F1模型製作 mokeibuu

F1模型製作 mokeibuu

F1と、アストンマーチン模型の製作ブログです。
仕事終わりの夜間に模型製作していますので、製作があまり進みません。
”丁寧に納得いくまで”をモット-に模型製作をしています。

NEW !
テーマ:

Vanquish S Ultimateを製作しています。

 

エンブレムを取り付けます。

取り付け位置がキッチリ真ん中に来るように、予め細切りにしたマ-キングテ-プで目印をつけておきます。

 

フロントも同様です。

ごく少量のエポキシボンドでエンブエムを固定しました。


エンブレムは今回も、アクステオンのエッチングを白色で塗装後、グリーンのデカールを貼った物をクリアでオーバーコートした物を使用しました。

 

 

 

いよいよ完成です。

 

 

 

 

毎度の感想ですが、vanquishのボディラインは最高にカッコいい!
そしてピラニアのキットの再現度も素晴らしいです。
 
そんな中、実は大きなミスを犯していて、S専用のフロントグリルのエッチングがこの段階で見当たらず、通常Verの物を仮に嵌め込んでいます。💦
S用のグリルが見つかり次第交換予定です。

 

 

ミュージアムでこれまで作成させて頂いvanquishと共に並べて見比べてみたいです。

 

 
 
 


黒い車はシャープに見えてカッコイイですね…
しかし、黒色は細かい傷でもバッチリ目立つのと、ほんの少しのアラも目立ちやすいモデラ-泣かせの色でもあります。
 
また、持つたびに指紋が着いてしまうので、模型を触る際は、手袋の使用が必須ですね。
 
お付き合いありがとうございました。

テーマ:

Vanquish S Ultimate を製作しています。

 

ヘッドライトを固定しました。

今までの2台と同様に、3.0Φ2.2Φのパイプの内部を薄く削った物をカバ-として使用します。

あらかじめ彫り込んで拡張しておいたのですが、KITのサイズのままですとこのサイズのカバーパ-ツを2個並べると幅的に収まりません。

 

フォグランプを製作します。

プラパイプを45度の角度に切断します。

 
中央に切り込みを入れて、0.3㎜のプラ板で上下を仕切ります。
全てのパ-ツの塗装が完了しましたので、組みたてて行きます。
 
ガラスを固定、ミラ-、サイドストレイク、給油口などを固定していきます。
タイヤの固定は、水平の鉄板の上に車体を固定して行いました。
 
 
 
ナンバ-プレ-トを作成します。
 
今回はこの画像に映っているWORKSのナンバ-プレ-トを再現していきます。
 
JW-CADで1/1でデ-タ-を作成。
自宅のインクジェットプリンタ-で写真用の台紙にプリントしました。
 
色々な文字の大きさ、太さの物を合わせてみて、バランスの良い物を採用しました。
 
バンパ-に貼り付けました。
リア用は、キットの物を使用します。
 
0.13mm厚のプラ板に貼り付けて、クリア塗装後軽く研ぎ出して、半艶クリアで仕上げました。
 
サイズは取付け部分の凹みに合わせて2種類作成しました。
 
パ-ツの取付けもウインカ-、アンテナ、エンブレムのみとなりました。
 
いよいよ完成です。

テーマ:

Vanquish S Ultimateを制作しています。

 

A~Cピラ-に繋がるモ-ルを塗装します。

シンプルにマスキングテ-プで見切ってメッキシルバ-NEXTを塗装しました。

 

マスキングを剥がして完了。

 

塗分の境目にはウレタンクリアを想定したスジボリを入れておいたので、スジボリに沿ってカッターナイフを滑らすだけで簡単にマスキングテープを切ることができます

 

シルバ-ついでに、ホイ-ルも塗装。

こちらは、グロスのブラックを下地に、クレオスの8番のシルバ-で塗装しました。

 

タイヤ-ホイ-ルを組み立てました。

 

エッチングのロ-タ-とキャリパ-をセットしました。

 ドリルドローターは左右で回転方向が違うので

要注意です。


画像では識別しずらいのですが、ライト内部、グリル内部につや消し黒を塗装しました。

ここは、マスキングなしでクレオスのフラットブラックを吹付、綿棒で余計な部分の塗料を拭き取りました。

 

Vanquish Sの外観上の特徴の一つでもある、

ル-フ最後部に取り付くアンテナを制作します。

 

適度に折り曲げた0.2Φの洋白をベ-スに、0.4Φの真鍮パイプを基部とし、根元を太らせます。

先端に瞬着で滴状の玉を作ってアンテナの完成です。

 

マフラ-エンドを、キットの物をバンパ-形状に合わせて斜めに削ります。

 

今回はここまでです。


テーマ:

Vanquish S Uitimateを製作しています。

 

 

ボディを塗装します。

これまで制作したVanquishは、ドアノブ部分がアルミ無垢素材の磨き仕上げとなっていましたが、この個体は画像を見る限り、ボディ同色となっています。

 

今回はUltimateBlackという色を調色して再現してみました。

この色は、普通に見ている限りではソリッドブラックに見えるのですが、

vanquish S Ultimaeのアルティメットブラック色は”青、赤を添加したメタリックブラック”

との事ですので、メタリックブラックを調色して塗装しました。

 

1/43スケ-ルなのと、資料画像を見ている限りメタリック感を感じなかったので、

粒子が目立ち過ぎない様に調色しました。

ガイヤノ-ツのアルティメットブラックをベ-スに、シアン、マゼンタを5%位添加し、青、赤、緑の雲母を入れました。

ゴ-ルドの雲母をいれると綺麗なんですが、粒子が大きかったので不採用。

 

クリア塗装に備えて、”Vanquish S” のエンブレムと、ストップランプのデカ-ルを貼りました。

 

多数のデカ-ルが用意されていますが、ボディに貼るデカールはこの2箇所だけです。

 

一晩乾燥させて、ウレタンクリア塗装しました。

使用したのは、フィニッシャーズのウレタンクリアGP-1です。

希釈も含めて、大分使い方も慣れてきました。

 

ウレタンを吹いて更に一晩硬化させて、早速研ぎ出し開始です。

 

黒いボディの研ぎ出しは、少しの傷でも良く目立つので、作業は特に丁寧に行う必要があります。

#1500スポンジヤスリ→#3000バフレックス水研ぎ→スジボリ堂のコンパウンド粗め→ハセガワセラミックコンパウンド→スジボリ堂ガラスブライト

の手順でとにかく根気よく研いでいきます。

 

パッと見はソリッドブラック。
 
よく見るとメタリックブラック。
一応狙った感じのボディカラ-となりました。

 

今回はここまでです。

 


テーマ:

AstonMartin Vanquish S Ultimateを製作しています。

 

内装です。

今回のモデルとなっているシャシ-NO502593の個体は、右ハンドルですので、

これまでの様に左ハンドル化することもなく、2シ-タ-仕様もこのままで進めます。

キットでは精巧に再現されているシ-トのキルティングは廃止されているようなので、埋めておきました。

 

ドア7ミラは今回も、表面はカサ増しのパテを盛り、

ミラ-面に洋白板を埋め込むので、彫り込みました。

 

サイドストレイクの彫り込みも完了し、ボディの下地はほぼ完成。

スジボリを掘っては、パテで整えてまたそのパテを削ってまたスジボリを掘って…

塗装出来る様になるまで、10回以上は繰り返していますが何故かこの工程は嫌いではありません。

 

テ-ルランプのディティ-ルもタガネでコツコツと彫り込みました。

 

ホイ-ルです。

今までのピラニアのvanquishのキットにも5個入っていて?だったホイ-ルパ-ツが、今回の”S”では更に1個増えて6個入り。

スペアなんですかね?

内側のパ-ツはこれまでのアルミの削り出しから、ホワイトメタル製に変更されています。

 

タイヤを嵌めてみます。

相変わらずタイヤの内径が小さく収まりはタイトです。(汗)

 

リムに少し手を加えます。

リムの部分が厚く、タイヤとのフィト感が今ひとつですので、

リム部分をテ-パ-状に薄く削ります。

 

左が無加工、右が加工後です。

少しの手間で収まりが大分良くなりました。

 

今回はここまでです。

 


テーマ:

Vanquish Sを製作しています。

 

リアトランクのダックテ-ル部分を製作します。

 

専用のパ-ツを取付けました。

 

Vanquishのアイデンティティでもあるフロントガラスから、リアガラスまでを一筆で貫いているモ-ルの工作です。

KITではエッチングパ-ツが用意されていて、素材がSUSなので、素材を生かして、塗装後の貼り付けも有り得ますが、

どうしても浮いて見えてしまいがちですし、接着が一発勝負なので、リスクも高いです。

今回も一体感を出すために、この時点で先に固定してしまいます。

 

スジボリを深く、細く修正し、フロントライトの内部幅を拡大しました。

フロントガラスの上部との取り合い部も内側から厚みを薄くしておきます。

 

ル-フは、モ-ルから一段凹む様に削り込ました。

リアのテ-ルレンズ部分は、付属デカ-ルは使用せずに自作のバキュ-ムパ-ツに置き換えますので、今回も彫り込みました。

給油口は、エッチングのサイズに合わせて拡大。

ライセンスプレ-ト部分もサイズを拡大、バンパ-のスジボリも実車同様に改修しました。

 

グリル部分は、少しだけ深く彫り込み、フォグランプ部分は3.8Φの穴を貫通させて、

バンパ-最下部の開口も、同様に貫通させました。

 

このあたりは、3度目の製作ですので、あまり悩むこともなく要領良く進みます。

 

今回はここまでです。

 


テーマ:

AstonMartin Vanquish S ULTIMATEを製作します。

 

Projectvantageも含めて3台の1/43スケ-ルモデルのヴァンキュシュを製作しましたが、

今回は既に背面のプレ-トにあるように、2007年7/19に最後の生産となったヴァンキュシュSアルティメットのシャシ-No502593を製作していきます。

 

資料を読むと、Newport Pagnellでのアストンマ-ティンの生産は、52年間で2578台となっていて、

その最後の生産車がこのアルティメットブラック色のVanquish Sとなったようです。

 

使用するKitは今回もPIRANHA MODELSの物です。

 

ピラニアのVanquishは、これまでに館長のダ-ヴェントグリ-ンのV12 VANQUISHを2台製作させていただきましたが、プロポ-ションも良く、

とてもよく出来たキットです。

 

Vanquish Sのリアトランクには、ブレ-キランプが内蔵されたダックテール状の突起があり、後のせ式のメタルパ-ツが用意されています。

 

追加のデカ-ル。

リアのプレート、ブレーキランプ、ウインカー、vanquish sのエンブレムが追加されています。

 


 エッチングはグリルとリップスポイラーですね。

手書きのインストがいかにも1/43っぽいですね。


手始めにスジボリを深く彫ります。

同時進行でライト内の幅拡大、グリルの彫り込みを行います。
3回目なので、大分要領も良くなってきました。


今回はここまでです。 

 

 


テーマ:

AstonMartin V8 VANTAGE GTE Leman 2017を製作します。

 

レ-ス最終盤の劇的な追い抜きで2017のルマンを制した97号車を製作します。

 

使用するキットは、館長がラク-ンオ-ト経由で入手した1/24スケ-ルでプロフィ-ルの物になります。

 

プロフィ-ルのキットは初めてですが、印象は”全体的にダルイ”印象です。

 

KITの内容は、レジンメインで、エッチング、デカ-ルと、この手のガレキにはよくある構成となっています。

但しタイヤはゴム製ではなく、黒色のレジン製となっています。

 

ボディです。大きく張り出したフェンダ-が迫力満点ですね。

 

全体的にキズ、歪みがかなり多く、見えづらい箇所もあるので、パテの食い付きが悪くなるので通常はやらないのですが、今回は一度サフをいれて確認します。

 

ボンネット上の各ディティ-ルは、だいぶいい加減です。

 

給油口や、フェンダ-はキズが多いですね。

 

ロ-ルケ-ジがドアに内側にモ-ルドされていますが、なんとも言えない出来です。

 

作り直すか、これをそのまま使って行くのか悩みます。

 

ボディの内側は、絶望的な光景が広がっています。

 

早速、各部を修正していきます。

 

ボディを♯400のヤスリで全体的にサンディングして、ポリパテを入れて修正していきます。

 

全体的にスジボリが太いので、修正が必要です。

今回のコイツはかなり手ごわそう・・・

でも完成した時の喜びも大きいと思います。

 

今回はここまでです。


テーマ:

Jordan EJ11を製作しています。

 

タイヤを固定します。

タイヤの固定には、さすがに瞬着ではなく、5分硬化型のエポキシボンドを使用しました。

 

Jordan EJ11ようやく完成です。

 

 

左右に大きく開いたノ-ズステイにノ-ズ先端の”鮫”のデカ-ルがEJ11の最大の特徴です。

 

当初、アレジの引退レ-スである2001年の日本GP仕様で製作していましたが、デカ-ルのトラブルで急遽アメリカGP仕様へ・・・

2001年のアメリカGPは、アレジのF1参戦200戦目という事で、サイドポンツーンに200と描かれた記念verのカラ-リングのマシンも走らせました。

 

タバコ仕様ではないのが、自分的にはやはりあまり気に入りません・・・

 

かなり手間を掛けたエキマニ/周辺の開口は殆ど見えず・・・

 

今回のEJ11は、デカ-ルに泣かされたのを始め、色々な部分に致命的なミスが目立つ作品となりました(涙)

デカ-ル不良は、ホビ-フォ-ラム会場で安価で購入した中古のキットなので、あまり文句も言えません。

 

この手のガレ-ジキットはそのままプラモデルの様に組み立てる事は大抵の場合不可能で、

作り手や拘りによっては、かなりの改修が必要となりますが、キットのマテリアル自体には問題ありませんし、

プラモデルでは絶対発売されないであろう色々なF1キットが在るだけマシと考えるべきです。

 

毎戦のGPで微妙に異なる仕様の再現や、細かいディティ-ルをどこまで忠実にさせるかは、全ては作り手に委ねられているという事でしょうか?

そして、思い入れのあるマシンでないと、やはり今回の様に完成までモチベ-ションが保てません。

 

そんな中、この時点でアンテナ、ステアリングが未着手でしたので、急いで製作します。

 

実車のステアリングです。

 

キットのスイッチのモ-ルドを切り落とし、グリップ部にパテを盛り太らせ、インジケ-タ-部はそれっぽく彫り込んで誤魔化しました。


裏面の接続部を一度切り離して1mm厚のプラ板で奥行を調整した後、パドルシフトを固定。

 

アンテナは、0.2ΦのSUS線と0.5Φの真鍮パイプを組み合わせました。

 

スイッチ類はMFHの幌ピンを差し込んで、色を付けました。

塗装も含めて製作時間は30分程度の手抜き工作ですが、いざ取り付いてしまえば、殆ど見えません。

 

EJ11の製作記はこれにて完了です。

 

最後に2000年型のマシン EJ10と並べて記念撮影。

 

お付き合いありがとうございました。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス