野人エッセイす

野人エッセイす

森羅万象から見つめた食の本質とは

遠い宇宙よりも足元の地球

 

生物の生長の仕組みは解明されず謎だらけのままだ。

植物は自力で生長、花を咲かせ実を付け種を作る。

動物もまた自力で生長、骨を作り肉を作り日々自動的に更新している。

 

光合成で必要な養分を作り・・などの解説は常識となっているが、物理的な仕組みとは程遠い。

しかしそれらの言葉で納得するのが人間であり、専門家から学ぼうとするのも人間だ。

 

道端の草も木も動物も日々生長する。

当たり前として認識されているが、よく考えてもらいたい。

 

最も生長率が大きなタケノコを例に挙げれば、何の原型もない地下からいきなり巨大なバベルの塔が現れるようなもの。

通常の生長は数cmから数十cmだが、最大日に1m伸びる。

重量に換算すれば数キロもあるものがいきなり現れるのだ。

しかもちゃんと根元と接続され生命活動している。

 

石が現れても驚きだが、数キロの生命体が現れるのだから腰が抜けてもおかしくはない。

何処かのおじさんが手から小麦粉出すのとはレベルが違うな。

これらの仕組みがまったくわからないのが今の生物学の現状だ。

 

これだけ未知の生命の驚異が身の回りに溢れているのに火星や宇宙の生命体どころでもないだろう。

自分の体がどのようにして子供から大人になるのすらわからないのだ。

 

先日の講習会もそうだが、たまに生命の仕組みの話をしている。

どうやって無から有機があっという間に生まれるのか。

たいして難しくはないのだが、理解し難いと言うのが本音だろうな。

 

この生命の生長の仕組みの証明法も考えているが、世界が抱える生命の謎すべて解き明かすつもりでいる。

生命にとって最も重要な仕組みがわからなければ悲劇は繰り返される。

人類の負の連鎖・・断ち切らなければ現状は変わらない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

銀杏が臭い理由1  全4編

http://ameblo.jp/muu8/entry-10425237203.html

野人エッセイす

生きた化石 銀杏は・・

遺伝子の詰ったタネを守る果肉に

常識的な甘味を捨て 鼻も曲がるうんこの臭いと

唇もタラコになる しびれ薬を仕込んだ

金ダネイチむー助 の 涙と笑いの謎解きシリーズ

 

 

野人理論 聞いてみたい人 クリック

                     ダウン

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

ヤマウド 大株が20株

ヤマウドの新芽

キンカン

ユスラウメの完熟はもう少し

マタタビ

アマチャの花

お特訓ビックリマーク メラメラメラメラ  アタまの操体・・  腸内クリーニング

自習 ビックリマーク

シマラッキョ

ヤマウドの新芽と 三つ葉は天ぷらに

牡蠣のスモーク  シシウド味噌

スナップエンドウの天ぷら

スズキの味噌漬け

猪鹿パワートマトシチュー

まかないランチ

ビレッジ農園のビワ 甘いドキドキ

 

 

昨日の植物活用講習会は常連の「オジサ~ンズ」2人。

今日の協生農法講習会は地元の読者2人と、京都からは清水流美さんカップル2人。

どちらも雨模様だったが、少人数で気楽な講習会だった。

 

賄いランチはむー農園で収穫したヤマウドや三つ葉、スナップエンドウなどの天ぷら、スズキの味噌漬け、猪鹿パワートマトシチュー。

果実はむー農園のキンカン、ユスラウメ、ビレッジのカジイチゴ、放任甘夏にハッサク、それに柚子ジュース。

ささやかな粗食だがとっても美味しかった。

 

講習内容は・・いつものことだが、2日とも覚えていない。

 

むー農園の草刈りを終えた翼は、今日は茅原農園のキウリ棚の草刈り。

帰りに櫛田川で釣れた天然すっぽん8匹を運んで来た。

 

むー農園も茅原農園も植え付けはこれから。 例年より相当遅れてしまったが、今年はキウリとトマトくらいで省エネだな。

 

今年は究極のトマトジュースとキウリジュースとゴーヤジュースを作るつもりだ。 飲ませてあげるから楽しみにしていなさいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

参加してみたい人・・  クリック

                 ダウン

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

 

 

国土の7割を森林が占める日本は、先進国の中ではフィンランドに次ぐ世界第二位の森林国であり、自然林はその半分しかない。

 

自然林は自然界が生み出した最高の森なのかと考えればそうでもない。

植物は育つ場所を選べず、弱肉強食の生存競争の結果そうなったのであり、植物にとっても動物にとっても最適・快適と言えない森が大半だ。

 

植物の立場になって森を見ればよくわかるが、窮屈そうで仕方なく生きているケースが多い。

特に海岸線の斜面や同じ常緑樹がひしめき合う森を見れば感じるはず。

 

十分に枝を伸ばせなければ競って上に進むしかなく、正常な樹形を保てない。

陽は地面に届かず表土は剥き出し、草も生えることが出来ない。

花も実も十分とは言えず、エサがなければ動物も昆虫も住めない。

さらにつる性植物が絡めば状況は悲惨で通行もままならなくなる。

 

野人は30年以上山林の植生を調べ続けた。

植物の分布だけでなく、生態系を踏まえた視点で森を見続けて来た。

植物がバランスよく配置されていれば植物にとっても快適なだけでなく、動物にも快適。

当然エサも豊富で多くの生き物が集まって来る。

 

しかしそのよう場所はほとんどなく大半は暗い森。

落葉樹が多ければ冬場は明るい森になるが、植生は単調になる。

驚愕するほど生命溢れる素晴らしい森には巡り合えていない。

 

海から陸へ進出して以来、植物族は動物族と共に繫栄して来た。

裸子植物から被子植物へと進化出来たのも昆虫や鳥や動物がいたからであり、彼らに住処と食を与えることで協生して来たからだ。

 

共に栄える理想的な環境を築きたくとも上手く行かないと言うのが植物族の本音だろうな。

自然界の森は計画的ではなく偶然の産物であり、日々移り変わり変貌する。

 

動物にとって最高の森が最悪になることはあっても、最悪の森が最高になることはない。

長年森を見続ければわかるだろう。

密生したジャングルは人間だけでなく野生動物にとっても通り辛い。

 

この動植物共に困った状況を何とか出来るのは人間しかいない。

里山を懐かしむ人は多いが、人が少し手を入れることで快適さが保てるようになる。

何故里山が消失してしまったのか、農業林業が成り立たなくなり後継者が育たなくなったからであり、薪や炭も必要とされなくなったからだ。

 

業として成り立たせるには森を成り立つように変えればよい。

果樹、野菜などの生産性のある生態系豊かな森に変え、周年花や果実が溢れる森にすれば人間だけでなく虫や鳥や動物達も喜ぶ。

原人が唱える「拡張型生態系」の構築だな。

 

砂漠同様に、自然荒廃林も放置された植林もそのように再生すればよい。

農業林業畜産業だけでなく、自然公園、遊歩道、アートの森、幾らでも道は開ける。

自然放置すれば理想的な森も変貌、保護するには手もかかる。

同じ手をかけるならそのほうがいいだろう。

 

人は自然界から理を学び、学問、産業共に発展させたが、人間だけの為ではなく、その叡智を多くの生き物の為に使うべきだろう。

散々迷惑をおかけして来たのだから。

動物の為だけでなく植物の為にも。

 

それが育ててくれた地球への恩返し、お野人はそう思っている。

 

 

 

野人エッセイす

 

 

 
 

役に立った人・・  クリック

               ダウン

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
にほんブログ村