野人エッセイす

野人エッセイす

森羅万象から見つめた食の本質とは

 

 

 

水を飲む理由も常識と野人理論では異なる。

単なる水分補給を目的とする常識と、水分と共に水分を介して心身維持に必要な「制御エネルギー」摂取を目的とする野人理論。

 

ミネラルウォーターと称する「生命エネルギーのない水」を重宝するのは地球上で人間しかいない。

海、川、地下の水はすべて生命のエネルギーを帯び、動物は水陸を問わずそれを必要としている。 

 

国民全員が、安全・体に良いと言われるミネラルウォーターを毎日飲んで、それ以前の水道水と比べて何か変化があったかな。

薬草の王者とも言われる「お茶」も同じで、市販のお茶でも健康食品・飲料でも病不調は完全には防げない。

 

先日、海上で釣りの最中に若いお父さんが熱中症の状態になった。

出航して風を受けて15分、止まって釣り始めて30分程度で、周囲が陽射し除けの帽子も被っていた。

子供達も元気で通常は熱中症になるほどの状況ではない。

最初は船酔いと言っていたがそうではなく、自ら大量に水分補給しても不調は治まらず、胸に氷を当て始めた。

 

釣りを中止して浜に上陸、頭から海に浸らせたが体温が下がると復活、すぐに元気になった。

水分補給など役には立たなかったということだな。

脳の温度を下げる為に全身水を被ったほうが効果的だ。 

 

汗はそもそも脳の温度を下げる為であり生命の危機。

その為に汗腺は脳天に集中、汗の目的はそれ以外にない。

 

今回の野人の見解は、やや代謝不良の上に帽子が汗による気化熱の蒸発を妨げたから脳の温度が急上昇

帽子が直接の原因だな。

 

汗の水源は血液であり、マラソンや他のスポーツがそうであるように、汗をかいても相当な時間正常を保つことが出来る。

短時間の汗で代謝が正常に保てなくなるのは既に不調だからであり危険、脳の温度を一気に下げるしかない。

動脈・静脈を問わず水分と含有物を同時に排出、汗は必要なものも出す非常事態なのだからデトックスとも関係がなく、「いい汗」とも言えない。 汗は気化熱で体温を保つ生存の手段。

 

最も効果的な対策は、頭から水をかぶること。

体が身を削って水冷の道を選ぶのだからその手助けすればよいのだ。 そうすれば汗は一瞬で止まり、危機も一瞬で去る。

水の道は水をもって制す、高温のわずかな汗水ではなく、たっぷりの冷たい水で支援だな。

 

頭だけ冷やしても徐々に治まるだろうが、体ごと水に入るか、体中に水をかければ一瞬で治まる。

血液は全身を回っているのだから。

サウナでの猛汗地獄が水風呂に浸かれば一瞬で治まることに似ている。

 

人間の構造、代謝の仕組みはほぼ同じだが、何故熱中症においてこれほどの個人差が出るのか。

長時間の汗で平気な人もいれば、短時間でも耐えられず倒れる人もいる。

 

野人の言う熱中症の理由とは、食の間違いによる代謝の不調・不十分。 それに帽子・水分補給など対策の間違い。

 

熱中症予防で水をがぶ飲みするほど体はくたびれ代謝も狂う

食の間違いも対策の間違いも、生命の仕組みを理解していないのが原因。それに尽きる。

 

冷え性、低体温、低血圧、高血圧などの病不調問題を何一つ解決出来なければ、熱中症に歯が立つはずもない。

どれも野人にとっては原因も対策も解決済みであり、結果も出している。

必要な人はブログ内検索すればよく、是非の判断も自ら下せばよい。

 

 

子供や高齢者は「喉の渇きを自覚しない為、工夫が必要」・・

 

お野人も高齢者、お野人から学べとは言わない、本能は子供から学んだ方が良いのではないかな。

 

高齢者は「自由に飲んでください」と言っても飲みません。そして喉が渇きません。お茶を飲むのと同様に時間を決めてこまめに飲むことが重要です。

 

・・・ ・・  飲みとうはない汗

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お役に立てたら・・・クリック 

            ダウン

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

野人の水分補給量は一般に比べると極端に少なく3分の1にも満たないだろう。

真夏の炎天下も例外ではなく水分補給量は年間を通して安定している。

冬よりも夏の方が汗の分だけやや多い程度だ。

暑かろうが寒かろうが、室内外・昼夜を問わずさほど関係がないということだな。

 

帽子と水分補給は熱中症予防の常識となっているが、20代から帽子など持ってなく、水分補給しない野人は間違っているのか。

ヤマハ入社以来、海と船の仕事は続き、会社を興してからも同じ仕事。

誰よりも海上にいる時間が長く、それに野山の仕事も加わり、汗の量も半端ではない。

 

肌の露出も多く、帽子を被らない頭は常に炎天下に晒されて来たが、熱中症がどのようなものなのか経験がない。

何故常識とこれほどの差があるのだろうか。

特殊体質・例外ではなく、理由があるからそうなるということだな。

 

野人が出す結論は、「規則正しくバランスよく」ではなく食べたい時に食べたいものを食べる。

「水分を欲する時に必要な量だけ飲みたいものを飲む」「眠い時に寝る」

動物は本能で生きているのだから当然だろう。

 

こんな基本的なことは誰かに教わることでもない。

それでおかしな結果になるのなら、「何かが不調」と言うことになる。

本能のセンサーがおかしいのか、何処かの器官の故障か。

 

今朝のニュースで「水分補給」について書いてあったが、野人は帽子同様に水分補給など人に勧めたことなどなく、そんなことは余計なお世話だろう。

 

水分の摂り方まで書いてあったが・・

「起床時は絶対的に体が乾いているため、食事よりもコップ一杯の水を」

「入浴の前後、就寝前はコップ半分の水を意識して飲む」

 

かようなことは人生で一度もやったことがない。

それに野人には最近まで水やお茶を飲む習慣がまったくなかった。

牛乳やコーラやカフェラテでも何でも良い。

半日炎天下の海上にいてもまったく飲まないこともあれば、缶コーヒー1個で済むこともある。

 

よく考えてみるとよい。

汗をかけば水分は減るし夏は冬よりも汗をかくことが多い。

汗で消失した水分を補充すれば済むことだが、多くはその数倍飲んでいるのでは?

汗で消失した水分量をイメージすればおよその見当はつくだろう。

 

ミネラルウォーターを毎日大量に飲む健康法もあるようだが、道理はさっぱりわからんな。 野人には不要。

水分は喉が渇いた時に補充するのが動物の基本であり例外などはない。

食の間違いで制御困難になった大腸に消化出来ない繊維質を送り込むようなものだな。

 

水分調整センサー、体温調整が困難になるのは既に不調だからであり、その理由は水不足とは別にあり、食の間違いが主因だ。

 

一番飲みたいと感じるのは牛乳であり、銘柄など何でもよい。

これが一番喉の渇きが止まる、水よりもお茶よりも。

水が手に入らない地域では放牧家畜の血や乳を飲んで生を繋ぐが、道理は間違っていない。

水は一切飲まず、水分補給は食べ物からのみという動物も多い。

 

動物は何の為に水を飲むのか。

当たり前のようでバカバカしい質問のようだが、正確に答えられるかな。

 

 

長過ぎると読むのも疲れるので 明日に続く・・

 

 

 

 帽子を被った野人の画像は一枚もない・・

 

 

水分補給は「水」じゃないとダメ? 専門家に聞いた熱中症・脱水症予防に適した飲み物 (msn.com)

 

 

 

 

 

 

 

明日も読みたい人・・・クリック 

            ダウン

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
にほんブログ村

 

海水浴

ヒマで・・いいな   ヒモ をかし・・

ものの・・あわれ

       ゲッソリ

 

帰港

お昼ごはん

今日もビレッジは・・

大勢で賑わっていた

 

 

今日は地元読者ゆか一族の2度目の海遊びの日。

毎年扶養家族の幼児が多くて大変だったが、今年は楽でヒマだった。

 

お野人、水中眼鏡を忘れてしまった。

他にも足ヒレとか・・シュノーケルとか・・ まあ全部だな。

何となく荷物が軽いとは感じていたが・・

 

船の上はヒマでヒマで、いい機会だから松尾芭蕉や平安の公家になった気分で・・

唄や句を詠もうとしたのだが・・ 傑作がなかなか生まれない。

目の付け所がいまひとつ・・ 観察力も乏しい。

 

静けさや・・ 岩にかくれる カニのむれ ・・

 

これが 精いっぱいだったドクロ汗

 

句は無理だな。 やはり絵にしよう。

今度潜水用具を忘れた時は、スケッチブックを忘れずに持参することにした。

 

 

 

 

 

 

 

野人エッセイす

 

がんばれよ みのが落ちたら ホームレス

 

野人エッセイす

 

かれすすき わたしのかれも すずきさん

 

 

面白かった人 サザエにポチビックリマーク

         ダウン

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

           にゃ・・・

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村