オールリコーユニオン(リコーグループ従業員労働組合)

オールリコーユニオン(リコーグループ従業員労働組合)

2011年に始まったリコーグループの事業再編を機に結成された労働組合(ナショナルセンター連合加盟)です。多くの問題について会社と話し合い、解決しています。リコーグループで働く人ならどなたでも加入することができます。


ついにリコーでもリストラが始まりました。

PIP、業務改善プログラム。

「貴方は成績が思わしくないから改善してね。改善出来なければ降格か異動ね。」と。

 

でもね、皆さんご存じのように、評価なんて適当です。昇格させたい若者に高ポイントを与える。自分の犬に高ポイントを与える。そんなものです。

 

業務改善に上司が相談・協力に乗る。嘘です、あるいは上辺だけ。

だって、上司は貴方を降格させて人件費を下げたり、異動で飛ばしたいから。自主退職してくれたら、諸手を挙げて喜ぶでしょう。

 

業務改善プログラムが失敗して降格させられるのは本人だけ、上司は管理監督責任や指導力を問われない。助けてくれるわけ、ないじゃないですか(笑)

 

これだけ書けば、どんなに大人しい性格のリコーの方も理解してくれるでしょう?会社は貴方をリストラするために、業務改善プログラムの対象にしたのです。

 

業務改善プログラムに当たった人は、組合に入って闘ってください。生き残る唯一の道だと思います。

但し業務改善プログラムは業務命令なので従って受けてください。

働きながら組合に入って闘いましょう。

 

6年前の荒っぽいリストラで、解雇無効の地裁判決を受けたリコー。

http://www.mynewsjapan.com/reports/2044

 

 

今回はIBMのリストラ舞台ではなく、新しい首切り人事本部長を雇用。社長も本気です。

本気で闘わないと、貴方が殺られますよ?

株主には配当続けるのにね。

在宅勤務で光熱費とか増えてるのに手当てなし。

自宅で使うキーボードやマウス、ヘッドセットも自腹だって、酷すぎません?

 

一緒に闘って、在宅勤務手当を勝ち取りませんか?

個人ロッカーを複数人で使えという、「個人」の意味すら理解していない会社です。改めてあげないと。

本年のリコー支部会議の初回は、1/11(土) 13:00~ 京王線初台駅近くの東京管理職ユニオン会議室にて行います。

 

組合に相談のある方、どんな所か雰囲気を見てみたい方の参加もお待ちしております。

今日は暑さが戻ってくるみたい。
水分補給を忘れずに、行ってらっしゃい。

総合デザインセンターに勤務するユニオンメンバー(Mさん)が人事本部からの嫌がらせにあっています。

 

Mさんはシニアスペシャリスト、リコーの就業規則上の管理監督の立場にあります。

世間で言う管理職です。

管理職には残業代が付きませんが、その分勤務時間・休憩時間・休日を自主的に管理することが出来ます。

 

こんな事は人事の基本中の基本。人事本部の方がご存じない筈がありません。

 

ところが7月末、Mさんは直属の上司のKグループリーダーより呼び出され、「私が命令していないのに勝手に休日出勤するな。」と言われました。

Mさんはその場で、管理職は勤務時間・休憩時間・休日を自主的に管理することが出来るので、上司の休日出勤命令がなくても休日出勤が出来る、と反論しました。

その反論は、Kグループリーダーの上司であるH室長を経由して人事本部に返されました。

 

それで一件落着かと思いきや、8月に入り人事本部 ER推進Gが、

Mさんは管理職だから確かに休日出勤に上司の許可は不要。

・しかし、その休日出勤した分を平日に休むのは認められない。振替休日の取得は上司の事前承認が必要だ。

と言ってきました。 就業規則内の全く的外れな、会社を縛る条文を管理職に適用する形で。

 

どうしちゃったんですかね、リコーの人事は。8年前の人事権の乱用(http://www.mynewsjapan.com/reports/2044)で反省したと思っていたのですが。。。