虫ガールと恐竜ボーイ

虫ガールと恐竜ボーイ

虫をこよなく愛する娘と恐竜を愛する息子の日常を綴った日記です。
だんだん虫に慣れてきた母の写真・絵付き。

すいません今回はちょっとマジメな話です。

台湾でのこと。
日本よりいい意味で遅れたところの残っている台湾では、
市場でまるごとの鶏とか、その場でさっき解体したような豚肉をよく売っている。
鳥は羽を毟っただけの姿で首に鉤をさして釣ってあるし、
豚も頭を切ってそのまま置いてあるし、
内臓も別々に出して鉤で引っ掛けて売っている。

こんな感じ。

これは豚。

左の方に豚足が釣ってあって、右側には謎の内臓。

 


こっちは鶏。まるのまま鼻の穴に鉤を掛けて釣ってある。

めっちゃ生々しいけど、
見ているうちに慣れてきて、
フツウに指差しで肉が買えるようになってくる。


娘が1年生だったときのそんなある日、
絵本の鳥の丸焼きの絵に触発されたか何かで
「鶏の丸焼きを食べたい!」
と言っていた。

そこで誕生日か何かのとき、市場で丸のままを買ってみた。

家で調理するのは難しいと判断したので、
血と内臓を抜いただけで丸ごと燻製にしたやつを一羽買った。


市場で遠目にはよく見ていたけど、
買ってみて近くで見ると予想以上の生々しさ。

首も足も全部ついてるし、
目は虚ろに開いたまま。

とりあえずレンジで温めて、お皿に乗せて出した。
「いただきます!」
と食べるとき。


「とりさーん!!」

泣いた。


だから、母もちょっとセンチな気分になって、
「いつも食べてる鶏肉もこれなんだよ。
 頭とか足とかは切って捨てちゃって、食べやすくしているだけなんだよ。
 頭も足も全部が気持ちよく天国に行けるように、きれいに食べてあげようね」

と言った。

そうしたら、
「ウン」
と言って、泣きながら
「おいしい」
と食べた。

骨には実が全く残らないぐらいきれいに食べて、
その日食べ切れなかった分は翌日食べて、
最後の残りはスープにして、きれいに食べきった。


娘にとってはとてもいい経験ができたと思う。
彼女はもともとキレイに食べる方だったけど、
その後肉を食べるときには、
「ハイエナが食ったのか!!」
ぐらいピッカピカの骨しか残さなくなった。
 ※ホンモノのハイエナは骨も食べちゃうそうですが


これが本来の「肉を食べる」ということなのだと思う。

私達が日ごろ見ているスーパーの肉は「食べにくいから」と
いらないものはみんなとってしまっていて、
それが元々どんな形だったのかさえも分からなくなっている。

その状態に慣れすぎてしまっている私達は、
それが生き物であることを実感できていない。

だから「作りすぎちゃったー」と捨て、
「食べ切れなかったー」と捨て、
「料理失敗しておいしくなかったー」と簡単に捨てる。
自分で育てて絞めたほどではなくても、

ちゃんと生きていたことを実感したものに対して

罪悪感もなくそんなことができるだろうか。

子供たちには、
安易に菜食主義になるとかよりも、
今の自分が一つ一つの命の上で成り立っていることをしっかり感じながら
大事にものを食べられる人になってほしいなと思う。

 

今よりもう少し日が長い、ある初秋の夜のこと。
さあご飯も食べ終わったしそろそろお風呂かな、ぐらいの時間に
我が家の恐竜ボーイがタモ網を手に子供部屋から出てきた。

そして
「これからどじょう捕りに行く!」
と言った。

アホなの?!
母は目が点になった。

話を聞くと、今日の昼に網を持たずに近所の用水路に行ったら
水中にドジョウを発見したんだそうな。
で、後で網を持って捕りに行こう!と思っていたところ、
家に帰ってきたらテレビ見たりゲームしたりしてたら今まで忘れていたらしい・・・

で、ついさっき思い出して
「よし、行こう!」
となったと。

いや・・・、君ね、外見てみなよ。
真っ暗だよ。
ドジョウ見えるわけないでしょ。

「かいちゅうでんとう持ってく!」
いやいやそういうレベルの暗さじゃないわ。

話の通じない息子にだんだん母もキレはじめ、
っていうかオマエ今日の宿題もまだやってないし無理!!
と一蹴した。



それでもゴネる息子に、母は
「そんなに行きたかったら、明日の朝早く起きていきな!」
と、どうせ無理だろうと思いながら言った。

息子、
「わかった!明日朝5時に起きるから、『どじょう』ってささやいて!」
 

「いいよ」

どうせムリだろう。
母は安請け合いした。

翌朝五時。起きてみた母は息子の耳元で囁いてみた。
「どじょう」

なんと起きやがった!!
………

しかし彼は結局昨日宿題をやっていない!
「宿題やらないとダメだな!」
と言うと、彼はそそくさと取り掛かる。
宿題はものの30分で終わった。
 

ねえ、なんでそれ昨日できなかったのかなあ。

と思ったところで時刻は5時半。
え…、なに、これ、行く流れ??
こんな時間に…?!

でもここまできて約束を破るのは親としてダメだろう。

最後の悪あがきとして眠そうなダンナにちょこっと振ろうとしたけどやっぱり無理だった。
母、泣く泣く行く。

網持って明るくなりつつある道を息子と2人用水路へ。
ドジョウポイントについた息子。
「ここにいたんだ!!」
とタモ網をさっそく水に入れ、ガサガサとやりだした。

 

犬の散歩してるおじいちゃんがよく通って、

「何かいるの?」

と言われたり、
「ここよくカラスに襲われるから気をつけなー」
とか教えてくれたりする。

すがすがしい朝。

 

「6:30までなら好きに探してよし」

という約束であちこち探したけど朝だからかドジョウは現れず、

時間になったところでゴネずに帰宅した。


 

(おまけ)帰り道の会話。
母「どじょうってさー、強いからどこにでも住めるんだよ」
息子「え、どぼとか?」
母「どぼ??」
息子「どば??」
母?????

母「も、もしかして、どぶのこと???」

「あ、そうそうどぶ」


・・・・・。

悲しくなる息子の日本語レベル。

 

ちなみに数日後の放課後、友達と同じ場所に行って今度は捕まえてきた。

 

写真は関係ないなんとかハナムグリです(多分)

ドジョウの写真撮るのってめっちゃ難しい。

 

ある夜のこと。22時ぐらいになって息子がぼそりと
「あ、明日お弁当だ!」
と言いだしたときから嫌な予感はしていたんだ・・・



翌朝6時。

息子、おもむろに起きて
「マイクラやる!」
と言う。
マイクラ(=マインクラフトというゲーム)が大好きな息子、
このためなら朝も早く起きられる。
っていうかこれ以外のために早起きしたことはない。

「7時までならいいよ」

とOKする。

さて、そろそろ娘も起こして塾の宿題をさせないといけない。
娘は常に朝に弱いため、必死で呼びかけたり揺り起こして嫌がられたりしながら
何とか起こして机に向かわせるまでに30分。ここで6:30になる。

娘、宿題をやり始めるが眠いのと難しくてすぐ手が止まるので、
母が横で手助けしてやらないといけない。
しかも今日までの宿題が山のように残っている。

30分経ってもほとんど進まないのでだんだんイライラしてきて、

「自分で中学受験したいって言ったんでしょ?
 なんで学校の後とかに少しずつやれないのかなー!!
 やるならちゃんとやる、やらないならやめる!!

 受験なんか高校でも十分!」

「やだ!やる!!」


といういつもの口論になる。

そして7:20ぐらいになる。

目標8:00出発だからそろそろ朝ごはんの準備とかしないとさ・・・、
というところで思い出す。

 弁 当

ギャーン!!

慌ててキッチンへ。

とりあえず昨日の残り物と冷凍食品を弁当箱にぶちこむ。
お弁当用のおかず何もなかったので茶色いお弁当になったけど、どうしようもない。

夜に言うお前が悪いんじゃ!!

(あとで学年便りを見たら、こっそり「給食なし」と書いてあった・・・気づかない!!)
10分で朝食の準備と弁当準備終了。7:30。


そこで息子を放置していたことに気づく。

7時までと言ったのにしれっと30分オーバーしてる!!
「ごはんーー!」

「えー今セーブできないから無理ー」

「7時までって言ったでしょ!!もう7時半だよ!あと1分で来ないと明日ゲーム禁止!!」

「やだ!」


息子、ソッコーで来る。できるんじゃねーか。

しかし机に並んだご飯を見て
「ご飯じゃなくてパンがいいーー。ご飯なら食べさせてくれないと食べないー」

と非常に疲れることを言う。

このままだと本当に食べないまま学校に行くことになるので、

自分も食事しながら息子の口に米を押し込む。
 

7:50。息子驚きの
「あ!宿題あった!」

うぉーーーーい!!

しかも「自主学習ノート」とか結構重いやつなんですけど!!!
息子はノートを開いてテリジノサウルス(恐竜)の生態を雑になぐり書きし始めた。
もう直してるヒマはないので母は無視。

奇跡的に10分で書き終えた息子、見ると文字は数行で絵は日ごろの落書きレベルだったけど
もう何も言うまい。

これで8:00。何とか家を出られそうかと思ったところで

「今日学校にカメ持って行く約束してたんだった!」

とまたもや息子。

母、無視して自分のメイク。

するとほどなく

「あー!!オマエ何やってんねん!!!」

とダンナの叫び声がした。
水槽から自力でカメを出そうとした息子が水でもこぼしたかと予想したけど、
現実はもうちょっと斜め上をいっていた。

 

↓これ。



水槽から出したカメを入れる入れ物がなかったため、
既に虫がいなくて落ち葉だけになっていた虫かごの中の落ち葉を机の上にあけていた。

母、対策を考える余裕なし。
あーもう知らない。帰ったら片付けさせよう。

ここまで息子に気をとられていて放置していた娘は
何も言わなくても一人でもくもくとご飯を食べて食器を片付け、
鳥とカメと魚に餌をやっていた。感動。
虫ガールは塾の宿題以外ならほぼ問題なし。
でも、8:08ごろおもむろに音読を始めたのだけはやめてほしかった
 

8:10が子供の学校も私の仕事も遅刻のギリギリライン。
そして結局今日も8:10ギリギリになって家を出ることになった。

朝起きるのはけっこう早いくせにこうして毎日遅刻寸前の我が家。

どうしたらいいんだろうか。
出勤の電車に乗るとホッとする。

 

先月、数十年に一度の巨大台風が過ぎ去った翌日のこと。
電車がほぼ動かないなか、
天気だけは快晴だったのでジュニア生物調査隊は予定通り決行でした。
「やったあ!!」
と喜ぶ恐竜ボーイと虫ガール。

我が家にとって当面の問題は

「どうやって行くか」

ということ。
車がないので、電車がいつか動くことを信じて向かうか

レンタカーでがんばるかの二択。

朝のニュースの時点では電車は絶望的だったので、
何軒かのレンタカー会社に電話をしてみるも、全て今日は車が来てないとかで無理だった。
8:00を過ぎたころ、京急が一部運行開始したとツイッターの公式アカウントで言っていたので
これはもしや動くかも・・・?!
とまだまだ復旧しなさそうなJRを無視して最寄の京急の駅に行ってみた。
すると

電車走ってる・・・!!

ダイヤは乱れに乱れていましたが、
10分待ちぐらいで普通に電車が来て(しかもいつもよりガラ空き)、
そこから一切トラブルなく浦賀駅まで行けた。

京急スゲー!

おかげさまで数十分遅れで合流できました。
京急さまさまです。



今回は観音崎の海辺で海の昆虫を探す会。
希少種のカタモンハネカクシとか、なんとかエンマムシとか、

あとは母は忘れましたが砂浜に棲んでいる昆虫を探すらしい。

息子が捕りたい目標を聞いたら「ハマダンゴムシ」だった。
普通のと違って模様があり、少しかわいいダンゴムシらしい。
あとは質感も光沢じゃなくて少しマットな感じのダンゴムシ。

子供を預けて別行動し、

終了後迎えに行った時に息子に
「ハマダンゴムシいた?」
と聞くと
「ぜんぜんいなかった!」
らしい。


「何見つけたの?」
と聞いたら
「アキアカネ!」
らしい。

え・・・?赤とんぼ?
別に海浜棲昆虫じゃなくね?

砂浜を調べろといわれてるのに一人上ばっかり見る息子の姿が想像できた。
オマエ、いつも下ばっかり見て虫とか輪ゴムとか探してるじゃねーか!
今こそ下を見ろよ!!

ちなみに娘はちゃんとハネカクシも見つけたけど
カタモンハネカクシじゃなかったからレアじゃなかったと悔しがっていた。
で、彼女曰く後半はトンボを捕る会になったので彼女もやっぱりトンボを捕り、
「捕虫網なかったからタモ網でトンボ捕ったら超疲れた!!

 なんでタモ網しか持ってきてくれなかったの!!」
と怒っていた。

次回は11月。ついに自分で捕まえた虫で標本を作るそうです。

多分死んでる虫なので、娘も泣かないでできると思う。

写真はカタモンハネカクシのキャラ弁のつもり。

パッと見ハサミムシっぽい感じの虫です。

白状しますと、早朝の時点でこれは行くのは無理だなと半分諦めてダラダラしてたので、

行く直前に慌てて作った。雑でごめんなさい。

息子が探しもしなかったのはそのせいか・・・?

 

会社同期の、子供の年が近いママ友たちと集まってランチ(アルコール付)をしていたときのこと。
それぞれに違う分野の出身者が多いので、
「自分の特技を順番で子供に教えたらけっこういいんじゃない?!」
みたいな話になった。

順番に自分の特技をアピールする。
「私は英語!」
「私電気!」
「私文学!」
「私はテニス!」


そして次に私が
「私は…」
といいかけたら
「虫とかね」

と誰かに言われた。
しかも「そうそう」とか周りにめっちゃ同意された。

え…?私の一番の特技のイメージ、虫なの?


いや・・・、虫とか子供できるまでは超苦手だったよ?

昔タイに行こうとか話してたときさ、東南アジアはでかいゴキブリがいそうでヤダって言ったじゃん??

 

ほら、大学は化学専攻だったし化学じゃないの?
あとはー、あ、イラストとか写真もけっこう得意だよ!

それなのに虫なの??
ちょっと最近の自分のイメージ戦略を間違ったかなと思った。
 

と言いつつも写真はクワガタを服に着けた娘。

たぶん、甲虫はブローチか何かだと思ってるとおもう。