆嗣
  
¥5,400
Amazon.co.jp

テーマ:

 火曜日の稽古の話の続きにしようかとも思ったのですが、今日は昨日の稽古について綴っていきます。


 昨日のブログでもお話ししたと思いますが、火曜日はインストラクター用にということで、教える際のポイントを理解してもらうことを目的とした稽古になりました。そこでは「基本動作(きほんどうさ)」と「基本型(きほんかた)」について説明しましたが、ブログでは「基本動作Ⅰ(きほんどうさいち)」のみのお話しでした。それも全てではなく一部で、他の「基本動作」や「基本型」については触れることもできませんでした。


 ただ、似たような内容になる可能性があるため、火曜日と土曜日の稽古の話はうまく織り交ぜながら書いていくことにしました。


 そこで今日は昨日の稽古をテーマにするわけですが、冒頭の連続技のところはいつもと同じです。でもその後が少し異なり、キックミットへの打ち込みや組手は行ないませんでした。その代わり、連続技の稽古を活かし、その技に対抗する防御からの反撃、ということを意識した稽古を行ないました。最後に「基本型」の稽古になりましたが、今日はそれ以外の稽古の話を綴ります。


 タイトルにそのことを挙げてありますが、今回の連続技は3種類行ないました。それぞれに単独稽古と組稽古を行ないましたが、ブログでは稽古の進め方と異なり、それぞれの技を中心に両稽古をまたいでお話しします。


 そのため、今日は一つの技についてのお話と、その反撃法について綴ります。


 ところで、この日の大きなテーマは、タイトルにも記されている通り、「」になります。


 その場合、数をこなすと目を回す人が増えてくると思いますが、この危惧は当たりました。


 この日の出席者の構成を見ると、大人と移籍組でしたが、両者で明暗が分かれました。


 それは練度の違いがあるからですが、どうしても後者の場合、まだ武術体ができていないのか集中力の問題なのか、今一つシャキッとしません、いろいろな技を稽古しようとしても、どうしても乱れのほうが気になるし、そもそも動きに気持ちがこもっていません。武技としての自覚が希薄なのです。


 前者の組の場合、全員上級者ということもありますが、全員が並んで稽古しているところを見ると、その境界線で見事に技の質が線引きされるのです。その見事な違いには逆に驚きますが、そういう様子を移籍組の道場生が目の当たりにすることも学びです。大人の稽古ということを肌で感じ、それに近づいてもらえればと願っています。


 ただ、クオリティの低さは回転系の技であったことも理由の一つです。目が回るから、ということも関係するわけですが、それも組稽古になれば少し好転しました。技のターゲットができたために、少しコントロールする意識が芽生えたのでしょう。


 これも一つのステップアップですし、こういったところを各自が自覚できれば、少しずつ良いほう変化してくるものと思います。


 稽古の全体のイメージは以上のような感じですが、ここから具体的な技についてお話しします。


基本型Ⅲ 手刀打ち












 前述したように、この日は3種類の技を稽古しましたが、テーマは一貫して「転」でした。今日はその内の最初に稽古した技を元に話を進めます。


 上のイラストは「基本型Ⅲ(きほんかたさん)」に登場する連続技ですが、ここではご覧のように「手刀外回し打ち(しゅとうそとまわしうち)」から「螺旋打ち(らせんうち)」に続いています。


 でも稽古では、最初の技を変え、「手刀打ち下ろし(しゅとううちおろし)」にしました。


 これは手刀(しゅとう)」による試割などでよく見かける技ですが、技の軌跡が床と水平になる「外回し打ち」に比べ、床と垂直の軌跡になる技です。


 なぜこの技を用いたかというと、今回の初撃はフェイントとして用い、相手が思わず後退する、といった設定での連続技だからです。


 だからこそ、あえて大きく見える技として「手刀打ち下ろし」で仕掛けるようにしたわけですが、連続技の初撃というのは、もし当たったら危ないと思わせることが大切で、こちらとしてフェイントの意識であっても、きちんとしたクオリティを有したものでなくてはなりません。


 ですから、ここでは単に振りかぶるだけでなく、それ自体が隙がなく、ここから繰り出される技であれば危ない、と思わせるような内容でなければなりません。


 この辺りが技をマニュアル的に理解しようとすると分からなくなるところですが、これも「見えない技」の範疇になります。


 そしてこれを実践しようとすれば、上肢の振り上げ方、それに連動する全身の操作法、闘気といった要素が必要になり、それぞれのポイントもさらに細かく個別にアドバイスしました。


 ただ、それは微妙な身体操作を要求するところでもあり、まだ武術としての認識が薄い移籍組には難しかったと思われます。


 この日、実は移籍組の一人ですが、現在高校生の道場生がいました。今回は体調の関係で見学だけでしたが、年齢が高くなれば意識も変化してくるようで、技の説明には一生懸命聞き入れ、必要に応じて移籍組の後輩に対して客観的なところからアドバイスのヘルプをしてくれました。


 こういう雰囲気は大変結構なことであり、その道場生も早く身体を治し、稽古に復帰してもらいたいと願っています。


 技の話に戻りますが、この連続技をきちんとしたクオリティにするには、土台の部分をしっかりさせることが大切です。


 ご覧のように転身しての技ですから、どうしても動きの要になる身体の中心軸の確保は不可欠であり、そのためにはしっかりした土台でなければならない、というわけです。


 そこでアドバイスしたのが運足と足捌きです。


 イラストでは初撃が左側になっており、実査の稽古でも同じように奥足を1歩踏み出しますが、通常の構えからですのでそれを右側で行ないます


 その時の運足は通常通りで結構ですが、そこから転身のために「交叉立ち(こうさだち)」になる時、その踏み出した足をどう動かすか、というところがポイントになります。その意識が希薄であったり、間違ったものであれば転身の質が低くなり、続いて行なう「螺旋打ち」のクオリティにも支障を来たします。


 稽古ではこの点を実際に動きながら説明しましたが、その意識の大切さは続いて行なった組稽古で理解してもらいました。


 つまり、運足や足捌きがきちんとできていない場合、回転時に隙になり、そこが相手から突っ込まれるタイミングになる、ということを肌で実感してもらったわけです。


 もっとも、仕掛けられる側の反撃の技のクオリティも関係しますので、全員が必ずしも体験するというわけではありませんが、そういう場合は私が代わりに反撃の立場で対応し、体験してもらいました。


壮鎮 左右下段四股突き  その際使用した技ですが、左に示した「左右下段四股突き(さゆうげだんしこづき)」の動作を応用したものでした。


 多分これだけではイメージできないと思いますので説明しますと、反撃のタイミングは相手が転身するわずかな時間です。


 そこに隙ができやすいことは前述した通りですが、そのタイミングを見るために組稽古の最初は一方が仕掛ける側のターゲット役としてやってもらいました。


 そこではいつも稽古で話しているように、相手の様子を観察する意識で観る、という実践をしてほしいのですが、どこまでできているかはそれぞれが自覚しているものと期待します。


 具体的には相手が背中を向けた時ですが、稽古の時のパターンでは左の「掌底(しょうてい)」で相手の肩胛骨付近を押さえ、身体の回転にブレーキをかけます。


 相手も連続技として意識する時にはそれなりの勢いがついていますので、中途半端な押えでは不十分です。そのため、その時の押さえのベクトルについてもきちんと説明し、しっかり身体の回転を止め、できれば姿勢の崩れを誘発するくらいの意識で行なってもらいます。


 そしてそのタイミングで相手の脇腹に対して「手刀打ち(しゅとううち)」を放つ、という技を稽古してもらいました。


 こういう話をしても上のイラストとの関係がピンとこないと思いますが、実は「掌底」で相手の動きを止める際、上のイラストのように左右の上肢を同時に横に広げるようにして身体の中心軸をしっかり作り、回転を止めた時の反作用を全身で受け止め、同時にその時に「手刀打ち」の為の連絡動作として反対の上肢をしっかり引くために、上のイラストの身体意識・身体操作を活用したわけです。


 上のイラストの場合、先端が「正拳(せいけん)」になっていますのでイメージが湧きにくいと思いますが、空手道の「形(かた)」の中には、同様のフォームで上肢の先端が「掌底」になっているケースがあります。その様子を想像していただければより鮮明でしょうが、基本となる身体意識は重なります。


 今回はそのことを活用した技になりましたが、こういう感じでこの日の稽古は進みました。






 ▼活殺自在塾公式HP
 (活殺自在塾のHPは上記をクリック)

   ※武術の修行と生活の両立を図るプログラムで塾生募集中


 ※活殺自在DVD第1巻「点の武術」、大好評発売中!

   アマゾンでも販売を開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/e5CUX-zn9Zk


 ※活殺自在DVD第2巻「極意の立ち方」、発売開始!

   アマゾンでも発売開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/FGwnVXcgCBw



活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」/中山隆嗣,道田誠一

¥5,940

Amazon.co.jp


活殺自在DVDシリーズ第1巻 「点の武術」/中山隆嗣,道田誠一

¥4,860
Amazon.co.jp 
 
 秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い!/中山隆嗣
  
¥1,512
Amazon.co.jp
 東洋医学と武術でカラダを変える 空手トレ! 強くなる鍛え方 [DVD]/中山隆嗣
  
¥5,400
Amazon.co.jp

テーマ:

 先日のブログで開智国際大学で千唐流空手同好会が体育会の空手道部(同大では空手道クラブと呼ぶそうです)に昇格したと書き、同クラブの指導責任者が稽古に参加した、ということをお話ししました。


 その際、これからは教える重みが一段と増す、ということを踏まえ、この日は教え方という視点からの稽古になりました。


 この日の出席者はレベルがバラバラでしたので、ある意味そのテーマはちょうど良かったわけですが、現在同大では「基本動作(きほんどうさ)」と「基本型(きほんかた)」まで教えているそうです。もちろん、その前段階の基本はやっているわけですが、「形(かた)」までには至っていないそうです。


 きちんと意識して教えるという場合、単に順序をなぞるだけでは意味がありません。そこに潜む裏側の部分を念頭に、教える側としての意識とその視座を明確にしなければなりません


 だからこそいつもとはちょっと異なる稽古内容になったわけですが、今日はその中から「基本動作」の中で、主だったところを少しお話しします。


 「基本動作」にはⅠ~Ⅳまでありますが、少し端折っても今日はおそらく1つくらいしかお話しできないと思います。この日の稽古は深さよりは広さを意識し、それぞれに数をこなしたわけではないので、それなりの種類を行なうことができました。


 ブログには稽古生も訪問していると思いますので、説明したことの捕捉も含めてお話ししていきますが、この日の稽古だけでもブログネタは多くなります。今日お話しできないことも、いずれ他の日にお話しできると思いますのでご了承ください。


 さて、ここから「基本動作Ⅰ(きほんどうさいち)」の話を書きます。


基本動作Ⅰ・Ⅱ 上段突き
























 上のイラストは「上段追い突き(じょうだんおいづき)」の様子ですが、基本の移動稽古でも行ないます。


 ならば、あえて「基本動作Ⅰ」の要点として挙げなくても良いのでは、と思われるかもしれませんが、前述のようにこの日は教え方についてのレクチャーも入っています。


 となると、こういう動作の部分も、何かしら別の稽古へとつなげる意識で、という発想へと変化します。


 実際、直真塾の稽古では時々行なっていますが、この日は改めてそういうことを思い出してもらい、指導する時のバリエーションの一つとして活用してもらいたいと思い、今回も取り上げました。


 具体的にお話しすると、「基本動作Ⅰ」として行なう場合、1挙動1拍子で行なってもらいますが、4回の「突き」がありますので、実際には4挙動を4拍子で行なってもらうことになります。


 それを稽古のアレンジの一つとして、4挙動を1拍子でやってもらう、ということがあります。その場合、「基本動作」には他にも「中段追い突き(ちゅうだんおいづき)」、「下段四股突き(げだんしこづき)」の箇所が同様に4挙動ずつのところがありますので、そこでも1拍子で行なうことになります。


 もちろん、指導する側としては、そういう時に運足が乱れたり、ターゲットの位置がバラバラにならないよう、しっかり観ておかなくてはなりません。こういう場合、えてして素早く動くことに意識が集中し、武技の質のほうにまで気が回らなくなることが多くなります。


 指導する側としては、その点にも気を配ることが大切なのです。


四股突きの移動
















 さて、素早い運足による1拍子の「突き」というのは、冒頭の「正整立ち(せいさんだち)」による「追い突き(おいづき)」の場合はともかく、上のイラストに示した「下段四股突き」の場合、運足自体が素早く動く立ち方としては不向きな為、難度が高くなります


 大抵は腰高になったり、姿勢が崩れることになります。それ以前に運足そのものがおかしくなることが多く、稽古する側としても結構疲れる動きです。


 ただでさえ、これまでは4拍子でやっていたところを1拍子で行なうわけですから、呼吸の問題と絡み、体力的にも消耗します。


 だからこそ、スタミナ作りという意味でも稽古するわけですが、武技の基本であるフォームに乱れが無いように、という注文を付けることで、一見簡単そうに見えることがとてつもなく難度が高い稽古になるわけです。


 習う側としたら、新しい動作や技に興味がいきがちで、基本で教わったことからだんだん興味が薄れていく傾向にありますが、その動きの質を変えることでそれまでの印象とは異なった次元を感じることになります。


 そういう体験をしてもらうことも教える側の役目であり、そのための工夫の一例として拍子を変えた稽古があるのです。


 もっとも、実践の場で、このような「四股立ち(しこだち)」のままで素早く何歩も動くということはないでしょうが、そこは下肢や腰の鍛錬と理解してもらいます。


 基本の移動稽古でも行なえることですが、「基本動作」としてのパッケージの中であれば回数も決まっていますので集中できるし、終了点も分かります。この点が大変な動きであっても稽古できるところであり、集中力の養成としても活用できることになるのです。


基本動作Ⅰ 外受け(四股立ち)


























 今まで「突き」の話ばかり書いていましたが、「受け」についてもきちんと意識しなければなりません。


 上のイラストは外受け(そとうけ)」を「四股立ち」で行なっている様子ですが、「突き」の場合同様、ここでも素早く動く稽古も行なえます。


 「基本動作Ⅰ」として稽古する場合、「外受け」については呼吸と共にゆっくり締めながら行なうことが原則ですが、それにはその目的があります。


 しかし、実戦で使用すると場合は同じような身体操作でも素早く行なわなければ実用性はなく、「突き」の場合同様、4挙動を1拍子で行なう稽古も必要になります。


 こういう点は「突き」の箇所でも言えることですから軽くお話ししておきますが、もう一つ稽古の際に話したことがあります。


 それはここで登場する「正整立ち」と「四股立ち」に絡みますが、前者の場合、下肢の締めが必要になります。この場合、下肢の筋肉を収縮させる方向になりますが、後者の場合、立ち方としては特に初学者には辛い場合がありながらも、見方を変えれば下肢の筋肉を伸ばしているようにも見えます。


 実際には伸ばしっぱなしでは土台としての役目を果たさないので締めの部分も必要になりますが、基本となるフォームからは「正整立ち」と「四股立ち」には逆方向のベクトルも存在するのです。


 稽古の際には、こういう認識も含めて行なうことが大切であり、この点もしっかりアドバイスしました。


 他にもいくつかお話ししましたが、長くなりますので今日はここまでにしたいと思います。







 ▼活殺自在塾公式HP
 (活殺自在塾のHPは上記をクリック)

   ※武術の修行と生活の両立を図るプログラムで塾生募集中


 ※活殺自在DVD第1巻「点の武術」、大好評発売中!

   アマゾンでも販売を開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/e5CUX-zn9Zk


 ※活殺自在DVD第2巻「極意の立ち方」、発売開始!

   アマゾンでも発売開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/FGwnVXcgCBw



活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」/中山隆嗣,道田誠一

¥5,940

Amazon.co.jp


活殺自在DVDシリーズ第1巻 「点の武術」/中山隆嗣,道田誠一

¥4,860
Amazon.co.jp 
 
 秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い!/中山隆嗣
  
¥1,512
Amazon.co.jp
 東洋医学と武術でカラダを変える 空手トレ! 強くなる鍛え方 [DVD]/中山隆嗣
  
¥5,400
Amazon.co.jp


テーマ:

 8月19日に熊本で行なわれました「第15回千唐流全日本空手道選手権大会」ですが、その様子を収録した映像が昨日、ユーチューブにアップされました。


第15回千唐流全日本大会パンフレット

























 上の画像は大会パンフレットの表紙ですが、表紙は火の国熊本をイメージさせるデザインになっています。


 この大会の様子は8月のブログにアップしていますが、そこでは写真と文章のみです。


 動画のアップが待たれていましたが、ドタバタしていましたので制作が遅れ、昨日やっと公開できるようになりました。


 今回の動画のコンセプトですが、基本的には組手を主体にしてあります。


 これは千唐流が防具付ルールの老舗であることが主たる理由ですが、オリンピックの関係でどうしても取り上げられることが多いノンコンタクトルールの試合、熱心な格闘技ファンにも支えられているフルコンタクトルールの試合に比べ、今一つ露出が少ない防具付空手のアピールも兼ねています。


 これまで制作した千唐流の動画でも、一本集」としてアップしたケースもありますし、今回はその延長線上にあると理解してください。


 他には樋口流派継承局長による琉球古武道の演武として「三本釵(さんぼんざい)」の「形」、千唐流宗家先生による「公相君 大(くーさんくーだい)」の「形」の一部が収録されています。

 

 下記のURLをクリックし、ご覧下さい。


 ▼ユーチューブURL    https://youtu.be/9GQUpDOnVMw







 ▼活殺自在塾公式HP
 (活殺自在塾のHPは上記をクリック)

   ※武術の修行と生活の両立を図るプログラムで塾生募集中


 ※活殺自在DVD第1巻「点の武術」、大好評発売中!

   アマゾンでも販売を開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/e5CUX-zn9Zk


 ※活殺自在DVD第2巻「極意の立ち方」、発売開始!

   アマゾンでも発売開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/FGwnVXcgCBw



活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」/中山隆嗣,道田誠一

¥5,940

Amazon.co.jp


活殺自在DVDシリーズ第1巻 「点の武術」/中山隆嗣,道田誠一

¥4,860
Amazon.co.jp 
 
 秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い!/中山隆嗣
  
¥1,512
Amazon.co.jp
 東洋医学と武術でカラダを変える 空手トレ! 強くなる鍛え方 [DVD]/中山隆嗣
  
¥5,400
Amazon.co.jp

テーマ:

 昨日の話の続きとして火曜日の稽古の様子を書こうかとも思ったのですが、先週の土曜日の話が残っていたのでそちらを先に書くことにしました。


 この日は最初に組手に使える連続技を「基本動作(きほんどうさ)」や「基本型(きほんかた)」、あるいは「(かた)」からピックアップし、組手の拍子で稽古してもらいました。そういう具合に稽古の内容を変化させることで、実際に使える技へとステップアップさせていくわけですが、こういうことは今後も継続していくことになります。


 ただ、「形」やそれに類する稽古は、武技の伝承の他に武術体作り、という目的があることを何度もお話してきました。後者は鍛錬として行なう場合もありますし、これは「」と「」の関係とも理解できます。


 そういうことを前提にこの日の最後は「形」とその分解・解説の稽古を行ないました。その前にキックミットへの打ち込みも行ないましたが、その話はこれまでお話ししたこととあまり大差ないので割愛します。


二十四歩 扇受け




















 ここで具体的に稽古した「形」の話になりますが、タイトルに示してあるのでお分かりになると思いますが、「二十四歩(にーせーし)」です。


 その中でも呼吸法に関連し、鍛練としても行なわれる部分が上に示した「扇受け(おおぎうけ)」の箇所で、同系統の「形」に「三戦(さんちん)」があります。


 鍛錬形としても知られていますが、千唐流で行なわれる「三戦」の場合、最低5分という長さになるため、その前段階としてこの「二十四歩」を稽古し、ある程度の武術体作りを行なった後で稽古します。


 そういう流れになっている関係もあり、ここではきちんとした呼吸法を意識して「形」を稽古し、武術体作りにも腐心しなければなりません。


 その武術体作りに欠かせないことの一つが中心軸の意識であり、この日は呼吸法と合わせ、そのためのポイントについて説明し、稽古してもらいました。


呼吸時の横隔膜・骨盤底筋















 その時に理解しておかなければならないことが身体の仕組みであり、今回は呼吸法ですから、呼吸の仕組みから説明しました。


 呼吸には胸式と腹式がありますが、武術で意識するのは後者です。その場合、意識すべきは「横隔膜」の動きであり、連動する「骨盤底筋」です。その様子を示してあるのが上のイラストというわけですが、息を吸う時「横隔膜」も「骨盤底筋」も下がります。息を吐く時にはその逆になるわけですが、ここからもお分かりのように、呼吸は肺の部分だけが関与しているのではなく、骨盤も含めた腹部全体の動きが無ければならないのです。


腸腰筋













 骨盤が関係するとなると、その動きに関与する別の筋肉の存在の意識が必要になります。


 身体の動きの要になる腰に関わる深層筋である「腸腰筋」ですが、これはイラストでもお分かりのように、「大腰筋」と「腸骨筋」を総称した表現です。ご覧のように筋肉の付着点が異なり、その働きも異なりますが、腰の動きを考える時には必ず意識しなければならない筋肉です。


 もちろん、腰に関連する筋肉群は他にもありますが、特に大切なところとして2つ挙げました。


 こういう意識を正しくすることにより、腰の要になる骨盤の状態も整いますが、ご覧のように「大腰筋」は脊椎に付着しており、正しい脊椎の状態は中心軸とも関係します。


 また体幹部の場合、胸郭を構成する肋骨と胸椎の関係にも着目することが必要になり、ここに呼吸時の胸部の様子が関与してきます。


 冒頭で挙げた「扇受け」の際の意識がここで必要になるわけですが、ここでは「受け」の本体である上肢の意識について説明しました。


 その際、あえて経絡・経穴の概念を用いましたが、それはそこを流れる「気」が意念と関係が深く、具体的に身体をどのように動かそうとするかという思いがそのベースになっている、という東洋医学の大前提があるからです。


俠白  東洋医学で呼吸に関係する臓腑は肺であり、これは現代医学でも同様です。


 ただ、東洋医学の場合、臓腑の様子は経絡に現われると考え、その走行部位の状態にも関与します。


 そういうことを念頭に肺に関係する「肺経」の走行部位を見てみれば、上肢においては内側の親指側を走行しています。


 左のイラストはその中でも上腕部の様子を表わしてありますが、赤丸で囲ってある経穴がご覧になれると思います。


 名前は「俠白(きょうはく)」ですが、「俠」には挟むという意味があり、「白」東洋医学では肺を意味する色です。これは五行説に基づいたものですが、その2つを合わせ、肺を挟むようにして存在するところから名づけられています。


 イラストからもお分かりのように、上腕二頭筋」の親指側の縁のほぼ真ん中に位置しますが、今回の稽古ではこの経穴の位置をしっかり意識し、経穴の名称通りのイメージで「扇受け」をやってもらいました


 個別に経穴の位置を手で触れて教え、この部分に意識を集中して上肢をコントロールし、脇を締めるようにするようにとアドバイスしていると、ある道場生が突然、「分かった」という声を上げました


 直真塾に長く在籍しており、自主稽古も怠らないという人ですが、鍛錬の意味を込め、「二十四歩」はいつもやっているようです。


 その際、「扇受け」の時の脇の締めの意識が今一つだったそうですが、この日のアドバイスで解消し、しっかりした締めの実感が得られ、それが思わず声に出たそうです。


 全員にアドバイスを終えた後、その前後のイメージでそれぞれを比較してみると、きちんとした意識で「受け」の動作をしたほうがしっかりと反作用に耐えているという様子で、それは程度の差こそあれ、全員が実感していました。


 そのアドバイスの中で、上肢の締めと共に中心軸を正し、胸を張ることで正しい姿勢を作るようにしてもらいました。


 前述の「受け」の質の向上も、上肢のコントロールと合わせ、反作用を身体で受け止めるための中心軸の意識が好転したためのことであり、呼吸法の稽古と共に中心軸のイメージまで理解してもらうことになりました。


 稽古はこの後、「二十四歩」の分解・解説になりましたが、長くなりますので今日はここまでにさせていただきます。







 ▼活殺自在塾公式HP
 (活殺自在塾のHPは上記をクリック)

   ※武術の修行と生活の両立を図るプログラムで塾生募集中


 ※活殺自在DVD第1巻「点の武術」、大好評発売中!

   アマゾンでも販売を開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/e5CUX-zn9Zk


 ※活殺自在DVD第2巻「極意の立ち方」、発売開始!

   アマゾンでも発売開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/FGwnVXcgCBw



活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」/中山隆嗣,道田誠一

¥5,940

Amazon.co.jp


活殺自在DVDシリーズ第1巻 「点の武術」/中山隆嗣,道田誠一

¥4,860
Amazon.co.jp 
 
 秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い!/中山隆嗣
  
¥1,512
Amazon.co.jp
 東洋医学と武術でカラダを変える 空手トレ! 強くなる鍛え方 [DVD]/中山隆嗣
  
¥5,400
Amazon.co.jp

テーマ:

 昨日の稽古に、嬉しい報告と共に稽古に参加した道場生がいます。


 現在は仕事の関係で三鷹からちょっと離れたところに住んでいるため、参加できる日が少なくなっていますが、空手の稽古に対してはとても積極的です。


 大学で英語を教えていますが、今は松戸にある開智国際大学で教鞭をとっています。


2017年宗家杯
















 上の写真は昨年の千唐流宗家杯の時のものですが、真ん中でメダルを持っているブルース氏が指導者として千唐流空手同好会を作りました。この大会では個人組手で3位に入賞しています。


 今、ほとんどの大学に空手部があると思いますが、同氏が赴任した時、まだありませんでした


 ならば新しくスタートしようということで、まずは同好会から始めたわけです。


 学生数が少ないため、同好会も少ない人数からのスタートだったとのことで、最初に集まったのは初心者ばかりだったそうです。


 でも、熱心な指導で部員も少しずつ空手道に興味を持つようになり、やっと学校側から正式に認められて体育会として発足でき、部費も出るようになったと報告がありました。


 こういう場合、一般的には○○部と呼ぶことが多くなりますが、同大学の場合、同好会はそのまま同様に同好会だけれども、正式に活動が認められた場合でも○○クラブと呼ぶそうです。空手部という名称に慣れている私としては多少違和感はあるものの、正式にスタートできたということは喜ばしいことです。


 これで直真塾関係の大学空手部は城西国際大学とともに2校目になりましたが、今後の活躍が期待されます。まだまだ人数的には少ない状態ですが、その分密度の濃い稽古をしてもらい、伝統作りの第一歩を踏み出してもらいたいと願っています。


 なお、この日は指導に必要なポイントについてのアドバイスを兼ねた稽古になりましたが、その様子は別の日にお話ししたいと思います。


 今日は空手道部正式発足という、素晴らしいお知らせをお話しさせていただきました。






 ▼活殺自在塾公式HP
 (活殺自在塾のHPは上記をクリック)

   ※武術の修行と生活の両立を図るプログラムで塾生募集中


 ※活殺自在DVD第1巻「点の武術」、大好評発売中!

   アマゾンでも販売を開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/e5CUX-zn9Zk


 ※活殺自在DVD第2巻「極意の立ち方」、発売開始!

   アマゾンでも発売開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/FGwnVXcgCBw



活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」/中山隆嗣,道田誠一

¥5,940

Amazon.co.jp


活殺自在DVDシリーズ第1巻 「点の武術」/中山隆嗣,道田誠一

¥4,860
Amazon.co.jp 
 
 秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い!/中山隆嗣
  
¥1,512
Amazon.co.jp
 東洋医学と武術でカラダを変える 空手トレ! 強くなる鍛え方 [DVD]/中山隆嗣
  
¥5,400
Amazon.co.jp

テーマ:

 一昨日のブログの続きです。


 先週の土曜日の稽古の最初は、組手で使える連続技、というテーマで行ないました。大きく分けて「突き」の場合と「蹴り」の場合、ということでしたが、前者のことについては既にお話ししました。


 そこでは千唐流で言うところの「押し突き(おしづき)」を、「順」と「逆」のパターンで繰り返しました。最低2挙動で行なう技ですが、今回は4挙動で行ない、徹底的に追い込む、という意識でやってもらいました。


 当然、全身の動作が一致した上で行なうことが望ましいのですが、道場生のレベル差があります。全員、均一にできることはなく、どうしてもバラつきが出ます。


 でも、ここで上級者の動きについていく、ということが全体的なレベルアップにつながりますので、たとえきちんとはできなくても、その雰囲気を味わってもらうことにしました。


 それを今度は「蹴り」の場合で行なったわけです。


 「突き」の場合、「基本動作(きほんどうさ)」・「基本型(きほんかた)」・「形(かた)」に出てくる動きを組手にも活かす、ということを含め行ないましたが、「蹴り」の場合も同様でした。必ずしも同じ動作ではないところもありましたが、基本として稽古する内容を組手にもつなげるという位置づけで行ないましたので、説明もそのようなことを含めて行ないました。


 ここから具体的な稽古内容についてお話していきますが、相手を追い込むという場合、相手と自分を結ぶ動線を意識することが大切です。移動しながらの技となりますのでこの意識は重要で、その場合、「蹴り」は直線的な軌跡を有する技になります。


基本型Ⅰ 前蹴り


















 その代表例は、何と言っても「前蹴り(まえげり)」です。


 上に示したイラストは「基本型Ⅰ(きほんかたいち)」からのものですが、ご覧のように「前蹴り」が連続して行なわれています。


 型として行なう場合、基本的に「蹴り」の拍子は1本ずつになりますが、素早い拍子で行なうモードにした場合、「連蹴り(れんげり)」として行なうことになります。この用法そのままに行なわれているのが「鎮東(ちんとう)」にもあり、ここでその意識での稽古になります。


 ところで、先日の稽古でこの「基本型Ⅰ」をテーマに行ないましたが、そこでは前述のように「連蹴り」の意識でやってもらいました。ただ、この日はこの「前蹴り」のところだけをピックアップし、組手で相手を追い込むため技として稽古してもらいました。


 その場合、基本で行なう「その場蹴り(そのばげり)」的な意識では身体の使い方の関係から、素早く、しかも深い間合いを、という条件の実践は難しくなります。「追い蹴り(おいげり)」には「追い蹴り」として意識しなければならない身体操作があるのです。


 この場合、「蹴り」をきちんと武技として行なう為の要素を改めて考える必要があり、その一つが腰の押し出しです。


 「追い蹴り」の場合、前進しながらの技ですから、当然武技のベースになる身体の中心軸の移動も必要であり、そこにはその支えとなる腰の状態を意識しなければなりません。


 そして、それが腰の押し出しであり、それにもなって重心も移動することになります。もちろん、腰の位置の変化が身体の中心軸の歪みにつながるようであってはならず、ここではしっかりハラを意識し、しっかりした体幹部の状態をキープしながら、という条件付きで行なうことが大切です。


 今、身体の中心軸の話が出ましたが、続いて意識するのはその中心軸をベースにした腰の捻りです。


 幾に腰の押し出しをしても、それがただの平行移動であれば今一つ十分なパワーを出すことはできません。そこにはもう一つ、地味な動きではありますが腰の捻りという要素が必要で、これは蹴り足側の腰を前方に押し出すような感じで捻ることになります。


 いずれも腰の操作のことですから、同時に意識するということは難しいかもしれませんが、だからこそ稽古でそれができるようにすることが大切なのです。


 ここにも前述したハラの意識が必要になりますが、こういう稽古は同時にその錬成にも効果的ということを再認識し、そのつもりで行なってもらいたいということをアドバイスしました。


 さて、これらのことを意識する場合、身体全体が前方に動くわけですが、それに伴った土台の確保も必要になります。


 つまり、着地の際、きちんと土台になる部分が確保されていなければ、次の技を出すどころか、最初の技の事後体が崩れることになり、そこか隙になり、「後の先」を取られることになります。攻撃するつもりで行なったことが裏を取られる、というわけです。


 そうならないためには素早く着地し、土台の確保が必要になります。


 その時に必要なのが下腿部の素早い引きで、その意識は同時に膝のスナップにも活かされます。基本稽古の時に再三注意している膝のスナップですが、ここでもその意識は生きており、その活用が「追い蹴り」の際もポイントの一つになるのです。


基本型Ⅰ 前交叉足刀蹴り












 同様に相手を追い込むための「蹴り」として効果的なのが「足刀横蹴り(そくとうよこげり)」です。


 上のイラストは同じく「基本型Ⅰ」からのものですが、ここでは運足を前交叉にし、蹴り込んでいます


 このように、「足刀横蹴り」を積極的に攻撃技として使用しようとすれば運足に留意し、相手との間合いを効果的に詰めることが必要になります。


 もちろん、「前蹴り」のように奥足で蹴る、ということも可能ですが、「前蹴り」の場合と異なり、全身の動きが大きくなりやすいため、よほどしっかりした身体操作に基づかない限り、技を読まれてしまいます


 ですからここでは、下肢の動きだけで立ち方を変化させることが比較的容易な交叉立ち(こうさだち)」を連絡動作として蹴り込むことを意識してもらいました。


 その一例として「基本型」に入っている技が上のイラストというわけですが、今回の稽古ではこのパターンではありませんでした。


後交叉  左のイラストも「交叉立ち」ですが、これは攻撃を仕掛けられる側から見た様子で、動かした足を前方ではなく後方に置くようにした「後交叉(うしろこうさ)」になります。


 相手からすれば、見慣れぬ雰囲気で間合いを詰められることになりますので、心理的には反応がわずかに遅れます


 もっとも、相手も同様の技を稽古しており、普段から見慣れているような場合は別ですが、そうではない時にはそこでできる微妙な間が仕掛ける側の優位さのベースになります


 今回はそういうところも含んで、あえて「基本型」の場合とは異なる運足を意識してもらったわけですが、「後交叉」の運足自体は、瞬間的な連続動作ではありますが「輪転突き(りんてんづき)」が出てくる「基本型Ⅲ(きほんかたさん)」にも登場しています。


 ですから、千唐流を学ぶ人の場合、この運足も「基本型」として稽古しているわけで、全く初めてのことではありません。


 ただ、こういうことを理解しているのは上級者の道場生であり、移籍組用にきちんとそのことは説明しました。そこから基本として稽古していることはお互いに関連し合い、だからこそ一つ一つの動作の意味を考え、大切にしよう、ということにつなげました。


 実際に稽古した時は、これも同じパターンで「連蹴り」として行ないましたが、それに伴う姿勢の変化などもアドバイスしました。


 最近は豪快な「足刀横蹴り」を極めるというシーンはほとんど見かけませんが、こういう稽古を通じて復活してほしいものです。


 稽古はこの後も続きましたが、長くなりますので今日はここまでにしたいと思います。






 ▼活殺自在塾公式HP
 (活殺自在塾のHPは上記をクリック)

   ※武術の修行と生活の両立を図るプログラムで塾生募集中


 ※活殺自在DVD第1巻「点の武術」、大好評発売中!

   アマゾンでも販売を開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/e5CUX-zn9Zk


 ※活殺自在DVD第2巻「極意の立ち方」、発売開始!

   アマゾンでも発売開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/FGwnVXcgCBw



活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」/中山隆嗣,道田誠一

¥5,940

Amazon.co.jp


活殺自在DVDシリーズ第1巻 「点の武術」/中山隆嗣,道田誠一

¥4,860
Amazon.co.jp 
 
 秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い!/中山隆嗣
  
¥1,512
Amazon.co.jp
 東洋医学と武術でカラダを変える 空手トレ! 強くなる鍛え方 [DVD]/中山隆嗣
  
¥5,400
Amazon.co.jp

テーマ:

 昨日のBBK(ボディバランス空手)の話です。


 いつもは立ち方や「突き」の復習からスタートしていますが、この日は稽古してまだ日が浅い「蹴り」の復習から行ないました。


 上肢と下肢を比較すると、一般的には下肢のほうが不器用なので、せっかく教えた「蹴り」をなるべくきちんと身体に染み込ませてもらいたいということから、これまでとは稽古の流れを少し変え、最初に前回教えた「前蹴り(まえげり)」から行なったのです。


 もちろん、すでに教えた人もいましたが、前回が初めてという方もいらっしゃいました。そういった稽古の進度の相違もあり、コントロールの点では難度が高い下肢の技についての復習からスタートしたわけです。


 「突き」に関しては、タイトルにもありますように後半の稽古テーマの中で行なうことにしていましたので、稽古の流れに新鮮さを醸し出す意味も込めた構成にしました。


前蹴り 上足底  ここから具体的な稽古の話になりますが、まず確認したのが技の接触部位である上足底の意識です。


 「前蹴り」で使用する上足底というのは、指を反らした状態での親指と第二指の付け根の部分になりますが、そこを意識するためにはまず指のコントロールが大切です。


 でも、実際に見てみると、指が上手く反っていない、あるいは指が開いている、といった様子が伺えます。


 また、空稽古を行なう時、接触部位が前述の場合と異なり、小指側になっていたり、足首が曲がりすぎ、足の底全体で蹴ってしまうようなケースもありますので、足首の角度にも留意してもらわなければなりません。


 ですから、この意識を足に直接覚えてもらうため、前述の上足底の部位で立ち、足首をしっかり伸ばして歩いてもらいました


 最初のうちは足首が曲がり、かかとが床に近くなったりしましたが、その都度アドバイスするうちに少しずつ改善され、「蹴り」の時の上足底のイメージが伺えるようになりました。


 この日、「前蹴り」からスタートすると出席者の方に告げた時、「蹴り」本体の動きから行なうと思われたかもしれませんが、肝心の接触部位のコントロールができていないならば、実際に当てた時に自分の足を痛める可能性がありますので、復習としての稽古では、まずこの点を確認したわけです。


正整立ち つま先  前回の稽古の際、あまり細かくアドバイスしなかったのが構えです。


 左のイラストにその様子を示したイラストをアップしていますが、この構えはそのまま組手の時の基本にもなります。


 立ち方は「正整立ち(せいさんだち)」で、両上肢とも体側と体側に付け、前手はそのまま伸ばしたら相手の上段に当たる、奥手は同様に動かせば中段に当たる、といった感じにします。


 イラストの足のつま先部分を丸で囲ってありますが、これは角度に注意してもらうためのもので、前足はやや内側に、後ろ足は前足に平行かやや正面方向を意識する程度にします。


 この意識によって急所をガードし、「突き」の際の腰のキレを鋭くするのに役立ちます。


 ただ、そういうアドバイスをしても、初学者の方の場合は上肢のフォームや下肢のコントロール意識が希薄になりがちです。


 それはそのまま隙を作っていることになり、自ら相手の攻撃を誘っているような状態になります。上級者の場合、わざと隙を作って「後の先」を狙う場合もありますが、それは基本的な注意点以外のところで行なうことが多くなります。


 また、それは意図的に行なうことであり、今回のように隙を作らない意識を身に付けた人が初めて行なえることです。基本の段階ではいかに隙を作らないかに徹することが大切なのです。


 ここから具体的な「蹴り」の稽古に入りましたが、次の話がありますので、簡単に記します。


 左右ともそれなりの数をこなしましたが、そうなると疲労が出てくるのか、「蹴り」の軌跡に乱れが生じました。蹴る時と引く時の膝の位置や、下腿部の動きが基本として説明した状態になっていないケースが出てきたのです。


 その場合、最初の段階で注意したことに対する意識も希薄になり、「蹴り」が全体的に乱れてきましたが、いろいろなポイントがある中で、一つでも良いのできちんと自分のものにしてください、ということを再度お話しし、次のテーマに移りました。


上段受け  次のテーマが、タイトルにある「受け」→「突き」の連続技の稽古です。


 この日、最初の段階で予定している内容についてお話していましたが、その際、稽古できる「受け」は一つか二つ、という説明をしていました。それは連続技として稽古するからですが、この日の出席者には「受け」自体が初めて、という方もいらっしゃいました。


 すでに教えている人もいますが、連続技として稽古するのは初めてです。


 そういう意味ではここで全員が初めての稽古をするわけですが、最初はイラストにある「上段揚げ受け(じょうだんあげうけ)」の説明です。


 前述のように、すでに知っている人もいますが、その場合は復習として稽古してもらいました。まだ未体験の方は新しい技として稽古してもらいますが、最初にお話ししたのは技のイメージです。


 まずはカタチから、という方法もあるでしょうが、稽古頻度が少ない場合、自分で復習していただくことも必要であり、その場合は技のイメージングについての認識が必要です。


 だからこそ、この技の設定からスタートし、具体的な効果とその為の身体操作、受けた後の展開などについて説明しました。


 直真塾本部での稽古の場合、指導員もおりますのでこういう説明の時にはペアを組み、実際にその技を用いている時の様子を見てもらいましたが、所沢道場の場合は解説して間もないため、アシスタントになる人がいません。だからこそ、各人にきちんと技のイメージを持ってもらうことが必要になるわけですが、この日おなししたことをすべて書くと長くなりますので、一つだけお話しします。


 それはこの「受け」を、「剛」の意識で行なうか、「柔」の意識で行なうかということです。


 というのは、どちらの意識で行なうかによって上肢の動かし方が変わるからです。


 実際にはいずれの場合も知らなくてはならないのですが、稽古には段階・順序があります。そして武術の場合、まずは「剛」からというのが原則ですので、今回はその観点からアドバイスしました。


 その際、イメージとしては「受け即攻撃」を実践することであり、そのための上肢の動かし方と共に、接触部位の急所についても身体の構造と共に説明しました。


 そういうことを念頭に「受け」そのものの稽古を何度も繰り返しましたが、その後、全員が初めての稽古になる連続技になります。


上段受け→中段突き

















 最後に行なったのが、上のイラストに示してある「上段揚げ受け」→「中段突き(ちゅうだんづき)」の連続技でした。


 こういう稽古の場合、それぞれの技がきちんとできていることが前提になりますが、連続技ならではのポイントとして拍子があります。


 ただ、こういった「見えない技」の類について、まだきちんと要求できる段階ではないので、今回は連続技の体験、というところてやってもらいました。


 とは言いながらも、実際に行なうとなれば身体をどう動かせば良いのか分からなくなるところも出てきます。


 その一例として出てきたのが、2回目からの動作でした。


 1回目の動作の場合、両拳を腰に構えたところからのスタートでしたので、基本のままの動きでしたが、2回目以降は一方の上肢を伸ばした状態からの動きになります。


 この場合、その上肢をどう動かせば基本として稽古した「上段揚げ受け」として行なえるか、ということを意識しなければなりません。


 稽古ではこの点について実際にゆっくり分解しながら動かし、説明しましたが、ブログでは文章だけなり、イメージもしにくいと思いますので割愛させていただきます。


 なお、この時の様子は、テレビなどで時々見ることがある、日常生活の中で見慣れている動きも、スローモーションで見るととても不思議で複雑な状態になっていることを目の当たりにした時のような感じだったようで、何とも言えない表情をされていました。


 そしてその動きを真似すること自体、なかなか難度が高いため、結局は思ったように動かせないまま稽古は終了しました。


 でも稽古している人たちは真面目なので、今後の精進に期待し、少しずつでも良いので習得していただければと思っています。







 ▼活殺自在塾公式HP  (活殺自在塾のHPは左記をクリック)


  ※武術の修行と生活の両立を図るプログラムで塾生募集中


 ▼ボディバランス空手公式HP  (BBKのHPは左記をクリック) 


※活殺自在DVD第1巻「点の武術」、大好評発売中!

   アマゾンでも販売を開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。


 ※活殺自在DVD第2巻「極意の立ち方」、発売開始!

   アマゾンでも発売開始しました。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/FGwnVXcgCBw


活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」/中山隆嗣,道田誠一

¥5,940

Amazon.co.jp


活殺自在DVDシリーズ第1巻 「点の武術」/中山隆嗣,道田誠一
¥4,860
Amazon.co.jp

秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い!/中山隆嗣
¥1,512
Amazon.co.jp

東洋医学と武術でカラダを変える 空手トレ! 強くなる鍛え方 [DVD]/中山隆嗣
¥5,400
Amazon.co.jp

テーマ:

 昨日の稽古ですが、最初に連続技を行ないました。その後、キックミットの打ち込み、「形(かた)」、分解・解説と続いたのですが、今日はタイトルからもお分かりのように、連続技の稽古の様子を綴ります。


 稽古に先立ち、戦いという場について説明しました。空手道の場合、稽古においては組手というのがその具体的な内容になります。


 ただ、武術として意識した場合、リアルな戦いの場を意識しなければならず、稽古で行なう組手とは様相が異なります。


 つまり、リアルな戦いでは禁じ手はありませんし、例えばもつれたり倒れたりしても仕切り直して最初から、ということはあり得ません。すべて流れのままに、その中でのいろいろな場面に際して最も適切な方法で攻防が繰り返されるわけです。


 一方、稽古で行なう組手の場合、試合も同様ですが、リアルな戦いではないため客観的な視点から勝敗を判定する審判がおり、ルールにそぐわない事態が生じれば一旦戦いを中止し、また最初からやり直しということになります。


 実戦も稽古としての組手も、自由に技を駆使して闘うという点が同じでも、制限の有無とその範囲に相違があり、こういうことを念頭に稽古しなければ、そもそもの目的に合致した内容にはなりません。


 土曜日のパターンになっている最初の連続技のところでは、試合を想定した内容であり、そこで判定される1本を意識しての稽古でした。


 この日もそうでしたが、あえてこのことを最初に強調したのは、武術としての空手をしっかり認識し、その上で稽古する意識につなげるためです。


 そこには禁じ手は無く、効くための技という意識が必要であり、使用される技も変化に富みます。その前提で攻防を行なわなければならず、この日の場合、その具体例を最後のほうに行なった「形」の分解・解説での説明・稽古に委ねました。


 その前フリ的なことを最初の連続技の稽古の際に含んで説明したわけですが、まずは試合や稽古として行なう組手に役立つ基本の連続技、ということで行ないました。


 ここでは「突き」・「蹴り」について、原則として同一の技の繰り返しとしての連続技を稽古しました。今日はその内の「突き」のみの話で終わることになると思いますが、具体的には以下のようになります。


 こういうケースの時は、2挙動の技が多くなりますが、原則として今回は4挙動で行ないました。もちろん、それは1拍子行なうようにしなければ意味がありません。「突き」の場合、試合の場面でも素早く間合いを詰めながら「連突き(れんづき)」で相手を追い込み、最後に極める、あるいはそのまま場外に押し出す、というシーンをよく見かけます。


 その時は「上段突き(じょうだんづき)」の場合が多くなりますが、最初からそれでは技が上ずってしまうことが懸念されますので、基本である「中段突き(ちゅうだんづき)」で行なってもらいました。


基本型Ⅰ 突き





















 上のイラストは「中段追い突き(ちゅうだんおいづき)」を2回繰り返している様子ですが、実際には前述の通り、4回繰り返し、それを1拍子で行なうようにしてもらいました。


 つまり、各「突き」の間を空けず、一連の動作として淀みなく行なってもらう、というわけですが、2挙動までならともかく、4挙動となるとレベルによって差が出ます。


 それは承知の上で稽古してもらいましたが、レベルの差があるからこそ下の人は上の人の様子を見て頑張ろうと思えるわけで、そういう心を養う意味でもやってもらいました。


 前述したように、この意識で行なう技は、組手で一気に相手を追い込む時にも活用できるし、そのシーンを見ている道場生もいます。それを思い出してもらえれば、今やっていることの意義も理解できるでしょう。稽古ではそういう期待も込めながら進めました。


 ベースとなる追い突き(おいづき)」の場合、遠間から一気に飛び込んで行なう技であり、「突き」の中では射程距離が長い技です。


 この特徴を活かし、相手に追い込むには運足に留意し、それに連動して「突き」を放つ意識が不可欠です。


 でも、2挙動ならともかく、4挙動ともなるとなかなかそうはいきません。だんだん間合いが取れなくなるのです。


 もっとも、こういう攻撃をされた場合、後退する側もその歩幅が短くなっていく傾向があるため現実的には問題ないかもしれませんが、技の余裕としては本来は深い間合いも取れるけれどそれを適正にコントロールした、というくらいの状態であれば勝利をより確実なものに近づけてくれます


 だから稽古ではそういう状態になることを願いつつ行なうわけですが、もう少し時間をかけ、その意識の充実と共に実際に動ける武術体作りをやっていければと思っています。


 ところで、千唐流ではこのように1拍子での「連突き」を「押し突き(おしづき)」と呼んでおり、そこには「順」と「逆」があります


 前述の「追い突き」で行なう場合が「順」で、「逆突き(ぎゃくづき)」で行なう場合が「逆」になります。


逆突き・引き手・中心軸  手持ちに連続して「逆突き」を行なっている画像がないので単独の様子を示したものをアップしますが、可能な限りイラストで示したような感じで行なってもらうようにしました。


 「順」の場合との比較ですが、それはそのまま「追い突き」と「逆突き」の比較にもなりますが、後者の場合、どうしても居付きやすい感じになります。


 それはナンバ的な身体操作になる「追い突き」に比べ、身体の中心を通る中心軸をベースに身体を逆方向に捻りあうという身体操作がそうさせるわけですが、こういう身体の使い方は相手からの攻撃を受け、その場で反撃するような場面では効果的です。


 だからこそ、試合でもそのようなシーンをよく目にすることになりますが、見方を変えると、日常生活の中で歩く時に無意識に行なってる上肢の下肢の動かし方と同じ系統になっていることに気付きます。


 つまり、右足が前の時は右手は後、といった状態ですが、これは一般的な人に身体の動かし方です。


 それが武術や日本の伝統芸能に見られる歩きの場合、ナンバという一般人から見れば奇異な身体操作を意識することが多くなりますが、それにもきちんとした意味があり、こういう身体操法の場合が効果的なケースもあるのです。


 武術の稽古によりその理を体感することになりますが、武術の経験が浅い人の場合、この「逆」の意識での「押し突き」のほうが容易と感じる人もいたようです。


 少年部の稽古では、武の理などと言っても理解できないでしょうし、身体もついていかないでしょうから原則としてこのようなことは行ないませんので、移籍組にとっては初めての稽古だったという人もいるでしょう。4挙動を4拍子でというのは基本稽古としても行ないますし、それは「基本動作(きほんどうさ)」や「基本型(きほんかた)」にも登場します。


 しかし繰り返しになりますが、「押し突き」はそれを1拍子で行なうところがポイントですので、それをスンナリこなせるだけの身体の使い方を身に付けてもらえればと思います。


 稽古は「押し突き」として単独で行なった後、出席者全員を1列に並べ、今度はやや斜め方向から「押し突き」の意識で素早く突いてく、ということも行ないました。


 ここでは運足の方向と共に、実際に目の前に相手がるわけですから今度は間合いも意識しながらの稽古になります。


 全体的に見ていると、やはり具体的なターゲットがあったほうが気合が入るようで、技も鋭くなっていました。人によっては間合いなどを気にし、逆効果になっているケーもありましたが、組手に活用しようとすれば単独稽古だけでなく対人稽古も必要なので、良い勉強になったのではと思います。


 この話きちんと書くとそれなりの長さになるのでここで終わりますが、稽古はこの後も続きました。機会があれば、後日お話ししたいと思います。







 ▼活殺自在塾公式HP
 (活殺自在塾のHPは上記をクリック)

   ※武術の修行と生活の両立を図るプログラムで塾生募集中


 ※活殺自在DVD第1巻「点の武術」、大好評発売中!

   アマゾンでも販売を開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/e5CUX-zn9Zk


 ※活殺自在DVD第2巻「極意の立ち方」、発売開始!

   アマゾンでも発売開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/FGwnVXcgCBw



活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」/中山隆嗣,道田誠一

¥5,940

Amazon.co.jp


活殺自在DVDシリーズ第1巻 「点の武術」/中山隆嗣,道田誠一

¥4,860
Amazon.co.jp 
 
 秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い!/中山隆嗣
  
¥1,512
Amazon.co.jp
 東洋医学と武術でカラダを変える 空手トレ! 強くなる鍛え方 [DVD]/中山隆嗣
  
¥5,400
Amazon.co.jp

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス