野人エッセイす

野人エッセイす

森羅万象から見つめた食の本質とは

 

1,深海堆積土、2,溶岩火山灰、3,赤土石英安山岩、4,一般農地。 肥料も堆肥も使わないこの4つの農地の共通要素は「エネルギー」であり、その程度によって生長が異なる。

 

さらに樹木を除去した跡地は残存エネルギー。これは1年で消滅、農業としての活用は困難だが、肥料・成分養分に関係なく植物が育つことの実証になる。

 

1の深海堆積土は名張の麦わら農園、2の溶岩火山灰は富士宮農園、3の赤土石英安山岩は二見の薮木農園、どれも果樹野菜の生育が凄まじい恵まれた農園だ。

 

協生農法発祥のむー農園は普通の田の跡地で、ビレッジ農園は埋め立て地で砂利、特異な土壌エネルギー無しの生態系エネルギーだけで維持されている。

 

この中でエネルギー最大は富士農園で、標高900mの本農園とは別の富士宮にある標高400m弱の第二農園。本農園も同じ土壌だが天候が厳しく柑橘などの常緑樹も育たない。

富士宮農園は柔らかくふかふかの黒土で野菜も果樹も生長が早く味も抜群。

 

富士のメンバー達は、これが普通の協生農園と感激していたが、植樹して1年目からバカスカ野菜が育つのだから、生態系のエネルギーではなく土壌エネルギーが原因。

キウイは植えて3年目で200個以上の実を付け、抜群に甘くて美味しい。

初年度から育ちにくいトマトやナスビも驚くほど伸びて実を付け、白菜や菜っ葉は巨大化した。

最初から肥料も何も必要ない農地、これで果樹が育って生態系を築けばもっと生産量は上がる。

 

生命エネルギー、土壌・岩石エネルギー、水エネルギーの研究は農法講師達が手分けして進めている。

重要なそれらの仕組みには誰も気づいていない。

解明はまだこれからだ。

 

そのうちに、麦わら農園、富士農園、さらには京都の京北農園でも野人講習会を実施することになる。

どんな過酷な地でも農業が容易に出来るようになれば世界は変わるだろう。

7月13日の農法講習会は「海から生まれた協生農法」。

関心ある人は参加を。

 

 

クローバー

連日過去記事への「いいね」の連打で管理が困難になっています。日に大量リブログも。

理論記事に読んだ目印などは無意味学び方の一考を。

いいねは訪問の目印として使用、多くても1日に5個までに願います。

 

 

 

 

すべての野菜の生長が年々凄くなる

巨大化した白菜 成長はまだこれから 生食で雑味なし

            ゲッソリ汗 

 

 

 

 

 

 

 

協生農法講習会参加したい人 クリッククローバー

              ダウン

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
にほんブログ村

 

あ~か~い~ 夕日が 畑を染め~て~音譜

ニ~ラ の 木陰に ~~~ うんち汗

 シ~マ~ラッキョ ビックリマーク ラブラブ  タコ

ああ~~あ~あ~音譜 農法~3年生~~メラメラ

ぼくら 離れ離れになろうとも~チョキ

 

イ~モ も ゴボウ~も~音譜 い~つ~ま~で~も~~クラッカー

2017年講習会 一期生 麦わらどんぐりアップ

 

 

地元三重県の名張で10年来の読者で協生農法を実践している農法講師がいる。

昨年末のTBS報道特集の後半にも登場、叩くとコンコン音がするような1反の協生農園を紹介した。

ありゃあ・・・とても土と言えんな ドクロ汗 石膏・・

 

まかり間違っても野菜が出来そうな畑ではなく、収穫も大変。

しかし、最初はとてつもなく苦労したが、凄まじい威力を発揮する農園が出来上がった。 あの農園、ただ笑うしかない。

大根、人参、ラッキョなど、多くの野菜が巨大化するのだ。

大根は下に伸びることが出来ず、上に飛び出るしかない。

 

協生農法は生命エネルギー農法生態系を築くことだけがエネルギー源とは限らない。 この農園は半永久的に続く財産。

同じ条件を持つ農地は国内には非常に少ない。

 

ただし、このコンクリートみたいな表土は大風が吹いても砂ぼこりも立たず、タネだけがビックリマーク風で吹き飛び、野菜を引き抜くのも大変で間引き収穫には向いていない。抜けるのは雨の日だけ。

野人が訪問した時は、シマラッキョの収穫にシャベルに乗っかってもシャベルは土に入らなかった。掘った後に埋める土もない。

 

こんな硬土で何故野菜が巨大化するのか、この農園には本人も知らなかった秘密があり、野人がそれを解き明かした。

生命のバッテリーとなる古代の深海堆積土の上の農地だ。

 

番組を見て「そんなばかな・・」と思った人は当人に話を直接聞くとよい。

1反の協生農園全面に野菜を密生させ一人で管理しているのは彼しかいない。 しかもコンクリート300坪。

ハイヒールで畑を歩いても土に刺さらず、コツコツ音がする。

これから始める農地の選定・造成・広域農地の管理方法に役立つこと間違いない。 名張でも講習会はやっているので参加を。

 

協生農法・・砂漠であろうが、がれ地であろうが、砂利だろうが、コンクリート表土であろうが、肥料がなくともエネルギーさえあれば問題なく野菜は育ち、応用することで地球表土の復元も可能になる。

 

 

 

TBS 報道特集  半年で70万回の視聴

最後に登場する森農園に注目

 

 

硬くて掘れんシマラッキョドクロ汗

同じ三重県内の名張市に麦わら農園がある。

NHKのディレクターの森さんがやっている協生農園で、名張の自宅の近くの田んぼで1反の実験農園。

3年前の5月に「おはよう東海」で東海7県にこの農法を紹介したが、その数年前から野人エッセイすの読者だった。

NHKスペシャルでは「銚子川」を紹介、さらに今年は「ダーウィンが来た」を制作、どちらも全国放送された。

 

「自然と暮らそう麦わら日和」というブログがある。

管理人は「麦わらどんぐり」音譜

実家の1反の田を使用、カチカチの土から始め、試行錯誤、一喜一憂しながらの記録が細やかに記されているのだが、非常にわかりやすくて面白い。

知識だけでなく、文才と理解力とセンスがなければこれだけまとまりのある長文記事は書けない。

画像もプロ級で素晴らしくわかりやすい。

さすが本職・・

 

 

  

7月  講習会イベント 10時集合 15分~

    今月はすべてランチ付 8500円 

 

6(土)  生命エネルギー理論講習会   ランチ付き

     スむ~ジーで植物エネルギー体感実験  定員10名

                    

7(日)  船で行く釣りと浜散策  9000円 定員9名 

 

13(土)   協生農法講習会

    半日は名張の麦わらどんぐり農法講師  定員11名

      

19(金)  植物活用講習会          定員15名

 

26(金)  協生農法講習会 (薮木農園あり)  定員11名

      

27(土)  船で行くむ野人スイミングお特訓  定員9名

 

 

下記よりお申込みください 

https://www.gorikimarin.com/mail%E8%AC%9B%E7%BF%92%E4%BC%9A%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%B3/

 

 

 

コラボ講習会参加したい人 クリッククローバー

              ダウン

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
にほんブログ村

 

 

 

樹上完熟メスレー  柔らかく流通・発送は無理

 

 

 

 

今年のマリンビレッジのスモモは稀に見る不作だった。

画像は昨年のものだが、今年は昨年の半分以下。

 

スモモはバラ科サクラ族の落葉小高木。

同じバラ科サクラ族の梅はかってないほどの不作。

結実が毎年安定した同属のユスラウメは1割以下の超不作。

 

果実の大半は隔年結果で、年によってムラがあり、実を付けない年もある。 隔年結果とは1年おきということではなく、その年の状況で左右される。

翌年の結実は前年の影響が大きく、エネルギーの蓄積次第。

沖縄では桑の木は周年落葉せず年に2回実を付ける。

 

自然任せでは果樹栽培は不安定、肥料やボカシなどで隔年結果を避けざるを得ない。

それら肥料などの異物が入れば植物排出・土壌浄化の目的で実を大量に付け、細胞が完全な果実とはならず腐敗は早まる

 

ミカンで比較すれば違いは明らかで、異物を含めばすぐに青カビ・腐敗、正常は長持ち・しなびてカンピンタン・味は変わらず。 食べた後の体調も異なる。

 

慣行肥料栽培でも今年の梅は天候の影響を受けて不作だったようだ。

 

マリンビレッジのスモモ、品種はメスレーだが、不作と言っても食べるには十分。

今週末の講習会に来た人は食べられるだろう。

流通は不可能な「樹上完熟メスレー」の美味しさは抜群だな。

 

上の画像を見ればわかるが、流通する赤いスモモではなく紫色、落下寸前だ。

柔らかい草の上に落ちて無傷なものが最も美味しい。

 

食うか食われちゃうか・・

食ってもいい?」 「絶対いやじゃパンチ!」・・という食物連鎖・弱肉強食の地球上で唯一動物の為だけに作られ、

「是非食べてドキドキと鳥や動物に主張するのがこの果肉であり、甘さは種が完成した時のOKサイン。酸味渋味は待機。

 

花蜜や蜂蜜は昆虫の為の唐であり、ショ糖は動物に食べさせる為ではなくサトウキビが自身の為に備蓄した糖、他の糖類もそのように考えればよい。

それが常識と異なる野人の糖の分類だ。

 

鳥や動物も人間もそうだが、古代から引き継がれた甘味を求める本能「完熟果肉」の甘さであり「砂糖」や他の糖の甘さではない。それらで糖依存症は治まらない。

 

文明が生み出した砂糖は本能外であり、いくら食べても心身が砂糖で満たされないのはそれが理由だ。

人間が関与した細胞が不完全な果物も同じで心身の維持は不可能。だから流通する果物で健康になれる人はいない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一昨日の協生農法講習会

 

 

完熟紫メスレー食べたい人 クリッククローバー

             ダウン

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
にほんブログ村