胴抜きの着物について

テーマ:

おはようございます、京やの勝也です。

 

「胴抜きの着物」について。


とは言いましても

お客様用に胴抜きの着物を仕立てたことが

ほとんどありません。


実は、戦前から

大阪・東京で和裁一筋だった祖母から

「正絹の良い着物は胴抜きにはしないものだ」と

言われておりました。

「踊りの衣裳」など

必要があっての「特殊な仕立て方」との認識です。


ネット上で

「胴抜きの着物」の話題を見かけますが、

生地の出自、素材、状態、

お召しになる方の用途などによって

その仕立て方自体も様々です。


一昔前までは

自分の着物は自分で縫うという方が

多い時代もありましたので、

自分好みに自分の工夫で縫うこともできました。

その延長上にあるもののように思います。


京やとしましては

化繊を扱っていないこともありますが

祖母の話から今現在、悉皆・呉服専門店として

「胴抜きの着物」は基本的にはオススメしておりません。


長襦袢が

総裏から居敷当て仕立てに変化してきましたので

時代が進むとどうなるか分かりませんが

数年で胴抜きが普通になるということはないと思います。


今のところの覚え書きでございます。


 

 

新しくなりました

小平「染と呉服京や」のホームページです。

どうぞご贔屓に。

東京小平の着物専門店
http://kimono-kyouya.com

 

ポチッと押して頂けると嬉しいです。


にほんブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ 呉服店・呉服問屋へ
にほんブログ村