中山隆嗣の「活殺自在」

武道と癒しを中心に、生き方、日々のことを綴ります。

武の究極、活殺自在を学びたい方

  ⇒活殺自在塾


エクササイズ・護身・健康に興味がある方

  ⇒ボディバランス空手


快整体術をプロとして学びたい方(全国可)

  ⇒快整体術研究所


直真塾で千唐流空手道を学びたい方

  ⇒快整体術研究所にお電話ください

NEW !
テーマ:

 先週の火曜日の稽古の話です。


 先日、前半は全員で「蹴り」を中心に稽古したという話をしましたが、後半は2組に分け、1組は「形(かた)」を行ないました。


 今日の話はもう1組のほうで、そこではペアを組み、相手からの攻撃を捌き、崩してから「蹴り」で極める、ということをテーマに行ないました。前半で稽古した「蹴り」を意識してのことですが、そういった関連性のある内容を行なうことで、稽古のつながりを意識してもらいました。


刻み突き  さて、ペアを組んでの稽古の場合、自由組手ではないので仕掛ける側の技を設定しなければなりません。


 その場合、大別して「突き」と「蹴り」の場合があります。


 稽古の流れからは「蹴り」で仕掛けた場合を想定するほうが良いのでしょうが、できればいずれの場合も行ないたいと思っていたので、最初は定番の「突き」を設定してスタートしました。


 ただ、一口に「突き」と言っても、攻撃部位の違い、並びに「追い突き(おいづき)」、「逆突き(ぎゃくづき)」のパターンがあります。


 基本的な約束組手の場合、「中段追い突き(ちゅうだんおいづき)」となることが多くなりますが、今回は組手でよく用いられる上段に対する「突き」ということにしました。


 上のイラストは「上段刻み突き(じょうだんきざみづき)」の様子ですが、設定は「突き」の種別を問わず、上段を狙う、ということにしました。


 稽古ではそれを上手く捌き、単に攻撃を避けるだけでなく崩しまで持っていき、そこから「蹴り」で反撃する、といった流れになります。こういう稽古の時、動作の流れについて言われたからそうする、といった程度の意識では魂が入ったものになりません。そういうことは単に身体を動かしたというだけであり、武技として身に付くものではありませんし、実際に使うこともできません。


 だからこそ、武技の理をきちんと説明し、その意識で行なってもらう、ということになりますが、まずは実体験することが理解を早める第一歩です。


 この組の中で最も練度が高い道場生を選び、仕掛けてもらいますが、もし体験したいという道場生がいたらその人にも仕掛け役になってもらいます


 結果、全員が名乗りを上げたため、時間は予定よりもかかったけれど、技の感じは掴めたと思われます。特に崩される時の感触は、技を掛けた時の相手の様子を理解するイメージトレーニングとして効果的で、自分の技が相手にこういう感じで効いているのだ、という意識を持って稽古してもらえれば、技の質も変化してくると思います。


手刀回し受け















 では、相手からの「上段突き(じょうだんづき)」をどういう技で対応するかということですが、ここでは単なる「受け」ではなく、崩しまで意識しなければなりません。


 まず頭に浮かぶのは、基本的な「受け」である「上段揚げ受け(じょうだんあげうけ)」でしょうが、この日のテーマである崩しまで持っていくことはできません。


 他には相手の「突き」を引っ掛けるような感じで受ける「掛け受け(かけうけ)」もありますが、イメージとしてはもっと大きく崩せる「受け」が必要です。


 そこで選んだのが上のイラストに示した「手刀回し受け(しゅとうまわしうけ)」ですが、崩すためにはイラストのようにしっかりと下段まで動かさなければなりません。


 この「受け」は基本の中では「締めの型(しめのかた)」に出てくる技ですが、千唐流では三段以上で稽古する「三戦(さんちん)」にも登場します。いずれの場合も呼吸法と共に稽古し、下方まで上肢を動かしますが、武技として使用する場合もそこまで行なうことが必要です。


 ただ、これまでこの技を約束組手で稽古した際、動作が中途半端になることが多く、今回は経験が少ない道場生もいたので、どこまでできるかという懸念がありました。


 結果、それは的中したわけですが、早く反撃したいという意識が強いのか、崩しが中途半端になり、単に相手からの「突き」をかわした段階で反撃しています。


 今回の技の場合、崩しを行なうことで体勢を立て直すまでの時間を得、その時に勝利を得ようという設定ですので、この点は何度も注意し、全員がきちんとその動作ができるまで反撃なしで稽古を続けました。


 その際、効果的に崩すには相手の立ち方が関係するというところから、受ける側の動きもそれに連動して変化するようアドバイスしました。それは瞬時に判断することになりますが、稽古ではそのパターンを具体的に例示し、最初はその前提で何度も稽古し、その上で仕掛ける側には自由に攻撃してもらい、それを原則に従って対応する、という具合に稽古のステップを変化させました。


 その前提として、受けた上肢をどの方向に動かすかということも関係することになり、そのベクトルについての認識も必要になります。稽古ではそういったことに関する微妙な違いについても説明し、また模範を示し、理解を促しました。


前蹴り  その上で極めとなる「蹴り」に至るわけですが、ここでは左に示した「前蹴り(まえげり)を用います。


 間合いのこともありますが、崩した時の姿勢が前傾になっているため、「前蹴り」で蹴り上げるような感じでの攻撃が功を奏します。


 その際、前足で蹴るか奥足で蹴るか、ということになりますが、「受け」の際の運足を意識してもらい、後者のパターンにしました。


 極めとして、一撃で倒せるだけの威力を確保するためですが、もちろん稽古では本気で当てることはなく、きちんと止めるようにしてもらいます。本気で蹴れば1回で大きなダメージとなり、怪我につながることにもなりますので、あくまでも稽古として行ない、それが実際の戦いの場合はこうなる、という意識で行なうわけです。


 そこには上肢の動きと下肢の動き、そして身体全体の動きが合理的に連動するように留意してもらうことが必要で、ちょっとした身体操作の違いで全体的な質にも違いが出てくる、ということも理解・経験してもらいました。


 今日は一つの技の話だけでそれなりのボリュームになったのでここで終わりますが、稽古では他の技も行ないました。


 そこまで書くと長くなるので、機会があればということにさせていただきます。






 ▼活殺自在塾公式HP
 (活殺自在塾のHPは上記をクリック)

   ※武術の修行と生活の両立を図るプログラムで塾生募集中


 ※活殺自在DVD第1巻「点の武術」、大好評発売中!

   アマゾンでも販売を開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/e5CUX-zn9Zk


 ※活殺自在DVD第2巻「極意の立ち方」、発売開始!

   アマゾンでも発売開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/FGwnVXcgCBw



活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」/中山隆嗣,道田誠一

¥5,940

Amazon.co.jp


活殺自在DVDシリーズ第1巻 「点の武術」/中山隆嗣,道田誠一
¥4,860
Amazon.co.jp

 

 秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い!/中山隆嗣
  
¥1,512
Amazon.co.jp

 

 東洋医学と武術でカラダを変える 空手トレ! 強くなる鍛え方 [DVD]/中山隆嗣
  
¥5,400
Amazon.co.jp
 
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 今日は先週の土曜日の稽古の話です。


 今年の直真塾関係の試合スケジュールは終了しましたので、これからは基礎的な実力を磨く為の稽古になります。


 試合ではありませんが、行事としては今年後期の昇級審査・総本部主催の技術講習会があります。それは普段の稽古とは異なるイベント的なことですが、その他は地味な稽古の連続になります。


 先週の土曜日もみんなで一緒に稽古したのはまさにそういった地味な内容で、この日はタイトルにある「逆突き(ぎゃくづき)」からスタートしました。


逆突き・引き手・中心軸  左にその様子を示したイラストをアップしましたが、立ち方は「正整立ち(せいさんだち)」です。


 腰に負担をかけず、しっかり腰を切るために必須の立ち方であり、攻防いずれにも適し、防御にも優れた立ち方として千唐流の基本にして極意の立ち方です。


 「逆突き」の場合、前方に出ている脚とは反対側の上肢で突く技ですが、基本稽古でまず意識しなければならないのは「引き手」です。


 もちろん、その前提として立ち方そのものであったり、拳の質にも言及しなければならないのですが、そこからお話しすると、多分今日のブログはそこで終わってしまいます。「突き」そのものをテーマにした内容にしたいので、まず前述の「引き手」からお話しします。


 このブログでは再三お話ししていることですが、武技のベースの一つは中心軸です。その活用の意識の有無が武技の質に大きく影響を与えますが、左のイラストからもお分かりの様に、「逆突き」の場合、突き出す側と引く側の効果的な連動が中心軸の活用に大きく関係します。


 ところが、最初の内はどうしても突く側のほうに意識が行きがちで、「引き手」が疎かになってしまいます


 それによる質の低さを感じた場合、上肢の筋力アップを意識するようになりがちですが、そのようなことではいつまで経っても「突き」の質はアップしません。


 武技というのは、全身の使い方を意識し、その総合力で質を高めることが必要であり、決して単独部位の強化のみでは成り立たないのです。


 しかし、稽古では突く側の意識だけが見られます。その問題についてはこれまで何度も言っていることですが、受け取る側にバラつきがあります。上級者には耳タコ状態でしょうが、まずは全員に同じことをアドバイスします。その上で個別指導となりますが、定番のセリフは「引き手は後猿臂(うしろえんぴ)」ということです。


 いかに鋭く肘を引くことができるか、ということの為のアドバイスですが、今度はそちらに気を取られ、突く側の意識が抜けてしまう人がいます。人によって異なりますが、上手く左右の動きをコントロールできていないわけです。


 こういう時の稽古はスピード・パワーを意識させるものではなく、身体操作にフォーカスして行なうことになりますので、比較的ゆっくり目の「突き」で良いし、また、「突き」と「突き」の間(ま)も開けます


 ある程度バランスが整ってきたと思ったら少しずつスピードを上げていきますが、合計すると結構な数をこなしていることになります。そのため、同じ側でなく、様子を見ながら左右をチェンジしながら行ないますが、そうなるとまた最初からやり直しになります。


 それなりに時間を要することになりますが、基本中心の稽古ですから問題はありません。


突きの直進性




































 よく見かける「逆突き」の問題点の一つに、肘・脇の開きがあります。


 そこでは「引き手」を意識し、腰を効果的に活用しようという気持ちが災いし、上体の動きに連動し、上肢の内側を体側部にこすり付けるような感じで押し出す、という身体操作が曖昧になり、「突き」の軌跡が円を描くような感じになるのです。


 そういう状態になれば、本来有しているはずのパワーの発現が不能になり、武技の質の低下を招きます。


 そうなった場合、また上肢の筋力強化を意識するといった方向に行ってしまうことになりますが、肘・脇を締めつつ、拳の押し出しと前腕の回旋をきちんとイメージし、それに基づいて突く、ということを身体で覚えてもらわなければなりません。


 こういうところも前述のように全体的なアドバイスをした上で個別指導になりますが、サポートしている間は多少変化しても、数をこなすうちにまた悪い癖が出てしまう、ということの繰り返しになります。


 ただ、意識すればしばらくきちんとコントロールしている人もいるわけですので、要は当人の集中力の問題です。何度も同じことを言われる中で、少しずつ正しい身体操作が行なえる時間が長くなり、いつの間にかその動作が自分にとって当たり前、となるくらい繰り返すことか大切です。こちらも根負けしないよう、しっかりサポートしていきたいと思っています。


 ところで、「逆突き」の場合、腰の切り方をしっかり意識できる技ですが、武技とした正しいのはダブルツイストを実践することです。


 でも、シングルツイストになっていたり、腰の意識が無い人の場合、腰を動かすことすら行なっていません。変に意識しすぎると変なリズムになってしまう人もいますが、これもゆっくり行なうところからスタートし、腰の動きと「突き」のタイミングを少しずつ合わせていくようにしました。


 稽古では他にも説明し、また内容についてもいくつかのパターンで行ないましたが、長くなるので再度「逆突き」をテーマに書く時にお話ししたいと思います。






 ▼活殺自在塾公式HP
 (活殺自在塾のHPは上記をクリック)

   ※武術の修行と生活の両立を図るプログラムで塾生募集中


 ※活殺自在DVD第1巻「点の武術」、大好評発売中!

   アマゾンでも販売を開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/e5CUX-zn9Zk


 ※活殺自在DVD第2巻「極意の立ち方」、発売開始!

   アマゾンでも発売開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/FGwnVXcgCBw



活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」/中山隆嗣,道田誠一

¥5,940

Amazon.co.jp


活殺自在DVDシリーズ第1巻 「点の武術」/中山隆嗣,道田誠一
¥4,860
Amazon.co.jp

 

 秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い!/中山隆嗣
  
¥1,512
Amazon.co.jp

 

 東洋医学と武術でカラダを変える 空手トレ! 強くなる鍛え方 [DVD]/中山隆嗣
  
¥5,400
Amazon.co.jp
 
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 昨日、台風18号のことを書きました。


 西日本に大きな被害を残し、現在は北日本を襲っています。一時勢力が弱まったようですが、日本海で再び勢力を強め、北日本を伺っているということなので、十分な警戒が必要です。


 終日天気が悪かった昨日に比べ、東京はまさに台風一過、とても良い天気になっています。


台風一過
















 朝の天気予報を見ても、これからの北日本地域の心配はされていましたが、背景はすっかり晴れた天気で、午前7時半ごろ、温度計の数字は31度を示していました。


 日向の気温ではありましたが、久々に30度を超えた数字を見た感じでした。


 昨日との気温差は12度になる予報が出ており、最高33度まで上がるということです。


 気温差による体調への影響と、暑さによる熱中症が心配です。


暴風雨




















 今日のブログのテーマは、空手の話に戻ろうかと思っていましたが、昨日の続きのような内容になったのは、昨晩の天気が関係しています。


 台風が近づいていると言いながらも終日、東京は比較的その影響が感じられず、普通の雨の日といった状態でした。


 西日本の被害のことはテレビで知っていましたが、台風の進路の関係で東京への影響は少なかったのかな、と思っていたのですが、夜中になると外が騒がしくなっています


 時計を見ると、夜中の12時前後でした。


 窓を叩く雨と風の音が大きくなり、稲光もあります。


 窓越しに見る外の景色はテレビのニュースで見る様子そのもので、もしこの時間、外にいようものならば傘など役に立たず、すぐに全身ずぶぬれになってしまう、という感じでした。


 部屋の中にいるとそれくらいの印象ですが、今回の台風で崖崩れや浸水の被害に遭われた方もいらっしゃいます。


 今後も台風の心配はありますが、早く普段の生活を取り戻されるよう、お祈りしております

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 ここ2・3日、台風18号のニュースが盛んに報道されています。


 この台風は「タリム」という名前が付けられているようですが、先ほどネットが確認したところ九州に上陸するようです


 その後四国、中国地方を通って行くようですが、昨日までの予報では東京でも強い風雨にさらされる、といった予報も出ていました。


台風


















 上のイラストは南西諸島や九州の南部を襲った際のイメージとしてアップしたものですが、毎回テレビで見かけるような光景です。


 その時の気象条件によって進路は変わるものですが、冒頭に記した地域は予報通りになるような予感です。


 ただ、東京はどうかというと、現時点では大した雨は降っていません。普通に天気が悪いの感じです。


 今後の進路の関係でこちらにも大きな天気の崩れがあるかもしれませんが、ネットで確認すると昨日強雨という表示が出ていた時間帯に曇りマークが表示されているサイトがありました


 他で確認すると雨マークになっていましたが、それでも強雨でなく普通の雨マークでした。


 一昨日あたりから毎日、天気の様子を確認していたのですが、日ごとに変化し、だんだん台風の影響が低下しているような感じです。


 こちらに住んでいる立場では幸いなことですが、九州や西日本の方たちにとっては不安な時間を過ごされることと思います


 最新情報に耳を傾け、適切な対応をされ、被害を最小限にしていただければと思います。


 このところ自然災害の話をよく耳にしますが、これまでの常識を変えていくことも必要なのかもしれません


 こういうことは地域に関係なく気を付けなければならないことですから、自分のことに置き換えて考えていきたいと思っています。


 今日は台風のことが気になったのでそれをテーマにしましたが、明日からはまたいつものようなブログになると思います。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 火曜日の稽古の話です。


 昨日、後半の稽古については、土曜日の話と合わせて綴りましたが、今日は前半のことになります。


 最近、少年部から稽古に来ている小学生のことを書き、試合に出たいと思っていても指の捻挫から通常の稽古ができず、「蹴り」主体で行なった、という話をしました。


 先日のブログでその試合のことを書いたわけですが、この道場生も「形(かた)」・組手に出場し、アウェーの大会ながら「形」で準優勝しました。組手のほうは指の怪我が完治していない状況でのことですから、入賞できませんでしたが、都大会ではいつも頑張っています。慣れないルールに対する不慣れも関係し、不完全燃焼気味でしたが、引き続き稽古に参加したので、この日からは一般部と同じメニューで行なうことにしました。


 ただ、まだ指の怪我のことがありますので、基本稽古も「蹴り」をメインに行ないました。出席者のレベルを考慮し、その場稽古は割愛し、移動稽古をメインに数をこなそう、ということでスタートです。


中段前蹴り 蹴込み




















 まずは定番の「前蹴り(まえげり)」です。


 上にその様子をイラストでアップしていますが、ここで意識してもらったことの一つがタイトルに記されている膝のかい込みです。それに合わせて蹴る位置についても留意してもらいましたが、それは蹴るということのみの意識が行ってしまい、ターゲットが明確でない人がいたからです。


 そういう人に限って膝のかい込みの意識が低く、蹴り出す時と引く時の膝の位置がぶれたり、膝のかい込み時の角度が不十分で、膝のスナップを活用するというより、股関節を中心に脚を動かしているというケース、構えの上肢が縮こまっており、ナンバ的な身体操作ができていない、といったところが見えます。


 今日のブログは膝のかい込み、という視点からのことですが、実際の稽古では複数の問題点が出現しますし、それが複合して技の質の低下に関係する、という場合も少なくありません。


 また、どの部位を用いるのか、という認識が甘い道場生もおり、指が反っていないとか、足裏全体で蹴っている、というケースもあります。後者の場合、相手の突進を止めるストッピング的な効果はあるでしょうが、一撃必殺を理想とする空手道の場合、せっかく相手に当てるのならば、明確な攻撃技としての意識で行なうべきであり、どうしても上足底で蹴ることが難しいならば、いっそのこと下足底で蹴る、ということもできます。


 その場合、射程距離が若干短くなる関係上、技として使用する時には間合いも考慮する必要がありますし、下肢の後側をしっかり伸ばす関係上、ふくらはぎやハムストリングスに過度な負担をかけないよう、普段からその柔軟性の確保を図る必要があります。


足刀横蹴り


















 続いては「足刀横蹴り(そくとうよこげり)」です。


 この「蹴り」で使用する「足刀(そくとう)」の形状は独特ですので、まずはその確認が必要なのですが、今日のテーマは前述のように膝のかい込みですので、その点にスポットを当ててお話しします。


 この場合、道場生の「蹴り」を見ていると、今日のテーマとして挙げた理由にも通じることですが、上のイラストのような状態になっていない人がいます。


 正面に対して「足刀横蹴り」を行なう場合、これまで何度も注意しているところでありますが、やはりそれが身体に染み込むまでには時間がかかることであり、この日も同じようなアドバイスをしました。


 具体的にどの点が問題だっかというと、イラストの真ん中に示されている膝の様子です。ご覧のように、膝は、正面方向を基準にした場合、その中心をクロスするような感じで引き上げることが必要なのですが、それが浅いために「蹴り」の軌跡が正しくなく、腰が引けていたりします


 どの高さを蹴るかによって膝のかい込みの高さも異なりますが(「前蹴り」の場合も同様)、「足刀横蹴り」の場合は蹴る方向との位置関係にも留意しなければならない分、身体操作の難度がアップします。


回し蹴り 2


















 そして、前半最後に行なったのが「回し蹴り(まわしげり)」でした。


 なぜこの「蹴り」が最後になったかということですが、数をこなしたことが原因でしょうか、足裏の皮が剥がれた道場生がいたためです。


 稽古では今日のブログのテーマにはしていませんが、「蹴り」の質のアップの為には軸足の操法についてもアドバイスし、「溜め」を意識してもらいました。


 それが床との関係から足裏に負荷がかかり、皮が剥がれたようです。それだけ「蹴り」のクオリティアップについてのアドバイスを意識したということでしょうが、それならそれで良いことです。


 でも、足裏のトラブルが出た以上、同様の稽古を続けてもその怪我をかばうために動きがおかしくなるのは目に見えていますので、移動蹴りの稽古はここまでになったのです。


 そういうことが起こるまで、「回し蹴り」もそれなりに回数をこなし、今日のテーマに沿ったアドバイスもしました。


 特に膝のかい込みというテーマの場合、「回し蹴り」においては特に意識してもらうことの一つであり、この日も2パターンで行ないました。


 直真塾では、最初の段階では上のイラストのように大きく外側に膝をかい込むことはさせません。イメージ的には三日月蹴り(みかづきげり)」と「回し蹴り」の中間くらいの角度を意識し、蹴ってもらいます


 この場合、急所のガードと共に、比較的遠間を狙う時に効果的です。ですから、最初はその意識で行ないましたが、続いて行なったのがイラストのように膝のかい込みの角度を変え、「蹴り」自体の軌道も変えて行ないました


 後者のような下肢の操作の場合、近間で上段を狙うような時に効果的で、その際には身体の柔軟性も必要とされますが、膝のコントロールで「蹴り」の軌道を変え、近間での死角をついた「蹴り」として用いる時の身体操作として行なってもらいました


 そしてこの稽古をしている時、突然動きがおかしくなった道場生がおり、それが前述の足裏の皮が剥がれた、ということだったのです。


 そのためここで一旦小休止をし、稽古は次のテーマに入っていきました。






 ▼活殺自在塾公式HP
 (活殺自在塾のHPは上記をクリック)

   ※武術の修行と生活の両立を図るプログラムで塾生募集中


 ※活殺自在DVD第1巻「点の武術」、大好評発売中!

   アマゾンでも販売を開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/e5CUX-zn9Zk


 ※活殺自在DVD第2巻「極意の立ち方」、発売開始!

   アマゾンでも発売開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/FGwnVXcgCBw



活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」/中山隆嗣,道田誠一

¥5,940

Amazon.co.jp


活殺自在DVDシリーズ第1巻 「点の武術」/中山隆嗣,道田誠一
¥4,860
Amazon.co.jp

 

 秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い!/中山隆嗣
  
¥1,512
Amazon.co.jp

 

 東洋医学と武術でカラダを変える 空手トレ! 強くなる鍛え方 [DVD]/中山隆嗣
  
¥5,400
Amazon.co.jp
 
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 先週の土曜日の後半と、今週の火曜日の後半の稽古では、同じ「形(かた)」をテーマに行なったために、一緒にお話しします。


 具体的には「鷺牌 大(ろーはいだい)」で、しなやかな動きの中での極めを意識してもらいました。


 そのためには、各動作の「見えない技」の部分を意識してもらい、その時の身体の使い方が武技の質をアップする、ということを念頭に稽古してもらいました。


 今日のブログでどこまでご紹介できるか分かりませんが、まずは下記の箇所です。


鷺牌 弓勢から下段払い



















 お話ししたいところはいろいろありますが、上のイラストは「交叉立ち(こうさだち)」による「弓勢(きゅうせい)」から転身し、「下段払い(げだんばらい)」を行なっているところです。


 この後すぐに再度転身し、「返し突き(かえしづき)」を行なうことになり、「下段払い」から「返し突き」を行なうところは限りなく1拍子を意識した動きになります。


 今日お話しするところはそこではないので「返し突き」のところは省略していますが、稽古ではその点もしっかりチェックし、必要に応じてアドバイスしました。


 話を戻しますが、ここで最初に意識してもらったのが、「交叉立ち」の際の膝の締めです。


 立ち方として良くない状態の一つに、膝の開きがありますが、そのような様子はありません。膝はきちんと閉じています。


 でも、それがカタチだけのことなのか、あるいは武技としての身体操作がきちんとなされているのか、ということを確認する必要があります。


 そういう場合、口頭で膝の身体操作の状態を尋ねることもありますが、膝の間を指先でつついてみたり、この姿勢になった時に軽く押したりします。一見、不安定な立ち方でありますが、きちんと下肢の操作をしていればそれなりにしっかり耐えられるものなので、土台としての立ち方の確認として行なうわけです。


 そして不十分と思われる場合は、具体的な膝の締め方のアドバイスをしますし、その意義についても説明します。


 今回、「弓勢」からの展開の箇所にフォーカスし、そのことについてお話ししているのは、正しく立っているからこそ転身と「下段払い」の質がアップする、ということになるからです。


 ここで膝を締めるという場合、左右の膝を互いに中央に寄せるようにしつつ、併せて重心を落とし、前足の後膝に奥足の前膝を乗せるようにします。その時、力んではいけませんし、その時の下肢の操作は独特ものになります。


 そこからこの状態を「溜め」として、その解放のエネルギーを活用して素早く、鋭く転身するようにするのです。稽古では、その「溜め」を実感してもらおうと負荷をかけ、それに抵抗するつもりで下肢の締めを行なってもらいましたが、下肢への負担が新鮮な感覚だった、という人がいました。


 裏返せば、これまではそのような感じでは立っていなかったということですが、今回の稽古でその点が改まったものと思われます。


 また、「下段払い」の際、微妙な「膝の抜き」を行なうことで「受け」自身の質もアップしますが、そのことが「返し突き」の質にも関係してくることを説明し、その上でその有無が技にどう影響するかも体感してもらいました。


 膝の意識という点にフォーカスする時、冒頭の箇所だけでも複雑な身体操作が存在することを理解してもらったわけですが、武術しての「形」を稽古する場合、その動作の中の他の場所にも注意点がたくさんあります。今回はそこまで踏み込まず、膝を中心に意識してもらいましたが、それだけでも武技の質が変わる、ということを改めて実感してもらいました。


鎮東 順押し突き



















 続いては、上のイラストに示した「順押し突き(じゅんおしづき)」のところの話です。


 「順」という言葉がある以上、「逆」のバージョンもあるわけですが、基本稽古で行なう際の「押し突き」では、その2種類を行ないます。


 イラストだけから見れば、「追い突き(おいづき)」を2回連続して行なっているように見えますが、「押し突き」というのは1呼吸で複数回の「移動突き」を行なう、というものです。


 イラストは2回行なっているので、「押し突き」の中では最も少ないバージョンですが、基本稽古の中ではもっと増やして行なう場合もあります


 「押し突き」は「鷺牌」で初めて出てくる技ではなく、その前に習得する「鎮東(ちんとう)」にも登場します。いずれも鳥をイメージした「形」という共通項がありますが、それを活かし、ここは軽やかな運足を心掛けなければなりません。


 しかし、武技ですから、きちんとした極めが必要であり、素早い運足をベースにした「二連突き(にれんづき)」という意識で行ないます。


 基本稽古で行なう「二連突き」の場合もそうですが、こういう技の場合、極めに相当する部分だけに意識を集中しがちで、最初の技が軽くなる傾向にあります。


 ですからこの点をどう克服するかということが課題の一つであり、そしてもう一つ、出だしの拍子も意識してもらいました。


 後者の場合、素早く突こうとする意識の為か、突く前に一旦変な「溜め」があり、全体的にワンテンポ遅れてしまったり、勢いをつけるための変な動作が入ってしまう人がいるのです。


 稽古ではその克服のための身体操作についてアドバイスしましたが、言葉で説明するとそのイメージングの部分に間違いを生じる可能性があるので、具体的な内容については割愛します。


 アドバイスを聞いた人の場合、ビフォー・アフターで確かに動作の質が変わった、という感想がありましたが、そういう身体感覚を大切にし、本当に自分の技として身に付けてもらえればと願っています。






 ▼活殺自在塾公式HP
 (活殺自在塾のHPは上記をクリック)

   ※武術の修行と生活の両立を図るプログラムで塾生募集中


 ※活殺自在DVD第1巻「点の武術」、大好評発売中!

   アマゾンでも販売を開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/e5CUX-zn9Zk


 ※活殺自在DVD第2巻「極意の立ち方」、発売開始!

   アマゾンでも発売開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/FGwnVXcgCBw



活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」/中山隆嗣,道田誠一

¥5,940

Amazon.co.jp


活殺自在DVDシリーズ第1巻 「点の武術」/中山隆嗣,道田誠一
¥4,860
Amazon.co.jp

 

 秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い!/中山隆嗣
  
¥1,512
Amazon.co.jp

 

 東洋医学と武術でカラダを変える 空手トレ! 強くなる鍛え方 [DVD]/中山隆嗣
  
¥5,400
Amazon.co.jp
 



いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 昨日の続きです。


 土曜日の稽古の話ですが、最初は出席者が少なく、上級者のみでしたので、身体操作をテーマにした内容になりました。


 具体的にはタイトルに示してありますが、稽古した内容をブログにアップすることはちょっと考えました。表現が難しいことと、上手く伝わるかどうか不明だったからです。


 でもお話しできそうなところだけをピックアップし、綴っていこうと思います。ただし、いつもよりも短い内容になるかもしれませんので、あらかじめご了承ください。


中心軸のイメージ  まず、中心軸と丹田の概念図ですが、左のようになります。


 文字通り、身体の中心を貫くラインが中心軸であり、丹田は下腹部に存在します。丹田は中心軸上を動くような感じになりますが、それを武技に活かす為にはまず丹田の存在を感じるようになることが大切です。


 具体的に存在するものではない分、それを感じるというのは難しいことではありますが、身体感覚を研ぎ澄ませば、体感することができます


 この日の出席者の場合、稽古の度にそれを意識し、基本や「形(かた)」の稽古はもとより、組手でも丹田の浮沈を活用した動きを心掛けている人たちです。


 そしてこの日、早々に稽古に来ていたある道場生が、以前教えた呼吸法と丹田の練りの稽古をしており、家でも時間がある時に実践しているそうですが、その様子を見ていたことがこの日の前半の稽古にテーにつながったのです。


 他の人も稽古が始まるまではそれぞれ思い思いの内容で身体を動かしていましたが、時間になったのでこれまであまりお話ししていなかったことを稽古し、さらに身体意識を磨いてもらうことにしたわけです。


 多分に感性を要求することですから、実演を交え行なうことにしましたが、一定以上のレベル人たちだったからできた部分もあります。


 そこでは実際に組手でも使える身体意識ということが前提ですので、上のイラストのように組手の際の構えでの稽古になりました。


 各自、自分の構えを取ってもらいますが、まず意識してもらったのは、その際の丹田の位置です。前述のように、この点については全員、実感しているようです。


 そこで今度は足裏の感覚です。


 床をどのように感じているかですが、ここでは体重のかけ方を意識してもらいました。安定感の中で、いざという時にスムーズに動ける感覚が必要です。その為にはある種の不安定感が必要ですが、これは武術の独特の身体感覚です。


 客観的に見れば、足裏がピタッと床に着いているのですが、自身の身体感覚とすれば、必ずしもそうではなく、前述の相反する身体感覚が同居していなくてはなりません。


 稽古ではその具体的な感覚まで説明し、その意識で立ってもらいましたが、誤解を防ぐため、ブログでは割愛します。


 その点を稽古でアドバイスした際、実践するための要件として「膝の抜き」の必要性を説きました。それが足裏の感覚に関係すると同時に、組手の際に素早く動くための要件にもなります。


 ただし、実際に動く時には立っている場合とは違った「膝の抜き」を意識してもらいますが、言葉で表現すると同じ表記になります。つまり、「膝の抜き」と表現することも、具体的な内容になると意識する際の条件によって異なったポイントが存在することになるのです。同じ言葉でも、内容的には幅がある、というわけです。


 立っている時も組手の際の運足にしても、足裏の感覚と膝の意識が大きく関係することになりますが、それを土台として丹田・身体の中心軸を活かし、攻防を行なうことになります。


追い突きの運足












 そういうことを念頭に、稽古は運足に入りました。


 この時、上級者のみでしたので基本で行なうようにゆっくりしたものではなく、実際の組手を意識した素早いものでした。


 いかにして素早く間合いを切り、自分の攻撃の射程距離内に入るか、ということを意識してもらいましたが、「裏三寸」以上を狙えるくらいの十分な踏み込みを意識してもらいます。


 その場合、下半身の筋力のみの活用ではどうしても難しいため、今日のタイトルに挙げた中心軸や丹田の活用を意識してもらい、その為に「膝の抜き」などの身体操作にも話が及んだのです。こういう時はスピードの意識が不可欠ですが、地面を蹴って進むといった筋力を活用したものではなく、「膝の抜き」のような自然な崩れを活用した動きのほうが効果的で、相手からも察知されにくい、というメリットがあります。


 相手も戦いの為のアンテナを張り巡らしているわけですが、ちょっとした動きにも反応するように稽古しています。その反応パターンに乱れを乗じさせるのは意図的な動きではなく、自然な動きを活用することであり、ここでは自然な身体の崩れを活用したわけです。その際、自身の中心軸や丹田の存在の意識と活用というのは不可欠であり、冒頭でお話ししたこととつながっています。


足の交差  左のイラストはイメージとしてアップしたものですが、前述の意識で間合いを切る時、十分な効果を得るには相手の両足の間に入り込むくらいの深さと度胸が必要です。


 ここで中途半端な踏み込みになれば、せっかくの中心軸・丹田・膝の抜きなどの要素が不完全燃焼で終わってしまいます。ここまで間合いを詰めるという時には、十分な勢いもついているでしょうし、この間合いなら外すこともありません。


 相手からしても「受け」は難しいでしょうし、そういう点から考えれば、攻撃の成否はいかに前述の身体操作を活用して間合いを切ることができるか、ということにかかっているわけです。


 そのため、稽古としてはペアを組んでもらい、思い切って相手の懐に飛び込む意識でやってもらいました。その際、当然のこととして、踏み込まれる側も目を養うつもりで対応し、頭の中でその対応をイメージするようアドバイスしました。


 攻撃する側がいればされる側もいるわけで、稽古でその両者を経験して初めて本物になるのです。


 今日の話は十分意を尽くしていませんが、内容的に文字で説明するには難しかった、ということがあります。稽古では実演を交え、出席者にはそれなりに理解してもらったつもりですが、この日に稽古した内容は別の機会でも活用されることですから、そういうケースを通じてまたお話しできればと思っています。


 当初、今日はいつもよりも短いブログになるのではと思っていましたが、書き終わってみるといつもくらいになってしまいました。冒頭、その旨を記しましたが、その心配は杞憂でした。





 ▼活殺自在塾公式HP
 (活殺自在塾のHPは上記をクリック)

   ※武術の修行と生活の両立を図るプログラムで塾生募集中


 ※活殺自在DVD第1巻「点の武術」、大好評発売中!

   アマゾンでも販売を開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/e5CUX-zn9Zk


 ※活殺自在DVD第2巻「極意の立ち方」、発売開始!

   アマゾンでも発売開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/FGwnVXcgCBw



活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」/中山隆嗣,道田誠一

¥5,940

Amazon.co.jp


活殺自在DVDシリーズ第1巻 「点の武術」/中山隆嗣,道田誠一
¥4,860
Amazon.co.jp

 

 秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い!/中山隆嗣
  
¥1,512
Amazon.co.jp

 

 東洋医学と武術でカラダを変える 空手トレ! 強くなる鍛え方 [DVD]/中山隆嗣
  
¥5,400
Amazon.co.jp
 


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 先週の土曜日の稽古ですが、なぜか集まりがバラバラで、途中から2組に分けて稽古する、という流れになりました。


 今日は2組に分けた時の一方の組の話で、最初に行なっていた稽古については後日お話しします。


 ここで行なった稽古のテーマはタイトルに示してあり、「」を意識した内容でした。これは千唐流の特徴の一つであり、その稽古では「転」という身体操作だけでなく、その稽古によって得られる身体の中心軸の養成、というメリットもあります。


 だからこそ、その要素を入れた稽古は段階を踏んで行ない、その最初が「基本動作Ⅳ(きほんどうさよん)」となります。名称に「基本」という言葉が入っている関係上、簡単そうに思ってしまう道場生もいますが、実際にきちんと行なうには結構な練度を必要としており、直真塾の昇級審査では少し上のクラスの審査項目の一つにしています。


 もちろん、初学者だけでなく、上級者の稽古としてもよく行なっているメニューの一つであり、その状況からその日の調子を読むこともあります。


 ネーミングや勝手な思い込みでそのレベルを判断するのではなく、それぞれの内容をきちんと把握し、その本質を理解することが必要になります。特に「基本動作Ⅳ」で意識すべき「転」は、武技の幅を広げますし、前述のように武技全般に関わる身体の中心軸の養成に関係する分、稽古では必須項目と位置づけ、行なっているのです。


 また、「基本動作Ⅳ」の場合、「受け」と反撃の拍子を意識しており、「転」の身体操作と合わせると、かなり実戦的な稽古に昇華させることができます。単純に順序だけをこなす、といった意識からは理解できないことですが、その動作の本質に目を向けることで、稽古の質は大きく変わってくるのです。


 このような前提を基に、稽古でアドバイスした点などを含め、お話ししていきます。


基本動作Ⅳ  左のイラストは最初のほうで行なう動作の一部ですが、「点」をテーマにしているからといっても、いきなりその動作が出てくるわけではありません。


 最初は相手からの「上段突き(じょうだんづき)」を想定した動きになり、「上段揚げ受け(じょうだんあげうけ)」から「中段逆突き(ちゅうだんぎゃくづき)」で返すという、非常にオーソドックスな内容になります。


 文章で書くと簡単ではありますし、拍子を意識しなければ単なる「受け」と「突き」の連続技で済んでしまいます。一般的にはその程度の認識で数をこなすことになるでしょうが、「基本動作Ⅳ」として行なう場合は、そういう動きであってはなりません。


 まだ覚えたての段階であれば、そういう状態になってしまいますし、まずフォームなど基本的なことができていればそれでも可なのですが、時間が経過し、少しずついろいろなことが身に付いた段階では、次のステージの要求が手できます。


 その一つが前述した「受け」と「突き」の拍子であり、いかにここを限りなく1拍子に近くなるように動けるかが大切になります。


 その場合、最初の「受け」の質が低下することが多く、それでは相手からの「突き」を受け切れていない、ということになります。順序としては何度か稽古すればすぐに覚えられますが、それに質を加味するとなると、一見簡単そうに見えることでもぐんとレベルが上がってくるのです。


基本動作Ⅳ 中段外受けから逆突き  ここからタイトルにある「転」を意識した動作の部分ですが、ここではご覧のように「中段外受け(ちゅうだんそとうけ)」から「中段逆突き」を行なうところをアップしました。


 「基本動作Ⅳ」の場合、「転」の方向は90度と180度があり、上のイラストの場合は前者のパターンです。


 正しい運足と向きを変えることが同時に行なわれ、しかもきちんと当該方向からの攻撃に備える意識で行なうことが大切になりますが、このような転身を伴い、かつ「受け」と「突き」を1拍子で行なうというのは、単独で行なう場合はともかく、実際に使うという時にはかなりの難度であり、ここも「基本」という名称は付いているけれど、といった気持ちになるところです。


 また、「基本動作Ⅰ(きほんどうさいち)」や基本稽古の中では呼吸と共にゆっくり行なうことが多い「中段外受け」ですが、基本動作Ⅲ(きほんどうささん)」からは素早く受けます


 しかし、技の質としては、ゆっくり動かしていた時の身体意識を前提としたものでなくてはならず、この点は難度が高くなります。ゆっくりした動きの中で「外受け」独特の身体操作を体得し、その上で素早く行なう、ということになるわけですが、そのステップアップの段差は結構大きく、この点も単に「基本動作」を番号順に並べて教わった、ということでは済まないところです。


 直真塾の稽古のこだわりというのは、意識して考えなければならないところにフォーカスし、表に見える技の裏打ちをし、質的な高みを目指すところです。そしてそれは、「基本」と名の付く段階から存在しているので、いたずらに新しい「形」を順序だけで教えることはせず、一つ一つを大切に掘り下げて稽古するのです。


基本動作Ⅳ













 さて、180度転身のところですが、今度は「下段払い(げだんばらい)」から「中段逆突き」へ続くイラストをアップしました。


 千唐流の転身では、足捌きにも留意しなければならず、方向転換する場合、ドタバタした動きにならないようにします。


 その際、上足底と下足底の使い分けが重要で、それこそ足先まで気を張っていなければなりません


 そこから繰り出される足捌きは無駄がなく、隙もなく、スピーディで、実践の場で活用できたらとても効果的な身体操作です。もちろん、実戦の場は道場のように整った床という環境ではないでしょうから、稽古通りの身体操作が可能かどうかは不明ですし、むしろ凸凹して素早い足捌きは難しい、というのが多いかもしれません。


 そう考えると、いくらここでそういう稽古をしても役に立たないのでは、といった消極的な考えが浮かんでくるもしれませんが、この稽古で必要なのは足裏で地面を感じるという身体感覚であり、その上で効果的に身体を動かす、ということを学ぶのが目的なのです。


 つまり、ここで稽古する内容を通じ、もっと高次元の身体の使い方にまで高めることを目的に稽古する、という意識でいることが必要なのです。


 今回の稽古ではそこまで話すことはできませんでしたが、この日の稽古の意図としてはそこまで含んで行なったつもりです。稽古を続ける中で、少しずつこのような意識を持ってもらえるようにしたいと考えています。

 




 ▼活殺自在塾公式HP
 (活殺自在塾のHPは上記をクリック)

   ※武術の修行と生活の両立を図るプログラムで塾生募集中


 ※活殺自在DVD第1巻「点の武術」、大好評発売中!

   アマゾンでも販売を開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/e5CUX-zn9Zk


 ※活殺自在DVD第2巻「極意の立ち方」、発売開始!

   アマゾンでも発売開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/FGwnVXcgCBw



活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」/中山隆嗣,道田誠一

¥5,940

Amazon.co.jp


活殺自在DVDシリーズ第1巻 「点の武術」/中山隆嗣,道田誠一
¥4,860
Amazon.co.jp

 

 秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い!/中山隆嗣
  
¥1,512
Amazon.co.jp

 

 東洋医学と武術でカラダを変える 空手トレ! 強くなる鍛え方 [DVD]/中山隆嗣
  
¥5,400
Amazon.co.jp
 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 先週の火曜日の稽古ですが、後半は2組に分かれて行ないました。


 そのうちの1組は、先日のブログでもご紹介した「形(かた)」の稽古です。


 今日はもう1組の稽古の話ですが、タイトルにあるように掴まれた場合の対処法です。


 空手道の技の場合、打突系のみと思っている人もいますが、関節技や投げ技なども存在します。試合シーズンが終われば、直真塾の稽古にもそういうメニューが入ってきますが、この日の後半、一般部の稽古メニューがそうだったのです。


 ただ、この種の技はかなりの数があり、とても1回の稽古で全てを行なうことはできませんし、ブログでのご紹介はなおさらです。


 設定も様々ありますすので、この日は道場生からのリクエストを聞いた上で、そこからの対処法ということで紹介・稽古しました。


 これまでは手首を捕る、あるいは捕られた時は、というテーマで稽古したことが多く、それは関節技・返し技という視点だけでなく、戦いの中で相手の手首を捕る、ということにもつながるためであり、特に接近戦を意識した技の場合は効果的な方法です。


 でも今回は手首ではなく、胸倉を両手で掴まれた時、という設定になりました。


 現在、直真塾には本国で警察官をやっていたという100キロを超えるオーストラリア人がおり、その時の経験から喧嘩などの際に今回の設定のようなケースが結構あったそうです。


 体格に勝る側からそのようなことをされた場合、小柄なほうは精神的にも追い込まれそうですが、そういう場合の対処法ということで稽古してもらいました。


 実際には単に胸倉を掴まれる、という部分にだけ注目して対応するわけではありませんが、最初からあまり細かなことを言っても上手く技を掛けることはできません。


 それはお互いに目的を達しようとと咄嗟に工夫するからであり、そういう変化までも含めて対応するには段階を踏む必要があります。今回はその最初の段階として行ないました。


崩し 1















 上の写真は今回撮ったものではありませんが、今日のお話しのように日本人と外国人のペアで稽古している様子です。


 今日のブログに登場する外国人の場合、前述のように100キロを超えますので、体格的にはもっと差がある状態です。


 そういうことを念頭にご覧いただければと思いますが、今回の稽古ではもっと実戦を意識してもらい、掴みもそれなりの強さでやってもらいました。


 力強く掴み、自分の方に引き寄せるような感じになり、その雰囲気を見れば結構切迫した感じになっています。でも、それくらいの感じでなければ稽古になりませんので、その状態で続けました。


崩し 2















 その時の返し技の一つが上の写真で、崩し技になります。


 ご覧のように、相手の小手に自分の前腕を当て、押さえつけているような感じになるわけですが、上手くいく組もあれば全然崩せない組もあります。


 稽古としてはこのようなケースになったほうが説明しやすいので良かったのですが、まずはその理由を考えてもらいました。


 最初に上がってくるのはパワーの違いということですが、当然これは想定内の回答です。


 しかし、パワーを正解にしてしまったら、武技ではありません。筋力の違いが技になる、ということでは武術の意味がなくなるのです。


 だからここでは、身体の仕組みからの説明と、技を成功させるための一工夫をしてもらうことが必要になります。


 そういうことの合体が本当の武技であり、相手の小手の部分を前腕で押さえ付ける、という単純な行為ではない、ということを理解してもらいました。上手くできた組の場合、腕力の差が結果となって現れた要素が強かったのですが、失敗した組にこそ、武術としての工夫の存在が武技であることを理解してもらいたいと思い、その具体的内容について説明しました。


 もちろん、腕力的に優位に立っている人が、このような工夫の部分を身に付けることでより効果的な武技になることは明白なので、ここではその意識で説明を聞いてもらいました。


偏歴  こういう話の展開になった時、このブログの読者の方であればお気づきだと思いますが、急所を活用することになります。


 腕力的な差を埋めようとする場合の効果的な方法ですが、今回の場合、具体的には左に挙げた「偏歴(へんれき)」を活用します。


 相手の前腕の状態により、「列缺(れっけつ)」を活用する場合もありますが、いずれの場合もその位置をきちんとイメージした上で行なうことが大切です。


 そしてここを急所として活用する場合、どのように圧を加えるかも大切で、力に任せてやみくもに、という意識ではその力みが逆効果になったり、無駄な力を使っている、ということにもなりかねません。


 今回ご紹介したのは経穴として用いるところであり、その際も単に押せば良いのではなく、その方法に「見えない技」としてのコツがあります。武術の場合も同様であり、そこには「同化の意識」からの変化ということで行ないます。


 この部分を文章で書くと誤解を生じてしまうので書きませんが、稽古では体験してもらうことで微妙なコツを理解してもらうようにしました。


 もう一つだけお話ししておきますが、間合いも重要です。悪意があって胸倉を掴む、という行為の場合、えてして間合いが近くなりがちですが、相手の上肢の肘が曲がっていると、急所に対する圧の角度が異なり、十分な効果を得にくくなります


 だから、技を掛ける時にはいかに間合いを取るかが大切であり、これも「見えない技」の範疇に入るということを説明しました。


 その際、技を掛ける側の中心軸や丹田の意識が必要になり、その意識は圧をかける時にも不可欠です。そこまでお話しすると長くなるので割愛しますが、要は見た目は簡単そうでも、技を効かせるためには見えない部分で色々な工夫がある、ということです。


 稽古では他の技も行ないましたが、機会があればお話ししたいと思います。





 ▼活殺自在塾公式HP
 (活殺自在塾のHPは上記をクリック)

   ※武術の修行と生活の両立を図るプログラムで塾生募集中


 ※活殺自在DVD第1巻「点の武術」、大好評発売中!

   アマゾンでも販売を開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/e5CUX-zn9Zk


 ※活殺自在DVD第2巻「極意の立ち方」、発売開始!

   アマゾンでも発売開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/FGwnVXcgCBw



活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」/中山隆嗣,道田誠一

¥5,940

Amazon.co.jp


活殺自在DVDシリーズ第1巻 「点の武術」/中山隆嗣,道田誠一
¥4,860
Amazon.co.jp

 

 秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い!/中山隆嗣
  
¥1,512
Amazon.co.jp

 

 東洋医学と武術でカラダを変える 空手トレ! 強くなる鍛え方 [DVD]/中山隆嗣
  
¥5,400
Amazon.co.jp
 
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 このブログで何度かお伝えしていた大会ですが、昨日行なわれました。


 三鷹市の大会ですが、地元ということでお付き合いもあり、少年部の希望者のみ出場しています。


 ここで行なわれる試合ルールが千唐流とは異なるため、大会前にはその点を意識した稽古もしますが、やはりいつもと異なるため、なかなかうまく切り替えることは難しいようです。


 でも、出る以上はルールを遵守し、その範疇で戦うことがマナーです。「形(かた)」の場合はともかく、組手の場合はこの点をきちんと意識してもらいます。


形試合

















 まず行なわれたのは「形」試合です。


 千唐流の場合、採点方式で行なわれますが、ここでは2人同時に行ない、その優劣を傍で示し、トーナメントで勝ち上がっていきます


 直真塾の場合、本来の大会ルールに示されている「形」は稽古していません。


 しかし、それでは出ることができないことになりますので、特別に千唐流の「形」での出場の許可をいただき、選手たちは日頃の稽古の成果を見せるべく奮闘します


 審判の先生も初めて見る「形」ということで戸惑う方もいらっしゃるかもしれませんが、基本の部分の出来で判定されることだと理解しています。


 直真塾としては不利な条件ではありますが、各クラスにおいて準優勝2名、3位3名という成績でした。


組手試合















 続いて組手ですが、上の写真の黒い防具を着けているのが直真塾の選手です。


 これは千唐流の公式防具で、他の道場生はノンコンタクト用のメンホーという安全具を使用しています。


 「形」試合の場合、胸章を見なければ判別できませんが、組手の場合は防具ですぐ分かります。


 上の写真に写っているのは小さな子供のクラスですが、「上段突き(じょうだんづき)」で相手の頭部が横を向いています。


 当てると反則ということですが、こういうケースを心配していたわけです。


 子供たちにとっても、千唐流でOKの技がここでは反則になり、場合によっては負けるということに疑問を持つケースもありますが、そこはルールの違いということで納得してもらうしかありません。


 それでも3位入賞が3名おり、慣れないルールとしては健闘したほうだと思います。


集合写真














 試合が終わり、恒例の集合写真です。


 ルールの違いで戸惑いもあったと思いますが、選手たちの笑顔を見ることができました。


 これからは通常通りの稽古に戻りますが、行事としては講習会や昇級審査が控えています。


 ますます稽古に励み、実力アップを目指してもらえればと願っています。





 ▼活殺自在塾公式HP
 (活殺自在塾のHPは上記をクリック)

   ※武術の修行と生活の両立を図るプログラムで塾生募集中


 ※活殺自在DVD第1巻「点の武術」、大好評発売中!

   アマゾンでも販売を開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/e5CUX-zn9Zk


 ※活殺自在DVD第2巻「極意の立ち方」、発売開始!

   アマゾンでも発売開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/FGwnVXcgCBw



活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」/中山隆嗣,道田誠一

¥5,940

Amazon.co.jp


活殺自在DVDシリーズ第1巻 「点の武術」/中山隆嗣,道田誠一
¥4,860
Amazon.co.jp

 

 秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い!/中山隆嗣
  
¥1,512
Amazon.co.jp

 

 東洋医学と武術でカラダを変える 空手トレ! 強くなる鍛え方 [DVD]/中山隆嗣
  
¥5,400
Amazon.co.jp
 
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。