今日は、京やさんへ。 | Petitぷてぃ小平編集室のブログ | 小平市のミニコミ誌, タウン情報, ポスティング

Petitぷてぃ小平編集室のブログ | 小平市のミニコミ誌, タウン情報, ポスティング

毎日どなたかに会いわくわくしながら取材をしています。

Petitぷてぃが
どのように出来上がるのかお知らせいたします。


テーマ:

ハイ!Petitの福善です。

 

もう!!どうにもこうにもねあせる

こう、蒸し暑いと・・・

駒絽に袖を通したくて仕方がない!!

駒絽の着物を着て、

夜風が身八つ口を通る涼しさは格別。

 

すでにセットはしてあるのです。

帯留めも、ああでもない、こうでもないと選んだりしてね。

お盆を過ぎてしまえば、この選び方では野暮だわね。

帯締めと帯留めを、秋の気配に変えなけりゃ。

そんな、着物遊びをしていたら、

京や三代目 勝也さんから連絡。

「しみ抜きが出来上がりました」

それは、ご面倒なことで有難うございました。

早速、出来上がりを受け取りに伺いました。

実に美しく、気がつかなかったシミまで抜いていただき、

まるで、丸洗いに出したようにさっぱりして帰ってきました。

 

私は、おしゃれ・遊び着物はありますが、

このように、まじめな訪問着は持っておりません。

ある方からの頂き物です。

 

勝也さんが、

「価値ある品をいただきましたね。

掛けてみたらいかがですか?」

と言ってくださったので、羽織ってみました。

私もまぁ~

これほどしっとりした色味を着る年齢になったのです。

 

一つ紋なので、お正月あたりは、

歌舞伎に着て言っても良いそうです。

 

勝也さんと会うと着物談議は止まらず、

昨今のお客様のお好みの話になりました。

 

この頃では、70歳80歳でも皆さんキレイ。

肌の手入れも行き届き、

身だしなみも、きっちりされているので、

色・柄行きが美しい品を選ばれるそうです。

 

大奥様がおっしゃるには、

「つまらない縛りが無くなり自由になった」

とのこと。

 

京やさんはTPOは伝えるそうですが、

お客様ご本人の、

「これが着たい」という気持ちを最優先。

ご希望に添えるアドバイスをこころがけているそうです。

 

なんとか、

夏中に1回でも一重を着たいものですよ。

 

次のお出かけには、

お天気の良いことを祈るばかりです。

 

私の命ある限り

Petit の発行を決意しメラメラ

ブログランキングに参加しております。

応援よろしく、お願いいたします。

  ↓

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 小平情報へ
にほんブログ村 

クリック宜しくお願いします。

Petitぷてぃ小平編集室さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス